人気ブログランキング |

やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:鶏肉料理 ( 45 ) タグの人気記事

鶏肉とパイナップルのベトナム風炒め物

酢豚にパイナップルが入るのはあまり好みではありませんが、鶏肉にパイナップル、カシュウナッツが入るベトナム風の炒め物はとても美味しいです。

先日大きなパイナップルを頂いたので、久しぶりに作ってみました。

e0351091_02574450.jpg
昔のサイトにしか載っていないので、改めてレシピを下に書きました。

今回のヴァージョンは私の持病の逆流性食道炎に配慮して、酸味を少なくしました。でも、とても美味しくできました。


鶏肉とパイナップルとカシュウナッツの炒め物
レシピ:Nicole Routhier著「The Foods of Vietnam」参考にしてアレンジ
材料(2人分)

ニョク・チャム
ガーリック 大1片 つぶす
ハラペニョまたは他のフレッシュな唐辛子 4/1本 種を除きみじん切り
砂糖 小匙1/2
ライムまたはレモン汁 約大匙1
米酢 小匙1
ニョクマム 大匙1

炒め物
カシュウナッツ(丸のままのもの) 1/2カップ
オイスターソース 大匙1
ニョクマム 大匙1
砂糖 小匙1
サラダオイル 適宜
ガーリック 2片 みじん切り
チリペースト 適宜 又はハラペニョ 1/4本 種を除いてみじん切り
とり胸肉 骨・皮無し250g  2センチ角に切る (もも肉でも良い)
玉ねぎ 中4/1個 1センチ角に切る
赤いパプリカ 1/2個 又はミニパプリカ 3−4個 1センチ角に切る
フレッシュなパイナップル 3/1個 2センチ角に切る
青ねぎ 1ー2本 3センチ長さに切る
黒胡椒
香菜 適宜

1.ニョクチャムの材料を全部合わせて、石臼で叩く。

2.カシュウナッツをフライパンで約5分乾煎りする。又はオーブントーストでローストする。(180度Cで2−3分)

3.オイスターソース、ニョクマム、砂糖、水(大匙1)を小さいボウルの中で混ぜておく。

4.中華なべにサラダオイルを熱し、ガーリック、チリを入れ、香が立ったら、鶏肉を入れいためる。オイスターソースの入ったソースを入れ、かき混ぜて別皿に取る。

5.中華なべをきれいにし、新たにサラダオイルを熱し、玉ねぎを1分炒めた後、、パプリカ、パイナップルを加え、大匙1のニョクマムと砂糖を入れ、強火で炒める。パイナップルが少しキャラメライズするくらい炒めた後、鶏肉を戻してかき混ぜる。

6.カシュウナッツ、青ねぎを加え更に炒め、更に盛って、黒胡椒を振り掛け、香菜を飾る。

7.ニョクチャムを添えてサーヴする。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-04-07 03:01 | レシピ | Comments(8)

カレー風味のチキン、パプリカとグリーンピースのパピヨット

簡単なのに見た目も綺麗で美味しい鶏胸肉を使ったパピヨットです。

作ったのは1週間以上前なので、記憶があやふやになっていますので、参考にした料理本を見ながら、下にレシピを書きました。
(何度も作っているのですが、調べたところレシピは載せていませんでした。)

e0351091_03480796.jpg
鶏の胸肉はパサパサしがちですが、アルミホイルに包んで焼くので、しっとりしています。

e0351091_03482672.jpg
サラダはキヌアとりんご、ピーカン、胡桃とパセリ。

ドレッシングはヨーグルトベース。(プレーンヨーグルト、塩、胡椒、オリーブオイル)

1枚の胸肉で二人分。次の日のお昼にもいただきましたが、再加熱しても美味しかったです。

カレー風味のチキン、パプリカとグリーンピースのパピヨット
レシピ:Dorie Greenspan著「around my french table」参考
材料(二人分)

鶏胸肉 大1枚 約300g
紫玉ねぎ(普通の玉ねぎでも良い)  1/3個 横に薄くスライス
ミニパプリカ 4個 または普通のパプリカ 半個 角切り
グリーンピース 1/2カップ (冷凍でもフレッシュでも良い)
オリーブオイル 小匙2
カレー粉 小匙1 (お好みで増減)
塩胡椒 適宜

1.オーブンを200度C(400度F)に温めておく。

2.鶏肉は繊維に沿って細切りにした後、横半分に切る。

3.材料を全部ボウルに入れてかき混ぜる。(冷凍グリーンピースは解凍しなくて良い)

4.アルミホイルに乗せ、ふわっと包む。

5.オーブンの中段で17−20分焼く。(心配な場合は丁寧にアルミホイルを開けて、鶏肉に火が通ったか見る。)


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-03-09 03:51 | レシピ | Comments(6)

鶏手羽と大根の煮物

最近日本食料品店では立派な大根が安く売られています。日本では当然のことかもしれませんが、アメリカで質の良い大根が手に入ることはあまりないので、つい嬉しくてしょっちゅう食卓にのせています。

さて、この日は鶏手羽肉と一緒に甘辛く煮込んでみました。

e0351091_04154928.jpg
詳しいレシピは下に書きましたが、沖縄出身の友達からいただいた黒糖のおかげで、コクのある煮物になったと思います。二人分作ったので、次の日のお昼にもいただきましたが、それもまた味がしみて美味しかったです。

手羽の先っぽを煮出してスープにできるので、手羽はお得感があります。

e0351091_04161474.jpg
ミニトマトとベビースピナッチを加えました。ベビースピナッチはアクがでないので、そのままスープに入れることができ便利です。

e0351091_04163686.jpg
ジャコと大根おろし、大根の皮と生姜の即席漬け、ラピニの昆布締めも添えて、いつのまにか5品。栄養たっぷりの夕食でした。

鶏手羽と大根の煮物
材料 (二人分)

鶏手羽肉  手羽元、手羽中、手羽先がつながっているもの7−8本
大根 中 12−15cm
酒 100ml
みりん 約小匙2
黒糖  親指の先くらい (黒糖がない場合は砂糖)
醤油  約大匙1
たまり醤油 約小匙1/2
貝割れ大根 適宜

1.大根は2−3センチの厚さに切り、皮をむいてイチョウ型に切る。耐熱皿に乗せてラップをかけ、電子レンジに4−5分かける。

2.鶏手羽肉は関節のところで、三つに分け、先っぽはスープにする。

3.手羽元と手羽中を油を引かずにフライパンで焼き色をつける。

4.同じフライパンに大根も加えて両面に焼き色をつける。

5.酒、同量の水、黒糖、醤油を加え一混ぜして紙蓋を乗せ、さらに蓋をして弱火と中火の中間くらいの火加減でアクを取りながら約30分コトコト煮る。途中何度かひっくり返す。

6.汁が少なくなって、鶏肉が煮えたら、たまり醤油を加えて一混ぜし、火を止める。

7.器に盛ってから貝割れ大根を散らす。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-02-13 04:19 | レシピ | Comments(4)

鶏つくねと蕪のスープ仕立て

冬は蕪が美味しい。しかも短時間で柔らかになるのも嬉しい。

蕪と相性の良い鶏のつくねと一緒にたっぷりのスープで煮込んだら美味しいだろうと思いました。

鶏挽肉に葱のみじん切り、卵の黄身、赤味噌、胡椒を加えて粘りが出るまでかき混ぜます。長芋のみじん切りを入れたかったのに、すっかり買うのを忘れました。

挽肉に合わせるのは本当は鶏の軟骨が一番良く、次は慈姑か筍の粗みじん切りを入れると食感が良いのですが、全て買い忘れました。もっとも軟骨は手に入りませんが。

さてこの挽肉は2本のスプーンでツクネにしてだし汁に落としていきます。だし汁は鶏ガラのスープでも鰹出汁でも良いです。皮をむいて適当な大きさに切った蕪も一緒に。

今回皮があまり綺麗でなかったので捨ててしまいましたが、綺麗な皮だったら即席漬物にできます。

e0351091_04082138.jpg
酒、醤油(少量のみりんを入れても)で調味して、最後に蕪の葉っぱを加えます。私が買った蕪には葉っぱはなく、5センチほどの軸だけがついていましたので、それを入れました。

熱々をフーフー言いながら食べると、足の先からポカポカしてきます。残りは次の日のお昼に。一人用の小さなお鍋で温めてお餅も入れて、それも美味しくいただきました。

副菜はキャベツと胡瓜とミニパプリカと柚子の即席漬け。

e0351091_04083934.jpg
両方にたっぷり振りかけたのが友達からいただいたKYUSHU Yuzu Sco。

柚子胡椒ほど辛くなく、でも柚子の香りがいっぱいの美味しい卓上調味料です。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-01-18 04:12 | レシピ | Comments(8)

鶏のクリームシチュー

賞味期限を間近に控えた生クリームを使いたくて、鶏のクリームシチューにしました。

ホワイトソースは作らずに最後に生クリームをたっぷり加えます。

40年近く前Julia Childのレシピで作って以来、いつのまにか私のヴァージョンになってしまいましたが、寒くなってきた今日この頃、熱々のシチューは何よりのご馳走です。

e0351091_04071538.jpg
自家製のチキンストックと辛口白ワイン。これが私のレシピの決め手です。

たくさん作って次の日のお昼にも。

サラダは白菜とりんご、レーズン。子どもの頃よく母が作ったサラダです。

e0351091_04074250.jpg
白菜の軸は繊維に沿って、葉っぱの方は横に切ります。

ドレッシングは塩胡椒、ワインヴィネガー、サラダオイルです。オリーブオイルでない方がこのサラダには合うと思います。母はこのドレッシングに粉末の辛子も入れていました。

久しぶりに母の味を感じたサラダでした。

鶏のクリームシチュー
材料(二人分)

鶏もも肉  骨なし約300g
小麦粉 適宜
塩胡椒 適宜
サラダオイル 適宜
じゃがいも 中1個 皮をむいて一口大に切る
玉ねぎ  中1個 くし形に切る
人参  中2本 太めのバトン型に切る
マッシュルーム 中3個 大きければ半分に切る
ブロッコリ 適宜 固めに茹でておく
辛口白ワイン 100ml
チキンストック 約500ml
ローリエ 1枚
タイム  適宜
塩胡椒  適宜
生クリーム  約150ml

1.鶏もも肉は余分な脂を取り、5cmくらいの大きさに切る。

2.小麦粉に塩胡椒を加えて、鶏肉に軽くまぶし、フライパンにサラダオイルをひいてソテーする。

3.厚鍋にサラダオイルをひいて、玉ねぎを炒め、人参を加えてさらに炒め、ソテーした鶏肉を投入。

4.辛口白ワインを加えて煮立ったら、チキンストックとローリエ、タイム、塩胡椒を加える。

5.再び煮立ったら、じゃがいも、マッシュルームを加え、時どき灰汁を取りながらじゃがいもが柔らかになるまで煮る。 

6.最後に生クリームを加え、味を整え、ブロッコリを加えて温める。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2018-12-18 04:10 | レシピ | Comments(8)

柘榴入りコーニッシュ・ゲーム・ヘンのロースト

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、コーニッシュ・ゲーム・ヘンは生後1−2ヶ月の雌の若鶏です。

小さいので扱いが楽ですし、案外味わいがあります。

友達から大きな柘榴を二ついただいた時から、柘榴をたっぷり使ったこの料理を作ろうと思っていました。(レシピは下に書きました。)

Mario Bataliのレシピですが、本に書いてあるよりは大分ローストに時間がかかりました。

e0351091_04010195.jpg
写真を撮って、ナイフを入れるとまだだったので、その後またオーブンに戻しましたので、実際食べる時にはもう少し焼き色がつきました。

サラダは縦半分に切って焼いた松茸とアルグラ、パルメザンチーズ。塩胡椒、レモン汁、オリーブオイルをかけていただきます。

e0351091_04012207.jpg
もう一品はカラフルなミニパプリカと万願寺唐辛子のオリーブオイル炒め。

コーニッシュ・ゲーム・ヘン一羽は二人分に丁度良い大きさです。ご馳走がいがありますので、二人で祝う食卓にぴったりです。

残ったら、チキンサラダやサンドイッチにどうぞ。

柘榴入りコーニッシュ・ゲーム・ヘンのロースト
レシピ:Mario Batali著「Molto Italiano」を参考
材料(二人分)

コーニッシュ・ゲーム・ヘン(オーガニックが望ましい) 1羽
柘榴(大) 半個分
甘口マルサラワイン 150ml
ミント フレッシュなものが望ましい みじん切りで大匙1(私は自家製ドライのミントを使いました。)
塩胡椒 適宜
無塩バター  大匙4
オリーブオイル 大匙1
セージ フレッシュなもの  数枚
オレンジのゼスト 半個分 ピーラーで剥く (オーガニックのオレンジが手に入った時に冷凍をしておくと便利です。)

1.柘榴の種とミントを小さなボウルに入れて、マルサラワインにつけて、1時間マリネし、柘榴とワインに分ける。

2.オーブンを375度F(190度C)に温めておく。

3.鶏をペーパータオルでしっかり水分をふき、内外を塩胡椒し、中に柘榴の半分を詰める。紐で鶏の足を縛る。(鶏は洗っても良いです。)

4.オーブンプルーフのフライパンにバター(大さじ1)とオリーブオイルを加え熱し、セージの半分を加えて1分。強火のまま鶏を加え全面に焼き色をつける(約5分)。中火にし、残りのセージと柘榴を加える。

5.フライパンをオーブンに入れて7分後、柘榴を浸けたマルサラワインを大匙3ほど鶏にかけ、バター(大さじ1)をちぎってのせる。フライパンに溜まった汁を上からかけて、再びオーブンに入れる。時々マルサラワインやフライパンの汁を上からかける。鶏の大きさによりますが、30分位後、腿の部分を突き刺して、透明な汁が出てくれば出来上がり。(本には10分とありましたが、足りませんでした。)

6.ローストしている間、小鍋に残りのバターを弱火で溶かし、オレンジのゼストを加え5分煮て、香りをつける。

7.鶏を皿に乗せ、オレンジのゼストとともにバター、フライパンに残っている汁と柘榴を上からかける。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2018-11-20 04:04 | レシピ | Comments(12)

鶏と野菜の揚げ物&完熟ゴーヤーと胡瓜の酢の物

滅多に作らない揚げ物ですが、たまに食べたくなります。

鶏のもも肉を一口大に切り、潰した生姜と大蒜、日本酒、醤油に30分ほど漬け、片栗粉をまぶして揚げるのが私流です。

e0351091_02382248.jpg
揚げ物の時は野菜も一緒に素揚げ。2cm幅に切って塩水に浸けておいた賀茂茄子、2色のオクラ、ミニトマトも揚げてカラフルに。野菜は胡椒塩で。

知野ファームで売られていたオレンジ色になった完熟ゴーヤー。ゴーヤーは熟すとほとんど苦味を感じません。その代わり歯ざわりのよいシャキシャキ感はなくなります。

e0351091_02384777.jpg
そして、真っ赤に熟れた種はとても甘いのです。

胡瓜を塩で揉んで、一緒に酢の物にすると、シャキシャキ感が加わります。ゴーヤーは実も種も生のままです。苦味も味のうちのゴーヤー。私はやっぱり苦くともシャキシャキした未熟なゴーヤーの方が好みです。

でも、たまには目先が変わって良いかもしれません。

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2018-09-25 02:40 | レシピ | Comments(12)

冷製アボカドスープなどピンチョス風の夕食

西日本の豪雨は多くの犠牲者と甚大な被害をもたらしました。アメリカのテレビでも惨状が映し出され、心が痛みます。犠牲になられた方へ心からお悔やみを申し上げます。また、被害にあわれた方へのお見舞いを申し上げるとともに、1日も早い復興をお祈りしています。


南カリフォルニアの熱波も月曜日(9日)は大分収まり、幾分凌ぎやすくなりました。それでも冷房のない我が家。家の中に暑さがこもっています。そういう夜にふさわしいピンチョス風の献立にしてみました。

アボカドの冷製スープ。

e0351091_02290589.jpg
アボカド、香菜、茹でたガーリック、ライムジュース、水、塩をミキサーにかけます。本当はハラペニョやセラノなどの生の唐辛子も入れるのですが、買い置きがなく、柚子胡椒を入れてみました。(詳しいレシピはここ⭐️をご覧ください。)

クリーミーで冷たいスープは夏の夕食にぴったりです。

残っていた無花果はやはり少しだけ余っていたマスカルポーネと一緒に。

e0351091_02292858.jpg
レモン汁を練りこんだマスカルポーネを無花果の上に乗せ、ローストしたピスタチオを散らしました。ピスタチオのクランチーさと緑の色が効いています。

e0351091_02295761.jpg
鶏もも肉はガーリック、エシャロット、クミン、コリアンダー、ピメント・デ・エスプレット、フレッシュなタイム、レモンのゼストにマリネして、挽肉にしてつくねを作ります。ミントとヨーグルトのディップをつけていただきます。(詳しいレシピはここ⭐️をご覧ください。)

e0351091_02301889.jpg
付け合わせはベビーズッキーニとミニトマト。茹でたズッキーニは扇型に切り、少しお洒落にして、フレーク状の塩とオリーブオイル、ロズマリーを散らしました。

日中は30度を超える暑さになっても、日が落ちると空気がひんやりとします。それが南カリフォルニアの過ごしやすいところです。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2018-07-11 02:33 | レシピ | Comments(8)

茄子のレンジ蒸し

日本は記録的な早さの梅雨明けとか。サンディエゴも7月になり急に夏らしくなりました。今度の金曜、土曜は最高気温が30度を超えそうです。

そんな暑い日はなるたけ火を使わずに調理したいものです。夏になると必ず作るのは茄子のレンジ蒸し。

茄子はウテナの先を切って、丸のままラップをかけ、電子レンジで1分40秒。(大きさや本数、レンジのワット数で時間は加減してください。)

e0351091_02140402.jpg
手で触れるようになったら、切った先っぽに包丁を入れて、手で縦に裂きます。この日は作り置きの味噌の素に米酢、オリーブオイルを加えたドレッシングにしましたが、ご自分のお好みのものをお使いください。

もう一品の副菜はモロヘイヤと豆腐の柚子胡椒和え。モロヘイヤは葉っぱをさっと湯がき水にとって絞り、適当な大きさに切ります。

e0351091_02141977.jpg
一方豆腐は手で一口大に崩し、ペーパータオルに包んで電子レンジで1分。(この時間も量によって加減してください。)このようにして水切りした豆腐は醤油、米酢、オリーブオイル、柚子胡椒のドレッシングにしばらくつけておきます。

食卓に出す寸前にモロヘイヤと和えます。豆腐はドレッシングになじませて味をつけ、モロヘイヤは早くにドレッシングにつけると色が悪くなります。

この日のメインはチキン・ウイングの南蛮漬け。(これはキッコーマンのレシピをお借りしました。)

e0351091_02143766.jpg
気がつけばどれにもお酢が入っていましたが、暑くなると酸っぱいものを体が欲するのかもしれません。

今日はアメリカは独立記念日です。夜になれば、あちこちで花火が上がることでしょう。アメリカの皆様、良い祝日をお過ごしください。


by Mchappykun2 | 2018-07-05 02:17 | レシピ | Comments(7)

モロッコ風鶏料理

ニューヨークの地中海料理のレストラン、Boulud Sudで食べた鶏肉のタジン鍋が美味しくて、タジン鍋を買おうかと思ったのですが、この鍋は意外とメインテナンスが大変だということを聞き、ル・クルーゼでそれらしき料理を作ってみました。

参考にしたレシピはアメリカで90年以上も歴史のあるBetty Crockerの中のChicken Tagine。このレシピもタジン鍋ではなくダッチオーブンを使っています。

e0351091_03482691.jpg
そして、この上なく美味しくできました。下に、二人分にして日本語でレシピを書きました。

e0351091_03485081.jpg
さて、知野ファームから買ってきた葉っぱがついた黄色いビーツ。いつも葉っぱはなんとかの一つ覚えでスープにするのですが、今回はオリーブオイルをまぶして、350度F(180度C)のオーブンで15分焼き、チップスにしました。

e0351091_03490900.jpg
一緒にやはり知野ファームで買い求めた葉ものもチップスにしました。この野菜は初めて買ったのですが、思ったっ通り茎が筋張って固かったのですが、チップスだと美味しく食べられました。

野菜の名前を聞いたのですが、書き留めなかったので忘れてしまいました。

e0351091_03492997.jpg
ビーツの実の方は生のままスライスして、大根とミントと一緒にサラダ。

ドレッシングはりんご酢(飲むお酢なので甘めです。)、はちみつ、オリーブオイル、塩レモンの汁。大根も薄い黄色に染まり、綺麗なサラダになりました。

モロッコ風鶏料理
レシピ:Betty Crocker参考
材料(二人分)

鶏もも肉(できればオーガニックの骨つき:ドラムスティック) 4本
オリーブオイル 適宜
玉葱 中1/2個 薄切り
ガーリック 中2片 みじん切り
香菜 みじん切りで大さじ3
クミン粉 小匙1/2
ターメリック粉  小匙1/2
生姜 親指の先の大きさをみじん切り 
塩  適宜
シナモンスティック 1本
チキンブロスか野菜出汁 約1カップ
トマトの缶詰 1/2缶 (約300ml)  
プルーン 6個
グリーンオリーブ (種無し) 6個
塩レモン 半個分

クスクス 1/4カップ
ミニパプリカ 1個 角切り
バター 小匙1
水 約3/8カップ

1. 鶏肉は水分を拭き取り、オリーブオイルで両面を色よくソテーする。

2. 玉葱とガーリックを加え、鶏肉が焦げないように時々返しながら、数分ソテーする。

3. 香菜、クミン、ターメリック、生姜、塩を加え、更に炒め、シナモンスティックを加える。

4. 残りのすべての材料を加え、沸騰したら、弱火にし、蓋をして約30分煮込む。

5. 鶏肉を取り出し、蓋を取って火を少し強めて、約5分かき混ぜながら水分を飛ばす。

6. 鶏肉を煮込んでいる間にクスクスを作る。バターでミニパプリカとクスクスを炒め、水を加えて沸騰したら、かき混ぜて蓋をして火を消す。5分経ったら一度かき混ぜる。(香菜、パセリ、バジルなどハーブ類を入れても良いです。)

7. 鶏肉、クスクスを皿に盛り、ソースをかけて、バジル(材料外)、香菜などを飾る。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2018-06-10 03:53 | レシピ | Comments(12)