やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

2018年 05月 24日 ( 1 )

南カリフォルニアでミニ同窓会の一泊旅行  ー続編ー

レストランから帰ってきて、いよいよ本番開始。女性4人でシャンペンを飲みながらのお喋り大会です。

生ハムにクリームチーズを巻いたおつまみを作ってきた方。綺麗な渦巻き状です。クリームチーズもバジルを混ぜ込んだりの三種類でした。
e0351091_02383303.jpg
半分無くなっていますが、クリームチーズの味噌漬けもとても美味しかったです。
e0351091_02390009.jpg
知野ファームの甘いフレンチ・ストローベリーは私がその日にに買って行きました。そのほか何種類かのチーズ、プリンを持ってきてくださった方。生クリームもホイップして用意していました。

話はつきませんでしたが、若くもないので夜通し、というわけには行かず、午前1時頃には解散。クイーンベッド2台にキッチンと居間がついたスイートを二部屋とったので、ゆったりと休むことができました。

e0351091_02392444.jpg
翌日はホテルの無料の朝食をとり、その後は近くのラグーンを散歩しました。

e0351091_02393714.jpg
e0351091_02395426.jpg
季節によってはこんな植物が見られるそうです。上り下りの無い平坦な道をゆっくりと1時間ほど散歩して、ホテルの人お勧めのカールスバッドのダウンラウンでランチ。

e0351091_02402353.jpg
いかにもアメリカらしいカフェです。量が多かったので、二皿を4人でシェアーして丁度良い具合でした。

e0351091_02404409.jpg
ここでも話はつきませんが、ワンちゃんのお迎えやこれからロサンジェルスに帰る方々もいるので、3時過ぎに解散。

前回の記事で、高校同窓の同年代と書きましたが、4人中3人は同期で、しかも4人とも中学も同じです。クラスは一緒になったことはありませんが、6年も一緒だと顔は見知っています。

同時期に同じ学校にいた友人というのは、まるで家族のような親しさがあります。そして、同じ思い出の共有だけでなく、知的興味の方向や考え方の基本がよく似ています。

日本のこと、アメリカのこと、社会のこと、世界のこと。話は多岐に渡りましたが、気を使わずに安心して話ができる貴重な友人が車で行き来できる範囲にいるというのは、本当に幸せなことと、改めて思いました。

皆が元気でまたお会いする日を楽しみに。

[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-24 02:44 | 旅行 | Comments(6)