やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:旅行 ( 43 ) タグの人気記事

スペイン旅行(14) ーバルセロナ② サグラダ・ファミリア聖堂ー

11月2日(月)

バルセロナを訪れた一番の目的はサグラダ・ファミリアを見ること。1996年に家族でバルセロナを訪れたときとサグラダ・ファミリアはどれくらい変わったのだろうか、というのが私の一番の関心事でした。

e0351091_249294.jpg

e0351091_2492965.jpg

e0351091_2494139.jpg

雨まじりの台風並みの強風が吹く朝8時半。9時の予約に30分も早く着いてしまい、時間をつぶすのが大変でした。

e0351091_2495533.jpg

e0351091_250785.jpg

e0351091_2501957.jpg

ようやく中に入ったときは、その素晴らしさに圧倒され、強風に文句を言っていたことはすっかり頭の中から消えていました。

e0351091_2503523.jpg

e0351091_2511468.jpg

1882年に着工。途中Civil Warで中断したようですが、130年以上も建設が続いています。ガウディの没後100年にあたる2026年の完成を目指しているそうですが、個人的な我が儘を言えば、建設が終わること無く、どこかでコツコツ鑿を打っていて欲しい、という気がします。

e0351091_2513684.jpg

e0351091_2514952.jpg

ステンドグラスはローカルの職人さんたちの手によるものだとか。

e0351091_2521141.jpg

e0351091_2522331.jpg

e0351091_2523678.jpg

19年前は内部が殆ど出来ていませんでした。この間に随分建設が進んだのは驚きでした。

e0351091_2525390.jpg

この日は強風のためにタワーに上ることは叶わず、早速その場で2日後の切符を買ったのでした。もちろんタワーに上って上からの景色を見たいという思いもありましたが、天気の良い日に太陽の光が入るステンドグラスにも大きな興味がありました。

この後訪れたガウディの建物のご紹介はまた次ぎに。

ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-23 02:54 | 旅行 | Trackback | Comments(8)

スペイン旅行(13) ーバルセロナ①ー

11月1日(日)

カメラの記録がケーキから夕食を戴いたバルに飛んでいるので、私の記憶も飛んでいます。夕食までの数時間何をして過ごしたのか、さっぱり思い出せません。多分腹ごなしにブラブラと街を歩きながらホテルに戻ったのだと思います。けれど、ホテルで何をしていたのでしょう?夕食のバルの下調べ?

日曜日に開いているバルはあまりなく、あるブログに書いてあった所を訪れました。このブログ、スペインにいる間中は見られたのですが、今訪れるとパスワードが無いと閲覧不可能になっていました。

バルの名前はLa Vinateria del Calle (Sant Domenic del Call, 9, Barcelona)。

英語のメニューもありますし、英語をかなり話せるフレンドリーなお兄さんもいました。

e0351091_2123655.jpg

まず、私はカバ(スパークリングワイン)、友達は赤ワイン。店内が暗かったので良い写真ではありませんが、悪しからず。

e0351091_2112831.jpg

天井からぶら下がる生ハム。全部熟成が終わっていて、これだけの生ハムをかなり短期間で消費するそうです。英語が出来るお兄さんが色々教えて下さり、その時は細かい数字まで覚えていたつもりでも今となっては忘れてしまいました。

e0351091_2114354.jpg

ここで食べたものは青唐辛子の唐揚げ。これが美味しい。万願寺唐辛子で試してみたい。スペインの塩が美味しいのを今回再発見しました。

e0351091_2125114.jpg

そして、チーズとパン・コン・トマテ。それだけ?チーズは確か、山羊、羊、牛の三種だったような。

e0351091_2143099.jpg

e0351091_2144322.jpg

お昼をしっかり食べて、夜は軽くタパをワインと一緒につまむ。この頃はすっかりスペイン流になれてしまったのでしょうか。

ここもカウンターの他に奥にはレストランの席もあるようで、家族連れなど予約したお客さんが入っていきました。

私の右隣にはイギリス人の若い女性が一人でタパをつまみながらワインを飲み、ガイドブックを読んでいました。日本、韓国、中国そしてヨーロッパの各国からの若い女性の一人旅を多く見かけましたが、バルに女性一人でいるのは大抵はヨーロッパ人です。若いアジア人女性の一人旅の方はどこで食べているのでしょう。ちょっと気になりました。

欠けたお皿だったり、盛りつけも決してお洒落ではありませんが、その分気取らずに、行きずりの旅行者にも一人旅にもフレンドリーなバル。アットホームな気分にさせてくれる、温かなバルでした。

この日も朝早くから行動を開始し、充実した長い一日が終わりました。

ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-22 02:18 | 旅行 | Trackback | Comments(8)

スペイン旅行(12) ーバルセロナ①ー

記憶が忘却の彼方へ消えてしまわないうちに旅行記を続けます。

11月1日(日)

マドリッド発午前7時30分。バルセロナへ向かう車窓からはだんだんと明けていく空が。諸聖人の日の祝日だという11月1日。意に反して空いていた車内。ビジネスマンらしい3人の日本人客が同じ車両に。

e0351091_2494844.jpg

電車は朝食付き。行きに乗ったアメリカン航空よりずっとサーヴィスも良く、美味しい。

e0351091_250373.jpg

マドリッド、バルセロナ間は3時間10分。駅に降りたちタクシーを探すと、親切なスペイン人のおじさんが、乗り場を教えてくれました。大きなラゲッジを引きずってウロウロするお上りさんの二人連れを見かねたのでしょう。

バルセロナで泊まった所はHotel Jazz。ここもモダーンで清潔。何よりもメトロの駅に歩いて1分もかからず、メインストリートのRamblasに近いとても便利な所でした。

一部屋だけすぐに入れたので、まずは荷物を置き、一息入れて旧市街のカテドラルへ。

e0351091_2511996.jpg

毎日曜12時から1時間だけカテドラルの広場で繰り広げられる民族舞踊(カタルーニャに伝わるサルダーナ)の輪。誰でも参加できるそうですが、意外にステップが難しいとか。

e0351091_2513553.jpg

こちらは地元の方々でしょうか。

e0351091_2514999.jpg

オーケストラの生演奏で踊ります。

e0351091_10233598.jpg

そろそろお腹も空いて来たので、お昼を食べに歩きます。目指すはピカソ美術館と同じ通りにあるEl Xampanyet(Carrer de Montcada, 22, Barcelona)。日曜も午後12時から空いている数少ないバルです。

長蛇の列のピカソ美術館を通り過ぎ、12時15分頃着くと、既に相当混み合っています。カウンターにやっと二人分を滑り込ませ、注文を。

e0351091_252794.jpg

食べるのに夢中で写真を撮り忘れ、半分戴いたところで慌ててシャッターを押しました。
アンチョビ。それほど塩辛くなく美味しい。

e0351091_2522140.jpg

缶詰でしょうが大きなホワイトアスパラガス。

e0351091_2523829.jpg

赤いピーマンにチーズの詰め物

e0351091_2525877.jpg

鱈がとても美味しい。

e0351091_2531277.jpg

パン・コン・トマテと一緒に。

e0351091_2532624.jpg

お野菜も食べたいのでリーク(ポロ葱)。これも柔らかで美味しい。

12時半を過ぎると続々人が入って来て、立錐の余地もない程。カウンターの場所を押さえるだけでも大変な騒ぎです。多分ピカソ美術館のそばという立地条件の良さと日曜のお昼に開いている美味しいバルだからでしょう。

満足のうちにお会計を済ませ、しばらくは街を散策。日曜のお昼とあって東京の歩行者天国並みの混雑です。

通りのベンチに座り「地球の歩き方」をめくると、そばに美味しいケーキ屋さんがあることを発見。早速赴きました。

e0351091_254593.jpg

それがミシュランの一つ星レストラン、ホフマンのパティスリー(Flassaders 44 Barcelona)。ここでケーキを買い、数件先の同じホフマンのカフェでカフェ・コン・レシェを頼んで、ケーキを戴きました。

e0351091_2542077.jpg

私のは無花果のヨーグルトムース。甘さ控えめでとても美味しかったです

e0351091_2543239.jpg

友達が買ったケーキ。これも美味しかったそうな。

1996年以来2度目のバルセロナ。旅行記はまだまだ続きます。

ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-21 02:57 | 旅行 | Trackback | Comments(10)

スペイン旅行(11) ーマドリッド④ー

10月31日(土

トレドから電車でマドリッドのAtocha駅に降り立ち、歩いて10分足らずのMuseo Nacional Centro de Arte Reina Sofiaへ。この美術館にはピカソのゲルニカを見に来たのです。

今回もまた迷い、20分くらい歩きました。とにかく着いてやれやれ。但し、ゲルニカは撮影禁止です。

この美術館で写真に撮ったのはこの1枚だけ。見ることに大分疲れて来たのが分かります。

e0351091_2395548.jpg

さて、ホテルに戻って夕食まで一休み。この日が最後のマドリッドです。私が持っているガイドブックにのっていた、ホテルから近く、そしてもちろん美味しそうなバルを選びました。

ちなみに、今回私が使ったガイドブックはEyewitness Travel(カラーの写真が満載)。友達はRick Steve(一人でも安全、経済的に旅行するハウツーが丁寧に記載)。「地球の歩き方」は二人で読みました。

バルの名前はEl Mollete(C/ Bola 4, 28013 Madrid(Centro) 。タパを食べたかったのでカウンターへ。まだ時間が早かったので、空いていましたが、混んでいる時間帯のレストランは予約をした方が良いようです。

e0351091_240173.jpg

お昼に沢山の魚介類を頂いたので、夕食は軽く。ゴートチーズのグリルと蜂蜜。白ワインで最後のマドリッドに乾杯。

e0351091_2403170.jpg

ラムズレタス(mache)のサラダ。何がのっていたのか、思い出せません。この店のホームページのメニューを見てもタパはのっていないので、分からず。。。。(ちゃんと辞書を使ってみました。)

e0351091_2404348.jpg

そして、鴨。鴨それ自体が美味しければ、果物もソースも凝らなくとも良いのだと分かりました。今まで訪れたバルとはちょっと系統が違う感じで、最初はぶっきらぼうに見えたマスターも親切で、良いバルでした。

e0351091_240588.jpg

この日はハロウィーン。アメリカ程派手ではありませんが、若者が仮装をしていたり、お店やホテルのディスプレーもハロウィーン仕立て。

e0351091_2411554.jpg

e0351091_2412758.jpg

次の日が早いので、この日は早くにベッドに入りましたが、ハロウィーンのせいで一晩中外が騒がしく、あまり眠れませんでした。

ー続くー



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-19 02:44 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

スペイン旅行(10) ートレド①ー

10月31日(土)

トレドはマドリッドから電車で30分。人気のトレド行きの電車は幾分混んでいました。でも私たちは電車は全て座席指定をアメリカから買っていましたので、何の心配もありませんでしたが。

トレドの駅も素敵です。

e0351091_2421887.jpg

内部は豪華なステンドグラス。

e0351091_2422966.jpg

カテドラルまではタクシーで。スペインはタクシーの値段がお手頃です。特に二人以上ですとお得感があって気軽に使うことが出来、とても楽でした。

カテドラルはとても大きく、けれども取り囲んでいる道は狭く、全貌を写すことが難しく、ほんの一部の写真しかとれませんでした。
e0351091_2451078.jpg

向かいのお土産屋さんでカテドラルの切符を買い,いざ内部へ。1227年に建築が開始され、1493年に完成したのだそうです。200年以上の年月がかけられたのですね。

e0351091_2452292.jpg

e0351091_2453433.jpg

ベルタワーにも上ってみました。(時間の予約があります。)

e0351091_2455557.jpg

e0351091_24675.jpg

e0351091_2462231.jpg

再び下りて、内部を見学。

e0351091_2463639.jpg

e0351091_2464852.jpg

e0351091_247028.jpg

e0351091_2471499.jpg

e0351091_247381.jpg

e0351091_2475132.jpg

トレドの街の細い小路も統一された色が美しい。

e0351091_2481553.jpg

この地方のお菓子は見るだけ。

e0351091_2483264.jpg

e0351091_2484565.jpg

次はエル・グレコ美術館へ。

e0351091_333998.jpg

エル・グレコが住んでいた当時の台所

e0351091_2524457.jpg

絵の写真が無い所を見ると、撮影禁止だったのでしょう。(何でも忘れてしまいます。)

ユダヤ人地区にあったという家の庭が小さいけれどきれいです。

e0351091_2533745.jpg

e0351091_2535795.jpg

e0351091_2541231.jpg

さて、お腹が空きましたが、レストランが開く1時まで暫し時間をつぶし、一番乗り。

e0351091_2574996.jpg

ここはブログのお友達がお勧めしてくれたレストラン,Restaurante La Naviera(C/Campana, 8, 45002 Toledo)です。スペインの地図を見れば分かりますが、トレドはスペインのほぼ真ん中です。この海からかなり遠いと思われる地で、こんなにも新鮮で美味しい魚介類にありつけるとは!

タコとポテトのサラダ。蛸がとても柔らかい!

e0351091_2552132.jpg

白海老

e0351091_255343.jpg

マテ貝。焼具合が最高!

e0351091_2554949.jpg

目の前で真っ赤で新鮮な海老が入った発砲スチロールの箱が配達されました。ガリシア地方から届いたばかりなのだとか。

という訳で、もう一皿大きな海老のグリルも頼みました。一人2尾ずつをオーダーすると、調理する前にお皿に4尾のせて持ってきました。メニューの値段は100gの値段なので、4尾だと20ユーロだけれど、良いですか?と。

もちろんオーケーです。

e0351091_2562111.jpg

どれもとても美味しく、夢中になって食べてしまいました。人気のあるお店らしく、2時過ぎには満席。

3時半の電車で再びマドリッドへ。トレドへのプチ旅行は大満足のうちに幕を閉じました。

ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-18 03:08 | 旅行 | Trackback | Comments(8)

スペイン旅行(9)  ーマドリッド③ー

10月30日(金)

クエンカからマドリッドに戻り、ホテルで一休み。ホテルは前と同じPreciadosです。ここで大きな荷物を預かってもらっていました。

さて、この日は夜9時にフラメンコの予約がしてあります。ホテルから徒歩で15分くらいの所ですので、歩いて行くことに決めていました。

でも、その前に軽く夕食。一番最初に訪れたLambuzoが丁度通り道だったので、そこを訪れました。今回は奥のテーブル席に。

e0351091_1616100.jpg

サルモレホ、ガスパチョに似ているスープで美味しい。

e0351091_162810.jpg

カタクチイワシのフライ。この日は丸のままです。前回は捌いてありました。

e0351091_164561.jpg

イソギンチャクのフライ。最初にきたときは無かったのですが、物珍しさに注文しました。もっとコリコリした食感かと思いきや、柔らかだったのが意外でした。

e0351091_165765.jpg

写真を見て、これしか注文しなかったの?と思いましたが、お昼に沢山頂いたし、少し胃もお疲れ気味だったのかも。

2000年にセヴィリアで最初にフラメンコを見た時の衝撃は忘れられません。私はすっかり虜になり、二晩通ったのでした。

フラメンコはアンダルシアが本場ですが、マドリッドにも幾つか有り、サイトで調べてまあまあ評判の良いCorral de la Moreriaを予約しました。

e0351091_184380.jpg

e0351091_191197.jpg

私の席はかぶりつき。椅子の背がステージにくっついています。

e0351091_192788.jpg

最初の5分だけ写真を許されました。

ステージの床は丁度目の高さ。ダンサーの靴が目の前30センチ、スカートを翻すと風がフワッと顔を撫でます。花火のように螺旋状に飛び散る汗が私にかかるのでは、と思う程の近さでした。

e0351091_194794.jpg

シンガーが二人ともイマイチでしたが。ごめんなさい。多分私はシンガーには点が辛いのです。3人のダンサーの情熱的なステップと身のこなしは圧巻でした。

e0351091_110172.jpg

ここはサーヴィスもイマイチでしたが、(ビールを頼んだのですが、来るのが凄く遅く、しかも頼んだのとは違う銘柄でした。)フラメンコを始めて見た友達は感激していましたし、フラメンコ自体はとても楽しみました。

お店の方にタクシーを呼んでもらって、日付が変わってからホテルに帰り着き、盛りだくさんだったこの日がようやく終わりを遂げました。

ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-17 01:20 | 旅行 | Trackback | Comments(12)

スペイン旅行(8) ークエンカ②ー

10月30日(金)

青空がバックだと宙吊りの家の外観がよく分かります。

e0351091_333144.jpg

ここはれっきとした現代アートの美術館,Museo de Arte Abstracto Españolです。中に入ってみましょう。

e0351091_334871.jpg

時にコンテンポラリーのアートは気を衒うだけのように感じるものもありますが、この美術館はとても楽しむことができました。

e0351091_34639.jpg

e0351091_341976.jpg

e0351091_34329.jpg

e0351091_344575.jpg

e0351091_345770.jpg

e0351091_35917.jpg

宙吊りになっているベランダからはこのような景色が。

e0351091_352845.jpg

e0351091_354029.jpg

クエンカは多くの芸術家を輩出しているらしく、他にも現代アートの美術館があります。コンサートも定期的に開かれており、芸術が生活にとけ込んでいるのが分かり、とても羨ましく思いました。

次の美術館、Fundasión Antonio Pérezへ。前の日も通ったトンネルを抜けて、坂道をてくてく歩きます。クエンカの旧市街は細い道が迷路のようになっていますが、小さい街なのでどこを通ってもいつの間にか行き着きます。

e0351091_361510.jpg

ここもとても楽しい美術館です。

e0351091_362957.jpg

e0351091_364382.jpg

e0351091_37285.jpg

e0351091_371631.jpg

おや。ミシュラン君。

e0351091_372856.jpg

型も展示されています。

e0351091_374055.jpg

ここで、帰りの電車の時間のことを考えて、パラドールに戻ってランチを取ることにしました。

最初のアミューズ。

e0351091_38077.jpg

ここの生ハムはどんぐりで育ったイベリコ豚です。

e0351091_382849.jpg

クエンカのガーリック、ピスタチオソース、スモーク・コッド(多分)

e0351091_384696.jpg

クロケッタ(ポロ葱とポルチーニ)と野菜のディップ(多分)

e0351091_39145.jpg

野菜のシチューとポーチドエッグ (写真を撮る前に卵を切ってしまった方が)

e0351091_391573.jpg

メニューを見ても、私たちが何を頼んだか今となっては不確かです。ちゃんと書き留めておかないといけませんね。

パラドールの食事は味もプレゼンテーションも上品でした。

タクシーを頼んでクエンカの駅へ20分ほど。駅もモダーンです。

e0351091_393763.jpg

再びマドリッドに帰り着いたその日の夜のことは次回に。

ー続くー



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-16 03:11 | 旅行 | Trackback | Comments(3)

スペイン旅行(7) ークエンカ②ー

10月30日(金

朝から青空の広がる良い天気です。パラドールの部屋からの眺め。

e0351091_2594396.jpg

パラドールの朝食が美味しいと聞いていたので楽しみにやってきました。

e0351091_30249.jpg

e0351091_301625.jpg

e0351091_303840.jpg

e0351091_305425.jpg

e0351091_31584.jpg

バッフェスタイルの豊富な種類の朝食です。

e0351091_311853.jpg

とは言え、朝はあまり食べられない私ですが、いつもよりは頂きました。これに写真には撮らなかったものの果物をいくつか。

パラドールの内部をご紹介しましょう。
まずはダイニングルーム。

e0351091_313545.jpg

e0351091_314917.jpg

e0351091_32215.jpg

ダイニングの木の天井が美しい

e0351091_321477.jpg

白と黒の市松模様の廊下のロビーがぐるりと中庭を囲んでいます。

e0351091_323486.jpg

e0351091_325414.jpg

壁にはコンテンポラリーの絵が何枚も

e0351091_333449.jpg


中庭

e0351091_3165054.jpg

雲一つない青空の下、旧市街に向かってサンパブロ橋を渡ってカテドラルへ。

e0351091_34574.jpg

e0351091_342662.jpg


e0351091_344796.jpg

オリジナルの建物は12世紀後半から13世紀の中半、スペイン最初のゴティック様式なそうです。(この日は何故か外観を撮るのを忘れたので、先日アップしたのと同じ写真ですが悪しからず。)

8ユーロを払って内部へ。しばらくは美しい内部の写真をお楽しみ下さい。

e0351091_3597.jpg

e0351091_352741.jpg

e0351091_354158.jpg

e0351091_35537.jpg

e0351091_3679.jpg

e0351091_362264.jpg

e0351091_364967.jpg

e0351091_373234.jpg

e0351091_374580.jpg

クエンカ散策の続きは次回に。

ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-15 03:18 | 旅行 | Trackback | Comments(8)

スペイン旅行(6) ークエンカ① 夕食篇ー 

10月29日(木)


もう少し休んでいるという友達をパラドールにおいて、一人夕暮れの中を散歩。

e0351091_25031100.jpg

日が傾き始めるとサン・パブロ橋、宙づりの家、パラドール、崖、色々な所にライトがつき始めました。

e0351091_2504436.jpg

e0351091_2505514.jpg

あの山の上のキリストの像にも。

e0351091_2511190.jpg

宙づりの家(Hanging House)はバルコニーの部分が崖から突き出しています。15世紀には既に存在していたようですが、1920年代に一新されたそうです。

e0351091_2512538.jpg

空が薄い青から群青色になり、すみれ色になり、遂には闇の中に人工の光だけが浮き上がります。

e0351091_2513771.jpg

e0351091_2515091.jpg

e0351091_252193.jpg

すっかり夜の帳がおりた頃、皆でパラドールから旧市街に向かって歩きます。パラドールから旧市街へは徒歩が一番の近道なのです。

夜の街はまた違った顔を見せます。

e0351091_2522886.jpg

市庁舎のある広場。

e0351091_2524464.jpg

カテドラル

昼間見た素敵な彫刻のあるホテルのレストランへ。

e0351091_253838.jpg

平日だからか、それほど混んでいません。ここの女主人とは良い友達なのだとか。

e0351091_2532469.jpg

オリーブの緑色がきれい。もちろん美味しい。

e0351091_2533750.jpg

また地元のワイン。

e0351091_2535226.jpg

3種類のクロケッタ。その時は忘れないだろうと思っていたのに、今となっては何の種類か思い出せません。確か、真ん中はマッシュルームだったような。全部美味しかったけれど、どれが一番?と聞かれて、真ん中を指差した記憶が。

e0351091_254779.jpg

大きなボウルのサラダ。野菜に飢えていたので頼んでくれたのです。

e0351091_2541890.jpg

それぞれ熟成期間の違う3種類のマンチェゴチーズ。私は一番色の濃い熟成度の高いのが好みでした。

e0351091_2543125.jpg

トマトの擂り下ろしはどこでも出てきますが、トマトそのものが美味しいから、とても美味しい。パンに付けて食べます。

e0351091_2544487.jpg

セラーノハムとポテトのディップ。

お昼に重いものを頂いたら夜は生ハムやチーズなどの軽いものをワインと共に、というのがスペイン流とか。

e0351091_2551218.jpg

食後のアーモンドのお菓子とリキュール。何のリキュールだったのか、これも思い出せません。茶色いのはチョコレート?

日本語と英語とスペイン語が飛び交うお喋り。飲んで、食べて、楽しい時間はあっという間に過ぎ去りました。

e0351091_2553922.jpg

人通りの無くなった夜道を皆で散歩。クエンカは安全とは言うものの、地元の方と一緒でなかったらとても出来ない夜の散歩です。

e0351091_2555291.jpg

今思い返しても、とても不思議な気持ちです。ブログを通して知り合い,お互いにコメントを何年かやり取りするだけで、顔も素性も知らないのに、まるで旧知の友のように温かいものが流れている。

この日のことは決して忘れないでしょう。サンディエゴとは時差が9時間もある遠いクエンカ。お二人がいつまでも幸せでありますように。

ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-14 03:00 | 旅行 | Trackback | Comments(8)

スペイン旅行(5) ークエンカ①ー

10月29日(木)

クエンカ(Cuenca)という街の名前を知ったのはブログのお友達が住んでいる所だから。マドリッドから電車で1時間足らずの世界遺産のこの小さな街を、この方のブログに出会うまで知りませんでした。

古く美しい街並と有名な宙づりの家、元は修道院だったという豪勢なパラドール、お義祖母様から教わったという素朴なスペインの家庭料理。この方のブログには今まで私の知らなかった素顔のスペインが沢山出てきます。

Renfeと呼ばれる電車が発着するマドリッドのAtocha駅はまるで植物園のよう。

e0351091_2305128.jpg

電車が発車するまでの時間つぶしにカフェ・コン・レシェ。

e0351091_2311041.jpg

車内は空いていて、座り心地が良い椅子。

e0351091_2314814.jpg

マドリッドを出るとすぐに家が途切れ、収穫を終えて赤茶けた畑が続く風景に。

e0351091_232233.jpg

ここがこの日泊まるクエンカのパラドール

e0351091_2321758.jpg

パラドールは宙づりの家(左から3軒目)が見渡せる絶景の地に建っています。

e0351091_2323024.jpg

e0351091_2324379.jpg

部屋からも宙づりの家が真正面に見えます。

e0351091_2325384.jpg

パラドールからサン・パブロ橋を渡って旧市街まではすぐそこ。

e0351091_2331341.jpg

市庁舎も立派。

e0351091_2333262.jpg

旧市街にあるたった1軒のお土産屋さん。

e0351091_2334529.jpg

カテドラル。旧市街の中心のこの広場から坂道を上って街を歩いてみました。

e0351091_234036.jpg

この彫刻の美しい建物は

e0351091_2341299.jpg

ホテル兼レストラン?

e0351091_2342536.jpg

旧市街の見晴らしの良い場所から見えるパラドールの全貌

e0351091_2344445.jpg

切り立つ岩肌に沿って行儀良く並ぶ糸杉の木立

e0351091_2345972.jpg

住宅街の中に時々表れる洞窟のようなトンネル。トンネルの上も家になっていて人が住んでいるのだとか。

e0351091_2351765.jpg

四六時中湧き水が流れる場所。水が美味しいクエンカ。日本にも輸出されているのだそう。

e0351091_2353411.jpg

またトンネル

e0351091_2354911.jpg

パラドールがまた見えます。遠くの山の頂上に小さく見えるのはキリストの像。

e0351091_236565.jpg

坂を上り切ると、栓が開いたビールが4本とタパ。美味しい!素晴らしいホスピタリティーに感動。

e0351091_2362595.jpg

彼女たちのお気に入りのバルで地元のワインを飲みながらランチ。

e0351091_2365112.jpg

揚げたオックステールとポテトサラダ。始めてのオックステール、とても美味しい。

e0351091_2371297.jpg

マンチェゴチーズ。これも美味。

e0351091_2372954.jpg

トマトは切って塩をかけただけ。2−3日前まではもっと美味しかったのに、と残念がる彼女。でも、トマトの味がしっかりしています。

e0351091_2374336.jpg

豚肉

e0351091_2375763.jpg

マッシュルーム。雨が降らないので野生の茸がとれないと、またがっかりする彼女。でも、肉厚で美味しい。

e0351091_2381024.jpg

子羊。柔らかで絶品。手を使ってむしゃぶりつきます。

e0351091_2382723.jpg

モルシージャ(血入りソーセージ)、チョリソ、と豚肉。モルシージャがこんなに美味しいとは。

e0351091_2384070.jpg

最後はチョコレートリキュール。瓶の吸い口がつかないように顔を上げ、口を大きく開けて注ぎ込んで回し飲み。

e0351091_2385570.jpg

クエンカらしい料理を食べさせてくれたお店。素材が良いから素朴な調理が却って引き立ち、食べた人を温かな心にさせてくれる、ほっとして安心する味。

e0351091_2391265.jpg

食後は車で山道を上り頂上へ。山間に肩を寄せあうように建つ集落。白い壁とスモーキー・ベージュ色の屋根で統一された美しい街。

e0351091_239271.jpg

キリストの像が皆を守るように街を見下ろしています。

e0351091_2394755.jpg


パラドールに戻ると、正に「秋の日のつるべ落とし」、早くも夕闇が迫っていました。スペインの遅い夕食の様子はまた次ぎにアップします。

e0351091_2405728.jpg


ー続くー


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-13 02:50 | 旅行 | Trackback | Comments(8)