やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:レストラン ( 48 ) タグの人気記事

贅沢な食を堪能したラスヴェガスでの感謝祭_3

感謝祭の翌日の金曜日に訪れたレストランはギリシャ料理のEstiatorio Milos

友達も私もシーフードが好きなこと、前日のフランス料理とは違ったもの、ということで選んでみました。

e0351091_03515046.jpg
最初に目を引くのが新鮮なお魚のディスプレー。ここの魚介類はギリシャ、スペイン、ポルトガルからの直輸入なそうです。ご覧の通りとても新鮮です。

シェフ兼ウエーターさんの一人がお客さんと好みを聞きながらディスプレーの前でメニューを決めます。

e0351091_03521191.jpg
彼が選んだのはbaladaという魚をメインにcarabinieroというスペインの海老をアペタイザー。

e0351091_03522862.jpg
オリーブオイルにフレッシュなオレガノの束から鋏でチョキチョキ。

最初に運ばれてきたのはここの名物であるグリルした蛸。ソラマメのピュレと共に。

e0351091_03524694.jpg
この蛸が柔らかで素晴らしく美味しい。ソラマメ(fava beans)にしては色が白いのですが、メニューにも書いてありますし、ウエーターさんもそうおっしゃったので、間違いはないはずです。

玉ねぎと蛸がとても合います。

次は大きな海老、carabinieroが運ばれてきました。二尾乗っているところを写真に撮る間も無く、一人一人のお皿に盛られてしまいました。

e0351091_03530894.jpg
まず頭と本体を切り離し(ここまではウエーターさんがやって下さいました。)、頭の方にシェリー酒を注ぎ入れて、シェリー酒を飲むのです。ウエーターさんが頭をsqueezeして、というので、その通りしたのですが、熱々の海老なので持っているのも大変。

「hot, hot!」とワイワイ言いながら飲んだので、ウエーターさんもお隣のカップルも巻き込んで大爆笑。

熱いのが先に立ってシェリー酒の味はイマイチよく分かりませんでしたが、海老は美味しかったです。

e0351091_03532485.jpg
メインのbaladaもグリル。淡白なお魚でしたが、ケイパーの塩味がちょうど良い。

e0351091_03534349.jpg
グリルされたお野菜も新鮮で美味しかったです。

e0351091_03540599.jpg
そしてデザート。私はフィロに包まれたセモリナのカスタードとチェリーのコンポート。少し甘めでしたが、アメリカにしては良い方だと思います。

e0351091_03543026.jpg
友達はエスプレッソ・マティーニ。彼女はこれが大層気に入って、エスプレッソマシーンを買おうかと考えているようです。

その後は私には2回目になるCirque du Soleil のショー、”O”を見て、2泊3日のラスヴェガス旅行は終わったのでした。   

   ー終わりー


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog



[PR]
by Mchappykun2 | 2018-11-30 03:59 | レストラン | Comments(12)

贅沢な食を堪能したラスヴェガスでの感謝祭_1 

10月の初め、数人の友達に感謝祭のご招待を出したのですが、ほとんどの方が先約済み。

残ったのは一人暮らしの友達と私の二人のみ。二人でご馳走を作って食べるのも、サンディエゴの豪華なレストランに行くのも何だか味気ない。それでは、と友達が提案したのはラスヴェガスの三つ星レストラン。

ラスヴェガスなら観光客ばかりなので、シニアの東洋人女性が二人で行っても浮くことはないと考えたのです。

そして、ラスヴェガスの三つ星といったら、今年亡くなったロブションのお店です。

5年ぶりのラスヴェガス。サンディエゴからは飛行機で1時間と少し。時差もなく気候も今の時期はほぼ同じなので、体の負担はほとんどありません。

e0351091_03522301.jpg

e0351091_03593128.jpg
e0351091_03525262.jpg
まずは街の中を散策。ラスヴェガスは相変わらず世界中からの観光客でごった返していました。

1ヶ月と少し前に運良く取れた5時45分の予約より少し前に到着。

e0351091_03531039.jpg
ガラスのドアーで仕切られたコーナーの奥のテーブルに案内されました。ここの服装はフォーマル。と言ってもさほど厳しくありません。男性の中にはジャケットもネクタイも着用していない人がいました。

お店によってはネクタイやジャケットを用意していて、着用してこなかった方に貸し出すところもあります。

ここはプリフィックスのみですが、色々なコースがあります。コースの数によって値段が決まります。

折角ですし、一生に一度と思い二人共最高ランクをオーダー。

スターターの前に出された一口大のもの。そのまま手に取ってくださいと言われ、写真に撮ったのですが、ボケボケなので写真は無し。白胡麻が香ばしい。

e0351091_03533577.jpg
フランス産のバターの塊を目の前でシェーブ。その上にfleur de selをパラパラ。バターもオリーブオイルもとても美味しい。

e0351091_03535449.jpg
カートに載せられてきた何種類ものパン。私はバゲットトロズマリー風味のブリオッシュをチョイス。

Pour commencer
キングクラブの上のオシェトラ・キャビア 甲殻類のジェリー カリフラワーのピュレ (ピュレの上の小さなグリーンはカリフラワーの葉っぱ)

e0351091_03541829.jpg
1er Service
メイン州のロブスター 薄くスライスしたターニップ スイート&サワーのドレッシング
フォアグラのカルパッチョ シェーブしたポテトと白トリュフ オリーブオイル (ポテトと白トリュフが似ていて食べるまでどちらか分からず。白トリュフは2枚のみでした。)
スコッチサーモンのタルタル 紫蘇、オシェトラキャビア、アボカド

e0351091_03544616.jpg
2ème Service
パールライスの上の目玉焼き シェーブしたイベリコハム
バーガンディのエスカルゴのコロッケ フレッシュなガーリック・クリームとパセリのクーリ

e0351091_03550896.jpg
3ème Service
ミモレ・チーズの上の南瓜のクリーム
松茸とラヴィオリ 仔牛肉のブロス、ホワイトトリュフ添え  
キャベツとフォアグラソースで煮込んだトラッフル仕立てのランゴスティン(赤座海老)のラヴィオリ

と、ここで重大なことを発見。3コース目の写真が全然ない!どこをどう探しても出てきません。撮り忘れたのでしょう。

松茸の良い香りが封じ込められたラヴィオリは一番美味しかったのに、とても残念です。日本から取り寄せたのかと思うほどの香りの高さでしたが、オレゴン産だとか。特別に契約しているところから取り寄せたのだとか。

サンディエゴの日本食料品店で求められる松茸とは比べ物になりませんでした。

4ème Service
レモングラスのソースの中の北海道産帆立 オシェトラキャビア添え
どのようにしたらこれだけレモングラスの香りを高く仕上げられるのでしょう。
ピンク・シュリンプ 椎茸クリームと椎茸マカルーン
フライパンでソテーしたシーバス(鱸の一種)五香とverjus(未熟な葡萄のジュース)を煮詰めたソース

e0351091_03552911.jpg
Le Plat Tradition (伝統的な一皿)
緑色のキャベツで巻いたローストしたsquab(若い鳩)とフォアグラ 

e0351091_03554739.jpg
お肉も付け合せのマッシュポテトも絶品でしたが、この時すでにお腹がいっぱい。お腹が空いている時だったら何十倍も美味しく感じたでしょう。

Les Desserts
青リンゴ(グラニースミス)のコンポート ホイップクリーム添え(りんごの中にクリームが閉じ込められていました。)
ココナッツクリームとタピオカ パッションマンゴーのクーリ添え
キャンディード(candied)したラズベリームース ライチー・クリーム添え

e0351091_03560723.jpg
Le Papillon Chocolat Azélia
ヘーゼルナッツ・ミルクチョコレートのクレムー(crémeux)コーヒーとプラリネのアイスクリーム添え

e0351091_03563477.jpg
これは上にあるものを小さく砕いて全部混ぜてお召し上がりください。と言われました。上のウエハースのようなものを取ると、中には石の上に止まっている蝶と花。

e0351091_03565591.jpg
最後のコーヒーには小さなスイーツがカートに載って出てきました。

e0351091_03571160.jpg
はちきれそうにお腹がいっぱいでしたが、ラズベリーのタルトを頼みました。向こう側は友達が頼んだレモンメレンゲです。

e0351091_03573226.jpg
明らかに日本の懐石料理の影響を受けたと思われるプレゼンテーション。

そのことをウエーターさんに話すと、「すきやばし次郎」から一口で出すことを学んだと思います。という答えが返ってきました。

お二人がとても尊敬し合う良い友人であったことは先日のテレビでも放映していました。

食材、味、技術、プレゼンテーション、雰囲気、サーヴィス。どれを取っても超一流。

世界中から超高級品を金に糸目なく取り寄せて提供。他のロブションのお店に行ったことがないので分かりませんが、まさにラスヴェガスならではのレストランでした。

ちなみに、もう一方の奥には東洋人らしい40代と思しき女性が一人。その手前には東洋系の30代らしいカップル。私たちの横にはこれまた東洋系と思われる熟年女性の二人組。

というわけで、私たち女性二人組も全く浮き上がることなしに過ごすことができました。

ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog



[PR]
by Mchappykun2 | 2018-11-27 04:08 | レストラン | Comments(16)

盛りだくさんだったお誕生日

私の大好きな料理研究家、Dorie Greenspanさんがこれまた大好きな知野ファームを新しい本の全米キャンペーンの一環として訪れました。

e0351091_03491147.jpg
10月23日発売になった新しい本を携えて、Dorieさんに会いに行きました。こんなことは初めてです。なんだかティーンエイジャーになったような気分で知野ファームを訪れました。

e0351091_03531473.jpg
写真で見た通りの素敵な女性でした。大ファンであること、週1回くらいDorieさんのレシピで料理をしていること、そして、彼女のレシピで作った”エンダイブと林檎と葡萄”のブログの写真を恐る恐るお見せしました。

“Beautiful! Love to see you.” とおっしゃって、こんな一文を最新の本に書いてくださいました。

e0351091_03502407.jpg
優しいお人柄がそのまま料理にも表れていることを感じ、益々のファンになりました。

さて、この日は私の誕生日。お昼はいつもの仲間4人でペルー料理のレストランに繰り出しました。お店の名前はCafe Secret。私は何度か訪れていますが、このメンバーでは初めてです。

e0351091_03504854.jpg
ブーゲンビレアが目印のテントに囲まれたカジュアルなお店ですが、味は確かです。

e0351091_03510482.jpg
エンパナダは一人一つずつ。チキンと牛肉を頼み、皆で半分ずつシェアーしました。二種類のセヴィチェ。

e0351091_03512235.jpg
魚、えび、たこ、ホタテ、いかのミックスシーフードと紫玉ねぎ、香菜、ペルーの大粒のとうもろこし、ペルーのスパイシーな唐辛子などをライムで締めたもの。

e0351091_03513634.jpg
パッションフルーツ・ソースの魚のセヴィチェ。

e0351091_03515365.jpg
グラス・フェッドの牛フィレミニヨンのソテー。柔らかでとても美味しい。

e0351091_03520810.jpg
チキンと香菜のスープ。ご飯も入っていてお雑炊のようなスープで、これも美味。

多いかと思ったのですが、4人で完食。皆満足してレストランを後にしました。

その後は私の家に場所を移して、ティータイム。日本からのお土産のお菓子や知野ファームの苺をお供に、3時間ほどおしゃべりを楽しみました。

私の大好きなDorie Greenspanさんにお会いし、いつもの仲間とランチを共にし、お喋りをし、最高に楽しいお誕生日を過ごすことができ、とても幸せでした。

e0351091_03523743.jpg
娘夫婦から贈られた華やかなブーケ。

私の誕生日を忘れずに電話やメールやFBでお祝いメッセージをくださった友達や姉たちや姪。

沢山の方々が私を支えてくれていることを改めて実感し、感謝の気持ちで一杯です。

皆さん、ありがとうございました!!


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-11-13 03:58 | レストラン | Comments(14)

サンフランシスコへの小旅行_2018 (7) ー9月3日ー

ランチと夕食

清々しい森の空気を身体中に吸い込んで、爽快な気分になって向かったランチは餃子専門店。

e0351091_02311129.jpg
ここも予約を取らないので、店の外で待つこと20分。

案内された席は餃子を作っているおば様3人の様子がよく見えるガラスの仕切りの隣。

e0351091_02313787.jpg
写真には二人しか写っていませんが、3人並んだ真ん中の方が餃子の皮を作り、両側の方が具を包んでいました。その手際の良いこと。次から次へと餃子が出来上がっていきます。

e0351091_02315796.jpg
前菜に頼んだ湯葉(tofu skin)とコリアンダーの和え物。なかなか美味しい。

e0351091_02321882.jpg
叩き胡瓜の酢の物。コリアンダーと白胡麻が入っているのが私のレシピと違って、美味。

e0351091_02324133.jpg
スープ餃子(多分海老)。

スープ餃子を2種類、蒸し餃子を1種類を頼んだはずが、逆になって出てきました。値段も同じだし、頼み直したらまた時間もかかりそうなので、ここは諦め。
e0351091_02325700.jpg
このようにオーダーしたものが間違って出てくることは、アメリカのカジュアルな中華料理店ではよくあること。美味しくてリーズナブルな値段なので、そのまま受け入れてしまった方が良い場合もあります。

さて、お腹一杯になって、その後は同じダウンタウンにある日本食料品店に買い物へ。

この日の夕食は大分元気になった娘と婿さんの共同作業。

e0351091_02332115.jpg
婿さんの好物のハマチのお刺身とイクラ。
e0351091_02333873.jpg
お刺身を切ったのは婿さん。角がピンとしていて、刺身包丁の切れ味だけでなく、技術も備わっていることが分かります。

e0351091_02335283.jpg
万願寺唐辛子の炒め物は私のアイディアで、娘が作りました。

e0351091_02340741.jpg
e0351091_02343825.jpg
メインは鮭とハマチのカマのグリル。これは婿さん作。

e0351091_02345293.jpg
私は夕食ができるまで窓からこんな景色を眺めながら、開けてくれた赤ワインのグラスを片手に、のんびり過ごしました。

娘夫婦のおかげで、楽しみながらもゆったりと優雅に過ごした四日間でした。ありがとう!  

   ー終わりー

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-09-20 02:38 | 旅行 | Comments(6)

サンフランシスコへの小旅行_2018 (4) −9月1日ー

夕食篇

娘からどんなレストランに行きたい?と聞かれていた私はアジア系、と答えていたので、連れて行ってくれたのは中華のお鍋で有名なお店、Dragon Beaux

ゴールデン・ゲート・ブリッジを南に下ってすぐのリッチモンドという地域にあります。路駐しかないので、パーキングスペースを見つけるのが至難の技で、娘と私だけ先に下りてレストランへ。

e0351091_02312338.jpg
予約をして行ったのですが、そんな名前はないと言われたり、予約なしの人、予約をしたのにまだ席の準備ができていない人、店内はいかにも中華のレストランらしく混沌としています。

e0351091_02314174.jpg
予約確認の携帯を見せて、なんとかOK。予約時間を約30分過ぎて、ようやく着席しました。

e0351091_02322921.jpg
e0351091_02335264.jpg
e0351091_02340844.jpg
チキンブロスと辛いスープの二層。豚肉、牛肉、牛すじ肉(婿さんの好物)、魚のすり身(写真を撮り忘れ)、豆腐、豆の蔓、クレソン、生椎茸。
e0351091_02342686.jpg
これは翡翠海鮮餃。4種類のソースもあり、スープがとても美味しい。

忘れた頃に麺の上に乗った活きたボタン海老の炒めものがやってきました。

e0351091_02344243.jpg
お腹が一杯なのに、あまりの美味しさに海老だけ皆で食べました。麺はお持ち帰り。

隣の中国人の誕生祝いの席ではお鍋ではないものを頼んでいましたが、それもとても美味しそうでした。

なるほど、これだけ混む理由がわかりました。皆満足して、帰り道に着いたのでした。    

     ー続くー

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-09-13 02:37 | 旅行 | Comments(10)

南カリフォルニアでミニ同窓会の一泊旅行

一年に一度、ロサンジェルスで東京にある高校の同窓会が開かれますが、いつも集まる同年代の女性4人で一泊旅行を計画しました。

バリバリの現役二人を含めて皆忙しい人達ですが、なんとか日程を調整して、5月の中旬に決行しました。

場所はサンディエゴの少し北のほうのCarlsbad

ホテルに荷物を置いて夕食に向かった先はカジュアルでトレンディなCampfire

海苔や鰹節、出汁など日本をはじめ多国籍の食材を使い、野菜のメニューも豊富なフュージョン料理のレストランです。金曜日の夜とあって満席の盛況です。客層は30−50代といったところでしょうか。

e0351091_02461964.jpg


ハッピーアワーはカクテルがお得なので、まずは乾杯。運転手の私はお水。手前はお酒の飲めない一人が頼んだ自家製ジンジャーエール。どれもとても美味しかったそうな。

最初の前菜に野菜料理を3品とってシェアー。

e0351091_02464209.jpg

焼いたリーク(ポロ葱)。ポルチーニ入りクレーム・フレッシュとマデイラのソース。ワンタンの皮のようなものはチーズをグリルしたもので、黒いトッピングは海苔です。

ソースの味は良いけれどリークは固め。もう少し柔らかい方が私は好きです。

e0351091_02470272.jpg

串切りにした紫キャベツのサラダ。少し湯がいてありましたが、これも固め。大きいまま出てくるのはインパクトがありますが、もう少し食べやすく切ってあったり、テーブルで切ってくれる方が親切です。たまり醤油味の鰹節のふりかけがユニークです。

e0351091_02472156.jpg
ローストしたブロッコリ、シャムーラ、ライム風味。シャムーラは中東でマリネなどに使われ、通常はガーリック、クミン、コリアンダー、レモン汁、オイル、塩レモン、サフラン、たまねぎ、胡椒などのスパイスが主な材料です。トッピングはピーナッツ。

アメリカとしてはユニークな食材を使った複雑な味で、これだけヴァラエティーに富んだ野菜料理を出すのは珍しいです。

食後はホテルの部屋でのパーティーを予定している私たち。メインも二皿だけとってシェアーしました。

e0351091_02474090.jpg

ヒラメのグリル、モレル茸、じゃが芋のコンフィ添え。昆布だしのソースが美味しく、焼き加減も合格。飾りは豆の蔓。メニューには野生のリーク(ramps)も書いてありました。多分、トッピングのグリーンがそれなのかもしれません。

e0351091_02475525.jpg
もう一品は自家製のカヴァテッリ(卵を使わないセモリナ粉のパスタ)。ソースはラム、人参、そら豆、ピスタチオ、クリーム状のフェタチーズ。少し甘めの味は複雑でなかなか美味しい。飾りは空豆の蔓。

ユニークな食材の組み合わせとお味で、楽しいレストランでした。ただし、いろいろな食材の言葉(例えば、chermoula, kombu,dasi,furikake,tamariなど)がその国の言葉のままですし、ウエーターやウエートレスさんたちの知識もあまりないので、分からない人も多いのでは、と思いました。

e0351091_02482779.jpg

ホテルへの帰り、海沿いの道路を通ると、ちょうど太陽が沈むところです。しばし車を止めて、美しい夕日を堪能しました。         

        ー続くー

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-22 02:53 | 旅行 | Comments(8)

オペラと食のニューヨーク_2018  ⑻ ー最終回ー

ニューヨーク滞在の最終日、予てからの予報どおり朝から暖かな、いかにも春らしい天気となりました。

何日も前から繰り返しテレビではこの日から夏のようになると予報していて、いかにニューヨーカーが暖かな春の陽を待ち望んでいたかが分かります。

午前中にChelsea Marketに行き、お店をぶらぶら。思ったよりは店の数もなく、洒落た一点ものの洋服のお店もありましたが、良いお値段なので見るだけ。
e0351091_03103864.jpg
軽くランチを済ませ、予定通りHigh Lineを歩くことに。これは昔の高架の貨物線を公園化した場所です。
e0351091_02571296.jpg
ところが、久しぶりの暖かな良い天気とあって、平日なのに観光客だけでなく地元民も多く訪れ、列をなして歩くほどの混みようです。早々に歩くのを諦め、メトロでセントラルパークへ行くことにしました。
e0351091_02572822.jpg
途中に咲いていた満開の八重桜。
e0351091_02574103.jpg
セントラルパークも多くの人。上半身裸の人もいます。皆暖かな太陽に焦がれていたのですね。

一旦ホテルに戻り一息入れて、ニューヨーク最後のレストランへ向かいました。

この日選んだのは前の日の姉妹店、Bar Boulud。ビストロ風フランス料理店です。地下のトイレでBoulud Sudとつながっており、リンカーンセンターの目の前です。開店の5時前に着いてしまいましたが、中へ入れてくれました。
e0351091_02575811.jpg
前菜は二人ともサラダニソワーズ。普通に美味しかったです。
e0351091_02581180.jpg
メインは私は帆立のソテー。東海岸の帆立が美味しいので最後にもう一度食べたかったのです。でも、残念ながら塩味がきつくて、後で何倍も水を飲む羽目になりました。
e0351091_02582098.jpg
友達はルバーブソースの鴨。前日がチキンなので、頼まなかったのですが、これはとても美味しかったです。(一口もらいました。)
e0351091_02583142.jpg
デザートは二人ともラズベリー、マンゴー、レモンのシャーベット。見た目よりたっぷりで、お腹がいっぱい。姉妹店ですが、Boulud Sudの方が全体的に味がよく、サーヴィスも行き届いていました。こちらの方が安いので、値段と釣り合っているということでしょうか。

さて、最後のオペラはグノーの「ロミオとジュリエット」。主役二人の声も綺麗だし、体型もロミオとジュリエットにふさわしい方々でしたが、4つ目のオペラは疲れていたのも手伝って、それほど印象に残りませんでした。
e0351091_02585644.jpg
一番拍手をもらったのは指揮をしたドミンゴ。指揮をし始めた頃に比べるとドミンゴの指揮も様になっていましたが、やはり彼はオペラ歌手の方が向いていると思います。

5泊6日の間に4つのオペラと1つのミュージカル。盛りだくさんで充実したニューヨーク滞在もついに終わりを告げました。

翌日は朝5時のタクシーでJFKの空港へ向かいました。早朝5時のニューヨークはガラガラ。30分ほどしかかかりませんでした。ちなみにタクシーは行きも帰りも一律料金です。(+サーチャージ、高速料金、チップ)最後までお付き合いくださりありがとうございました。  

    ー終わりー

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-12 03:50 | 旅行 | Comments(8)

オペラと食のニューヨーク_2018  ⑺

ホテルで一休みした後向かったレストランは地中海料理のBoulud Sud。2年前にも訪れて気に入ったところです。(2年前の記事はこちら⭐️

このレストランは美味しいだけではなく、リンカーンセンターと目と鼻の先にあるのです。

5時の予約で席に着くと、これからオペラでは?というような少しお洒落をしたお客様ばかりです。隣の年配の男性二人連れは二人とも蝶ネクタイ。ちらと聞こえてきた会話に「アンナ・ネプレトォコが楽しみだ。」と言っていましたから、間違いなし。

さて、ここでもpre theater prix-fixe メニューから3品。

e0351091_2593882.jpg

最初はグリルした蛸とルッコラ、オレンジ。蛸が柔らかでとても美味しい。

e0351091_259547.jpg

メインは2年前迷って結局頼まなかったモロッコ風鶏肉のタジン。ターニップ、カリフラワー、クスクスと一緒に。鶏は胸も腿も両方ともとても柔らかです。

タジンはこれ以上物を増やしたくないので買っていませんが、こんなに美味しく仕上がるのならと、その気持ちが揺らぎます。

e0351091_30916.jpg

友達はグリルした鱸(Sea Bass)。

e0351091_302598.jpg

私のデザートはマンゴーとカルダモンのジェラート。

e0351091_303713.jpg

友達はGrapefruit Givré。シャーベットとハルヴァなどのコンビネーションです。

これはなかなかのインパクト。周りのお客さんの目が釘付けになります。
ここのシェフの作り方がYouTubeにのっていますので、興味のある方はどうぞ。(最初にコマーシャルが入ります。)

e0351091_305018.jpg

最後は胡麻のスイーツ。

二人とも満足してオペラへと向かいました。

この日のオペラはプッチーニの「トスカ」。私はこのオペラが大好きで、若い時は繰り返し何度も聞いたものでした。ドラマティックなトスカは私の声ではないので有名なアリア「歌に生き、恋に生き」も人前で歌ったことはありませんが。(Sonya Yonchevaですが、YouTubeでどうぞ)

そのほかテノールにも「星は光りぬ」という有名なアリアがあり、オペラを聞いたことがなくとも、どこかで一度は耳にしていると思います。(パヴァロッティのYouTubeでどうぞ。)

e0351091_311268.jpg

この日のキャストはトスカ:ロシア生まれのソプラノ、Annna Netrebko、カヴァラドッシ:アルジェリア人のテノール、Yusif Eyvazov、悪役スカルピオ:ドイツ人のバリトン、Michael Volle。

まさに三役そろい踏みの素晴らしい演奏で、3時間があっという間でした。

1月のHDではソプラノ:Sonya Yoncheva, テノール:Vittorio Gregolo、バリトン:Željko Lučićで、この3人も素晴らしかったです。キャストが違えば当然演奏が変わりますから、それが何度見ても飽きないオペラの楽しみでもあります。

     ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-11 03:03 | 旅行 | Comments(8)

オペラと食のニューヨーク_2018  ⑸

Richard Rodgers Theaterからは歩いても12−3分のホテルに一旦帰ることにしました。

次の日の朝食を買いにホテルの近くのスーパー、Whole Foodsに寄ったのが間違いの元。とてつもなく広く、しかもものすごい混みようで、思いがけず時間を取ってしまいました。

7時過ぎにホテルに着き、荷物を置き、7時半に予約のイタリアン、Mareaへ。ここは歩いて3分です。

宿泊したホテルは大して良いホテルではありませんが、ロケーションだけは抜群です。オペラのあるリンカーンセンターまでは歩いて7分。目の前に駅がある地下鉄に乗れば一駅でリンカーンセンターです。それでもニューヨークのホテルはとても良い値段です。

Mareaは今回の旅行で訪れたレストランの中で一番高級です。夕食後にオペラやミュージカルを見ないのはこの日だけ。つまり、ワインを飲みながら食事ができるのです。

e0351091_25448100.jpg

最初のアミューズ。シーフードでしたが、料理名は分かりません。

テイスティングメニューにしようと思ったのですが、パスタを食べたくなかったので、アラカルトで4品頼むことにしました。

e0351091_255638.jpg

最初のCrudoからはマテ貝のカルパッチョ。なかなか美味しい。

e0351091_2551914.jpg

antipastoは今が旬の白アスパラガス、モレル(茸)、リコッタチーズ、松の実。シャキシャキ感を残したアスパラガスの茹で具合が美味しい。

e0351091_2553367.jpg

セコンディからは私はhalibut(オヒョウ)のロースト、グリーンピースと豆の蔓。焼き具合がパーフェクトでとても美味しい。

e0351091_2554561.jpg

友達は帆立のソテー。これもとても美味しかったそうな。

e0351091_2555890.jpg

デザートはブラックベリー・セミフレッド。量も上品で甘さも控えめでこれも美味。友達は私のを一口食べればそれで良いと言って頼みません。

彼女には甘いものは別腹という言葉はないらしい。

e0351091_2561195.jpg

最後にトラッフル。これがとても美味しい。友達は夜にチョコレートを食べたら眠れなくなるからと言って手をつけません。柔らかなので持って帰るわけにもいきません。

こんな美味しいチョコレート、私は眠れなくなっても良いと、彼女の分までぺろり。

ウェーターさんが少々気が利かなかった点を除けば、なるほど、ミシュランの二つ星と思わせる料理でした。

アメリカで今大人気のミュージカルを堪能し、美味しい料理に舌鼓を打ち、楽しくも充実した1日が終わりました。

    ー続くー

ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-08 02:58 | 旅行 | Comments(13)

オペラと食のニューヨーク_2018  ⑷

日曜日の午前中、お上りさんになって向かった先はロックフェラー・センター。

e0351091_2502525.jpg

4月の末にラッパ水仙が満開です。この春のニューヨークが寒かったことが分かります。

e0351091_2514333.jpg

ここへ来た目的はただ一つ。チョコレート屋さん、Chef Jacques Torresです。店内を写真に撮りませんでしたが、お土産に買ったものは生姜にチョコレートのコーティングとマカダミアナッツ・チョコ。あともう一つ買いましたが、留守中世話になったご近所さんにお上げしました。

e0351091_2515872.jpg

ニューヨークで人気のこのチョコレート、生姜の方を食べてみましたが、とても美味しかったです。

e0351091_2523516.jpg

次に向かった先はかの有名なTimes Square。ミュージカルの当日券を買う人々で長い列ができています。そういえばその昔、子供だった姪たちと一緒にここで当日券を買い、「ミス・サイゴン」を見たことを思い出しました。

その当時はこんなに長い列はありませんでしたが。

人混みを抜けて向かった先は大戸屋。マンハッタンに3軒のお店を出している和の定食屋さんで、娘のお勧めです。

ランチは予約を取らないので、待つこと10分。

e0351091_2525168.jpg

まずは手作り豆腐のサラダ。とろとろのお豆腐がとても美味しい。

e0351091_253482.jpg

二人ともシマホッケ定食。かぼちゃの煮物、ひじきとワカメの酢の物、プレーンな茶碗蒸し(梅干しがのっていました)、漬物、豚汁、たっぷりの大根おろしとひじきご飯(1ドルプラス)で$25。

どれも優しい味で美味しかったです。私は完食しましたが、超少食の友達は1/4くらい残しました。

ゆっくりお昼を食べた後は、またタイムズ・スクエアに戻ります。今日の一つ目のハイライトは今アメリカで大人気のミュージカル、ハミルトン

e0351091_253228.jpg

2016年、トニー賞に16部門でノミネートされ、11部門で受賞したのをはじめ、数々の賞を受賞しています。

アメリカの憲法の起草者で、経済のシステムの基礎を築いたアレクサンダー・ハミルトンの青年時代から死に至るまでの一生のストーリーです。

e0351091_2533877.jpg

登場人物は本来全て白人ですが、演じるのはほとんどが黒人、音楽はラップを中心にR&B、ポップ、ソウル、トラディショナルと様々なスタイルの混合で、観客にも批評家にも大好評を得たミュージカルです。

私は事前に46の歌の歌詞を見ながら、すべてYouTubeで曲を聴いて勉強していきました。お陰で、とても分かり易かったです。

ネットで見ると、全部で46のナンバーですが、当日のプログラムを見ると、34曲です。後の12曲はカットされたのですね。道理で思ったより早く終わったわけです。

12曲もカットされると、それだけスーリー展開が早く、事前に勉強していかなかったらなんのことやら分からなかったでしょう。

インターミッションを入れて3時間弱。次から次へ展開するノリの良い音楽とダンス、時々歌われるメロディックな曲で飽きさせません。なるほど、人気が出るわけと、納得しました。

その後の夕食のご紹介はまた明日。

   ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-07 02:56 | 旅行 | Comments(10)