やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:野菜料理 ( 210 ) タグの人気記事

友達のお誕生日祝いのランチはちらし寿司

いつもの仲間の一人のお誕生日をお祝いして、我が家でランチを開きました。

体調不良で元旦のお祝いにいらっしゃれなかったお二人のために、そして、もうじきひな祭りということもあり、ちらし寿司をお節料理のように一人一人茶懐石用の小さなお重に詰めました。

e0351091_04032518.jpg
酢飯には薄味に炊いたかんぴょうと人参、甘辛く煮た干し椎茸、白ごまを混ぜます。その上に酢蓮。錦糸卵をたっぷり(一人1個半の卵を使用)。丸のままの甘辛く煮た干し椎茸。ゆで海老の甘酢漬け、マグロの炙り漬け、一晩昆布締めにした平目はわさび菜を巻いて。塩茹でしたラピニとイクラをのせて出来上がり。

e0351091_04034169.jpg
見た目も華やかに仕上がりました。

お吸い物はハマグリ。昆布出汁と酒だけの調味です。昆布とハマグリから出る自然の塩分だけで十分です。

e0351091_04035777.jpg
金沢から買ってきた豆ふと結び三つ葉を添えて。

副菜はほうれん草のおひたし。知野ファームで求めた茎の短いほうれん草は甘みがあり、濃厚な味がしました。

e0351091_04041687.jpg
茹でて水に取って絞り、3センチほどに切ったほうれん草に醤油、みりん、酒(ほぼ同量:醤油は心持ち少なめ)にその倍量のごま油を電子レンジで30−40秒温めます。熱いうちにほうれん草にかけてまぜます。器に盛ってから、削り節、刻み海苔、半ずりの白胡麻をかけます。

キッコーマンのサイトからのレシピですが、ひと味違った美味しいおひたしです。普通のお浸しに飽きたら、是非お試しください。

あとはサラダ感覚の白菜の切り漬け。(レシピは下に書きました。)

e0351091_04044173.jpg
知野ファームの白菜は甘く、シャキシャキと歯ごたえが良く、とても美味しかったです。

お寿司につきものの生姜の甘酢漬け。日本食料品店で売られていた新生姜は皮をこそげとり、薄切りにして水に10分漬けて灰汁を抜きます。その間に甘酢を作っておきます。

e0351091_04045655.jpg
飲むりんご酢(約100ml) 、米酢(20-30ml)、オーガニック砂糖(約小匙1)、塩(小匙1/4)を混ぜておく。(調味料は味を見ながらご自分の舌で確認してください。)あく抜きした生姜を30秒茹で、ざるに取り、熱いうちに甘酢に漬ける。

e0351091_04064246.jpg
獺祭の一升瓶を抱えてきてくださったお誕生日ガール。とても美味しいお酒でした。

ちらし寿司は色々な種類のものを作るので案外手間がかかります。お二人には朝10時から手伝ってもらい、なんとかお昼に間に合わせることができました。

食べて、飲んで、お喋りをして、本当に本当に楽しい会でした。一晩経った今朝、この記事を書きながら昨日のことを思い出して幸せな気持ちになっています。

バースデー用のデザートのご紹介は次回に。


白菜の切り漬け
レシピ 婦人乃友社編 「おいしい漬物」参考
材料
白菜 500g
塩 10g
柚子 半個分 皮を角切り
昆布 15cm 細く切る
鷹の爪 1本 種を取って薄い輪切り

白菜はよく洗って水気のあるうちに3センチ幅のざく切りにする。
塩をまぶして卓上漬物器で漬ける。2時間ほどすると水が上がってくるので、水気を絞る。水分は捨てる。
柚子、昆布、鷹の爪を加えて混ぜる。あれば柚子の汁も加える。
再び漬物器で1回目より少し軽めに調節して漬ける。
水分が上がってきたら、一度かき混ぜ、軽い押しをして冷蔵庫で食べるまでおく。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog



by Mchappykun2 | 2019-02-18 04:10 | レシピ | Comments(10)

春らしいお刺身サラダ

昨年の11月以来ご無沙汰していた知野ファームをやっと訪れることができました。冬は他の季節に比べると種類が少なく、また最近は雨ばかり降っていたせいもあり、思ったような野菜はなかったのですが、それでも綺麗な野菜をいくつか買うことができました。

知野ファームの後は”鹿児島フェアー”を催していた日本食料品店へ直行。カンパチのサクを買ってきました。

塩締にして半分はお刺身。残りの半分は知野のお野菜でサラダに。

e0351091_06140815.jpg
レタス、ラディッキョ、紫カリフラワー、ルッコラの花。春らしいお刺身サラダになりました。

ドレッシングはレモン汁、醤油、オリーブオイル、”Yuzu Sco”。友達からいただいたYuzu Scoは柚子胡椒ほど辛くはなく、でも柚子の香りとピリッとした辛さで、液体なので使いやすく重宝しています。

温かなものも欲しいので、丁寧に取った濃いめの鰹出汁を吸い物加減に調味し、水切りした豆腐を手で崩しながら加え、水溶き片栗粉でとろっとさせました。

e0351091_06143076.jpg
すり生姜と刻み海苔をたっぷり添えて。どこかにあるのかもしれませんが、自分で思いついて作ったので、名無しの椀ものです。

e0351091_06145127.jpg
使ってしまわなければならない春菊を冷蔵庫で見つけたので、胡麻よごし。

三寒四温のこの頃、春と冬が同居した和の食卓でした。

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-02-11 06:17 | レシピ | Comments(6)

練り味噌を使って四品

アメリカの中西部から東にかけては記録を更新するほどの低温が続いています。シカゴでは零下25.5度C。ウィスコンシンのマディソンでは体感温度が零下 44.4度Cの歴史的な気温になりました。

日本でも寒い日が続いているようですが、いかがお過ごしでしょうか。

寒い地域にお住いの方には申し訳ないほど、サンディエゴは暖かです。朝の8時現在で13度C。今日は18度まで上がる予報です。

元気の良い子供たちは私のレッスンに半袖でやってきます。家の中の方が寒いくらいで、私は暖かなセーターを着込んで、首にはマフラーといういでたちですが。

さて、またまたブログの更新を怠っていましたので、最近三日間の夕食をまとめてご紹介します。この三日間に共通しているのは練り味噌を使った一品を作ったことです。

練り味噌は作っておくととても便利です。

今回は白味噌と赤味噌を1:3の割合にしてみました。白味噌と赤味噌(両方合わせて3/4カップ)、卵の黄身(1個)、酒(1/2カップ)、砂糖(1/5カップ)をすり鉢であたり、良くかき混ぜながら、根気よくお味噌の固さになるまで火を通して練り上げます。砂糖を減らして、味醂を加えても良いですし、分量はお好きな量に変えて大丈夫です。

最初はふろふき大根。最近の大根はえぐみがないので、私は下茹でしません。面取りをし、片面に十字に切り込みを入れ、昆布を敷いた中でじっくり柔らかに煮ます。友達から庭でなったという柚子をいただいていたので、皮をたっぷり散らしました。

e0351091_03290689.jpg
メインは烏賊のぽっぽ焼き

烏賊のゲソは茹でて三つ葉と酢味噌和え。練り味噌に米酢を加えた衣です。(この三つ葉は別のお友達から自家製をいただきました。)

大根の皮は生姜と醤油でさっと煮ました。(正方形に切った大根の皮と醤油、千切り生姜を混ぜて、水分が出てきたらさっと煮ます。)

次の日は里芋の味噌煮。

e0351091_03292392.jpg
里芋も下茹でしません。皮をむいて半分に切った里芋を塩でこすり、洗い流します。冷たいだし汁で紙蓋をして煮、少し柔らかになったところで少量の醤油と砂糖を加えます。最後に練り味噌を加え、柚子の皮を散らします。

最後はいんげんの味噌和え。茹でたインゲンを酒でのばした練り味噌で和えました。

e0351091_03294270.jpg
この日のメインは鰯の万年煮。珍しくアメリカのスーパー、Whole Foodsで売られていたローカルの新鮮な天然ものです。

先日日本食料品店で日本からの直輸入の鰯が売られていました。1尾20センチくらいの大きなものでしたが、なんと6ドル以上もするのです。幾ら何でも鰯1尾に6ドルも出す気がせず、買いませんでした。

Whole Foodsでは小中取り混ぜて7尾で3ドルちょっと。リーズナブルなお値段です。

鰯は頭と内臓、尻尾を取り、氷水で洗い、半分に切り、水分を拭いてうす塩を振って30分くらい置きます。塩を洗い流し、水分をふきます。だし汁(1/2カップ)、醤油と酒(各1/4カップ)、梅干し(1個)を火にかけ、沸騰したら鰯を加えて、紙蓋をして煮ます。途中煮汁をかけながら、煮汁が少なくなるまで中火でコトコト。

梅干しは臭みを取るためですが、自家製梅干しは美味しい。梅干しの味も鰯に染み込んでいました。

もう一品は柚子釜。大根と人参と自家製干し柿のなますを詰めてみました。

いりごまを擦り、ゆずの汁、少量の砂糖と醤油を加えて。白醤油だったら色がつかずに良かったのですが、生憎切らしていました。

こうやって書いていると、最近の食卓は和風ばかりだと気がつきました。和風はやはり私にとっては飽きのこないホッとする食べ物なのですね。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-01-31 03:34 | レシピ | Comments(12)

鶏つくねと蕪のスープ仕立て

冬は蕪が美味しい。しかも短時間で柔らかになるのも嬉しい。

蕪と相性の良い鶏のつくねと一緒にたっぷりのスープで煮込んだら美味しいだろうと思いました。

鶏挽肉に葱のみじん切り、卵の黄身、赤味噌、胡椒を加えて粘りが出るまでかき混ぜます。長芋のみじん切りを入れたかったのに、すっかり買うのを忘れました。

挽肉に合わせるのは本当は鶏の軟骨が一番良く、次は慈姑か筍の粗みじん切りを入れると食感が良いのですが、全て買い忘れました。もっとも軟骨は手に入りませんが。

さてこの挽肉は2本のスプーンでツクネにしてだし汁に落としていきます。だし汁は鶏ガラのスープでも鰹出汁でも良いです。皮をむいて適当な大きさに切った蕪も一緒に。

今回皮があまり綺麗でなかったので捨ててしまいましたが、綺麗な皮だったら即席漬物にできます。

e0351091_04082138.jpg
酒、醤油(少量のみりんを入れても)で調味して、最後に蕪の葉っぱを加えます。私が買った蕪には葉っぱはなく、5センチほどの軸だけがついていましたので、それを入れました。

熱々をフーフー言いながら食べると、足の先からポカポカしてきます。残りは次の日のお昼に。一人用の小さなお鍋で温めてお餅も入れて、それも美味しくいただきました。

副菜はキャベツと胡瓜とミニパプリカと柚子の即席漬け。

e0351091_04083934.jpg
両方にたっぷり振りかけたのが友達からいただいたKYUSHU Yuzu Sco。

柚子胡椒ほど辛くなく、でも柚子の香りがいっぱいの美味しい卓上調味料です。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-01-18 04:12 | レシピ | Comments(8)

マリネしたオヒョウのソテー マンゴーサルサ添え

先日のテレビ番組「ガッテン!」でもコレステロール値を下げるには魚、特に青魚を食べると良い、と放映していましたが、私のかかりつけのお医者さんも同じことを言います。

サバやイワシ、アジ、サンマ。サンディエゴでは手に入りにくいお魚なので、他のお魚を買ってきます。

でも、アメリカはお魚が高いのです。いつも同じものでは、と思い先日買ってきたオヒョウ(Halibut) は一人分、180gくらいで10ドル もしました。一人分でも考えてしまいます。

このように良いお値段の魚なので、少しお洒落に料理してみました。

e0351091_04053472.jpg
レモンや柚子胡椒で1時間ほどマリネした後ソテーし、マンゴーやトマトのサルサを添えました。(Dorie Greenspanさんの近著「Everyday DORIE」を参考にし、レシピは下に書きました。)

魚を買ってきてから本を読んだので、手持ちのものを使い、元のレシピとは少し変えましたが、見た目も華やかで美味しい魚料理になりました。

e0351091_04055194.jpg
副菜はズッキーニ。中くらいの大きさのズッキーニを長いまま縦に5ミリ幅に切ってから、細く切り、エシャロットと共にバターとオリーブオイルで炒めます。塩胡椒だけの調味です。

シンプルですが、美味しいズッキーニの食べ方です。

切り方と炒めすぎずにシャキシャキした食感を残すことが大事なのだと思います。


マリネしたオヒョウのソテー マンゴーサルサ添え材料(一人分)

オヒョウ 一切れ 150-180g

マリネ
レモンのゼスト 半個分
レモンジュース 大匙1.5
みかんまたはオレンジのゼスト 半個分
みかんまたはオレンジジュース 20ml
オリーブオイル  20ml
青葱 (濃い緑の部分は除く) 1本 薄切り
イタリアンパセリ(香菜の方が望ましい)の茎  みじん切り 小匙1
柚子胡椒  小匙1/2
海塩 適宜
砂糖 適宜
カエンヌペッパー 適宜

サルサ
ミニトマト 5−6個 半分に切る (私は手持ちのイタリアントマトを使い角切りにしました。)
マンゴー 小半個  角切り
赤いパプリカ 1/4個 賽の目切り
香菜 (私はイタリアンパセリを使用)の葉っぱのみじん切り 大匙1
玉ねぎ(できれば紫玉ねぎ) みじん切り(洗って水気を拭く) 大匙1 
海塩 適宜
ひきたて黒胡椒  適宜
カエンヌペッパー  適宜
オリーブオイル  小匙1
レモンジュース  小匙1

オヒョウはさっと洗って水気をふき、マリネ液に1時間つける。(4時間までつけておける。)

レモン汁を除いたサルサの材料を全て合わせて、冷蔵庫で保管。(数時間置いておけるが、サーヴする20分前には冷蔵庫から取り出しておく。)

マリネしたオヒョウは水分を拭き取り、カノラオイル(無臭のサラダオイル)でソテーする。マリネ液は取っておく。

ソテーしたフライパンを拭いて、残りのマリネ液を煮立て、魚の上にかける。

サルサにレモンジュースを加えて、魚に添える。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2018-12-15 04:10 | レシピ | Comments(14)

ロマネスコのオーブン焼き

スーパーで新鮮なロマネスコを見つけました。形と色が綺麗なので、生のままサラダにしようと思って買ったのですが、作る時になって気が変わり、オーブンで焼くことにしました。

というのも、メインを丸のままの魚のパピヨットにしたので、同じオーブンで焼けるものをと考えたからです。

ロマネスコは小房に分けてから更に縦に半分に切ります。耐熱皿に薄くオリーブオイルを塗り、切り口を下にして並べます。軽く塩胡椒した後、バターを小さくちぎって乗せ、240度C(475度F)のオーブンに入れて10分。

e0351091_03493418.jpg
生パン粉とすりおろしたパルメザンチーズ(2:1の割合)にレモンの皮のすりおろしを加えて上からかけ、更に5−6分。表面がきつね色になったら出来上がりです。

作りながら考えた料理ですが、とても美味しくできました。バターはパン粉の上でも良いかもしれません。また、カリフラワーでも美味しくできそうです。

e0351091_03494849.jpg
サラダはルッコラ、柿、柘榴、ゴルゴンゾーラ、ローストした胡桃。イチジクのバルサミコ酢をかけて戴きます。

e0351091_03500259.jpg
そして、メインはブランジーノのパピヨット。塩胡椒、レモン、ガーリック、鷹の爪、パセリ、白ワイン、オリーブオイルをかけて16分オーブンで焼きます。(詳しいレシピは以前のここ⭐️を参考にしてください。)

いつの間にか今年も1ヶ月を切りました。なんだかせわしない日々が続いていますが、しっかり食事と睡眠をとって今年の年末は風邪を引かずに乗り切りたいものです。



ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2018-12-06 03:52 | レシピ | Comments(14)

カリフォルニアの山火事&けんちん汁などの和の夕食

未曾有の被害をもたらしているカリフォルニアの山火事。キャンプファイアーから広がったサンフランシスコの北とロサンジェルス近郊の火事で、現在(現地時間で11月17日、午前8時)71人の方が亡くなり、千人以上が行方不明です。

昨日サンフランシスコに住んでいる娘と電話で話しましたが、煙がひどく、外には全く出られないこと、出るときはN95の特殊マスクを着用(消防署で無料配布)しなくては息ができないそうです。

家の中でも空気清浄機を始終つけているそうで、火事が始まって1週間以上が経ち、皆とても気分が落ち込んでいるとのことです。

もう直ぐ感謝祭ですが、それどころの気分ではないでしょう。一刻も早い火事の沈静を祈るばかりです。

さて、サンディエゴも朝晩はだいぶん冷え込むようになりました。寒くなったら温かな汁物です。野菜たっぷりのけんちん汁にしました。

通常のけんちん汁は野菜類をごま油で炒めるのですが、私は鰹出し汁で柔らかに煮ただけです。

里芋、ちぎり蒟蒻は下茹でしておきます。半月型に切った大根と人参、同じ位の大きさに切った生椎茸、短冊に切った油揚げ(よい油を使ってあるお揚げは油抜きしなくともよいです。)を鰹出し汁で柔らかになるまで煮て、最後にインゲンを加えます。

e0351091_03355940.jpg
私は野菜類はあまり小さく切らない方が好みです。できたら牛蒡も加えた方が味が出ます。

酒、塩、醤油で調味し、水切りした豆腐(ペーパータオルに包んで電子レンジで1分)を手で崩しながら加えて熱々をお椀に。

フリーズドライの柚子を最後に加えてみましたが、それほど香りませんでした。ソーニャさんからいただいたスープの方が余程柚子の香りが高かったです。

そのほかの献立は鯛の塩締め。レモンをかけていただきます。自家製酢取り生姜を添えて。

e0351091_03362326.jpg
もう一品は前から作りたかったキャベツと昆布茶の即席漬物です。

白菜でも良いのですが、ざく切りにしたキャベツと昆布茶(量はご自分の舌で確認)をビニール袋に入れて、外から揉んで、口を縛って30分くらい置いたものです。出てきた水分はしっかり絞って、皿に盛ってから上記の柚子を散らしました。

塩分がきつくなく、美味しい即席漬物になりました。

e0351091_03364193.jpg
最後の締めは松茸ご飯。アメリカ産の松茸の香りは日本産には遠く及ばないでしょうが、それでも炊飯器を開けた途端に松茸の香が広がりました。

昨夜は久しぶりに料理らしいものを作ることができ、満足しました。お腹もいっぱいになり、私はやっぱり料理が好きなのだと、再確認しました。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2018-11-18 03:40 | レシピ | Comments(8)

椎茸シュウマイ&キャベツ

日本食料品店で売られていた肉厚で立派な生椎茸。見た途端に椎茸シュウマイにしようと決定。

e0351091_02135504.jpg
キャベツを一緒に蒸そうと思い、キャベツのコーナーに行くと、年配の女性が一生懸命選んでいます。彼女が選び終わるのを待っていると、その方が私に話しかけてきました。

「日本語は話しますか?」「ええ」と答えると「このキャベツ、すごく美味しいんですよ。この前買ってとても美味しかったので、また買っているんです。オーガニックではないけれど。」

確かに、このキャベツ、甘くて柔らかで、とても美味しかったです。アメリカのキャベツは固くて、甘みもなくとても生では食べられないものが多いのですが、このキャベツは生でもとても美味しく、大きな1個を色々に調理して、一人であっという間に食べてしまいました。

最初は炒めてラーメンの具に。次は上記の椎茸シュウマイと一緒に。

e0351091_02141281.jpg
3回目は塩もみしてりんごと酢の物。

e0351091_02142677.jpg
最後は油揚げとの炒め煮。これもキャベツが甘いので、調味料は酒と醤油だけです。

アメリカでは美味しいキャベツは食べられないと諦めていたのですが、嬉しい発見でした。

今週は公私ともに気がかりな案件が落着。昨日は用事があってほぼ1日費やしてロサンゼルスへ。怒涛のように忙しかった1週間がやっと終わりました。

夏時間も今日でお終い。いよいよホリデーシーズン到来です。

椎茸シュウマイ
材料 (二人分)

生椎茸 中くらいのもの8−10個  軸はとってみじん切り
豚ひき肉 約200g
干し椎茸 中2枚 戻してみじん切り
玉ねぎ  中半分 みじん切り
小麦粉 適宜
調味料 塩胡椒、醤油、砂糖、ごま油
キャベツ(白菜でも良い) 適宜 ざく切り

豚ひき肉、干し椎茸、生椎茸の軸、玉ねぎに塩胡椒、少量の砂糖、醤油、ごま油を加えてよく練り、8個(椎茸の数だけ)の団子を作る。

生椎茸はさっと洗い(濡れ布巾で拭いても良いです)水気をペーパータオルでとり、傘のひだのある方に軽く小麦粉を振る。豚ひき肉をこんもりと椎茸の裏側に乗せ、少し押さえつけるようにして、しっかりはりつける。

キャベツ(または白菜)のざく切りの上に椎茸シュウマイを乗せ、湯気の上がった蒸し器に入れて約10分。

辛子酢醤油で熱々をいただきます。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2018-11-04 02:20 | レシピ | Comments(12)

鰆と茸たっぷりのちり蒸し&柿とルッコラの酢の物&アライグマ

最近では茸類は一年中出回っていますが、茸は秋という季節を感じさせてくれます。

鰆の切り身、豆腐、生椎茸、しめじ、平茸でちり蒸しを作りました。

e0351091_05211401.jpg
昆布の上に上記の具材をのせ、酒を振り、湯気の上がった蒸し器の中で8−10分。最後に三つ葉を加えました。ポン酢でいただきます。

今回は即席ポン酢で昆布醤油にレモン汁を加えただけですが、次はきちんと熟成させた自家製ポン酢を添えたいです。

e0351091_05213095.jpg
季節の果物、柿は湯がいたルッコラと柘榴で酢の物。

e0351091_05214601.jpg
終わりに近づいた 万願寺とうがらしは味噌炒め。この日も秋らしい食卓でした。

今朝、裏庭から聞こえるキュー、キューという鳴き声で目が覚めました。案の定、子どものアライグマが罠にかかっていました。

先日読売新聞のネット版に鹿児島県でアライグマ1匹が捕獲されたという記事を読みました。南薩地域では初めての発見とか。

我が家では罠を仕掛けてから1年4ヶ月になりますが、今朝で4匹目です。スカンクは10匹。

アライグマは北米が原産で、可愛い顔に似合わず、悪賢く、狂犬病を持っていることもあるので、危険です。

我が家の果物も散々やられましたし、庭に置いていたサンダルを3足も木っ端微塵にされました。

我が家は普通の住宅街なのですが、アライグマ、スカンクのほか私はまだお目にかかっていませんが、コヨーテもいるので、小さい犬や猫は外に出しっぱなしにできません。

e0351091_05221809.jpg
電話をすると、契約している業者のおじさんが罠ごと引き取り、新しい罠を置いて行きました。

罠の中にはマシュマロ、ピーナッツバター、シリアルなどを囮としておきます。

まだまだアライグマやスカンクとの攻防が続くのでしょうか?この招かれざる小動物にうんざりしている今日この頃です。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2018-10-24 05:25 | レシピ | Comments(14)

秋らしい食卓&もうじきハロウィーン

日本からの直輸入の新鮮な秋刀魚が入荷されているうちに、もう一度塩焼きにしました。冷蔵庫の中に少しずつ残っている野菜を使ってけんちん汁。

e0351091_02541993.jpg
野菜をごま油で炒めてから煮込むレシピもありますが、今回は下ゆでした里芋、大根、人参、蒟蒻、油揚げを鰹だし汁で煮て、醤油で味付け。最後にスナップエンドウを加えました。野菜からの旨味もでて、美味しい汁ものです。

ルッコラは胡麻和え。

さて、散歩の途中で見つけたご近所さんのハロウィーンのディスプレー。

e0351091_02544577.jpg
e0351091_02560935.jpg
e0351091_02562274.jpg
e0351091_02563559.jpg
各家庭の趣向を凝らしたディスプレーを眺めるのもこの時期の散歩の楽しみです。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2018-10-22 02:58 | レシピ | Comments(10)