やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

松茸の土瓶蒸し

2年前のブログで、松茸の土瓶蒸しが食べたいけれど土瓶がないのでお吸い物にした、という記事を書いたことがあります。

それを読んだ友達が土瓶を分けてくださいました。持つべきものは友達です。ところが私ときたら、大事にしまいすぎて、去年はすっかり土瓶蒸しを作るのを忘れてしまっていました。

そこで、今年初めてのお目見えです。

鰹節で出汁をとり、殻をつけたまま茹でた海老は尾っぽだけ残して殻をむきます。

松茸は小さなボウルでさっと洗ってすぐにペーパータオルで水分を拭きながらゴミをぬぐい、下の砂がついているところは鉛筆を削る要領で削ります。縦にスライスして酒を少々振っておきます。

銀杏は殻をナッツクラッカーで割り、実を取り出し、お湯の中で煮ながら穴ジャクシの底で薄皮をこすり取り、10分ほど茹でます。

e0351091_35692.jpg

海老、松茸、銀杏を土瓶に入れ、熱いだし汁(塩と醤油で調味)を注ぎ、蓋をして網の上で温め、吹きこぼれそうになったら、最後に酒をお猪口に半分ほど入れて出来上がり。

大層美味しくできました。やはり器も大事ですね。

e0351091_353514.jpg

後の料理はシマアジの翁和え。塩締(今回は10分)にし、酢に漬けた(数分)シマアジは細切りにし、ほぐしたとろろ昆布と和えました。

青梗菜はお浸し。青葱の千切りを合わせます。

そして、松茸ご飯。今回は銀杏も入れてみました。松茸と銀杏、これも出会いのものです。

e0351091_36068.jpg

昆布と日本酒、塩を入れて炊いたご飯。スイッチが切れたら適当な大きさに切って酒少々をふりかけた松茸と茹でた銀杏を入れて蒸らします。

秋満載の食卓、ご馳走様でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-11-07 03:08 | レシピ | Comments(6)
Commented by asu at 2017-11-07 22:58 x
ふふふ。大事にしまいすぎて・・ わかります。わかります。^^
器は、大事ですよね。今や、断捨離、という言葉を耳にしますが・・ 料理は、器がとても大事だと思っています。
料理を更に美味しく、そして、作る側も、食べる側も、心が豊かになる気がします。 土瓶に入れた方が、100倍、味も、心も、満たされますよね!!
Commented by petapeta_adeliae at 2017-11-08 00:21
大切にし過ぎてて忘れたってあるある。
一昨年、可愛いパンプスを買ってたのに去年忘れてました。

松茸も土瓶に入るとやっぱり違いますね。
それに柄がステキです。それにしても具沢山で
魅力的です♡
お料理教室中にお客さんから電話があって松茸の
リクエストがあり、師匠は親指サイズで1万円ですが! と
確認してました。7月〜10月まで雨ばっかりで茸は
すべて不作だそうです。

Commented by fleur de sel at 2017-11-08 05:49 x
土瓶蒸しは大好きで日本に住んでいた時には母によく作ってもらいました。家に沢山あった土瓶何故持ってこなかったのかとも?でもこちらには松茸はないしセープとは異なるし。諦めました。素敵な秋の食卓ですね。松茸ご飯最後に蒸らすときに生で入れるの触感も香りもとっても美味しそうです。銀杏の焼いたものが食べたくなりました。
Commented by Mchappykun2 at 2017-11-09 04:37
asuさんへ

料理と器、大事ですよね。物を増やしたくないので、極力買わないようにしていますが、時々崩れます。やっぱり、土瓶蒸しは土瓶でないと美味しくないですよね。
Commented by Mchappykun2 at 2017-11-09 04:39
ソーニャさんへ

みなさん、大事にしすぎて、、、というのがあって、自分だけではないと慰められました。
松茸、アメリカ産は安いのです。7センチ長さが4本、(傘が開いていないランク#1)で12−3ドルでした。香りは日本のものに比べたら落ちると思いますが。
Commented by Mchappykun2 at 2017-11-09 04:42
fleur de sel さんへ

セープも美味しいけれど土瓶蒸しはやっぱり松茸にしたいですものね。銀杏も日本産のものとは違い、黄色なんですよ。確か中国からの輸入です。日本のものはとても綺麗は翡翠色ですよね。銀杏は紙袋に入れて電子レンジという手もあったことを後で思い出しましたが、時々それだと爆発するので、やはり手間はかかりますが、殻を割って茹でたほうが無難です。