やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

初夏の花たち

最後に降ったのがいつだったのか思い出せないほど何ヶ月も前に降ったきりの雨。こんなに乾燥した土地にも紫陽花は咲きます。

今までの3分の1を節水するようにという御達しが来たのは何年前だったのか。Cityからの伝達を守った家の芝生は枯れ、守らなかった家の芝生は今でも青々しています。

e0351091_02352723.jpg
守らなくともペナルテイーは課せられないようなのですが、芝生を見れば一目瞭然。その家の人たちの節水に対する姿勢が分かるというものです。私一人ぐらい、と1万人が思えば、考えただけでも恐ろしい無駄遣い。

もちろん、水やりがほとんどいらない庭に変えた人も沢山いらっしゃいます。

e0351091_02354633.jpg

水が足りないために以前の3分の1の大きさになった紫陽花が、今年も健気に花をつけました。

e0351091_02361400.jpg
南アフリカ原産のアガパンサス。アメリカ名はLily of the Nile。この名前の方が風情があります。青と白がありますが、我が家は白。

写真を撮っていると、ハミングバードが蜜を吸いにやって来ました。

e0351091_02363157.jpg
5cmで2gほどの小さな種類のハミングバードは1秒間に80回羽を動かすそうです。そして、時速54−79kmで飛ぶとウィキには書いてあります。

我が家にも何種類かのハミングバードが訪れます。我が家の花の中でハミングバードが一番好きなのはボトル・ブラッシュ。

e0351091_02365120.jpg
ほとんど終わりかけていて、蜂ばかりがブンブン飛んでいるので、刺されないよう早々に退散しました。

また何ヶ月も雨の降らない日が続きそうです。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
# by Mchappykun2 | 2018-06-20 02:40 | 季節 | Trackback | Comments(2)

中東風料理の会(続)  ♪苺とルバーブのタルト♪

モロッコ風のデザートを考えていて、最初に行き当たったのは「モロッコ料理のサイト」のルバーブのクランブルでした。

ルバーブは馴染みのない方も多いかもしれませんが、ヨーロッパやアメリカではよくジャムやタルトに使われます。

このクランブルにしようかと思っていた矢先、私のお気に入りのシェフ、David Lebovitzさんのブログに苺とルバーブのタルトがアップされたのです。

その美味しそうな写真を見て、この日のデザートが決まりました。

e0351091_02360651.jpg

苺はもちろん知野ファームから買い求め、自家製のクレーム・フレシュを添えて、とても美味しいタルトになりました。

お陰様で皆さんにも大好評でした。(レシピは下に書きました。)

e0351091_02363296.jpg
残ったタルトは皆でお持ち帰り。

作って、食べて、お喋りをして。11時頃から集まり、お開きになったのは5時近く。楽しくて時間が経つのを忘れました。楽しい時を共に過ごす友達がいることは、本当に幸せなことです。

苺とルバーブのタルト
レシピ:David Lebovitzさんのレシピを参考にしてアレンジ
材料(22センチの丸型1個、6−8人分)カップはアメリカサイズの250ml 全てオーガニックです

タルト 材料と分量は私がアレンジしました。
小麦粉  1 1/2カップ
砂糖  大匙1
海塩  小匙1
無塩バター  大匙9 (冷たいもの、冷凍庫に入れておいても良い)
卵の黄身 1個

フィリング
アーモンドプードル  大匙2
ルバーブ  380g (13oz) 1-1.5cmの幅で横に切る。
苺 300g (10oz)  ヘタを取り、縦に半分に切る。
レモンのゼスト 1個分
砂糖 100g
コーンスターチ 大匙1と1/2
溶かしバター  大匙1-1.5
ザラメ砂糖  適宜

1. 小麦粉、砂糖、塩をフードプロセッサーにかける。

2. 2cm角に切った冷たいバターを加えて、オートミールくらいの大きさになるまでフードプロセッサーにかける。

3. 冷たい卵の黄身をほぐし、3回に分けて加える。1、2回目は加えた後10秒フードプロセッサーにかける。3回目は生地がおよそまとまるまで。

4. ラップにとり、手でまとめて、直径20−25センチの円盤形になるように麺棒で伸ばし、ラップに包み冷蔵庫に30分入れる。

5. オーブンを400度F(200度C)に温める。

6. 冷蔵庫から出したタルト生地を麺棒で直径約35cmになるように伸ばす。(2枚のラップに挟んで伸ばすとやりやすいです。)

7. パーチメントペーパーを2枚鉄板の上に重ねておき、その上に丁寧に生地を乗せる。

8. 生地の上にアーモンドプードルを均等に散らす。

9. ルバーブ、苺、レモンのゼスト、砂糖、コーンスターチを混ぜる。生地に乗せる直前までこれらを決して混ぜないようにする。そうでないと余分な水分が出て扱いが難しくなる。

10. フィリングを生地の中央にこんもりのせる。(端を5−6cm 空ける。)端の生地をフィリングにかぶるように中に織り込む。

11. 生地の上に溶かしたバターを塗り、ザラメ砂糖をふりかける。

12. あらかじめ温めておいたオーブンの中段に入れる。35−40分、生地がきつね色になったら取り出す。

13. 鉄板の上に乗せたまま冷ます。(フィリングから汁が漏れでますが、ルバーブは冷えると固まってくるので、冷めるまで動かさないように。)

14. お好みのアイスクリームやクレーム・フレシュなどを添えてサーヴする。

*タルト型を使うと、フィリングの水分の行き場がなく、生地がべちゃべちゃになる可能性があるので、型を使わない方がうまくできると思います

*苺の代わりに他のベリー類を使うことはできますが、冷えると固まる性質のあるルバーブを使ってこそのタルトですので、ルバーブの代用は難しいです。

クレーム・フレシュ
生クリーム(超殺菌のもの) 220ml
プレーンヨーグルト 大匙2

生クリームにプレーンヨーグルトを混ぜ、蓋をして室温(22度C)に置く。8−12時間でトロッとしてくるので、再度かき混ぜ、冷蔵庫で保存。冷蔵庫で10日はもつ。



[PR]
# by Mchappykun2 | 2018-06-18 02:42 | レシピ | Trackback | Comments(10)

中東風料理の会

久しぶりに食いしん坊仲間4人でお料理の会を催しました。食べることが大好きな仲間が私の家に集まり、私が提供するレシピで、皆で作って食べ、材料費を皆でシェアーする不定期の会です。

先日モロッコ風鶏料理が美味しくできたのを口実に、久方ぶりに仲間に呼びかけました。

使った材料は全てオーガニックです。
e0351091_02425948.jpg

メインは決まっているものの、前菜やサラダ、デザートを何にするか、中東料理はあまり作ったことがないので、少しばかり頭をひねりました。

前菜はデーツのクリームチーズ詰。ホイップ状のクリームチーズにオレンジのゼストと汁を混ぜ込み、種を取って縦半分に切ったデーツの上に乗せ、ローストして粗みじん切りにしたピスタチオを散らしました。

e0351091_02401553.jpg
デーツはご存知のように、ラマダン(断食)の後、最初に口にするものです。中東では、オレンジの花やオレンジウオーターがよく使われるようですが、オレンジのゼストと汁で代用しました。

私の創作ですが、なかなか美味しくできました。デーツの甘さとチーズのほのかな塩加減、そしてオレンジの香りと緑のピスタチオが良い相性でした。

e0351091_02403415.jpg
メインは先日アップしたモロッコ風鶏肉料理。レシピは以前のここ⭐️を参考にしていただきますが、コクとスパイスの香りが相俟って、とても美味しいと大好評でした。

サラダはイスラエル・サラダ。何種類もの野菜を5ミリほどの小さな角切りにし、レモン汁、塩胡椒、オリーブオイルの簡単なドレッシングです。

今回使った材料は、紫玉ねぎ(1/3個)、トマト(1個)、胡瓜(小1本)、人参(中1本)、生の玉蜀黍(1本)、ラディッシュ(大3個)、ベビールッコラ(二把み)、ローストしたナッツ類(胡桃、アーモンドスライス、松の実、南瓜の種、それぞれ大匙2)、フェタチーズ(大匙3)、香菜(約20本のみじん切り)です。

e0351091_02405403.jpg

あり合わせの野菜類を数種類組み合わせれば良いのですが、個人的には、トマト、胡瓜、紫玉ねぎ、ルッコラ又はレタス、ナッツ類(手持ちのもので良いです。)は入れた方が良いと思います。

チーズはフェタかゴートチーズが合います。他の種類しか持ち合わせていないのでしたら、入れなくとも美味しくできます。


e0351091_02410968.jpg
そして、お待ちかねのデザートは、次回をお楽しみに。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
# by Mchappykun2 | 2018-06-17 02:47 | レシピ | Trackback | Comments(8)

ワンちゃん達の気持ち

全く友達ができない我が家のチャー君の唯一の友達はローちゃん。
e0351091_03152142.jpg
大きめのチャー君のベッド(元は先住犬ジョーイーのベッドでした。)に二匹で仲良くおやすみ。

でも、朝になるといつでもチャー君はベッドの外で、ローちゃんがベッドを占領しています。

e0351091_03154555.jpg
それを知った娘が早速ローちゃん用の旅行用ベッドを送ってきました。これで、自分専用のベッドで寝るかと思いきや。。。。

e0351091_03160727.jpg
e0351091_03162414.jpg
隣の芝生が青いのは犬の世界でも同じようですね。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
# by Mchappykun2 | 2018-06-15 03:17 | ペット | Trackback | Comments(8)

娘夫婦と和の食卓

旅行に行く娘夫婦が彼らのワンちゃんを預けに我が家にやってきました。

健康に問題がある娘の老犬はよそに預けるのが心配で、わざわざ飛行機で1時間半かけて私の所までくるのです。

彼らが来るとなんだか忙しい。空港まで迎えに行き、午後1時頃我が家へ着き、簡単にうどんのお昼を作り一息入れると、彼らが「映画を観に行こう」と言い出しました。

我が家から車で5分くらいのところにあるラグジュアリーな映画館で封切りになったばかりの「Ocean’s 8」をやっているというのです。こんな機会でないと私も映画を観に行かないので、一緒に行くことに。

5時前に家に帰り着き、娘に分からなかったコンピューターのことを聞いて、さて、夕食の支度です。

いつもは一人分ですからあっという間にできるのですが、3人分だとちょっと勝手が違います。なんだかんだと1時間以上もかかってしまいました。

1日前から昆布締めにしておいた鯛は翁和え。山椒の葉の香りが効いて、婿さんにも大好評。

e0351091_02420233.jpg
鯵の刺身は10分塩締めにしてから、酢で15分締めて削ぎ切りにし、板ずりの胡瓜と菊の花で、緑酢和え(皮ごと胡瓜をおろし、軽く絞り、煮切りみりんと米酢、醤油、塩の甘酢です。)

鮪のお刺身は2時間ほど(つまり映画から帰ってすぐに)塩麹に漬けました。

この日のハイライトは雲丹の茶碗蒸し。卵3個(186g)に対して鰹のだし汁800ml。卵の重さの4−5倍のだし汁というのが私の目安です。茶碗蒸しの出汁だけは鰹節で取ります。軽めに塩と醤油で味をつけ、茶碗には茶漉しで漉しながら入れます。

e0351091_02421651.jpg
中に雲丹を3切れ、蒸しあがってから(約8分)さらに生雲丹を二切れと三つ葉。三つ葉が煮え過ぎてしまいましたが、とろとろの美味しい茶碗蒸しになって、ほっとしました。

野菜類は生のビーツ、リンゴと茹でたビーツの葉っぱと酢の物。
e0351091_02423948.jpg
もう一品はインゲン、スナップエンドの味噌炒め。一旦硬めに茹でてから胡麻油で炒め、甘味噌を絡ませて大葉の千切りを加えます。

ご飯ものは蛸飯。syunさんのところで見た蛸飯を真似しようと思ったのですが、作るギリギリになって読んだので、半日干すところはできませんでした。

それで、自己流で蛸の足のすべての面に細かい十字の切り込みを入れてから指先大に切り、昆布、酒、醤油、みりん、生姜の千切りと一緒に炊飯器で炊き上げました。

e0351091_02425675.jpg
蛸が柔らかで、ご飯にも蛸の味がしみて、とても美味しく皆に好評で、やれやれでした。次回は忘れずに半日干し、半分の蛸はお米と一緒に炊き、残り半分は炊き上がってから入れてみましょう。

娘夫婦はワンちゃんを私に託し、翌日の早朝には出かけて行きました。

いつまでたっても娘は娘。それも私が元気でいるので甘えられるからでしょう。(婿さんは働き者で、夕ご飯の後片付けは全部彼がやってくれました。幸せな娘です。)


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

[PR]
# by Mchappykun2 | 2018-06-12 02:50 | レシピ | Trackback | Comments(10)