やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:豚肉料理 ( 24 ) タグの人気記事

豚フィレ肉とチェリーの赤ワインソース

何度かアップした料理をまた載せるのは気が引けますが、新しいブログでは始めてなので、大目に見ていただきます。

豚フィレ肉を1センチの厚さに切り、塩胡椒、タイム、ロズマリー、オリーブオイルをまぶしてソテー。冷凍してあるチェリーの赤ワイン煮を解凍して、ソテーした後のフライパンで温めてお肉の上にかけます。

e0351091_341872.jpg

オレンジのゼストをかけて。チェリーソースができているので、忙しい日にもあっという間にできます。(後で判明したのですが、オレンジではなくレモンだったのですが。)

付け合わせは人参のグラッセ。少ない水とバターひとかけ、生姜のすりおろしを入れて蒸し煮のようにします。お皿に盛ってからパセリのみじん切りを散らすと綺麗です。

e0351091_3412440.jpg

いただいたオレンジはミニトマト、サラダ菜、紫玉ねぎとサラダ。ところが、このオレンジ、口に入れた途端あまりの酸っぱさに飛び上がりそうになりました。

e0351091_3413862.jpg

どうもレモンだったようです。道理で果肉の色が薄い。大きさも形も皮の色もオレンジだったので、てっきりオレンジだと思ってしまいました。

オレンジのようなレモンは取り分けて蜂蜜をまぶして冷蔵庫に。オレンジがなくともヴィンコットヴィネガーのおかげで、美味しいサラダでしたが、ちょっと残念でもありました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-02-03 03:43 | レシピ | Trackback | Comments(11)

ポークチョップ グリーンペッパーソース

スペインの旅行記をアップしていた三週間程の間にたまった料理の画像から、11月18日の夕食の写真です。

スペインから帰ってきて、しばらくはさっぱりとした和食が続いたのですが、10日もするとお肉も食べたくなりました。

ポークチョップのセンターカットをソテーして、ブラインしてあるグリーンペッパーとケイパー、白ワインのソースです。グリーンペッパーのピリッとした辛さで食欲が増します。

e0351091_356957.jpg

付け合わせは私の定番のリンゴを入れたマッシュポテト。皮付き(なるたけ赤い方がきれいです)と皮を剥いて角切りにしたポテトを一緒に茹でます。じゃが芋が柔らかになったら茹でこぼし、再度火にかけて水分を飛ばしてから、マッシュし、バターを加えます。

リンゴの程よい酸味が美味しいマッシュポテトです。

もう一品はほうれん草のレモン蒸し。レモンのゼストと塩を一緒にほうれん草を蒸し煮にしたものです。出来上がってからレモン汁を絞ります。これも私がよく作る一品ですが、さっぱりと美味しい付け合わせになります。

e0351091_3562810.jpg

サラダは洋梨、鉢植えのソレル、胡桃と石榴。分かりづらいですが、パルメザンチーズをシェーブしてのせてあります。多分、ヴィンコット・ヴィネガーをかけただけでしょう。

e0351091_3564034.jpg

三週間も前の夕食ですと、そういえば、ともう随分昔の出来事のように記憶が遠い彼方へ消え去っています。

e0351091_3565590.jpg

師走も、もう9日目に入り、先生の端くれである私も大層忙しく、ブログのアップが滞るかもしれませんが、悪しからずご了承下さい。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-10 03:58 | レシピ | Trackback | Comments(14)

豚フィレ肉のソテー プルーンとポートワインのソース

ブログをやっていて良かったと思うことの一つは、自分が作った過去の料理を遡って見ることが出来ることです。

献立に行き詰まった時、この時期は何を食べていたのだろうと、去年や一昨年の自分のブログを読んで、忘れていた料理を思い出したりします。

昨日も自分の過去のブログを読みながら、最近豚フィレ肉を料理していないことに思い至りました。

以前はしょっちゅう作っていたこの料理、思い出して久しぶりに作ってみました。

プルーンをポートワインで煮て柔らかにし、甘酸っぱいジャムやケチャップも入ったソースは豚肉に良く合います。オレンジのセグメントとゼストでお洒落に。お客様料理にもなるきれいで美味しい料理です。(レシピは下に書きました。)

e0351091_19288.jpg

サラダは中途半端に余っていたりんごと柿。ルッコラとゴートチーズ、胡桃と一緒にヴィンコット・ヴィネガーをかけただけですが、私の好きな果物が中心のサラダです。

e0351091_193331.jpg

細いアスパラガスはラップをかけて電子レンジで50秒。ディジョンマスタードにワインヴィネガーとオリーブオイルのソースで。

e0351091_195556.jpg

彩りや盛りつけを考えながら料理するのは本当に楽しいです。一人でも、いえ、一人だからこそ見た目もきれいに美味しく食べれば幸せな気分になれます。


豚フィレのソテー・プルーンとポートワインのソース  
レシピ:Julia and Jacques Cooking at Home 参考にしてアレンジ
材料(二人分)


種無しプルーン 10―12個
ポートワイン ¼カップ
豚フィレ 小1本
塩、黒胡椒 適宜
サラダオイル 大匙1-2
シャロット 中一かけ みじん切り
赤ワインヴィネガー 大匙1と1/2
ブラウンストック又はチキンストック 1/3カップ
ジャム 小匙2 (甘酸っぱいジャムなら何でも良いです。私はこの日はプラムのジャムを使いました。)
ケチャップ 小匙1-2
オレンジ 1個 ゼストとセグメントにする

1.プルーンは熱湯に30分漬けて柔らかにし、水を切ってポートワインに漬けて置く。

2.豚フィレは水分をペーパータオルで拭き、斜めに2センチの厚さに切り、塩胡椒し、ソテーする。(フライパンの中で込み合わないように少しずつソテーする。)

3.豚肉を別皿に移し、冷めないようにアルミをかぶせる。

4.同じフライパンでシャロットを炒め、ワインヴィネガーを加える。ほとんど蒸発したら、ストック、プルーンとポートワインを加え、鍋の底をこそげながら、弱火で少し煮詰める。

5.ジャムとケチャップを加え味見をして、必要に応じて調味する。

6.豚肉を肉汁ごと加え、ソースに絡める。

7.皿に豚肉、プルーン、オレンジをきれいに飾り、ゼストを散らす。(あればパセリを散らしても良い。)



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-16 01:13 | レシピ | Trackback | Comments(11)

豚肉としめじのバターチーズ ♪小林カツ代さんのレシピ♪

底無しのエネルギーに満ちあふれた子供たちのレッスンが終わった6時半。失われた私のエネルギーを補給するために夕食を作らねば。

豚肉の薄切りを冷蔵庫から取り出し、生姜焼きかピカタにでもと思いつつ野菜ケースを開けると、しめじのパックがありました。確か、小林カツ代さんのレシピに豚肉としめじの料理があったはず。

小林カツ代さんの「アッという間のおかず」は簡単なのに美味しいレシピが満載の私のお助け本です。

赤身の豚肉薄切りを一口大に切りバターで炒め、しめじ、パン粉、擂り下ろしたパルメザンチーズを加えて更に炒め、塩胡椒で調味。しめじもパルメザンチーズもたっぷり使うのがコツ。

e0351091_1262699.jpg

お皿に盛ったら、フライパンに白ワインを入れて鍋底をこそげるようにして少々煮詰め、ソースにして上からかけます。

色とりどりのミニパプリカを魚網で焼いて。火を通すと甘味が増すミニパプリカは重宝です。

e0351091_1264239.jpg

トマトと香菜のサラダを添えて、全部で15分で出来る美味しい洋風お惣菜でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-14 01:28 | レシピ | Trackback | Comments(14)