やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:果物 ( 78 ) タグの人気記事

苺ジャムのタルト

先日作った苺ジャムがとても美味しくて、パンにつけたりヨーグルトにかけるだけではもったいないような気がして、タルトにしてみました。

直径10センチ弱の小さいタルトを4つ。食べる間際に食べる分だけ作れるのが便利です。

最初の一つ目はタルトに苺ジャムを詰め、クレーム・フレシュ(crème fraîche)をのせ、黒胡椒を振りかけて、苺を飾りに。(これはDorie Greenspanさんのアイディアをお借りしました。)

e0351091_2492224.jpg


思った通りとても美味しく、夕食後だったので半分だけ食べるつもりが全部食べてしまいました。クレーム・フレシュは自分で作れますが、今回は市販品を使用。初めて買ってみましたが、市販品でも十分美味しかったです。

二つ目はタルトにクレーム・フレシュを詰め、出始めた黄色い桃と苺をのせ、アップル・ジェリーにラム酒を加えて液体状にし、グレーズにして塗り艶を出しました。

e0351091_2494245.jpg


でも、なんだか物足りません。これにも苺ジャムをつけて頂いたら、とても美味しくなりました。真ん中に置いた金柑の甘煮もよく合いました。

苺ジャムが美味しくできた最大の理由は、苺が甘く美味しかったことでしょう。なんでも作る材料の良し悪しが出来栄えに関係するのですね。

タルトのレシピは何度も載せていますが、今回も下に書きました。フードプロセッサーを使うので簡単にできます。

クレーム・フレシュの代わりにサワークリームに少量の砂糖を加えたり、グリークヨーグルト(または水切りヨーグルト)、ホイップした生クリームでも良いと思います。


タルト生地:カップはアメリカサイズの250ml
材料:9インチ(約23センチ)の型1個分または直径10センチの型4個分

小麦粉 (All-purpose flour)1と1/4カップ
アーモンドプードル  1/4カップ
粉砂糖 100ml
塩 小匙1/4
無塩バター 冷凍または非常に冷たくしておく 大匙9 小さくカットする
卵の黄身 大1個

1.小麦粉、アーモンドプードル、砂糖、塩をフードプロセッサーに入れ、かき混ぜる。

2.バターを散らし、オートミールの大きさになるようにフードプロセッサーをかける。

3.黄身をほぐして少しずつ入れる。1回入れる毎にフードプロセッサーを10秒動かし、黄身が全部入ったら生地がまとまり、フードプロセッサーの音が変わるまで動かす。

4.生地を板の上に取り、まとめる。(大きい型の場合はラップの間に挟み、麺棒で伸ばす方が簡単ですが、小さい型だったので、直接バターを塗ったタルト型に入れて伸ばしていくきました。また、残った生地はラップしてとって置く。)

5.バターを塗ったタルト型に敷き、アルミホイル(光っている面)にバターを塗って上に載せ、冷蔵庫か冷凍庫で充分に冷やして固くする。

6.オーブンを400度F(200度C)に温めておく。アルミをかぶせたままオーブンの中段に入れ、約25分少し生地が盛り上がるまで焼く。(端が焦げないように、アルミが端を覆っているか確かめる。)

7.丁寧にアルミを取り、割れていたり、薄くなりすぎている所には残しておいた生地で補正する。

8. アルミをとったまま7−10分更に焼き、オーブンから出したら、そのまま5分休ませてから型から取り出して、ラックで冷ます。

*クレーム・フレシュ
自家製の場合は生クリーム(超殺菌)約250mlにプレーンヨーグルトを大さじ2杯加えてかき混ぜ、室温で夏なら10時間、冬なら12−24時間、ゆるめのサワークリーム状になるまで置きます。もう一度かき混ぜて、冷蔵庫で保管。10日間持ちます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-05-22 02:51 | レシピ | Trackback | Comments(8)

金柑の甘煮と苺ジャム

日曜日の母の日、近くのファーマーズマーケットを訪れました。

期待したほどの収穫はありませんでしたが、ローカルの苺と金柑、分厚いステーキ用の鮪を買い求めました。

苺はジャム。私は苺の重さの約3分の1のオーガニックの砂糖を使います。そして、最後にキルシュを少々。日本の農林規格ではジャムの糖度は45%以上、国際規格では65%なそうですから、市販品よりずっと低糖度です。

e0351091_2171788.jpg

その代わり日持ちはしませんから、沢山作らず冷蔵庫で保存し、早めに食べきるようにしています。

e0351091_2162793.jpg

金柑はマーマレードと甘煮を作りました。金柑は1ポンド(450g)3ドルとスーパーの半値でお買い得でした。

母は金柑の甘煮をお正月のお節として作っていました。洗った金柑の一つ一つにを編み棒でいくつか穴を開け、何度か茹でこぼしてふっくらと仕上げていました。(私のレシピは下に書きました。)

e0351091_2164494.jpg

作った甘煮は早速マグロのスパイシーなステーキに添えました。ほんの少しほろ苦く甘い金柑は、スパイシーなステーキによく合いました。(マグロのスパイシーなステーキのレシピはこちら⭐️)

さて、次は何に合わせてみましょうか。

金柑の甘煮
材料


金柑 200g 
ライトブラウン・シュガー(オーガニック)80g
蜂蜜  大匙1
水  100ml
ラム酒  小匙1

金柑はよく洗い、ヘタを竹串で取る。
縦に2箇所切り込みを入れ、上下を少し潰すようにして竹串で種を取った後、成型し直す。
1度茹でこぼす。
金柑、砂糖、蜂蜜、水を鍋に入れ、煮詰める。少し汁気が残る程度で金柑が半透明になるまで。(15分くらいです。)
ラム酒を加えて、つぶれないようにかき混ぜ、熱いうちに清潔なビンに詰める。(瓶は熱い湯で綺麗に洗って拭いた後、ウオッカで湿らせたペーパータオルで丁寧に拭きます。)


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-05-17 02:18 | レシピ | Trackback | Comments(10)

アップル・ココナッツケーキ

合唱のパート練習の後にお出しするデザートは少し頭を悩ませます。簡単にできて美味しく、しかも夜でもお腹におさまる軽いもの、その上今までお出ししたことがないもの。

回を重ねるにつれて、今までお出ししたことがないもの、というのが一番の難関になります。

さて、昨日はこれらの難関をクリアーして、表題のようなケーキを作りました。

e0351091_2383139.jpg

中にはリンゴの角切りと無糖のココナッツ、上にもリンゴのスライスをのせ、ふわふわでしっとり、軽いケーキで皆さんにも喜ばれて、ほっとしました。バターでなく上質のサラダオイルを使い、よりヘルシーに。

e0351091_2384837.jpg

ピンク・インディアン・ホーソーンが今を盛りと咲いています。キッチンの横に咲いているこの花を見ながら、一切れだけ残ったケーキを朝食で。サンディエゴは今日も暖かで良い天気です。


アップル・ココナッツケーキ
レシピ:Dorie Greenspan著「BAKING」参考
材料:直径9インチ(23センチ)の底が抜けるケーキ型 1個分
   カップはアメリカサイズの250ml

小麦粉  1カップと大匙2
ベーキングパウダー  小匙2
ベーキングソーダ   小匙1/4
シナモンの粉  小匙1/4
塩  一つまみ
りんご 3個 皮をむいて芯を取る。2個は小さい角切りにし、1個は縦に5ミリ幅に切る。レモン汁をふりかけ、ラップをして色が変わらないようにしておく。
卵  大2個  室温にしておく
砂糖 カップ1/3 + 大匙2
プレーンヨーグルト  カップ1/2
無臭のサラダオイル(カノラオイルやグレープシードオイルなど)大匙6
ラム酒 大匙1
ヴァニラエッセンス  小匙2
無糖のココナッツ  カップ1

グレーズ
アップルジェリー  1/2カップ
ラム酒  大匙1

1. ケーキ型にバター(分量外)を塗り、軽く粉(分量外)をはたく。

2. オーブンを350度F(180度C)に温める。

3. 小麦粉、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、シナモン、塩をボウルの中でかき混ぜておく。

4. 卵と砂糖(カップ1/3)を大きなボウルの中でよくかき混ぜる。さらにヨーグルトを加えてかき混ぜ、サラダオイル、ラム酒、ヴァニラエッセンスを加えてさらに良くかき混ぜる。

5. 4に粉類を入れてスムーズになったら、ココナッツを加え、最後にりんごの角切りを加える。

6. ケーキ型に入れ、表面を綺麗にして、薄切りのリンゴを形良く並べる。大匙2の砂糖をリンゴの上にかける。

7. オーブンの中段に入れ45−50分。真ん中に串を刺して何もつかなくなるまで焼く。型ごとラックの上で20分休ませてから、型から取り出す。

8. サーヴする直前にアップルジェリーにラム酒を加えて、電子レンジに少しかけて柔らかにし、表面に刷毛で塗る。

*タッパーなどの容器に入れれば、室温で4日持ちますが、冷凍には向きません。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-03-18 02:40 | レシピ | Trackback | Comments(6)

豚フィレ肉を使って2品

豚のフィレ肉を1本買うと、一人分だと3回分くらいになります。最初に使った後は冷凍するのですが、冷凍もなるたけ早く食べた方が味が落ちません。

先日冷蔵庫を買い換えたのをきっかけに、冷凍物もなるたけ早く使い切ろうと決意したのですが、いつまで続くか。。。。

さて、この豚フィレ肉を使って二品。一つは出盛りのオレンジとプルーンと共に、赤ワインの合う綺麗な一皿になりました。

e0351091_332585.jpg

プルーンはポートワインにつけて柔らかになるまで煮ます。塩胡椒した豚肉をソテーした後、ポートワインごとプルーンをフライパンに入れ、オレンジマーマレード、ケチャップ、オレンジのゼスト、オレンジジュースでソースを作ります。

最後にセグメントにしたオレンジを飾りにします。

もう一品は和風ラヴィゴットソースをソテーした豚肉に添えました。

e0351091_3331668.jpg

玉ねぎのみじん切りを水で洗い水分を拭き取ったもの、トマトの粗みじん切り、ケイパー、ガーリックのみじん切り、三つ葉のみじん切り、塩、胡椒、醤油、オリーブオイルの調味です。

パセリがなかったので三つ葉を使い、醤油を加えて和風テイストにしてみました。

二品とも簡単ですが彩りの良い料理に仕上がりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-03-11 03:36 | レシピ | Trackback | Comments(4)

鶏肉とパイナップルのベトナム風サラダ

先週の土曜日、日本食料品店で香りの良さにつられて買ってきた小ぶりのメキシコ産のパイナップル。冷蔵庫の果物のケースに入れてもなお芳香を放っています。

先日作ったチキンのソテーが余っていたので、パイナップルと組み合わせてベトナム風のサラダにしてみました。

e0351091_4492331.jpg

本来は鶏もも肉と玉ねぎ、赤いパプリカなどと一緒に炒めるのですが、今回は鶏肉が調理済みだったこともあり、もっと簡単なサラダに。(ベトナム風の炒め物のレシピはここ☆をご覧ください。)

使った食材は、上記の他に青ネギ、ハラペニョ、香菜、カシューナッツ。ライムジュースとナンプラー、少量の砂糖を入れたドレッシングで、美味しいサラダになりました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_4493963.jpg

最高気温が20度近くまで上がったとはいえ、温かなものも欲しく、キャロットスープを添えて。

キャロットスープは玉ねぎ、人参、じゃがいもをバターで炒め、野菜出汁と牛乳で煮込みました。隠し味は生姜。この生姜がとても良い仕事をしました。


鶏肉とパイナップルのベトナム風サラダ
材料(一人分)


パイナップル  小さめのもの1/3個 皮と芯を除いて、一口大に切る
鶏胸肉  調理済みのもの 小1枚  2センチの角切り
パプリカ(赤) ローストして皮をむき、2センチの角切り 半個分
青葱  1本  小口切り
香菜  10−15本 茎と葉っぱと一緒にみじん切り
ハラペニョ  薄切り 8−10枚
カシューナッツ フライパンで乾煎り  約10個
サラダ菜  適宜

上記の材料を混ぜてサラダ菜の上にのせる。

ドレッシング
ライムジュース 1個ぶん
米酢 小匙1/2
砂糖 適宜
ナンプラー  小匙1−2

上記の材料を混ぜ合わせる。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-22 04:50 | レシピ | Trackback | Comments(4)

今日のイチオシ! 掲載のお知らせ&干し柿_2016

いつもお世話になっているレシピブログの『今日のイチオシ!ブログ&レシピ』のコーナーで、12月28日、私のブログが掲載されました。(PCのみです。)

お時間のある方は「今日のイチオシ!」をクリックして、ご覧になってみてください。多分、28日の1日限りです。

これだけのアップでは寂しいので、今年の干し柿をご紹介します。

e0351091_25282.jpg

今年は12個しか作らず、干した期間はちょうど2週間。かなり柔らかなうちに取り込み、極上の干し柿が出来上がりました。皮を剥いた後、ウオッカを塗るようになってから、全く黴なくなりました。

e0351091_254159.jpg

そのままいただいても、膾に入れても、とても美味しいです。まだ風邪をひいていない時の夕食に、蕪と酢の物にしてみました。

e0351091_255631.jpg

他のお皿は珍しいカボスハマチのお刺身、小松菜と薩摩揚げの生姜炒めです。

早く風邪を治して、お節作りに励まねば。皆様も風邪をひきませんように。

ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-12-28 02:08 | レシピ | Trackback | Comments(6)

胡瓜と柿の柿酢和え

ふと思いついて作った胡瓜と柿の酢の物です。

毎年この時期に作る柿酢。銀杏に切った柿に米酢を浸し、室温に2−3日置いておくと、トロッとした柿酢が出来上がります。尖った酸味がなくなり、ほどよい甘さの酢になります。保存は冷蔵庫で。

柿の甘さが酢に移るので、砂糖やみりんを入れずに、マイルドな酢の物になります。

e0351091_323372.jpg

この時期の胡瓜の皮は厚いので所々皮をむいて、5センチ長さの鉛筆の太さに切り、塩をまぶして20分ほどおきます。ペーパータオルで水分をしっかり取り、拍子木に切った柿とすりおろした生姜、柿酢で和えて出来上がり。

箸が止まらぬ美味しさです。

e0351091_32352100.jpg

メインは豚フィレ肉のソテー、梅肉和え。5ミリの厚さに切って塩胡椒したフィレ肉をサラダオイルでソテー。火が通ったら、叩いた梅干し、みりん、醤油を合わせたものを絡めます。水にさらした葱の千切りを添えて。
(これはキッコーマンのサイトを参考にしました。)

もう一品はどこのご家庭でも作る茄子と万願寺唐辛子のシギ焼き。

あれだけ沢山あった果物も気づけば柿とみかんが二つずつ。今日はまた買いに行かねばなりません。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-11-16 03:24 | レシピ | Trackback(1) | Comments(8)

秋の果物のクランブル

先日お隣さんから頂いたグアヴァ。一つ残っているのですが、何にしようかと少し頭を悩ませました。それというのも、グアヴァは甘さも酸味もないからです。

そこで、酸味と甘さのある果物、リンゴと柿と合わせて簡単なスイーツのクランブルを作ってみました。

e0351091_334472.jpg

三種類の果物の他、クリスタルの生姜、レモンのゼストとジュース、レーズンも加えました。

e0351091_335086.jpg

果物たっぷりで、グアヴァの香り、りんごの酸味、柿の甘さが相まって美味しいデザートになりました。


秋の果物のクランブル
材料 (4人分:直径20センチの耐熱皿1個分)


オーガニックの砂糖  50ml
小麦粉  大匙1.5
シナモン 小匙1/2
クリスタルの生姜  大匙1.5 粗みじん切り (生の生姜のすりおろしでも良い、その場合は小さじ1)
レーズン  大匙2
りんご 中1個 皮と芯を取り角切り
柿 中1個  皮と芯を取り角切り
グアヴァ 中1個 皮と芯を取り角切り
レモンのゼストとジュース 半個分

上記の材料を全部ボウルに入れてかき混ぜておく

無塩バター  大匙6 室温にしておく
ライトブラウンシュガー  50ml
レモンのゼスト  半個分
胡桃  小指の先くらいの大きさに割って、約大匙3
小麦粉 185ml

上記の材料を指でよく混ぜる。
耐熱皿にバター(分量外)を塗り、果物のミックスを入れ、その上に小麦粉や胡桃、バターのクランブルをのせる。

350度F(180度C)に温めたオーブンの中段に上記を入れ、約50分、表面が狐色になり、端が泡立ってきたらオーブンから取り出して、ラックの上で冷ます。

サーヴするのは暖かいうちでも冷めてからでも良い。また、ホイップした生クリームやアイスクリームをかけても良い。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-11-15 03:36 | レシピ | Trackback | Comments(8)

鴨のソテー 葡萄の赤ワインソース&日本からの嬉しい贈り物

頂き物の大きな粒の甘い葡萄。皮が薄いので丸ごと食後やサラダに頂きましたが、料理にも使いたくて、鴨のマグレを買ってきました。

写真ではチェリーのように見えますが、赤葡萄です。赤ワインに蜂蜜とライムのゼスト、ジュース、を加え、葡萄の皮が破れるくらい煮てソースにします。

e0351091_253182.jpg

かなりレアーに仕上がってしまいましたが、熱いソースに絡めれば、丁度良くなります。葡萄の甘酸っぱさが鴨にピッタリでした。

そして昨日、日本からの贈り物が届きました。箱は素敵な「和の食文化」シリーズの切手に包まれています。

e0351091_329330.jpg

中味は美味しそうな北海道のおかきやお菓子にさきいか天。チャー君のおやつまであります。どれから手をつけようかと嬉しい悩みです。温かなお心遣いに感謝、感謝。

e0351091_254053.jpg

ソーニャさん、誠にありがとうございました。


鴨のソテー 葡萄の赤ワインソース
材料(1人分)


赤い葡萄  中1房 (皮の薄い種無しの赤葡萄が適しています。)
赤ワイン  250ml
蜂蜜  小匙1/2−1(葡萄の甘さによる)
ライムのゼストとジュース 1個分

赤ワインに蜂蜜とライムのゼストとジュースを加えて煮立ったら、葡萄を入れて、弱火で皮が破けるくらいになるまで煮込む。(5−10分、葡萄の大きさによる。)

鴨のマグレ 1枚
塩胡椒  適宜
ガーリック 1片 皮をむいて潰す
パセリまたはタイム 適宜

鴨は余分な脂を切り取り、皮目に1センチ幅の格子状に切り目を入れる。両面に塩胡椒する。

フライパンを非常に熱くし、皮目からソテーする。鴨の厚さによるが、片面5−8分。一緒にガーリックとパセリもソテー。

鴨を取り出し、アルミホイルで包む。

フライパンに小さじ2ほどの脂を残し、葡萄の赤ワイン煮を加えて、少し煮込む。とろみをつけたい場合は、片栗粉をワインで溶き、加える。

鴨をそぎ切りにして扇状に並べ、葡萄の赤ワインソースをかける。

*赤葡萄のワインソース煮はヨーグルトやアイスクリームにかけても美味しく召し上がれます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-11-14 03:01 | レシピ | Trackback | Comments(8)

ポークフィレのソテー オレンジソース ♪20分でできる夕食♪

豚肉のフィレを2センチの厚さに切り、ソテーし、オレンジのゼストとジュース、プルーンをマセラードしたポートワインを加えたソースで、目にも鮮やかな一皿です。

e0351091_4155741.jpg

サラダはフェンネルとりんご、柘榴とチーズ。ドレッシングは塩胡椒、レモン汁、レモン汁、オリーブオイルをかけました。

e0351091_4161530.jpg

小粒のじゃが芋を茹でてバターでソテーした一皿の3品全部で20分で出来ました。

私はかなり手早い方だと思いますが、自分でもあまりに早く出来てびっくりしました。この3品の手順はこんな風です。

1.じゃが芋を茹で始める。
2.オレンジのセグメントとゼスト、ジュースを作る
3.フェンネル、リンゴを切り、ざくろを散らしてサラダを作る。
4.玉葱をみじん切りにし、ポークをスライスし、ソテー。
5.ポークをソテーしている間にじゃが芋ができているので茹でこぼし、バターでソテー。
6.ポークの料理の仕上げ。


ポークフィレのソテー オレンジソース
材料(二人分)


ポークフィレ 小1本(約400g)厚さ2センチ、斜めにスライス
オレンジ 中2個
無塩バター 小匙2
サラダオイル 小匙2
塩胡椒
玉葱 中半個 みじん切り
カルダモンシード  5−6粒玉ねぎのみじん切りを加える。

プルーン 10−12個をポートワイン(約100ml)につけてプルーンが柔らかになるまで煮る。

1.オレンジ1個はピーラーで皮をむき、ゼストは千切り。残りの実はジュースにする。

2.オレンジの残りの1個は皮をむき、実をセグメントにする。(セグメントの切り方は旧ブログのここを参考にしてください。写真入りで説明が書いてあります。)

3.フライパンにバターとサラダオイルを熱し、ポークをソテー。両面2−3分ずつ焼いたら、玉ねぎのみじん切りを加える。更に、オレンジのゼスト、オレンジジュース、カルダモンシード、プルーンをポーチした後のポートワインを加えて少し煮込む。

4.皿に、ポーク、オレンジのセグメント、プルーンを形良く盛り付ける。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-11-07 04:17 | レシピ | Trackback | Comments(6)