やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レシピ( 432 )

ハマチのセヴィチェ 柚子胡椒風味

金曜日の午後、いつものように日本食料品店、ニジヤを訪れると、新鮮な魚介類が品薄です。数日続いた猛暑の影響でしょうか?

種類が少ないだけでなく、パックした日付がその日のものでないものが多いのです。私はお刺身など鮮度が大事な魚介類はパックした日付を見て、当日でないものは買わないようにしています。

でも、せっかく日本食料品店を訪れたのですから、新鮮な魚介類が食べたい。そう思って鮮魚コーナーをうろうろ。

やっと妥協したのが、日本から空輸したフレッシュなハマチのお刺身と殻付き帆立貝。

ハマチのお刺身はほうれん草と酢の物にしようと思ったのですが、肝心なほうれん草が売られていません。

仕方がないので、後で近くのスーパーに寄り、アボカドと香菜を買いセヴィチェに。

e0351091_2352493.jpg

今回のセヴィチェの材料は、ハマチ、玉ねぎのみじん切り、アボカド、イタリアントマト、柿、香菜、柚子胡椒、塩、醤油、ライムの汁、オリーブオイル。

柿かマンゴーなど少し甘めの果物が入るのが私の好みです。サラダボウル一杯を完食しました。

e0351091_2354213.jpg

空付き帆立貝は殻から外してバターで炒めて、最後に醤油をほんの少し垂らします。

インゲンは茹でてから、チョリソーと一緒に炒めました。これもなかなか美味しい一品です。

今日も冷えた白ワインが美味しく感じた食卓でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-10-29 02:38 | レシピ | Trackback | Comments(8)

茸としゃぶしゃぶ豚肉のスープ仕立て

季節外れの猛暑もひと段落し、今朝は半袖では涼しく感じられるようになり、やれやれです。

暑くなる前に作った夕食で、地味な色合いですが美味しかったので、アップすることにしました。

本当はお味噌汁にしようと思って買った杏茸(シャンテレル)ですが、合わせて買っておいたシメジとしゃぶしゃぶ用の豚肉と一緒にスープ仕立てにしてみました。

野菜だし汁に日本酒を加え、茸類を煮、しゃぶしゃぶ用の豚肉を加えます。アクを取り、みりんと醤油で調味。薄味に仕上げます。軽く絞った大根おろしをたっぷり添えて、七味唐辛子とレモン醤油をかけていただきます。

e0351091_2233348.jpg

茸類からも出汁が出るので、美味しいスープになります。茸はこのほか、生椎茸やえのき、エリンギなど、お手持ちのもので良いですが、少なくとも2種類は入れた方が良いように思います。

わざと沢山作り、次の日のお昼はおうどんを入れて食べました。これもまた美味しかったです。

付け合わせは蕪と三つ葉、干し菊の酢の物、モロッコインゲンのおひたしです。(茹でて熱いうちにみりんと醤油を絡ませ、最後に鰹節)

今年のご近所さんのハロウィーンのディスプレーは地味なものが多いです。しかも、ディスプレー自体がとても少なくなりました。子供が成長してきたのかもしれません。

e0351091_2235944.jpg

その中で、気合いの入ったお宅を見つけました。

e0351091_2241385.jpg

アメリカの子供達にとって、クリスマスの次に楽しみなハロウィーン、もうじきですね。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-10-28 02:25 | レシピ | Trackback | Comments(6)

熱波に覆われたカリフォルニア ♪サラダとパスタの夕食♪

昨日からカリフォルニア全体が熱波に覆われました。

私の住んでいるあたりは最高気温36度C、内陸部は39度まで上がりました。

今日も海岸沿いでで32度、内陸部では37度の予報です。昨日は犬の散歩をスキップしましたが、今朝は8時に散歩してきました。日陰は良いのですが、8時でも既に太陽の日差しはジリジリと刺すようです。

それでも朝晩と家の中は涼しいので、なんとかやり過ごすことができます

さて、そんな暑い日の夕食はほとんど火を使わずに済ませました。

e0351091_1435618.jpg

スモークサーモン(紅鮭)とフェネルとラディッシュのサラダ。フェネル(葉っぱも)とラディッシュは薄くスライスして、塩、胡椒、シャンペンヴィネガー、オリーブオイル、マスタードシードでマリネします。

その上にスモークサーモンを乗せて、レモンを絞ります。

e0351091_144185.jpg

パスタの具はミニトマト、ツナの缶詰、黒オリーブ、ケッパー、パルミジャーノ・レッジャーノ、バジル、オリーブオイルを混ぜただけです。

エンジェルヘアーのパスタを茹でて、具をのせて出来上がり。

火を使ったのはパスタを茹でただけ。よく冷えた白ワインをお供に、日が落ちてやっと涼しくなったダイニングキッチンで頂いた美味しい夕食でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-10-26 01:45 | レシピ | Trackback | Comments(6)

ゴートチーズ ケーキ

合唱の定期演奏会を目前に控えて、土曜日の夜に臨時の総合練習を開きました。

その練習の後にお出ししたのが、ゴートチーズのケーキです。正直デザートを作るのはちょっと面倒で、よほど果物だけでお茶を濁そうかと思いました。

でも、週末の夜、家族団らんやゆったりとした時を過ごしたいと思っている方々もいるでしょう。そんな貴重な土曜の夜なのに、練習に駆けつける団員のために、と思い少し頑張ってチーズケーキを作りました。

e0351091_23472.jpg

使ったのはクリーミーなゴートチーズ。オーブンから出した時にフワッとゴートチーズ独特の香りがし、そういえば、ゴートチーズには好き嫌いがあることに気づきました。

もう作ってしまったのですから、お好きでない方には諦めていただくしかありません。

やはり、ゴートチーズの匂いが苦手な方が一人いらっしゃいました。でも、その方は一口召し上がって、全然ゴートチーズの匂いがしなくて美味しい、とおっしゃってぺろっと食べてしまいました。

e0351091_234258.jpg

と言うわけで、皆さんに好評でした。フワフワなのにしっとり。クラストもフィリングも甘さ控え目ですので、白ワインと一緒にアペタイザーでも朝食、スナック、果物と一緒にデザートと、何にでも使える便利なケーキです。

甘い緑色の葡萄と一緒にお出ししましたが、チーズと葡萄は出会いのもの。とてもよく合いました。


ゴートチーズ・ケーキ(tourteau de chèvre)
レシピ:Dorie Greenspan著「around my french table」を参考にして少しアレンジしました
材料(20センチ:8インチのケーキ型1個:底が抜けるタイプ使用)
カップはアメリカサイズの250ml


タルト生地 
小麦粉 1と1/4カップ
砂糖  小匙1
塩  小匙1/2
冷たい無塩バター  大匙6 角切りにしておく
卵  大1個
冷水 小匙1

1. 小麦粉、砂糖、塩、バターをフードプロセッサーに入れて、オートミールの大きさになるまで撹拌する。

2.卵をほぐし、冷水を加えてかき混ぜ、3−4回に分けて1に加える。加えるごとに10秒撹拌する。最後は大きな塊になるまで撹拌する。

3. 2をラップに取り、2枚のラップにはさみ、ラップの上から麺棒で直径22センチくらいの円になるように伸ばす。

4. 片側のラップをはがし、バターを塗り、パーチメントペーパーを底に敷いたケーキ型に底と側面を貼付ける。側面の上を出来るだけきれいにする。ナイフで少し削っても良い。余った生地は薄いところに貼付ける。

5.中味を作る間、ラップをして冷蔵庫で冷やす。

フィリング
卵 大5個 白身と黄身に分けておく
塩 少々
オーガニックの砂糖  100ml+大匙2
ゴートチーズ  226−255g(8-9oz) クラストのないタイプ(円筒形のクリーミーなもの)室温にしておく
コーンスターチ  大匙3
コニャック 小匙2  またはバニラエッセンス小匙1/2

1.オーブンを400度F(200度C)に温めておく。

2.卵の白身に塩を加えてスタンドミキサーで撹拌する.少し固くなって来たら砂糖大さじ2を少しずつ加えながら角が立つまで更に撹拌する.別のボウルに移す。

3.スタンドミキサー(洗う必要はないです)のボウルに黄身と砂糖100ml、ゴートチーズ、コーンスターチを入れてクリーム状になるまで(3分くらい)撹拌する。ヴァニラエッセンスかコニャックを入れる。

4.ゴムベラで1の白身の1/4を2に加える。混ざったら残りを入れて泡を消さないように切るようにしてかき混ぜる。

5.冷蔵庫から生地を貼付けたケーキ型を取り出し、中に4を流し入れる。オーブンの中段に入れる。

6.15分後、オーブンの温度を350度F(180度C)に下げて、更に30−35分、表面が茶色になりひびがはいるくらいになるまで焼く。(中央に竹串を刺して何もついて来ないならOK)

7.型に入れたままラックに置き、10分経って、少ししぼんで来たら、型から取り出し、ラックにおいて冷ます。

密閉容器に入れて、涼しい室内で二日持ちます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-10-24 02:35 | レシピ | Trackback | Comments(4)

蕪の葉と胡桃の佃煮風

立派な葉っぱのついた蕪が売られていました。秋なのですね。

葉っぱは傷みやすいので買ったらその日に調理します。油揚げと炒め煮にするのも好きですが、少し変わったものにしたいと思いました。

でもジャコは買ってこなかったし、と考えていて、常備してある花鰹、煎り胡麻、胡桃で甘辛い佃煮風にしてみることにしました。

花鰹(一掴み)は乾煎りし、胡桃(一掴み)は軽くローストします。一手間ですが、花鰹はパリパリになります。手でもんで更に細かくし、胡桃もローストすることで香りが良くなります。

e0351091_2235952.jpg

よく洗って水気を切った蕪の葉っぱは5ミリほどに切り、胡麻油で炒めます。しんなりしたら、酒(大匙1)、みりん(大匙1)、醤油(小匙2)で調味。水分が大匙1杯くらいになったら、花鰹、粗みじん切りの胡桃、炒った白胡麻(大匙1)を加え、一混ぜしたら出来上がり。

箸休めや、ご飯のお供、お弁当にも向いています。

e0351091_2242171.jpg

その他の献立は湯通しした青柳と胡瓜と若布の生姜を入れた酢の物。

e0351091_2243368.jpg

そして、この秋3回目の秋刀魚の塩焼き。クッキングペーパー(パーチメントペーパー)を二重に敷いたフライパンで焼きました。3回目にしてやっときれいな焼き上がりになりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-10-23 02:25 | レシピ | Trackback | Comments(2)

チョコレートチップ・クッキー

10月の最後の日曜日は合唱団の6回目の定期演奏会です。

練習も最後の追い込みに入りました。一生懸命歌った後にはやはり甘いもの、と思いチョコレートチップ・クッキーを焼きました。

ケーキだと2個焼かなくてはいけないので、クッキーを50数枚、時間のある週末に焼いて冷凍しておきました。

e0351091_2533158.jpg

レシピは以前のブログのここ⭐️を参考になさってください。

今回はLindtのカカオ分85%のビタースイーツ、残っていたオーガニックのチョコレートなど、本のレシピ通り以前の約倍、全部で約340gの板チョコを小指の先の大きさに切って使いました。

e0351091_2534717.jpg

チョコレートチップ・クッキーはチョコレートの良し悪しが大事なので、質の良いものをお使いください。

このクッキーは紅茶やコーヒーとも合いますが、牛乳ともとてもよく合います。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-10-21 02:54 | レシピ | Trackback | Comments(10)

銀ダラとミニトマトのパピヨット

とりあえず塩麹につけておいた銀ダラの切り身。和風にするか洋風にするかしばし考えました。

塩麹につけた魚はグリルやソテーにすると焦げやすいので、ミニトマトとバジル、レモンでパピヨットにしてみました。

本来は鮭ですが、銀ダラもとても美味しくできました。

ミニトマトはそのままでも良いのですが、皮が破れるくらいオリーブオイルで炒めた方が一層美味しくなります。

e0351091_2143577.jpg

レモンの薄切りとバジルと一緒に450−475度F(230−240度C)に温めたオーブンで10分ほど。(私はオーブントースターを使いました。)フォイルを開けてから新たにフレッシュなバジルを彩りに添えました。

付け合わせは茄子のグリル。縦にスライスした茄子は、今回はオリーブオイルが染み込むようにわざと塩水にはつけずにグリル。最後にバルサミコ酢をかけていただきます。

e0351091_2145117.jpg

副菜はモロッコいんげんのバター炒め。茹でてからアーモンドスライスと一緒に炒めます。

ナッツと隠元、なかなか相性が良いです。

銀ダラがオーブンに入っている間に他のものを作ることができるので、2人分なら全部で30分もあれば出来上がる夕食です。(次の日のお昼用に二人分作りました。)


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-10-19 02:15 | レシピ | Trackback | Comments(6)

鯛の昆布締め丼 & 柿と柘榴の酢の物

時々無性にお寿司が食べたくなります。もともとレストランに一人で行くのは好きでないし、お寿司屋さんに一人で予約して行くのはもっと躊躇します。

仕方なく、一人で作って一人で食べることになります。

e0351091_2345991.jpg

一晩昆布で締めた鯛を炒り白胡麻を加えた寿司飯に乗せて丼に。さっと湯がいた三つ葉を散らしました。鯛は最初に塩締めしてから昆布で締めるので、しっかり味がついています。

e0351091_2351377.jpg

友達からいただいた貴重な御所柿はくりぬいて器にし、ざくろと一緒に酢の物。くりぬいた柿は指先大に切り、みりんに漬けておきます。ほぐした石榴と少量の酢を加えて。味醂が入るので砂糖は使いません。

貝割れをさっと湯がいて緑を添えました。

e0351091_2353064.jpg

出始めた小松菜は芥子和え。

秋らしい美味しい夕食で、久しぶりのお寿司に満足しました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-10-17 02:36 | レシピ | Trackback | Comments(8)

ハーブ風味の骨つきチキン オーブン焼き

私のブログの料理タグを見ると、自分の好みがよくわかります。

一番多いのが野菜料理とシーフード。肉類の中では鶏肉が多く、次に豚肉、そして牛肉です。鶏、豚、牛を全部合わせてもシーフードの半分。いかに私がさっぱり系が好きか、ということがデータからも裏付けられます。

肉類の中ではさっぱりした鶏肉ですが、骨つきのもも肉は食べ応えがあります。

その骨つきにパン粉、パルミジャーノ・レッジャーノ、ハーブ、ガーリックを加えたものを塗って、オーブン焼きにしました。

e0351091_2454397.jpg

以前にもレシピを載せたので、レシピはここ⭐️を参考にしていただきますが、今回はバターではなくオリーブオイルを使ってみました。また、エシャロットがなかったので、青葱の白い部分を代わりに使いました。

途中、焦げそうだったらアルミホイルをふわっとかけてください。そして、鶏肉はできたらオーガニックのものを。美味しさが違います。

鶏肉と一緒にパプリカをローストして付けあわせに。

e0351091_2455847.jpg

サラダはニンジンとリンゴ、パクチー、ドライクランベリーでヨーグルトのドレッシングです。

オーブンで約1時間と時間はかかりますが、骨つきチキンはご馳走甲斐があります。余ったら次の日にサンドイッチにしたりサラダにしても美味しいです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-10-14 02:47 | レシピ | Trackback | Comments(8)

南瓜のコテッジパイ(シェパーズパイ)

何気なく買っておいた牛のひき肉。何にしようかと考えていて、ふと、シェパーズパイ(Shepherd’s pie)を長らく作っていないことに気づきました。

でも、じゃが芋がありません。そこで、じゃが芋の代わりに4分の1ほど残っている南瓜を利用することを思いつきました。

シェパーズパイ(ラムやマトンのひき肉を使用)、またはコテッジパイ(Cottage pie:牛ひき肉を使用)はイギリス料理で、元はローストビーフやローストラムで残ったお肉の再利用として考えられた、シンプルで経済的な家庭料理です。

もう何年も作っていないので、元のレシピは忘れてしまいましたが、イギリスに住んでいた35年近く前を思い出しながら、なるたけシンプルに作ってみました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_2464090.jpg

南瓜が甘いので、ひき肉と合うかどうか心配したのですが、かなり美味しくできました。シンプルなひき肉の調味が功を奏したようです。

e0351091_246553.jpg

サラダはアボカドとトマト。アボカドは角切りにし、ライムのゼストと汁、塩胡椒、オリーブオイルのドレッシング。トマトをスライスして皿に敷き、その上にアボカドとタラゴン、ソレル、香菜を散らしました。

e0351091_247774.jpg

南瓜が美味しくなるこの季節、上に楽しいデコレーションを施せば、ハロウィーンにも最適ですので、ぜひお試しください。


南瓜のコテッジパイ(シェパーズパイ)
材料 (二人分)


南瓜  中1/4個
牛ひき肉  220−250g
玉ねぎ  中1/2個
冷凍グリーンピース  大匙3 (私は冷凍枝豆を使用)
サラダオイル  適宜
塩胡椒  適宜
ナツメッグ  適宜
ローズマリー  適宜
パルミジャーノ・レッジャーノ  摩り下ろして大匙2
無塩バター  大匙1/2
生クリームまたは牛乳  大匙2−3

南瓜は一口大に切り、電子レンジに2分かける。手で触れるようになったら皮をむき、南瓜が3/4ほど隠れるくらいの水で柔らかになるまで煮る。
ほとんど水が無くなりますが、水が残っている場合は水を捨て、空炒りして水分を飛ばす。

玉ねぎのみじん切りをサラダオイルで炒め、火を強くして牛ひき肉を炒める。(ひき肉は弱火で炒めると水分が出るので、ここは必ず強火。)

冷凍グリーンピースをそのまま加え、塩胡椒、スパイス類を加えて更に少し炒める。
最後にすりおろしたチーズを加えて一混ぜする。
バターを塗ったオーブンプルーフの皿に敷き詰める。

水分を飛ばした南瓜はマッシャーで潰し、バターと生クリーム(または牛乳)を加える。

ひき肉の上にマッシュした南瓜をのせ、表面を綺麗にならして、フォークでスジをつける。

400度F(200度C)に温めておいたオーブン(私はオーブントースターを使用)の中段で15分焼く。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-10-12 02:48 | レシピ | Trackback | Comments(4)