人気ブログランキング |

やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:牛肉料理 ( 25 ) タグの人気記事

青豆ご飯_2019

鞘付きのグリーンピースが出回ると必ず作るのが豆ご飯です。

豆を取り出した後の鞘をさっと湯がいて青臭さを取り、昆布と酒と水で5分ほど煮て、冷ました茹で汁でご飯を炊きます。湯がいた後の鞘もお茶袋などに入れてお米の上に置きます。

炊飯器のスイッチが切れたら、鞘を取り出し、お豆を入れて蒸らすと、色が綺麗で、しかもご飯にも香りと味のついた美味しい青豆ごはんになります。

e0351091_02220384.jpg
塩漬けの桜の塩を抜いて飾りにして、一層春らしく演出。

主菜は牛肉と生椎茸の甘辛煮。ラピニを添えて。

調味料はNHKの長寿番組「みんなのきょうの料理」で本田明子さんが作っていた醤油、砂糖、みりんが2:1:1の割合のの甘辛だれ。

e0351091_02222210.jpg
私にはちょっと味が濃すぎるので、酒で割りましたが、作っておけば手軽にいろいろな料理に応用できて便利です。

冷蔵庫で3週間はもつそうです。作ったばかりより数日冷蔵庫の中で寝かせた方が味がまろやかになるように思います。

知野ファームで求めたそら豆は鞘のままグリル。これも簡単で美味しいのでしょっちゅう食卓にのせます。

赤蕪の甘酢漬け。蕪の葉っぱと油揚げの炒め煮。

今日はもう5月3日。風薫る五月です。

新しい令和の時代が平和で良い時代でありますように。(やっと令和がすぐに変換できました!)


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-05-04 02:24 | レシピ | Comments(10)

ミートボール・スパゲッティ

Dorie Greenspanさんの最新の料理本、「Everyday DORIE」からのご紹介です。

この方のレシピのすごいところは、普段の食卓をプロのような味に仕立てることだと思います。

普通に手に入れることができる材料で、ちょっとした手間を加えることによって、ありきたりのものでなくなるのです。

e0351091_02591167.jpg
ミートボール・スパゲッティはアメリカでは最も人気のある料理の一つで、家庭でもレストランでも子供から大人まで大好きです。

e0351091_02592458.jpg
ちょうど冷凍してある自家製トマトソースがあったので、それを使いましたが、本当に美味しくできました。家庭でできるプロの味に仕上がりますので、是非お試しください。

ミートボール・スパゲッティ
レシピ:Dorie Greenspan著「Everyday DORIE」を参考にしてアレンジ
材料(二人分)

ミートボール
牛ひき肉  約200g
スパイシーなイタリアンソーセージの肉 約100g
紫玉ねぎ 約40g みじん切りにして水で洗い、水気を取る
オートミール(Rolled Oats) インスタントでないもの 10g
胡桃 15g みじん切り
フレッシュまたはドライハーブ タイム、オレガノ、ロズマリー等 適宜
塩 適宜
胡椒 適宜
卵 半個 または黄身1個 (白身は冷凍して別の料理に)

オリーブオイル 適宜
パルメザンチーズ 適宜 お好みでなくとも良い

1. 卵とオリーブオイルを除くすべての材料を混ぜてこねる。(こねすぎないように)卵を加えて混ぜ、大さじ山盛り1杯ほどの大きさのボールにする。

2. フライパンにオリーブオイルを熱し、ミートボールの全面に焼き色をつける。(すっかり火が通らなくて良い。)二重にしたペーパータオルの上に置き、余分な脂分を取る。

3. トマトソースの中に入れ、煮立ったら、ごく弱火にし、蓋をして約1時間ゆっくり煮込む。(ごく弱火にすることで肉が固くならずに味が出る。)

4. パスタを茹で、ミートボールとトマトソースに絡める。お好みでパルメザンチーズを振りかける。

*Dorieさんの本にはトマトソースのレシピも同時に掲載されています。このレシピもそのうち載せます。

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-03-29 03:02 | レシピ | Comments(12)

最近の夕食から和食三品

この数日グログの更新をサボっていました。怠っていたというより、単純になんとなく忙しかったのです。

でも、その間もちゃんと夕食は作っていましたので、今日はここ数日のメインの写真だけをご紹介します。

まずはマグロの漬け丼。

e0351091_03573161.jpg
串に刺してマグロを直火で炙り、煮切り醤油に漬けて30分。この煮切り醤油は前にもご紹介したことがありますので、ここ⭐️を参考になさってください。

普通の鉄火丼より私は好きです。

丼続きで親子丼。ほんの少し火が通り過ぎました。

e0351091_03575616.jpg
このレシピも以前のここ⭐️ご覧ください。短時間で作れる私のお助けレシピです。

ある日は牛肉と里芋とシメジの煮物。これは小林カツ代さんのレシピ。

e0351091_03584006.jpg
肉じゃがの里芋ヴァージョンです。シメジが入るので格上のお惣菜という感じがします。ほっこり煮た里芋が美味しく、いくらでも食べられます。

12月に比べると少し日が長くなってきました。短くなっていくより、長くなっていくほうがやはり嬉しいものですね。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-01-24 04:00 | レシピ | Comments(14)

低温調理のステーキは本当に美味しいの?

先日、テレビジャパンで放映されたNHKの「明日も晴れ!人生レシピ」をたまたま見ていて気になった調理法がありました。

出演していた今人気のシェフ、水島弘史さんの低温調理です。

家庭用の低温調理器具、スー・ヴィードを娘たちへのクリスマスプレゼントにしたのは2015年のこと。

最近はレストランでも家庭でもスー・ヴィードが流行っていて、確かに料理によっては時間はかかるけれどもとても美味しい。ローストポークなども低温のオーブンででじっくり焼き上げると柔らかく、ジューシーでとても美味しいのは私も経験済みです。

さて、たまに食べたくなるビーフステーキをネットで調べた水島さんの低温調理法で試してみることにしました。

しっかり水分を取ったテンダーロインにサラダオイルをまぶし、ペーパータオルで包んで、室温にしておきます。重さの0.8%の塩をふりかけ(胡椒は後で)サラダオイルをひいて、火をつけずにフライパンに置き、それから火をつけます。ずっと弱火です。(これはかなり勇気がいる調理法です。)3分半温めたら、ひっくり返し、これを何回か繰り返します。

肉に温度計を刺して中の温度を測ります。この時の温度が難しいです。ミディアムレアーで58度Cが最終温度になるようにするには、この段階で何度が良いのかが書かれていません。

e0351091_04094549.jpg
というのも最後にフライパンの余分な油を拭いて強火にし、表面に焼き色をつけるからです。そして、胡椒をふりかけ5−6分休ませます。

e0351091_04125431.jpg
切ってみると、案の定少し焼きすぎ感があります。悪くないけれど、いつもステーキを食べる時の”ああ美味しい!”という感激がありません。

e0351091_04130929.jpg
昨年同じお店で買った同じテンダーロインで作ったローストビーフ(作ってから3日経っています。)と比べてみました。こちらの方が切り口がジューシーです。

安いお肉を美味しく食べる方法、と書かれているので、もしかしたらテンダーロインには当てはまらないのか、私の調理の仕方が悪かったのか。。。。

しかも、ステーキ1枚焼くのに30分以上かかりました。(休ませている時間を含む。)ステーキは簡単で美味しいご馳走、と刷り込まれている私には、なんともまどろっこしい調理時間でした。

低温でステーキを調理された方のお話を是非伺いたいです。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-01-10 04:18 | レシピ | Comments(15)

サンフランシスコへの小旅行_2018 (5) −9月2日ー

婿さんの手料理

私が行く少し前から体調不良だった娘。ついに日曜日にダウン。どうやらお腹風邪にかかったらしく、一日中ベッドの中で寝ておりました。

優しい婿さんは大活躍。

e0351091_02350799.jpg
お昼には娘のためにお粥を炊きました。私たちには鶏肉も入れて、生姜と葱たっぷりの美味しいお粥でした。

それから食料品の買い出しに行き、私と一緒に近くのトレイルを歩いてくれ、夕食を作ってくれました。
e0351091_02354599.jpg
最近ハマっているらしいアルゼンチンのシェフ、Francis Mallmannの「Seven Fires - grilling the argentine way-」からのレシピで、まずはローストしたミニトマトとゴートチーズ、アンチョビのアペタイザー。

e0351091_02360772.jpg
プレゼンテーションも美しい。
e0351091_02362414.jpg
茹でたアーティチョークには手作りマヨネーズ。

メインは裏のベランダにある大きなBBQのグリルで焼いたリブアイ。ハーブのチミチュリソースを添えて。

e0351091_02364167.jpg
下にはマッシュポテトと薄くスライスしてローストしたじゃが芋。焼き具合も完璧で、とても美味しいステーキでした。娘も何切れか食べていました。

私のために開けてくれた赤ワインも美味しく、私は何もせずにこんなに美味しい手料理に出会ったのは久しぶりで、とても幸せでした。

「美味しい料理をありがとう。」と言うと、私の家ではいつもご馳走になっているから、と答えてくれました。

料理上手で優しい旦那さんを持った娘は本当に幸せ者です。
   
           ー続くー

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2018-09-15 02:39 | 旅行 | Comments(10)

牛肉とさやえんどうの葉っぱの牡蠣油炒め&豆腐サラダ

サンディエゴの中華のレストランで出てくるサヤエンドウの葉っぱの炒め物が私は大好きです。メニューにあるとほぼ必ず頼みます。大体はシンプルな塩味のガーリック炒めです。

さやえんどうの葉っぱは英語でpea pod leafとかsnow pea leafなどといって、アジア系のスーパーでも売られています。でも、お店で買うものは時に筋張っていて、レストランでいただくほど美味しくはありません。

e0351091_3204465.jpg

ところが、知野ファームで採れたものはとても柔らかで味が濃く美味しいのです。

この知野ファームから買って来たさやえんどうの葉っぱを牛肉と一緒にオイスターソース炒めにしてみました。

焼肉用の牛肉は筋を切るように太めの千切りにし、全て少量の酒、卵の白身、塩、醤油、砂糖、片栗粉を加えてかき混ぜます。この時一方方向にかき混ぜるとうまく混ざります。

炒める直前にサラダオイルを少量加えてかき混ぜ、熱い中華鍋にサラダオイルを熱して炒め、色が変わったら別皿に移します。

e0351091_321558.jpg

さやえんどうの葉っぱは洗って水を切り、綺麗な中華鍋に少量の塩を入れた中で炒めます。八分くらい火が通ったところで、先の牛肉を戻し、一混ぜし、オイスターソース、砂糖、酒(分量はオイスターソースの味を見て決めてください。)を混ぜたものを加え、最後に胡麻油を少々加えて出来上がり。

さやえんどうの葉っぱは豆の香りと味がして、とても美味しい一品になりました。

もう一品は豆腐のサラダ。

豆腐(1/3丁)はペーパータオルに包んで電子レンジで1分半。水切り完了です。適当な大きさに千切り、醤油とオリーブオイルで下味をつけます。(私は柚子醤油を使いました。)

e0351091_321256.jpg

やはり知野ファームで求めた2種類のレタス、ベビーからし菜、ミニトマトと下味をつけた豆腐、カリカリに炒ったジャコをを振りかけました。ドレッシングはオリーブオイル、米酢、醤油、柚子胡椒。

e0351091_3213776.jpg

これも美味しいサラダになりました。知野ファームの野菜類はどれも新鮮で味が濃くて美味しい!きっと栄養素もたっぷり含まれているのでは?と思いました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
by Mchappykun2 | 2018-02-07 03:23 | レシピ | Comments(8)

ロッシーニ風のフィレステーキ

「異邦人の食卓」のタヌ子さんのブログで見たフォアグラのテリーヌが乗ったフィレ肉のスーキ。

本来は生のフォアグラのソテーをフィレステーキに乗せ、その上にトリュフを乗せるのだとか。それをロッシーニというのだということを初めて知りました。なんと贅沢で美味しそうでしょう。

折しも、クリスマスのために買っておいたトリュフの瓶詰めがまだ冷蔵庫にありますし、フランスに行った友達からフォアグラ99%の缶詰をいただいたばかりです。

ご存知、カリフォルニアではフォアグラは生はもちろん缶詰も販売を禁止されています。でも、よそからプライベートで食べるために持ち込むのは大丈夫です。

タヌ子さんがご親切に、缶詰ならステーキの上に乗せるだけで良いでしょう、とコメントをくださいました。

娘たちが来たら、このステーキを食べようと、楽しみにしていました。

厚さ4−5センチのフィレミニヨンの筋を丁寧にとり、脇をタコ糸で縛って整形。室温にしておきます。ネットなどでは冷蔵庫から出して30分から1時間とありますが、厚さ4−5センチのステーキなら、3時間は室温に置いておかないと、中まで室温になりません。

しっかり水分を拭き取り、ソテーする直前に塩胡椒。バターを入れてからフライパンを熱々に熱し、サラダオイルも加えます。強火と中火の間の火加減で片面5分、ひっくり返して5分少々。肉を指で押してみて、その弾力で焼き加減がわかります。

フニャフニャだったら焼き足らず、固かったら焼き過ぎ。その加減は経験のみです。

皿に移して、アルミホイルで覆います。その間にソースを作ります。

フライパンの大さじ1の油を残してあとは捨て、エシャロットのみじん切りをソテー。本当はここでマデイラ酒とビーフストック、またはデミグラスソースを加えるのですが、どちらもなかったので、ブランデーを投入。

火をつけてアルコール分を飛ばし、トリュフのみじん切りと塩胡椒で調味。最後にトリュオイルを加えました。

e0351091_3363318.jpg

ステーキのタコ糸を取り、ソースをかけ、フォアグラの缶詰のスライスとトリュフのスライスをのせ出来上がり。

なんとも贅沢でとびきり美味しいステーキになりました。今日の焼き加減はレアーからミディアムレアー。この焼き加減が3人とも好きなので、私たちにとってはパーフェクト。

e0351091_34106.jpg

フィレステーキとフォアグラがこんなに合うのを初めて知りました。タヌ子さんからアイディアをいただき、タイミングよくフォアグラをお土産にくださった友達、お二人に皆で「ありがとうございました。」と頭を下げました。

e0351091_337398.jpg

娘がこのステーキのために用意してくれたフランスのワイン、2005年もの。

e0351091_3371629.jpg

サラダはルッコラ、オレンジ、トマト。モデナのバルサミコ酢とブラッドオレンジ風味のオリーブオイル。

この日の贅沢で美味しいロッシーニ風フィレステーキの夕食は、私たち3人の忘れられない一皿になったと思います。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
by Mchappykun2 | 2018-01-18 03:41 | レシピ | Comments(8)

テンダーロインのローストビーフ トリュフソース添え

今年は娘夫婦や友達をお招きしたクリスマスディナーを考えていたので、オーガニックの牛フィレ肉の塊やトリュフの瓶詰めなども用意していました。

が、インフルエンザの蔓延で予期せぬ一人クリスマス。それでも元気になった私は、折角揃えた食材ですから、お一人様でも少しばかり豪華にしてみました。

e0351091_443818.jpg

まず、前菜は塩麹に漬けておいたマグロの中トロと味噌ドレッシング。自家製味噌の素にレモン汁、柚子胡椒、オリーブオイルを加えました。

室温にした牛のフィレ肉は筋や脂身を取り、しっかり水分を拭き取り、タコ糸でハムのような形に成形し、塩胡椒、酒、醤油に20−30分つけておきます。(塊は1キロですが、一人・2回分350gにし、あとは冷凍。)

水分を拭き取り、フライパンにオリーブオイルを熱し、全面に焼き色をつけ、蓋をして蒸し煮にすること約7分。別皿に取り出し、アルミホイルをかけて10分ほどおきます。

一方、赤ワイン1カップを大匙2になるまで煮詰めておきます。エシャロット(ひとかけ)のみじん切りをオリーブオイルで2−3分炒め、トリュフ(半分)のみじん切りを加え、更に少し炒めたあと、塩胡椒、煮詰めた赤ワインと一緒にします。

e0351091_451197.jpg

さて、牛肉から出てきた肉汁をワインのソースに加えて一煮立ち、スライスした肉の上にかけます。そして残りのトリュフの薄切りをたっぷりのせます。

マッシュポテトにはバターの他にマスカルポーネとトリュフオイルを加えておきます。ポテトの上にもトリュフのスライスを2枚ばかりのせました。

トマトは横半分に切り、オリーブオイルを切り口に塗って、200度のオーブンで15−18分。

e0351091_452644.jpg

サラダは黄色いズッキーニと人参をピーラーで薄くむいておきます。緑がなかったので鉢植えからルッコラを加えました。ドレッシングはレモン汁、オリーブオイル、塩、バニラエッセンス。

バニラエッセンスはほんのり香る程度に入れてください。でも、その甘い香りがなんとも言えず素敵になります。

e0351091_454129.jpg

鮪も、お肉もサラダもとても美味しかったです。こういうご馳走を作って食べて美味しいと感じるようになったということは、私の風邪は全快したということですので、それが何より嬉しいことでした。

健康のありがたさをつくづく感じた今年のクリスマスでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
by Mchappykun2 | 2017-12-28 04:07 | レシピ | Comments(2)

南瓜のコテッジパイ(シェパーズパイ)

何気なく買っておいた牛のひき肉。何にしようかと考えていて、ふと、シェパーズパイ(Shepherd’s pie)を長らく作っていないことに気づきました。

でも、じゃが芋がありません。そこで、じゃが芋の代わりに4分の1ほど残っている南瓜を利用することを思いつきました。

シェパーズパイ(ラムやマトンのひき肉を使用)、またはコテッジパイ(Cottage pie:牛ひき肉を使用)はイギリス料理で、元はローストビーフやローストラムで残ったお肉の再利用として考えられた、シンプルで経済的な家庭料理です。

もう何年も作っていないので、元のレシピは忘れてしまいましたが、イギリスに住んでいた35年近く前を思い出しながら、なるたけシンプルに作ってみました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_2464090.jpg

南瓜が甘いので、ひき肉と合うかどうか心配したのですが、かなり美味しくできました。シンプルなひき肉の調味が功を奏したようです。

e0351091_246553.jpg

サラダはアボカドとトマト。アボカドは角切りにし、ライムのゼストと汁、塩胡椒、オリーブオイルのドレッシング。トマトをスライスして皿に敷き、その上にアボカドとタラゴン、ソレル、香菜を散らしました。

e0351091_247774.jpg

南瓜が美味しくなるこの季節、上に楽しいデコレーションを施せば、ハロウィーンにも最適ですので、ぜひお試しください。


南瓜のコテッジパイ(シェパーズパイ)
材料 (二人分)


南瓜  中1/4個
牛ひき肉  220−250g
玉ねぎ  中1/2個
冷凍グリーンピース  大匙3 (私は冷凍枝豆を使用)
サラダオイル  適宜
塩胡椒  適宜
ナツメッグ  適宜
ローズマリー  適宜
パルミジャーノ・レッジャーノ  摩り下ろして大匙2
無塩バター  大匙1/2
生クリームまたは牛乳  大匙2−3

南瓜は一口大に切り、電子レンジに2分かける。手で触れるようになったら皮をむき、南瓜が3/4ほど隠れるくらいの水で柔らかになるまで煮る。
ほとんど水が無くなりますが、水が残っている場合は水を捨て、空炒りして水分を飛ばす。

玉ねぎのみじん切りをサラダオイルで炒め、火を強くして牛ひき肉を炒める。(ひき肉は弱火で炒めると水分が出るので、ここは必ず強火。)

冷凍グリーンピースをそのまま加え、塩胡椒、スパイス類を加えて更に少し炒める。
最後にすりおろしたチーズを加えて一混ぜする。
バターを塗ったオーブンプルーフの皿に敷き詰める。

水分を飛ばした南瓜はマッシャーで潰し、バターと生クリーム(または牛乳)を加える。

ひき肉の上にマッシュした南瓜をのせ、表面を綺麗にならして、フォークでスジをつける。

400度F(200度C)に温めておいたオーブン(私はオーブントースターを使用)の中段で15分焼く。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
by Mchappykun2 | 2017-10-12 02:48 | レシピ | Comments(4)

最近二日間の夕食  ♪キョフテ&宮保鶏丁♪

先日娘のところに滞在してわかったのですが、娘は1週間分の献立を考えてから買い物に行きます。無駄な材料を買わないようにしっかり計画を立てるのです。

私はあまり献立を考えることなく、お店で美味しそうなものや安売りを見て食材を買います。買いながら献立が浮かぶこともありますが、作る直前になって気が変わることもしょっちゅうあるので、大体が毎日出たとこ勝負です。

さて、そんな風にとりあえず買っておいた牛ひき肉でキョフテ。鶏の胸肉で中華料理の宮保鶏丁を作りました。

e0351091_2255632.jpg

キョフテは牛ひき肉(220g)にすりおろした玉葱(大匙1)とすりおろしたガーリック(1片)、塩胡椒、カエンヌペッパー、クミンを加えて混ぜ、小さめの俵型にして、オリーブオイルでソテー。ヨーグルトと千切り胡瓜のディップ(ザジキ:tzatziki))をつけて頂きます。(これにも塩胡椒、クミンを加えます。)

付け合わせはレモン・スピナッチと人参とりんごと香菜のサラダ。

e0351091_226981.jpg

宮保鶏丁はクン・パオ・チキンのことで、元来はピーナッツとの炒め物ですが、カシューナッツにしました。日本ではカシューナッツの方がおなじみだと思います。レシピは旧ブログのここ⭐️をご覧ください。

洋風にするつもりだった鶏胸肉が直前になって中華に変わりました。

娘と私では大分性格が違うと思っているのですが、きっと似ているところも沢山あるのでしょうね。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
by Mchappykun2 | 2017-09-23 02:27 | レシピ | Comments(10)