やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

オペラと食のニューヨーク_2018  ⑹

4月最後の日だというのに、ニューヨークの春は足踏み状態。昼間でも寒く、風も強いのでダウンを持ってきて大正解。

寒い日はミュージアムが最適です。メトロポリタン美術館へはセントラルパークを通って歩いて30分。でも、こんなに寒く風の強い日に歩きたくないので、uberで。

ところが、朝の10時を過ぎているのに道路はどこもかしこも大渋滞。運転手さんは毎度のこと、と言っていましたが、結局40分近くかかりました。

さて、さすがメトロポリタン美術館。広い館内には名画がずらり。

私の好きな絵だけほんの少しご紹介します。どれも有名な絵ですから、画家の名前も題名もいらないと思いますが。

e0351091_2312190.jpg

ゴヤ

e0351091_2313874.jpg

ルノワール

e0351091_2315316.jpg

モネ

e0351091_2321392.jpg

ゴッホ

e0351091_2322951.jpg

セザンヌ

印象派の絵画だけを見て、次は近くのグッゲンハイムへ。

e0351091_2332258.jpg

この美術館は建物が特徴的です。中が螺旋状になっているのです。

e0351091_233412.jpg

現代美術にはそれほど興味を持てない私ですので、一応ざっと見て終了。

e0351091_2335364.jpg

訪れた証にピカソの絵を一枚だけ写真に収めました。

実は一番印象に残ったのが、子供たちの絵です。グッゲンハイムと公立小学校のプロジェクトは47年も続いているそうで、美術の先生とクラスの担任の先生の指導を通して、例えば、「芸術家は社会の変化にどのような貢献をしていくか」というようなことを学ぶそうです。

e0351091_2341251.jpg

グッゲンハイムのような世界的に有名な美術館に展示された子供達の絵。それが一人一人の子供にとって今後きっと大きな意味を持っていくのでは、と想像しています。

ここのカフェテリアで軽く昼食を済ませ、セントラルパークの中を少し歩いてみました。

e0351091_2343826.jpg

花蘇芳(ハナズオウ)が満開です。

e0351091_2344935.jpg

水仙も。

ワシントンDCに15年住んでいた経験からすると、東海岸の気温は年によってとても違い、寒暖の差が激しいです。4月に30度を越える時があったり、逆に雪が降ることもあります。

2年前に訪れた3月末から4月の上旬は真冬並みの寒さでした。その時よりは寒くありませんでしたが、とても4月末とは思えぬ寒さが続いていました。

この日もオペラの前の早い夕食を予約していましたので、少しホテルに帰って休むことにしました。

夕食のご紹介はまた。

   ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-10 02:36 | 旅行 | Comments(10)
Commented by BBpinevalley at 2018-05-10 07:05
寒いニューヨークの春を楽しまれているのですね。
私も4月の半ばすぎに東に居ましたが、雪に降られるなどして困りました。
東の気候は、本当に年によって違いますね。
MetやグーゲンハイムやCパークを楽しまれ、堪能されたご様子。
お花を見ると、やっぱり春は到着しているんだなと思いました。
Commented by syun368 at 2018-05-10 13:12
ダウンですか。
春とは言えないような寒さですね。

私も現代美術はよく分からないです。
子供達の絵も見せ方も素敵でアップにして見てしまいました。
こういうことって きっとこれからの人生の自信に繋がっていくのでしょうね。
Commented by asu at 2018-05-10 22:27 x
天気、不安定ですよね。こちらも、今の時期だと夏に向かっているのですが、春先の変わりやすい天気が続いています。
NYで、週末にメトロで移動しようと飛び乗ったら、電車もホームもガラガラで、逆に怖くなって一駅で降りて歩いて美術館まで行ったのを覚えています。混んでいるのもあれですが、好き過ぎだと、怖い・・と思ってしまうのが、日本とは違うんですよね。 美術館巡り。同じ絵は、何度見ても、発見があっていいですよね。
Commented by Mchappykun2 at 2018-05-10 23:42
BBpinevalleyさんへ

同じような時期に東へ行かれていたんですね。寒かったですよね。私がいた時は流石に雪は降りませんでしたが、4月に雪って、普通は考えられないですね。
確かに花は咲いて、春は来ているのでしょうが、本当に寒かったです。暖かだったらもっと公園を散策したのですが。。。
Commented by Mchappykun2 at 2018-05-10 23:45
syunさんへ

天気予報を見て行ったので、ダウンを持って行ってよかったです。オペラは夜遅いですし。アメリカだと4月だからダウンはおかしいという考えはないので助かります。

子供達の絵、アップにして見てくださりありがとうございます。これは改築中の校舎の一部をクラスの窓から見ている自分たち、なそうです。学校と美術館のプロジェクトがあるというのが素晴らしいと思いました。
Commented by Mchappykun2 at 2018-05-10 23:47
asuさんへ

そうでうsか。そちらも天気が不安定なのですね。東は本当に年によって春先は気温が違います。
確かに、ガラガラの電車って怖いですね。特にニューヨークやシカゴなど大都市は。
何度見ても新発見があり飽きないというのが名画なんでしょうね。
Commented by petapeta_adeliae at 2018-05-11 12:58
世界三大美術館でメトロポリタンは未踏です。
頭痛は二日酔いでしか経験がなかったのに、エルミタージュで大作を目の当たりにして頭痛を起こし半分も見らず
仕舞いでした。
なのでメトロポリンも頭痛起こす可能性大です。^^;

「芸術家は社会の変化にどのような貢献をしていくか」
小学生へのお題とは思えないし、どんな答えが出てきたのか
とっても興味あります。

今朝、F2の20Hは久しぶりのジュリアンでした。
その中でオランジェリー美術館には360度モネの睡蓮の
部屋が紹介されていました。

Commented by Mchappykun2 at 2018-05-11 15:09
ソーニャさんへ

私はルーブルもエルミタージュも行ったことがありません。パリには何度か行ったのですが、ルーブルに行く時間がありませんでした。

「芸術家は社会の変化に。。。。」というテーマはいかにもアメリカらしいです。6年生ならこれくらいのテーマで勉強をしても不思議ではないです。アメリカと日本って勉強の仕方がとても違います。国語(英語)と歴史が特に違いが顕著です。

モネの睡蓮はあちらこちらにありますね。オランジェリーではなくてもどこだったか、360度睡蓮を見たことがあります。マドリッドのプラドだったかもしれません。久しぶりにジュリアンで良かったですね。
Commented by fleur de sel at 2018-05-12 16:33 x
螺旋式の美術館は回覧しやすいのではないでしょうか。美術館はやはり混んでいるのでしょうね。パリのルーブルやオルセーなどはいつ行っても一杯でチケットもインターネッとなどで手配しておかないと長い列を作らねばなりません。ハナズオウはユダの樹のことなのですね。我が家も今が満開 此方も暖か買ったり寒かったり。寒がりなので皆が半袖を着ているときコート着用の時もz利ます。
Commented by Mchappykun2 at 2018-05-13 02:08
fleur de selさんへ

らせん形の建物は最初に最上階へエレベーターで行き、あとは見ながら下っていけば良いので楽です。
午前中はさほどではありませんが、12時を回るとチケット売り場は長い列でした。ネットで1年有効な切符を手に入れられますが、一緒に行った友達が腰痛持ちで、その日の体調でどういう予定になるのかわからず、切符は用意していませんでした。
メトロポリタンよりMOMA(現代美術館)の方が混んでいます。前回訪れたので、今回はいきませんでした。

花蘇芳は東に住んでいた時我が家にもありました。カリフォルニアでは見ない木です。