人気ブログランキング |

やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

カレー風味のチキン、パプリカとグリーンピースのパピヨット

簡単なのに見た目も綺麗で美味しい鶏胸肉を使ったパピヨットです。

作ったのは1週間以上前なので、記憶があやふやになっていますので、参考にした料理本を見ながら、下にレシピを書きました。
(何度も作っているのですが、調べたところレシピは載せていませんでした。)

e0351091_03480796.jpg
鶏の胸肉はパサパサしがちですが、アルミホイルに包んで焼くので、しっとりしています。

e0351091_03482672.jpg
サラダはキヌアとりんご、ピーカン、胡桃とパセリ。

ドレッシングはヨーグルトベース。(プレーンヨーグルト、塩、胡椒、オリーブオイル)

1枚の胸肉で二人分。次の日のお昼にもいただきましたが、再加熱しても美味しかったです。

カレー風味のチキン、パプリカとグリーンピースのパピヨット
レシピ:Dorie Greenspan著「around my french table」参考
材料(二人分)

鶏胸肉 大1枚 約300g
紫玉ねぎ(普通の玉ねぎでも良い)  1/3個 横に薄くスライス
ミニパプリカ 4個 または普通のパプリカ 半個 角切り
グリーンピース 1/2カップ (冷凍でもフレッシュでも良い)
オリーブオイル 小匙2
カレー粉 小匙1 (お好みで増減)
塩胡椒 適宜

1.オーブンを200度C(400度F)に温めておく。

2.鶏肉は繊維に沿って細切りにした後、横半分に切る。

3.材料を全部ボウルに入れてかき混ぜる。(冷凍グリーンピースは解凍しなくて良い)

4.アルミホイルに乗せ、ふわっと包む。

5.オーブンの中段で17−20分焼く。(心配な場合は丁寧にアルミホイルを開けて、鶏肉に火が通ったか見る。)


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

# by Mchappykun2 | 2019-03-09 03:51 | レシピ | Comments(6)

ひな祭りの海鮮ちらし丼

3月3日のひな祭りにはたとえ一人でもお寿司でお祝いをしたくなります。

でも、先日友達のお誕生祝いに五目ちらし寿司を作ったばかりなので、今回は鮪、鯛、イクラの海鮮ちらし寿司にしました。

前日の土曜が忙しかったので、金曜日に日本食料品店からお刺身類を買って、鮪は塩麹にマリネ、鯛は昆布締め。

普通にすし飯の上に並べただけでは、ひな祭りらしくないので、お刺身を花のようにしてみました。

e0351091_03200349.jpg
薄くそぎ切りにしたお刺身を縦に少し重なるように置き、下の方からクルクルと巻いていきます。巻いてから花びらのように何枚かを外側に開きます。

胡瓜の飾り切りも添えて、華やかになりました。

二日間塩麹にマリネした鮪はねっとりとして中トロのような味わい。鯛も昆布の味がしっかり沁みています。

e0351091_03202738.jpg
お吸い物は生椎茸、豆麩、湯葉(下に隠れてしまいました)、三つ葉。

e0351091_03203927.jpg
副菜はラピニの昆布締めと白菜の切り漬け。

先日友達からいただいた獺祭が殊の外合いました。

e0351091_03205306.jpg
久しぶりに青空を見せたこの日の朝、庭の桃の花が七部咲きになりました。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog



# by Mchappykun2 | 2019-03-05 03:25 | レシピ | Comments(12)

私のぶり大根

ぶり大根という料理を知ったのはサンディエゴに来てからです。東にいた時はぶりが手に入りませんでしたし、私の母のぶり料理は煮付けと決まっていました。

今までのぶり大根は大根は美味しいのですが、ぶりはパサパサしてしまいます。

ネットでレシピを探してもどれも同じように大根とぶりを一緒に煮込みます。

というわけで、私なりのレシピを考えました。

ぶりは塩麹に1日マリネして使います。下味がついているので、ぶりが煮えたら鍋から引き上げ、大根だけコトコト煮込みました。(詳しいレシピは下に書きました。)

e0351091_03375499.jpg
思った通り、ぶりはパサパサせず、でも味もついて美味しくできました。

e0351091_03381257.jpg
副菜は野菜の焼き浸し。南瓜、ミニパプリカ、蓮根をサラダオイルで炒め、酒、みりん、醤油(全てほぼ同量)に漬け込みます。南瓜は大きいまま電子レンジで少し柔らかにしてから串切りにします。

e0351091_03382663.jpg
白菜の即席昆布茶漬けも添えて。野菜たっぷりの夕食になりました。

ぶり大根 
私のレシピ
材料 (二人分)

ぶり 大きめの二切れ  塩麹に一日マリネする
大根 約300g 
日本酒 約100ml
水 約100ml
みりん 大匙11/2−2
醤油  (みりんとほぼ同量)
生姜  二かけ (半分は皮付きのまま薄切り、残りは皮をむいて千切り)

1.ぶりは一口大に切り、熱湯をかけて臭みを取る。

2.大根は2センチ厚さに切ってから皮をむき、1/4の銀杏に切る。

3.鍋に水、酒を入れて火にかけ、大根とブリを加える。みりん、醤油、皮付き生姜も加える。

4.ぶりが煮えたら、別皿に取る。

5.紙蓋をして大根が柔らかになるまで煮る。途中で煮汁が足りなくなったら水を加える。

6.大根が煮えたらぶりを戻して温める。

7.皿に盛ってから水でアク抜きした千切り生姜を乗せる。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

# by Mchappykun2 | 2019-02-28 03:41 | レシピ | Comments(8)

サーモンパティ 和風味の野菜ソース添え

大分前の夕食の紹介で気が引けますが、生鮭でパティを作り、和風味の野菜ソースをたっぷり添えました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_04223345.jpg
鮭は健康食品ですし、どこでも手に入る便利な食材なので、ほぼ週に1回は食卓に乗ります。でも、グリルかソテーとパターンが決まってしまいがちです。少し目先を変えたい時はこんな料理も良いと思います。

ソースには野菜も沢山入れるので、あとは簡単な和風サラダ。

e0351091_04224731.jpg
水菜、大根、アルグラの花、素干しアミエビをたっぷり振りかけて。ドレッシングはオリーブオイル、米酢、醤油、胡椒です。

今日は久しぶりに朝から青空の広がる良い天気になりました。この冬のサンディエゴは珍しく雨ばかりの寒い日が続いていたので、青い空を見ると心も晴れます。

e0351091_04230630.jpg
昨日は短時間ですが霰も降ったので、今朝散歩に出ると、遠くの山がうっすらと雪化粧をしていました。

サーモンパティ 和風味の野菜ソース添え
材料(二人分)

生鮭 約250g 骨と皮を取って粗みじん切り (皮はグリルしてお茶漬けやおにぎりに) 
エリンギまたはマッシュルーム  適宜 粗みじん切り
玉ねぎ 1/4個 みじん切り
サラダオイル  適宜
パセリ みじん切りで大さじ1
卵の白身 1/2個分
生パン粉  大匙2−3
塩胡椒  適宜

1.玉ねぎとエリンギをサラダオイルでソテーする。

2.1の粗熱が取れたら、残りの上記の材料と一緒にこねてハンバーガーの形(上記の量で4個ぶん)にする。

3.蒸し器で6−7分蒸す。

和風味の野菜ソース
ミニパプリカ 4個 あるいは普通のパプリカ1個 角切り
鰹出汁 (茅乃舎の出汁を使用)約200ml
パールポテト 適宜  皮付きのまま茹でておく
醤油  適宜
みりん 適宜
水溶き片栗粉  大匙1

鰹出汁でミニパプリカが柔らかになるまで煮る。ポテトを加え、醤油とみりんで味を整える。水溶き片栗粉を加える。




# by Mchappykun2 | 2019-02-23 04:29 | レシピ | Comments(9)

バースデーケーキは苺のショートケーキ

ちらし寿司をいただいた後はお待ちかねのデザートです。

何日も前から苺のショートケーキ、と決めていました。タルトも少し考えたのですが、バタースポンジケーキの方が使うバターの量が半分ですみます。

e0351091_04194814.jpg
そして、春といえば苺。知野ファームの苺がまだだったのが残念でしたが、カリフォルニア州で採れたオーガニックの苺はアメリカにしてはまぁまぁの甘さです。

e0351091_04200532.jpg
お陰様で大好評。半分を5人で分け、残りはまた5等分してお持ち帰り。

e0351091_04202061.jpg
甘さ控えめなので、苺が酸っぱく感じません。それでもケーキとして十分な甘さがあります。

皆の心の温かさがあるからこそ、言いたいことを言い合える貴重な友達。そういう友達がいることを本当にありがたいと思った1日でした。


苺のショートケーキ
バター・スポンジケーキ
レシピ:Julia Child 「Mastering the Art of French Cooking」より
材料 (22.5センチの丸いケーキ型:底が抜けるタイプ) 

バター 55g
たまご 4個 黄身と白身に分ける
砂糖  100g と大匙2
ヴァニラエッセンス  小さじ2
塩  少々
小麦粉 100g ふるいにかける

1.オーブンを175度C(350度F)に温めておく。

2.型 にバターを塗り粉をはたいておく。(分量外)

3.バターを溶かして冷ます。

4.卵の黄身に砂糖100g を少しずつ入れながら泡立てる。泡だて器ですくってたらした時にきれいなリボンのようになるまで泡立てる。ヴァニラエッセンスを入れる。

5.卵の白身に塩少々入れて硬く泡立てる。砂糖大匙2を入れて混ぜる。

6.卵の黄身と砂糖の中に5の白身を1/3混ぜる。完全に混ぜないうちに粉の1/3を入れてかき混ぜる。これを白身と粉がなくなるまで繰り返す。(白身の泡がつぶれないようにゴムベラで手早く、切るように混ぜる。決してかき混ぜすぎないように注意する。)

7.バターを半分入れかき混ぜ、更に残りを入れる。(白いミルキーの部分は入れない。)

8.型に流し、オーブンの中段に入れ、30-35分焼く。

9.竹串を中央に挿して何もついてこなかったら出来上がりなので、オーブンから取り出し、そのまま6-8分置く。

10.ケーキが少し縮んだら、ナイフを型とケーキの間に入れて、ケーキラックの上に取り出し、完全に冷ます。

その他の材料
生クリーム  250ml
粉砂糖  大匙2
ヴァニラエッセンス  小匙1
苺、キウイ、ブルーベリー 適宜


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog



# by Mchappykun2 | 2019-02-20 04:23 | レシピ | Comments(10)