やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

茸としゃぶしゃぶ豚肉のスープ仕立て

季節外れの猛暑もひと段落し、今朝は半袖では涼しく感じられるようになり、やれやれです。

暑くなる前に作った夕食で、地味な色合いですが美味しかったので、アップすることにしました。

本当はお味噌汁にしようと思って買った杏茸(シャンテレル)ですが、合わせて買っておいたシメジとしゃぶしゃぶ用の豚肉と一緒にスープ仕立てにしてみました。

野菜だし汁に日本酒を加え、茸類を煮、しゃぶしゃぶ用の豚肉を加えます。アクを取り、みりんと醤油で調味。薄味に仕上げます。軽く絞った大根おろしをたっぷり添えて、七味唐辛子とレモン醤油をかけていただきます。

e0351091_2233348.jpg

茸類からも出汁が出るので、美味しいスープになります。茸はこのほか、生椎茸やえのき、エリンギなど、お手持ちのもので良いですが、少なくとも2種類は入れた方が良いように思います。

わざと沢山作り、次の日のお昼はおうどんを入れて食べました。これもまた美味しかったです。

付け合わせは蕪と三つ葉、干し菊の酢の物、モロッコインゲンのおひたしです。(茹でて熱いうちにみりんと醤油を絡ませ、最後に鰹節)

今年のご近所さんのハロウィーンのディスプレーは地味なものが多いです。しかも、ディスプレー自体がとても少なくなりました。子供が成長してきたのかもしれません。

e0351091_2235944.jpg

その中で、気合いの入ったお宅を見つけました。

e0351091_2241385.jpg

アメリカの子供達にとって、クリスマスの次に楽しみなハロウィーン、もうじきですね。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-10-28 02:25 | レシピ | Comments(6)
Commented by melocoton1 at 2017-10-28 16:44
こちらも10月は暖かかったのですが、昨日あたりから冷え込んで来たので、しゃぶしゃぶとかお鍋とかの気分になって来ました。

大根おろしが眩しい。 こっちの大根イマイチなのが多く、全然辛くないし、すが入っているのがほとんどです。
Commented by Mchappykun2 at 2017-10-29 00:26
meloさんへ

こちらはやっと熱波が過ぎ去り、ちょうど良い気温になりました。最高気温が20度代の前半です。

昔、イギリスで大根は中華街かインド人の八百屋さんで買っていました。こちらも時々スが入っていて、がっかりさせられます。今回の大根はかなり良い大根でしたが、日本のみずみずしいものと比べたらかなり落ちます。
Commented by petapeta_adeliae at 2017-10-31 00:13
母が台所でがんばっていた頃に、
豚しゃぶ用肉+きのこ+厚揚げが食卓に並んでいたことを
思い出しました。うちの母は厚揚げと高野豆腐好き。
お野菜たっぷりのMchappykunさんちの食卓は
見ているだけでも血液サラサラになりそう。
Commented by Mchappykun2 at 2017-10-31 00:34
ソーニャさんへ

茸は繊維質も多いし、ヘルシー食品なんですよね。これに厚揚げ入れても美味しそうですね。
私はお野菜と魚介類が大好きなんですよね。気がつけばそんなものばかり食べています。
Commented by fleur de sel at 2017-10-31 22:16 x
茸類は秋に森でとれるもの野他はあまり養殖のもの手に入りません。しめじは手に入るのですが美味しくないので一度買ってそれからは。
そちらはハロウィン大きな行事のようですね。飾りつけ凝っています。
下のゴットチーズのケーキですが当地名物ののトルトー フロマジェーに似ています。焼き時間は長く表面は黒く焦げるのですが中はとってもしっとりふんわりしたものです。
Commented by Mchappykun2 at 2017-11-02 00:58
fleur de sel さんへ

野生のキノコは香りがあって美味しいでしょうね。ここでは輸入物のほか作っているところもあるらしく、しめじ、えのき、エリンギ、椎茸は年中手に入ります。でもやはり秋にならないと出てこないものもあり、季節物の方が美味しいです。
アメリカのハロウィーンは一大行事です。子供中心ですが、大人も多いに楽しんでいます。お店の店員さんもこの日ばかりは派手にメイクしたり派手にメイクしたり仮装しています。

ゴートチーズケーキ、きっとトルトー フロマジェーを基にしているレシピかもしれません。このレシピの方は有名なアメリカ人の料理研究家ですが、フランスに何十年も滞在している方です。