やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:鴨料理 ( 6 ) タグの人気記事

鴨のソテー 無花果のソース

少し前のことですが、友達から頂いた美味しい無花果とイタリアからのバルサミコ酢を鴨のソテーに合わせることを思いつきました。

e0351091_241212.jpg

思った通りとても美味しくでき、今まで何故気が付かなかったのか、不思議にさえ思いました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_243030.jpg

付け合わせはズッキーニとトマトのロースト。縦に切り込みを入れたズッキーニにガーリックの薄切り、塩胡椒、ミニトマトを散らし(普通のトマトの薄切りを切り込みに挟むともっと綺麗です。)、オリーブオイルをまわしかけ、約200度Cのオーブントースターで14−5分焼きました。

e0351091_244229.jpg

サラダはピーラーで剥いた胡瓜とミント。少量の砂糖と塩胡椒、白ワインヴィネガーのドレッシングで、オイル類は入れません。

このところ涼しくなり、朝晩は半袖では肌寒くなりました。このまま秋になるのなら、ほっとするような寂しいような。しばらくは夏と秋の狭間の食材が楽しめそうで、それは嬉しいことです。


鴨のソテー 無花果のソース
材料 (一人分)


鴨のマグレ 片側1枚 室温にする
塩・胡椒
タイム できればフレッシュなもの 数本
無花果 3個
蜂蜜  小匙1
ポートワイン  大匙1−2
ライムジュース 1/2個
無塩バター 小匙2
バルサミコ酢  小匙1−2

1.鴨は余分な脂と皮を取り、皮目に十字の切り込みを入れ、両面に塩胡椒する。

2.フライパンを非常に熱くして、オイルを敷かずに皮目からソテーする。じっくり焦げないように7分、ひっくり返して3−4分。これで大体ミディアムレアーです。別皿に取り、アルミホイルをかぶせる。

3.フライパンの油を少し残して捨て、無花果を両面20秒ほどソテーして別皿に移す。

4.同じフライパンに蜂蜜とポートワイン、タイム(2−3本)、ライムジュースを加えて弱火で少し煮詰める。バターを加える。

5.鴨と出てきた汁、無花果も一緒にフライパンに戻し、鴨と無花果を汁に絡める。

6.鴨をスライスし、無花果と一緒に皿に盛る。残りのタイムを飾る。

7.最後にバルサミコ酢をまわしかける。

*バルサミコ酢はポートワインと一緒に煮込んでも良いのですが、モデナの美味しいバルサミコ酢をストレートに味わいたくて、最後にかけました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-09-16 02:05 | レシピ | Trackback | Comments(4)

胡瓜とカリフラワー、ミントの爽やかサラダ

朝から抜けるような青空が広がり、サンディエゴらしい涼やかな初夏になりました。

公立学校は今週で終わり、長い夏休みに入ります。私の生徒も日本へ長い一時帰国や旅行、キャンプへと飛び立つので、大分ゆったりした時間が過ごせそうです。

こんな初夏の日にふさわしい見た目にも爽やかなサラダを作りました。

ピーラーで長く剥いたペルシャ胡瓜、生のカリフラワー、晒し玉葱、ミントのサラダです。

e0351091_281389.jpg

塩胡椒、ライム(またはレモン)のゼストと汁、オリーブオイルがドレッシングです。ミントは食卓に出す寸前にちぎって加えます。

私が使ったのはカリフラワーのスプラウトですが、普通のカリフラワーで大丈夫です。茎の部分の皮は剥いてください。

メインは鴨のソテー。先日作ったチェリーの赤ワイン煮を添えて。

e0351091_29117.jpg

鴨は皮目に格子状の切り目を入れ、水分を拭き、塩胡椒して非常に熱くしたフライパンで皮目から焼きます。焦げないように火は弱目にして、7−8分。ひっくり返して4−5分です。

一旦別皿に取り、アルミホイルをかぶせます。フライパンの脂を小さじ1ほど残し後は捨て、赤ワイン(大匙2)、バルサミコ酢(小匙1)を加え、チェリーの赤ワイン煮を加えて少し煮詰めます。

鴨から出た肉汁もソースに加え、鴨は削ぐようにスライスして、最後にタラゴンをのせました。タラゴンの優しい香りが合いました。

e0351091_29348.jpg


もう一つの副菜は電子レンジで調理したアスパラガスと鞘のままグリルした空豆。塩胡椒とオリーブオイルとオレガノ、タイムで調味。

季節感あふれる爽やかな食卓になりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-06-15 02:11 | レシピ | Trackback | Comments(4)

鴨のソテーと金柑

日本の旅行記を書いている間に作った料理の写真が何枚かたまりました。

今日はそのうちの一つ、鴨のソテーと金柑のご紹介です。

久しぶりに食べたくなって買い求めた鴨。どんな果物に合わせようかと考え、ふと、金柑とは組み合わせたことがないことに思い当たりました。

e0351091_243788.jpg

金柑は実は酸っぱいのですが、皮はとても甘いです。ですから、皮のまま横に切って種を取り、砂糖と蜂蜜と水で煮ておきます。

ソースは赤ワインとバルサミコ酢と金柑を煮たシロップ、オレンジジュースを使います。

彩りもよく、オレンジとはまた違った香りと味を楽しむことができました。

e0351091_2394028.jpg

付け合わせはローストした人参、菊芋、アスパラ。サラダは洋梨、レタス、くるみ、ドライクランベリー、シェーブしたゴーダ系のチーズ。ブラッドオレンジのオリーブオイルをかけただけです。


鴨のソテーと金柑
レシピ:Dorie Greenspan著「around my french table」を参考
材料:一人分 カップはアメリカサイズの250ml

金柑シロップ(3人分) 金柑シロップはヨーグルトやアイスクリームにかけても美味しいので、3人分作りました。
金柑 12個
オーガニックの砂糖  カップ1/4 
蜂蜜 大さじ1−2
水 1カップ

金柑は横に4つに切り、種を楊枝などで取り出す。
水、砂糖、蜂蜜を鍋に入れて火にかける。砂糖、蜂蜜が溶けたら、金柑を入れ約10分煮る。金柑に透明感が出たら火を止めてそのまま冷ます。(冷蔵庫で5日間もつ。)

ソースと鴨(一人分
赤ワイン 1/2カップ
バルサミコ酢 大さじ1
シャロット 1個 みじん切り
黒胡椒粒 5個 潰す
コリアンダーシード 4個 潰す
オレンジジュース 1/4カップ
チキンブロス 3/4カップ
金柑を煮たシロップ 大匙1−2 

鴨のマグレ 一人分
塩・胡椒
黒胡椒粒 潰す (飾り) 

ワイン、バルサミコ酢、シャロット、胡椒粒、コリアンダーシードを鍋に入れ、半量になるまで煮詰める。オレンジジュースを加え、さらに5分煮る。チキンブロスを加え、さらに少し煮詰める。網で濾す。(冷蔵庫で2日持ちます。)

鴨は余分な皮を除き、皮目に格子状の切り目を入れ、両面に塩胡椒する。フライパンを非常に熱くして、オイルを敷かずに、鴨の皮目からソテーする。火は中火よりやや弱めで、8分、皮が狐色になるまで焼く。ひっくり返して約3分でレアーの焼き加減です。もう少し焼きたい方は、1−2分余分に。別皿に移し、アルミホイルをテントのようにかける。

フライパンの油を大さじ1残してあとは捨てる。ワインのソースを入れて中火よりやや強めの火で煮、金柑シロップを加える。

鴨から出たジュースも加え、更に少し煮、味を整え、鴨を戻してソースに絡めながら両面30秒ずつ火を入れる。

鴨をスライスし、ソースと金柑を乗せ、潰した黒胡椒粒を散らす。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-05-05 02:40 | レシピ | Trackback | Comments(4)

鴨のソテー 葡萄の赤ワインソース&日本からの嬉しい贈り物

頂き物の大きな粒の甘い葡萄。皮が薄いので丸ごと食後やサラダに頂きましたが、料理にも使いたくて、鴨のマグレを買ってきました。

写真ではチェリーのように見えますが、赤葡萄です。赤ワインに蜂蜜とライムのゼスト、ジュース、を加え、葡萄の皮が破れるくらい煮てソースにします。

e0351091_253182.jpg

かなりレアーに仕上がってしまいましたが、熱いソースに絡めれば、丁度良くなります。葡萄の甘酸っぱさが鴨にピッタリでした。

そして昨日、日本からの贈り物が届きました。箱は素敵な「和の食文化」シリーズの切手に包まれています。

e0351091_329330.jpg

中味は美味しそうな北海道のおかきやお菓子にさきいか天。チャー君のおやつまであります。どれから手をつけようかと嬉しい悩みです。温かなお心遣いに感謝、感謝。

e0351091_254053.jpg

ソーニャさん、誠にありがとうございました。


鴨のソテー 葡萄の赤ワインソース
材料(1人分)


赤い葡萄  中1房 (皮の薄い種無しの赤葡萄が適しています。)
赤ワイン  250ml
蜂蜜  小匙1/2−1(葡萄の甘さによる)
ライムのゼストとジュース 1個分

赤ワインに蜂蜜とライムのゼストとジュースを加えて煮立ったら、葡萄を入れて、弱火で皮が破けるくらいになるまで煮込む。(5−10分、葡萄の大きさによる。)

鴨のマグレ 1枚
塩胡椒  適宜
ガーリック 1片 皮をむいて潰す
パセリまたはタイム 適宜

鴨は余分な脂を切り取り、皮目に1センチ幅の格子状に切り目を入れる。両面に塩胡椒する。

フライパンを非常に熱くし、皮目からソテーする。鴨の厚さによるが、片面5−8分。一緒にガーリックとパセリもソテー。

鴨を取り出し、アルミホイルで包む。

フライパンに小さじ2ほどの脂を残し、葡萄の赤ワイン煮を加えて、少し煮込む。とろみをつけたい場合は、片栗粉をワインで溶き、加える。

鴨をそぎ切りにして扇状に並べ、葡萄の赤ワインソースをかける。

*赤葡萄のワインソース煮はヨーグルトやアイスクリームにかけても美味しく召し上がれます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-11-14 03:01 | レシピ | Trackback | Comments(8)

鴨と桃のポートワインソース

和風の冷製ローストに胡麻ソースを頭に描いて買ってきた鴨のマグレですが、冷蔵庫の中で鎮座している巨大な白桃を見て、気が変わりました。


日本食料品店で買ってきた直径10センチはある大きな白桃をなんとかせねばいけません。というわけで、久しぶりに鴨に桃を合わせました。

e0351091_02313629.jpg

お皿に盛ってもこの桃の存在感。切り方にもう一工夫が必要でした。


副菜の一つは玉蜀黍と赤いパプリカのバター炒め。蒸した玉蜀黍はわざとバラバラにならないようにこそげます。筏のようになったコーンはシャキシャキとして美味しいです。

e0351091_02341249.jpg

サラダは水茄子とトマト、スベリヒユ。ドレッシングは赤味噌(小匙1/2)、プレーンヨーグルト(大匙1)、オリーブオイル(小匙2)。


久し振りの鴨とピーチ、そして色々な野菜。夏ならではの取り合せで美味しくいただきました。


レシピは旧ブログには何度か載せていますが、新しいブログにはありませんので、一応下に書きました。



鴨と桃のポートワインソース

レシピ:Dorie Greenspan著「Around my french table」参考

材料 (一人分)


鴨のマグレ 1枚

桃 小2個

ガーリック 1片 皮はむかずに潰す

オレガノ又はタイム 適宜 (出来ればフレッシュなもの)

蜂蜜 小匙1

ポートワイン  大匙2

バルサミコ酢  小匙2

白ワインヴィネガー  小匙2

無塩バター 小匙1

塩、胡椒 適宜


1.鴨は余分な皮を取り除き、皮目に格子状の切り込みを入れ、両面に塩胡椒する。


2.フライパンを非常に熱くし(油はしかない)皮目から焼く。火は弱めの中火。厚さにもよるが、片面約4分。皿に取り出し、アルミホイルをかぶせる。


3. フライパンに脂分小匙2程残し後は捨て、ガーリックとオレガノ又はタイムを入れ、ピーチをソテーする。両面が狐色になったら別皿に移す。ガーリックとタイムは捨てる。


4.フライパンに蜂蜜を入れ、溶けたらポートワイン、ヴィネガー類、鴨肉から出た肉汁を加え少し煮詰める。


5.ソースを煮詰めている間に鴨を削ぎ切りにして皿に桃と一緒に盛る。


6.ソースにバターを加え、バターが溶けたら鴨と一緒にサーヴする。


*鴨はロゼに仕上げた方が旨味があります。ソースが熱いので切った鴨が加熱されますので、ご注意ください。私はお皿にソースを敷いてから鴨をのせました。


[PR]
by Mchappykun2 | 2016-08-21 02:39 | レシピ | Trackback | Comments(8)

ズッキーニのシャルムラソース炒め

生のままサラダにしようと買ってきた知野ファームのズッキーニですが、作る直前になって気が変わりました。

やはり火を通した方が沢山食べられると思ったからです。

そこで、私のアメリカのお助けレシピサイト、epicurious.comから中東料理のシャルムラ(chermoula, charmoula)ソースで炒めることにしました。

e0351091_2321888.jpg

レシピは下に書きましたが、ピリッとして、ハーブの香りの良い夏にぴったりの一品になりました。シャルムラは魚料理にも合いますが、パスタのソースにしても良さそうです。

e0351091_2323481.jpg

メインは鴨のソテーとチェリーの赤ワイン煮。何度も作っている料理ですが、いつ食べても美味しいです。

e0351091_2324934.jpg

オレンジ色のトマトとミニトマトはバジルと一緒に。塩とオリーブオイルだけの簡単なサラダが、美味しいトマトの味をストレートに伝えてくれます。

少し酸味のある食べられる花、球根ベゴニアの鮮やかな黄色が、一層夏らしい食卓にしてくれました。


ズッキーニのシャルムラソース
レシピ:epicurious.comを参考
材料 (二人分)

シャルムラ
玉ねぎ 中1/2個  皮を剥いてすり下ろす
ガーリック 中2片  皮を剥いてみじんん切り
パプリカ粉 小さじ1/4
カエンヌペッパー  小さじ1/4
クミンの粉  小匙1/4
コリアンダーの粉 小匙1/4
オリーブオイル  大さじ1
塩胡椒  適宜
水  大さじ2

ズッキーニ
オリーブオイル  小匙2
ズッキーニ 中2本 マッチ棒の大きさに切りそろえる
塩胡椒  適宜
レモンジュース 1/4個分
イタリアンパセリ  みじん切りで大さじ1
香菜   みじん切りで大さじ1 (私は香菜を切らしていたので入れませんでしたが、パセリだけでも十分においかったです。でも、香菜があったらもう少しエスニックな香りになるでしょう。)

シャルムラの材料をすべて合わせ、室温で10分ほどおいて、なじませる。

ズッキーニをオリーブオイルで3−4分炒める。シャルムラとレモンジュースを加えて更に1分炒める。最後にパセリと香菜を加えて混ぜる。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-07-20 02:35 | レシピ | Trackback | Comments(10)