やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

元旦_2019

明けましておめでとうございます。

昨年中は私のブログにお越しいただき誠にありがとうございました。今年もマイペースながら書き続けていくつもりですので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年は年末から滞在している娘夫婦の他に、3人の友達をお招きしたのですが、お二人が体調不良で欠席。4人でのお正月のお祝いとなりました。

e0351091_10412855.jpg
いつものように母から受け継いだ春慶の茶懐石のお重に一人一人詰めたのですが、なんだかいつもより隙間が多いように感じてしまいました。それでも皆が美味しかったと言ってくださり、今年最初のお祝いを楽しく過ごすことができました。

お重の左は丸一日漬けた酢蛸と二日昆布締めにした平目の翁和え。

e0351091_10420271.jpg
お重の右は煮物(里芋の白煮、筍、蒟蒻、干し椎茸、人参、絹さや)、自家製干し柿入りのなます、黒豆。

e0351091_10430010.jpg
お重は左から蒲鉾、伊達巻、塩麹につけた鮭の焼き物、田作り、海老のうま煮、八幡巻き、たたきごぼう、数の子の塩麹漬け、蓮根のたらこ詰、鴨のロース煮、卵の黄身の塩麹漬け、百合根の梅干し和え、華頂山きんとん

毎年同じお節ですが、今年はゆり根を初めて漬けた梅干しで和えました。初めてだったにもかかわらずとても美味しい梅干しで、和え物も美味しくできました。梅干しは種と皮を除き、裏ごしして、酒と醤油で調味します。

毎年のことですが、蒲鉾だけは市販品で、後は全部手作りです。

e0351091_10432148.jpg
そして、やはり母から譲り受けた年代物のお椀にお雑煮。鰹だしに鶏肉、大根、人参、三つ葉、いくら、柚子。

お餅は餅つき機でついたものです。1年に1回しか使わないのに、30年以上頑張ってくれている頼もしい器械です。

例年より冷たい風が吹いているサンディエゴですが、おかげさまで私の風邪はだいぶん良くなってきました。

今年も皆様にとっても健康で良い年となりますようにお祈りしています。

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

# by Mchappykun2 | 2019-01-02 10:50 | お正月 | Comments(14)

苺の小さいタルト

体調が悪く、恒例のフルーツケーキ作りもせずおとなしくしていたものの、やはりクリスマスにデザートがないのは寂しい。

そこで、冷凍庫に一つだけ残っていた小さなタルトにマスカルポーネと生クリームを詰めて、苺を飾ってデザートにしました。

e0351091_03474960.jpg
マスカルポーネはふるった粉砂糖と一緒に泡だて、ホイップした生クリームとバニラエッセンスを加えました。

e0351091_03481350.jpg
e0351091_03483726.jpg
お一人様のクリスマスディナーは今年もクラブケーキ。自家製マヨネーズとパン粉をつなぎにして、バターでソテーします。

e0351091_03485131.jpg
サラダは洋梨とルッコラ、ざくろ、ゴルゴンゾーラ、ピーカン。控えめにお皿の上には赤と緑をあしらって、クリスマスの雰囲気を出してみました。

まだワインを飲めるほどには良くなっていませんが、少しずつ回復しているような兆しが。。。。

皆様、お元気で良い新年をお迎えになりますように!

ご訪問ありがとうございました。

Top Food Blog

# by Mchappykun2 | 2018-12-27 03:50 | レシピ | Comments(12)

メリークリスマス_2018

サンディエゴのクリスマスは珍しく雨模様です。

アメリカの政府機関のシャットダウン、株価の暴落、インドネシアの津波。2018年が暮れようとしているこの時期、暗い話ばかりが飛び込みます。

私自身もあんなに気をつけていたにもかかわらず、ひどい風邪をひいてしまいました。喉が痛くなったと思ったら声が出なくなり、ひどい咳に悩まされています。熱はありませんが、咳で眠れないのが辛い。8年余り続いている月2回の合唱指導を初めてお休みしました。こんなひどい風邪を他の方にうつしたら大変です。

薬を飲み、湿度を保ち、蜂蜜レモン、蜂蜜大根、あらゆることを試していますがよくならないので、運良く予約が取れたので、明日はお医者さんに行きます。

友達をお招きしてクリスマスを盛大に祝うはずでしたが、それもキャンセル。情けないのと申し訳ないのと、がっかりで、残念で。。。

そんなこんなですが、マヌカハニー、レモン、みかんを持ってきてくださった方、困ったら遠慮せずになんでも言ってくださいとおっしゃってくださる友達に、感謝の気持ちで一杯です。

それでも、昨日は少しだけクリスマスイヴらしい夕食にしました。

e0351091_02505610.jpg
ブッラータ、いちご、ミニトマト、ルッコラのカプレーゼ。ブッラータにはトリュフ入りオリーブオイルをかけ、周りには無花果のバルサミコ酢を。この時期にしては甘い苺で、久しぶりのブッラータは美味しかった!

温かいものが欲しいので、人参とじゃが芋の生姜入りスープ。バターで玉ねぎのみじん切りを炒めた後、人参とじゃが芋とすりおろした生姜、塩と白胡椒を加え、牛乳で静かに煮ます。

e0351091_02512053.jpg
ミキサーでピュレにした後温め、生クリームを加え、最後にローストした胡桃を散らします。これがアクセントになります。

昨日ヘアーカットをして緑のバンダナを巻いてもらった元気一杯のチャー君からクリスマスのご挨拶。

e0351091_02514616.jpg
皆様は健康で良いクリスマスと年末をお過ごしください。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


# by Mchappykun2 | 2018-12-26 02:54 | クリスマス | Comments(6)

ハマチのカルパッチョ&セヴィチェ

先日、日本から空輸のハマチのお刺身が安売りをしていました。

ハマチはメキシコ湾でも獲れるのでアメリカのお魚屋さんでもお刺身として売られていますが、日本からの空輸のものは案外鮮度が良いのです。日本の方がお魚の扱いが上手いのかもしれません。

さて、サクで買い求めたハマチ、最初は普通にわさび醤油でお刺身に。半分は塩麹に漬けて次の日にいただきました。

e0351091_03590352.jpg
サクの半分の半分はレモンとオリーブオイルをかけてカルパッチョ。

パセリも香菜も切らしていたので、鉢植えからチャイブを取ってきましたが、良い組み合わせでした。

残りの半分は柿、青葱、三つ葉、レモンのゼストと汁、赤いパプリカ、柚子胡椒、塩、醤油、生姜のみじん切りと一緒にセヴィチェにしました。最後に少量のラム酒を加えるのが私のやり方です。

e0351091_03592142.jpg
ちょっとお洒落にセルクルで型抜きしてみました。

この日は遅いお昼を他所でいただいたので、こんな軽い夕食がぴったりでした。

いつのまにかクリスマスまで1週間を切りました。発表会が終わって気が抜けたのかもうクリスマスが終わってしまったような錯覚があり、なかなかスイッチが入らず困っています。

せめて、今年は風邪を引かずにこの年末年始を乗り切りたいと思っています。皆様も風邪を引きませんように。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


# by Mchappykun2 | 2018-12-20 04:18 | レシピ | Comments(14)

鶏のクリームシチュー

賞味期限を間近に控えた生クリームを使いたくて、鶏のクリームシチューにしました。

ホワイトソースは作らずに最後に生クリームをたっぷり加えます。

40年近く前Julia Childのレシピで作って以来、いつのまにか私のヴァージョンになってしまいましたが、寒くなってきた今日この頃、熱々のシチューは何よりのご馳走です。

e0351091_04071538.jpg
自家製のチキンストックと辛口白ワイン。これが私のレシピの決め手です。

たくさん作って次の日のお昼にも。

サラダは白菜とりんご、レーズン。子どもの頃よく母が作ったサラダです。

e0351091_04074250.jpg
白菜の軸は繊維に沿って、葉っぱの方は横に切ります。

ドレッシングは塩胡椒、ワインヴィネガー、サラダオイルです。オリーブオイルでない方がこのサラダには合うと思います。母はこのドレッシングに粉末の辛子も入れていました。

久しぶりに母の味を感じたサラダでした。

鶏のクリームシチュー
材料(二人分)

鶏もも肉  骨なし約300g
小麦粉 適宜
塩胡椒 適宜
サラダオイル 適宜
じゃがいも 中1個 皮をむいて一口大に切る
玉ねぎ  中1個 くし形に切る
人参  中2本 太めのバトン型に切る
マッシュルーム 中3個 大きければ半分に切る
ブロッコリ 適宜 固めに茹でておく
辛口白ワイン 100ml
チキンストック 約500ml
ローリエ 1枚
タイム  適宜
塩胡椒  適宜
生クリーム  約150ml

1.鶏もも肉は余分な脂を取り、5cmくらいの大きさに切る。

2.小麦粉に塩胡椒を加えて、鶏肉に軽くまぶし、フライパンにサラダオイルをひいてソテーする。

3.厚鍋にサラダオイルをひいて、玉ねぎを炒め、人参を加えてさらに炒め、ソテーした鶏肉を投入。

4.辛口白ワインを加えて煮立ったら、チキンストックとローリエ、タイム、塩胡椒を加える。

5.再び煮立ったら、じゃがいも、マッシュルームを加え、時どき灰汁を取りながらじゃがいもが柔らかになるまで煮る。 

6.最後に生クリームを加え、味を整え、ブロッコリを加えて温める。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


# by Mchappykun2 | 2018-12-18 04:10 | レシピ | Comments(8)