やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:野菜料理 ( 179 ) タグの人気記事

海老とグリーンピースのスープ ♪鞘の出汁を使って♪

もう終わったと思っていた鞘付きのグリーンピースを 知野ファームで見つけました。

もう一度鞘を擂り潰したスープにしようかとも思いましたが、今回は海老と一緒にスープにしました。もちろん鞘を煮出してスープの出汁にしました。

e0351091_02442704.jpg

5本残っていた空豆も加えて、春らしく彩りもよく、そして何よりグリーンピースの香りと優しい味がとても美味しいスープです。(レシピは下に書きました。)

副菜の一品はインゲンとチョリソーの炒め物。油はしかず、チョリソーから出る油で、インゲンも茹でずに生のまま炒め、途中で蓋をして蒸し煮にします。塩分はチョリソーから出るので、胡椒だけ最後に加えました。

e0351091_02444460.jpg
もう一品はやはり知野ファームにあった新じゃがを使ったポテトサラダ。

皮が薄いのでタワシで表面をゴシゴシこすった新ジャガは、皮付きのまま茹でました。新玉ねぎの代わりに水に晒したスイートオニオンの薄切り、三つ葉の千切りと一緒に自家製の味噌マヨネーズで和えてみました。

このところ、最高気温が20度を下回る涼しさです。この時期は曇り日も多く日本との季節感が最も違う時期かもしれません。サンディエゴでは季節外れの風邪も流行っていますので、お気をつけてください。

海老とグリーンピースのスープ
材料(二人分)

海老 8尾(殻をむき、背わたを取った後、海水位の塩水で揉むように洗い、その後真水で数回すすぎ、ペーパータオルで水分を拭き取ります。)
片栗粉 小匙2
昆布 10センチ
日本酒  適宜
鞘付きグリーンピース  大きな手で二掴み
鞘付きそら豆 数本 (なくとも良い)
野菜出汁 (横着をして茅乃舎の出汁を使いました。)適宜
塩  適宜

1.グリーンピースとそら豆を鞘のついたままよく洗い、中の豆を取り出す。

2.鞘は青臭さを取るため一度ゆでこぼした後、水をかぶるくらい入れ、昆布と日本酒を加えて20分程煮出す。(昆布は煮立ったら取り出す。)

3.海老は片栗粉をまぶしておく。

4. 2を笊にあけ、鞘はお玉の底で押して、エキスをしっかり出す。

5. 4を煮立て、野菜出汁や塩で調味して、海老を加える。海老がほぼ煮えたら空豆を加え、一煮立ちしたら、グリーンピースを加える。煮立ったらすぐに火を止める。お皿に盛って出来上がり。

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-26 02:48 | レシピ | Trackback | Comments(2)

地中海風ロースト・アーティチョーク

知野ファームで売られていた子供の拳ほどのアーティチョーク。

知野ファームで働いている仲の良い女性に「葉っぱも柔らかい?」と聞くと、売り場と少し離れた大きなテーブルまでやってきて、美味しいアーティチョークの見分け方を教えてくれました。

彼女いわく、茎に近いところを指先で軽く握るように押してみて、手ごたえのあるものがベースがしっかりして美味しいのだとか。

e0351091_02511919.jpg


そんな風にして選んだ4つのアーティチョークは固い葉っぱをむいて、柔らかな葉っぱに到達したら、先の方を1−1.5センチほど切り落とし、茎は皮をむきます。縦半分に切ると、若いアーティチョークには毛羽がありません。もし毛羽があったら、スプーンなどでかき出します。

切り口はレモン汁をかけるか、レモン汁を入れた水の中にすぐに浸けていきます。水気を拭いて、切り口を上にしてアルミホイルの上に茎と一緒に置き、ガーリックを丸のまま(大きければ縦半分に切り、芽を取り除きます。)半分に切ったそれぞれのアーティチョークの真ん中におきます。(半分に切ったアーティチョークと同じ数のガーリックを使います。)

オリーブオイルをたっぷりかけ、ホイルを包んで、400度F(200度C)に温めておいたオーブンで25分。(30分ローストしたのですが、少し長すぎました。)

ホイルの中からガーリックだけ取り出し、アーティチョークはまたホイルに包んでおきます。

ほっくり柔らかになったガーリックを包丁の腹で潰し、更にみじん切りにし、パセリのみじん切り、レモン汁、ケイパー、オリーブオイルでヴィネグレットを作ります。(パセリでなく、ディルでも良いです。)ケイパーが入るので塩は入れません。

e0351091_02514029.jpg
アーティチョークを皿に盛り、ヴィネグレットをかけ、ゴートチーズ(フェタチーズだともっと地中海風になります。)を散らして出来上がり。

ネットで調べた地中海料理を私流にアレンジしたものですが、とても美味しくできました。新しく美味しいレシピを発見すると嬉しくなりますね。

e0351091_02515981.jpg

メインは鴨のマグレ。知野ファームの甘いみかんを使ったソースです。エシャロット、みかんの汁とゼスト、メープルシロップ、バルサミコ酢、グランマルニエで仕上げた、香り高いソースです。

e0351091_02522521.jpg
ちょうど頂き物の大きな苺があったので、ダークチョコとホワイトチョコを溶かして、お洒落なデザートにしました。頭の中ではもっと素敵な仕上がりになるはずだったのですが、イメージ通りに作るのはなかなか難しいものです。

e0351091_02524302.jpg
イベントにかこつけては美味しい食事をするのが我が家です。「母の日」という立派な理由があったこの日は、娘夫婦が置いていってくれた美味しい赤ワインも封を切ってしまいました。

お一人様の夕食でしたが、食事中に娘から電話があり、レシピを話したり、写真を送ったりしながらの楽しい母の日の食事になりました。


[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-17 02:57 | レシピ | Trackback | Comments(8)

グリーンピースの鞘と豆のすり流し

鞘付きのグリーンピースが出回る時期はとても短いです。せいぜいひと月ほどでしょうか。

ニューヨークから帰って二日後に訪れた知野ファームで求めた鞘付きのグリーンピースが、おそらく今年最後かもしれません。

今までサラダや、鞘で煮出した汁で炊いた豆ご飯を作りましたが、今回はすり流しにしてみました。

すり流しとはいえ、出汁は使わず、豆と鞘を煮出した汁だけで、豆の香りを存分に味わいました。

グリーンピースは綺麗に洗って両側の筋を取り除きます。豆を鞘から出し、塩を少々加えて色よく茹でます。豆だけ取り出し、後の汁で鞘を煮出します。およそ20分ほどです。

その鞘を汁ごとフードミル(ムーラン)ですりつぶします。ミキサーやフードプロセッサーではなくフードミルを使ってすりつぶすことが大事です。余計な繊維を取り除いて口当たりを良くするためと、鞘の中の滑りを取り出すためです。

茹でた豆と一緒に今度はミキサーでピュレにします。このピュレの加減も非常に滑らかにするか、豆の粒々感を残すかはお好みです。
e0351091_03290686.jpg
それを鍋で温め、器に盛り、最後に木の芽の葉っぱを散らしました。(私は豆を茹でた時の塩だけですが、お好みで調味してください。)色も香りも春らしく仕上がりました。
e0351091_03305420.jpg
5月8日、クジャクサボテンの艶やかな最初の花が咲きました。直径20センチ以上もある妖艶なこの花、今年は沢山の蕾をつけています。

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-13 03:33 | レシピ | Trackback | Comments(8)

韮を使って三種類の副菜

我家の犬のチャー君は来月で11歳になります。つまり、11年近く近所を毎日のように散歩させているのですが、犬を連れている人とは話をしたことがありません。

なぜなら、チャー君は犬を見ると吠えまくるからです。車が止まっていれば車の陰で、車がないときは手でチャー君に目隠しして、じっとよその犬が去っていくまで待ちます。

チャー君が吠えまくることは皆周知のようで、さっさと通り過ぎてくださいます。

そんな訳で、毎日お散歩しながら、ご近所の方達とろくに話したこともないのです。普通、犬を連れている人同士はすぐに仲良くなれるのですが。。。

e0351091_247370.jpg

先日、チャー君は首の筋を違えたらしく元気がなかったので、一人で散歩をしました。そのとき、2匹の犬を連れたアジア系の年配の女性と初めて言葉を交わしました。

その数日後、また一人で散歩をしていると同じ女性にお会いしました。台湾から来たというその女性が、私に「チャイは好きか?」と聞いて来ました。

チャイは中国語でお茶ですから、「ええ」と答えると、「我家はすぐそこで、チャイをあげるからいらっしゃい。」とおっしゃるので、お言葉に甘えてお邪魔しました。

綺麗に手入れされた花壇と野菜畑。青々と茂っている沢山の株を指差して、「こんなにチャイがあるのよ。」それは、紛れもなく韮なのでした。

英語では正確には韮は「Chinese Chive」。略してチャイブ、とも言いますが、最後の「ブ」が消えてしまっていたのですね。あるいは私には聞こえなかったのか。。。。

「一人暮らしだからそんなに沢山はいりませんよ。」という私の声は耳に届かなかったのか、一株丸々鋏でジョキジョキ。「すぐにまた生えてくるから」と言って、沢山の韮の束を新聞紙に包んでくださいました。

という訳で、この数日、韮のお料理を作っています。

e0351091_2474820.jpg

まず、最初は春雨と卵と韮の炒め物。何十年も前に上の姉から教わったものです。調味は酒と塩と胡椒。

e0351091_248420.jpg

次は豆腐とエリンギと卵と一緒にスープ。韮は3−4センチに切ってから水につけてアク抜きをしたので、マイルドになりました。豆腐も塩茹でして余分な水分を飛ばします。

e0351091_2481795.jpg

三つ目は少し洋風にして、チョリソーとの炒め物。

私も韮は育てていますが、いただいたものは葉っぱが少し幅広です。種を台湾から持ってきているそうですので、日本のものとは種類が違うのでしょう。

そして、数日経った現在でもピンとしています。まだありますので、単純におひたしとか、納豆和えとか、ラーメンや焼きそばの具とか、餃子など使い道はいくらでもありますが、少し食傷気味。

でも、チャー君を連れていなかったおかげで、知り合いができました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-04-23 02:51 | レシピ | Trackback | Comments(12)

知野ファームの野菜で春の和食

美味しい野菜が手に入ると料理をするのが楽しくなります。

洋風の夕食の次の日は和食。

e0351091_257317.jpg

赤蕪は甘酢漬け。丸一日漬けたら、ご覧の通りこんな綺麗な赤い色に。詳しいレシピはこちら⭐️です。

e0351091_2571899.jpg

菜の花のような黄色い花のツァイシンはさっと湯がいてアーモンド和え。たまたま目についたパントリーの中のアーモンドバターに砂糖、醤油、を加えてお湯で伸ばしました。

e0351091_2573124.jpg

鞘付きのグリーンピースは豆ご飯。このレシピは何度か載せていますが、鞘も捨てずに昆布と酒と水で煮出して、その汁でご飯を炊きます。

これも詳しいレシピはここ⭐️をご覧ください。

e0351091_2575045.jpg

メインは1日塩麹にマリネしてグリルした鰤。そら豆は鞘のまま鰤と一緒にグリル。

e0351091_258150.jpg

庭のアマリリスも咲き始め、家の中も外も春がいっぱい。今年もまた美しい季節が巡ってきました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-04-18 02:59 | レシピ | Trackback | Comments(4)

レストランの再現料理 ♪みかんと鯛のカルパッチョなど♪

先日訪れたレストランで出された知野ファームのお野菜が美味しくて、早速春野菜を求めて知野ファームへ行きました。

お目当の豆の蔓はありませんでしたが、ついテンションが上がって、たくさん買い込んで来ました。

e0351091_2344244.jpg

左上からドライ無花果、ほうれん草、鞘付きグリーンピース、黄色い花はツァイシン、空豆、イラクサ、スナップエンドウ、赤蕪、レタス、苺にみかん。

残念ながら蕪の葉っぱは虫食いだらけで、ほとんど使い物になりませんでしたが、全てとても新鮮です。

e0351091_2352522.jpg

イラクサ以外は全てフレッシュなまま食べられます。サラダにはレタス、赤蕪のスライス、ツァイシン、空豆、スナップエンドウ。シェーブしたパルメザンチーズにシンプルなドレッシング。(塩胡椒、シャンペンヴィネガー、ブラッドオレンジ風味のオリーブオイル)

野菜そのものの美味しさを満喫。

日本食料品店から買って来た鯛のお刺身は軽く塩で締めました。レストランの鯛はお刺身のままでしたが、私は少し締めた方が他のものと馴染んで好きです。

e0351091_2355370.jpg

赤蕪のスライス、塩で締めた鯛のスライス、胡瓜、みかん、ルッコラの花。ドレッシングはミカンのジュースとオリーブオイルと塩のみ。最後にピンクペッパーを潰して散らしましたが、これがちょっとしたアクセントになり、とても美味しくできました。

メインは珍しく日本食料品店で売られていたカジキマグロ(sword fish)。
シンプルに塩胡椒してオリーブオイルでソテーしただけですが、これにはイラクサのサルサ・ヴェルデを添えました。

レストランで友達が頼んだオパ(ハワイの魚)にはイラクサのサルサ・ヴェルデが添えられていたのです。私は味見をしなかったので、どんなサルサ・ヴェルデか分かりませんが、いつもイラクサはスープにしていたので、なるほど、とアイディアをいただきました。

e0351091_2363235.jpg

湯がいたイラクサを水にとって絞り、みじん切りにし、アンチョビペースト、レモン汁、レモンのゼスト、オリーブオイル、胡椒を加えました。ガーリックを加えようか少し迷ったのですが、加えずにシンプルに徹しました。

付け合わせは胡瓜。写真のような形に切った胡瓜はさっと湯がきます。笊にとってから、バターで炒め軽く塩胡椒しました。

e0351091_2364938.jpg

やはり知野ファームのお野菜は味が濃く、野菜そのものの味がしてとても美味しい!たまに洒落たレストランへ行くと、刺激があって良いものだと改めて思いました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-04-16 02:41 | レシピ | Trackback | Comments(10)

ローストしたビーツのサラダ二種

先日レストランでいただいたビーツとアボカドクリームのサラダを再現したくて、ビーツを買ってきました。

再現といっても全て同じではなく、手持ちのものを有効に使いました。

オーブンローストしたビーツのスライス、ベビーグリーン、白レーズン、ピスタチオ。アボカドをマッシュして塩、レモン汁と丁度大匙1だけ残っていたクレーム・フレーシュを加えました。(ローストの仕方は下に書きました。)

e0351091_3291711.jpg

ドレッシングはブラッドオレンジ風味のオリブオイルとモデナのバルサミコ酢。アボカドクリームがあるので、このドレッシングはなくとも良かったかもしれません。

アボカドクリームが美味しくできたので、このレシピは他にも使えそうです。

ビーツは4個一度にローストしたので、残りの半分は次の日にリンゴと一緒にサラダにしました。

はちみつ、レモンのゼストと汁、オリーブオイル、チャイブ、ミントに、くし切りにしたビーツをマリネして、30分は置いておきます。

e0351091_3293486.jpg

食べる直前にりんごのスライスを加えて混ぜます。少し甘いビーツとりんごは相性がとても良いので、美味しいサラダになりました。

この日のメインは骨つきポークチョップのステーキ。良い色に仕上がったので写真を載せます。

塩胡椒、ロズマリー、ブラインしてあるグリーンペッパーをまぶして筋切りしたポークを焼きます。焼きあがったら、フライパンの余分な油を捨て、ブランデー、メープルシロップ、ケッパーを加えて少し煮詰め、最後に無塩バターをひとかけ入れて、ソースにしました。

e0351091_3295060.jpg

骨つきのお肉はちょうど良い加減に焼くのが難しいです。どうしても骨の近くは時間がかかり、骨から遠いところが焼き過ぎてしまうからです。でも骨の周りは美味しいですね。

余分なことですが、ビーツの葉っぱはジャガイモ、玉ねぎ、鷹の爪、ガーリックと一緒にスープにしました。色がイマイチなので写真は載せませんが、ビーツの葉っぱの使い方としては秀逸だと思います。
(詳しいレシピはここ⭐️をご覧ください。)

ビーツのロースト
耐熱皿に皮付きのままのビーツを入れ、大匙3ほどの水を加える。アルミホイルをピッタリかぶせ、所々に穴を開け、450度F(230度C)に温めたオーブンで、40〜60分(大きさによって加減)ローストする。途中で水が無くなったら足す。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-04-07 03:31 | レシピ | Trackback | Comments(12)

アーティチョーク

最近のスーパーではどの野菜も一年中通して売られていることが多く、旬がいつかよく分からないのですが、豊富に出回って値段が安くなった時が旬だと解釈しています。

さて、昨日は安くなっていたアーティチョークに目が行き、買ってきました。アメリカのアーティチョークはほぼ100%カリフォルニア産なそうで、調べると今が旬のようです。

e0351091_2465654.jpg

直径10センチはある大きなアーティチョークは、普通に下処理して、40分茹でました。詳しい茹で方はここ⭐️をご覧ください。

e0351091_2471522.jpg

考えるのが面倒で、いつものように自家製マヨネーズでいただきました。
アーティチョークは食べられるところがほんの少しですので、大きくとも一人で平らげられます。

e0351091_2483134.jpg

メインはブランジーノ(鱸の一種)を野菜と一緒にパピヨットに。これもレシピは以前のサイトのここ⭐️をご覧ください。

色とりどりの野菜と一緒なので見た目も綺麗で、手間も省ける一石二鳥のレシピです。

e0351091_2485392.jpg

ベビーグリーンとゴートチーズ、ローストした胡桃、ドライクランベリーのサラダを添えて。(ドレッシングはブラッドオレンジ風味のオリーブオイルとモデナのバルサミコ酢)

普段のお一人様の夕食にしてはちょっともったいないような食卓でした。

ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-04-05 02:51 | レシピ | Trackback | Comments(8)

マリネした鮭のソテー フェンネルとリンゴのサルサ添え

スモークサーモンとフェンネルの相性は案外良いので、ソテーした生鮭にも合いそうだと思い、表題のような料理にしてみました。

e0351091_2554986.jpg

鮭はちょうど作ったばかりの苺ジャムで出た灰汁を取った後の汁に、白ワインや塩胡椒、フェンネルシードを足した液にマリネしました。

補足しますと、ジャムを作るときに灰汁をお玉で掬いますが、そのとき灰汁だけでなく果物から出る汁も掬うことになります。しばらく置くと、汁だけが沈殿するので、上の泡状になった灰汁を取り除きます。沈殿した果物のエキスは美味しいシロップになるのです。

水や炭酸水で割って飲み物にしたり、白ワインを入れてカクテルにもできます。

今回はそのシロップをマリネ液として利用しました。

今までと一味違った鮭のソテーで、フェンネルとりんごのサルサともよく合いました。

e0351091_256845.jpg

サルサがサラダのようなものなので、副菜は絹さやとスライスしたアーモンドのバターソテー。アーモンドとサヤエンドウやインゲンも相性が良いので、お試しください。


マリネした鮭のソテー フェンネルとリンゴのサルサ添え
材料 (一人分)


マリネ液 
果物のシロップ  大匙1 (今回はジャムから出たシロップを使いましたが、メープルシロップや果物のジュースにブラウンシュガーを足したり、手元にあるもので工夫してみてください。)
白ワイン  大匙2
塩胡椒  適宜
フェンネルシード  小匙1/2

鮭のフィレ 一切れ 約150g 皮はついたままで良いが骨は取る 皮の方に何箇所か切れ目を入れる

鮭をマリネ液に10−20分つけておく。
水分を拭き取り、オリーブオイルで皮目からソテー。
残ったマリネ液は少し煮詰めておく

フェンネルとリンゴのサルサ
フェンネル  小1/2個  小指の先の大きさの角切り 
フェンネルの葉っぱ  適宜  みじん切り
リンゴ 皮付き1/2個  フェンネルと同じ大きさに切る
オリーブオイル  適宜
塩胡椒 
レモン汁  適宜

上記の材料を全て混ぜ合わせておく。

サルサの上にソテーした鮭を置き、煮詰めたマリネ液を上からかけ、フェンネルシード(分量外)を散らす。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-03-24 02:57 | レシピ | Trackback | Comments(6)

ホワイトアスパラガスの生ハム巻き 半熟卵添え

ホワイトアスパラガスがお目見えしました。春なのですね。アメリカの白いアスパラガスはちょっと筋張っていることが多いので、緑のものより幾分柔らかめに茹でるのが私の好みです。

根元の方を折り、ピーラーで皮をむきます。根元と皮を一緒にして水から茹で数分、皮をむいたアスパラを加えてお好みの硬さに茹でます。

この汁はアスパラのエキスがたっぷり入っているので、スープなどに使いましょう。

茹で上がったアスパラを数本まとめて生ハムで巻きます。油をひかずにフライパンでさっとソテー。これは巻きをしっかりさせるためですから、本当にさっと、です。

e0351091_29151.jpg

半熟卵(沸騰したたっぷりのお湯にパスタを茹でるときくらいの塩を入れ、冷蔵庫から出したばかりの冷たい卵をゆっくり入れて、コトコト5分。写真のように黄身がトロトロの半熟卵になります。)を半分に切り、チャイブのみじん切りを散らして出来上がり。

ステーキナイフのように切れるナイフで切ってお召し上がりください。

固ゆで卵をみじん切りにしてミモザ風にするか少し迷ったのですが、トロトロの黄身がソース代りになりました。生ハムに塩気があるので塩は使いません。

もう一品はおなじみのマグロのお刺身とアボカドのサラダです。ルッコラの葉っぱの上に、アボカドとマグロ。わさびと醤油とオリーブオイルのドレッシングをかけ、イクラものせて、ルッコラの花を飾りました。

e0351091_292344.jpg

花のおかげで春らしい一皿になりました。

東京の桜も開花したとか。去年、7年ぶりに訪れた日本で見た沢山の美しい桜がまだ瞼の裏に残っています。桜の風景を思い出すと、胸がキューンとなります。望郷の念なのでしょうか。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-03-18 02:10 | レシピ | Trackback | Comments(8)