やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

鴨ロース

金曜日の午後、日本食料品店を2軒はしごしたのですが、思うような魚類を見つけられず、鴨胸肉を買ってきました。

和風にしたいと思いましたが、私が持っている料理本「京味」の十二ヶ月も野崎洋光著「日本料理の基礎技術」に載っているレシピもなんとなく気が進まず、ネットで調べてみました。

その結果行き着いたのが「みんなのきょうの料理」に載っていた村田吉弘さんのかもロース

だいぶん前の話ですが、赤坂の菊乃井で村田吉弘さんの前のカウンターに座ったことがあります。豪放磊落な村田さんは、初めて顔を見せた私たち夫婦を相手に色々楽しいお話をしてくださいました。時には、そんなことまで初めてのお客さんに言ってしまって良いの?と思うような内輪の話まで披露しました。

村田さんの隣で修行中らしい若い方が、明らかに緊張した手つきで盛り付けをしていました。

そして、お会計を済ませて帰る時、村田さんは私たちが見えなくなるまで門の外で見送ってくださったのです。料理と共に忘れられない思い出です。

e0351091_03532094.jpg
一応私の備忘録として下に私なりのレシピを書きました。料理をしていて、ルッコラとみかんをグリルして添えることを思い立ちました。ルッコラの苦味とみかんの甘酸っぱさが鴨と合ったと思います。

e0351091_03533632.jpg
この日の副菜は青梗菜のおひたしと白菜の昆布茶和え。

鴨ロース材料(一人分)
鴨胸肉 (1枚)
みりん 35ml
醤油  35ml
日本酒  250ml
葱 5cm
みかん 1個
ルッコラ 適宜

みりん(35ml)、醤油(35ml)、酒(250ml)を半量になるまで煮詰める。

鴨の余分な脂肪を取り除き、皮目に細かく格子状に切り込みを入れる。

非常に熱くしたフライパンに皮目を下にして弱めの火でソテー。出てくる油はペーパータオルで吸い取る。上記の汁をかけながら、全体で8分ほど焼く。

鴨肉を取り出し、アルミホイルをかぶせて、少し休ませる。

でてきた肉汁と残りの汁をフライパンに加え、少し煮詰める。

その間にみかんを横半分に切り、グリルし、葱は千切りにして水にさらしておく。

鴨はそぎ切りにし、ルッコラの上に乗せ、ソースをかけ、白髪葱を添える。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
# by Mchappykun2 | 2018-12-11 03:56 | レシピ | Comments(0)

メカジキのグリル 西京味噌と柑橘類のソース添え

お魚が好きなので毎日でも食べたいのですが、なかなか新鮮な魚を買うことは難しく、しかも毎日買い物に行くこともできません。

それで、その日のうちに食べないお魚は味噌や塩麹に漬けておきます。

swordfish(メカジキ)のステーキをWhole Foodsで買い求め、味噌(赤味噌、酒、味醂)に半日漬け込みました。

味噌漬けにした時には和食をイメージしていたのですが、作る時になって急に趣旨替えをしました。

というのも、Mario Bataliのレシピ本を読んでいて、美味しそうなメカジキの料理に出会ったからです。

急にレシピを変えたので手持ちがなく、Mario Bataliのレシピとは遠く離れましたが、とても美味しくできたのでご紹介します。

さて、味噌漬けにしたメカジキの水分と余分な味噌を拭き取り、熱した魚網器でグリル。

e0351091_04274311.jpg
その間にソースを作ります。

九条葱(またはポロネギ)は千切りにし、さっと湯がいたらすぐに氷水に取り、水気を切っておきます。

オロブロンコ(またはピンクグレープフルーツ)のジュース、西京味噌、ライム(またはレモン)のゼストとジュース、オリーブオイルを泡立て器で撹拌し、均一にします。果物のいくつかのフサは薄皮をむいておきます。

メカジキに火が通ったら皿におき、上記のソースを周りにかけ、火を通した葱を魚の真ん中にのせ、果物を飾って出来上がり。

柑橘類の酸味と甘さと西京味噌がとても美味しいハーモニーを奏でてくれました。

友達からいただいたオロブロンコとライムも使うことができ、これならレストランでも出せるメニュー、と満足したお一人様の夕食でした。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog


[PR]
# by Mchappykun2 | 2018-12-08 04:30 | レシピ | Comments(8)

ロマネスコのオーブン焼き

スーパーで新鮮なロマネスコを見つけました。形と色が綺麗なので、生のままサラダにしようと思って買ったのですが、作る時になって気が変わり、オーブンで焼くことにしました。

というのも、メインを丸のままの魚のパピヨットにしたので、同じオーブンで焼けるものをと考えたからです。

ロマネスコは小房に分けてから更に縦に半分に切ります。耐熱皿に薄くオリーブオイルを塗り、切り口を下にして並べます。軽く塩胡椒した後、バターを小さくちぎって乗せ、240度C(475度F)のオーブンに入れて10分。

e0351091_03493418.jpg
生パン粉とすりおろしたパルメザンチーズ(2:1の割合)にレモンの皮のすりおろしを加えて上からかけ、更に5−6分。表面がきつね色になったら出来上がりです。

作りながら考えた料理ですが、とても美味しくできました。バターはパン粉の上でも良いかもしれません。また、カリフラワーでも美味しくできそうです。

e0351091_03494849.jpg
サラダはルッコラ、柿、柘榴、ゴルゴンゾーラ、ローストした胡桃。イチジクのバルサミコ酢をかけて戴きます。

e0351091_03500259.jpg
そして、メインはブランジーノのパピヨット。塩胡椒、レモン、ガーリック、鷹の爪、パセリ、白ワイン、オリーブオイルをかけて16分オーブンで焼きます。(詳しいレシピは以前のここ⭐️を参考にしてください。)

いつの間にか今年も1ヶ月を切りました。なんだかせわしない日々が続いていますが、しっかり食事と睡眠をとって今年の年末は風邪を引かずに乗り切りたいものです。



ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
# by Mchappykun2 | 2018-12-06 03:52 | レシピ | Comments(14)

ツナそぼろの三色丼

1合のお米を炊くと2ー3食分になります。丼だと少し多めに食べますから2回分です。

前の日のすし飯の残りで、次の日のお昼は三色丼にしました。

缶詰のツナをほぐして、酒、砂糖、醤油で汁けがなくなるまで箸でかき混ぜながら煎り付けます。

e0351091_03555730.jpg
人参は千切りにしてひたひたの水に少量の塩、砂糖、酢を入れて煮ます。

きゅうりは薄切りにして塩もみ。青味はなんでも良いのです。冷凍のグリーンピースや、絹さやの千切りの塩茹でなど、あるもので工夫してください。

冷蔵庫に入れておいた寿司飯は電子レンジで温めて。

これに炒り卵も加えて四色にし、昔、土曜日にあった娘の日本語補習校のお弁当によく作ったのを思い出しました。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog



[PR]
# by Mchappykun2 | 2018-12-04 03:57 | レシピ | Comments(8)

鯛の昆布締め丼 & 柿と春菊の胡麻和え

ラスヴェガスで美食の後はやはり和食が恋しくなり、日本食料品店へ走りました。

お刺身の種類はあまりなかったのですが、鯛の柵を買い求め、丸一日昆布締めにして丼に。

すし飯に炒った白胡麻を混ぜるのはsyunさんの以前のブログで教わりました。

e0351091_03460731.jpg
白胡麻の香ばしさとプチプチ感がとても美味しいです。

さっと湯がいた三つ葉と自家製酢取り生姜を添えて。

知野ファームで求めた葉付き生姜は皮をむいて熱湯に1分。熱いうちにたっぷりの塩にまぶしてさらに1分。塩を洗い流し水けを拭いて、水と酢3:7の割合のものにつけます。すぐに食べられます。

今回は結構ピンク色に染まりました。(これは10日ほど前に作っておいたものです。)

e0351091_03462695.jpg
少し大きめの柿が売られていたので、柿を器にして春菊と一緒に胡麻和えにしました。

e0351091_03464032.jpg
丼で余った鯛の昆布締めはとろろ昆布で翁和え。

やはり和食はホッとする美味しさです。どんなに贅沢で美味しい食事をいただいても、行き着くところは和食。日本人なのですね。


ご訪問ありがとうございました。

Top Food Blog

[PR]
# by Mchappykun2 | 2018-12-02 03:50 | レシピ | Comments(14)