やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:洋風 ( 108 ) タグの人気記事

チョリソーと白菜のトマトシチュー

以前キャベツとチョリソーの自己流カルド・ヴェルデを作ったことがありますが、白菜を大量消費したくて、チョリソーと一緒にシチューにしました。

e0351091_2562295.jpg

白菜にはトマト味が合うような気がして、冷凍庫から缶詰のトマトを加えましたが、思った通り、とても美味しくできました。

e0351091_2563960.jpg

サラダは大根とりんごと貝割れ。ドレッシングは蜂蜜(小匙1/8)、りんご黒酢(小匙2−3)、塩(少々)、サフラワーオイル(適宜)です。

e0351091_257166.jpg

春の香りいっぱいのサンディエゴです。昨日は私もチャー君もヘアーカットをして、春らしく装いました。チャー君はフワフワで真っ白になり、久しぶりにコンディショナーの良い香りに包まれています。(本犬はこの香りが好きでないようですが。)


チョリソーと白菜のトマトシチュー
材料(二人分)


玉ねぎ 半個分  みじん切り
ガーリック 1片 みじん切り
オリーブオイル  適宜
チョリソー 150g 2−3ミリ厚さにスライス
じゃが芋 中1個  皮をむいて角切り
白菜 中1/4 ザク切り
トマトの缶詰 汁も入れて約1カップ
チキンストックまたは野菜ストック  約500ml
鷹の爪 種を抜いて1本
ローリエ 1枚
タイム 少々
塩胡椒 適宜 (チョリソーやトマトの缶詰に塩分があるので、私は塩は入れませんでした。)

1. 玉ねぎとガーリックをオリーブオイルで2−3分炒める。

2. チョリソーを加えて更に炒め、じゃが芋を加え、かき混ぜながら炒める。

3. トマトの缶詰とストックを加え、煮立ったら、白菜、鷹の爪、ローリエ、タイム、塩胡椒を加え、白菜やじゃが芋が柔らかになるまで弱火で煮込む。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-03-27 02:59 | レシピ | Trackback | Comments(8)

ハワイの魚・オパのグリル_スパイシーなヨーグルトソース添え

恐らく、サンディエゴで一番新鮮な食材を売っているアメリカのスーパー、Whole Foodsを訪れました。

魚コーナーへ行くと、品の良い年配のアメリカ人女性が、一切れの魚をお買いになっていました。見ると、opahと書かれています。初めて聞く名前です。

お店のお兄さんに、どうやって食べるのが美味しいのか聞くと、ベイクしたり、グリルしたり、メカジキに似た魚で美味しいよ、というので私も一切れ買い求めました。

e0351091_2324741.jpg

ネットで調べると、ハワイ沖で捕れるとても大きな魚です。写真はウィキからお借りしました。

メカジキに似ているというお兄さんの言葉を信じて、Jaques Pépinさんのレシピを参考に、グリルした魚に香菜、生姜、ハラペニョ、ガーリックにヨーグルトを加えたソースを添えました。

e0351091_2331797.jpg

爽やかでいながらパンチのあるソースは、淡白でありながら脂も乗っているこの魚にとても合いました。生のままだとまるでマグロの中トロのような綺麗なピンクがかった赤い色なのですが、火を通すと白くなります。

e0351091_2352518.jpg

後の副菜の一つはローストしたパプリカとスモークサーモン、紫たまねぎ、ケイパー、レモン、香菜のサラダ。パプリカはオリーブオイルにマリネしておきます。スモークサーモンやケイパーに塩気があるので、塩は入れません。

e0351091_2353861.jpg

もう一品はじゃが芋料理のポムダルファン(ハッシュドポテト)。皮をむいたじゃが芋をさっと洗い、グレーターの大きな穴でシュレッド。青ネギのみじん切りと塩胡椒を加えてテフロン加工のフライパンにバターとサラダオイルを入れて、炒めます。2−3分かき混ぜながら炒めたら、火を弱め、全体を丸くまとめて平らにし、蓋をして片面約10分。ひっくり返して更に7〜8分。最後は蓋を取って表面をカリッとさせるのが私の好みです。手軽で美味しいジャガ芋料理です。

e0351091_23645.jpg

お値段も手頃なオパ、という魚。新しい食材を発見して嬉しい食卓でした。


オパのグリル_スパイシーなヨーグルトソース添え
材料 (一人分)


オパまたはメカジキ一切れ
塩胡椒 適宜
オリーブオイル 適宜

ソース
香菜  みじん切り 大さじ2
生姜  一かけ みじん切り
ガーリック 1片 みじん切り
ハラペニョ みじん切り 小さじ1/2 
塩 適宜
プレーンーグルト  大さじ3

1. オパ、またはメカジキに軽く塩胡椒し、オリーブオイルを両面にまぶしておく。

2.熱した魚の網で焼く。

3. 魚をグリルしている間に、ヨーグルトを除くすべてのソースの材料をフードプロセッサーにかける。(全てを丁寧にみじん切りにしても良いです。)

4.3にヨーグルトを加えて混ぜる。

*上記のソースにはあればミントを加えると一層爽やかになるでしょう。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-03-25 02:42 | レシピ | Trackback | Comments(8)

サーモン海苔巻き

20年以上も長い間私の愛読書とも言える「Jaques Pépin’s Table」という料理本があります。アメリカ在住のフラン人料理家の本です。

この方のレシピはいくつも試しましたが、まだまだ試していないものも沢山あります。

昨日もこの本をパラパラめくっていて、写真を見ていても20年、全く作りたいと思っていなかったレシピを急に試したくなりまた。

e0351091_2545054.jpg

それがサーモン海苔巻きです。今まで詳しくレシピを読んだことがなかったのですが、おそらく却って日本人だったら考えないような料理法でした。(下にレシピを書きました。)

前菜として面白いので、次回は私なりにもう少し工夫したいと思いました。

付け合わせはメキシコ産の白アスパラガスとディジョンマスタードに白ワインとオリーブオイルを加えたソース。

そしてもう一品はフランスにお住いのfleur de selさんのレシピです。ブログを読んで、美味しそうと早速作ってみました。

一口大に切ったじゃが芋にガーリック、ハーブプロヴァンス、オリーブオイル、塩胡椒をまぶして、約200度Cのオーブンで30分焼き上げたものです。詳しいレシピは彼女のブログをご覧ください。

お陰様でとても美味しくできました。fleur de selさん、ありがとうございました。

e0351091_2551136.jpg

サラダは代わり映えしませんが、春菊と生ハム、少し甘くなってきた地物の苺、ローストした胡桃です。ヴィンコットヴィネガーをかけて。


サーモン海苔巻き
材料 (一口大のもの18個分)


鮭 皮付き、骨なしのフィレ 約220g
海苔 大きいまま 3枚

ソース
オリーブオイルまたはサラダオイル  大匙2
レモン汁  小さじ1と1/2
レモンの皮の千切り  小匙1
バルサミコ酢 小匙1と1/2
黒胡椒  小匙1/4
塩  小匙1/4

1. 鮭の皮を剥ぎ、皮はグリルしてパリパリにして、適当な大きさに切る。

2. 鮭は海苔の横幅に合わせて3本に切る。

3. 海苔の片面を少量の水で濡らして、その上に鮭を1本置き、海苔巻きの要領で巻く。

4. 1本を6等分に切り皿にのせ、蒸気の上がった蒸し器で4−5分蒸す。火が通りすぎないように気をつける。

5. ソースの材料を全部合わせて、サーモン海苔巻きの上に少量かけ、残りは別皿に入れてサーモンスキンと一緒にサーヴする。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-03-18 02:57 | レシピ | Trackback | Comments(12)

慈姑のロースト&人参の葉のチミチュリ

ローストしよう、と買ってあった小さめの人参を冷蔵庫から取り出す時に手に触った慈姑のパック。これを一緒にローストしたら、と思いつきました。

慈姑は芽のところを少しだけ残して皮をむき、酢水につけてアクを抜きます。慈姑と皮をむかずそのままの人参にタイムやローズマリー、無塩バターをちぎって乗せて、450度F(230度C)のオーブンに入れて約30分。
e0351091_255089.jpg

慈姑は甘みがあり、ほくほくと栗のような食感でとても美味しくなりました。

人参の立派な葉っぱはみじん切りにしてチミチュリ。ハーブやガーリック、オリーブオイルと混ぜ合わせたディップのような付け合わせです。単独でも良いですが、野菜や魚、肉などにつけて食べます。

e0351091_2551686.jpg

下にレシピを書きましたが、とても美味しいので、新鮮なオーガニックの人参の葉っぱが手に入ったら是非お試し下さい。

メインは塩麹にマリネした鰤のソテー。ガーリックの薄切りと鷹の爪と一緒にオリーブオイルでソテーしました。

e0351091_2553114.jpg

サラダは生ハムとタンポポ、一昨日の残り物の赤ワインで煮たドライ無花果、ブラックベリーを添えて。

今日、3月13日からアメリカはDaylight Saving Time、いわゆる夏時間が始まりました。1時間の早起きというのは結構こたえます。日本との時差は16時間になりました。


人参の葉のチミチュリ
材料(約1カップ分)


人参の葉っぱ  硬い茎は取り除いてみじん切り 約1カップ
クミン 適宜
パプリカ粉 適宜
カエンヌペッパー 適宜
オレガノ  適宜
塩胡椒  適宜
ガーリック 1−2片 みじん切り
白ワインヴィネガー  大さじ1
オリーブオイル  大さじ3−4

上記の材料を合わせるだけです。ハーブは上記のものにとらわれずお好きなものをお使いください。また、塩の代わりにアンチョビを入れても良いかもしれません。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-03-14 02:57 | レシピ | Trackback | Comments(18)

メープルシロップと生姜風味のフライパンで作るローストポーク

なんとも長いレシピ名になってしまいました。

私が使ったポークはフィレ肉です。メープルシロップ(大匙1)、生姜(一かけ)のすりおろし、潰したガーリック(1−2)、醤油(小匙2)、オイスターソース(小匙1/2)、レモンマーマレード(オレンジマーマレードでも良いです。小匙2)、コリアンダー粉(適宜)。これにカエンヌペッパーを加えても良いでしょう。


上記の材料の量はだいたいの目安ですから、お好きなようにアレンジしてください。これらを混ぜて豚肉の塊と一緒にジップロックに入れて、モミモミし、少なくとも3時間は冷蔵庫でマリネします。

フライパンにオリーブオイルを熱し、水分を拭き取った豚肉の全面に焼き色をつけて、蓋をして蒸し焼きにします。大きさによりますが、15分くらいかかります。

残った汁はソースに。足りなかったらマリネ液を足して煮立ててください。照り焼き風味ですが、エスニックでもあります。

e0351091_323114.jpg

付け合わせはドライ無花果、甘栗、ブラックベリー。赤ワイン(1/3カップ)に蜂蜜(小匙1/2)の中でドライ無花果と甘栗を汁気がなくなるくらいまで煮て、最後にフレッシュなブラックベリーを加えました。

豚肉には少し甘いものが合いますね。

e0351091_3232494.jpg

副菜はミニパプリカとミニトマトをオリーブオイルで炒め、最後にバルサミコ酢を回しかけただです。パセリのみじん切りを散らして。塩は使いませんが、バルサミコ酢の味だけで十分です。

ローストポークの付け合わせのじゃが芋にも、塩は入っていません。じゃが芋と皮付きリンゴを一緒に煮てマッシュし、無塩バターを加えただけです。りんごの甘酸っぱさが程よく、調味料がいらないのです。

e0351091_3234667.jpg

私の調味は多分普通の方より随分薄味だと思います。薄味の方が材料そのものの味が引き立って、私には美味しく感じるからです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-03-11 03:25 | レシピ | Trackback | Comments(14)

縮緬キャベツと鶏肉のポトフ 〜隠し味は塩レモン〜

先日知野ファームで購入した縮緬キャベツ。英語ではsavory cabbage。実はあまり料理したことがありません。

e0351091_322820.jpg

ネットで調べると生で食べるより煮たほうが甘く柔らかになって美味しい、とありましたので、ちょうど冷蔵庫にあった鶏もも肉と玉ねぎ、人参、じゃが芋を入れてポトフのように煮込んでみました。

e0351091_324022.jpg

そして、Dorie Greenspanさんのレシピをお借りして、塩レモンを加えました。折しも友達の庭でなったレモンで作った自家製塩レモンが出来上がったばかりです。

e0351091_3256100.jpg

しかし、あいにく自家製チキンストックを切らしていたので、茅乃舎の野菜出汁を使いました。

e0351091_331212.jpg

芯まで柔らかになったキャベツと、塩レモンの程よい甘酸っぱさが隠し味になり、とても美味しいスープになりました。レシピは下に書きましたが、塩レモンの新たな使い方を学びました。

e0351091_332833.jpg

棚の中に入ったまま滅多に出番のないスープチューリンに入れて、ちょっと素敵な食卓でした。


縮緬キャベツと鶏肉のポトフ 〜隠し味は塩レモン〜
材料(二人分)


塩レモン 半個分
水 1カップ
砂糖  1/4カップ
鶏もも肉 骨なしで約300g (骨つきも良いでしょう)
玉ねぎ  中1個
キャベツ 半個 くし切り
人参  中1本 5センチ長さを縦半分か1/4に切る
じゃが芋 皮を剥いて適当な大きさに切る
オリーブオイル 適宜
辛口白ワイン 半カップ
野菜だし汁またはチキンストック  500−600ml
ローリエ、ローズマリー、タイム、胡椒、塩  適宜
ガーリック 3個 皮はむかない

1. 塩レモンは水で洗い、皮だけを使う.(実の方は捨てる)1センチの角切りにし、砂糖水で1分茹でてザルに取る。

2. 野菜類を少しずつオリーブオイルでソテーし、厚鍋に移す。

3. オリーブオイルが足りなかったら足して、適当に切った鶏もも肉をソテーし、塩胡椒し、野菜類とガーリック、塩レモンと一緒に厚鍋に入れる。

4. 白ワイン、野菜だし汁またはチキンストックを加え、ハーブ類を加えて煮立ったら弱火にして煮込む。

5. 鶏肉に火が通り、じゃが芋が柔らかになったら塩味を確認して皿に盛る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-03-04 03:04 | レシピ | Trackback | Comments(10)

フライパンでホットサンドイッチ 

一人分のランチを作るのは面倒です。昨夜の残りがある時は良いのですが、でもきちんと食べないと、夕食までに電池切れを起こしてしまいます。

いつもはうどん、そば、パスタなどの麺類を作るのですが、昨日は少し別のものが食べたくなりました。

冷蔵庫を覗いてみるとめぼしい食品はほとんどなく、ない知恵を絞り、ホットサンドイッチにしてみました。

トースト用の薄切りパンの片側をフライパンにバターを入れて狐色に焼き、焼いた方に春菊、有り合わせのブリチーズとゴーダチーズ、そして苺をスライスしてのせ、その上に同じように片面だけ焼いた方を下にしてパンをのせます。

e0351091_3303498.jpg

フライパンにバターを更に入れて、焼いていない面を焼きます。上にアルミホイルをかぶせ、底の平らな薬罐か鍋を乗せ、ギュッと押さえつけます。
ひっくり返して同じようにもう一方の面も焼きます。三角形に切ってお皿に盛って出来上がり。

e0351091_3304884.jpg

プレスする道具がなくとも同じような効果で、チーズも柔らかになり、きれいで美味しいランチになりました。具も色々なもので試すことができそうです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-02-25 03:33 | レシピ | Trackback | Comments(10)

鱈とトマトとズッキーニとサフランの蒸し煮

近くのスーパーで、一番リーズナブルな値段だった鱈を買ってきました。骨なし皮なしのフィレですが、220gで6ドル少し。何回もブログに書いていますが、アメリカは魚が高い!

この鱈を買った時はじゃが芋とズッキーニとトマトと一緒にオーブンでベイクしようと思っていたのですが、もっと短時間で出来る簡単な料理に変えました。

Gerald Hirigoyen著「Pintxos」とJacques Pupin’s Tableからのレシピを合わせたものです。(レシピは下に書きました。)

e0351091_3331894.jpg

サフランの香りが良く、またオリーブやケイパーを入れるので野菜には塩胡椒を使いませんでしたが、程よい塩加減でした。

e0351091_3333314.jpg

サラダは到来物のハニーベルとレタス。最近柑橘類は逆流性食道炎のために控えているので、久しぶりの柑橘系フルーツのサラダでしたから、とても美味しく感じました。

e0351091_3335056.jpg

この時期は柑橘類が美味しい季節なのに、思うように食べられないのは残念至極です。

鱈とトマトとズッキーニとサフランの蒸し煮
材料(二人分)

鱈のフィレ 約250g
オリーブオイル  適宜
玉ねぎ  中半個 みじん切り
ガーリック 1片 潰してからみじん切り
サフラン 適宜
ズッキーニ 小1本  角切り
トマト 皮と種のついたまま角切り 
辛口白ワイン  約1/3カップ
オリーブ  5−6個 種を取る
ケイパー  約小匙2
塩胡椒 適宜
タラゴン 小匙1/2
パセリまたはバジル

1.オリーブオイルをフライパンに熱し、玉ねぎとガーリックとサフランを炒める。玉ねぎがしんなりしたらズッキーニを加え2−3分炒める。トマトを加え更に炒める。

2.鱈に塩胡椒し、野菜を少し脇によけて真ん中に置き、白ワインとタラゴンを加え、煮立ったら弱火にして蓋をして魚に火を通す。(約5−6分)

3.蓋をとり、少し火を強めて水分を少し飛ばし、オリーブとケイパーを加える。

4.皿に盛ってからパセリを散らす。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-02-18 03:35 | レシピ | Trackback | Comments(10)

ピペラードを使って二品 〜オムレツと鶏肉のソテー〜

二日前に作ったピペラードが大分残ったので、次の日のお昼にオムレツにしました。

e0351091_432243.jpg

ソテーしたバカラオもほんの少し残しておいたので、両方入れて、最後にピペラードの汁とローストしたパプリカ粉をかけて。美味しいランチになりました。

e0351091_434165.jpg

昨日はチキンをソテーしてピペラードのソースにしました。これはDorie Greenspanさんのレシピをもとにしたバスク地方の料理です。

e0351091_4446.jpg

鶏もも肉に塩胡椒し、皮目からオリーブオイルでソテー。両面キツネ色になったら一旦取り出し、ペーパータオルで脂分を大さじ1〜2残して吸い取らせます。辛口白ワインを1/4カップほど加え、煮立ったら弱火にし、鶏肉を戻し、ピペラードと一緒に蓋をして煮込みます。

Whole Foodsで買い求めたオーガニックのエアルームの鶏肉は本当に美味しい!

ピペラードは冷蔵庫で4−5日持ちますから、多めに作っておくと便利ですね。

e0351091_442437.jpg

さて昨夜の副菜は硬めに茹でたブロッコリと生椎茸のソテー。潰したガーリックと一緒にオリーブオイルで炒め、最後にお醤油をまわしかけます。これも簡単ですが美味しい一品です。ブロッコリも前の日の残り物。

e0351091_444049.jpg

そして、サラダは大根とリンゴとパセリ。りんご酢とオリーブオイル、塩をまわしかけただけですが、さっぱりとして意外に美味しいものです。

e0351091_41491.jpg

一気に暖かくなり、今日も最高気温が26度Cの予報です。春を飛び越えて急に初夏になったようで、あっという間にHawthorn(サンザシ)の花が満開になりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-02-11 04:08 | レシピ | Trackback | Comments(14)

冷凍グリーンピースとサラダ菜の豆乳スープ

買い物に行かず缶詰を使ったサラダで済まそうと思っていた夕食。でも、何か温かなものが欲しい。乏しくなった冷蔵庫の中身を確認して、料理本をパラパラめくりました。

Dorie Greenspanさんの本の中に、持っている材料でできるうってつけのスープを見つけました。それが表題のスープです。材料は大分変えましたが、冷凍グリーンピースでも甘みがしっかりあり、とても美味しくできました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_3295864.jpg

賞味期限が一月過ぎてしまったスモークしたマテ貝の缶詰をオリーブオイルとパセリのみじん切りでマリネ。これにローストしたパプリカとコーニションを加えて。3年前にスペインから買ってきた缶詰、やっと使ってやれやれです。

e0351091_3301337.jpg

1枚残っていた生ハムは春菊と柿と一緒にサラダ。

e0351091_3303930.jpg

熱々のスープのおかげで温かな夕食になりました。やはり寒い冬の日にサラダだけでは寂しいですものね。そして何より、大量に頂いたサラダ菜を沢山使うことが出来て嬉しいスープでした。


冷凍グリーンピースとサラダ菜の豆乳スープ
レシピ:Dorie Greenspan著「 around my french table」を参考にして私がアレンジ
材料 (二人分)


無塩バター  大匙1/2
玉ねぎ  中 半個  みじん切り
塩胡椒  適宜
水  少々 (大体1/4カップ)
冷凍グリーンピース  200g
サラダ菜  両手に一杯 よく洗って千切り (ロメインレタスでも良いです)
豆乳  400-500ml

1.玉ねぎをバターで3分ほどしんなりするまで炒め、塩胡椒する。

2.冷凍グリーンピースを解凍せずにそのまま加えて炒め、水を加える。

3.サラダ菜を加え、水が沸騰したら火を止めて、冷めるまでかき混ぜる。

4.粗熱が取れたら豆乳を少し加えてミキサーかフードプロセッサーで攪拌する。この時のピュレの加減はお好みで。

5.鍋に戻し、豆乳をお好みの濃度になるまで加え、加熱する。あまり加熱しすぎると色が悪くなるので注意。

*豆乳の代わりに牛乳やチキンストックと生クリームなどお手持ちのものをお使いください。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-02-04 03:32 | レシピ | Trackback | Comments(18)