やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

オペラと食のニューヨーク_2018  ⑵

ニュークに着いた翌日は土曜日。この日のオペラはマチネーと夜の2本立てです。

午後1時から始まるマチネーの前にブランチを食べに行きました。2年前にも訪れて気に入った、ホテルからも歩いて行ける距離のMá Pêche

e0351091_2492990.jpg

私はお決まりの朝のカプチーノとsteamed pork buns。美味しいけれど、見てもお分かりのようにかなりの脂身。もちろん蒸して脂は相当に抜けてはいるものの、二人とも苦手。

e0351091_2443576.jpg

ラージプレートからはスモークサーモンと目玉焼きと焦がした青ネギとヨーグルト。これは結構美味しい。

かなりお腹が一杯になったもののデザートを食べたい私はお勧めのチーズケーキ・アイスクリーム・サンドイッチを。アイスクリームの外側についているブラウンバター・ココア・ニブ(ココアの豆を細かく砕いたもの)が甘すぎ。

e0351091_244535.jpg

2年前に訪れた時はディム・サムのように大きなお盆に入った小皿やパンをテーブルの周りを回っていたのに、今回はそれがなく、残念でした。

その後はリンカーンセンターへ。

この日のマチネーはマスネー作曲の喜劇「Cedrillon」(シンデレラ)。

e0351091_245887.jpg

主役は輝かしいキャリアを持つアメリカ人のメゾ・ソプラノ、Joyce DiDonato。

本来、彼女の声はpureで伸びがあるのですが、この日はなんだか少し雑音が入っています。風邪でもひいていたのでしょうか。常にコンディションを最高に保つのは至難の技ですが、聞く方としては少し残念でした。

舞台装置は地味でしたが、衣装はさすがメトロポリタン、華やかで凝っていて、お金がかかっているのが分かります。

相手役のプリンスはイギリス出身のメゾソプラノ、Alice Coote。もう少しすらっとした方だったら、と思うのは欲張りすぎでしょうか。

妖精のGodmother役の韓国人ソプラノ、Kathleen Kimの鈴の鳴るような綺麗な高音や芸達者な脇役たちはやはりメトロポリタンならでは。

一旦ホテルに戻り、少し休んだ後は早い夕食へと出かけました。

          ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-05-05 02:47 | 旅行 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://sprnokchn2.exblog.jp/tb/27256198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by syun368 at 2018-05-05 16:58
ニューヨークではやはりオペラに出掛けられたのですね。
実は私は生のオペラをまだ観賞したことがないのです。
やはり何でも映像よりリアルが最高ですよね。
でも録音や録画されたものとは違い、その時その場でコンディションの違いもあるのですね。
Commented by fleur de sel at 2018-05-05 22:34 x
オペラは聴覚,視覚、舞台装置、衣装 それに演出される方により色々な解釈によりかなりの変化 総合美術音楽ですね。義妹が音楽家でかなり有名な声楽家とのコンサートに誘われていったことありましたが オペラは機会があり昨昨年は魔笛、昨年はカルメンをパリ バスティーユで観覧しました。魔笛は主役のカップルよりパパゲーノカップルの方が人気がありました。もちろんコミックなこともありますが主役のカップルことにプリンスは体系的に新鮮さに欠けていました。
カルメンは演出はごくモダンで良いなと思ったのですがやはり主役のカップルは少し体系 年齢的 新鮮さに欠けに少しがっかり。オペラはやはり視覚的なもの大きな部分を占めていますものね。そしてフランス語だったのですがほとんどがフランス人ではなくあまり解せないフランス語でした。どちらも評判高いもの 観客は声援送っていました。Mchappykunさんは声楽家なのでオペラ観劇の際かなり厳しい批判もあると思います。
パリバスティーユはモダンな建物まだオペラ座でオペラ鑑賞したことないので残念です。
Commented by jugon at 2018-05-05 23:33 x
Mchappykun2さん、こんばんはII

前回NYにオペラ鑑賞にいらしたのはもう2年前ですか?
その記事を覚えています。
美味しかったからまた、と思って行ってみて期待が外れるのは残念ですね。料理人も変わったりするので仕方がないのですが。
オペラをMchappykun2さんのように堪能できるって羨ましい。以前、ちょっとだけ勉強をしたことがありますが、生で鑑賞したことがありません。
Commented by タヌ子 at 2018-05-06 00:28 x
同じ国で時差があるって日本人にはなかなか理解できませんよね。
私も数年前にCendrillonを観たことがありますが、その時も王子様は中国の声楽家でシンデレラよりも小さく、違和感を感じました。
声が一番大事とはいえ、やはり見た目も影響しますよね。
↓やっぱりNYの和食はパリの和食とは全然違いますね。
お寿司のネタの種類が豊富で羨ましいです。
Commented by Mchappykun2 at 2018-05-06 05:47
syunさんへ

生のオペラを見たことがない人はたくさんいます。普通のコンサートと違ってどこでもやっている訳ではないですし。
最近のHDの映画は良いですよ。特にアメリカですと同時上映ですので、土曜日のマチネーをライブで見ることができます。日本でも各地で1ヶ月遅れで上映しているようです。
Commented by Mchappykun2 at 2018-05-06 05:56
fleur de selさんへ

まさにオペラは総合芸術ですよね。最近は新しい演出のものも増え、それは実験的なものもありますが、とても良いものもあります。3月HDで見た「Cosi Fan Tutte」は1950年代のニューヨークのコニーアイランドを舞台にしたもので、本物の蛇使いやアクロバットの人を使い、とても楽しめるエンターテイメントに仕立てていました。
オペラ歌手は太めの人が多く、彼らももう少し見た目も気にすれば、と思うのですが。。。。
オペラやクラシックの歌は全て原語ですから難しいですね。私も英・独・仏・伊・西の歌を歌いますが、いつも冷や汗です。
Commented by Mchappykun2 at 2018-05-06 05:59
jugonさんへ

前のニューヨークの記事、覚えていてくださって、ありがとうございます。今回は欲張って4つのオペラを見ましたが、さすがに疲れました。
オペラを少し勉強なさったことがあるのなら、メトロポリタンオペラのHDの映画をぜひご覧になって見てください。横浜でもやっていると思います。私の友達は東京で毎回見ているようです。
Commented by Mchappykun2 at 2018-05-06 06:03
タヌ子さんへ

同じ国で、東と西で3時間も時差があるのですものね。
マスネーはなぜ、シンデレラも王子もメゾソプラノにしたのでしょうね。王子はそれだけ若い人、というイメージなのかもしれませんが。
オペラは見た目も大事ですよね。もちろん体格と声量には相関関係があると思いますが、限度がありますね。

NYはサンディエゴより美味しい和食のお店があります。チェーン店でこれだけのものを出すのですから。
Commented by petapeta_adeliae at 2018-05-06 15:16
目玉焼きのブレート、ワイルドですねぇ〜。
まるで時間がたっぷりある独り住まいの男性のご飯?

シンデレラのように童話が元になっているオペラって
ありがちなんですか?
レニングラードでは未就学の子供らがオベラ鑑賞していた
ことにビックリし、それもボックス席に座っていた
ので尚ビックリしました。
Commented by Mchappykun2 at 2018-05-07 03:15
ソーニャさんへ

確かにあのプレート、ワイルドですね。出てきたときはお腹が空いていたからか、気がつきませんでしたが。

童話を元にしたオペラは、あとはヘンゼルとグレーテルがありますが、それくらいです。でも、オペラというのは筋書きは大したことがないものが多いです。モーツァルトなんて荒唐無稽なものばかりです。
アメリカでは小学生や中学生のためのオペラの特別鑑賞会のようなものがあります。学校で遠足のようにしていきます。未来のファンを増やすための努力ですね。