やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:前菜 ( 12 ) タグの人気記事

ソーニャさんからのプレゼント&生ハムと柿の前菜

「ソーニャの食べればご機嫌」のソーニャさんから真心のこもった素敵なプレゼントが届きました。

e0351091_04133029.jpg
長年ブログ上でやり取りをしていて、昨年日本へ帰った時に初めてお会いしました。お会いしたのは初めてなのに、もう何十年も前からの友達のように話が弾みました。

e0351091_04134478.jpg
そうして、私の誕生日も忘れずに日本の素敵なカードと品物を送ってきてくださったのです。

ソーニャさん、本当に本当にありがとうございました。大切に使わせていただきます。都道府県別の様々なスープ、サンディエゴにいながら日本のご当地ものを味わうのを楽しみにしています。

さて、昨夜の食卓から。最近遅くまで教える日が多く、さっと作って、さっと食べられるものばかりだったのですが、昨日は最後の生徒の方がお休みしたので、少し仕上がりを綺麗に作ってみました。

生ハムと柿というありきたりの組み合わせですが、クリームチーズと柘榴、緑に鉢植えの三つ葉を添えました。

e0351091_04140478.jpg
ルッコラが欲しかったのですが、鮮やかな緑の葉っぱは三つ葉しかなく、窮余の策です。

手前の小さな花はライムです。ライムは毎年たくさんの花をつけ、結実するのですが、小指の先ほどにしかならず落ちてしまいます。

どうしたら大きい実になるのか、肥料が足りないのかもしれず、もう少し面倒を見なくてはいけないのでしょうね。植物は正直ですから。花も柑橘系特有の甘く爽やかな香りがします。

e0351091_04141944.jpg
メインは代わり映えしませんが、ロックフィッシュをアーモンドプードルでまぶしてソテーしたものです。(詳しいレシピはこちら⭐️です。)

夕食は時間を気にせず、好きなようにゆっくり作って食べると満足度が違いますね。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog



[PR]
by Mchappykun2 | 2018-11-16 04:19 | レシピ | Comments(4)

中東風料理の会

久しぶりに食いしん坊仲間4人でお料理の会を催しました。食べることが大好きな仲間が私の家に集まり、私が提供するレシピで、皆で作って食べ、材料費を皆でシェアーする不定期の会です。

先日モロッコ風鶏料理が美味しくできたのを口実に、久方ぶりに仲間に呼びかけました。

使った材料は全てオーガニックです。
e0351091_02425948.jpg

メインは決まっているものの、前菜やサラダ、デザートを何にするか、中東料理はあまり作ったことがないので、少しばかり頭をひねりました。

前菜はデーツのクリームチーズ詰。ホイップ状のクリームチーズにオレンジのゼストと汁を混ぜ込み、種を取って縦半分に切ったデーツの上に乗せ、ローストして粗みじん切りにしたピスタチオを散らしました。

e0351091_02401553.jpg
デーツはご存知のように、ラマダン(断食)の後、最初に口にするものです。中東では、オレンジの花やオレンジウオーターがよく使われるようですが、オレンジのゼストと汁で代用しました。

私の創作ですが、なかなか美味しくできました。デーツの甘さとチーズのほのかな塩加減、そしてオレンジの香りと緑のピスタチオが良い相性でした。

e0351091_02403415.jpg
メインは先日アップしたモロッコ風鶏肉料理。レシピは以前のここ⭐️を参考にしていただきますが、コクとスパイスの香りが相俟って、とても美味しいと大好評でした。

サラダはイスラエル・サラダ。何種類もの野菜を5ミリほどの小さな角切りにし、レモン汁、塩胡椒、オリーブオイルの簡単なドレッシングです。

今回使った材料は、紫玉ねぎ(1/3個)、トマト(1個)、胡瓜(小1本)、人参(中1本)、生の玉蜀黍(1本)、ラディッシュ(大3個)、ベビールッコラ(二把み)、ローストしたナッツ類(胡桃、アーモンドスライス、松の実、南瓜の種、それぞれ大匙2)、フェタチーズ(大匙3)、香菜(約20本のみじん切り)です。

e0351091_02405403.jpg

あり合わせの野菜類を数種類組み合わせれば良いのですが、個人的には、トマト、胡瓜、紫玉ねぎ、ルッコラ又はレタス、ナッツ類(手持ちのもので良いです。)は入れた方が良いと思います。

チーズはフェタかゴートチーズが合います。他の種類しか持ち合わせていないのでしたら、入れなくとも美味しくできます。


e0351091_02410968.jpg
そして、お待ちかねのデザートは、次回をお楽しみに。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-06-17 02:47 | レシピ | Comments(8)

帆立のソテー オレンジキャラメルソース

このところずっと忙しい日が続き、更新もままなりませんでしたが、生徒の発表会も終わり、ひと段落つきました。

まだまだクリスマスやお正月、一月早々の合唱の演奏のための練習など、やることが沢山あります。今年は風邪をひかずに元気に乗り切りたいところです。

e0351091_3341643.jpg

さて、クリスマスの前菜にもふさわしいちょっと洒落た帆立の一品をご紹介します。

準備さえ整っていれば、5分もかからずにできる簡単で、しかもご馳走がいがありますので是非お試しください。

帆立のソテー オレンジキャラメルソース
レシピ:Dorie Greenspan著「around my french table」を参考
材料(4人分)


帆立(冷凍でも可、その場合は完全に解凍して室温にする):大12個
砂糖 大匙2
辛口白ワイン 125ml
オレンジジュース フレッシュなもの 85ml
オレンジのゼスト 1個分 ピーラーで剥いてからごく細く切る。
オリーブオイル 大匙1/2−1
塩・白胡椒 適宜
無塩バター 大匙1 小さく切っておく

オレンジのゼストは1分煮て水で洗い、ペーパータオルで水分をとっておく。

小鍋で砂糖を熱し、狐色になったら白ワインとオレンジジュースを加えて、火を入れて完全に砂糖を溶かす。

帆立はさっと水洗いし、ペーパータオルできっちり水分を取る。横についている小さな繊維質のものを取り除く。オリーブオイルを全面にまぶす。

フライパンを非常に熱くし、帆立を入れる。強めの中火で帆立は動かさずにそのまま2分弱。(お刺身用帆立の場合は1分)帆立の表面に塩胡椒する。裏返して1分。

帆立をソテーしている間にキャラメルソースを温め、バターを加える。

帆立を皿に盛りオレンジキャラメルソースをかけ、オレンジのゼストを散らして出来上がり。すぐにサーヴする。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-12-14 03:36 | レシピ | Comments(10)

生ハムとゴルゴンゾーラを詰めた無花果

カリフォルニアを襲った熱波もひとまず収束し、サンディエゴらしい気温が戻ってきました。

でも、まだあまり手をかけたものを作りたくなく、前菜とサラダだけの夕食になりました。

生ハムと無花果の組み合わせは大好きで、今年も何度も頂きましたが、昨夜は少しだけ目先を変えてみました。

e0351091_2191023.jpg

十字に切り込みを入れた無花果にゴルゴンゾーラ(ドルチェ)、ピーカン(本来は胡桃)とパセリのみじん切りを詰めて、180度Cのトースターオーブンで数分ローストしたのです。(Mario Bataliのレシピ。)

チーズが入った分塩分が増しますが、たまには気分を変えて。バジルは見た目だけでなく、無花果とも相性が良いと思います。

e0351091_2192636.jpg

サラダはトマト、胡瓜、スベリヒユ、パルミジャーノ・レッジャーノ、フレッシュなオレガノ。全て指先くらいの同じ大きさに切り、ワインヴィネガーとオリーブオイル、塩胡椒のドレッシングです。

娘たちからお土産のイタリア本場のパルミジャーノ・レッジャーノはそれほど塩辛くなく、とても美味しかったです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-09-07 02:20 | レシピ | Comments(4)

無花果と生ハム、チーズの前菜

知野ファームにやっとお目見えした無花果。生ハムと合わせたくて、この日をずっと待っていました。

知野ファームの後はチーズ屋さんに寄って、セラノ・ハモンとチーズを買い、スーパーに寄り蛋白源を買い、1時間半足らずでこれだけの買い物を済ませることができたのは上々。

e0351091_381887.jpg

合わせたチーズはFromager d’affinois。クリーミーなフランス産のチーズです。ローストしたピーカンとバジルと共に。知野ファームのイチジクは甘くてとても美味しい。

メインは鮭のフィレのホイル焼き。ミニトマトはオリーブオイルでソテー。バジルとタイム、オレガノ、レモンのゼストとスライス、青葱、塩胡椒、オリーブオイルを振りかけて、450度F(230度C)のオーブントースターで12−3分。

e0351091_383239.jpg

もちろんオーブンでも良いのですが、暑い時に大きなオーブンを稼働させたくなくて、オーブントースターを使いました。どちらでもかかる時間に大差はありません。

アルミホイルを開けてから、新たにバジルとオレガノを散らしました。

e0351091_384622.jpg

サラダはベビーからし菜とツァイシン。からし菜は少し筋張っていましたが、ピリッとした辛さが美味しい。ドレッシングはアンチョビを入れて。

キリッと冷えた白ワインと共にこの日も夏らしい食卓でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-07-25 03:10 | レシピ | Comments(6)

ズッキーニの花のファルシ トマトソース添えなど

最近3週続けて知野ファームを訪れています。ここの野菜を買うと、スーパーの野菜が買えなくなります。

昨日アップした知野ファームのお野菜はその日で終わり、また新たに買ってきました。

前菜はズッキーニの花。花はすぐ萎みますから丁寧に開き、虫がいないか確かめ、雌しべを取り除きます。さっと水洗いし、チーズを中に入れます。今回使ったのはbrie de chevre。ゴートチーズの一種です。チーズはクリームチーズや普通のゴートチーズ、溶けるチーズなどお好みのものをお使いください。

e0351091_2135124.jpg

トマトの缶詰が余っていたので、オリーブオイル、ワインヴィネガー、塩胡椒、バジルの千切りを加えたソースです。

チーズを詰めたズッキーニの花をオリーブオイルでソテーして、トマトソースの上に乗せて出来上がり。いかにも初夏らしい洒落て美味しい前菜です。

e0351091_214891.jpg

メインはワカサギのマリネ。小麦粉をまぶしたワカサギを多めのオリーブオイルでカリッとソテー。野菜だし、米酢、砂糖、塩、少量の醤油、鷹の爪の中に熱いうちに漬けていきます。

スライスした玉葱とローストした赤いパプリカも一緒に。最後にミントの葉を加えてイタリア風に。

e0351091_2143156.jpg

サラダは生ハムとレタス、アイスプラント、そら豆、スベリヒユ、ツァイシン、チャイブやオレガノ。今回はバルサミコ酢をかけました。

e0351091_2144478.jpg

食卓は春というより初夏を感じさせますが、昨晩はこの時期にしては珍しく大雨が降りました。気温も低く、朝7時で11度C。日中も15度Cまでしか上がらない予報です。

サンディエゴらしいカラッとした青空を待ち望んでいます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-05-08 02:16 | レシピ | Comments(8)

名残の無花果でピンチョ

今朝7時の気温は16度C。襟ぐりの開いたティーシャツでは胸元が心もとなく感じます。


スーパーの果物コーナーには先週まで広い面積を占めていた桃、プラムに代わってりんごと葡萄が山のように積まれています。


3−4種類置いてあった無花果も昨日は2種類。粒も小さくなりました。友達の家でなった無花果には大きさも甘さも劣るのは分かっていますが、来年までお預けですから、名残の無花果を買い求めました。


甘さの足りない無花果なので、少し仕事をしてみました。シェリー酒(ミディアムドライ)とシェリーヴィネガーを小さじ1ずつ混ぜた中に、スライスした無花果を1時間ほどマリネしました。

e0351091_01583651.jpg

軽くトーストしたバゲットにゴートチーズを塗り、マリネした無花果をのせ、バジルの千切りを散らしてピンチョに。(Gerald Hirigoyen著「PINTXOS」を参考)


これで心置きなく今年最後の無花果にお別れができました。


メインは鮭のソテー。オリーブオイルをまぶし、塩胡椒してソテー。焼きあがったらフライパンの脂分を拭き取り、バターとアンチョビを少し溶けるくらい火にかけ、ソースに。オリーブをアンチョビで巻いて上にのせました。オリーブの穴にはパセリをさします。

e0351091_01585540.jpg

パセリはオリーブオイルと塩でサラダ風にして付け合せ。


万願寺とうがらしはスペインのバルで出てきたようにオリーブオイルで炒め、粒塩を振りかけます。ヘタも取らずに種ごと食べるこの単純な一品、いつ食べても飽きのこない美味しさです。


地物のトマトはすりおろしてオリーブオイルと塩で調味。この夏はすりおろしたトマトに完全にハマりました。

e0351091_01591220.jpg

フードプロセッサーなどの機械を使わずに、手ですりおろした味わいがトマトの美味しさを引き出すのでは、と思っています。


夏から秋へ。夏の終わりはホッとすると同時に一抹の寂しさも感じます。夏の終りを告げるLabor Day(労働記念日:毎年9月の最初の月曜日)が過ぎ、味覚の秋の到来です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-09-07 02:01 | レシピ | Comments(8)

茄子とパプリカ、チーズのテリーヌ トマトソース添え

先日作ったトマトソースが残っているので、スープやパスタとは違った使い道を考えていました。


私の大好きなJacques Pepinさんの本にある写真が以前から気になっていました。この本はとても古い本ですので、何度もひっくり返して読んでいます。その中の1枚の写真。綺麗で美味しそうですが、手間がかかると勝手に決め込んで、レシピは全然読んでいなかったのです。


昨日レシピを読んでみて、思ったより手間がかからないのを発見しました。特にトマトソースは作ってあります。

e0351091_02545065.jpg


それが表題の料理で、チーズはブリです。

e0351091_02541178.jpg


レシピは下に書きましたが、見た目も綺麗で美味しい前菜です。もっとも私は前菜でなくメインとして頂きました。



茄子とパプリカ、チーズのテリーヌ トマトソース添え

レシピ:Jacques Pepin’s Tableを参考にしてアレンジ

材料 (前菜として二人分)


茄子(日本の茄子の大きさ)2本

赤いパプリカ 中1個

ブリチーズ  3x6センチ、厚さ2−3ミリ 6枚

パセリ 6本+1本

オリーブオイル 適宜

塩・胡椒 適宜

トマトソース 約150ml

赤ワインヴィネガー 小匙2

タバスコ 適宜


1.パプリカは直火で皮を黒焦げにして、皮をむき、ペーパータオルで綺麗に拭って、縦に6枚に切る。

2.茄子は縦に3ミリの厚さに切り、塩水(海水の濃さ)に30分ほど漬ける。水気を拭き、両面にオリーブオイルを塗り、片面に塩を少々振り、柔らかになるまでグリルする。(アルミホイルをかぶせると早く火が通ります。)

3.パセリを5秒茹で、水に取り、水気を拭く。

4.四角い型(テリーヌ、ローフ、パウンドケーキ型など。私はちょうど良い大きさの型が無かったので簀を使いました。)にラップを敷き、茄子、パプリカ、パセリ、チーズの順に重ねていく。最後は茄子になるように枚数を計算してのせていく。一番上にパセリをのせる。

5.上からもラップできっちり押す。(簀の場合はきっちり巻いて、輪ゴムで止める。冷蔵庫で冷やす。

6.トマトソースに赤ワインヴィネガーとタバスコを加え、器に敷き詰め、その上にテリーヌを載せる。


*トマトソースを作る場合はガーリック(1片)のすりおろしとトマトのすりおろし(横半分に切ってすりおろす)、少量の塩と胡椒、ワインヴィネガー、タバスコを加えても良いです。(煮る必要はありません。)


*食卓で切る場合はステーキナイフなどのよく切れるナイフをお使いください。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-09-02 02:58 | レシピ | Comments(16)

アボカド豆腐 ♪fleur de selさんのレシピで♪

いつも美しく美味しそうなお料理を載せておられるフランスにお住いのfleur de selさんが、つい最近アボカド豆腐をお作りになりました。

綺麗な緑色と美味しそうな写真に目が釘付けになりました。ちょうどアボカドもお豆腐も冷蔵庫にあるので、早速作りました。

fleur de selさんのお料理は今まで何度も試していますが、どれもとても美味しいのです。そして、失敗したことがありません。今回もとても美味しくできました。fleur de selさん、どうもありがとうございました。

e0351091_2163187.jpg

今年2個目の収穫があった鉢植えの茗荷と紫蘇の葉を添えて、山葵がとても合いました。

備忘録として、私の分量を下に書きました。アボカドが小さめだったのでfleur de selさんの分量とは少し違います。

e0351091_2164942.jpg

メインは鱈のケイジュン風味のソテー、桃のチャツネ添え。ケイジュンらしいスパイス(パプリカ、カエンヌペッパー、タイム、オレガノ、ガーリックパウダーをすべてほぼ同量)をまぶしてソテーしたものです。辛いのがお好きな方は赤唐辛子も加えてください。

ピリッとして、桃のチャツネとの相性も良かったです。


アボカド豆腐 
私のヴァージョン
材料 (2−4人分)

アボカド 1個 丸のままで195g
豆腐 使ったのは絹ごし 約250g
生クリーム 大匙2
塩 白胡椒 適宜
柚子胡椒  適宜
粉ゼラチン 6g 大匙2と1/2の冷水に振り入れてふやかしておく

だし汁
鰹出汁に醤油と少量の味醂。(作り置きがあったのでそのまま使いました。)

薬味
練り山葵
茗荷、紫蘇の葉、葱など

アボカドは皮を向いて種を取り角切り。豆腐と一緒にフードプロセッサーでペースト状にする。(少し粒々を残すか、ペースト状にするかはお好みで。)

生クリーム、塩胡椒、柚子胡椒を加えてかき混ぜる。

ゼラチンを電子レンジに20−30秒かけ、透明になったら、アボカドと豆腐に加えてかき混ぜる。

型に入れて冷蔵庫で固める。(固まりやすい材料なので、3時間で固まりました。)

四角く切り分け、だし汁と薬味を添える。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-06-30 02:18 | レシピ | Comments(14)

スペインのカラスミで二品

バルセロナのサン・ジュセップ市場で買い求めたカラスミ2種。

e0351091_3595712.jpg

一つは日本のカラスミと色も形もそっくり、値段も高め。もう一つは確かツナで、半分の大きさで、値段は三分の一。

e0351091_3584663.jpg

半分使ってしまった後の写真ですが、7ユーロでした。

市場では日本語で「カラスミ、カラスミ」と連呼していました。日本人に人気があるのを良くご存知です。

さて、このカラスミをどのようにして食べましょう。スペインで売られているということは、スペインで食べられているということですから、洋風にしてみましょうか。

でも、どうやって?

そのうち、オニオンスライスが合うのではないか、と思いつきました。薄切りにしたスイートオニオンを氷水に晒して、揉んで絞ります。その上に薄皮をむいて白ワインを少量ふりかけ、さっと炙ってスライスしたカラスミ。(まずは安い方で試します。)

e0351091_3591147.jpg

スペインならやはりオリーブオイルは必須だろうと、最後に回しかけました。とても美味しいタパになりました。

次はカラスミパスタ。これはMario Bataliのレシピを参考にしました。イタリアにもカラスミがあるのです。名前はボッタルガ(Bottarga)。

オリーブオイルをフライパンに入れ、鷹の爪とガーリックのスライスを弱火でじっくり炒めて、香りをつけます。パスタ(この日は茹で時間10分のスパゲッティを使用)の茹で汁を少量加えて、茹で上がったスパゲッティとみじん切りのパセリを加えて混ぜます。

e0351091_3592967.jpg

皿に盛ってからピーラーかマンダリンで薄くシェーブしたカラスミをのせ、レモンのゼストを振りかけて出来上がり。

贅沢感のあるとても美味しいスパゲッティでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-09 04:01 | レシピ | Comments(9)