人気ブログランキング |

やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

筍ご飯など和の7品

5月5日のこどもの日は何と言っても筍ご飯、と私は刷り込まれています。

ちょっと鮮度に問題ありそうな中国産の筍を買ってきました。それでも皮付きの生です。

今回はパントリーの奥で見つけた糠と鷹の爪と一緒に、竹串がすっと刺さるまで1時間と少し茹でました。

半分は筍ご飯。残りの半分は土佐煮。

まずはたっぷりの鰹節の出汁を作ります。このだし汁に酒とみりんと醤油で薄口に仕立て、研いで水を切った米に加えます。お米の上に薄切りにした筍と湯通しして細かに切った油揚げを乗せ、普通に炊き上げます。

e0351091_02371383.jpg
炊飯器のスイッチが切れたらかき混ぜて、木の芽を添えます。

我が家の鉢植えの山椒はまだ葉っぱが出てきたばかりですが、今年は殊の外香りが強いのです。

さて、残りの半分の筍は乱切りにし、だし汁にみりんと醤油を加えて、汁けがなくなるまでじっくり煮ます。フライパンで乾煎りした鰹節を加えて、やはり木の芽を添えました。

姫皮は酢味噌和え。そら豆の醤油煮。

e0351091_02380070.jpg
紅しぐれ大根の甘酢漬け。生の時は紫色のグラデーションですが、酢に漬けると綺麗な紅になります。先日の赤蕪とは別物です。(ここ⭐️を参照)

メインは塩麹につけて焼いた鰤のカマと一日昆布で締めた鮭。

いい気になって作りすぎて、食べ切れず。残りは翌日のランチです。

そしてもちろんこどもの日と言ったら柏餅。和菓子は作り慣れていないので、日本食料品店から買ってきた柏餅もどき。

e0351091_02382082.jpg
いわゆる柏餅も売られていたのですが、どうも葉っぱが紙のようだったので、何の葉っぱかわかりませんが、本物の葉っぱが使ってあり、しかも小さめだったのでこちらを購入。

甘さ控えめで、お餅も柔らかく、美味しくいただきました。

日本の10連休も終わってしまいましたね。こちらは昨日の青空は何処へやら。朝方は激しい雨でした。

昨日頑張って全部で9鉢ものハーブとトマトを植えたので、これらを軒下に避難。新しい週の始まりです。良い週でありますように。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

# by Mchappykun2 | 2019-05-07 02:40 | レシピ | Comments(8)

青豆ご飯_2019

鞘付きのグリーンピースが出回ると必ず作るのが豆ご飯です。

豆を取り出した後の鞘をさっと湯がいて青臭さを取り、昆布と酒と水で5分ほど煮て、冷ました茹で汁でご飯を炊きます。湯がいた後の鞘もお茶袋などに入れてお米の上に置きます。

炊飯器のスイッチが切れたら、鞘を取り出し、お豆を入れて蒸らすと、色が綺麗で、しかもご飯にも香りと味のついた美味しい青豆ごはんになります。

e0351091_02220384.jpg
塩漬けの桜の塩を抜いて飾りにして、一層春らしく演出。

主菜は牛肉と生椎茸の甘辛煮。ラピニを添えて。

調味料はNHKの長寿番組「みんなのきょうの料理」で本田明子さんが作っていた醤油、砂糖、みりんが2:1:1の割合のの甘辛だれ。

e0351091_02222210.jpg
私にはちょっと味が濃すぎるので、酒で割りましたが、作っておけば手軽にいろいろな料理に応用できて便利です。

冷蔵庫で3週間はもつそうです。作ったばかりより数日冷蔵庫の中で寝かせた方が味がまろやかになるように思います。

知野ファームで求めたそら豆は鞘のままグリル。これも簡単で美味しいのでしょっちゅう食卓にのせます。

赤蕪の甘酢漬け。蕪の葉っぱと油揚げの炒め煮。

今日はもう5月3日。風薫る五月です。

新しい令和の時代が平和で良い時代でありますように。(やっと令和がすぐに変換できました!)


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

# by Mchappykun2 | 2019-05-04 02:24 | レシピ | Comments(10)

「ガッテン流煮魚」のアレンジを試してみました

アメリカのテレビジャパンでは水曜日にNHKの「ガッテン」が放映されるので、一応録画しておき、時間のあるときに見ます。

昨日の土曜の夕方、最近放映された「ふわっトロ!ガッテン流煮魚の作り方」の最後に紹介された筍、菜の花、キンメ、アサリなどを使った洋風のレシピに興味を持ちました。
筍もアサリもありませんが、キンキがあり、買ってきたばかりの知野ファームの春野菜もあるので、私なりの洋風煮魚を作ってみました。

日本食料品店で求めたキンキはお鍋用のぶつ切りなので、骨を取り、「ガッテン」の中で野崎洋光さんがやっていたように10分塩締めしました。

骨は捨てずに出汁をとり、冷ましておきます。ラピニを鍋にしき、その上に塩締めにしたキンキ、シメジ、だし汁と白ワインを合わせて150mlと胡椒を加え、沸騰したら落し蓋をして強火のまま3分半。

途中吹きこぼれそうになったら少し火を弱め、落ち着いたらまた強火に、を繰り返しました。

3分半でしっかり魚には火が通りました。

具材を引き上げて煮詰め、生クリームの代わりに牛乳、そしてバターを加えソースに。最後に生のままのそら豆とグリーンピース、ツァイシンの黄色い花を飾って出来上がり。

e0351091_03125351.jpg
春らしい彩りで、魚もプリプリでした。

私は、この番組にも登場した野崎洋光さんの「日本料理の基礎技術」(2004年初版)というプロの初心者向けに書かれた料理本を持っていて、この中には写真入りで丁寧に魚の煮付けのレシピが載っています。そして、強火で沸騰したら灰汁を引き、落し蓋をして火を弱めて20分、と書かれています。

で、私はこの方の調理法と調味料の配合で煮魚を作るようになってからというもの、とても美味しい煮魚ができるようになったのです。

この番組では最後に、フランスの調理法、ポシェと比べて、日本の魚の鮮度が良いことと調理法が関係があることを明かしていますから、もしかしたら強火で3分半、というのは鮮度が良い魚にしか当てはまらない技術なのかもしれませんね。

e0351091_03131470.jpg
日本の皆様は10連休の真っ只中をいかがお過ごしでしょうか?

我が家の庭は次から次へと薔薇が咲き始めました。

e0351091_03133254.jpg


ご訪問ありがとうございました。

Top Food Blog

# by Mchappykun2 | 2019-04-29 03:19 | レシピ | Comments(12)

簡単トマトソースでパスタ二品 ♪シーフード&ナポリタン風♪

先日作ったミートボール・スパゲッティのトマトソースは冷凍してあった自己流ですが、今回はDorie Greenspanさんのトマトソースを作ってみました。

トマトソースには缶詰を使いますが、この缶詰の良し悪しが決め手だと思います。

e0351091_03323942.jpg
私のお気に入りの缶詰はこれ。長年愛用しているのですが、Dorie GreenspanさんもSan Marzanoを勧めていらっしゃるので、嬉しく思いました。レシピは下に書きましたが、このトマトソースさえあれば、とても簡単にいろいろな料理ができます。

先日試しに買ってきた冷凍のシーフードミックスを使ってのパスタ。

e0351091_03325634.jpg
オリーブオイルにガーリックの薄切りと鷹の爪を加えて、じっくりガーリックがきつね色になるまで炒め、トマトソースに白ワインを加えて少し煮詰めた後、シーフードミックスを加えてトマト風味のシーフード・パスタ。

e0351091_03331085.jpg
次はナポリタン風。熱したオリーブオイルにガーリックのみじん切り、ハム(またはソーセージかチョリソ)、玉葱、パプリカ(またはピーマン)の千切りを加えて炒め、トマトソースを加え、茹で上がったパスタを絡めます。最後にパセリのみじん切り。

いわゆる日本のナポリタンはケチャップを使うようですが、トマトソースで味付けすると、大人の味になります。両方ともとても美味しいパスタになりました。

たくさん作って冷凍したので、他の料理にも使えそうで、楽しみです。

トマトソースレシピ:Dorie Greenspan著「EVERYDAY DORIE」を参考
材料 (パスタなら5−6皿分)

トマトの缶詰 SAN MARZANOが望ましい 794g1缶 
ガーリック 2片 中の芽を除いてみじん切り
砂糖  小匙2
バルサミコ酢 小匙1
海塩 適宜
挽きたて黒胡椒  適宜

缶詰のトマトが丸のままなら、缶の中で鋏などで一口サイズに切る。
上記のすべての材料を鍋に入れ、蓋をして弱火で煮込む。(約20分)


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

# by Mchappykun2 | 2019-04-26 03:36 | レシピ | Comments(10)

深川めし

江戸時代から深川の漁師の船上料理として知られている深川めし。

旬のアサリを使って昨夜は深川めしを作ってみました。

アサリはよく洗ってから塩水につけ、数時間置きます。冷蔵庫には入れません。

昆布と再びよく洗ったアサリを鍋に入れ、アサリが半分かぶる程度の水を入れ、貝の殻が開いた順に別皿に取り出します。殻から身を外し、汁はペーパータオルで濾します。

この汁に味噌を加えますが、貝からは塩分が出ていますから、味噌の量には気をつけてください。


e0351091_02540569.jpg
再び沸騰したら貝の身を戻し、火を止めます。

器に熱々のご飯を盛り、汁ごとかけ、三つ葉を散らし七味唐辛子を振りかけます。

アサリのお出汁がたっぷり入ったぶっかけご飯。とても美味しかったです。

深川めしにはアサリと葱などを一緒に炊き込んだ炊き込みご飯もあります。次はこの炊き込みご飯を作ってみようと思いました。

このところ天気が良いと20度を越えるようになり、散歩をすると汗ばむほどです。空き地に咲いた黄色いマーガレット。

e0351091_02542492.jpg
名前は知りませんが、ご近所のお庭に咲いている色鮮やかな花。

e0351091_02543855.jpg
サンディエゴは春爛漫です。


# by Mchappykun2 | 2019-04-21 02:58 | レシピ | Comments(10)