人気ブログランキング |

やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

のどぐろ(アカムツ) ♪お刺身・塩焼き・アラと蕪の炊いたん♪

セコ蟹と一緒にお取り寄せしたのは”のどぐろ”。超高級品として名高い”のどぐろ”の名前はもちろん嫌になる程聞いていますが、実際に自分で捌いて食すのは初めてです。

2尾頼んだので、大きめの方はお刺身にしました。皮も美味しいというので、引かずに皮目を炙りました。

新しいクッキング・トーチ(バーナー)は使い心地抜群。良い感じに皮にチリチリと焦げ目がつきました。そして、冷蔵庫で皆が揃うまでスタンバイ。

脂が乗っているので、そぎ切りにすると、まな板に脂がにじむほどです。

のどぐろ(アカムツ) ♪お刺身・塩焼き・アラと蕪の炊いたん♪_e0351091_04314757.jpg

身は柔らかなのにしっかりとした食感もあり、甘みが適度にあって、とても美味しい!

もう1尾は塩焼き。煮付けと塩焼きとどちらが良いか娘夫婦に聞いたところ、「塩焼き」と即座に日本語で答えが返ってきました。

よく水気を拭き取った魚に、まずざっと塩をふり15分。塩を洗い流し、またしっかり水分を拭き取り、焼く寸前に再度軽く塩をふります。

いつものようにフライパンにパーチメントペーパーを二重に敷いてじっくり焼き上げました。

のどぐろ(アカムツ) ♪お刺身・塩焼き・アラと蕪の炊いたん♪_e0351091_04321766.jpg

ふっくらとして、脂も乗り、なるほど皆が「のどぐろ」と騒ぐだけのことはあると思いました。

少しだけ孫ちゃんの朝ごはん用に取り置き、猫も見向きもしないほど、きれいに食べました。

ちなみに、孫ちゃんは朝からノドグロを美味しそうに平らげました。離乳食にノドグロとは、グルメ街道まっしぐら?

お刺身にした残りのアラは蕪と一緒に炊きました。名付けは京風に「アラと蕪の炊いたん」。(レシピは下に書きました。)

のどぐろ(アカムツ) ♪お刺身・塩焼き・アラと蕪の炊いたん♪_e0351091_04323281.jpg

普通のアラ煮より薄味に仕立てたこの一品、蕪の自然の甘みとアラのコクが相俟って、とても美味しくできました。

副菜は柿と葡萄の白和え。

のどぐろ(アカムツ) ♪お刺身・塩焼き・アラと蕪の炊いたん♪_e0351091_04324919.jpg

ほうれん草とヒラタケのレモン醤油かけ。

のどぐろ(アカムツ) ♪お刺身・塩焼き・アラと蕪の炊いたん♪_e0351091_04330577.jpg

この日は娘家族最後の一夜。そんな一夜にふさわしい美味しく素敵な夕食でした。

誠にご馳走様でした。


Stay Healthy!



アラと蕪の炊いたん
レシピ:湯木貞一著「吉兆味ばなし」より ”鯛かぶら”を参考
材料
 

ノドグロのアラ 1尾分 (頭、中骨、腹骨など)食べやすい大きさに切り、80度Cくらいの湯をかけて氷水にとり、丁寧に鱗を取る。
蕪  6−8個 茎を2センチほど残し、茎の部分は丁寧に洗って、ゴミや土を取り除く。皮をむいて、大きければ4−6、小さいものは半分に切る。特に茎の根元の皮は綺麗にむく。

(剥いた皮は小さく切って塩をして即席漬けに。)

水に2割ほどの酒を加え、昆布をひいて蕪を煮る。水の量は蕪の肩が少し出るくらい。

湯通ししたアラは酒とみりん半々で煮る。火が通ったら、醤油少量を加える。煮汁は少なめで良い。落し蓋をして、くっつり煮る。

蕪を炊いている鍋の横に、炊きあがったアラを煮汁ごと入れて、両方の煮汁を蕪に含ませる。




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
by Mchappykun2 | 2020-11-23 04:34 | レシピ | Comments(6)
Commented by petapeta_adeliae at 2020-11-23 22:37
娘婿さん、お料理上手なお姑さんまで得て幸せ
の良いポジションだわ。

>離乳食にノドグロとは、グルメ街道まっしぐら?
それもそうだけど、呑んべえ真っしぐらでかも(笑)
来年のお節句が楽しみ。

柿が出回り、白和え三昧です。
柿に富有柿、次郎柿とシールが貼られていますが
帰宅すると他の買い物と擦れてシールが剥がれ、
どれがどれなんだか??
Commented by Mchappykun2 at 2020-11-23 23:05
ソーニャさんへ

娘婿が日本食が大好きでよかったです。それに好き嫌いが全くないし。作りがいがあります。普通のアメリカ人だったら、せいぜい日本食といっても照り焼き止まり。お刺身を好んで食べる人は多くなってきているとはいえ、まだまだ少数派です。

確かに、孫ちゃんは飲兵衛まっしぐらかも!

柿の白和え美味しいですよね。こちらでは富有柿と渋柿しか売られていません。そういえば、次郎柿というのもありましたね。
Commented by fleur de sel at 2020-11-24 04:52 x
のどぐろは残念ながら味わった事ありません。とても脂の乗ったとろける様な味わいと想像しています。あらと蕪の煮込みは絶対美味しいでしょうね。娘さんご夫婦Mchappykunさんの美味しいお料理堪能そしてお嬢様Mちゃんお母様に抱いて貰ってさぞかし幸せだったと思います。肩の荷が降りたのでは無いでしょうか。グルメなMちゃんはお婆ちゃま譲りですね。
Commented by Mchappykun2 at 2020-11-24 09:22
fleur de selさんへ

ノドグロ、聞いてはいましたが、初めてで、本当に美味しいお魚でした。脂がとても乗っているのに、爽やかな味わいでした。
食べることが好きなのは孫で3代目ですから、筋金入りになるかもしれません。
娘は本当に大変な不妊治療を何年も続けた後なので、ことさら嬉しいようです。私としても、本当にホッとしました。
Commented by asu at 2020-11-25 02:39 x
ノドグロは、名前は聞いたことはあるけれど食べたことはありません。。そんなに美味しいんですか・・覚えておこう。
ふふふ。確かに高級魚の離乳食から始めるとグルメ&食いしん坊街道まっしぐらかもしれませんね〜〜♪ でも、人生の楽しみが増えますよね!!  Mちゃんの成長が楽しみですね〜〜♪♪
Commented by Mchappykun2 at 2020-11-25 09:33
asuさんへ

私もノドグロ、食べたのは初めてです。聞いたことは何度もありますので、食べることができて嬉しかったです。本当に美味しい魚です。天然鯛とどちら?と言われると困りますが。

食べることが好きなのは楽しいから良いですよね。料理も好きになってくれれば、もっと良いですね。