やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

スパイシーな鮪のステーキ

お節のお重に詰めようと塩麹につけておいた鮪の中トロのお刺身。二日漬けておいたら、表面が茶色になっていました。本当は棒状に切って海苔で巻こうと考えていたのです。悪くなってはいませんが、人様にお出しするのはためらわれて、次の日に別の料理にしました。

白・黒・グリーンペッパーの粒、コリアンダー、カルダモンを潰して、生姜のすりおろしを加え水分を拭いた鮪にまぶして、20分ほど置きます。

オリーブオイルをフライパンに熱し、鮪の表面を片面約30秒ずつ焼きました。

e0351091_422048.jpg

一方大事にとっておいた最後の柿、アボカド、柚子胡椒、塩、ライムの汁、オリーブオイル、パセリも香菜もなかったので、三つ葉の千切りを加えてサルサ風にして添えました。

e0351091_424590.jpg

中はまだレアーの状態で、スパイシーな鮪と甘い柿ののサルサがよく合いました。

e0351091_43299.jpg

お節の残りと一緒に。今年はたたき牛蒡が美味しくできました。多分、縦半分に切ったゴボウのスの入っている部分を取り除いたからかもしれません。柔らかでありながら、シャキシャキとした歯ざわりも残っていました。

2−3日はお節の残りを変身させながら料理するのもまた楽しみです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2018-01-05 04:04 | レシピ | Comments(2)
Commented by petapeta_adeliae at 2018-01-06 18:54
折角半作成しているのに急なキャンセル、
または自分の都合で食材が可哀相になることありますよね。
でもMchappykunさんは機転が利くから食材も
喜んでますね。
私には浮ばないスパイスだし、柿のサルサで
日本人好きの甘辛の美味しいひと皿なんでしょうね!
Commented by Mchappykun2 at 2018-01-07 01:48
ソーニャさんへ

私は勿体無がり屋なので、なんとか救済策を考え、今回はうまく使えました。結構お値段の張った中トロですから、こちらもちょっと必死です。