やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:果物 ( 56 ) タグの人気記事

ベリーたっぷりのアーモンドケーキ

昨日は生徒の発表会が終わりやれやれ。

普段はお茶目な子供も真面目な顔で一生懸命演奏しました。発表会の度に子供が成長しているのが分かり、嬉しく思いました。きっと親御さんも同じ気持ちでしょう。

発表会の後は、いつものようにポットラックのティーパーティー。

先生は写真を撮ることは憚られ、皆さんの力作をお見せできないのが残念です。手作りのカップケーキやクッキー、鶏の唐揚げ、おにぎらず等々。

e0351091_3123836.jpg

私が作ったのはベリー類たっぷりで、アーモンドの香りが高いケーキ。アルコール分は飛ばしているもののお酒の香りがする大人向け。お子さん用はお母様方が作って下さると思い、わざと大人向けに作りました。

e0351091_3124956.jpg

写真には撮りませんでしたが、甘くない酸味のあるクレーム・フレシェと一緒に頂くと、美味しさが増します。

e0351091_313388.jpg

皆さんがいらっしゃるときに一番大変なのは、実は掃除です。いつもさぼっているツケがこんなときに来るのです。たまに人をおよびするのは良いことなのでしょう。

一つ大きなイベントが終わりほっとしました。

下にレシピを書きました。このレシピ、古い方のブログにものっていますが、それよりも小麦粉の量を減らしました。

私が作った直径25センチ(10インチ)と12.5センチ(5インチ)の二段重ねはこの量の2倍になります。


アーモンドケーキ
レシピ:Jaques Pepinさんのホームページ参考
材料(20センチ:8インチのケーキ型:6-8人分):2段に重ねる場合は2倍の量にする。カップはアメリカサイズの250ml

アーモンドペースト 118g (4oz )
砂糖 1/2カップ弱
無塩バター 大匙8 + ケーキ型に塗る分
ヴァニラエッセンス 小匙1
たまご 大3個
ミルク 60ml
薄力粉 150g (250mlのカップ 1杯分)
塩 少々
ベーキングパウダー 小匙1/2

シロップ
水 大匙3
ウィスキー、又はラム酒かコニャック 大匙3
砂糖 ¼カップ(減らしても良い)

飾り
いちご、ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリーなどの果物類
アプリコットジャム ½カップ 水1/2 カップ 、リカー類少量で薄める
(あればミント 適宜)
クレーム・フレシェ又はサワークリーム

1.オーブンを180度C(350度F)に温めておく。

2.アーモンドペースト、砂糖、バター、ヴァニラエッセンスをフードプロセッサーに入れ、10秒攪拌する。

3.たまご、ミルク、塩を加え、更に5秒攪拌する。

4.小麦粉、ベーキングパウダーを加え、5-10秒,なめらかになるまで攪拌する。

5.バターを塗ったケーキ型に流しいれ、オーブンの中段で45分焼く。

6.ケーキが冷めたら、型から出し、シロップの材料を混ぜて、刷毛で塗る。

7.アプリコットジャムは裏ごしし、水と少量のリカー(シロップで使ったものと同じリカー)を加えて混ぜておく。

8.果物類を散らし、上からアプリコットジャムをかけ、あればミントを飾る。

9.クレーム・フレシェ又はサワークリームと共にサーヴする。

*クレーム・フレシェは市販品でも良いですが、自家製の場合は生クリーム(超殺菌)1カップ(約250ml)にプレーンヨーグルトを大さじ2杯加えてかき混ぜ、室温で夏なら10時間、冬なら12−24時間、ゆるめのサワークリーム状になるまで置く。もう一度かき混ぜて、冷蔵庫で保管。10日間持ちます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-15 03:14 | レシピ | Trackback | Comments(16)

感謝祭のポットラック_2015

スペインの旅行記はまだ終わっていませんが、昨日の感謝祭の様子を先にアップいたします。

友達ご夫妻が開いて下さったThanksgivingのポットラックディナー。お花の先生でもある彼女の素敵な生け花。

e0351091_3242451.jpg

メインのハム、お赤飯、ターキーのスモークハムそしてアペタイザーはホスト役の友達が用意して下さいました。

e0351091_3244086.jpg

e0351091_324569.jpg

e0351091_3251137.jpg

e0351091_3254172.jpg

サイドディッシュは持ち寄り。

舞茸、しめじ、椎茸、ズッキーニの一皿

e0351091_3255939.jpg

スモークサーモンとローストしたパプリカとフェンネルのサラダ

e0351091_3261287.jpg

ファッロの入ったサラダ (オレンジ色はバタースクワッシュ)

e0351091_3263689.jpg

さつま芋の一皿も感謝祭には付きものです。

e0351091_327590.jpg

マーサ・スチュアートのレシピだと言うコーンやインゲンの野菜の一品

e0351091_3283442.jpg

私はお肉に合う柿の入ったクランベリーソース

e0351091_3284720.jpg

お料理が全部並んだ豪華なテーブル

e0351091_3301557.jpg

お皿に取り分けるとこんなにカラフルで素敵になりました。

e0351091_3291780.jpg

そして私が作ったもう一品は洋梨とアーモンドクリームのタルト(レシピは下に記しました。)

e0351091_3303371.jpg

気の合った仲間と美味しいご馳走とシャンペンとワインと。

感謝祭に相応しい楽しく幸せなひとときでした。友達ご夫妻の素晴らしいおもてなしと皆さんのお持ちより料理、本当にご馳走さまでした。

来年も皆が元気で感謝祭を迎えられますように。



洋梨のタルト
レシピ:Dorie Greenspanさんのホームページより
材料(6−8人分) ここでいうカップはアメリカサイズ250ml です
洋梨  缶詰又はフレッシュなもの(硬いけれど熟しているもの) 3個(私はAnjouとい言う梨をポーチしました。)
レモン汁 1個分
水 4カップ
砂糖 1¼カップ(私は1カップにしました。)

1.フレッシュな梨の場合:梨が丁度3個はいる鍋に水、砂糖、レモン汁を煮立たせ、皮をむいた丸のままの梨を入れ、(私はペーパータオルを折って上に載せました。)静かに弱火で15分、竹串がスッと入るまで煮る。室温になるまで鍋に入れたまま冷ます。

缶詰や生をそのまま使う場合は、タルトに載せる時にレモン汁をかける。

タルトの中味:アーモンドクリーム
無塩バター 室温にして大匙6
砂糖 2/3カップ(私は半カップにしました)
アーモンド粉 ¾カップ
小麦粉 小匙2
コーンスターチ 小匙1
玉子 大1個
ダークラム酒 小匙2又はヴァニラエッセンス 小匙1

1.バターと砂糖をフードプロセッサーにかける。なめらかになったら、アーモンドを加え、更にプロセッサーで混ぜる。小麦粉、コーンスターチを入れ、混ぜ、玉子を加える。全体がなめらかで、均一になるまで混ぜる。ラム酒またはエッセンスを入れ混ぜる。

すぐに使っても良いが、密閉したボウルに入れて2時間くらい冷蔵庫に入れておいても良い。

タルトの生地 9インチ(22.5センチ)
小麦粉 1と1/2カップ
粉砂糖 ½カップ
塩 小匙1/4
冷たい無塩バター(冷凍庫に入れておいても良い)大匙9 小さく切る
玉子 大1個

1.小麦粉、粉砂糖、塩をフードプロセッサーで混ぜる。バターを散らして、プロセッサーにかける。バターが小麦粉と混ざって、オートミール位の大きさになるまで、攪拌する。玉子をほぐし、少しずつ入れては10秒攪拌する、と言う作業を繰り返す。生地が塊状になると、プロセッサーの音が変わる。

2.生地を取り出し、ラップを敷いた板の上に置き、生地の上にもラップを載せて、麺棒でタルト型にフィットするような大きさに伸ばす。

3.上のラップを丁寧にはがし、もう片方のラップを上にして、バターを塗った型の底、側面に丁寧に生地を押し付けるようにする。型に合わせて、余分な生地を取り去り、ラップをはがす。(残った生地で、タルトの薄い部分を補修すると、後でひび割れしません。)冷凍庫に少なくとも30分入れる。

4.オーブンを375度F(190度C)に温める。

5.アルミホイルのてかてかしている方にバターを塗り,生地にかぶせる。(私は重しのビーンズを使いましたが、なくとも良いようです。)

6.20分(レシピには25分と書いてありますが、私のオーブンはいつも早く仕上がります。)でアルミホイルを丁寧にはずし、更に3-4分オーブンで焼く。オーブンから取り出して、型に入れたまま冷ます。

洋梨のタルト フィニッシュ
1.冷めたタルト型にアーモンドクリームを均一に塗る。

2.缶詰、ポーチしたもの(半分に切って芯を取る)、フレッシュなもの、いずれもよく水分をペーパータオルでふき取る。(アーモンドクリームが水分で流れ出さないように。)

3.フレッシュなものは皮をむき、半分に切り芯をとり、レモン汁をかけてからふき取る。

4.梨は横に5ミリ幅に切り、少しずつ重なるようにして、アーモンドクリームの上に載せる。細いほうが中心に行くように置く。

5.350度F(180度C)に温めたオーブンの中段で、40分から50分、アーモンドクリームが狐色になって盛り上がるようになるまで焼く。

6.冷めてから型から取り出し、粉砂糖を振るか、りんごのジェリー(カップ1/4)に水小匙1/2を加え、火にかけて溶かしてから、刷毛で上に塗る。(私は水の代わりにレモン汁とラム酒を使いました。)


*アーモンドクリームは冷蔵庫に入れておけば、二日前に作っておくことが出来ます。しっかりラップすれば、冷凍庫で2ヶ月持ち、解凍して使います。また、アンズや桃、りんごにも合うので、色々な使い道があります。
*ポーチした梨は一日前に作っておくことが出来ます。
*タルト生地は平らな円盤型にして2時間から1日冷蔵庫においても大丈夫です。
*でも、一番美味しいのは作ったその日に頂くことです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-28 03:36 | レシピ | Trackback | Comments(8)

椎茸ハンバーグ

冷蔵庫の整理を兼ねて作った椎茸ハンバーグ。

今回のハンバーグは牛のサーロインを挽いたひき肉,炒めた紫玉葱、椎茸の軸のみじん切り、コーニション(小さいピクルス)、塩胡椒、ナツメッグ、オールスパイス。

椎茸が小さかったので、お団子に埋め込むようになってしまいましたが、トリュフソースが高級な味に仕上げてくれました。

e0351091_1315161.jpg

柿はスライスしてバターで炒め、最後にブランデーを振りかけて火をつけてアルコール分を飛ばします。もし甘くない柿でしたら、ブラウンシュガーをキャラメライズしても良いでしょう。

じゃが芋はラップで包んで電子レンジで約5分。十字に切り込みを入れて手の中に入れて、押し出すようにします。

e0351091_1321076.jpg

やはりハンバーグにはポテトが付き物と思うのは私だけでしょうか。ともあれ、柿のお陰で秋らしい彩りになりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-24 01:33 | レシピ | Trackback | Comments(12)

エンダイブとりんごと葡萄のソテー

最近は年中出回っているりんごと葡萄ですが、やはり秋の地元産は美味しさが違います。

久しぶりに思い出して、りんごと葡萄、それにエンダイブをバターでソテーした料理を作りました。

e0351091_1343352.jpg

エンダイブのほろ苦さとりんごと葡萄の甘酸っぱさ、ロズマリーの香りが相俟って、とても美味しい一品です。(レシピは下に書きました。)

メインは鯛のパピヨット。久しぶりに丸のままのお魚のローストが食べたくて、一人では大きいのですが、1尾買ってきました。

e0351091_134524.jpg

レジのお兄さんに、なんか特別なごちそう作るの?と聞かれました。特別な日でもないのに、一人で鯛を1尾料理するのは、やっぱり変わっているのかな?(詳しいレシピは以前のブログのこちらをご覧下さい。)

e0351091_135730.jpg

鯛と一緒に人参もロースト。バターとタイムを散らして。これも美味。

冷蔵庫に残っていた白ワインをグラスについで、普通の日の一人宴会でした。


エンダイブとりんごと葡萄のソテー
レシピ:Dorie Greenspan著「around my french table」を参考
材料(一人分)


エンダイブ  中1個
りんご(フジ、又はガラ) 中半個
緑色の葡萄 (皮ごと食べられるもの) 小房に分けて数個
有塩バター 小匙2
ロズマリー (出来ればフレッシュ、ドライでも良い) 適宜
塩胡椒

1. エンダイブは縦に4つに切る。

2. りんごは半個を縦に6つに切る。(皮はお好みですが、私はつけたままの方が好きです。)

3. フライパンにバターを溶かし、エンダイブ、りんごの切り口を下にしてソテーする。葡萄とロズマリーを加える。

4. 途中ひっくり返しながら、全面に焼き色がつくまで(中火と弱火の中間)15−18分ソテーする。

5. 皿に盛って、フライパンに小量の水を入れて鍋底をこそげるようにして、エンダイブなどの上にかける。エンダイブの上に塩胡椒をかける。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-04 01:37 | レシピ | Trackback | Comments(7)

サラダばかりの夕食

暑さになれていないサンディエゴの住人は、先週の連日30度を超える暑さにすっかり疲れてしまいました。ようやく普通に戻ったのも束の間、また暑さがぶり返し。でも、今回は風があるだけ大分ましです。

この辺では冷房が完備している家は殆どありません。我が家も然り。扇風機だけが頼りです。

という訳で、夕べはあまり火を使わずにサラダばかりの夕食になりました。

e0351091_2194430.jpg

スモークサーモンとフェンネル。フェンネルは塩、マスタードシード、シャンペンヴィネガー、オリーブオイルのドレッシングです。

e0351091_2195954.jpg

洋梨は皮のついたままスライスし、レモンをふりかけてオーブントースターでロースト。(生のままでも構いません。)ゴルゴンゾーラ・ドルチェとsaint angelのチーズ、ソレル、ローストした胡桃と共に。

e0351091_2201756.jpg

アスパラガスはふわっとラップをかけて電子レンジで1分。半熟卵と。

e0351091_2203680.jpg

トマトと水に晒したスイートオニオン、バジルのサラダ。塩とオリーブオイルをかけただけのシンプルな一品。

e0351091_2205161.jpg

良く冷えた辛口白ワインと共に、暑い日に相応しい夕食になりましたが、秋風が待ち遠しい今日この頃です。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-09-20 02:22 | レシピ | Trackback | Comments(10)

りんごのレイヤーケーキ

2週間前にもりんごのケーキを作りましたが、またりんごのケーキを焼きました。

りんごのお菓子が大好きというのもありますが、手に入りやすい材料で簡単に作ることが出来る、というのが一番の魅力です。

今まで、りんごのケーキやタルトはざっと考えただけでも4種類作っていますが、これで五つ目のケーキが加わりました。

今までのりんごの焼き菓子のレシピは下記をご参照下さい。

りんごたっぷりのケーキ
カントリー・アップルタルト
ノルマンディー・アップルタルト
アップル・カスタード・タルト

e0351091_1434429.jpg

りんごをスライサーで薄く切って生地と混ぜるのですが、りんごの切り方で、こんなにも食感や味が変わるものと、また新たに学びました。

e0351091_1435740.jpg

また、薄いりんごが層になってそれも今までのケーキとは違った美味しさです。

e0351091_144860.jpg

夕べは合唱のパート練習の後にお出しし、今朝は朝食に頂きました。作りたてはりんごがまだシャリシャリしていますが、一晩経つとしっとりしました。どちらもとても美味しかったです。


りんごのレイヤーケーキ (オリジナルのレシピ名はCustardy Apple Squares)
レシピ:Dorie Greenspan著「Baking Chez Moi」を参考 
材料:8インチ(約20センチ)の正方形の型 1個分 (6−8人分)
   カップはアメリカサイズの250ml


りんご (フジ、又はガラ)中 3個
小麦粉 1/2カップ(68g)
ベーキングパウダー 小匙1
卵 大 2個
砂糖 カップ1/3弱 (60g)
塩 ひとつまみ
ヴァニラエッセンス 小匙1
牛乳 大匙6
ラム酒 大匙1+小匙2
バター 大匙2 とかして冷ます
アップルジェリー 大匙2

1. オーブンを400度F(200度C)に温めておく。

2. 正方形の型にバターを塗り、底にパーチメントペーパーを敷く。

3. りんごは皮をむき、スライサーなどで2ミリ厚さにスライスする。(スライスする面の向きを変えながら、芯はスライスしないように気をつける。)

4. 小麦粉、ベーキングパウダーをボウルの中で混ぜる。

5.卵、砂糖、塩を一緒に良くかき混ぜる。(卵が白っぽくなるまで)バニラエッセンス、ラム酒(大匙1)、を加えかき混ぜ、さらに牛乳、最後にバターを入れて良くかき混ぜる。

6.小麦粉、ベーキングパウダーを加えてさらにかき混ぜ、最後にりんごのスライスを入れてゴムベラで丁寧にかき混ぜる。全てのりんごのスライスに生地がかぶるようにする。

7.生地を型に流し入れ、オーブンの中段に入れ、40−50分、真ん中に串を刺して何も付いて来なくなったら出来上がり。(途中、りんごが焦げそうだったらアルミホイルをかぶせる。)

8.型のまま冷ます。アップジェリーを電子レンジで液体状にし、ラム酒(小匙2)を加えて、刷毛で表面に塗る。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-09-19 01:47 | レシピ | Trackback | Comments(6)