やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レシピ( 536 )

バースデーケーキは苺のショートケーキ

ちらし寿司をいただいた後はお待ちかねのデザートです。

何日も前から苺のショートケーキ、と決めていました。タルトも少し考えたのですが、バタースポンジケーキの方が使うバターの量が半分ですみます。

e0351091_04194814.jpg
そして、春といえば苺。知野ファームの苺がまだだったのが残念でしたが、カリフォルニア州で採れたオーガニックの苺はアメリカにしてはまぁまぁの甘さです。

e0351091_04200532.jpg
お陰様で大好評。半分を5人で分け、残りはまた5等分してお持ち帰り。

e0351091_04202061.jpg
甘さ控えめなので、苺が酸っぱく感じません。それでもケーキとして十分な甘さがあります。

皆の心の温かさがあるからこそ、言いたいことを言い合える貴重な友達。そういう友達がいることを本当にありがたいと思った1日でした。


苺のショートケーキ
バター・スポンジケーキ
レシピ:Julia Child 「Mastering the Art of French Cooking」より
材料 (22.5センチの丸いケーキ型:底が抜けるタイプ) 

バター 55g
たまご 4個 黄身と白身に分ける
砂糖  100g と大匙2
ヴァニラエッセンス  小さじ2
塩  少々
小麦粉 100g ふるいにかける

1.オーブンを175度C(350度F)に温めておく。

2.型 にバターを塗り粉をはたいておく。(分量外)

3.バターを溶かして冷ます。

4.卵の黄身に砂糖100g を少しずつ入れながら泡立てる。泡だて器ですくってたらした時にきれいなリボンのようになるまで泡立てる。ヴァニラエッセンスを入れる。

5.卵の白身に塩少々入れて硬く泡立てる。砂糖大匙2を入れて混ぜる。

6.卵の黄身と砂糖の中に5の白身を1/3混ぜる。完全に混ぜないうちに粉の1/3を入れてかき混ぜる。これを白身と粉がなくなるまで繰り返す。(白身の泡がつぶれないようにゴムベラで手早く、切るように混ぜる。決してかき混ぜすぎないように注意する。)

7.バターを半分入れかき混ぜ、更に残りを入れる。(白いミルキーの部分は入れない。)

8.型に流し、オーブンの中段に入れ、30-35分焼く。

9.竹串を中央に挿して何もついてこなかったら出来上がりなので、オーブンから取り出し、そのまま6-8分置く。

10.ケーキが少し縮んだら、ナイフを型とケーキの間に入れて、ケーキラックの上に取り出し、完全に冷ます。

その他の材料
生クリーム  250ml
粉砂糖  大匙2
ヴァニラエッセンス  小匙1
苺、キウイ、ブルーベリー 適宜


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog



by Mchappykun2 | 2019-02-20 04:23 | レシピ | Comments(8)

友達のお誕生日祝いのランチはちらし寿司

いつもの仲間の一人のお誕生日をお祝いして、我が家でランチを開きました。

体調不良で元旦のお祝いにいらっしゃれなかったお二人のために、そして、もうじきひな祭りということもあり、ちらし寿司をお節料理のように一人一人茶懐石用の小さなお重に詰めました。

e0351091_04032518.jpg
酢飯には薄味に炊いたかんぴょうと人参、甘辛く煮た干し椎茸、白ごまを混ぜます。その上に酢蓮。錦糸卵をたっぷり(一人1個半の卵を使用)。丸のままの甘辛く煮た干し椎茸。ゆで海老の甘酢漬け、マグロの炙り漬け、一晩昆布締めにした平目はわさび菜を巻いて。塩茹でしたラピニとイクラをのせて出来上がり。

e0351091_04034169.jpg
見た目も華やかに仕上がりました。

お吸い物はハマグリ。昆布出汁と酒だけの調味です。昆布とハマグリから出る自然の塩分だけで十分です。

e0351091_04035777.jpg
金沢から買ってきた豆ふと結び三つ葉を添えて。

副菜はほうれん草のおひたし。知野ファームで求めた茎の短いほうれん草は甘みがあり、濃厚な味がしました。

e0351091_04041687.jpg
茹でて水に取って絞り、3センチほどに切ったほうれん草に醤油、みりん、酒(ほぼ同量:醤油は心持ち少なめ)にその倍量のごま油を電子レンジで30−40秒温めます。熱いうちにほうれん草にかけてまぜます。器に盛ってから、削り節、刻み海苔、半ずりの白胡麻をかけます。

キッコーマンのサイトからのレシピですが、ひと味違った美味しいおひたしです。普通のお浸しに飽きたら、是非お試しください。

あとはサラダ感覚の白菜の切り漬け。(レシピは下に書きました。)

e0351091_04044173.jpg
知野ファームの白菜は甘く、シャキシャキと歯ごたえが良く、とても美味しかったです。

お寿司につきものの生姜の甘酢漬け。日本食料品店で売られていた新生姜は皮をこそげとり、薄切りにして水に10分漬けて灰汁を抜きます。その間に甘酢を作っておきます。

e0351091_04045655.jpg
飲むりんご酢(約100ml) 、米酢(20-30ml)、オーガニック砂糖(約小匙1)、塩(小匙1/4)を混ぜておく。(調味料は味を見ながらご自分の舌で確認してください。)あく抜きした生姜を30秒茹で、ざるに取り、熱いうちに甘酢に漬ける。

e0351091_04064246.jpg
獺祭の一升瓶を抱えてきてくださったお誕生日ガール。とても美味しいお酒でした。

ちらし寿司は色々な種類のものを作るので案外手間がかかります。お二人には朝10時から手伝ってもらい、なんとかお昼に間に合わせることができました。

食べて、飲んで、お喋りをして、本当に本当に楽しい会でした。一晩経った今朝、この記事を書きながら昨日のことを思い出して幸せな気持ちになっています。

バースデー用のデザートのご紹介は次回に。


白菜の切り漬け
レシピ 婦人乃友社編 「おいしい漬物」参考
材料
白菜 500g
塩 10g
柚子 半個分 皮を角切り
昆布 15cm 細く切る
鷹の爪 1本 種を取って薄い輪切り

白菜はよく洗って水気のあるうちに3センチ幅のざく切りにする。
塩をまぶして卓上漬物器で漬ける。2時間ほどすると水が上がってくるので、水気を絞る。水分は捨てる。
柚子、昆布、鷹の爪を加えて混ぜる。あれば柚子の汁も加える。
再び漬物器で1回目より少し軽めに調節して漬ける。
水分が上がってきたら、一度かき混ぜ、軽い押しをして冷蔵庫で食べるまでおく。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog



by Mchappykun2 | 2019-02-18 04:10 | レシピ | Comments(10)

モロッコ風魚のオーブン焼き&クスクス・サラダ

淡白な白身魚、rockfishという魚のフィレを買ってきました。ロックフィッシュとは名前の通り、岩場で獲れる魚の総称のようです。

淡白なので少しパンチのあるモロッコ風のスパイスにマリネして、オーブンでベイクしてみました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_03140975.jpg
付け合せのサラダはクスクス。

パッケージの手順に従ってクスクスを調理し、ドライフルーツ、ミニトマト、ミニパプリカ、パセリ、オリーブ、アーモンドスライス(軽くロースト)と一緒に。

ドライフルーツの甘さ、オリーブのしょっぱさ、アーモンドの香ばしさがあいまった美味しいサラダです。

e0351091_03142677.jpg
この両方に添えたのがヨーグルトソース。これがとても合いました。本来はミントを入れるようですが、冬のこの時期にフレッシュなミントは手に入りにくいので、パセリで代用しました。

魚もサラダもとても美味しくできました。残った魚は次の日のサンドイッチに。

モロッコは昔(40年近くも前のことです。)行こうと思ってツアーに申し込んだものの結局行けなかったところです。エキゾチックなモロッコへの片思いは今でも続いています。

外務省の「海外安全ホームページ」では「十分注意してください」の危険度レベル1。多分もう訪れることはないでしょうから、せめてモロッコ風の食事を楽しみましょう。


モロッコ風魚のオーブン焼き
材料 (二人分)

白身魚のフィレ 大2枚、または小4枚
塩レモン 小匙1
すり生姜 小匙1
コリアンダー粉、ターメリック粉、オールスパイス、クミン、カエンヌペッパー 各小匙1/2
シナモン粉 小匙1/4
胡椒 適宜
オリーブオイル 適宜

塩レモン、生姜、スパイス類をビニールの袋に入れて混ぜ、魚を30分マリネする。

オーブンを200度C(400度F)に温めておく。耐熱皿に薄くオリーブオイルを塗り、魚を乗せ、オーブンで約7分ベイクする。

ヨーグルトソース
プレーンーグルト 大匙3−4
塩レモン 小匙1/2ー1
パセリのみじん切り 大さじ1
胡椒 適宜

上記の材料を混ぜる。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-02-15 03:20 | レシピ | Comments(10)

鶏手羽と大根の煮物

最近日本食料品店では立派な大根が安く売られています。日本では当然のことかもしれませんが、アメリカで質の良い大根が手に入ることはあまりないので、つい嬉しくてしょっちゅう食卓にのせています。

さて、この日は鶏手羽肉と一緒に甘辛く煮込んでみました。

e0351091_04154928.jpg
詳しいレシピは下に書きましたが、沖縄出身の友達からいただいた黒糖のおかげで、コクのある煮物になったと思います。二人分作ったので、次の日のお昼にもいただきましたが、それもまた味がしみて美味しかったです。

手羽の先っぽを煮出してスープにできるので、手羽はお得感があります。

e0351091_04161474.jpg
ミニトマトとベビースピナッチを加えました。ベビースピナッチはアクがでないので、そのままスープに入れることができ便利です。

e0351091_04163686.jpg
ジャコと大根おろし、大根の皮と生姜の即席漬け、ラピニの昆布締めも添えて、いつのまにか5品。栄養たっぷりの夕食でした。

鶏手羽と大根の煮物
材料 (二人分)

鶏手羽肉  手羽元、手羽中、手羽先がつながっているもの7−8本
大根 中 12−15cm
酒 100ml
みりん 約小匙2
黒糖  親指の先くらい (黒糖がない場合は砂糖)
醤油  約大匙1
たまり醤油 約小匙1/2
貝割れ大根 適宜

1.大根は2−3センチの厚さに切り、皮をむいてイチョウ型に切る。耐熱皿に乗せてラップをかけ、電子レンジに4−5分かける。

2.鶏手羽肉は関節のところで、三つに分け、先っぽはスープにする。

3.手羽元と手羽中を油を引かずにフライパンで焼き色をつける。

4.同じフライパンに大根も加えて両面に焼き色をつける。

5.酒、同量の水、黒糖、醤油を加え一混ぜして紙蓋を乗せ、さらに蓋をして弱火と中火の中間くらいの火加減でアクを取りながら約30分コトコト煮る。途中何度かひっくり返す。

6.汁が少なくなって、鶏肉が煮えたら、たまり醤油を加えて一混ぜし、火を止める。

7.器に盛ってから貝割れ大根を散らす。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-02-13 04:19 | レシピ | Comments(4)

春らしいお刺身サラダ

昨年の11月以来ご無沙汰していた知野ファームをやっと訪れることができました。冬は他の季節に比べると種類が少なく、また最近は雨ばかり降っていたせいもあり、思ったような野菜はなかったのですが、それでも綺麗な野菜をいくつか買うことができました。

知野ファームの後は”鹿児島フェアー”を催していた日本食料品店へ直行。カンパチのサクを買ってきました。

塩締にして半分はお刺身。残りの半分は知野のお野菜でサラダに。

e0351091_06140815.jpg
レタス、ラディッキョ、紫カリフラワー、ルッコラの花。春らしいお刺身サラダになりました。

ドレッシングはレモン汁、醤油、オリーブオイル、”Yuzu Sco”。友達からいただいたYuzu Scoは柚子胡椒ほど辛くはなく、でも柚子の香りとピリッとした辛さで、液体なので使いやすく重宝しています。

温かなものも欲しいので、丁寧に取った濃いめの鰹出汁を吸い物加減に調味し、水切りした豆腐を手で崩しながら加え、水溶き片栗粉でとろっとさせました。

e0351091_06143076.jpg
すり生姜と刻み海苔をたっぷり添えて。どこかにあるのかもしれませんが、自分で思いついて作ったので、名無しの椀ものです。

e0351091_06145127.jpg
使ってしまわなければならない春菊を冷蔵庫で見つけたので、胡麻よごし。

三寒四温のこの頃、春と冬が同居した和の食卓でした。

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-02-11 06:17 | レシピ | Comments(6)

アスパラとジャガ芋のクリームスープ&グリルした鮭・フェンネルとリンゴのサルサ添え

メキシコ国境に車で20−30分のサンディエゴにはメキシコで採れた野菜類がたくさん出回ります。

メキシコ産の新鮮で立派なオーガニックのアスパラガスを見つけました。1ポンド(450g)の束が約5ドル。メキシコ産はお財布に優しいのです。

一人では悠に3回分あるので、1回はジャガ芋と一緒にクリームスープにしました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_03552533.jpg
メインは鮭のグリル。塩胡椒の他にフェンネルシードを振りかけて、香りを出しました。

e0351091_03554231.jpg
付け合せはフェンネルとリンゴのサルサ。薄切りにしたフェンネルと葉っぱ、皮付きのままのリンゴの角切り、レモン汁、塩胡椒、オリーブオイルでマリネしておきます。

サラダのようなサルサが鮭に合いました。

アスパラガスとジャガ芋のクリームスープ
材料(二人分)

アスパラガス 中 7−8本
玉ねぎ 中 1/4個 粗みじん切り
バター 大匙1弱
ジャガ芋 中 1個 皮をむいて角切り
生クリーム 約100m
l塩・白胡椒  適宜

1.アスパラガスは根元の方を折り、残りは皮をむき、穂先は3センチくらいに切り、後は2センチに切る。

2.根元と皮(お茶袋に入れる)がかぶる程度の水を入れて10分程煮出す。

3.残りのアスパラガスを加えて、さらに1分ほど煮る。皮と根元は取り出して捨て、汁とアスパラに分けておく。

4.鍋にバターを入れて玉ねぎを炒める。

5.アスパラを茹でた汁を加え、沸騰したらジャガ芋を加える。ジャガ芋が柔らかになったら取っておいたアスパラを加え、少し煮る。

6.粗熱が取れたら飾りのアスパラの穂先を残し、残りをブレンダーにかける。

7.鍋に移し、火を入れ、生クリームを加える。

8.皿に盛って、アスパラの穂先を飾る。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-02-09 03:58 | レシピ | Comments(4)

塩レモンでマリネした鰈のムニエル

「週4日は魚を食べなさい。」というお医者さんの言いつけを守って、なるたけ魚料理を食卓に載せるようにしています。

新鮮で種類が豊富なら毎日でも食べたい魚ですが、アメリカではままならず。それでも昨日はsole(鰈)の新鮮なフィレがWhole Foodsで売られており、買ってきました。

子供の生徒を教えた後、夜の合唱の練習を前に簡単に作ることのできるムニエルにしました。

e0351091_04094810.jpg
塩レモンとオリーブオイルに10分ほどマリネし、少量の小麦粉をまぶしてオリーブオイルでソテー。潰したケイパーを散らして、ソテーした後のフライパンの余分な脂を取り、白ワインでソースを作ります。

ケイパーを潰すアイディアをくださったのはjugonさんです。切るのでなく、潰すことで一味違うケイパーの味が引き出されたように思います。

jugonさん、ありがとうございました。

ちなみに日本ではケッパーというようですが、アメリカではcaper, ケイパーと私には聞こえます。

サラダにはこのところ美味しくなってきた地物の苺をたっぷり使いました。

e0351091_04100932.jpg
ベビースピナッチ、苺、ローストした胡桃、お湯で柔らかにしたドライのチェリー、スキムしてあるリコッタチーズにバルサミコ酢をかけて。

苺の赤は食卓を一気に春にしてくれました。

この冬のサンディエゴは珍しく雨が多いのですが、今朝は久しぶりに朝から青空が広がりました。その代わり気温も下がり、朝7時は4度しかありませんでした。

e0351091_04114362.jpg
でも太陽が顔を出せば気温は急に上がり、9時には10度になりました。やはり青空は気持ちが良いです。今日は海の色が濃いブルーです。

e0351091_04115703.jpg
Hawthorn(山査子)の花も一気にほころびました。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-02-07 04:21 | レシピ | Comments(6)

粉なしチョコレートケーキ

少し前からこのチョコレートケーキが食べたくなり、友達が来るのを機会に作ることにしました。

もう直ぐバレンタインデーでもありますし、トリュフチョコレートをそのままケーキにしたようなこのケーキ、是非お作りになってみてください。

e0351091_03193420.jpg
ほとんどチョコレートだけの甘さで、一緒に食べた苺が酸っぱく感じません。

e0351091_03195156.jpg
そのままでも美味しいのですが、フルーツ系のソースを添えると華やかになり、さっぱりと一層美味しくなります。

前のブログにはレシピが載っていますが、こちらの方には載っていませんので、下に書きました。

e0351091_03201388.jpg
このところ大雨が続いているサンディエゴですが、ちょうど晴れ間の覗いたこの日は、海辺のレストランで友達と昼食。

e0351091_03203091.jpg
e0351091_03204306.jpg
ローストしたビーツとブルーチーズの前菜、トマトとサフラン味の魚介類のシチューを楽しみました。

その後我が家にいらしていただいて、上記のチョコレートケーキをデザートにおしゃべりを楽しんだのでした。

粉なしチョコレートケーキ
レシピ:David Levobitzさんのチョコレート・プルーンケーキを参考にしてアレンジ
材料(8インチ:20センチのケーキ型)

プルーン* 150g 粗みじん切り
ラム酒  80ml弱
砂糖  小匙2

チョコレート 300g  (ビタースィート、私はLindtのカカオ70%を使いました。)粗く砕いておく。
無塩バター  大匙10 角切りにする
卵  大5個 黄身と白身に分ける
塩 一つまみ
砂糖 大匙2½
* プルーンでなく他のドライフルーツでも良い。

1.プルーンとラム酒、砂糖を火にかけ、弱火で水分がほぼ蒸発するまで煮て、蓋をして冷ます。

2.オーブンを325度F(165度C)に温める。

3.ケーキ型にバター(分量外)を塗り、小麦粉またはココアの粉(分量外)をかけ、余分な粉類ははたいておく。

4.大きなボウルにチョコレート、バターを入れ、湯煎にしてスムーズになるようにかき混ぜる。火からおろしてプルーン、鍋に残っているラム酒を入れてかき混ぜる。

5.卵の黄身を4に入れてかき混ぜる。

6.別のボウルに卵の白身を塩と一緒に固く泡立てる。砂糖を3回に分けて入れ、角が立つようによくかき混ぜる。

7.白身の1/3を5に入れ、ゴムベラでかき混ぜる。残りの白身を入れて泡を潰さないようにかき混ぜる。かき混ぜすぎないように注意する。

8.ケーキ型に入れ、オーブンの中段に入れ、30分くらい焼く。表面がひび割れ、真ん中に串をさして少しついて来るくらいでちょうど良い。

ブラックベリーソース
ブラックベリー  1パック(170g)
砂糖 ブラックベリーの重さの1/4-1/3
ラム酒 小匙1-2

ブラックベリーと砂糖をまぶし、砂糖が溶けたら、火にかけ、泡やあくを取りながら15-20分弱火で煮る。裏ごしして、種を取り除く。ラム酒を加える。

種無しのブラックベリーかラズベリーのプリザーブ(1/2カップ)に、水(大匙1)を加えて火にかけ、スムーズにして、ラム酒(大匙1)を加えても良いです。

崩れやすいので、ナイフを熱いお湯に漬けて拭いてから切ると、うまくいきます。

このケーキは室温で3日、冷凍すれば2ヶ月もちます。

ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-02-04 03:24 | レシピ | Comments(10)

練り味噌を使って四品

アメリカの中西部から東にかけては記録を更新するほどの低温が続いています。シカゴでは零下25.5度C。ウィスコンシンのマディソンでは体感温度が零下 44.4度Cの歴史的な気温になりました。

日本でも寒い日が続いているようですが、いかがお過ごしでしょうか。

寒い地域にお住いの方には申し訳ないほど、サンディエゴは暖かです。朝の8時現在で13度C。今日は18度まで上がる予報です。

元気の良い子供たちは私のレッスンに半袖でやってきます。家の中の方が寒いくらいで、私は暖かなセーターを着込んで、首にはマフラーといういでたちですが。

さて、またまたブログの更新を怠っていましたので、最近三日間の夕食をまとめてご紹介します。この三日間に共通しているのは練り味噌を使った一品を作ったことです。

練り味噌は作っておくととても便利です。

今回は白味噌と赤味噌を1:3の割合にしてみました。白味噌と赤味噌(両方合わせて3/4カップ)、卵の黄身(1個)、酒(1/2カップ)、砂糖(1/5カップ)をすり鉢であたり、良くかき混ぜながら、根気よくお味噌の固さになるまで火を通して練り上げます。砂糖を減らして、味醂を加えても良いですし、分量はお好きな量に変えて大丈夫です。

最初はふろふき大根。最近の大根はえぐみがないので、私は下茹でしません。面取りをし、片面に十字に切り込みを入れ、昆布を敷いた中でじっくり柔らかに煮ます。友達から庭でなったという柚子をいただいていたので、皮をたっぷり散らしました。

e0351091_03290689.jpg
メインは烏賊のぽっぽ焼き

烏賊のゲソは茹でて三つ葉と酢味噌和え。練り味噌に米酢を加えた衣です。(この三つ葉は別のお友達から自家製をいただきました。)

大根の皮は生姜と醤油でさっと煮ました。(正方形に切った大根の皮と醤油、千切り生姜を混ぜて、水分が出てきたらさっと煮ます。)

次の日は里芋の味噌煮。

e0351091_03292392.jpg
里芋も下茹でしません。皮をむいて半分に切った里芋を塩でこすり、洗い流します。冷たいだし汁で紙蓋をして煮、少し柔らかになったところで少量の醤油と砂糖を加えます。最後に練り味噌を加え、柚子の皮を散らします。

最後はいんげんの味噌和え。茹でたインゲンを酒でのばした練り味噌で和えました。

e0351091_03294270.jpg
この日のメインは鰯の万年煮。珍しくアメリカのスーパー、Whole Foodsで売られていたローカルの新鮮な天然ものです。

先日日本食料品店で日本からの直輸入の鰯が売られていました。1尾20センチくらいの大きなものでしたが、なんと6ドル以上もするのです。幾ら何でも鰯1尾に6ドルも出す気がせず、買いませんでした。

Whole Foodsでは小中取り混ぜて7尾で3ドルちょっと。リーズナブルなお値段です。

鰯は頭と内臓、尻尾を取り、氷水で洗い、半分に切り、水分を拭いてうす塩を振って30分くらい置きます。塩を洗い流し、水分をふきます。だし汁(1/2カップ)、醤油と酒(各1/4カップ)、梅干し(1個)を火にかけ、沸騰したら鰯を加えて、紙蓋をして煮ます。途中煮汁をかけながら、煮汁が少なくなるまで中火でコトコト。

梅干しは臭みを取るためですが、自家製梅干しは美味しい。梅干しの味も鰯に染み込んでいました。

もう一品は柚子釜。大根と人参と自家製干し柿のなますを詰めてみました。

いりごまを擦り、ゆずの汁、少量の砂糖と醤油を加えて。白醤油だったら色がつかずに良かったのですが、生憎切らしていました。

こうやって書いていると、最近の食卓は和風ばかりだと気がつきました。和風はやはり私にとっては飽きのこないホッとする食べ物なのですね。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


by Mchappykun2 | 2019-01-31 03:34 | レシピ | Comments(12)

最近の夕食から和食三品

この数日グログの更新をサボっていました。怠っていたというより、単純になんとなく忙しかったのです。

でも、その間もちゃんと夕食は作っていましたので、今日はここ数日のメインの写真だけをご紹介します。

まずはマグロの漬け丼。

e0351091_03573161.jpg
串に刺してマグロを直火で炙り、煮切り醤油に漬けて30分。この煮切り醤油は前にもご紹介したことがありますので、ここ⭐️を参考になさってください。

普通の鉄火丼より私は好きです。

丼続きで親子丼。ほんの少し火が通り過ぎました。

e0351091_03575616.jpg
このレシピも以前のここ⭐️ご覧ください。短時間で作れる私のお助けレシピです。

ある日は牛肉と里芋とシメジの煮物。これは小林カツ代さんのレシピ。

e0351091_03584006.jpg
肉じゃがの里芋ヴァージョンです。シメジが入るので格上のお惣菜という感じがします。ほっこり煮た里芋が美味しく、いくらでも食べられます。

12月に比べると少し日が長くなってきました。短くなっていくより、長くなっていくほうがやはり嬉しいものですね。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-01-24 04:00 | レシピ | Comments(14)