やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:シーフード ( 223 ) タグの人気記事

ワカサギのマリネ&鯛の緑酢和え

珍しく新鮮なワカサギを日本食料品店で見つけました。アメリカでも冷凍物は年中売られていますが、新鮮なものはいつもあるとは限りません。

日本では桃の節句の前後が一番脂が乗って美味しいとされているそうですが、アメリカでも春にたくさん獲れるようです。

新鮮なワカサギは頭も骨もすべて食べられるところがなんといっても魅力です。

昨夜は玉葱とミニパプリカがたっぷりのマリネにしました。

優しく洗ったワカサギは水分を取り、ビニール袋に片栗粉を入れてまぶします。揚げるのは面倒なので少し多めのサラダオイルでソテーしました。火が通ったらすぐにマリネ液に漬けます。

e0351091_02560908.jpg
マリネ液は鰹だし、みりん、米酢、醤油で野菜と一緒に漬けます。鷹の爪を入れると南蛮漬けです。数分味をなじませてから、または30分くらい経ってからでも美味しく召し上がれます。

レシピによっては何時間か、または1日漬けるというのもありますが、私は魚があまり柔らかにならずカリッとした食感が残っているうちに食べる方が好きです。

e0351091_02563293.jpg
もう一品はお刺身の鯛を塩〆した後、そぎ切りにし、卸して軽く絞った胡瓜と土佐酢で和えました。

鉢植えにこぼれた種から生えてきた青紫蘇が1本。柔らかな紫蘇の緑と胡瓜の緑が春らしさを添えてくれました。

土佐酢
材料
鰹だし汁  100ml
米酢   60−70ml
みりん  小匙2醤油   小匙2

この量はあくまで目安ですから、ご自分のお好きな調味の量を工夫してください。

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-03-24 02:59 | レシピ | Comments(0)

サーモン・ブランデード

ブランデード(Brandade)はフランスやスペインの料理で、クリーミーなマッシュポテトと塩鱈(バカラオ)をグラタンのように仕立てたものです。

塩鱈を使わずにスモークサーモンと生鮭を代わりに使ったレシピを、大好きなDorie Greenspanさんの最新本、「Everyday Dorie」で見つけて作ってみました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_02443559.jpg
塩抜きなど面倒な工程がないので、思い立って簡単に作ることができます。スモークサーモンがアクセントになってとても美味しくできました。

こういうことを考えつくDorieさんはやはり素晴らしい、と感嘆しました。

e0351091_02445094.jpg
サラダは人参、りんご、胡桃、ドライクランベリー、パセリをヨーグルトと塩で和えました。

サーモン・ブランデード
レシピ:Dorie Greenspan著「Everyday Dorie」を参考
材料(二人分)

牛乳  120ml
スモークサーモン 100g みじん切り (上等なものでなくて良いです)
じゃが芋 約500g 皮をむいて角切りにして茹でる
塩  適宜
無塩バター  大匙1+大匙1
黒胡椒  適宜
オリーブオイル  適宜
玉ねぎ 中1/3個 みじん切り
ガーリック 1片 みじん切り
生鮭  約150g  皮と骨を取り、1cmの角切り
白ワインまたは辛口ベルモット 大匙2−3
パセリまたはフレッシュなチャイブやタラゴンなどのハーブ(ミックスでも良い) 大匙1
生パン粉 適宜

オーブンを350度F(180度C)に温めておく。

1.牛乳に半量のスモークサーモンを加えて煮立ったらすぐ火を止める。

2.じゃが芋に少量の塩を加えて茹でる。茹ったら茹でこぼし、鍋に戻して水分を蒸発させる。あればフードミル(ムーラン)でマッシュする。(マッシャーよりムーランの方がふわっとした仕上がりになります。)

3.2にスモークサーモンの入った牛乳と無塩バター(大匙1)を加える。

4.オリーブオイルをフライパンに引き、玉ねぎとガーリックを一緒に数分炒める。生鮭を加え、更に炒める。塩胡椒する。(塩は控えめに)白ワインかベルモットを加え、蒸発するまで炒める。

5.4に残りのスモークサーモンとハーブを加える。

6.バターを塗った耐熱皿に5を入れ、上からじゃが芋を綺麗に乗せ、生パン粉を散らし、その上に小粒に切ったバター(大匙1)を散らして、350度F(180度C)に温めておいたオーーブンの中段に入れる。

7.約30分後、表面が綺麗な焼き色になったら出来上がり。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-03-16 02:48 | レシピ | Comments(10)

海老のソテー ガーリックチップスと塩レモン添え

新鮮なお魚が売られていないので、仕方なく買ってきた海老。どんな風に調理しようかと料理本をひっくり返して見つけた「PINTXOS」からの一品。

e0351091_03370006.jpg
ガーリックチップスと塩レモン、ピメント・エスプレットのコンビネーションが素晴らしく合い、とても美味しくできました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_03371595.jpg
そのほかのメニューはマグロとアボカドの柚子胡椒風味のセヴィチェとアルグラの花のガーリックソテー。

今日(3月10日)からアメリカでは夏時間が始まりました。とはいうものの、まだまだ寒い朝でした。


海老のソテー ガーリックチップスと塩レモン添え
レシピ:Gerald Hirigoyen著 「PINTXOS」を参考
材料 (二人分)

ガーリック 1個 (たくさん作っておくと便利です)
殻付き海老 (できれば頭付き) 大8−10尾
オリーブオイル 適宜
ピメント・エスプレット (カエンヌペッパーでも良い) 適宜
塩レモン 小さじ1 (皮はみじん切り)
パセリ みじん切り 大匙1

1.ガーリックチップスを作る。皮をむいて縦にごく薄く切ったガーリックを多めのオリーブオイルできつね色になるまで揚げる。網杓子でペーパータオルに乗せて、油を切る。

2.海老は殻を剥かずに、足を切り、背に切れ目を入れて背わたを取る。(鋏がやりやすいです。)頭がついている場合、頭も残す。水分を拭き取る。

3.オリーブオイルを熱し(ガーリックチップスを作った残りのオリーブオイルを使う。)海老をソテー。(大体片面2分ずつ。)

4.海老を皿に盛り、ピメント・エスプレット、塩レモン、ガーリックチップス、パセリを散らして出来上がり。

塩は使いませんでした。(塩レモンの塩分だけで十分ですが、お好みでフレーク塩をふりかけても良いです。)

* ガーリックチップスはタッパーなどに入れて、室温で3週間持ちます。またオイルは漉して、ほかのものに使えますが、1週間以内に使い切ってください。





by Mchappykun2 | 2019-03-11 03:39 | レシピ | Comments(8)

ひな祭りの海鮮ちらし丼

3月3日のひな祭りにはたとえ一人でもお寿司でお祝いをしたくなります。

でも、先日友達のお誕生祝いに五目ちらし寿司を作ったばかりなので、今回は鮪、鯛、イクラの海鮮ちらし寿司にしました。

前日の土曜が忙しかったので、金曜日に日本食料品店からお刺身類を買って、鮪は塩麹にマリネ、鯛は昆布締め。

普通にすし飯の上に並べただけでは、ひな祭りらしくないので、お刺身を花のようにしてみました。

e0351091_03200349.jpg
薄くそぎ切りにしたお刺身を縦に少し重なるように置き、下の方からクルクルと巻いていきます。巻いてから花びらのように何枚かを外側に開きます。

胡瓜の飾り切りも添えて、華やかになりました。

二日間塩麹にマリネした鮪はねっとりとして中トロのような味わい。鯛も昆布の味がしっかり沁みています。

e0351091_03202738.jpg
お吸い物は生椎茸、豆麩、湯葉(下に隠れてしまいました)、三つ葉。

e0351091_03203927.jpg
副菜はラピニの昆布締めと白菜の切り漬け。

先日友達からいただいた獺祭が殊の外合いました。

e0351091_03205306.jpg
久しぶりに青空を見せたこの日の朝、庭の桃の花が七部咲きになりました。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog



by Mchappykun2 | 2019-03-05 03:25 | レシピ | Comments(12)

私のぶり大根

ぶり大根という料理を知ったのはサンディエゴに来てからです。東にいた時はぶりが手に入りませんでしたし、私の母のぶり料理は煮付けと決まっていました。

今までのぶり大根は大根は美味しいのですが、ぶりはパサパサしてしまいます。

ネットでレシピを探してもどれも同じように大根とぶりを一緒に煮込みます。

というわけで、私なりのレシピを考えました。

ぶりは塩麹に1日マリネして使います。下味がついているので、ぶりが煮えたら鍋から引き上げ、大根だけコトコト煮込みました。(詳しいレシピは下に書きました。)

e0351091_03375499.jpg
思った通り、ぶりはパサパサせず、でも味もついて美味しくできました。

e0351091_03381257.jpg
副菜は野菜の焼き浸し。南瓜、ミニパプリカ、蓮根をサラダオイルで炒め、酒、みりん、醤油(全てほぼ同量)に漬け込みます。南瓜は大きいまま電子レンジで少し柔らかにしてから串切りにします。

e0351091_03382663.jpg
白菜の即席昆布茶漬けも添えて。野菜たっぷりの夕食になりました。

ぶり大根 
私のレシピ
材料 (二人分)

ぶり 大きめの二切れ  塩麹に一日マリネする
大根 約300g 
日本酒 約100ml
水 約100ml
みりん 大匙11/2−2
醤油  (みりんとほぼ同量)
生姜  二かけ (半分は皮付きのまま薄切り、残りは皮をむいて千切り)

1.ぶりは一口大に切り、熱湯をかけて臭みを取る。

2.大根は2センチ厚さに切ってから皮をむき、1/4の銀杏に切る。

3.鍋に水、酒を入れて火にかけ、大根とブリを加える。みりん、醤油、皮付き生姜も加える。

4.ぶりが煮えたら、別皿に取る。

5.紙蓋をして大根が柔らかになるまで煮る。途中で煮汁が足りなくなったら水を加える。

6.大根が煮えたらぶりを戻して温める。

7.皿に盛ってから水でアク抜きした千切り生姜を乗せる。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-02-28 03:41 | レシピ | Comments(8)

サーモンパティ 和風味の野菜ソース添え

大分前の夕食の紹介で気が引けますが、生鮭でパティを作り、和風味の野菜ソースをたっぷり添えました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_04223345.jpg
鮭は健康食品ですし、どこでも手に入る便利な食材なので、ほぼ週に1回は食卓に乗ります。でも、グリルかソテーとパターンが決まってしまいがちです。少し目先を変えたい時はこんな料理も良いと思います。

ソースには野菜も沢山入れるので、あとは簡単な和風サラダ。

e0351091_04224731.jpg
水菜、大根、アルグラの花、素干しアミエビをたっぷり振りかけて。ドレッシングはオリーブオイル、米酢、醤油、胡椒です。

今日は久しぶりに朝から青空の広がる良い天気になりました。この冬のサンディエゴは珍しく雨ばかりの寒い日が続いていたので、青い空を見ると心も晴れます。

e0351091_04230630.jpg
昨日は短時間ですが霰も降ったので、今朝散歩に出ると、遠くの山がうっすらと雪化粧をしていました。

サーモンパティ 和風味の野菜ソース添え
材料(二人分)

生鮭 約250g 骨と皮を取って粗みじん切り (皮はグリルしてお茶漬けやおにぎりに) 
エリンギまたはマッシュルーム  適宜 粗みじん切り
玉ねぎ 1/4個 みじん切り
サラダオイル  適宜
パセリ みじん切りで大さじ1
卵の白身 1/2個分
生パン粉  大匙2−3
塩胡椒  適宜

1.玉ねぎとエリンギをサラダオイルでソテーする。

2.1の粗熱が取れたら、残りの上記の材料と一緒にこねてハンバーガーの形(上記の量で4個ぶん)にする。

3.蒸し器で6−7分蒸す。

和風味の野菜ソース
ミニパプリカ 4個 あるいは普通のパプリカ1個 角切り
鰹出汁 (茅乃舎の出汁を使用)約200ml
パールポテト 適宜  皮付きのまま茹でておく
醤油  適宜
みりん 適宜
水溶き片栗粉  大匙1

鰹出汁でミニパプリカが柔らかになるまで煮る。ポテトを加え、醤油とみりんで味を整える。水溶き片栗粉を加える。




by Mchappykun2 | 2019-02-23 04:29 | レシピ | Comments(9)

モロッコ風魚のオーブン焼き&クスクス・サラダ

淡白な白身魚、rockfishという魚のフィレを買ってきました。ロックフィッシュとは名前の通り、岩場で獲れる魚の総称のようです。

淡白なので少しパンチのあるモロッコ風のスパイスにマリネして、オーブンでベイクしてみました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_03140975.jpg
付け合せのサラダはクスクス。

パッケージの手順に従ってクスクスを調理し、ドライフルーツ、ミニトマト、ミニパプリカ、パセリ、オリーブ、アーモンドスライス(軽くロースト)と一緒に。

ドライフルーツの甘さ、オリーブのしょっぱさ、アーモンドの香ばしさがあいまった美味しいサラダです。

e0351091_03142677.jpg
この両方に添えたのがヨーグルトソース。これがとても合いました。本来はミントを入れるようですが、冬のこの時期にフレッシュなミントは手に入りにくいので、パセリで代用しました。

魚もサラダもとても美味しくできました。残った魚は次の日のサンドイッチに。

モロッコは昔(40年近くも前のことです。)行こうと思ってツアーに申し込んだものの結局行けなかったところです。エキゾチックなモロッコへの片思いは今でも続いています。

外務省の「海外安全ホームページ」では「十分注意してください」の危険度レベル1。多分もう訪れることはないでしょうから、せめてモロッコ風の食事を楽しみましょう。


モロッコ風魚のオーブン焼き
材料 (二人分)

白身魚のフィレ 大2枚、または小4枚
塩レモン 小匙1
すり生姜 小匙1
コリアンダー粉、ターメリック粉、オールスパイス、クミン、カエンヌペッパー 各小匙1/2
シナモン粉 小匙1/4
胡椒 適宜
オリーブオイル 適宜

塩レモン、生姜、スパイス類をビニールの袋に入れて混ぜ、魚を30分マリネする。

オーブンを200度C(400度F)に温めておく。耐熱皿に薄くオリーブオイルを塗り、魚を乗せ、オーブンで約7分ベイクする。

ヨーグルトソース
プレーンーグルト 大匙3−4
塩レモン 小匙1/2ー1
パセリのみじん切り 大さじ1
胡椒 適宜

上記の材料を混ぜる。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-02-15 03:20 | レシピ | Comments(10)

春らしいお刺身サラダ

昨年の11月以来ご無沙汰していた知野ファームをやっと訪れることができました。冬は他の季節に比べると種類が少なく、また最近は雨ばかり降っていたせいもあり、思ったような野菜はなかったのですが、それでも綺麗な野菜をいくつか買うことができました。

知野ファームの後は”鹿児島フェアー”を催していた日本食料品店へ直行。カンパチのサクを買ってきました。

塩締にして半分はお刺身。残りの半分は知野のお野菜でサラダに。

e0351091_06140815.jpg
レタス、ラディッキョ、紫カリフラワー、ルッコラの花。春らしいお刺身サラダになりました。

ドレッシングはレモン汁、醤油、オリーブオイル、”Yuzu Sco”。友達からいただいたYuzu Scoは柚子胡椒ほど辛くはなく、でも柚子の香りとピリッとした辛さで、液体なので使いやすく重宝しています。

温かなものも欲しいので、丁寧に取った濃いめの鰹出汁を吸い物加減に調味し、水切りした豆腐を手で崩しながら加え、水溶き片栗粉でとろっとさせました。

e0351091_06143076.jpg
すり生姜と刻み海苔をたっぷり添えて。どこかにあるのかもしれませんが、自分で思いついて作ったので、名無しの椀ものです。

e0351091_06145127.jpg
使ってしまわなければならない春菊を冷蔵庫で見つけたので、胡麻よごし。

三寒四温のこの頃、春と冬が同居した和の食卓でした。

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-02-11 06:17 | レシピ | Comments(6)

アスパラとジャガ芋のクリームスープ&グリルした鮭・フェンネルとリンゴのサルサ添え

メキシコ国境に車で20−30分のサンディエゴにはメキシコで採れた野菜類がたくさん出回ります。

メキシコ産の新鮮で立派なオーガニックのアスパラガスを見つけました。1ポンド(450g)の束が約5ドル。メキシコ産はお財布に優しいのです。

一人では悠に3回分あるので、1回はジャガ芋と一緒にクリームスープにしました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_03552533.jpg
メインは鮭のグリル。塩胡椒の他にフェンネルシードを振りかけて、香りを出しました。

e0351091_03554231.jpg
付け合せはフェンネルとリンゴのサルサ。薄切りにしたフェンネルと葉っぱ、皮付きのままのリンゴの角切り、レモン汁、塩胡椒、オリーブオイルでマリネしておきます。

サラダのようなサルサが鮭に合いました。

アスパラガスとジャガ芋のクリームスープ
材料(二人分)

アスパラガス 中 7−8本
玉ねぎ 中 1/4個 粗みじん切り
バター 大匙1弱
ジャガ芋 中 1個 皮をむいて角切り
生クリーム 約100m
l塩・白胡椒  適宜

1.アスパラガスは根元の方を折り、残りは皮をむき、穂先は3センチくらいに切り、後は2センチに切る。

2.根元と皮(お茶袋に入れる)がかぶる程度の水を入れて10分程煮出す。

3.残りのアスパラガスを加えて、さらに1分ほど煮る。皮と根元は取り出して捨て、汁とアスパラに分けておく。

4.鍋にバターを入れて玉ねぎを炒める。

5.アスパラを茹でた汁を加え、沸騰したらジャガ芋を加える。ジャガ芋が柔らかになったら取っておいたアスパラを加え、少し煮る。

6.粗熱が取れたら飾りのアスパラの穂先を残し、残りをブレンダーにかける。

7.鍋に移し、火を入れ、生クリームを加える。

8.皿に盛って、アスパラの穂先を飾る。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-02-09 03:58 | レシピ | Comments(4)

塩レモンでマリネした鰈のムニエル

「週4日は魚を食べなさい。」というお医者さんの言いつけを守って、なるたけ魚料理を食卓に載せるようにしています。

新鮮で種類が豊富なら毎日でも食べたい魚ですが、アメリカではままならず。それでも昨日はsole(鰈)の新鮮なフィレがWhole Foodsで売られており、買ってきました。

子供の生徒を教えた後、夜の合唱の練習を前に簡単に作ることのできるムニエルにしました。

e0351091_04094810.jpg
塩レモンとオリーブオイルに10分ほどマリネし、少量の小麦粉をまぶしてオリーブオイルでソテー。潰したケイパーを散らして、ソテーした後のフライパンの余分な脂を取り、白ワインでソースを作ります。

ケイパーを潰すアイディアをくださったのはjugonさんです。切るのでなく、潰すことで一味違うケイパーの味が引き出されたように思います。

jugonさん、ありがとうございました。

ちなみに日本ではケッパーというようですが、アメリカではcaper, ケイパーと私には聞こえます。

サラダにはこのところ美味しくなってきた地物の苺をたっぷり使いました。

e0351091_04100932.jpg
ベビースピナッチ、苺、ローストした胡桃、お湯で柔らかにしたドライのチェリー、スキムしてあるリコッタチーズにバルサミコ酢をかけて。

苺の赤は食卓を一気に春にしてくれました。

この冬のサンディエゴは珍しく雨が多いのですが、今朝は久しぶりに朝から青空が広がりました。その代わり気温も下がり、朝7時は4度しかありませんでした。

e0351091_04114362.jpg
でも太陽が顔を出せば気温は急に上がり、9時には10度になりました。やはり青空は気持ちが良いです。今日は海の色が濃いブルーです。

e0351091_04115703.jpg
Hawthorn(山査子)の花も一気にほころびました。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-02-07 04:21 | レシピ | Comments(6)