やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

ロブスターでお祝い

気がつけば1月も6日。娘夫婦は2日の早朝に帰ったものの3日は合唱の練習で仕事始め。というのも5日に屋外での演奏予定が入っていたからです。

ところが当日は雨。やむなく延期になりました。1月は一応雨季ですが、それにしても晴天の多いサンディエゴで雨に祟られるとはついていないです。

そんなこんなで元旦の夕食を今頃アップします。

e0351091_04271593.jpg
お昼にたっぷりお節料理をいただいたので、夕食は蒸したロブスター。やはりご馳走がいがあります。大晦日に娘夫婦に活きたロブスターを買ってきてもらったのです。

e0351091_04273342.jpg
お節もつまみに。

e0351091_04280576.jpg
ロブスターは縦二つに切り、テールとハサミを食べました。

e0351091_04282184.jpg
残った頭は翌日のお味噌汁。これも美味しい!

今日の日曜日は昨日と打って変わって青空が広がり、寒くもなくいかにもサンディエゴらしい天気です。

これから二日ぶりにチャー君とお散歩に出かけてきます。皆様も良い一日をお過ごしください。


ご訪問ありがとうございました。
Top Food Blog

by Mchappykun2 | 2019-01-07 04:31 | お正月 | Comments(14)
Commented by syun368 at 2019-01-07 22:54
まぁ大きなロブスターが2匹も!
日本では殆ど見かけることはなく(特別なお店では売ってるのかも…) 海外で数度食べたきりです。

やはり海老と同じで お味噌汁も美味しいのですね。

本当にあっというまに7日になってしまい、お正月飾りも仕舞いました。
Commented by Mchappykun2 at 2019-01-08 01:13
syunさんへ

アメリカではメイン州で穫れるロブスターがいつでもどこでも手に入ります。日本の伊勢海老に比べると大味ですが、でもそれなりに美味しく豪華です。頭には味噌がいっぱい詰まっているので、出汁が出て美味しいです。

1月は普通は結構長く感じるのですが、今年はあっという間に過ぎていっています。
Commented by petapeta_adeliae at 2019-01-08 12:38
日本酒の一升瓶を抱っこし、右手にはマイ箸で何処でも
ドアを使い、このテーブルに着きたい。

でもロブスターに日本酒は合うのかしら?
そちらではロブスターはどんなお酒で食べられるのですか?

ロブスターというと結婚式の定番。あとバリ。
最後に食べたロブスターはいとこの結婚式でほぼ20年前。
Commented by Mchappykun2 at 2019-01-08 13:27
ソーニャさんへ

この日は婿さんが用意してくれた白ワインでした。とてもよく合いました。酢醤油で食べるのなら日本酒も合いますね。
蒸したロブスターはそれだけで美味しいので、私は何もつけません。せいぜいレモンですから、白ワインでも日本酒でも合うのでは?
どこでもドア、私も欲しいです。ソーニャさんの食べているところへ私もお邪魔したい!!
Commented by タヌ子 at 2019-01-08 23:43 x
元旦からもう1週間も経ってしまったんですね。
今回の帰国は慌ただしくていつもに増して時の流れが早かったです。
これまた豪華な食卓ですね。
フランスでは暮れには美味しい物を食べるけれど、新年はさっぱり。
これから始まる年への期待より、一年が無事に終わったことへの感謝の方が強いのかもしれませんね。
ロブスターの頭入りのお味噌汁、旨味たっぷりで美味しそう。
私も今度オマールで試してみます!
Commented by Mchappykun2 at 2019-01-09 00:59
タヌ子さんへ

年が明けたと思ったらあっという間に1週間が過ぎてしまいましたね。
アメリカも元旦は皆二日酔いでぼーっとしている人ばかりです。今年は学校が始まるのが遅く、ようやく7日から始まりました。でも、クリスマスの飾りをまだ飾ったままの家が多いです。
ロブスターの頭からは良いダシが出て、おいしかったです。是非お試しを。
Commented by fleur de sel at 2019-01-09 01:31 x
見事なロブスターですね。フランスならオマールかラングスト? 形は同じではないですが。海が変わると魚介類同じ仲間に属していても形も味も異なりますし どんなお味なのでしょう。すごくきれいに蒸しあがっていて美味しそうです。蒸し上げる時に表面に灰汁付きませんか?お味噌汁の中に入れることは知りませんでした。日本を離れて長く伴侶も日本人ではないので作る機会も努力もせず 日本料理は母の作っていた見よう見まねだけ。彼女当時としてはかなりモダンな料理も作っていてそのこつも残っています。いつもプログを通じて手ほどき頂いています。 
Commented by Mchappykun2 at 2019-01-09 05:25
fleur de selさんへ

確かの同じ種類でも獲れる海によって形も味も違いますね。
尻尾の方は早く火が通り、頭の方は時間がかかります。食べるのは尻尾とハサミなので、こちらに時間を合わせました。頭は後で出汁にできるので、多少生のところがあっても大丈夫なので。尻尾は蒸しすぎると固くなります。
こちらの和食のレストランでは頭つきのエビや伊勢エビ(ロブスターでなく、日本の伊勢エビです)は頭をお味噌汁にしてくれますので、そこから習いました。
Commented by melocoton1 at 2019-01-09 15:52
今年もよろしくお願いします。

ロブスターはご馳走感が出ますね!

頭のお味噌汁、実家でよく伊勢海老でやります。

Commented by 426evecooky at 2019-01-09 17:22
ロブスターは、ハワイで食べました。目の前で大きなロブスターを木槌で叩いて
バターソースで食べ満腹🍴🈵😍
ご家族で過ごされたのですね。お仕事も早速入って忙しい1年になりそうですね。
Commented by asu at 2019-01-09 18:06 x
ロブスターの赤が良いですね〜
お節をつまみながら過ごすお正月。
私はお節を作ったことが無いのです。実家にいた頃は詰めるのを手伝ったくらいで、あとはこちらでは材料もないしニーズもないし、で、未開の領域です。婿さんのような和食愛好家、理解者がいる事も大事かもしれません^_^
Commented by Mchappykun2 at 2019-01-10 01:20
meloさんへ

ロブスターは豪勢な感じがするので、お祝いの時は良いですね。
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by Mchappykun2 at 2019-01-10 01:25
eveさんへ

アメリカって溶かしたバターをつけて食べるのですよね。
私は何もつけないかせいぜいレモンが好みですが。
ハワイのロブスターもきっと本土のメイン州からのものでは?と思います。ハワイで獲れるのは確か、日本の伊勢海老のようなものだと思います。大きなハサミがありましたか?
Commented by Mchappykun2 at 2019-01-10 01:28
asuさんへ

この赤がお祝い感を出しますね。
確かに婿さんが和食が好きなので作りがいがあります。婿さんのようなアメリカ人は珍しいです。若い人にはだいぶん増えてきましたが、年配の方々はお寿司も食べません。せいぜい照り焼きどまりです。