やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

久しぶりのすし大田

いつもの仲間4人が集まって友達の誕生日会を開きました。バースデーガールがリクエストしたお店は すし大田

3人は本日のおまかせをオーダー。おまかせ はメニューには載っていないので、慣れないアメリカ人は分からないかもしれません。どうして載せないのかは不明です。

e0351091_3561681.jpg

さて、最初はサラダ。ミックスグリーンと烏賊と魚を揚げて南蛮漬けにしたようなものと一緒でした。このお店にしては少し味が濃かったです。

e0351091_3563018.jpg

友達の一人が頼んだお刺身サラダ。鮭やマグロのお刺身が入った大盛りサラダ。

e0351091_3564393.jpg

お造りは帆立、カンパチ、大トロ、鮃。ヒラメはポン酢で。おまかせで出てくるものにはすべて本山葵です。おまかせでないものには粉山葵。値段の違いでしょうか。

刺身のツマも大葉も大田さんのは美味しい!

e0351091_3565813.jpg

握りは左から、鮭、中とろ、次は?、ウニ、シマアジ。この握りは太田さんが握ったものではないのが見てわかります。ここは寿司職人が7−8人カウンターの後ろに入っています。

大田さんの前のカウンターには二人組でないと予約できないと言われ、しぶしぶテーブル席だったのです。

e0351091_3572061.jpg

魚介類のカマクラ風和風グラタン。カマクラ、雪で作った家で地名の鎌倉ではありません。南瓜のピュレの上に鯛、烏賊、帆立、上にかかっているのはすりおろした長芋です。

大葉とオリーブオイルのソースをかけていただきます。

e0351091_3573420.jpg

そして、また握り。左から鮪のヅケ、アオリイカ、イクラ、金目鯛、穴子。小ぶりなこの握りは太田さんが握ったのかもしれません。昨夜も大田さんはカウンターの後ろには立っていませんでしたから、奥で握ったのかもしれません。

次にアサリのお味噌汁が出てきましたが、インパクトがないので写真は載せません。

e0351091_3575210.jpg

最後のデザート。4種類のアイスクリームから選びます。3人ともベリー・ベリー。ラズベリーアイスクリームの上にフレッシュなラズベリーですが、量が少し上品すぎ。デザートにも少し力を入れた時期もあったのですが、また以前に戻りました。お寿司屋さんだから仕方ないでしょう。

汁物を入れて全部で7種。やはり、すし大田はサンディエゴでは一番美味しいお寿司屋さんです。ネタの新鮮さと丁寧な仕事は他の追随を許しません。

美味しい料理に舌鼓を打ちながら、楽しいお喋りで時間を忘れ、お店に入ってから2時間以上が経って、やっとお開き。次はいつ、どこで集まりましょうか?


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-02-20 03:59 | レストラン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sprnokchn2.exblog.jp/tb/27091147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asu at 2018-02-22 02:49 x
お・い・し・そ・う!!! いいなーいいなー ^^
お寿司がいいですよね。やっぱり☆
どれもとても美味しそうです。 
あー お寿司とあ言わないので・・美味しいお刺身が食べたくなりましたー明日 探してこよーっと♪
私も誕生日にはお寿司を選ぶと思います!!!
Commented by Mchappykun2 at 2018-02-22 03:50
asuさんへ

やっぱり、お寿司は美味しいですよね。サンディエゴにはお寿司屋さんはそれこそ沢山ありますが、しかも日本人がやっているお店も沢山、でも、やはりここが一番です。いつも満員なので、2週間以上前の予約が必須です。お客さんはアメリカ人の方が多いです。
握りは技術も必要だから、アメリカでこういうものが食べられて幸せです。
Commented by petapeta_adeliae at 2018-02-23 01:19
お刺身サラダ、お洒落なデザートがあって一品料理が
個性的でアメリカだなぁ。
後ろの席の後輩んちの娘は回転しない寿司屋に行ったことがないと今日話していたところです。
そう云えば、職場で行った築地のお寿司屋さん以外で
テーブル席に通されたことがないかも。
お寿司屋さんは行きつけだし、連れて行かれたとしても
相手の行きつけだからやっぱりカウンター。
端から端までの貝を注文することから始まります。
中トロと雲丹の間はヒラマサ?
Commented by Mchappykun2 at 2018-02-23 04:02
ソーニャさんへ

最初にサラダが出てくるところがいかにもアメリカですよね。でも、季節によって一品料理は様々なものが出てきます。
お寿司屋さんは何と言ってもカウンターで食べる方が好きです。握った先から食べる方が美味しいです。
ヒラマサ、ではなかったような。でも、きっとその系統でしょうね。
貝類は私も好きですが、サンディエゴではあまりお目にかかりません。せいぜいみる貝くらいかも。たまに青柳があることがあります。貝類は足が速いから、日本からの空輸もちょっと難しいのかも。このお店、日本から直接仕入れているネタが多いです。