やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:和食 ( 158 ) タグの人気記事

友達のお誕生日祝いのランチはちらし寿司

いつもの仲間の一人のお誕生日をお祝いして、我が家でランチを開きました。

体調不良で元旦のお祝いにいらっしゃれなかったお二人のために、そして、もうじきひな祭りということもあり、ちらし寿司をお節料理のように一人一人茶懐石用の小さなお重に詰めました。

e0351091_04032518.jpg
酢飯には薄味に炊いたかんぴょうと人参、甘辛く煮た干し椎茸、白ごまを混ぜます。その上に酢蓮。錦糸卵をたっぷり(一人1個半の卵を使用)。丸のままの甘辛く煮た干し椎茸。ゆで海老の甘酢漬け、マグロの炙り漬け、一晩昆布締めにした平目はわさび菜を巻いて。塩茹でしたラピニとイクラをのせて出来上がり。

e0351091_04034169.jpg
見た目も華やかに仕上がりました。

お吸い物はハマグリ。昆布出汁と酒だけの調味です。昆布とハマグリから出る自然の塩分だけで十分です。

e0351091_04035777.jpg
金沢から買ってきた豆ふと結び三つ葉を添えて。

副菜はほうれん草のおひたし。知野ファームで求めた茎の短いほうれん草は甘みがあり、濃厚な味がしました。

e0351091_04041687.jpg
茹でて水に取って絞り、3センチほどに切ったほうれん草に醤油、みりん、酒(ほぼ同量:醤油は心持ち少なめ)にその倍量のごま油を電子レンジで30−40秒温めます。熱いうちにほうれん草にかけてまぜます。器に盛ってから、削り節、刻み海苔、半ずりの白胡麻をかけます。

キッコーマンのサイトからのレシピですが、ひと味違った美味しいおひたしです。普通のお浸しに飽きたら、是非お試しください。

あとはサラダ感覚の白菜の切り漬け。(レシピは下に書きました。)

e0351091_04044173.jpg
知野ファームの白菜は甘く、シャキシャキと歯ごたえが良く、とても美味しかったです。

お寿司につきものの生姜の甘酢漬け。日本食料品店で売られていた新生姜は皮をこそげとり、薄切りにして水に10分漬けて灰汁を抜きます。その間に甘酢を作っておきます。

e0351091_04045655.jpg
飲むりんご酢(約100ml) 、米酢(20-30ml)、オーガニック砂糖(約小匙1)、塩(小匙1/4)を混ぜておく。(調味料は味を見ながらご自分の舌で確認してください。)あく抜きした生姜を30秒茹で、ざるに取り、熱いうちに甘酢に漬ける。

e0351091_04064246.jpg
獺祭の一升瓶を抱えてきてくださったお誕生日ガール。とても美味しいお酒でした。

ちらし寿司は色々な種類のものを作るので案外手間がかかります。お二人には朝10時から手伝ってもらい、なんとかお昼に間に合わせることができました。

食べて、飲んで、お喋りをして、本当に本当に楽しい会でした。一晩経った今朝、この記事を書きながら昨日のことを思い出して幸せな気持ちになっています。

バースデー用のデザートのご紹介は次回に。


白菜の切り漬け
レシピ 婦人乃友社編 「おいしい漬物」参考
材料
白菜 500g
塩 10g
柚子 半個分 皮を角切り
昆布 15cm 細く切る
鷹の爪 1本 種を取って薄い輪切り

白菜はよく洗って水気のあるうちに3センチ幅のざく切りにする。
塩をまぶして卓上漬物器で漬ける。2時間ほどすると水が上がってくるので、水気を絞る。水分は捨てる。
柚子、昆布、鷹の爪を加えて混ぜる。あれば柚子の汁も加える。
再び漬物器で1回目より少し軽めに調節して漬ける。
水分が上がってきたら、一度かき混ぜ、軽い押しをして冷蔵庫で食べるまでおく。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog



by Mchappykun2 | 2019-02-18 04:10 | レシピ | Comments(10)

鶏手羽と大根の煮物

最近日本食料品店では立派な大根が安く売られています。日本では当然のことかもしれませんが、アメリカで質の良い大根が手に入ることはあまりないので、つい嬉しくてしょっちゅう食卓にのせています。

さて、この日は鶏手羽肉と一緒に甘辛く煮込んでみました。

e0351091_04154928.jpg
詳しいレシピは下に書きましたが、沖縄出身の友達からいただいた黒糖のおかげで、コクのある煮物になったと思います。二人分作ったので、次の日のお昼にもいただきましたが、それもまた味がしみて美味しかったです。

手羽の先っぽを煮出してスープにできるので、手羽はお得感があります。

e0351091_04161474.jpg
ミニトマトとベビースピナッチを加えました。ベビースピナッチはアクがでないので、そのままスープに入れることができ便利です。

e0351091_04163686.jpg
ジャコと大根おろし、大根の皮と生姜の即席漬け、ラピニの昆布締めも添えて、いつのまにか5品。栄養たっぷりの夕食でした。

鶏手羽と大根の煮物
材料 (二人分)

鶏手羽肉  手羽元、手羽中、手羽先がつながっているもの7−8本
大根 中 12−15cm
酒 100ml
みりん 約小匙2
黒糖  親指の先くらい (黒糖がない場合は砂糖)
醤油  約大匙1
たまり醤油 約小匙1/2
貝割れ大根 適宜

1.大根は2−3センチの厚さに切り、皮をむいてイチョウ型に切る。耐熱皿に乗せてラップをかけ、電子レンジに4−5分かける。

2.鶏手羽肉は関節のところで、三つに分け、先っぽはスープにする。

3.手羽元と手羽中を油を引かずにフライパンで焼き色をつける。

4.同じフライパンに大根も加えて両面に焼き色をつける。

5.酒、同量の水、黒糖、醤油を加え一混ぜして紙蓋を乗せ、さらに蓋をして弱火と中火の中間くらいの火加減でアクを取りながら約30分コトコト煮る。途中何度かひっくり返す。

6.汁が少なくなって、鶏肉が煮えたら、たまり醤油を加えて一混ぜし、火を止める。

7.器に盛ってから貝割れ大根を散らす。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-02-13 04:19 | レシピ | Comments(4)

練り味噌を使って四品

アメリカの中西部から東にかけては記録を更新するほどの低温が続いています。シカゴでは零下25.5度C。ウィスコンシンのマディソンでは体感温度が零下 44.4度Cの歴史的な気温になりました。

日本でも寒い日が続いているようですが、いかがお過ごしでしょうか。

寒い地域にお住いの方には申し訳ないほど、サンディエゴは暖かです。朝の8時現在で13度C。今日は18度まで上がる予報です。

元気の良い子供たちは私のレッスンに半袖でやってきます。家の中の方が寒いくらいで、私は暖かなセーターを着込んで、首にはマフラーといういでたちですが。

さて、またまたブログの更新を怠っていましたので、最近三日間の夕食をまとめてご紹介します。この三日間に共通しているのは練り味噌を使った一品を作ったことです。

練り味噌は作っておくととても便利です。

今回は白味噌と赤味噌を1:3の割合にしてみました。白味噌と赤味噌(両方合わせて3/4カップ)、卵の黄身(1個)、酒(1/2カップ)、砂糖(1/5カップ)をすり鉢であたり、良くかき混ぜながら、根気よくお味噌の固さになるまで火を通して練り上げます。砂糖を減らして、味醂を加えても良いですし、分量はお好きな量に変えて大丈夫です。

最初はふろふき大根。最近の大根はえぐみがないので、私は下茹でしません。面取りをし、片面に十字に切り込みを入れ、昆布を敷いた中でじっくり柔らかに煮ます。友達から庭でなったという柚子をいただいていたので、皮をたっぷり散らしました。

e0351091_03290689.jpg
メインは烏賊のぽっぽ焼き

烏賊のゲソは茹でて三つ葉と酢味噌和え。練り味噌に米酢を加えた衣です。(この三つ葉は別のお友達から自家製をいただきました。)

大根の皮は生姜と醤油でさっと煮ました。(正方形に切った大根の皮と醤油、千切り生姜を混ぜて、水分が出てきたらさっと煮ます。)

次の日は里芋の味噌煮。

e0351091_03292392.jpg
里芋も下茹でしません。皮をむいて半分に切った里芋を塩でこすり、洗い流します。冷たいだし汁で紙蓋をして煮、少し柔らかになったところで少量の醤油と砂糖を加えます。最後に練り味噌を加え、柚子の皮を散らします。

最後はいんげんの味噌和え。茹でたインゲンを酒でのばした練り味噌で和えました。

e0351091_03294270.jpg
この日のメインは鰯の万年煮。珍しくアメリカのスーパー、Whole Foodsで売られていたローカルの新鮮な天然ものです。

先日日本食料品店で日本からの直輸入の鰯が売られていました。1尾20センチくらいの大きなものでしたが、なんと6ドル以上もするのです。幾ら何でも鰯1尾に6ドルも出す気がせず、買いませんでした。

Whole Foodsでは小中取り混ぜて7尾で3ドルちょっと。リーズナブルなお値段です。

鰯は頭と内臓、尻尾を取り、氷水で洗い、半分に切り、水分を拭いてうす塩を振って30分くらい置きます。塩を洗い流し、水分をふきます。だし汁(1/2カップ)、醤油と酒(各1/4カップ)、梅干し(1個)を火にかけ、沸騰したら鰯を加えて、紙蓋をして煮ます。途中煮汁をかけながら、煮汁が少なくなるまで中火でコトコト。

梅干しは臭みを取るためですが、自家製梅干しは美味しい。梅干しの味も鰯に染み込んでいました。

もう一品は柚子釜。大根と人参と自家製干し柿のなますを詰めてみました。

いりごまを擦り、ゆずの汁、少量の砂糖と醤油を加えて。白醤油だったら色がつかずに良かったのですが、生憎切らしていました。

こうやって書いていると、最近の食卓は和風ばかりだと気がつきました。和風はやはり私にとっては飽きのこないホッとする食べ物なのですね。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-01-31 03:34 | レシピ | Comments(12)

最近の夕食から和食三品

この数日グログの更新をサボっていました。怠っていたというより、単純になんとなく忙しかったのです。

でも、その間もちゃんと夕食は作っていましたので、今日はここ数日のメインの写真だけをご紹介します。

まずはマグロの漬け丼。

e0351091_03573161.jpg
串に刺してマグロを直火で炙り、煮切り醤油に漬けて30分。この煮切り醤油は前にもご紹介したことがありますので、ここ⭐️を参考になさってください。

普通の鉄火丼より私は好きです。

丼続きで親子丼。ほんの少し火が通り過ぎました。

e0351091_03575616.jpg
このレシピも以前のここ⭐️ご覧ください。短時間で作れる私のお助けレシピです。

ある日は牛肉と里芋とシメジの煮物。これは小林カツ代さんのレシピ。

e0351091_03584006.jpg
肉じゃがの里芋ヴァージョンです。シメジが入るので格上のお惣菜という感じがします。ほっこり煮た里芋が美味しく、いくらでも食べられます。

12月に比べると少し日が長くなってきました。短くなっていくより、長くなっていくほうがやはり嬉しいものですね。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-01-24 04:00 | レシピ | Comments(14)

鶏つくねと蕪のスープ仕立て

冬は蕪が美味しい。しかも短時間で柔らかになるのも嬉しい。

蕪と相性の良い鶏のつくねと一緒にたっぷりのスープで煮込んだら美味しいだろうと思いました。

鶏挽肉に葱のみじん切り、卵の黄身、赤味噌、胡椒を加えて粘りが出るまでかき混ぜます。長芋のみじん切りを入れたかったのに、すっかり買うのを忘れました。

挽肉に合わせるのは本当は鶏の軟骨が一番良く、次は慈姑か筍の粗みじん切りを入れると食感が良いのですが、全て買い忘れました。もっとも軟骨は手に入りませんが。

さてこの挽肉は2本のスプーンでツクネにしてだし汁に落としていきます。だし汁は鶏ガラのスープでも鰹出汁でも良いです。皮をむいて適当な大きさに切った蕪も一緒に。

今回皮があまり綺麗でなかったので捨ててしまいましたが、綺麗な皮だったら即席漬物にできます。

e0351091_04082138.jpg
酒、醤油(少量のみりんを入れても)で調味して、最後に蕪の葉っぱを加えます。私が買った蕪には葉っぱはなく、5センチほどの軸だけがついていましたので、それを入れました。

熱々をフーフー言いながら食べると、足の先からポカポカしてきます。残りは次の日のお昼に。一人用の小さなお鍋で温めてお餅も入れて、それも美味しくいただきました。

副菜はキャベツと胡瓜とミニパプリカと柚子の即席漬け。

e0351091_04083934.jpg
両方にたっぷり振りかけたのが友達からいただいたKYUSHU Yuzu Sco。

柚子胡椒ほど辛くなく、でも柚子の香りがいっぱいの美味しい卓上調味料です。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-01-18 04:12 | レシピ | Comments(8)

元旦_2019

明けましておめでとうございます。

昨年中は私のブログにお越しいただき誠にありがとうございました。今年もマイペースながら書き続けていくつもりですので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年は年末から滞在している娘夫婦の他に、3人の友達をお招きしたのですが、お二人が体調不良で欠席。4人でのお正月のお祝いとなりました。

e0351091_10412855.jpg
いつものように母から受け継いだ春慶の茶懐石のお重に一人一人詰めたのですが、なんだかいつもより隙間が多いように感じてしまいました。それでも皆が美味しかったと言ってくださり、今年最初のお祝いを楽しく過ごすことができました。

お重の左は丸一日漬けた酢蛸と二日昆布締めにした平目の翁和え。

e0351091_10420271.jpg
お重の右は煮物(里芋の白煮、筍、蒟蒻、干し椎茸、人参、絹さや)、自家製干し柿入りのなます、黒豆。

e0351091_10430010.jpg
お重は左から蒲鉾、伊達巻、塩麹につけた鮭の焼き物、田作り、海老のうま煮、八幡巻き、たたきごぼう、数の子の塩麹漬け、蓮根のたらこ詰、鴨のロース煮、卵の黄身の塩麹漬け、百合根の梅干し和え、華頂山きんとん

毎年同じお節ですが、今年はゆり根を初めて漬けた梅干しで和えました。初めてだったにもかかわらずとても美味しい梅干しで、和え物も美味しくできました。梅干しは種と皮を除き、裏ごしして、酒と醤油で調味します。

毎年のことですが、蒲鉾だけは市販品で、後は全部手作りです。

e0351091_10432148.jpg
そして、やはり母から譲り受けた年代物のお椀にお雑煮。鰹だしに鶏肉、大根、人参、三つ葉、いくら、柚子。

お餅は餅つき機でついたものです。1年に1回しか使わないのに、30年以上頑張ってくれている頼もしい器械です。

例年より冷たい風が吹いているサンディエゴですが、おかげさまで私の風邪はだいぶん良くなってきました。

今年も皆様にとっても健康で良い年となりますようにお祈りしています。

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-01-02 10:50 | お正月 | Comments(14)

鴨ロース

金曜日の午後、日本食料品店を2軒はしごしたのですが、思うような魚類を見つけられず、鴨胸肉を買ってきました。

和風にしたいと思いましたが、私が持っている料理本「京味」の十二ヶ月も野崎洋光著「日本料理の基礎技術」に載っているレシピもなんとなく気が進まず、ネットで調べてみました。

その結果行き着いたのが「みんなのきょうの料理」に載っていた村田吉弘さんのかもロース

だいぶん前の話ですが、赤坂の菊乃井で村田吉弘さんの前のカウンターに座ったことがあります。豪放磊落な村田さんは、初めて顔を見せた私たち夫婦を相手に色々楽しいお話をしてくださいました。時には、そんなことまで初めてのお客さんに言ってしまって良いの?と思うような内輪の話まで披露しました。

村田さんの隣で修行中らしい若い方が、明らかに緊張した手つきで盛り付けをしていました。

そして、お会計を済ませて帰る時、村田さんは私たちが見えなくなるまで門の外で見送ってくださったのです。料理と共に忘れられない思い出です。

e0351091_03532094.jpg
一応私の備忘録として下に私なりのレシピを書きました。料理をしていて、ルッコラとみかんをグリルして添えることを思い立ちました。ルッコラの苦味とみかんの甘酸っぱさが鴨と合ったと思います。

e0351091_03533632.jpg
この日の副菜は青梗菜のおひたしと白菜の昆布茶和え。

鴨ロース材料(一人分)
鴨胸肉 (1枚)
みりん 35ml
醤油  35ml
日本酒  250ml
葱 5cm
みかん 1個
ルッコラ 適宜

みりん(35ml)、醤油(35ml)、酒(250ml)を半量になるまで煮詰める。

鴨の余分な脂肪を取り除き、皮目に細かく格子状に切り込みを入れる。

非常に熱くしたフライパンに皮目を下にして弱めの火でソテー。出てくる油はペーパータオルで吸い取る。上記の汁をかけながら、全体で8分ほど焼く。

鴨肉を取り出し、アルミホイルをかぶせて、少し休ませる。

でてきた肉汁と残りの汁をフライパンに加え、少し煮詰める。

その間にみかんを横半分に切り、グリルし、葱は千切りにして水にさらしておく。

鴨はそぎ切りにし、ルッコラの上に乗せ、ソースをかけ、白髪葱を添える。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2018-12-11 03:56 | レシピ | Comments(12)

ツナそぼろの三色丼

1合のお米を炊くと2ー3食分になります。丼だと少し多めに食べますから2回分です。

前の日のすし飯の残りで、次の日のお昼は三色丼にしました。

缶詰のツナをほぐして、酒、砂糖、醤油で汁けがなくなるまで箸でかき混ぜながら煎り付けます。

e0351091_03555730.jpg
人参は千切りにしてひたひたの水に少量の塩、砂糖、酢を入れて煮ます。

きゅうりは薄切りにして塩もみ。青味はなんでも良いのです。冷凍のグリーンピースや、絹さやの千切りの塩茹でなど、あるもので工夫してください。

冷蔵庫に入れておいた寿司飯は電子レンジで温めて。

これに炒り卵も加えて四色にし、昔、土曜日にあった娘の日本語補習校のお弁当によく作ったのを思い出しました。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog



by Mchappykun2 | 2018-12-04 03:57 | レシピ | Comments(8)

鯛の昆布締め丼 & 柿と春菊の胡麻和え

ラスヴェガスで美食の後はやはり和食が恋しくなり、日本食料品店へ走りました。

お刺身の種類はあまりなかったのですが、鯛の柵を買い求め、丸一日昆布締めにして丼に。

すし飯に炒った白胡麻を混ぜるのはsyunさんの以前のブログで教わりました。

e0351091_03460731.jpg
白胡麻の香ばしさとプチプチ感がとても美味しいです。

さっと湯がいた三つ葉と自家製酢取り生姜を添えて。

知野ファームで求めた葉付き生姜は皮をむいて熱湯に1分。熱いうちにたっぷりの塩にまぶしてさらに1分。塩を洗い流し水けを拭いて、水と酢3:7の割合のものにつけます。すぐに食べられます。

今回は結構ピンク色に染まりました。(これは10日ほど前に作っておいたものです。)

e0351091_03462695.jpg
少し大きめの柿が売られていたので、柿を器にして春菊と一緒に胡麻和えにしました。

e0351091_03464032.jpg
丼で余った鯛の昆布締めはとろろ昆布で翁和え。

やはり和食はホッとする美味しさです。どんなに贅沢で美味しい食事をいただいても、行き着くところは和食。日本人なのですね。


ご訪問ありがとうございました。

Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2018-12-02 03:50 | レシピ | Comments(14)

カリフォルニアの山火事&けんちん汁などの和の夕食

未曾有の被害をもたらしているカリフォルニアの山火事。キャンプファイアーから広がったサンフランシスコの北とロサンジェルス近郊の火事で、現在(現地時間で11月17日、午前8時)71人の方が亡くなり、千人以上が行方不明です。

昨日サンフランシスコに住んでいる娘と電話で話しましたが、煙がひどく、外には全く出られないこと、出るときはN95の特殊マスクを着用(消防署で無料配布)しなくては息ができないそうです。

家の中でも空気清浄機を始終つけているそうで、火事が始まって1週間以上が経ち、皆とても気分が落ち込んでいるとのことです。

もう直ぐ感謝祭ですが、それどころの気分ではないでしょう。一刻も早い火事の沈静を祈るばかりです。

さて、サンディエゴも朝晩はだいぶん冷え込むようになりました。寒くなったら温かな汁物です。野菜たっぷりのけんちん汁にしました。

通常のけんちん汁は野菜類をごま油で炒めるのですが、私は鰹出し汁で柔らかに煮ただけです。

里芋、ちぎり蒟蒻は下茹でしておきます。半月型に切った大根と人参、同じ位の大きさに切った生椎茸、短冊に切った油揚げ(よい油を使ってあるお揚げは油抜きしなくともよいです。)を鰹出し汁で柔らかになるまで煮て、最後にインゲンを加えます。

e0351091_03355940.jpg
私は野菜類はあまり小さく切らない方が好みです。できたら牛蒡も加えた方が味が出ます。

酒、塩、醤油で調味し、水切りした豆腐(ペーパータオルに包んで電子レンジで1分)を手で崩しながら加えて熱々をお椀に。

フリーズドライの柚子を最後に加えてみましたが、それほど香りませんでした。ソーニャさんからいただいたスープの方が余程柚子の香りが高かったです。

そのほかの献立は鯛の塩締め。レモンをかけていただきます。自家製酢取り生姜を添えて。

e0351091_03362326.jpg
もう一品は前から作りたかったキャベツと昆布茶の即席漬物です。

白菜でも良いのですが、ざく切りにしたキャベツと昆布茶(量はご自分の舌で確認)をビニール袋に入れて、外から揉んで、口を縛って30分くらい置いたものです。出てきた水分はしっかり絞って、皿に盛ってから上記の柚子を散らしました。

塩分がきつくなく、美味しい即席漬物になりました。

e0351091_03364193.jpg
最後の締めは松茸ご飯。アメリカ産の松茸の香りは日本産には遠く及ばないでしょうが、それでも炊飯器を開けた途端に松茸の香が広がりました。

昨夜は久しぶりに料理らしいものを作ることができ、満足しました。お腹もいっぱいになり、私はやっぱり料理が好きなのだと、再確認しました。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2018-11-18 03:40 | レシピ | Comments(8)