やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:シーフード ( 189 ) タグの人気記事

鮪と玉葱の二杯酢&オクラとミニトマトのみぞれ和え

1週間に1度は日本食料品店を訪れて、和食の食材を買うのを楽しみにしています。でも、忙しくてそれができないことがあり、そうするとフラストレーションが溜まります。

2週間ぶりに訪れた日本食料品店では、いつもよりお刺身の種類がなく、鮪の赤身のサクを買い求めました。外国に住んでいるのですから、お刺身が買えるだけでもありがたいのですが。

家に着いてすぐにお刺身を塩麹につけ、半分はそのまま山葵醤油、残りの半分は薄く切って、玉葱と二杯酢(米酢と醤油がほぼ1:1)で和えました。

e0351091_02270024.jpg
玉葱は薄切りにしてから氷水につけて揉み、しっかり絞ってから和えました。氷水に漬けると透明になります。

知野ファームで買ってきた玉葱はまるで日本の新玉葱のようで、全く辛くなく、シャキシャキととても美味しく、一人で中くらいの1個を食べてしまいました。

オクラは塩でこすって毛羽をとって水洗いし、色よく茹でて輪切り。ミニトマトは横半分に切ります。軽く水を切った大根おろしと和えて、冷蔵庫で冷やします。

e0351091_02271805.jpg
オクラのネバネバが大根おろしと絡まって、ぽってりとなり、まるで霙のようになります。

食べる直前に生醤油、お好みでレモン汁をかけます。

e0351091_02273761.jpg
カリフォルニアで作っているくみ出し豆腐には初物の我が家の茗荷、青紫蘇の千切り、すり生姜と自家製蕎麦つゆをかけて。

夏はこんな献立が嬉しく感じます。

と、これは暑かった数日前に書いた記事です。

今日、17日の朝9時の温度は21度。厚い雲に覆われて、犬の散歩に出たら有るか無しかの霧雨も降っており、半袖では薄ら寒いほどでした。本日の予想最高気温は24度。酷暑の日本の皆様には申し訳ないような気温です。

暑い夏をお過ごしの皆様、体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-07-18 02:30 | レシピ | Trackback | Comments(0)

頂戴した自家製トマトと紫玉葱

友達の友達から家庭菜園でできたトマトと玉葱をいただきました。直接お会いしたことはなく、電話とメールでしかやり取りをしたことがないのですが、ご親切にも近くまでいらっしゃるからと、玄関先に置いていかれました。

e0351091_02333370.jpg
真っ赤なトマトと玉葱と紫玉葱。そして南瓜の煮付け。お手製の南瓜の煮付けが入っているところに、その方の愛情が感じられます。

e0351091_02335015.jpg
早速その日のランチにザクザク切って頂きました。塩をつけたものとつけないものと。ほんの少し塩をかけた方が却って甘みを感じました。

太陽の恵みをいっぱい浴びたトマトは体が洗われるようで、とても美味しい。

e0351091_02340458.jpg
夕食は鉢植えの大葉の千切りを乗せて、醤油ドレッシングで。

この日のメインは鯵の酢油漬け。お刺身用の鯵の削ぎ切りと人参の千切りを米酢(大匙1)、サラダオイル(大匙1.5−2)、塩胡椒(塩は少しきつめ)に20分ほど漬けておきます。

e0351091_02342280.jpg
スライスした紫玉ねぎを水に晒し、絞ったものを最後に加えて一混ぜします。大葉を敷いた上に盛り付けて完成。

紫玉ねぎもスーパーで買ったものとは比べ物にならない美味しさでした。しっかり玉ねぎの味がしているのに甘いのです。

e0351091_02344192.jpg
そして翌日の朝食にはトマトのすりおろし。

横半分に切っておろし金ですりおろし、オリーブオイルと少量の塩を加えてかき混ぜ、トーストに乗せてパン・コン・トマテ。トマトの甘みと酸味のバランスが素晴らしい。

丹精込めて作られたお野菜を届けてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。誠に有難うございました。

さて、まだ一つ残っているトマトと玉葱で何を作りましょう?

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-07-01 02:37 | レシピ | Trackback | Comments(6)

鮭のステーキ マンゴーとチェリーのサルサ添え

健康食品である鮭はいつもアメリカのスーパーでも売られていますし、好きな魚なので食卓に載せる頻度は高いです。

一番好きなのはアラスカ産、天然物のキングサーモンですが、とても良いお値段ですし、いつもあるとは限りません。次が天然物の紅鮭。これもキングサーモンと変わらないほどのお値段です。

手頃な値段でいつもあるのは養殖の鮭。いつもはこれで手を打つのですが、たまにはと思って天然物の紅鮭のステーキを買い求めました。

同じ紅鮭でも骨つきはフィレより安く、一人分で6ドルちょっと。これなら普段使いでも罪悪感は伴いません。

この鮭のステーキに合わせたのはスイートマンゴーとチェリーのサルサ。

e0351091_02443623.jpg
実はマンゴーとチェリーをほぼ同時に頂いたのです。

マンゴーもチェリーも大好きですが、普通にムシャムシャ食べるだけでは食べきれず、料理にも使ってみましたが、とても美味しくできました。柚子胡椒のパンチも効いたように思います。(レシピは下に書きました。)

副菜はフェンネル。丸のままのフェンネルを塩を入れた(パスタを茹でる時より控えめの塩加減)湯で柔らかになるまで15−20分茹でます。氷水に取り、半分か1/4に縦に切り、水分をとってオリーブオイルで切った方の面からソテーします。

e0351091_02445696.jpg
良い焼き色がついたら紫玉ねぎのスライスを加え更に炒め、アンチョビ(またはアンチョビペースト)を加え、サンブーカのようなアニス系のお酒を加えて少し煮詰めます。最後にフェンネルの葉っぱのみじん切りを加えて一混ぜして出来上がり。(これはMario Bataliのレシピです。)

ちょっと甘めのアニス系のお酒がフェンネルの香りとよく合います。

e0351091_02451123.jpg
最近ようやく午前中から青空が広がり、涼やかな気持ちの良い天気になってきました。キリッと冷えた白ワインと合う、初夏にふさわしい食卓になりました。

マンゴーとチェリーのサルサ
材料(一人分)

マンゴー 2/3個 1.5cmの角切り
チェリー 5−6個 半分に切って種を取る
紫玉ねぎ 縦にスライス  適宜
レモンかライムのゼスト 半個分
レモンかライムの汁  半個分
香菜 みじん切りにして大匙2−3
塩胡椒 適宜
柚子胡椒 適宜
オリーブオイル 大匙1
上記の材料をすべて混ぜ合わせて10分くらい置く。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-06-29 02:48 | レシピ | Trackback | Comments(6)

娘夫婦と和の食卓

旅行に行く娘夫婦が彼らのワンちゃんを預けに我が家にやってきました。

健康に問題がある娘の老犬はよそに預けるのが心配で、わざわざ飛行機で1時間半かけて私の所までくるのです。

彼らが来るとなんだか忙しい。空港まで迎えに行き、午後1時頃我が家へ着き、簡単にうどんのお昼を作り一息入れると、彼らが「映画を観に行こう」と言い出しました。

我が家から車で5分くらいのところにあるラグジュアリーな映画館で封切りになったばかりの「Ocean’s 8」をやっているというのです。こんな機会でないと私も映画を観に行かないので、一緒に行くことに。

5時前に家に帰り着き、娘に分からなかったコンピューターのことを聞いて、さて、夕食の支度です。

いつもは一人分ですからあっという間にできるのですが、3人分だとちょっと勝手が違います。なんだかんだと1時間以上もかかってしまいました。

1日前から昆布締めにしておいた鯛は翁和え。山椒の葉の香りが効いて、婿さんにも大好評。

e0351091_02420233.jpg
鯵の刺身は10分塩締めにしてから、酢で15分締めて削ぎ切りにし、板ずりの胡瓜と菊の花で、緑酢和え(皮ごと胡瓜をおろし、軽く絞り、煮切りみりんと米酢、醤油、塩の甘酢です。)

鮪のお刺身は2時間ほど(つまり映画から帰ってすぐに)塩麹に漬けました。

この日のハイライトは雲丹の茶碗蒸し。卵3個(186g)に対して鰹のだし汁800ml。卵の重さの4−5倍のだし汁というのが私の目安です。茶碗蒸しの出汁だけは鰹節で取ります。軽めに塩と醤油で味をつけ、茶碗には茶漉しで漉しながら入れます。

e0351091_02421651.jpg
中に雲丹を3切れ、蒸しあがってから(約8分)さらに生雲丹を二切れと三つ葉。三つ葉が煮え過ぎてしまいましたが、とろとろの美味しい茶碗蒸しになって、ほっとしました。

野菜類は生のビーツ、リンゴと茹でたビーツの葉っぱと酢の物。
e0351091_02423948.jpg
もう一品はインゲン、スナップエンドの味噌炒め。一旦硬めに茹でてから胡麻油で炒め、甘味噌を絡ませて大葉の千切りを加えます。

ご飯ものは蛸飯。syunさんのところで見た蛸飯を真似しようと思ったのですが、作るギリギリになって読んだので、半日干すところはできませんでした。

それで、自己流で蛸の足のすべての面に細かい十字の切り込みを入れてから指先大に切り、昆布、酒、醤油、みりん、生姜の千切りと一緒に炊飯器で炊き上げました。

e0351091_02425675.jpg
蛸が柔らかで、ご飯にも蛸の味がしみて、とても美味しく皆に好評で、やれやれでした。次回は忘れずに半日干し、半分の蛸はお米と一緒に炊き、残り半分は炊き上がってから入れてみましょう。

娘夫婦はワンちゃんを私に託し、翌日の早朝には出かけて行きました。

いつまでたっても娘は娘。それも私が元気でいるので甘えられるからでしょう。(婿さんは働き者で、夕ご飯の後片付けは全部彼がやってくれました。幸せな娘です。)


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-06-12 02:50 | レシピ | Trackback | Comments(10)

ブッラータと苺のカプレーゼ&ブランジーノのオーブン焼き

チーズの中でも特に脂肪分が高いと言われるブッラータですが、たまに食べたくなります。

昨夜は知野ファームの美味しい苺と、鉢植えで元気に育っているバジルの大きな葉っぱで、カプレーゼにしました。

e0351091_02520436.jpg

ブッラータにはトリュフオイルを少々垂らして。

とろけるブッラータと苺の相性は抜群。

メインはブランジーノ(鱸の一種)。丸のままオーブンでベイクしました。

鱗を取り内臓を取ったブランジーノは両側の腹の部分に3ヶ所切り込みを入れ、小麦粉を軽くはたきます。オリーブオイルで両面を色良くカリッとソテーしたら、黒オリーブ(5−6個)の粗みじん切り、ケイパー(小匙2)、レモンのゼストと実(小1個分)、辛口白ワイン(1カップ程)を加えて、230度に温めたオーブンにフライパンごと入れます。

e0351091_02522385.jpg

オーブンに入れられるフライパンがなかったら、オーブンプルーフの皿に移してください。

13ー4分で中まで火が通ります。最後に塩胡椒、オレガノ(パセリでも)を散らして出来上がり。

ワインの量が少なすぎて、ソースになりませんでしたが、悪しからず。

皮はパリッとして、中はジューシー。オリジナルのレシピは鯛ですが、ブランジーノも美味しくできました。丸のままの魚の美味しい食べ方をまた一つ覚えました。(レシピはMario Bataliの本を参考にしました。)



[PR]
by Mchappykun2 | 2018-06-07 02:54 | レシピ | Trackback | Comments(4)

ドライトマトのスプレッド入り鮭のソテー

鮭の切り身の中にドライトマトのスプレッドを入れてソテーしたユニークな料理です。

元々のレシピはブラックオリーブのタプナードを入れるのですが、少し塩辛いので、オリーブオイルに浸けてあるドライトマトを代わりに使ってみました。

e0351091_02572676.jpg
ドライトマト、アンチョビ、ケイパー、ロズマリー、タイム、レモンのゼストと汁、オリーブオイル、胡椒のスプレッドです。(詳しいレシピは下に書きました。)

簡単ですが、とても美味しく仕上がりました。

サラダは先日作って気に入った塩レモン入りです。今回はラディッキョ・トルソ、ミニパプリカ、パセリの他にリンゴを入れてみました。
e0351091_02574406.jpg
May Gray, June Gloom (June Brideならぬ Groom:Bridegroomにかけているのです。)と言われるように、この時期は曇り日が多くパッとしません。特に午前中は雲が多く、午後3時過ぎに太陽がやっと顔を出します。涼しいので過ごしやすいのですが、やはりすっきりとした青空が待たれます。

ドライトマトのスプレッド入り鮭のソテー
材料(一人分)

鮭 なるたけ厚みのあるセンターカットの一切れ 150-200g(皮付き、骨なし)
塩胡椒  適宜
オリーブオイル 適宜

ドライトマトのスプレッド
オリーブオイル漬けのドライトマト  5−6枚 
ケイパー  小匙2 (塩漬けのものは塩抜きする)
アンチョビペースト  小匙1/2
レモンのゼスト  半個分
レモン汁  半個分
ロズマリー できればフレッシュなもの1本
タイム  できればフレッシュなもの 2本
オリーブオイル  大匙1
挽きたて黒胡椒  適宜
アンチョビやケイパーが入るので塩は入れませんが、お好みでどうぞ。

ドライトマトのオリーブオイルをペーパータオルで拭いて、みじん切り。
他の材料も全てみじん切りにし、全材料を混ぜる。

鮭はさっと洗って水分を拭き、軽く塩胡椒する。
皮を下にして切り身の厚みのあるところに水平に3センチくらいの切り込みを2箇所(手前と向こう側)入れて、ポケットを作る。
ポケットにドライトマトのスプレッドをはみ出さないように詰める。
フライパンにオリーブオイルを敷き、身の方からソテーする。
下から半分ほど色が変わってきたらひっくり返して皮目がパリッとなるように焼く。
残りのドライトマトのスプレッドを添えてサーヴする。



[PR]
by Mchappykun2 | 2018-06-01 03:03 | レシピ | Trackback | Comments(10)

鯵で二品 ♪木の芽和え&玉ねぎとの酢油づけ♪ &ビーツで二品

十日近く前の夕食で気がひけるのですが、ご紹介します。

いつも訪れる日本食料品店で、ニュージーランド産のシマ鯵のお刺身が売られていました。私はお酢で締めた鯵が結構好きなのです。

パックは2枚入りでしたので、1枚は木の芽和え、もう1枚はスイートオニオンと生のビーツと一緒に酢油づけにしてみました。

数分、軽く塩締めした鯵は細切りにして、細かく叩いた木の芽と和え、生姜醤油でいただきます。
e0351091_02495356.jpg
山椒の木は鉢植えにして数年経ちますが、成長が遅く、大量に葉っぱを摘むのは気が引け、数枚でしたのでインパクトはいまいちでしたが、季節の香りを楽しむことができました。

一方スイートオニオンは薄切りにして水に晒します。日本なら新玉ねぎが良いですね。水気を絞って、やはり軽く塩締めにし、米酢に数分浸して水分を拭き取った鯵をそぎ切りにし、玉葱、生のビーツの千切りと一緒にドレッシングで和えました。
e0351091_02533313.jpg
ドレッシングは塩胡椒、サラダオイル、米酢です。鯵は酢締めにしたので、酢の量は加減してください。

さて、皮をむいた生のビーツは鮮やかな黄色ですが、元々はこのような色です。
e0351091_02503555.jpg
立派な葉っぱがついていましたが、葉っぱはスープにしました。(スープのレシピはこちら⭐️です。)
e0351091_02551663.jpg
残った2個はオーブンでローストし、別の日にサラダ。
e0351091_02540080.jpg
ライムの皮と汁、はちみつ、オリーブオイル、リンゴ酢、チャイブ、残っていたフェンネルの葉っぱと一緒にマリネしたもので、私の好きなサラダの一つです。ローストすると色が変わるのがお分かりいただけると思います。

ビーツは日本ではなかなか手に入らないのだそうですが、こちらではとてもポピュラーな野菜です。ビーツは濃い赤のものの他、このような黄色やピンクのものもあり、食卓を華やかにしてくれます。



[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-30 02:57 | レシピ | Trackback | Comments(10)

塩レモン入りサラダ

今年も我が家のマイヤーレモンで塩レモンを作りました。今回はマーサ・スチュワートのレシピで、レモンジュースを沢山入れて仕込みました。
e0351091_06245690.jpg
一応私の備忘録として下にレシピを書きました。

この塩レモンの皮をさっと水で洗って千切りにしたものと、塩レモンのジュースとオリーブオイル、黒胡椒のドレッシングです。

e0351091_06251852.jpg

野菜はラディッキョ・トレヴィソ、ミニパプリカ、パセリのみじん切り。カラフルで、エキゾチックで、とても美味しくできました。

e0351091_06253897.jpg

メインは鯖のソテー。オリーブオイルに皮がついたまま潰したガーリックと種を抜いた鷹の爪を入れて香りを出し、軽く塩コショウした鯖の切り身をソテーします。

一方パセリのみじん切り(大匙2),ミントの葉のみじん切り(大匙2)、ケイパーの粗みじん切り(小匙2)、アンチョビペースト(小匙1/4)、レモン汁(1/8個分)、オリーブオイル(大匙1)を混ぜてサルサを作り、鯖に添えます。

e0351091_06260359.jpg
そのほかの副菜は、浅蜊のワイン蒸しと、この日作った苺のジャムから出た灰汁を濾して炭酸水で割った飲み物です。(ワインを入れても良いです。)


塩レモン
レシピ:マーサ・スチュアートを参考
材料
レモン オーガニックか無農薬のもの5−6個
塩 (アメリカでは粒状のコーシャーソルト) 約1/3カップ(約80ml)

レモン2個は上下を少し切り落とし、縦に8個のくし切りにする。(全部でで16個のくし切り)種も入れる。
消毒した瓶に塩を入れ、上記のレモンをギュッと入れる。
上記のレモンがかぶるくらいレモン汁を加える。
蓋をきちんと締めて、よく振る。冷暗所に置き、1日1回ほど上下に振る。
1週間後から使うことができる。1−2週間(それ以上も可)したら冷蔵庫に移す。

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-28 06:29 | レシピ | Trackback | Comments(6)

母の日と季節外れのあん肝

Happy Mother’s Day!

今日は母の日。国によって母の日が違うということを色々な国にお住いのブロガーさんの記事で知りました。

日本とアメリカが同じ日なのは、母の日が日本にはアメリカから輸入されたものだからでしょうか。

娘から届いた花束。今回はお花と花瓶が段ボールに入って届きました。私が水切りして活けましたが、生け花があまり得意でない母には少しハードルが高かった。

e0351091_01524746.jpg

でも、毎年色々考えて送ってくれて、娘よ、本当にありがとう!!

さて、日本食料品店で、季節外れのあん肝を見つけました。冷凍ではありません。

買ってきてすぐに下処理をして蒸し、最初はポン酢でいただきましたが、食べていて、木の芽と合わせることを思い立ちました。というわけで、次の日は木の芽をあしらって酢味噌で。(あん肝のレシピはここ⭐️をどうぞ。)

e0351091_01530834.jpg
こういう普通は季節が合わないもの同士を組み合わせることは、なかなか出来るものではないと、一人ご満悦。

e0351091_01533272.jpg

メインは鮪のヅケと鯛の昆布締めの二色丼。これも美味しくできました。

スマホの天気は曇りになっていますが、朝から青空が広がる良い天気です。さて、今日は何をして過ごしましょう?

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-14 01:57 | レシピ | Trackback | Comments(6)

レストランの再現料理 ♪みかんと鯛のカルパッチョなど♪

先日訪れたレストランで出された知野ファームのお野菜が美味しくて、早速春野菜を求めて知野ファームへ行きました。

お目当の豆の蔓はありませんでしたが、ついテンションが上がって、たくさん買い込んで来ました。

e0351091_2344244.jpg

左上からドライ無花果、ほうれん草、鞘付きグリーンピース、黄色い花はツァイシン、空豆、イラクサ、スナップエンドウ、赤蕪、レタス、苺にみかん。

残念ながら蕪の葉っぱは虫食いだらけで、ほとんど使い物になりませんでしたが、全てとても新鮮です。

e0351091_2352522.jpg

イラクサ以外は全てフレッシュなまま食べられます。サラダにはレタス、赤蕪のスライス、ツァイシン、空豆、スナップエンドウ。シェーブしたパルメザンチーズにシンプルなドレッシング。(塩胡椒、シャンペンヴィネガー、ブラッドオレンジ風味のオリーブオイル)

野菜そのものの美味しさを満喫。

日本食料品店から買って来た鯛のお刺身は軽く塩で締めました。レストランの鯛はお刺身のままでしたが、私は少し締めた方が他のものと馴染んで好きです。

e0351091_2355370.jpg

赤蕪のスライス、塩で締めた鯛のスライス、胡瓜、みかん、ルッコラの花。ドレッシングはミカンのジュースとオリーブオイルと塩のみ。最後にピンクペッパーを潰して散らしましたが、これがちょっとしたアクセントになり、とても美味しくできました。

メインは珍しく日本食料品店で売られていたカジキマグロ(sword fish)。
シンプルに塩胡椒してオリーブオイルでソテーしただけですが、これにはイラクサのサルサ・ヴェルデを添えました。

レストランで友達が頼んだオパ(ハワイの魚)にはイラクサのサルサ・ヴェルデが添えられていたのです。私は味見をしなかったので、どんなサルサ・ヴェルデか分かりませんが、いつもイラクサはスープにしていたので、なるほど、とアイディアをいただきました。

e0351091_2363235.jpg

湯がいたイラクサを水にとって絞り、みじん切りにし、アンチョビペースト、レモン汁、レモンのゼスト、オリーブオイル、胡椒を加えました。ガーリックを加えようか少し迷ったのですが、加えずにシンプルに徹しました。

付け合わせは胡瓜。写真のような形に切った胡瓜はさっと湯がきます。笊にとってから、バターで炒め軽く塩胡椒しました。

e0351091_2364938.jpg

やはり知野ファームのお野菜は味が濃く、野菜そのものの味がしてとても美味しい!たまに洒落たレストランへ行くと、刺激があって良いものだと改めて思いました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-04-16 02:41 | レシピ | Trackback | Comments(10)