やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

鯛と水菜の和風セヴィチェなど和食5品

日本食料品店にも冬に美味しくなる葉物野菜が豊富に出回り始めました。

お鍋や炒め物、特に生でサラダのようにして食べる水菜が大好きです。

e0351091_3552750.jpg

シャキシャキした水菜を鯛の昆布締めと一緒に和風セヴィチェにしてみました。(水菜の栄養素についてはここ☆を参考になさってください。)

昆布締めにした鯛の細切り、1センチ長さに切った水菜、ライムの汁(レモンでも良いです)、柚子胡椒、オリーブオイルで和えましたが、とても美味しくできました。

e0351091_3555560.jpg

もう1枚の鯛の昆布締めはいつも通り翁和えに。翁和えは食べ慣れているせいか、今回は水菜と和えた方が爽やかで、ことさら美味しく思いました。

e0351091_3561523.jpg

そして、また見つけた鮟鱇の肝。(あん肝の作り方はここ⭐️をご覧ください。)手のひら大で$2.50しかしないのです。もちろん買い求めて、今回は酢味噌でいただきました。味噌の素を作ってあったので、これに米酢を足しただけです。

e0351091_356287.jpg

柿と蕪の酢の物。彩に三つ葉の千切りを加えて。蕪は切ってから少量の塩をまぶし、しんなりしたら水分を絞ります。酢の物といってもレモン汁をかけて和えただけです。柿が甘いので、蕪の塩気とレモンの酸味だけで十分です。

e0351091_3563975.jpg

立派な蕪の葉っぱは油揚げと炒め煮。いつの間にか5品になっていました。

季節の食材をたっぷりとると、心も体も喜びます。お腹いっぱい、満ち足りた夕食でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-12-06 03:57 | レシピ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sprnokchn2.exblog.jp/tb/26239110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タヌ子 at 2017-12-06 08:48 x
近所のオーガニック農家さんが水菜を栽培中らしく、この冬の楽しみが一つ増えました。
でも、鯛のお刺身は無理…
あん肝は外国では人気がないからか、日本に比べると大分安いですよね。
でも、フランスはアメリカほどは安くないはず(最近買ってないので確かではないけれど)。
↓夫は目玉焼きが大好きなので、お友達が頼まれたお料理を見たら、大喜びで食べると思います(笑)
Commented by Mchappykun2 at 2017-12-07 01:29
タヌ子さんへ

水菜を栽培するオーガニックの農家さんがご近所とは素晴らしいですね。最近日本の野菜、春菊とか水菜とかフランスの一流レストランが使っているという話を聞きます。

最近ずっとあん肝は日本食料品店から消えていたので、また出てきて嬉しいです。

私の亡夫も卵が大好きで、卵があればご機嫌でした。きっと、一つしかないと文句を言ったかも。
Commented by asu at 2017-12-07 21:37 x
水菜、私も日本へ帰ると、必ず、沢山食べます!!勿論こちらでは売っていません・・
あーやっぱりあん肝・・美味しそう・・・☆☆
こちらにはカブがないので、赤カブの葉を油揚げと炒め煮します!量が少ないので超貴重品です!

↓なんとなく、そうかなぁと 想像してしまっていました。。でも、美味しくてよかったですね〜〜 ふふふ。 ^^

Commented by Mchappykun2 at 2017-12-08 03:04
asuさんへ

水菜、美味しいですよね。東に住んでいた時は手に入りませんでした。さすが南カリフォルニアです。この辺で栽培しているのです。日本の蕪というのも外国でなかなか手に入りませんよね。この葉っぱがとても立派なのです。両方手に入るのですから幸せなことです。

↓、ふふふ、わかっちゃいますよね。