人気ブログランキング |

やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:パスタ ( 34 ) タグの人気記事

ブログ10周年 ♪サーディン、フェンネル、松の実のパスタ♪

この6月14日(日本時間では6月15日)でブログを始めてちょうど10年になりました。

光陰矢の如し、とは正にこのことで、最初は気軽にぼちぼち書くつもりだったのですが、いつのまにかブログは私の日常の一部になりました。

長く続けようとも短期で終えようとも何も考えずに始めた料理ブログ。それが最初のブログは画像が一杯になり、二つ目になり、これもそろそろ一杯になりかかっています。

ブログを通してたくさんの友達に出会えました。本名もお顔も知らないのに何年もコメント欄で行き来していると、長年の友達のように思えます。そうして実際にお会いすると、とても初めてお会いしたとは思えず、昔からの友達のようにとても親しみを感じて、おしゃべりに興じるのです。

これからもマイペースで料理を中心に続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、狙ったわけではないのですが、10年前の最初のブログもフジッリのパスタ料理でした。

昨夜作ったパスタは缶詰のサーディン、玉ねぎ、フェンネル、松の実、レーズン、トマト、ケッパー、トマト、バジルなど具沢山です。(レシピは下に書きました。)

e0351091_01045918.jpg
サーディンでなくともツナの缶詰でも良いのではと思いました。また、フェンネルでなくセロリでも良いかもしれません。

Dorie Greenspanさんがシチリアのポピュラーな料理を舌の記憶を元に再現したレシピのようです。彼女のレシピは間違いがありません。

レーズンの甘酸っぱさ、ナッツのコク、フェンネルのシャキシャキ感、これらが相まって、とても美味しくできました。

e0351091_01052023.jpg
サラダは鉢植えからレモンバーム、ミント、ソレル、市販のルッコラ、マンゴー、リコッタチーズ。バルサミコ酢をかけただけのドレッシングです。

サーディン、フェンネル、松の実のパスタ
レシピ:Dorie Greenspan著「EVERYDAY DORIE」を参考
材料:二人分
レーズン 20g
パスタ ペンネ、フジッリまたはフェットォチーネ 150-160g
松の実 25g または胡桃でも良い
オリーブオイル 約50ml
玉ねぎ 中半個  みじん切り 水で洗って水分をふく
フェンネル 中半個 芯を取り除き、薄くスライス
ガーリック 1片 芯を取りみじん切り
海塩  適宜
トマト 中1個 角切り
ケッパー 大匙1 水で洗う
缶詰のサーディン 約115g 1缶 (骨皮付きで良い。質の良いオリーブオイル漬けが望ましい)
レモン 半個 ゼストと汁の両方を使う
黒胡椒 適宜
バジル 適宜

1. レーズンはお湯の中でふやかす。使うときは水を切る。

2. 松の実はフライパンで乾煎りする。

3. パスタを塩入りの湯で茹でる。

4. オリーブオイルをフライパンに熱し、玉ねぎを炒める。ガーリック、フェンネルを加えて更に炒める。軽く塩をする。

5. トマト、レーズン、ケッパーを加える。サーディンのオイルも質が良かったら加える。そうでない場合はオリーブオイルを適宜加える。

6. パスタの茹で汁を20-30mlほど加える。

7. 茹で上がったパスタの汁を切り、加える。サーディン、レモンのゼスト、黒胡椒、レモン汁を加えてかき混ぜる。

8. 皿に盛ってから松の実とフェンネルの葉っぱ、バジルをちぎって乗せる。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-06-15 01:11 | レシピ | Comments(6)

海老、ズッキーニ、レモンとハーブのパスタ

パスタを作る頻度はそれほど高くないのですが、たまたまブログに2回続けてパスタ料理をアップします。

大ぶりの海老とズッキーニ、トマト、レモン、そして沢山のハーブ類。ハーブ類はお手持ちのもので良いのですが、何種類か入れた方が良いでしょう。(レシピは下に書きました。)

e0351091_06191217.jpg
さっぱりと爽やかで、これから夏に向かって最適なパスタ料理です。

e0351091_06193942.jpg
付け合わせのサラダはベビースピナッチとクルトン。ドレッシングはガーリックのみじん切りとアンチョビ、ワインヴィネガー、黒胡椒とオリーブオイルです。

アメリカは今週はメモリアルデーの三連休です。土曜日は良い天気のようですが、日、月と雨マークのサンディエゴです。メモリアルデーからは夏の始まり。みなさん良い連休をお過ごしください。

海老、ズッキーニ、レモンとハーブのパスタ
レシピ:Dorie Greenspan著「Everyday DORIE」を参考
材料:二人分

オーガニックのレモン 1個
ズッキーニ 中1本 (できれば黄色と緑の小を1本ずつ)
短いパスタ 160g (ペンネ、フシッリなど)量はお好みで、でも小さいパスタが合います。
オリーブオイル 50-60ml
大きな海老 250g
塩胡椒 適宜
カエンヌペッパー 適宜
無塩バター 大匙1
トマト 中1個 角切り
ハーブ類 (私が使ったのはバジル、チャイブ、オレガノ。その他ディルなども良い) 1カップくらい

1. パスタのお湯を煮立て、パスタを茹でている間に下記のものを作る。

2. レモンのゼストをすりおろして、サーヴする皿に散らす。

3. レモン汁を絞り、絞った後の皮はパスタを茹でるお湯の中に入れる。

4. ズッキーニは縦に4つに切り、5ミリ幅に切る。

5. 海老は殻をむき背わたを取り、海水くらいの塩水でもみ洗いした後、十分に真水で洗い、水分を拭き取る。

6. フライパンを熱し、オリーブオイルの半量を加えて海老を炒め、軽く塩胡椒、カエンヌペッパーを加えてボウルに取り除く。

7. 同じフライパンにオリーブオイルを足し、ズッキーニを炒め、軽く塩胡椒、カエンヌペッパーを加え、海老と一緒にする。

8. 同じフライパンに残りのオリーブオイルを加え、茹で上がったパスタ、パスタの茹で汁、ズッキーニ、レモン汁、バターを加えて混ぜる。

9. 最後にトマトを加え、皿に盛ってからハーブを散らす。

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-05-26 06:24 | レシピ | Comments(7)

何もしない日曜日は。。。♪そら豆と生ハムのペペロンチーノ&カスタードクリーム再び♪

風邪をひいていなかったら、昨日の日曜日は友達と一緒にランチの後、ボリショイバレーの映画を観に行く予定でした。風邪はだいぶん良くなってきているのですが、他の人に移したくないのと、時折出る咳が静かにすべき時に突然出てきたら、と思い家でじっとしていることにしました。

予定していた計画がなくなり、急に暇になった私が冷蔵庫の中のものをかき集めてお昼に作ったものは、そら豆と生ハムのペペロンチーノ。

ガーリックのみじん切りと種を取った鷹の爪をオリーブオイルで炒め、香りを出します。

e0351091_02283551.jpg
薄皮を剥いた生のままのそら豆を加えて炒め、胡椒、白ワインとパスタの茹で汁を加えて一煮立ちさせます。そこへ茹で上がったパスタを絡め、皿に盛ってから一口大にちぎった生ハムをのせて出来上がり。

お好みでパルメザンチーズをふりかけてください。生ハムに塩気があるので塩は入れませんでしたが、これもお好みでどうぞ。

せっかく鉢植えにしたハーブでも使えばよかったのに、気がつかず残念。

デザートには、先日作ってあまりの手軽さに気に入ったカスタードクリームをまた作りました。今回はマンゴーを薄くスライスし、ライムのゼストとジュース、ラム酒に漬けたものを最後に飾りました。

e0351091_02285896.jpg
カスタードクリームにもラム酒を香りづけに加えました。甘くて美味しいマンゴーでしたが、カスタードクリームには少し酸味のある苺やキウイの方が合うような気がします。

でも、娘が送ってくれたお気に入りの紅茶と一緒に、急に暇になった日曜日を一人で優雅に過ごしたのでした。

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-05-21 02:31 | レシピ | Comments(6)

鮟鱇とズッキーニとトマトソースのパスタ

鮟鱇のプリプリした食感は鍋にもシチューにもブイヤーベースにも合います。

スーパーで鮟鱇のフィレを見つけ、一つ買ってきました。

冷凍してあるトマトソースでシチューにしようと思ったのですが、Mario Bataliの本にパスタを見つけ、作ってみることにしました。

e0351091_02484851.jpg
玉ねぎとガーリックのみじん切りを炒めた後に塩胡椒した鮟鱇を加え、トマトソースと白ワインで煮込みます。

この料理に欠かせないのがタイム。このハーブのお陰で風味の良いソースになりました。(詳しいレシピは下に書きました。)

簡単ですが、とても美味しいパスタです。

e0351091_02490174.jpg
付け合わせのサラダはレタス、胡瓜と洋梨。ヨーグルトに塩胡椒したドレッシングで和えて、お湯で戻したドライチェリーとソレルの葉っぱを添えて。さっぱりと美味しいサラダです。

鮟鱇とズッキーニとトマトソースのパスタ
材料(二人分)

鮟鱇 約300g 一口大に切る
玉ねぎ 1/2個 みじん切り
ガーリック 1片 潰してみじん切り
オリーブオイル 適宜
ズッキーニ 中1本 半月の薄切り (私はベビーズッキーニだったので丸のまま薄切り)
フレッシュなタイムの葉っぱ  小さじ1
塩胡椒  適宜
トマトソース 約3/4カップ
辛口白ワイン 約1/2カップ
リングイーネまたはお好きなパスタ  パッケージに従って茹でる。



オリーブオイルをフライパンで熱し、玉ねぎとガーリックを数分炒める。
ズッキーニとタイムを加え、更に炒める。
鮟鱇に軽く塩胡椒し、炒める。
表面が白くなったら、トマトソースと白ワインを加える。
沸騰したら火を弱め、10分近く煮込む。
茹で上がったパスタをソースに絡めて出来上がり。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-05-10 02:54 | レシピ | Comments(4)

簡単トマトソースでパスタ二品 ♪シーフード&ナポリタン風♪

先日作ったミートボール・スパゲッティのトマトソースは冷凍してあった自己流ですが、今回はDorie Greenspanさんのトマトソースを作ってみました。

トマトソースには缶詰を使いますが、この缶詰の良し悪しが決め手だと思います。

e0351091_03323942.jpg
私のお気に入りの缶詰はこれ。長年愛用しているのですが、Dorie GreenspanさんもSan Marzanoを勧めていらっしゃるので、嬉しく思いました。レシピは下に書きましたが、このトマトソースさえあれば、とても簡単にいろいろな料理ができます。

先日試しに買ってきた冷凍のシーフードミックスを使ってのパスタ。

e0351091_03325634.jpg
オリーブオイルにガーリックの薄切りと鷹の爪を加えて、じっくりガーリックがきつね色になるまで炒め、トマトソースに白ワインを加えて少し煮詰めた後、シーフードミックスを加えてトマト風味のシーフード・パスタ。

e0351091_03331085.jpg
次はナポリタン風。熱したオリーブオイルにガーリックのみじん切り、ハム(またはソーセージかチョリソ)、玉葱、パプリカ(またはピーマン)の千切りを加えて炒め、トマトソースを加え、茹で上がったパスタを絡めます。最後にパセリのみじん切り。

いわゆる日本のナポリタンはケチャップを使うようですが、トマトソースで味付けすると、大人の味になります。両方ともとても美味しいパスタになりました。

たくさん作って冷凍したので、他の料理にも使えそうで、楽しみです。

トマトソースレシピ:Dorie Greenspan著「EVERYDAY DORIE」を参考
材料 (パスタなら5−6皿分)

トマトの缶詰 SAN MARZANOが望ましい 794g1缶 
ガーリック 2片 中の芽を除いてみじん切り
砂糖  小匙2
バルサミコ酢 小匙1
海塩 適宜
挽きたて黒胡椒  適宜

缶詰のトマトが丸のままなら、缶の中で鋏などで一口サイズに切る。
上記のすべての材料を鍋に入れ、蓋をして弱火で煮込む。(約20分)


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-04-26 03:36 | レシピ | Comments(10)

筍と生ハムと三つ葉のペペロンチーノ

日本食料品店に中国産の皮付き筍が売られていました。掘ってからどれくらいの日数が経っているのか分かりませんが、すでに茹でてある筍よりは美味しいのです。

先日「ガッテン」でやっていた大根おろしで筍のえぐみを取る方法が思い浮かびましたが、それは新鮮な筍に限るのでは?と思い、糠もなかったのでお米を一掴み入れて炊きました。(鷹の爪も一緒です。)

最初はワカメと一緒に定番の若竹煮。鰹節をたっぷり加えて、鰹節と一緒に食べるのは母のやり方です。

e0351091_05235873.jpg
この日は春らしい和の食卓で、ホタルイカと青葱の酢味噌和え、姫皮の梅肉和え、マグロのお刺身、日野菜の即席漬けなど5品。

おっと、脱線しました。今日のテーマは和食ではなく、パスタでした。

半分残った筍は筍ご飯にしようと思っていたのですが、急に方針変更。残っていた生ハムと一緒にパスタにしました。

e0351091_05241836.jpg
菜の花があったら言うこと無しだったのですが、青味に鉢植えから三つ葉を採ってきました。

三つ葉の香りがなかなか良い仕事をしてくれました。いつも和風に料理する筍ですが、たまには目先を変えて、パスタも美味しかったです。

筍と生ハムと三つ葉のペペロンチーノ
材料(一人分)
茹で筍 適宜 薄い銀杏切り
ガーリック 1片 潰してから薄切り
鷹の爪 1本 種を抜く
オリーブオイル 適宜
白ワイン  大匙1
パスタの茹で汁  大匙1−2
醤油 数滴
胡椒 適宜
生ハム 2枚 一口大にちぎる
三つ葉 適宜 ざく切り

お好みでパルメザンチーズをふりかけても良いと思います。

オリーブオイルをフライパンで熱し、ガーリックと鷹の爪を加えて香りを出す。
筍を加え炒める。
白ワイン、茹で汁を加え、少し煮詰める。醤油を加えて火を止める。
茹で上がったパスタと三つ葉を加える。
皿に盛ってから生ハムを乗せる。



ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-04-17 05:26 | レシピ | Comments(6)

ミートボール・スパゲッティ

Dorie Greenspanさんの最新の料理本、「Everyday DORIE」からのご紹介です。

この方のレシピのすごいところは、普段の食卓をプロのような味に仕立てることだと思います。

普通に手に入れることができる材料で、ちょっとした手間を加えることによって、ありきたりのものでなくなるのです。

e0351091_02591167.jpg
ミートボール・スパゲッティはアメリカでは最も人気のある料理の一つで、家庭でもレストランでも子供から大人まで大好きです。

e0351091_02592458.jpg
ちょうど冷凍してある自家製トマトソースがあったので、それを使いましたが、本当に美味しくできました。家庭でできるプロの味に仕上がりますので、是非お試しください。

ミートボール・スパゲッティ
レシピ:Dorie Greenspan著「Everyday DORIE」を参考にしてアレンジ
材料(二人分)

ミートボール
牛ひき肉  約200g
スパイシーなイタリアンソーセージの肉 約100g
紫玉ねぎ 約40g みじん切りにして水で洗い、水気を取る
オートミール(Rolled Oats) インスタントでないもの 10g
胡桃 15g みじん切り
フレッシュまたはドライハーブ タイム、オレガノ、ロズマリー等 適宜
塩 適宜
胡椒 適宜
卵 半個 または黄身1個 (白身は冷凍して別の料理に)

オリーブオイル 適宜
パルメザンチーズ 適宜 お好みでなくとも良い

1. 卵とオリーブオイルを除くすべての材料を混ぜてこねる。(こねすぎないように)卵を加えて混ぜ、大さじ山盛り1杯ほどの大きさのボールにする。

2. フライパンにオリーブオイルを熱し、ミートボールの全面に焼き色をつける。(すっかり火が通らなくて良い。)二重にしたペーパータオルの上に置き、余分な脂分を取る。

3. トマトソースの中に入れ、煮立ったら、ごく弱火にし、蓋をして約1時間ゆっくり煮込む。(ごく弱火にすることで肉が固くならずに味が出る。)

4. パスタを茹で、ミートボールとトマトソースに絡める。お好みでパルメザンチーズを振りかける。

*Dorieさんの本にはトマトソースのレシピも同時に掲載されています。このレシピもそのうち載せます。

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-03-29 03:02 | レシピ | Comments(12)

暑い日の友達とのランチ

2−3日前まではアメリカの東海岸は危険なほどの熱波に覆われていましたが、昨日(6日)からは南カリフォルニアが熱波に包まれました。

我が家のあたりは年に数日30度Cを超える日がありますが、海岸から15−6キロも内陸に入ると、気温は一気に40度くらいまで上がります。

そんな暑い週末、友達を招いてランチを楽しみました。前から暑くなると予報されていましたので、涼やかな食卓にしました。

ガスパチョ。多くのレシピがありますが、今回使った材料は、トマト(小3個)、胡瓜(皮を剥いて小1本)、紫玉ねぎ(小1/2個)、赤いパプリカ(半分)、ガーリック(小2片)。

e0351091_06143274.jpg
全て角切りにし、フードプロセッサーでピュレにした後、フードミルで潰すように濾してから、塩(適宜)、オリーブオイル(大匙1−2)、赤ワインヴィネガー(大匙1)、スペインから買ってきたローストパプリカ粉(適宜)、ピメント・デ・エスプレット(適宜)を加えてかき混ぜ、ミネラルウオーターで好きな濃度にします。

冷蔵庫に2時間以上入れてよく冷やし、紫玉ねぎとパプリカのみじん切りとクルトンのトッピングを添えました。

冷たいスープは暑い時の何よりのご馳走です。

e0351091_06144779.jpg
無花果は半分に切り、バルサミコ酢を塗ってロースト。セラノハムとトリュフ入りブリチーズと共に。飾りは鉢植えのソレルです。

野菜たっぷりのパスタ。


e0351091_06150444.jpg
水(100ml)、バター(小さじ2)、オリーブオイル(大匙1)が沸騰したら青葱のみじん切り(1本)、ブロッコリ(適宜:茎も葉っぱも一緒に)を加えて少し茹で、マッシュルームの薄切り(4個)、ズッキーニの角切り(小2本)を加えて更に少し煮ます。最後に生のコーンの粒(1本)、半分に切ったミニトマト(12個)を加えて一混ぜして出来上がり。

バジルとタラゴン、ガーリックのジェノヴェーゼ(レシピは下に書きました。)にパスタの茹で汁を加え、パスタを絡めて、上記の野菜をのせ、最後にミニトマトで飾りました。

e0351091_06153204.jpg
デザートは冷たいブラマンジェ。

e0351091_06154688.jpg
ラズベリーをたっぷり入れ、ラズベリーソースを添えて。これは1日前に作っておきました。(レシピはここ⭐️です。)

暑い日は火をなるたけ使わずにでき、そして見た目も食べても涼しくなるものが美味しく感じます。

沢山食べて、沢山お喋りして、夕方には窓を開ければようやく涼しい風が入ってきました。

何日間かは暑い日が続きそうですが、野菜たっぷりのバランスの良い食事で乗り切りましょう。


ジェノヴェーゼ

バジル 1カップ 粗みじん切り
タラゴン 大さじ2 粗みじん切り
ガーリック 2片  みじん切り
オリーブオイル 大さじ1
塩 小さじ1/8

バジル、タラゴン、ガーリック、塩を一緒に石臼の中で潰して、ペースト状にする。(フードプロセッサーを使っても良いですが、石臼で潰した方がより香りと味が出ます。)
オリーブオイルを加えてかき混ぜる。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2018-07-08 06:19 | レシピ | Comments(6)

子持ちししゃもの油づけと小松菜のペペロンチーノ

ソーニャさんから頂いていた「子持ちししゃもの油づけ」。缶詰ですから賞味期限はまだまだですが、あまり大切にして忘れてしまわないうちに、使うことにしました。

e0351091_2143536.jpg

そのままお酒のつまみでも美味しそうですが、少しだけ手を加えて、パスタの具にしました。

潰してからみじん切りにしたガーリックと鷹の爪をオリーブオイルで炒め、香りが移ったところでざく切りにした小松菜を加えます。缶詰のオイルとパスタの茹で汁も少量入れ、ちぎったししゃもを加えて茹で上がったパスタに絡めます。

e0351091_2125233.jpg

最後にシェーブしたパルメザンチーズをたっぷり。とても美味しいパスタになりました。

ソーニャさん、どうもご馳走様でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
by Mchappykun2 | 2018-03-15 02:15 | レシピ | Comments(8)

ヒラメのムニエル・トマトソース添え&水菜で三品

新鮮なsole(ヒラメ)のフィレがWhole Foodsで売られていたので買い求めました。このスーパーは日本食料品店の次に新鮮な魚を売っていますが、値段もそれなりです。その中で、ヒラメはかなりリーズナブルでした。

いつものようにアーモンドプードルをまぶしたムニエルにしようと思ったのですが、作る直前になって気が変わり、冷凍してあったトマトソースを添えることにしました。

さっと水で洗って水分をきっちり拭き取り、小麦粉に塩胡椒を混ぜてまぶし、無塩バターでソテーします。熱々のトマトソースの上に置き、パセリのみじん切りを散らして出来上がり。

e0351091_3514455.jpg

トマトソースのおかげで見た目も綺麗で、美味しいムニエルになりました。

先日、友達から大量の自家製野菜を戴きました。水菜、芥子菜、ルッコラ。全て根っこがついたままです。

まずは水菜と生ハムのペペロンチーノ。ガーリックのスライスと鷹の爪をオリーブオイルで炒め、パスタの茹で汁を加え、茹で上がったパスタを絡めます。4センチの長さに切っておいた水菜を加えて、一混ぜ。

e0351091_352082.jpg

一口大にちぎった生ハムとすりおろしたパルメザンチーズを加えて出来上がり。シャキシャキ感の残る水菜と生ハムの相性は抜群です。

e0351091_3521690.jpg

次の日は水菜と人参の胡麻和え。両方とも軽く茹でてから和えます。

e0351091_3523559.jpg

そしてサラダ。水菜とルッコラ、冷蔵庫にあったミニパプリカも加えて、バルサミコ酢とオリーブオイル(塩胡椒なし)だけのドレッシングです。濃い緑色のルッコラは茎もシャキシャキとして味が濃く、黄色い水菜の花と白いルッコラの花も柔らかで、とても美味しいサラダになりました。

e0351091_3524996.jpg

からし菜はシンプルにガーリックソテー。ガーリックのみじん切りをオリーブオイルで炒めてから横に2ー3センチ幅に切った辛し菜を加えてしんなりしたら、塩胡椒を振って出来上がり。

ピリッとした辛さが大人の味です。

野菜づくりは重労働で大変な仕事です。手を汚さずに美味しい野菜が食べられるのですから、友達には感謝しかありません。 ありがとうございます!まだまだ水菜がありますので、次は何を作ろうかと考えるのも楽しみです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
by Mchappykun2 | 2018-02-22 03:54 | レシピ | Comments(10)