やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:洋風 ( 94 ) タグの人気記事

スモークサーモンとポロ葱のキッシュ

友達から頂いた大きな半身の美味しいスモークサーモンもついに終わりを遂げました。最後は尻尾の方なので、スライスも小さく、お決まりのキッシュロレーヌに。

生地は同じレシピですが、フィリングをいつもと少し変えました。チーズを入れずにディジョンマスタードを加えたのです。私の好みとしてはチーズ味の方が好きですが、こちらはサッパリ、ピリッとした風味です。

ポロ葱は白と薄緑の部分は半月の薄切りにしてフィリングの中に、緑の濃い部分は千切りにしてトッピング。別々に小鍋で少量の水で蒸し煮にしました。

e0351091_234331.jpg

毎年送って下さる極上品のスモークサーモン。今年も何日も色々な料理で大いに楽しませていただきました。本当に美味しかったです。誠にありがとうございました。

e0351091_2342019.jpg

この日はあまりお腹が空いていなかったので、あとは簡単なサラダ。千切りの青リンゴとセロリ、白レーズン(お湯で戻す)、ローストしたアーモンドのスライスです。

最近やっと収穫できるようになった庭のライムとオリーブオイル、塩胡椒のドレッシングです。

スモークサーモンとポロねぎのキッシュ
レシピ:幾つかのレシピを組み合わせました
材料(3−4人分) 直径20−23センチのキッシュ型1個分
       カップはアメリカサイズの250ml


生地(Pâte Brisée)
小麦粉 1カップ
無塩バター 大匙6 冷たいまま1センチ角に切る
塩 小さじ1/8
砂糖 小さじ1/4
氷水 約大匙3

中味(Filling)
ポロねぎ 大1または小2本 緑の部分も含めて丁寧に洗う
スモークサーモン 100-150g (スモークサーモンの代わりにハム、ベーコン、チーズも良いです。) 適当な大きさに切る。幾つかはトッピングに残しておく。
水 ¾カップx2
フレッシュなロズマリーまたはセイジ  少々 (なくとも良いです)
たまご 大3個
ひきたて黒胡椒  小さじ1/2
生クリーム 大匙6
ディジョンマスタード  大匙2

1.オーブンを200度C(400度F)に温めておく。

2.生地を作る。小麦粉、バター、塩をフードプロセッサーに入れてオートミールの大きさの粒になるまで攪拌する。氷水を入れ、更に1分程攪拌する。この時点で生地はひとつにまとまる。取り出して、ひとつの塊に形作る。

3.生地の塊をラップの上に置き、更にもう一枚ラップを生地の上に載せる。ラップの上からめんぼうでのして、キッシュの型より1センチ大きな円にする。

4.ラップを1枚ていねいにはがし、バターを塗ったキッシュの型に敷く。ていねいに型に生地を押し付ける。脇は少し厚めにする。上のラップをきれいにはがす。

5.アルミフォイルの光っている面にバターを塗り生地の上にかぶせ、上からていねいに押さえる。もう一枚アルミをかぶせ、冷凍庫に少なくとも15分入れて固める。オーブンに入れて約20分焼く。フォイルをはずし、更に20-25分全体が狐色になるように焼き、型に入れたまま冷ます。

6.中味を作る。ポロねぎの白と薄緑の部分は縦半分に切ってから横に薄切り。緑の濃い部分は5センチ長さの千切り。両方を別々の鍋に水とロズマリーまたはセイジと一緒に入れて強火で蓋をしないで水分が蒸発してポロねぎが柔らかくなるまで煮る。(ハーブは取り出す。)

7.ボウルにたまごを割ってかき混ぜる。サーモンとマスタードに塩味がついているので塩は入れません。胡椒、生クリーム、マスタードを入れてかき混ぜ、ポロねぎとスモークサーモンを入れて混ぜる。

8.中味を冷めた生地に入れ、ポロネギの緑の部分とスモークサーモンで表面を飾る。200度Cのオーブンの中段で20-25分、周りに少し焦げ色がついて固まるまで焼く。

9.オーブンから出して10-15分置いてから切り分ける。(オーブンから出してすぐだと、きれいに切れない。)

*キッシュは前もって作っておくことが出来ます。冷蔵庫で保存したら190度C(380度F)のオーブンで温めてサーヴします。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-18 02:39 | レシピ | Trackback(1) | Comments(10)

じゃが芋とほうれん草のアンチョビ炒め

私の好きなグラタンの一つにじゃが芋とほうれん草とアンチョビの料理があります。

夕べはオーブンで焼く手間を省き、茹でたじゃが芋とさっと茹でたほうれん草をソテーして、アンチョビで調味してみました。

e0351091_2441828.jpg

これはこれで美味しく、簡単にできるので便利です。

メインは娘たちが作って冷凍してあったスー・ヴィードで調理した鶏肉。彼らは美味しい鶏肉が置いてあるスーパーに買いに行ったのですが、その日は生憎カットした鶏肉の仕入れがなく、丸のままの鶏肉を2羽買って捌いたのです。

e0351091_2443749.jpg

材料にもこだわる彼女達らしいです。解凍してこんがりと焼いた鶏肉は、この日も美味しかったです。

e0351091_2445340.jpg

サラダは先日ローストしておいたビーツを使って、青リンゴ(グラニースミス)、玉ねぎ(水にさらす)、セロリ。これらを全部小指の先位の角切りにし、ヨーグルト、塩胡椒で和えました。最後にセロリの葉っぱも千切りにして加えました。

先日、日本のテレビで女性タレントさんがリトアニアのレストランで、ビーツの入ったピンク色のシチューを美味しいけれど色が変で食べられない、と言っていたのを興味深く拝見しました。

一見してビーツ入りだと分かるのですが、知らない物には警戒心がわいて、食べて美味しくとも積極的になれない人は沢山います。見た目が極めてグロテスクでなければ、どんなものも食べてみたいと思う、私のように好奇心旺盛な人の方が世の中は少ないのですね。

じゃが芋とほうれん草のアンチョビ炒め
材料(二人分)

じゃが芋 中1個
ほうれん草 1/2把
ガーリック みじん切り1片
アンチョビ 1−2本 またはペースト小さじ1/2
胡椒 適宜
バターまたはオリーブオイル
パルメザンチーズ  適宜

1じゃが芋は丸のまま茹でて皮をむき、5ミリ幅にスライスする。

2ほうれん草は軽く蒸し煮または茹でて絞り、5センチの長さに切っておく。

3バター、またはオリーブオイルを熱し、ガーリックを加え香りが出たら、じゃが芋を加える。表面が狐色になるくらいソテーし、ほうれん草を加え、アンチョビを入れて調味。

4最後に胡椒とパルメザンチーズを加えてひと混ぜする。

*じゃが芋は20分ほど丸のまま茹でた後ラップをして、電子レンジに3分くらいかけても良いです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-16 02:48 | レシピ | Trackback | Comments(18)

ラクレット

スイスに遊びにいった友達からラクレットチーズをいただきました。聞いたことはありますが、食べるのは始めて。

e0351091_2374244.jpg

ラクレットチーズは溶かしながら野菜やパンに付けて食べるチーズで、本来は専用の器具がありますが、ホットプレートで代用できます。

e0351091_238655.jpg

まずは毎年送って下さる美味しいスモークサーモンで前菜。胡瓜はピーラーで薄く剥き、塩、少量の砂糖、シャンペンヴィネガーに10分程マリネしたものです。これがとてもスモークサーモンに合います。

e0351091_2382452.jpg

丸のまま蒸した皮付きのじゃが芋

e0351091_2383757.jpg


エリンギ、生椎茸、ソーセージ、ブロッコリ(固めに蒸しました)。トマトは口直しに。
e0351091_24219.jpg


イマイチのバゲットは表面をさっと水で濡らし、200度C(400度F)のオーブンで5分。パリッとして美味しくなります。(娘の友達のシェフから教わりました。。)

e0351091_2393355.jpg

チーズが溶け始めたら、野菜やパンにからめて食べます。真ん中にホットプレートを置き皆でワイワイ。楽しいパーティーフードです。

じゃが芋とブロッコリが特に美味しかったです。

e0351091_2394678.jpg

お供は2004年のCabernet Sauvignon。8年くらいワインラックに置かれて忘れていたワインなので、お酢になっていないか心配したのですが、馥郁とした香りの成熟した大人のワインになっていました。

e0351091_2395979.jpg

思いがけず美味しいワインと珍しいラクレット。お土産を下さったお友達に感謝です。ありがとう!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-24 02:46 | レシピ | Trackback | Comments(6)

南瓜とセロリのスープ

日本食料品店から買ったオーガニックの南瓜が思ったより甘くありません。数日前に買ったセロリの束が多過ぎて、中々使い切れません。冷蔵庫には半カップ程残った生クリームもあります。

これら三つの食材を合わせてスープにしてみました。

南瓜(1/4個)は適当な大きさに切ってラップをかけて電子レンジで皮が向きやすいくらいの固さにします。セロリ(1本)と玉葱(半個)は粗みじん切りにしてバターで炒めます。皮をむいた南瓜を加え更に炒め、水約300ml(チキンストックでも良いです)を加えて、材料が柔らかになるまで煮ます。

e0351091_2352424.jpg

荒熱がとれたらブレンダーでスムーズにして、(この時少し粒粒を残すくらいが私の好みです。)鍋に戻し、温まったら生クリーム(100ml)を加えます。お皿に盛ってから八丁味噌パウダーを振りかけました。(材料はほぼ二人分です。)

セロリが隠し味のようで、また味噌パウダーが良い仕事をして、美味しいスープになりました。

e0351091_2353472.jpg

メインは海老とアボカド、トマト、オレンジのサラダ。ドレッシングはプレーンヨーグルトがベースです。

e0351091_2354614.jpg


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-12 02:39 | レシピ | Trackback(1) | Comments(16)

ポークチョップ グリーンペッパーソース

スペインの旅行記をアップしていた三週間程の間にたまった料理の画像から、11月18日の夕食の写真です。

スペインから帰ってきて、しばらくはさっぱりとした和食が続いたのですが、10日もするとお肉も食べたくなりました。

ポークチョップのセンターカットをソテーして、ブラインしてあるグリーンペッパーとケイパー、白ワインのソースです。グリーンペッパーのピリッとした辛さで食欲が増します。

e0351091_356957.jpg

付け合わせは私の定番のリンゴを入れたマッシュポテト。皮付き(なるたけ赤い方がきれいです)と皮を剥いて角切りにしたポテトを一緒に茹でます。じゃが芋が柔らかになったら茹でこぼし、再度火にかけて水分を飛ばしてから、マッシュし、バターを加えます。

リンゴの程よい酸味が美味しいマッシュポテトです。

もう一品はほうれん草のレモン蒸し。レモンのゼストと塩を一緒にほうれん草を蒸し煮にしたものです。出来上がってからレモン汁を絞ります。これも私がよく作る一品ですが、さっぱりと美味しい付け合わせになります。

e0351091_3562810.jpg

サラダは洋梨、鉢植えのソレル、胡桃と石榴。分かりづらいですが、パルメザンチーズをシェーブしてのせてあります。多分、ヴィンコット・ヴィネガーをかけただけでしょう。

e0351091_3564034.jpg

三週間も前の夕食ですと、そういえば、ともう随分昔の出来事のように記憶が遠い彼方へ消え去っています。

e0351091_3565590.jpg

師走も、もう9日目に入り、先生の端くれである私も大層忙しく、ブログのアップが滞るかもしれませんが、悪しからずご了承下さい。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-10 03:58 | レシピ | Trackback | Comments(14)

人参のローストと葉っぱのチミチュリ&鶏胸肉のソテー パプリカのソース

久しぶりに知野ファームを訪れました。ここはいつ来てもきれいで美味しそうな野菜たちが待ち受けているので、料理へのモティベーションが高まります。

この日は立派な葉っぱのついた人参に心を奪われました。人参の葉っぱは佃煮にしたことはありますが、この日は一緒に買った菊芋(エルサレム・アーティチョーク)と人参をローストするつもりなので、洋風の使い道を探しました。

e0351091_3234740.jpg

そこで出て来たのが、パセリの代わりに人参の葉っぱを使ったチミチュリ。チミチュリはアルゼンチン発祥のソースで、大体はお肉類に付け合わせますが、この日はローストした人参と菊芋に合わせました。

e0351091_324419.jpg

参考にしたのはこのサイト☆です。(英語ですが、悪しからず)

とても美味しく出来、ソースとしてでなく、それだけで食べても美味しかったです。

e0351091_3242284.jpg

メインは鶏胸肉のソテー、パプリカのソース。元はJulia Childのこのレシピ、スペインから買って来たパプリカ粉を使いたくて、久しぶりに作りましたが、美味しく出来ました。これもオーブンを使うので、時間をずらしていれれば、野菜のローストと一緒に出来上がります。

e0351091_3243477.jpg

サラダは知野ファームで求めた斑入りのラディッキョと紫色のサラダ菜。ブルーチーズはドイツ産のCambozola Black。クリーミーなチーズがドレッシングの代わりです。

e0351091_3244652.jpg

きれいなオレンジ色の一皿と新鮮な野菜たちで元気の出る食卓になりました。


鶏胸肉のソテー パプリカのソース
レシピ:Julia Child 著「Mastering Art of French Cooking」参考
材料(一人分)


玉葱  小半個 みじん切り
パプリカの粉  小匙1−2
バター 一かけ
鶏胸肉  ラップに挟んで肉叩きで均等な厚さにして塩胡椒する
塩胡椒 適宜
辛口白ワイン 約1/3カップ
パセリ 適宜

1. 玉葱のみじん切りを熱湯で1分茹で、水にとり、水を切る。

2. バターをオーブンプルーフの皿に入れて玉葱を弱火で数分炒める。パプリカ粉を加えて炒めた後、鶏肉をソテーする。両面の色が変わったら、パーチメントペーパーの片面にバターを塗り、鶏肉にかぶせ、200度C(400度F)のオーブンに入れて6分。鶏肉に火が通ったら取り出す。

3. 鶏肉を別皿に移し、玉葱に白ワインを加えて少し煮詰め、鶏肉にかける。あればパセリを散らす。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-07 03:26 | レシピ | Trackback | Comments(10)

椎茸ハンバーグ

冷蔵庫の整理を兼ねて作った椎茸ハンバーグ。

今回のハンバーグは牛のサーロインを挽いたひき肉,炒めた紫玉葱、椎茸の軸のみじん切り、コーニション(小さいピクルス)、塩胡椒、ナツメッグ、オールスパイス。

椎茸が小さかったので、お団子に埋め込むようになってしまいましたが、トリュフソースが高級な味に仕上げてくれました。

e0351091_1315161.jpg

柿はスライスしてバターで炒め、最後にブランデーを振りかけて火をつけてアルコール分を飛ばします。もし甘くない柿でしたら、ブラウンシュガーをキャラメライズしても良いでしょう。

じゃが芋はラップで包んで電子レンジで約5分。十字に切り込みを入れて手の中に入れて、押し出すようにします。

e0351091_1321076.jpg

やはりハンバーグにはポテトが付き物と思うのは私だけでしょうか。ともあれ、柿のお陰で秋らしい彩りになりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-24 01:33 | レシピ | Trackback | Comments(12)

川鱒のホイル焼き&ケールのサラダ

アメリカは魚の値段が高いということは以前書いたことがあります。しかも、普通のスーパーのものは鮮度も今一で、中々食指が動きません。

昨日、いつも行くスーパーで、ワイルドという文字に惹かれて買い求めた川鱒(Steelhead)をディジョンマスタード、ガーリック、柿酢、醤油、メープルシロップのソースをかけて、アルミホイルで包みオーブンで焼いてみました。

e0351091_1141023.jpg

ソースは美味しく出来ましたが、私としては鮭の方が好みです。でも、鱒の食べ方としては良いのでは、と思います。

e0351091_1145784.jpg

一緒に買ったケール。一品はバルサミコ酢を塗ってオーブンで焼いてチップスに。(180度Cで10分)

e0351091_1151182.jpg

生のまま食べてみたら柔らかでとても美味しかったので、千切りにしてりんごとキャラメライズしたピーカン(市販品)、ドライクランベリー(お湯で柔らかにします)とサラダ。ヴィンコットをかけて。

e0351091_1153331.jpg

これだけでは物足りないかと思い、スモークサーモン、フェンネル、紫玉葱、ケイパーのサラダ。

この日も野菜たっぷりの美味しい夕食でした。

川鱒のホイル焼き
材料(一人分)


川鱒又は鮭の切り身(骨無し) 150g
オリーブオイル 少々
塩胡椒 適宜
ディジョンマスタード  小匙1
ガーリック 1片 潰してからみじん切り
柿酢 (お好きな酢で良いです)又はレモン汁  小匙1/2
メープルシロップ  小匙1/2
醤油 小匙1/2
ディル (ドライ)少々 (私はフェンネルの葉っぱをみじん切りにしました。)

1. オーブンは200度C(400度F)に温めておく。

2. ディジョンマスタード、ガーリック、酢、メープルシロップ、醤油,ディルを混ぜておく。

3. アルミホイルにオリーブオイルを塗り,洗って水分を拭き取った川鱒又は鮭をおき、軽く塩胡椒する。

4. 2を鮭の上からかけ、アルミホイルを包み、オーブンの中段に入れて, 12−15分で出来上がり。レモン汁を振りかけてお召し上がり下さい。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-23 01:17 | レシピ | Trackback | Comments(6)

鶏肉の変わりピカタ

鶏のもも肉をピカタにしようと冷蔵庫を開けて目に留まったものがあります。tanaさんに触発されて作ったルッコラのジェノヴェーゼです。残ったベビールッコラ(アメリカのパックは大きいので中々使い切れないのです。)と胡桃、塩胡椒、オリーブオイルで作ったのでした。

このルッコラのジェノベーゼを卵に入れてピカタを作ることを思いつきました。

鶏のもも肉は適当な大きさに削ぎ切りにし、軽く塩胡椒をし小麦粉をまぶし、ルッコラのジェノヴェーゼを加えてほぐした卵液にくぐらせて、オリーブオイルでじっくり焼きます。最後に鉢植えからのセージの葉っぱをのせて出来上がり。

e0351091_1285741.jpg

フレッシュなルッコラは苦みもあり癖のある野菜ですが、火を通してしまうとあまり主張しません。

副菜は茹でてあったほうれん草をバターとアンチョビのペーストで炒めました。

e0351091_1291248.jpg

サラダは変わりばえしませんが、春菊と柿、ブルーチーズ、胡桃。ヴィンコットを回しかけただけ。

e0351091_1292875.jpg

二人分でも30分もあれば整う食卓ですが、充分美味しい夕食でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-21 01:33 | レシピ | Trackback | Comments(10)

ミニパプリカのファルシ(マッシュポテトを使って)

先日ミニパプリカに牛ひき肉を詰めてソテーしたのが美味しく、またミニパプリカを買ってきました。

今回は肉団子の代わりにマッシュポテトを詰めてみました。マッシュしたじゃが芋にバター、塩胡椒、残っていた生クリームやゴートチーズを混ぜ、縦半分に切ったミニパプリカに詰めます。

e0351091_1384537.jpg

パルメザンチーズをおろして上に振りかけ、オーブントースター(200度)で7−8分、焼き色がうっすらとつくまで。美味しいけれど、パンチが足りず。スパイスかハーブを入れれば良かったかもしれません。

e0351091_138582.jpg

冷凍庫から薄切りの豚肉を取り出し、塩胡椒し、アスパラガス(電子レンジで30秒ほど加熱)を巻いてソテー。

e0351091_1391294.jpg

到来ものの洋梨と友達の自家製御所柿はサラダ。rogue river blue(ペアーブランデーに漬けた葡萄の葉で包まれたブルーチーズ,オレゴン州産)、brie de meaux(フランス産のブリチーズの一種),ルッコラ、胡桃と一緒に。

e0351091_1392591.jpg

洋梨も柿も極上品。とても美味しいサラダでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-18 01:40 | レシピ | Trackback | Comments(10)