やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:和食 ( 128 ) タグの人気記事

海老とグリーンピースのスープ ♪鞘の出汁を使って♪

もう終わったと思っていた鞘付きのグリーンピースを 知野ファームで見つけました。

もう一度鞘を擂り潰したスープにしようかとも思いましたが、今回は海老と一緒にスープにしました。もちろん鞘を煮出してスープの出汁にしました。

e0351091_02442704.jpg

5本残っていた空豆も加えて、春らしく彩りもよく、そして何よりグリーンピースの香りと優しい味がとても美味しいスープです。(レシピは下に書きました。)

副菜の一品はインゲンとチョリソーの炒め物。油はしかず、チョリソーから出る油で、インゲンも茹でずに生のまま炒め、途中で蓋をして蒸し煮にします。塩分はチョリソーから出るので、胡椒だけ最後に加えました。

e0351091_02444460.jpg
もう一品はやはり知野ファームにあった新じゃがを使ったポテトサラダ。

皮が薄いのでタワシで表面をゴシゴシこすった新ジャガは、皮付きのまま茹でました。新玉ねぎの代わりに水に晒したスイートオニオンの薄切り、三つ葉の千切りと一緒に自家製の味噌マヨネーズで和えてみました。

このところ、最高気温が20度を下回る涼しさです。この時期は曇り日も多く日本との季節感が最も違う時期かもしれません。サンディエゴでは季節外れの風邪も流行っていますので、お気をつけてください。

海老とグリーンピースのスープ
材料(二人分)

海老 8尾(殻をむき、背わたを取った後、海水位の塩水で揉むように洗い、その後真水で数回すすぎ、ペーパータオルで水分を拭き取ります。)
片栗粉 小匙2
昆布 10センチ
日本酒  適宜
鞘付きグリーンピース  大きな手で二掴み
鞘付きそら豆 数本 (なくとも良い)
野菜出汁 (横着をして茅乃舎の出汁を使いました。)適宜
塩  適宜

1.グリーンピースとそら豆を鞘のついたままよく洗い、中の豆を取り出す。

2.鞘は青臭さを取るため一度ゆでこぼした後、水をかぶるくらい入れ、昆布と日本酒を加えて20分程煮出す。(昆布は煮立ったら取り出す。)

3.海老は片栗粉をまぶしておく。

4. 2を笊にあけ、鞘はお玉の底で押して、エキスをしっかり出す。

5. 4を煮立て、野菜出汁や塩で調味して、海老を加える。海老がほぼ煮えたら空豆を加え、一煮立ちしたら、グリーンピースを加える。煮立ったらすぐに火を止める。お皿に盛って出来上がり。

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-26 02:48 | レシピ | Trackback | Comments(2)

母の日と季節外れのあん肝

Happy Mother’s Day!

今日は母の日。国によって母の日が違うということを色々な国にお住いのブロガーさんの記事で知りました。

日本とアメリカが同じ日なのは、母の日が日本にはアメリカから輸入されたものだからでしょうか。

娘から届いた花束。今回はお花と花瓶が段ボールに入って届きました。私が水切りして活けましたが、生け花があまり得意でない母には少しハードルが高かった。

e0351091_01524746.jpg

でも、毎年色々考えて送ってくれて、娘よ、本当にありがとう!!

さて、日本食料品店で、季節外れのあん肝を見つけました。冷凍ではありません。

買ってきてすぐに下処理をして蒸し、最初はポン酢でいただきましたが、食べていて、木の芽と合わせることを思い立ちました。というわけで、次の日は木の芽をあしらって酢味噌で。(あん肝のレシピはここ⭐️をどうぞ。)

e0351091_01530834.jpg
こういう普通は季節が合わないもの同士を組み合わせることは、なかなか出来るものではないと、一人ご満悦。

e0351091_01533272.jpg

メインは鮪のヅケと鯛の昆布締めの二色丼。これも美味しくできました。

スマホの天気は曇りになっていますが、朝から青空が広がる良い天気です。さて、今日は何をして過ごしましょう?

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-14 01:57 | レシピ | Trackback | Comments(6)

グリーンピースの鞘と豆のすり流し

鞘付きのグリーンピースが出回る時期はとても短いです。せいぜいひと月ほどでしょうか。

ニューヨークから帰って二日後に訪れた知野ファームで求めた鞘付きのグリーンピースが、おそらく今年最後かもしれません。

今までサラダや、鞘で煮出した汁で炊いた豆ご飯を作りましたが、今回はすり流しにしてみました。

すり流しとはいえ、出汁は使わず、豆と鞘を煮出した汁だけで、豆の香りを存分に味わいました。

グリーンピースは綺麗に洗って両側の筋を取り除きます。豆を鞘から出し、塩を少々加えて色よく茹でます。豆だけ取り出し、後の汁で鞘を煮出します。およそ20分ほどです。

その鞘を汁ごとフードミル(ムーラン)ですりつぶします。ミキサーやフードプロセッサーではなくフードミルを使ってすりつぶすことが大事です。余計な繊維を取り除いて口当たりを良くするためと、鞘の中の滑りを取り出すためです。

茹でた豆と一緒に今度はミキサーでピュレにします。このピュレの加減も非常に滑らかにするか、豆の粒々感を残すかはお好みです。
e0351091_03290686.jpg
それを鍋で温め、器に盛り、最後に木の芽の葉っぱを散らしました。(私は豆を茹でた時の塩だけですが、お好みで調味してください。)色も香りも春らしく仕上がりました。
e0351091_03305420.jpg
5月8日、クジャクサボテンの艶やかな最初の花が咲きました。直径20センチ以上もある妖艶なこの花、今年は沢山の蕾をつけています。

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-13 03:33 | レシピ | Trackback | Comments(8)

オペラと食のニューヨーク_2018  ⑴

サンディエゴから直行便で6時間。時差が3時間もあるニューヨークへ、今年も友達と二人で4演目のオペラとミュージカルと、美味しいレストランを楽しんできました。

朝4時に起き、7時発のニューヨーク便。JFK空港に降り立ったのは午後3時半過ぎ。金曜日の夕方のラッシュアワーに重なり、ダウンタウンのホテルまで1時間40分もかかりました。空いている時の3倍の時間です。

飛行機の移動は疲れます。サンディエゴ時間ではまだ午後の4時ですが、ランチを食べていないので、ホテル内の日本料理のレストランへ。

e0351091_321265.jpg

まずは冷酒で乾杯。

e0351091_322345.jpg

お刺身と胡瓜の酢の物

e0351091_323377.jpg

私は10貫の握りと鉄火巻きの盛り合わせ。帆立がとても美味しい。聞けばメイン州からのものだとか。

e0351091_324416.jpg

友達はカレイの唐揚げ。骨もパリパリでとても美味しかったそうな。

このレストランはニューヨーク、ロサンジェルス、マイアミに展開しているチェーン店ですが、アメリカとしては結構美味しいのです。

5泊6日のニューヨーク旅行記、しばらくお付き合いください。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-04 03:04 | 旅行 | Trackback | Comments(8)

知野ファームの野菜で春の和食

美味しい野菜が手に入ると料理をするのが楽しくなります。

洋風の夕食の次の日は和食。

e0351091_257317.jpg

赤蕪は甘酢漬け。丸一日漬けたら、ご覧の通りこんな綺麗な赤い色に。詳しいレシピはこちら⭐️です。

e0351091_2571899.jpg

菜の花のような黄色い花のツァイシンはさっと湯がいてアーモンド和え。たまたま目についたパントリーの中のアーモンドバターに砂糖、醤油、を加えてお湯で伸ばしました。

e0351091_2573124.jpg

鞘付きのグリーンピースは豆ご飯。このレシピは何度か載せていますが、鞘も捨てずに昆布と酒と水で煮出して、その汁でご飯を炊きます。

これも詳しいレシピはここ⭐️をご覧ください。

e0351091_2575045.jpg

メインは1日塩麹にマリネしてグリルした鰤。そら豆は鞘のまま鰤と一緒にグリル。

e0351091_258150.jpg

庭のアマリリスも咲き始め、家の中も外も春がいっぱい。今年もまた美しい季節が巡ってきました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-04-18 02:59 | レシピ | Trackback | Comments(4)

和食三昧 ♪締めホウボウの酢の物・蛸とアボカドの柚子胡椒和え等♪

週末に日本食料品店を訪れるのはちょっとした楽しみです。何か変わったものはないかしら、という期待でお刺身コーナーを見ると、珍しくホウボウのお刺身が売られていました。ニュージーランド産です。

お刺身用のサクになっているホウボウの皮目が鯵に似ていたので、酢締めにして胡瓜と一緒に酢の物にしました。

塩で7−8分締めてから冷水で塩を洗い流し、水分を拭き取ってひたひたの米酢に3−4分。再び水分を拭き取りそぎ切りにします。

e0351091_2465647.jpg

板ずりにして塩分を洗い流して薄くスライスした胡瓜と戻してからさっと湯がいた生わかめを醤油と酢、少量の日本酒、すり生姜でいただきました。

e0351091_2471150.jpg

蛸はアボカド、ミニトマト、青葱と一緒に醤油とレモン汁、レモンの皮のすりおろし、柚子胡椒、オリーブオイルで和えました。

さて、胡瓜も蛸も一人分では使い切れず、翌日の夕食に回しました。赤い柚子胡椒を入れた酢の物です。

この日のメインはカレイのおろし煮。ごま油でソテーした後、だし汁、みりん、醤油の中で煮て、いったん取り出します。残りの汁に水気を切った大根おろしを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけ、三つ葉のざく切りを加えて、カレイの上からかけます。

カレイはソテーしてから煮るので、旨みが逃げませんし、中まで火が通ります。(このレシピはキッコーマンのサイトを参考にしました。)

e0351091_2473470.jpg

そのほかの副菜は小松菜の辛子醤油和え、つぶ貝の味噌炒め、作り置きの赤蕪の甘酢漬け。5品とはいえ、全て少量なので完食。二日続けて和食を楽しんだ夕餉でした。

アメリカでは今日の日曜日からいわゆるサマータイムが始まりました。1時間の時差になれるまで、しばらくは眠い朝になりそうです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-03-12 02:48 | レシピ | Trackback | Comments(8)

ひな祭りのちらし寿司_2018

最近は世界中で荒れた天気模様のようですが、3月3日は珍しくサンディエゴでも雨が降りました。私たちにとっては恵みの雨です。

ひな祭りにはたとえ一人でもちらし寿司が食べたくなります。いつものように母から受け継いだ春慶の茶懐石用の小さなお重に詰めました。母が作っていたちらし寿司を踏襲し、私のアイディアも少し入れています。

e0351091_3404367.jpg

昨年のサイト⭐️に少しレシピらしきものを載せてありますので、興味のある方は参考になさってください。

今年は知野ファームで求めたラピニ(菜の花がなかったので代わりです。)をさっと塩ゆでし、水に取らずにうちわで冷ましてから昆布締めにし、青味にしました。

e0351091_3405810.jpg

蛤のお吸い物と自家製生姜の甘酢漬け。大分日にちが経っているので飴色になっていますが、これは冷蔵庫で1年持ちます。

写真では分かりづらいですが、桜の花のお猪口と小皿と箸袋で、春らしい演出をしてみました。

日本では春一番が吹いたとか。こちらも一雨きた後の今朝は青空が広がり、一気に春本番になりそうな気配です。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-03-05 03:42 | レシピ | Trackback | Comments(6)

冬と春の狭間 ♪うなちらし&蕪蒸し&赤蕪の甘酢漬け♪

節分に恵方巻きを食べるという大阪の風習が全国に広がり始めたのは1998年で、その後2000年以降に急速に広まったのだとか。

恵方巻きを知ったのは2001年にサンディエゴに来てからのことで、日本食料品店で売られていて、初めてその風習を知ったのでした。

東京育ちでしかも長年の外国暮らしで、恵方巻きには何の感慨も催しませんが、節分近くになるとあまりにも恵方巻きを目にするので、たまには巻き寿司でも作ろうかしら、と思って鰻の蒲焼を買って来ました。

でも、中途半端な思いで買い物をしたので、太巻きにする具材に思うようなものがなく、結局はうなちらしになってしまいました。

e0351091_405059.jpg

ご飯はすし飯ではなく、熱々です。ご飯の上にほんの少し鰻のタレをふりかけ、たっぷりの錦糸卵、2センチ幅に切った鰻、菜の花の塩茹でを乗せて春らしく。

さて、蕪蒸しは冬の食べ物です。本来は京都の大きな聖護院蕪を使うのです。

前にも記事にしたことがありますが、結婚して初めてのお正月、夫が蕪蒸しを作ろうと言い出し、聖護院蕪を探して遠くまで足を伸ばしたことがあります。その当時の東京には普通のスーパーや八百屋さんには置いていませんでした。

聖護院蕪を使っての蕪蒸しは、後にも先にもその1回で、あとは日本の普通の蕪も手に入らない地域に住んでいましたの、蕪蒸しはずっとご無沙汰していました。

e0351091_411013.jpg

サンディエゴに越して来てからはお正月に蕪蒸しを作るのが習慣のようになりました。今年はまだ作っていないことに気づき、立春の前の日、すなわち節分の日に駆け込みのように作ってみました。

ところが、あると思っていたキクラゲもなく、長芋も買い忘れました。それでも熱々の蕪蒸し、美味しかったです。(レシピは下に書きました。)

e0351091_412422.jpg

久しぶりに訪れた知野ファームでは赤蕪を買い、甘酢漬けに。(レシピはここ⭐️を参考になさってください。)綺麗な赤で食卓が華やかになります。でも、プレースマットまで赤にすることはなかったと、反省。

e0351091_413719.jpg

名残の冬と春の訪れを感じた夕食でした。


蕪蒸し(一人分)

蕪 中3個
海老 大2尾
鰻の蒲焼 2x5センチ 二切れ
銀杏  数個
卵の白身 1/3個分
片栗粉 小匙1/2

銀餡
鰹だし汁 150ml
醤油  適宜
水溶き片栗粉  小匙2
三つ葉 1本
山葵 適宜

蕪は綺麗だったら皮のまますりおろして軽く水気を切る。(茎の部分を少し残したままだとおろしやすいです。)

片栗粉と卵の白身を泡立ててすりおろした蕪に加えてよく混ぜる。
(あれば、これに戻した木耳の千切り、すりおろした長芋を少量加えます。木耳のコリコリした食感がとても合います。)

海老は背わたを取り、殻のついたまま塩ゆでにし、殻を剥く。

鰻は一口大に切る。

銀杏は殻をむき、茹でる。(穴杓子でこすりながら薄皮を取る。)

器に海老、鰻、銀杏を入れて蒸し器で温める。

卵の白身と片栗粉を混ぜた蕪のすりおろしを上に乗せ、蒸し器で5分、熱々にする。

熱い銀餡をかけ、山葵、銀杏、三つ葉を飾る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-02-05 04:08 | レシピ | Trackback | Comments(6)

ハガツオの叩き&一人用土鍋と柚子醤油

週末の日本食料品店には時々目先の変わったものが置いてあり、それが楽しみで訪れます。

昨日はハガツオ。耳慣れない名前の魚です。皮がついたままお刺身コーナーに置いてあり、日本からの直輸入です。冷凍物でないフレッシュなものなので、焼き霜造りで叩きにしてみました。

串を刺して直火で皮目に良い焼き色をつけ、ひっくり返してさっと炙り、氷水につけます。1センチ厚さに切り、酢醤油をかけて包丁の腹でペタペタ叩きます。

ガーリック、生姜の薄切り、青葱の小口切りを乗せて、ラップをして冷蔵庫で冷やします。

e0351091_452274.jpg

大根おろしと柚子醤油と米酢を更につけていただきました。さっぱりとして、なかなか美味しかったです。

さて、この柚子醤油、最近の私の中でのヒット商品です。日本食料品店に売られているのですが、柚子の香りが高くとても美味しいのです。

e0351091_45424.jpg

越生(おごせ)、毛呂山(もろやま)は知る人ぞ知るの柚子の名産地なのだそうで、最近はもっぱらこの柚子醤油にはまっています。

この日もハガツオの叩きに湯豆腐にと大活躍でした。

そして、日本の雑貨店、マルカイで見つけた一人用土鍋。これもうどんや湯豆腐などに大活躍。

今日はまるで夏のように暑いのですが、(現在午前11時で26度C、明日は28度まで上がるとか。)一人用土鍋は今後も便利に使えそうです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-29 04:07 | レシピ | Trackback | Comments(10)

鯛と水菜の和風セヴィチェなど和食5品

日本食料品店にも冬に美味しくなる葉物野菜が豊富に出回り始めました。

お鍋や炒め物、特に生でサラダのようにして食べる水菜が大好きです。

e0351091_3552750.jpg

シャキシャキした水菜を鯛の昆布締めと一緒に和風セヴィチェにしてみました。(水菜の栄養素についてはここ☆を参考になさってください。)

昆布締めにした鯛の細切り、1センチ長さに切った水菜、ライムの汁(レモンでも良いです)、柚子胡椒、オリーブオイルで和えましたが、とても美味しくできました。

e0351091_3555560.jpg

もう1枚の鯛の昆布締めはいつも通り翁和えに。翁和えは食べ慣れているせいか、今回は水菜と和えた方が爽やかで、ことさら美味しく思いました。

e0351091_3561523.jpg

そして、また見つけた鮟鱇の肝。(あん肝の作り方はここ⭐️をご覧ください。)手のひら大で$2.50しかしないのです。もちろん買い求めて、今回は酢味噌でいただきました。味噌の素を作ってあったので、これに米酢を足しただけです。

e0351091_356287.jpg

柿と蕪の酢の物。彩に三つ葉の千切りを加えて。蕪は切ってから少量の塩をまぶし、しんなりしたら水分を絞ります。酢の物といってもレモン汁をかけて和えただけです。柿が甘いので、蕪の塩気とレモンの酸味だけで十分です。

e0351091_3563975.jpg

立派な蕪の葉っぱは油揚げと炒め煮。いつの間にか5品になっていました。

季節の食材をたっぷりとると、心も体も喜びます。お腹いっぱい、満ち足りた夕食でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-12-06 03:57 | レシピ | Trackback | Comments(4)