やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

地中海風ロースト・アーティチョーク

知野ファームで売られていた子供の拳ほどのアーティチョーク。

知野ファームで働いている仲の良い女性に「葉っぱも柔らかい?」と聞くと、売り場と少し離れた大きなテーブルまでやってきて、美味しいアーティチョークの見分け方を教えてくれました。

彼女いわく、茎に近いところを指先で軽く握るように押してみて、手ごたえのあるものがベースがしっかりして美味しいのだとか。

e0351091_02511919.jpg


そんな風にして選んだ4つのアーティチョークは固い葉っぱをむいて、柔らかな葉っぱに到達したら、先の方を1−1.5センチほど切り落とし、茎は皮をむきます。縦半分に切ると、若いアーティチョークには毛羽がありません。もし毛羽があったら、スプーンなどでかき出します。

切り口はレモン汁をかけるか、レモン汁を入れた水の中にすぐに浸けていきます。水気を拭いて、切り口を上にしてアルミホイルの上に茎と一緒に置き、ガーリックを丸のまま(大きければ縦半分に切り、芽を取り除きます。)半分に切ったそれぞれのアーティチョークの真ん中におきます。(半分に切ったアーティチョークと同じ数のガーリックを使います。)

オリーブオイルをたっぷりかけ、ホイルを包んで、400度F(200度C)に温めておいたオーブンで25分。(30分ローストしたのですが、少し長すぎました。)

ホイルの中からガーリックだけ取り出し、アーティチョークはまたホイルに包んでおきます。

ほっくり柔らかになったガーリックを包丁の腹で潰し、更にみじん切りにし、パセリのみじん切り、レモン汁、ケイパー、オリーブオイルでヴィネグレットを作ります。(パセリでなく、ディルでも良いです。)ケイパーが入るので塩は入れません。

e0351091_02514029.jpg
アーティチョークを皿に盛り、ヴィネグレットをかけ、ゴートチーズ(フェタチーズだともっと地中海風になります。)を散らして出来上がり。

ネットで調べた地中海料理を私流にアレンジしたものですが、とても美味しくできました。新しく美味しいレシピを発見すると嬉しくなりますね。

e0351091_02515981.jpg

メインは鴨のマグレ。知野ファームの甘いみかんを使ったソースです。エシャロット、みかんの汁とゼスト、メープルシロップ、バルサミコ酢、グランマルニエで仕上げた、香り高いソースです。

e0351091_02522521.jpg
ちょうど頂き物の大きな苺があったので、ダークチョコとホワイトチョコを溶かして、お洒落なデザートにしました。頭の中ではもっと素敵な仕上がりになるはずだったのですが、イメージ通りに作るのはなかなか難しいものです。

e0351091_02524302.jpg
イベントにかこつけては美味しい食事をするのが我が家です。「母の日」という立派な理由があったこの日は、娘夫婦が置いていってくれた美味しい赤ワインも封を切ってしまいました。

お一人様の夕食でしたが、食事中に娘から電話があり、レシピを話したり、写真を送ったりしながらの楽しい母の日の食事になりました。


[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-17 02:57 | レシピ | Comments(8)
Commented by syun368 at 2018-05-17 23:11
アーティチョークはまだまだ日本では一般的ではなく、私も自分で調理したことはないと思います。
ヴィネグレットソースも美味しそう。

優しいお嬢さんで羨ましい。
男の子は素っ気ないものですよ。
Commented by Mchappykun2 at 2018-05-18 00:36
syunさんへ

アーティチョークは下ごしらえがあるし、屑が沢山出るので、こちらの人でも調理する人はあまり多くないです。このヴィネグレットは美味しいので、他にも使い道がありそうです。

日本では男の人がお母さんに優しいと、すぐにマザコンとか言われますからね。でも、男の子は心の底ではきちんと母親のことを思っていて、いざという時には役に立つのではないですか? syunさんの息子さんだから表面には出さなくとも絶対に心根は優しいです。
Commented by Dali at 2018-05-18 01:33 x
私も週に一度茅野ファームで野菜を買ってます。値段はちょっと高めですけど、綺麗だし美味しいし料理するモチベーションが上がります。
ちょっと虫食いの多い葉っぱとか人参の切れ端なんかは犬のスープに入れてフードロスゼロで大活躍です。

アーティチョーク、次回行った時にあったら絶対買います。鴨も大好きなので週末のレシピの参考にさせてくださいね!
以前、金柑のソースのレシピを参考にさせて頂いたのですがとても美味しかったです。

鴨はアジア系マーケットでローカルファームものがホールで手に入るのでそこで買ってます。新鮮で安いんですよ!
毎回精肉コーナーのお兄さんにお願いして首をカットしてもらってます。ベトナムでは鴨の頭を食べると聞きましたが家に持って帰って来る勇気はなくて。。。。
ネックや水かきは犬のオヤツに有り難く頂いてます。(笑)
Commented by Mchappykun2 at 2018-05-18 02:03
Dallさんへ

Dallさんも知野ファームにいらしているんですね。美味しいし、美しいし、他にはない野菜もあるし、無駄なく使えるので結局はお得のように思います。本当に料理のモチベーションが上がりますよね。

鴨と金柑、美味しくできてよかったです!
鴨、ホールをお求めになるんですね。私も頭付きはちょっと。。です。でも1羽買うと無駄なく使えますね。わんちゃんも美味しい鴨にありつけて、幸せですね。
Commented by fleur de sel at 2018-05-18 16:18 x
美味しそうな献立ですね。ホイルで焼かれた大蒜で作ったおソース美味しそう。ぜひ作ってみたいです。このような小さなアーティチョーク此方ではクロックセルと言い土地の名物の塩の花をつけて生で食べる人多いです。私は湯がいた方が好きですが。本当に毛羽など気にならないほど柔らかいですね。鴨はオレンジではなくてみかんなのですね。優しいお味だろうと想像します。
そしてお嬢様ワイン開けて頂いて嬉しかったと思います。
下の酢味噌のレシピ有難うございました。山椒味噌でお味噌使い果たしてしまい次回街まで出かけたら購入作ってみます。最近赤味噌しか置いてなく白味噌に合味噌の注文をしておいたのですが果たして???
Commented by Mchappykun2 at 2018-05-19 00:18
fleur de selさんへ

ローストするとガーリックも美味しいですね。アーティチョークでなくともお野菜と一緒にローストして、それをソースなのでに使うのは良いアイディアと思いました。

若いアーティチョークを生でも食べるのですか。それはまだやったことがありません。私もきっと火を通した方が好みだと思います。
おっしゃる通り、娘たちが置いていったワインを飲んだといったら、喜んでくれました。
お味噌も街まで行かないと手に入らないのですね。普通のお味噌(ブランドを問わなければ)は普通のスーパーでも簡単に手に入ります。それだけここはアジア人が多いのですね。
Commented by asu at 2018-05-21 04:53 x
これは小さめのアーティチョークなのかしら??
こちらのものと似ています。
オーブンで焼くのも美味しいですよね!

そうですよ。お祝いはちゃんとしないと!!^^
美味しいお料理と美味しいワインと、そしてお嬢さんとの楽しい会話・・^^ 素敵な1日でしたね〜こちらまで嬉しくなってしまいましたよー
Commented by Mchappykun2 at 2018-05-21 13:12
asuさんへ

普通のスーパーで売られているものよりずっと小さめのアーティチョークです。とても柔らかでした。美味しかったので、また作りたいと思いました。

ありがとうございます!!一人でもお祝いはしなくちゃ、って。。。なんか思うのです。ただの食いしん坊なのですが。