やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:スープ ( 39 ) タグの人気記事

海老とグリーンピースのスープ ♪鞘の出汁を使って♪

もう終わったと思っていた鞘付きのグリーンピースを 知野ファームで見つけました。

もう一度鞘を擂り潰したスープにしようかとも思いましたが、今回は海老と一緒にスープにしました。もちろん鞘を煮出してスープの出汁にしました。

e0351091_02442704.jpg

5本残っていた空豆も加えて、春らしく彩りもよく、そして何よりグリーンピースの香りと優しい味がとても美味しいスープです。(レシピは下に書きました。)

副菜の一品はインゲンとチョリソーの炒め物。油はしかず、チョリソーから出る油で、インゲンも茹でずに生のまま炒め、途中で蓋をして蒸し煮にします。塩分はチョリソーから出るので、胡椒だけ最後に加えました。

e0351091_02444460.jpg
もう一品はやはり知野ファームにあった新じゃがを使ったポテトサラダ。

皮が薄いのでタワシで表面をゴシゴシこすった新ジャガは、皮付きのまま茹でました。新玉ねぎの代わりに水に晒したスイートオニオンの薄切り、三つ葉の千切りと一緒に自家製の味噌マヨネーズで和えてみました。

このところ、最高気温が20度を下回る涼しさです。この時期は曇り日も多く日本との季節感が最も違う時期かもしれません。サンディエゴでは季節外れの風邪も流行っていますので、お気をつけてください。

海老とグリーンピースのスープ
材料(二人分)

海老 8尾(殻をむき、背わたを取った後、海水位の塩水で揉むように洗い、その後真水で数回すすぎ、ペーパータオルで水分を拭き取ります。)
片栗粉 小匙2
昆布 10センチ
日本酒  適宜
鞘付きグリーンピース  大きな手で二掴み
鞘付きそら豆 数本 (なくとも良い)
野菜出汁 (横着をして茅乃舎の出汁を使いました。)適宜
塩  適宜

1.グリーンピースとそら豆を鞘のついたままよく洗い、中の豆を取り出す。

2.鞘は青臭さを取るため一度ゆでこぼした後、水をかぶるくらい入れ、昆布と日本酒を加えて20分程煮出す。(昆布は煮立ったら取り出す。)

3.海老は片栗粉をまぶしておく。

4. 2を笊にあけ、鞘はお玉の底で押して、エキスをしっかり出す。

5. 4を煮立て、野菜出汁や塩で調味して、海老を加える。海老がほぼ煮えたら空豆を加え、一煮立ちしたら、グリーンピースを加える。煮立ったらすぐに火を止める。お皿に盛って出来上がり。

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-26 02:48 | レシピ | Trackback | Comments(2)

グリーンピースの鞘と豆のすり流し

鞘付きのグリーンピースが出回る時期はとても短いです。せいぜいひと月ほどでしょうか。

ニューヨークから帰って二日後に訪れた知野ファームで求めた鞘付きのグリーンピースが、おそらく今年最後かもしれません。

今までサラダや、鞘で煮出した汁で炊いた豆ご飯を作りましたが、今回はすり流しにしてみました。

すり流しとはいえ、出汁は使わず、豆と鞘を煮出した汁だけで、豆の香りを存分に味わいました。

グリーンピースは綺麗に洗って両側の筋を取り除きます。豆を鞘から出し、塩を少々加えて色よく茹でます。豆だけ取り出し、後の汁で鞘を煮出します。およそ20分ほどです。

その鞘を汁ごとフードミル(ムーラン)ですりつぶします。ミキサーやフードプロセッサーではなくフードミルを使ってすりつぶすことが大事です。余計な繊維を取り除いて口当たりを良くするためと、鞘の中の滑りを取り出すためです。

茹でた豆と一緒に今度はミキサーでピュレにします。このピュレの加減も非常に滑らかにするか、豆の粒々感を残すかはお好みです。
e0351091_03290686.jpg
それを鍋で温め、器に盛り、最後に木の芽の葉っぱを散らしました。(私は豆を茹でた時の塩だけですが、お好みで調味してください。)色も香りも春らしく仕上がりました。
e0351091_03305420.jpg
5月8日、クジャクサボテンの艶やかな最初の花が咲きました。直径20センチ以上もある妖艶なこの花、今年は沢山の蕾をつけています。

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-13 03:33 | レシピ | Trackback | Comments(8)

韮を使って三種類の副菜

我家の犬のチャー君は来月で11歳になります。つまり、11年近く近所を毎日のように散歩させているのですが、犬を連れている人とは話をしたことがありません。

なぜなら、チャー君は犬を見ると吠えまくるからです。車が止まっていれば車の陰で、車がないときは手でチャー君に目隠しして、じっとよその犬が去っていくまで待ちます。

チャー君が吠えまくることは皆周知のようで、さっさと通り過ぎてくださいます。

そんな訳で、毎日お散歩しながら、ご近所の方達とろくに話したこともないのです。普通、犬を連れている人同士はすぐに仲良くなれるのですが。。。

e0351091_247370.jpg

先日、チャー君は首の筋を違えたらしく元気がなかったので、一人で散歩をしました。そのとき、2匹の犬を連れたアジア系の年配の女性と初めて言葉を交わしました。

その数日後、また一人で散歩をしていると同じ女性にお会いしました。台湾から来たというその女性が、私に「チャイは好きか?」と聞いて来ました。

チャイは中国語でお茶ですから、「ええ」と答えると、「我家はすぐそこで、チャイをあげるからいらっしゃい。」とおっしゃるので、お言葉に甘えてお邪魔しました。

綺麗に手入れされた花壇と野菜畑。青々と茂っている沢山の株を指差して、「こんなにチャイがあるのよ。」それは、紛れもなく韮なのでした。

英語では正確には韮は「Chinese Chive」。略してチャイブ、とも言いますが、最後の「ブ」が消えてしまっていたのですね。あるいは私には聞こえなかったのか。。。。

「一人暮らしだからそんなに沢山はいりませんよ。」という私の声は耳に届かなかったのか、一株丸々鋏でジョキジョキ。「すぐにまた生えてくるから」と言って、沢山の韮の束を新聞紙に包んでくださいました。

という訳で、この数日、韮のお料理を作っています。

e0351091_2474820.jpg

まず、最初は春雨と卵と韮の炒め物。何十年も前に上の姉から教わったものです。調味は酒と塩と胡椒。

e0351091_248420.jpg

次は豆腐とエリンギと卵と一緒にスープ。韮は3−4センチに切ってから水につけてアク抜きをしたので、マイルドになりました。豆腐も塩茹でして余分な水分を飛ばします。

e0351091_2481795.jpg

三つ目は少し洋風にして、チョリソーとの炒め物。

私も韮は育てていますが、いただいたものは葉っぱが少し幅広です。種を台湾から持ってきているそうですので、日本のものとは種類が違うのでしょう。

そして、数日経った現在でもピンとしています。まだありますので、単純におひたしとか、納豆和えとか、ラーメンや焼きそばの具とか、餃子など使い道はいくらでもありますが、少し食傷気味。

でも、チャー君を連れていなかったおかげで、知り合いができました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-04-23 02:51 | レシピ | Trackback | Comments(12)

知野ファームの春野菜を使って ♪イラクサのスープと三種のお豆とハーブのサラダ♪

知野ファームのお野菜を使っての料理、三日目はイラクサのスープとサラダ。

まずはサラダのレシピから。

今回使った知野ファームの材料はそら豆、スナップエンドウ、グリーンピース、レタス。庭からルッコラの葉っぱと花、オレガノ、ソレルとゴートチーズ。ドレッシングは塩胡椒、シャンペンヴィネガー、グリークハーブ入りのオリーブオイル。

e0351091_32433.jpg

そら豆は鞘から出し、スナップエンドウ、グリーンピースと共にさっと(10秒くらい)湯がきました。茹で汁は取っておきます。スナップエンドウは縦に割ります。

濃淡の緑色とゴートチーズとルッコラの花の白が映えて、春らしいサラダになりました。

スープは、まず玉ねぎ(1/2個)のみじん切りをバター(大匙1弱)で炒め、手袋をはめてよく洗ったイラクサ(葉っぱのみ)を投入。しんなりしたら、豆を茹でた汁を加えます。足りなかったら水を加えます。(全部でほぼ600ml)

イラクサは火を通すと嵩が減ります。二人分で普通のビニール袋(25x25cm位)一袋使いました。

e0351091_3348.jpg

皮をむいて角切りにしたじゃが芋(1個)と塩胡椒を加え、柔らかになるまで煮ます。粗熱が取れたらミキサーで撹拌。鍋に戻して温め、最後に生クリームを加えて一煮立ちしたら皿に盛り、スプーンで生クリームの雫を垂らし、楊枝で絵を描くようにします。

癖がほとんどなく、それでいて自然の春の香りがするような美味しいスープです。

メインは鴨のソテー。ドライ無花果と自家製チェリーリカー、ライム、バルサミコ酢のソースです。

e0351091_34517.jpg

ポートワインを切らしていたのと、赤ワインをこのためにだけ開けたくもなく、使い切れずにいたチェリーリカーを使いましたが、案外美味しくできました。

あれだけの野菜をほとんど三日で使い切ってしまいました。知野ファームの野菜は食卓と同時に私の心にも春を持ってきてくれたようです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-04-19 03:05 | レシピ | Trackback | Comments(2)

冬瓜とハムのスープ&中華風お刺身サラダ

冬瓜は切り売りで店に置かれていますが、それでも一人暮らしには大きく、めったに買い求めたことはありません。

でも、昨日は久しぶりに冬瓜のスープが食べたくなりました。先日作ったハムスープで使った厚切りのハムがあるので、一緒にスープにしてみました。

日本からのお土産で沢山戴いた茅乃舎の野菜だしで葱と生姜の薄切り、角切りのハムを煮ます。一方冬瓜は皮を剥いてワタを取り、一口大に切り、アクを抜くために2−3分茹でこぼして、スープに加えます。

e0351091_332022.jpg

冬瓜が少し透き通って柔らかになったら、紹興酒と白胡椒を加えて一煮立ち。最後に太白胡麻油を加えて出来上がり。出汁とハムに塩分があるので塩は入れませんでしたが、お好みでどうぞ。

ちょっと中華風のスープになったので、鯛のお刺身も中華風にしてみました。

大根、胡瓜、人参、セロリは全て太めの千切り。お刺身はそぎ切りにして野菜の上に綺麗に並べます。その上にローストしたカシューナッツ、貝割れとチャイブ(ネギの千切りでも)。(ピーナッツや揚げたワンタンの皮が本来のようですが、なかったのでカシューナッツを使いまいした。)

ドレッシングは陳建一さんのレシピを参考にしました。サラダオイル(大匙2)にガーリック(1片)と鷹の爪(種を抜いて1本)を弱火で香りが立つまで炒めます。

e0351091_3322377.jpg

一旦火を消して、紹興酒(大匙2)、醤油(大匙4)を加えて、一煮立ちして冷ましておきます。

私はこれに柚子胡椒をつけて食べました。パンチが効いて美味しい中華風お刺身サラダになりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-21 03:33 | レシピ | Trackback | Comments(8)

季節はずれの薔薇&洋風豚汁

昨日は何ヶ月かぶりに一日中雨が降りました。こんなにまとまった雨が降ったのは本当に久しぶりのことで、全てが洗い流されて、今朝は曇り空ですが、空気は澄んでいます。

e0351091_3361479.jpg

このザーザーぶりの雨の中、健気に薔薇の花が咲いていました。11月から12月にかけて暖かな日が続いた時に蕾を持ったのです。雨に濡れて折れそうに萎れたバラが気の毒で、切り花にしました。

冬眠のためにそろそろ30センチの長さに切り揃えなくてはいけない時期に、幾つもの花をつけたのは珍しいことです。

さて、昨日の夕食です。お節の残りの食材、牛蒡、蒟蒻、人参、大根、そして豚しゃぶ肉。この材料から思い浮かぶのは豚汁です。

ところが、スーパーからはsole(カレイの一種)のフィレを買ってきてしまったのです。この薄い魚はソテーにするのが一番。

そこで、洋風の豚汁にしてみました。

e0351091_3364079.jpg

具材は炒めず、野菜だし(茅乃舎を使用)で下ごしらえした野菜類を煮た後、豚肉を加えます。最後に西京味噌と生クリーム。

とても美味しくできました。多分ポイントは薄味にすること。また、赤味噌より白味噌や西京味噌の方が合うのでは?と思います。

e0351091_3374664.jpg

soleは水分を拭き取った後、卵の黄身を塗り、アーモンドプードルと少量の小麦粉、塩、白胡椒を混ぜたものをまぶし、バターとサラダオイルでソテー。最後にアーモンドのスライスを軽くローストしたものを散らします。

e0351091_3375836.jpg

薔薇のおかげで一気に春が訪れたような食卓になりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-11 03:40 | レシピ | Trackback | Comments(12)

里芋と豆腐のポタージュ ♪お煮しめの残り物のリメイク♪

お節料理の煮物に里芋の白煮を作りましたが、3個ほど余ってしまいました。

この残り物の里芋と4分の1ばかり余っていたお豆腐と一緒にポタージュにしてみました。

薄味のついている里芋はざっと水をかけて表面の味を落とします。だし汁の中で煮て、水切りした豆腐(ペーパータオルに包んで1分ほど電子レンジにかけます。)と一緒にミキサーにかけます。鍋に移して温めて、最後に白胡椒と生クリームで味を整えます。

e0351091_4113157.jpg

里芋に下味がついているので塩加減はお好みで。器に盛ってから青葱のみじん切りを浮かせました。

里芋のぬめりがとろっとして、熱々の美味しいポタージュになりました。

e0351091_4114525.jpg

メインはローストビーフのサラダ。ローストビーフもお節の一品として作った残り物です。水菜、ルッコラ、さらし玉葱、貝割れ大根、真ん中には卵の黄身の塩麹漬け(これもお重に入れた残りです。)。ドレッシングはモデナのバルサミコ酢とオリーブオイル、塩胡椒。

ビーフが美味しいので、これも美味しいサラダでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-06 04:12 | レシピ | Trackback | Comments(14)

野菜たっぷりの和風シーフード・ポトフ ♪冷凍冷蔵庫の整理を兼ねて♪

冷蔵庫に少しずつ残ってしまった野菜を投入し、冷凍庫から先月茹でたロブスターの茹で汁と帆立、海老を加えて、味噌味のポトフにしてみました。

使った野菜は玉葱、長葱、人参、じゃが芋、カリフラワー、黄色いズッキーニ、インゲン。生姜の薄切りも加えて、煮えにくい野菜から茹で汁に加えていきます。

e0351091_405138.jpg

少しコクが足りなかったので、茅乃舎の野菜出しも少し加え、最後にホタテとエビを加え、西京味噌で調味。

たくさん作って夕食と次の日のお昼と2食に、とても美味しくいただきました。

e0351091_41681.jpg

副菜は友達の自家製高菜と油揚げの炒め煮。

野菜もお汁もたっぷり。体の芯から温まるスープでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-12-30 04:01 | レシピ | Trackback | Comments(6)

豚肉と芽キャベツのクリームシチュー&ホタルイカとじゃが芋のサラダ

Thanksgivingで使った芽キャベツは茎についたままの状態なので、冷蔵庫に入れておけば、とても長持ちします。でも、いくらなんでも、もうそろそろ使ってしまわなければ。

あり合わせの豚肉の薄切りと人参を加えて、クリームシチューにしました。

e0351091_444467.jpg

ベシャメルソースを本当に久しぶりに作りました。ベシャメルソースはバターと小麦粉を同量にすること、小麦粉をふるうこと、バターと小麦粉を混ぜたらヘラで1分弱火でかき混ぜること、牛乳を入れたら小さめの泡立て器でかき混ぜること。(鍋の脇にまで泡立て器がいくように。)

これさえ守れば、失敗しないで簡単にベシャメルソースが出来上がります。

もう一つ、大事にしすぎて忘れてしまった缶詰のホタルイカ。これをじゃが芋と組み合わせようと、ふと思いつきました。蛸とじゃが芋のサラダがヒントになったことは言うまでもありません。

時短でラップした皮付きの丸のままのじゃが芋を5−6分電子レンジでチン。5ミリ幅にスライスして、温かなうちにホタルイカと缶詰のオリーブオイルをかけてラップをして室温に。

e0351091_4442624.jpg

食べる前にルッコラとパプリカ粉をたっぷり。思った通り、とても美味しいサラダになりました。ホタルイカに味がついているので塩も入れません。

e0351091_4444646.jpg

忙しいのでクリームシチューの詳しいレシピはのせませんが、メモとして、芽キャベツは後ろに十字の切り込みを入れ(大きめのものは縦に半分に切ります。)、さっと塩ゆでしてから人参と一緒に茅乃舎の野菜だしで煮込みました。

出しに塩が含まれているので、塩は入れませんが少量の白味噌と白胡椒で調味しました。

一人分(とはいえ、次の日のお昼の分もあります。)なので、2品で30分もかからず、自分でもびっくりしましたが、美味しい夕食でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-12-08 04:45 | レシピ | Trackback | Comments(8)

ローストターキーの残りでスープ&鮪とアボカド

皆さんにお持ち帰りしていただいても相当余ったターキーが冷蔵庫に入っています。

まずはお決まりのサンドイッチ。そして、骨つきはスープに。

たくさんお肉もついている骨はかぶるくらいの水を入れて煮ます。沸騰したら白菜のざく切りを入れて、灰汁を取りながらコトコト弱火で30−40分。野菜は手持ちのものなんでも良いのです。

骨を取り出し、ついている肉をこそげ、お鍋に戻し、骨は捨てます。もし余っているお肉があったらそれも加えます。骨やお肉から塩味が出るので、私は何も加えませんでしたが、ここで味を見て塩や醤油で調味します。

e0351091_336979.jpg

熱々になったら皿に盛り、三つ葉のざく切りと挽きたて胡椒をたっぷり。白濁したスープはちょっと参鶏湯のようで、白菜もトロトロ。とても美味しいスープになりました。(洗わないお米や生姜、大蒜、棗、松の実などを一緒に炊けば、本当に参鶏湯のようになりますね。)

玉ねぎ、人参、じゃが芋、蕪、大根など、お手持ちの野菜を沢山入れれば立派なメインになり、野菜の代わりにご飯を入れればお雑炊になります。スープが美味しくて、このためにだけでもローストターキーを作りたくなるほどです。

とはいえ、二日ターキーに明け暮れた後はどうしても和食が恋しくなり、日本食料品店へ。

そこで見つけた中トロの鮪のお刺身。折しも目玉商品です。これを買わない手はありません。家に帰って冷蔵庫を開けると、アボカドを発見。これは早く使わねば。

e0351091_3363090.jpg

でも、アボカドと鮪をただ和えるのは気が進まず、半分は付け合わせ、半分は潰してライムと香菜、山葵、オリーブオイルと一緒にサルサのようにしました。

e0351091_3364238.jpg

このサルサをマグロに乗せて山葵醤油でいただきます。今では皆マグロとアボカドが合うことを知っていますが、最初にこのことを発見した人は凄かったな、と思います。

相性抜群のアボカドと鮪のお刺身。とても美味しくいただきました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-11-27 03:38 | レシピ | Trackback | Comments(6)