やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

ローストしたビーツのサラダ二種

先日レストランでいただいたビーツとアボカドクリームのサラダを再現したくて、ビーツを買ってきました。

再現といっても全て同じではなく、手持ちのものを有効に使いました。

オーブンローストしたビーツのスライス、ベビーグリーン、白レーズン、ピスタチオ。アボカドをマッシュして塩、レモン汁と丁度大匙1だけ残っていたクレーム・フレーシュを加えました。(ローストの仕方は下に書きました。)

e0351091_3291711.jpg

ドレッシングはブラッドオレンジ風味のオリブオイルとモデナのバルサミコ酢。アボカドクリームがあるので、このドレッシングはなくとも良かったかもしれません。

アボカドクリームが美味しくできたので、このレシピは他にも使えそうです。

ビーツは4個一度にローストしたので、残りの半分は次の日にリンゴと一緒にサラダにしました。

はちみつ、レモンのゼストと汁、オリーブオイル、チャイブ、ミントに、くし切りにしたビーツをマリネして、30分は置いておきます。

e0351091_3293486.jpg

食べる直前にりんごのスライスを加えて混ぜます。少し甘いビーツとりんごは相性がとても良いので、美味しいサラダになりました。

この日のメインは骨つきポークチョップのステーキ。良い色に仕上がったので写真を載せます。

塩胡椒、ロズマリー、ブラインしてあるグリーンペッパーをまぶして筋切りしたポークを焼きます。焼きあがったら、フライパンの余分な油を捨て、ブランデー、メープルシロップ、ケッパーを加えて少し煮詰め、最後に無塩バターをひとかけ入れて、ソースにしました。

e0351091_3295060.jpg

骨つきのお肉はちょうど良い加減に焼くのが難しいです。どうしても骨の近くは時間がかかり、骨から遠いところが焼き過ぎてしまうからです。でも骨の周りは美味しいですね。

余分なことですが、ビーツの葉っぱはジャガイモ、玉ねぎ、鷹の爪、ガーリックと一緒にスープにしました。色がイマイチなので写真は載せませんが、ビーツの葉っぱの使い方としては秀逸だと思います。
(詳しいレシピはここ⭐️をご覧ください。)

ビーツのロースト
耐熱皿に皮付きのままのビーツを入れ、大匙3ほどの水を加える。アルミホイルをピッタリかぶせ、所々に穴を開け、450度F(230度C)に温めたオーブンで、40〜60分(大きさによって加減)ローストする。途中で水が無くなったら足す。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-04-07 03:31 | レシピ | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://sprnokchn2.exblog.jp/tb/27183435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yoshi at 2018-04-07 04:32 x
オレンジのビーツもおいしいですよね、マルシェでないと手に入らないのですが。

ソプラノさんはよくマイクロウエーヴで少しクックしてからオーヴンなりに入れるものがありますが
特にビーツなどはチンをしてからだどかなり時間が短縮できるのでは?と思いましたが
ビーツはダメでしょうか?
Commented by Mchappykun2 at 2018-04-07 06:04
yoshiさんへ

こちらではオレンジのビーツも普通のスーパーで葉付きで売られています。この辺で採れるからなんでしょうね。
ビーツは色々な調理の仕方でやって見ました。電子レンジ、お湯で茹でる、蒸す。オーブンが一番美味しかったです。でも、そういえば半分電子レンジというのはやったことがありません。試す価値はありますね。サジェスチョン、ありがとうございます。今度試して見ます。
Commented by petapeta_adeliae at 2018-04-08 22:52
東京のビーツは長野産です。
それも8月〜と余り長くありません。
デパ地下だとコブシ大で¥500ほど。
一昨日の夜中に千切りしちゃいました。メソメソ
オーブンで焼くと甘みが出ますよね。
ボークチョップのソースを想像するとカジキも
美味しくなりそう!
Commented by Mchappykun2 at 2018-04-09 00:27
ソーニャさんへ

ヨーロッパに10年くらい住んでいた上の姉が、ビーツが日本では高いし、あまり出回らないと嘆いていました。fleur de selさんはビーツをよく生のままお使いになりますが、私はオーブン蒸しが一番好きです。いわゆる暗赤色のものより、ピンクやオレンジの色の方が味がマイルドな気がします。

ポークチョップでなく、カジキマグロも良いですね。こちらではカジキマグロは多分英語のswordfishですが、とても高いのです!
Commented by akdeniz_tk at 2018-04-09 12:29
ビーツは、手がものすごく汚れる真っ赤なのしか見たことないですが、こんな鮮やかなオレンジのもあるのですね。
オーブン焼き。一度は食べてみたいと思いつつ、未だに試したことがありません。
ボリュームのあるサラダ。満足感もあって、おいしいですよね。
Commented by Mchappykun2 at 2018-04-10 00:37
akdenizさんへ

↑にも書きましたが、オレンジのほか、ピンクもあり、横に切ると渦巻き状で綺麗です。手に色もつかないし、こちらの方が好みです。ビーツのサラダは確かにボリュームありますね。
Commented by タヌ子 at 2018-04-10 23:22 x
両親主体の食事で、毎日が病人食のような生活なので、このガッツリお肉の画像に胃がグーグー鳴ってしまいました(笑)
色々な種類のビーツが買えて羨ましいです。
ビーツは今まで一つ一つアルミで包んでローストしてましたが、水を加えて蒸しローストにする方がしっとり仕上がりそうですね。
↓フランスに戻るころにはブルターニュさんの美味しいアーティチョークが出回っているかもしれません。
Commented by Mchappykun2 at 2018-04-11 03:20
タヌ子さんへ

毎日病人食のようだと、ガッツリお肉が食べたくなる気持ちはよくわかります。私も普段はシーフードやさっぱりしたものの方が好みですが、たまにこういうお肉ーのものが食べたくなりますもの。
ビーツ、このようにオーブンで蒸し焼きが一番好きです。カリフォルニアは多種類のお野菜が取れるのでラッキーです。
ブルターニュ産のアーティチョークなら美味しいでしょうね。
Commented by Dali at 2018-04-11 08:08 x
初めまして!塩レモンとチキンのレシピを探していたらこちらのブログにたどり着きました。私もサンディエゴに住んでおります。
とても素敵なお料理ばかりでうっとりと眺めてしまいました。
ホールチキンのおこぼれを狙っている犬が脇にスタンバイしてますが(笑)美味しそうなレシピを参考にさっそく作ってみようと思います。ありがとうございました!
Commented by Mchappykun2 at 2018-04-11 14:23
Daliさんへ

初めまして。ようこそ私のブログへいらっしゃいました。そして、コメントまで残してくださりありがとうございます。
サンディエゴにお住まいとは!ニジヤさんででもすれ違ったことがあるかもしれませんね。
お褒めいただき恐縮です。ワンちゃんも飼っておられるのですね。我が家にももうじき11歳になる犬がいます。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by fleur de sel at 2018-04-11 16:00 x
黄色いビーツはあまり見たことがありません。中が白く赤紫の輪が入っているはよく見かけます。フランスで売っているオーヴン焼きの物はお百姓さんが収穫後夜一晩かけてオーブンに入れて焼くもので皮の部分はしわしわぐちゃっとしていて甘身がとっても強いです。健康食品として現在とても流行っていて義妹の家ではいつもというくらいよく出てきます。我が家は主人最近やっと生なら食べるようになった野菜なのです。このくらいの焼き時間の方が美味しそう。アボカドのソースとの組み合わせがとっても新鮮 この組み合わせで試してみます。ポークチョップもとても美味しそうです。
Commented by Mchappykun2 at 2018-04-12 03:26
fleur de selさんへ

黄色いビーツは案外珍しいもののようですね。ほとんどいつでも手に入るのはラッキーなのですね。
ビーツはご主人様が苦手なのですね。生の方が癖がないかもしれませんね。ビーツは独特な土の香りがしますが、そこが素朴な野菜という感じがします。
実はレストランで出てきたビーツはもう少し硬かったのです。ローストの時間は時々串を刺してみて自分好みの硬さにします。
このようながっつりのお肉もたまに食べたくなります。