やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:鶏肉料理 ( 36 ) タグの人気記事

モロッコ風鶏料理

ニューヨークの地中海料理のレストラン、Boulud Sudで食べた鶏肉のタジン鍋が美味しくて、タジン鍋を買おうかと思ったのですが、この鍋は意外とメインテナンスが大変だということを聞き、ル・クルーゼでそれらしき料理を作ってみました。

参考にしたレシピはアメリカで90年以上も歴史のあるBetty Crockerの中のChicken Tagine。このレシピもタジン鍋ではなくダッチオーブンを使っています。

e0351091_03482691.jpg
そして、この上なく美味しくできました。下に、二人分にして日本語でレシピを書きました。

e0351091_03485081.jpg
さて、知野ファームから買ってきた葉っぱがついた黄色いビーツ。いつも葉っぱはなんとかの一つ覚えでスープにするのですが、今回はオリーブオイルをまぶして、350度F(180度C)のオーブンで15分焼き、チップスにしました。

e0351091_03490900.jpg
一緒にやはり知野ファームで買い求めた葉ものもチップスにしました。この野菜は初めて買ったのですが、思ったっ通り茎が筋張って固かったのですが、チップスだと美味しく食べられました。

野菜の名前を聞いたのですが、書き留めなかったので忘れてしまいました。

e0351091_03492997.jpg
ビーツの実の方は生のままスライスして、大根とミントと一緒にサラダ。

ドレッシングはりんご酢(飲むお酢なので甘めです。)、はちみつ、オリーブオイル、塩レモンの汁。大根も薄い黄色に染まり、綺麗なサラダになりました。

モロッコ風鶏料理
レシピ:Betty Crocker参考
材料(二人分)

鶏もも肉(できればオーガニックの骨つき:ドラムスティック) 4本
オリーブオイル 適宜
玉葱 中1/2個 薄切り
ガーリック 中2片 みじん切り
香菜 みじん切りで大さじ3
クミン粉 小匙1/2
ターメリック粉  小匙1/2
生姜 親指の先の大きさをみじん切り 
塩  適宜
シナモンスティック 1本
チキンブロスか野菜出汁 約1カップ
トマトの缶詰 1/2缶 (約300ml)  
プルーン 6個
グリーンオリーブ (種無し) 6個
塩レモン 半個分

クスクス 1/4カップ
ミニパプリカ 1個 角切り
バター 小匙1
水 約3/8カップ

1. 鶏肉は水分を拭き取り、オリーブオイルで両面を色よくソテーする。

2. 玉葱とガーリックを加え、鶏肉が焦げないように時々返しながら、数分ソテーする。

3. 香菜、クミン、ターメリック、生姜、塩を加え、更に炒め、シナモンスティックを加える。

4. 残りのすべての材料を加え、沸騰したら、弱火にし、蓋をして約30分煮込む。

5. 鶏肉を取り出し、蓋を取って火を少し強めて、約5分かき混ぜながら水分を飛ばす。

6. 鶏肉を煮込んでいる間にクスクスを作る。バターでミニパプリカとクスクスを炒め、水を加えて沸騰したら、かき混ぜて蓋をして火を消す。5分経ったら一度かき混ぜる。(香菜、パセリ、バジルなどハーブ類を入れても良いです。)

7. 鶏肉、クスクスを皿に盛り、ソースをかけて、バジル(材料外)、香菜などを飾る。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-06-10 03:53 | レシピ | Trackback | Comments(12)

鶏もも肉のソテー 赤ワインのソース&金柑シロップ添え

忙しい日のワンプレートの夕食です。

金柑のシロップさえ作ってあれば、10分でできる料理です。

鶏もも肉は余分な脂肪を取り除き、塩胡椒してオリーブオイルでソテー。焼きあがったら別皿に移し、アルミホイルをかぶせておきます。

フライパンの余分な油を捨て、(ペーパータオルに染み込ませると簡単です。)赤ワイン、バルサミコ酢を加えて一煮立ち。オレンジジュースを加えて、半量になるまで煮詰めてソースに。

お皿にソースをしき、2センチ幅にスライスした鶏肉をのせ、金柑のシロップをのせて出来上がり。

e0351091_3591084.jpg

鶏肉を焼いている間にアスパラガスは電子レンジで50秒から1分。

元々は鴨のソテーのレシピですが、もう少し簡単にして、手に入りやすい鶏もも肉で作ってみました。豚のフィレ肉にも合うと思いますが、彩りも綺麗で美味しい料理です。

鴨のソテーと金柑のシロップの詳しいレシピはこちら⭐️です。

さて、オリンピックの男子フィギュアスケートはご覧になりましたか?

羽生選手と宇野選手が金と銀。素晴らしかったですね。羽生選手は大怪我を乗り越えて二連覇の快挙。二人の天才の努力の賜物を見ることができたのは、本当に幸せでした。

もう一人の将棋界の天才、藤井五段も永世七冠の羽生竜王と広瀬八段を破り、史上最年少で六段に昇段しました。

世の中には本当に天才という人々がいるのですね。そして、その天才が懸命に努力を重ねる。そういう若い人々を見るのは、清々しく、未来の希望を見る気がします。

普通の人より努力ができる、というのも一つの才能でしょうが、このまま真っ直ぐ突き進んでいってほしいと願っています。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-02-18 04:00 | レシピ | Trackback | Comments(8)

ちょっと豪華な鮪の漬け丼&体調不良の時の夕食2品

風邪もほぼ完治。そうなると真っ先に食べたくなるのはお刺身類。早速日本食料品店に赴き買って参りました。

実は数の子が大好きな婿さんのために早々に塩数の子を買って塩を抜き、塩麹につけていたのです。彼らには私が100%元気な時に改めてくることにしてもらったので、この数の子と一緒に鮪をヅケにし、いくらも加えて、ちょっと豪華な海鮮丼です。

e0351091_322352.jpg

すし飯にはせず、温かなご飯の上に直接のせました。1週間ぶりに日本酒もお猪口に2杯ほど。久しぶりに心から美味しいと思えました。

味覚も嗅覚も戻り、やっぱり健康なことは嬉しい!

風邪をひいていた間に作ったものは、肉団子と野菜たっぷりの中華風スープ。ライオンズヘッド・ミートボールの簡単版といったところです。

e0351091_3222263.jpg

玉ねぎと生姜のすりおろしを入れた豚ひき肉のお団子を両面焼き、白菜、干し椎茸、人参、葱を炒めてから野菜だしで煮込みました。とろとろの白菜とスープがとても美味しいです。

また、ある日は鶏肉の蒸し物。鶏モモ肉に塩を擦り込み、酒、潰した葱(10cm ) と生姜(一かけ)と一緒に20分ほど浸けておきます。そのまま湯気の上がった蒸し器で15−6分。(途中で上下を返します)

e0351091_322374.jpg

蒸しあがった鶏肉をお刺身のようにスライスし皿に盛ります。フライパンで熱々にしたサラダオイルを上からかけ、かけた油をまたフライパンに戻し熱します。鶏肉の上に葱と生姜の千切りを乗せ、再度熱したオイルをかけて出来上がり。

沢山あったミントを散らしましたが、香菜でもパセリでも良いでしょう。鶏肉がジューシーで柔らか。風邪をひいて腫れている喉でも食べやすい料理です。

塩気が足りなかったら醤油でなく塩やレモン汁でお召し上がりください。余ったら、ラーメンのトッピングにも最適です。

年末年始、くれぐれも体調に気をつけてお過ごしください。でも、万が一ご自身や家族のどなたかが体調不良になった時は、上記のような簡単で食べやすい料理を思い出して、ちょっと頑張って作ってみてください。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-12-25 03:24 | レシピ | Trackback | Comments(9)

柚子釜

先日友達から家でなったという貴重な柚子を1個いただきました。大きくて立派な柚子です。

葉っぱのついた綺麗な柚子なので、姿もそのまま楽しむために、柚子釜を作り、柿の千切りに柚子汁を少々加えて、中に入れました。柚子の香りの強い、美味しい柿の一品になりました。使った後の柚子釜の皮は削いで、後で使います。

e0351091_3575610.jpg

柚子1個はとても使いでがあります。柚子の中身はもちろん絞ってジュースにしますが、種は水を入れて化粧水になります。

柚子を使って里芋の味噌煮。

e0351091_3581016.jpg

皮をむいた里芋は塩でこすってぬめりを取り、水洗いしてから一旦茹でこぼし、鰹だし汁で柔らかになるまで煮ます。その時柚子の汁を絞った後の袋も一緒に入れます。煮えたら、練り味噌の元(赤・白の合わせ味噌:250g、酒100ml、砂糖50ml、卵1個を弱火で20ー30分丁寧に練り上げたもの)を大匙1−2加え、皿に盛ってから柚子の千切りを散らします。

これも柚子の香りいっぱいの美味しい里芋料理です。

e0351091_358371.jpg

メインは鶏のつくね。鶏のもも肉、ローズマリーと赤味噌、卵の黄身を入れてフードプロセッサーにかけて、少し多めのサラダオイルを入れたフライパンでソテーしました。(鶏のひき肉を使うより、もも肉をフードプロセッサーにかけて作る方が数倍美味しく出来上がります。)

e0351091_3585272.jpg

感謝祭のディナーで使った芽キャベツがまだ沢山あったので、茹でて縦に幾つかに切り、柚子のポン酢で和えてもう一品。

貴重な柚子を惜しげも無く下さった友達に感謝の美味しい食卓でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-11-30 04:00 | レシピ | Trackback | Comments(6)

ハーブ風味の骨つきチキン オーブン焼き

私のブログの料理タグを見ると、自分の好みがよくわかります。

一番多いのが野菜料理とシーフード。肉類の中では鶏肉が多く、次に豚肉、そして牛肉です。鶏、豚、牛を全部合わせてもシーフードの半分。いかに私がさっぱり系が好きか、ということがデータからも裏付けられます。

肉類の中ではさっぱりした鶏肉ですが、骨つきのもも肉は食べ応えがあります。

その骨つきにパン粉、パルミジャーノ・レッジャーノ、ハーブ、ガーリックを加えたものを塗って、オーブン焼きにしました。

e0351091_2454397.jpg

以前にもレシピを載せたので、レシピはここ⭐️を参考にしていただきますが、今回はバターではなくオリーブオイルを使ってみました。また、エシャロットがなかったので、青葱の白い部分を代わりに使いました。

途中、焦げそうだったらアルミホイルをふわっとかけてください。そして、鶏肉はできたらオーガニックのものを。美味しさが違います。

鶏肉と一緒にパプリカをローストして付けあわせに。

e0351091_2455847.jpg

サラダはニンジンとリンゴ、パクチー、ドライクランベリーでヨーグルトのドレッシングです。

オーブンで約1時間と時間はかかりますが、骨つきチキンはご馳走甲斐があります。余ったら次の日にサンドイッチにしたりサラダにしても美味しいです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-10-14 02:47 | レシピ | Trackback | Comments(8)

最近二日間の夕食  ♪キョフテ&宮保鶏丁♪

先日娘のところに滞在してわかったのですが、娘は1週間分の献立を考えてから買い物に行きます。無駄な材料を買わないようにしっかり計画を立てるのです。

私はあまり献立を考えることなく、お店で美味しそうなものや安売りを見て食材を買います。買いながら献立が浮かぶこともありますが、作る直前になって気が変わることもしょっちゅうあるので、大体が毎日出たとこ勝負です。

さて、そんな風にとりあえず買っておいた牛ひき肉でキョフテ。鶏の胸肉で中華料理の宮保鶏丁を作りました。

e0351091_2255632.jpg

キョフテは牛ひき肉(220g)にすりおろした玉葱(大匙1)とすりおろしたガーリック(1片)、塩胡椒、カエンヌペッパー、クミンを加えて混ぜ、小さめの俵型にして、オリーブオイルでソテー。ヨーグルトと千切り胡瓜のディップ(ザジキ:tzatziki))をつけて頂きます。(これにも塩胡椒、クミンを加えます。)

付け合わせはレモン・スピナッチと人参とりんごと香菜のサラダ。

e0351091_226981.jpg

宮保鶏丁はクン・パオ・チキンのことで、元来はピーナッツとの炒め物ですが、カシューナッツにしました。日本ではカシューナッツの方がおなじみだと思います。レシピは旧ブログのここ⭐️をご覧ください。

洋風にするつもりだった鶏胸肉が直前になって中華に変わりました。

娘と私では大分性格が違うと思っているのですが、きっと似ているところも沢山あるのでしょうね。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-09-23 02:27 | レシピ | Trackback | Comments(10)

鶏胸肉のグリル なますと大根おろしを添えて

とりあえず買っておいた鶏胸肉。和洋中、どう料理しようかと決まらずにいました。

が、その日の最後の生徒さんがお土産にくださった富山県の蒲鉾で、和風に決定。(これがとても美味しかった!)

e0351091_2491140.jpg

胸肉はラップに挟んで肉叩きで厚さを均等にします。こうすると固くなりません。軽く塩を振って熱した網でグリル。(アルミホイルをかぶせると早く焼き上がります。)

焼いている間に野菜の準備です。大根と人参(大根の約1/5)を千切りにし、青葱の薄切りと混ぜます。

e0351091_2492888.jpg

焼きあがった鶏肉は1.5センチ幅に切り、大根と人参、青葱、さらに大根おろしを乗せ、レモン醤油でいただきます。

e0351091_2494470.jpg

冷蔵庫に少しずつ残っていた茄子、万願寺唐辛子、ミニパプリカでシギ焼き。

夏と秋の狭間。気温は下がってきたものの、あの熱波の名残が家の中にも体の中にも残っているような、そんな時期。さっぱりとした料理ながら野菜もたっぷりとって、元気を取り戻さねば。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-09-10 02:50 | レシピ | Trackback | Comments(4)

プロヴァンス風パスティスで煮込んだ鶏料理

パリ在住のアメリカ人シェフ、David Lebovitzさんの最新レシピです。

あまり出番がないので棚の中で眠っているパスティス(アニス系のリキュール)を使うのにもってこいなので、早速作ってみました。

e0351091_2364942.jpg

骨つきの鶏もも肉、(Lebovitzさんは一羽をさばいていました。)をしっかりソテーしてから、トマトのざく切りとガーリック、パスティス、じゃが芋、パセリで煮込んだボリュームのある料理です。(日本語に訳して二人分の材料のレシピを下に書きました。)

シチューのようではありますが、トマトが沢山入るので、今の時期がお勧めです。

e0351091_237329.jpg

人参とリンゴ、ヨーグルトのドレッシングのサラダを添えて。


プロヴァンス風パスティスで煮込んだ鶏料理
レシピ:David Lebovitz さんのブログを参考
材料(二人分)


鶏もも肉  骨、皮付き 600−700g
塩胡椒  適宜
オリーブオイル 大匙1
パスティス (アニス系のリキュールならパスティス以外のものでも良い) 150ml
トマト  大2個  皮ごとざく切り
ガーリック  2片  みじん切り
じゃが芋  中2個  
イタリアンパセリ  みじん切りで約半カップ
砂糖  (小匙1/2) お好みでなくとも良い

1.鶏肉の両面に塩胡椒する。(一晩おいても、すぐに調理してもどちらでも良い。)

2.厚鍋にオリーブオイルを入れ熱し、中火で鶏肉をソテーする。動かさずに良い焼き色がつくまでじっくり炒める。(片面3分はかかります。)別皿にとる。

3.厚鍋の余分のオイルは捨て、(小匙1くらいは残す)パスティスの半量を入れ、鍋底をこそげるようにする。

4.半量のトマト、鶏肉(皿に残っているジュースも)、ガーリック、残りのトマトの順に加える。残りのパスティスを加え、煮立ったら、水(約500ml、じゃが芋の量によって加減してください。)を加えて、煮立ったら弱火にして、蓋をし15分ほど煮込む。

5.煮ている間に、ジャガイモの皮をむき(お好みで剥かなくとも)1センチの厚さにスライスする。

6.鍋の中のものを一旦かき混ぜてから、じゃが芋、半量のパセリ、砂糖を加え、じゃが芋の上に塩(適宜)を振る。蓋をせずに鶏肉とじゃが芋が煮えるまで約20−30分煮込む。時々汁をじゃが芋や鶏肉にかける。

7.材料が煮えたら、味見をし、足りなければ砂糖や塩を加え、更にお好みでレモン汁を加えても良い。

8.皿に盛り付け、残りのパセリを散らす。

*じゃが芋を入れない場合はご飯やパスタも合います。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-08-31 02:38 | レシピ | Trackback | Comments(8)

バルサミコ酢で煮込んだ鶏手羽

和風にするか、中華にするか、それとも洋風にするか、最後まで決めかねていた鶏の手羽肉。しばらくぶりにイタリアンにしてみました。

生ハムの代わりにチョリソー、あとはトマトペースト、ケイパー、アンチョビ、黒オリーブ、白ワイン、バルサミコ酢、チキンストックで煮込むコクのある料理です。(詳しいレシピは下に書きました。)

e0351091_2314385.jpg

添えた野菜はミニパプリカのソテー。オリーブオイルで表面に焼き色をつけ、これにもバルサミコを最後に。調味は塩胡椒。

茄子はウテナを切ってから丸のまま電子レンジで2分近く。手で縦に裂いて、ドレッシング(サラダオイル、醤油、米酢、炒りごま)に浸けました。

e0351091_232248.jpg

もう一品はマグロのセヴィチェ風。二日塩麹にマリネしておいた鮪、マンゴー、ミニトマト、紫玉ねぎのみじん切り、鉢植えからオレガノとタラゴン。調味は塩、醤油、オリーブオイル、レモンのゼストと絞り汁、柚子胡椒。

e0351091_233289.jpg

アボカドがなかったのですが、塩麹につけておいたのでマグロにしっかり味がついていて、また、マンゴーとマグロの組み合わせが意外に美味しいのです。

今年の日本の夏は雨が多いようですが、その後の野菜や稲の生育が心配ですね。あまり暑いのも辛いですが、冷夏も心配です。自然とはなかなか思うようにいかないものです。


バルサミコ酢で煮込んだ鶏手羽
レシピ:Mario Bataliのレシピを参考にアレンジ
材料(2人分)1カップはアメリカサイズの250ml

鶏手羽 手羽元と手羽先がついているもの8本 関節で二つに切り分ける
オリーブオイル 小匙1
白ワイン カップ1/4
チキンストック カップ1/4 (出来れば自家製、市販品なら塩分の少ないもの)
バルサミコ酢  カップ1/4
生ハム 2枚 角切り またはチョリソー 10cm 5ミリ幅に切る
ケイパー 小匙2
アンチョビペースト 小匙1/2
トマトペースト 小匙1
種無し黒オリーブ 5ー6個
胡椒 適宜
パセリ みじん切り 小匙2 またはオレガノやタイム

1. 鶏手羽に塩胡椒して、オリーブオイルを熱した厚鍋(私はルクルーゼを使用)で、両面が狐色になるまで炒める。

2.白ワイン、バルサミコ酢を加え、鶏手羽にからめ、生ハムまたはチョリソー、ケイパー、アンチョビペースト、トマトペースト、オリーブ、チキンストックを入れて、20分くらい蓋をして煮込む。

3.鶏肉が煮えて、ソースがトロッとしたら、皿に盛り、ハーブを散らす。水分が多い場合は蓋を取ってかき混ぜながら煮詰めます。

塩気のあるものが沢山入るのでソースに塩はいりません。市販のチキンストックをお使いになるときは、塩分に十分ご注意ください。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-08-20 02:33 | レシピ | Trackback | Comments(4)

友達との家ランチはピンチョス風

久しぶりに友達とランチをご一緒しました。

彼女は亡夫の手打ち蕎麦も召し上がって頂いたことがありますし、先住犬のジョーイーも知っています。そして、何より音楽談義ができる貴重な友人です。

とにかく忙しい方で、この日も数ヶ月ぶりの休日ということで、ゆっくりできる家ランチにしました。(全てレシピは下に書きました。)

e0351091_2272697.jpg


まずは冷たいサルモレホ。スペインのトマトスープです。スペインのクエンカにお住いのasuさんから教わったトマトの冷製スープで、簡単なのにとても美味しいのです。生ハムと卵の彩りも綺麗で、トマトとあいます。

e0351091_229196.jpg


ピンチョスの鶏つくね。もも肉をガーリックやエシャロット、クミン、カエンヌペッパーでマリネしてそのままひき肉にしたお団子です。ミント入りのヨーグルトソースをつけて頂きます。

e0351091_2293954.jpg


じゃが芋と蛸のムルシア風サラダ。玉ねぎ、青ネギ、パセリの入ったドレッシングをかけて。

e0351091_2295530.jpg


茄子とミニパプリカとカリフラワーの花の即席マリネ。茄子を茹でてからマリネするのですが、これがなかなか良いのです。

健啖家の彼女、この日をとても楽しみにしていたと言って、たくさん召し上がってくださいました。

e0351091_2301657.jpg


沢山食べて、沢山お喋りして、チャー君も沢山撫でてもらって、楽しい7月最初の日曜日でした。

デザートのご紹介はまた後日に。

サルモレホ (トマトの冷製スープ)
レシピ: asuさんのレシピを参考
材料(二人分)


完熟トマト 約500g
ガーリック 1片 みじん切り
パン 薄切り食パン1/2枚 (耳は除く) 水に浸しておく
オリーブオイル  大匙1−2
シェリーヴィネガー 大匙1
塩 ほんの少量
生ハム 1枚 角切り
固ゆで卵 1個 白身と黄身に分けてみじん切り

トマトは芯を取り除き、皮と種と一緒にガーリックと共にブレンダーにかける。
パンを絞り、ちぎって、オリーブオイル、シェリーヴィネガー、塩を加えて更にブレンダーにかける。冷蔵庫で冷やす。
皿に盛ってから、生ハムとゆで卵のトッピングをする。


鶏つくねとヨーグルト・ミントのディップ

ヨーグルト・ミントのディップ
プレーンヨーグルト 1/2カップ
フレッシュミント みじん切り 大匙3
砂糖 小匙2 
カエンヌペッパー (小匙1/4)
レモンジュース 小匙2

上記の材料をすべて入れて混ぜる。

鶏つくね
クミン  小匙1/4
コリアンダー  小匙1/4

鶏もも肉 (骨・皮なし)300g 一口に切る
エシャロット  薄切りで大匙2
ガーリック 1片 薄切り
フレッシュタイム  みじん切り 小匙1/2
カエンヌペッパー 2−3つまみ
レモンのゼスト擂り下ろして 半個分
塩 適宜

スパイス類と上記の物を混ぜ、冷蔵庫に4時間から一晩置いてマリネする。
卵 1個 
生パン粉 大匙3
サフラワーオイル 適宜

マリネした鶏肉(マリネごと)、卵、パン粉を加えてフードプロセッサーでひき肉にする。
小さいフットボール型のつくねにして、オイルでソテーする。
2つずつ短い串に刺してヨーグルトのディップと共にサーブする。


タコとポテトのムルシア風

 ポテトは皮のついた丸のまま柔らかになるまで茹でる。手で触れるようになったら皮をむき、スライスする。

 小さなボウルにエシャロット(大匙1のみじん切り)、レモンジュース(大匙2)、オリーブオイル(50ml)、パセリ(半カップ)、塩、胡椒でヴィネグレットを作る。

タコをスライスして、温かいポテトと盛りつけ、ヴィネグレットをかける。そのままぴったりラップして室温に置く。

茄子、ミニパプリカ、カリフラワーの即席ピクルス

茄子(4本)はへたをつけたまま 2ー3センチのスリットを入れて、塩を入れて煮立ったお湯で10ー12分柔らかになるまで茹でて冷ます。
ミニパプリカも柔らかになるまで茹で、カリフラワーの花は2分くらい茹で、熱いうちにピクルス液につける。

ピクルス液の割合
赤ワインヴィネガー(半カッップ)、水(1カップ)、オリーブオイル(1/6カップ)、塩(小匙1/2)、黒胡椒(適宜)、鷹の爪(1本)、ガーリック(2片、みじん切り)、クミン(小匙1)、オレガノ(小匙1/4)をボウルに入れて混ぜる。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-07-04 02:32 | レシピ | Trackback | Comments(6)