やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:旅行 ( 49 ) タグの人気記事

春の日本_2017 (14)  ♪金沢・兼六園&ひがし茶屋♪

4月4日(火) その2

軽いランチの後はまた歩いて兼六園へ。

e0351091_238347.jpg

最近の流行なのか、若い女性がレンタルらしい着物で観光している姿をよく見かけました。男性も着物のカップルもいます。金沢の街は着物姿が似合います。

e0351091_238531.jpg

木によっては二分咲きの桜も。

e0351091_239755.jpg

兼六園随一の写真のスポット。霞ヶ池に立つ二本足の徽軫灯籠(ことじとうろう)と虹橋。

e0351091_2393046.jpg

ダイナミックな松の木。

e0351091_243363.jpg

兼六園を訪れたのは3度目ですが、前2回は真夏でした。いつ来ても兼六園は美しい。

e0351091_2435957.jpg

隣接している金沢城を訪れ、その後はタクシーで長町武家屋敷へ。

e0351091_2441892.jpg

風情ある土塀。戦災に合わなかった金沢は藩政時代の面影が残り、歴史を感じさせてくれます。

加賀藩重臣で、十一代に渡り家督が受け継がれた野村家へ。

e0351091_2522466.jpg

ギヤマン入りの障子や狩野派の最高峰、佐々木泉景の筆による襖の上段の間。

e0351091_245010.jpg

天正12年(1584年)能登末森城の戦いで野村伝兵衛が着用した鎧。

e0351091_2452254.jpg

小堀遠州好みの庭園。

e0351091_2454068.jpg

十五代当主前田利嗣公筆。

その後はバスに乗ってひがし茶屋街へ。

e0351091_245591.jpg

e0351091_2461119.jpg

石畳に紅殻格子やキムスコ(木虫籠)と呼ばれる出格子の情緒ある街並み。

e0351091_2462488.jpg

着物姿が絵になります。平日だというのに、この観光客の多さ。外国人も沢山見かけました。

歩き疲れて老舗の森八、ひがし三番町店へ。夕食に差し障ると困るので、くずきりとお茶をいただきました。(残念ながら写真を撮るのを忘れましたが。)

休憩の後はバスで金沢駅に戻り、荷物を受け取り、タクシーでこの日のホテル、彩の庭ホテルへと向かいました。

e0351091_2464469.jpg

前日の旅館とは打って変わった新しいモダンなホテルです。ここでしばし休憩後の夕食の様子はまた明日。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-04-27 02:53 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

春の日本_2017 (13) ♪旅館の朝食&金沢・鈴木大拙館♪

4月4日(火) その1

朝風呂というのはなんとも贅沢な気持ちになります。時間によって男女入れ替え制なので、朝は昨夜とは違った浴場を楽しむことができました。今でも1日10万リットルも湧き出る豊富な湯量を誇っています。

朝食も前夜と同じ個室に案内されました。

e0351091_2493385.jpg

この宿特製の温泉卵は66度の源泉に数時間つけて作られたもの。

e0351091_2495490.jpg

e0351091_250852.jpg

e0351091_2502531.jpg

自家製の飛竜頭、あさりのお味噌汁も美味しかったです。

何人もの宿の方々に見送られて送迎バスで加賀温泉駅へ。日本の旅館は本当に丁寧なおもてなしをして下さいます。

金沢駅で荷物を預け、構内にあるインフォメーションセンターで「城下町金沢周遊バス」の一日券を購入。名所を結ぶ周遊バスで、右回り、左回りが15分ごとに出ている便利なバスです。

この周遊バスに乗り、本多町で降り、鈴木大拙館へ。バス停を降りると十数人の中国人男性ばかりの団体さんが前を歩いています。鈴木大拙館は中国人にも人気があるようです。

e0351091_2512435.jpg

ここは仏教哲学者だった金沢出身の鈴木大拙の思想を知り、学び、考える場所として2011年に竣工されました。

e0351091_2514053.jpg

建物の中は撮影禁止のところが多く、外のみの写真です。モノトーンの建物が春の柔らかな緑を背景に水とうまく調和して、静かで落ち着いた素敵な場所です。

鈴木大拙館を見学した後は歩いて21世紀美術館へ。

e0351091_2522532.jpg

e0351091_2524867.jpg

ここは外のオブジェだけを見学に訪れました。

e0351091_2531869.jpg

満開の花は杏。花は青空がよく似合います。

ここからは歩いてお蕎麦やさん、更科藤井へ。スマホで地図を見ながら行ったのですが、なんだかよく分からず、お店に電話しました。21世紀美術館からは本当にすぐだったのに、随分遠回りをしてしまいました。

お店の方は遠くからわざわざありがとうございます、と丁寧にご挨拶してくださいました。

e0351091_2533634.jpg

朝食もしっかり頂きましたし、夕食のことも考えて、柚子切りだけにしました。柚子の香りを楽しむために塩も用意されています。お蕎麦を塩で頂くのは初めてでしたが、美味しい更科でした。

e0351091_2541081.jpg

お蕎麦屋さんの脇には綺麗な用水路があり、その堤に今にも開きそうに膨らんだ桜の蕾。

e0351091_2543716.jpg

そして、やっとほころび始めた花を見つけました。

その後のことははまた明日。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-04-26 02:56 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

春の日本_2017 (12) ♪加賀料理♪

4月3日(月) その2

熱い温泉にゆったり入り、期待にワクワクしながら夕食へと足を運びます。

e0351091_2383180.jpg

この旅館の食事は全て個室です。

おしながきを頂きましたので、その通り書きます。

食前酒と先附

e0351091_239330.jpg

白魚、海老、胡麻豆腐、筍、蕨、湯葉、大黒占地(しめじ)、大徳寺麩、黄身酢

e0351091_2392589.jpg

食前酒の後はお勧めの地酒(銘柄は失念)をいただきました。酒どころですから美味しかった。


e0351091_2395969.jpg

蛤真丈  筍 こごみ 刻み蕗

造り
e0351091_240281.jpg

橋立港におまかせ(説明があったように思いますが、詳細は失念) 
 花弁 独活 人参  能登天然塩
写真に撮る前に海老の頭を取ってしまったので、お見苦しくてすみません。

八寸
e0351091_241112.jpg

透明の四角い小鉢  鯛の子 白子 一寸豆 琥珀寄 
赤い縁の六角形の小鉢  筍 小柱 蕨 木の芽味噌和え
蛤の殻  甘海老塩辛 叩き山芋 軸三つ葉
飯蛸柔らか煮   鴨ロース煮  厚焼玉子  菜種唐墨まぶし
小鯛棒寿司  龍飛昆布  白山堅豆腐味噌漬  子持昆布

焼き物
e0351091_2412658.jpg

のど黒  筍  若狭焼   蕗のとう 田楽  酢橘

酢の物
e0351091_2415563.jpg

稚鮎南蛮漬け  うるい
つぼみ菜 白髪葱 針茗荷 いり胡麻


焚き合せ
e0351091_2421838.jpg

甘鯛玉〆  蕨あん掛け  小坂蓮根  山葵

お食事
e0351091_2424514.jpg

蛍烏賊 蕗炊込み
白菜 長芋 昆布
青さのり せり 赤味噌仕立て

水菓子
e0351091_243424.jpg

せとか 苺 メロン ワインゼリー 桜もちアイス

季節感にあふれ、見て美しく華やか、食べて美味しく。一つひとつ丁寧に作られていて、器も素敵でしたし、とても満足する夕食でした。

沢山のお料理の中で一番印象に残ったのが、蛍烏賊と蕗の炊き込みご飯。初めて食べましたが、蛍烏賊の味がご飯に移り、本当に美味しかったです。

どなたかのブログに、量が多すぎて完食できず、勿体無かった、というようなことが書いてあり心配したのですが、三人とも完食。それもとても気持ちの良い満腹感でした。

部屋に戻り、その日は何十年ぶりかで三人川の字になって、仲良く眠りについたのでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-04-25 02:46 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

春の日本_2017 (11) ♪三姉妹の旅行_加賀温泉♪

4月3日(月)

今回の日本への帰国のハイライトは何と言っても三姉妹での2泊3日の旅行でした。

何度か姉妹でメールのやり取りをして決めた先は金沢。春の京都も捨てがたかったのですが、桜の時期の京都はあまりにも混みすぎるということで、北陸新幹線にも乗ってみたく、金沢にしました。

結果からいうと、これは大正解でした。桜には少し早すぎましたが、そのためかあまり混んでなく、食べ物は美味しいし、見所がコンパクトに詰まっていて、短い間に色々な名所を見ることができました。

e0351091_271949.jpg

東京発10:54発の「かがやき509号」に乗って、一路北陸へ。一度訪れたかった東京駅の駅弁屋さんで買い求めた北海道の「北の海 幸づくし」をお供に。お弁当屋さんの店舗が多く、しかも種類が多すぎて目移りして困りました。

e0351091_273519.jpg

これだけでは野菜が足りないので、焼き野菜とお茶も買い、食べたかった日本の駅弁を新幹線の車内で頂き大満足でした。

金沢から北陸本線で加賀温泉駅へ。1時間の乗り換え時間があったので、駅に接している百番街の「豆餅すずめ」の塩豆大福でお茶の時間。写真に撮りませんでしたが、姪のお勧めだけあって上品な甘さで美味しかったです。

e0351091_275991.jpg

加賀温泉駅からは宿の送迎バスで15分の山代温泉にある「あらや滔々庵」がこの日の宿です。

e0351091_211107.jpg

無名だった若き魯山人を趣味人だった当時のこの宿の当主が、彼に書画を注文して生活を支えたということで、魯山人の作品が多くある由緒ある宿です。

e0351091_283461.jpg

魯山人が書いた衝立

e0351091_292458.jpg

通されたお部屋の床の間

宿で旅装を解いて、散歩がてら九谷焼の窯跡や展示館へ。

e0351091_2115742.jpg


e0351091_2121426.jpg


九谷の登り窯跡

e0351091_2123381.jpg


e0351091_2124717.jpg


九谷焼きの展示館で。

その後は魯山人の寓居跡 いろは草庵へ。

e0351091_2134788.jpg


魯山人の作品  
e0351091_214562.jpg


            竹形花入
e0351091_2151142.jpg


            乾山風梅椿手付鉢
e0351091_2153796.jpg

            三畳の茶室

e0351091_2155667.jpg

魯山人が山代温泉で初めて製作したという「吉野家」の刻字看板。

散歩の後はゆっくり温泉に浸かり、待ちに待った夕食ですが、それはまた明日ご紹介します。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-04-24 02:18 | 旅行 | Trackback | Comments(8)

春の日本_2017 ⑽ ♪三世代の親戚のランチ♪

4月2日(日)

7年ぶりに帰国した私のために親戚一同が下の姉の家に集合しました。

二人の姉とその子供達の二人の甥、三人の姪、そのまた子供達六人。孫たちは上は小学校2年生、下はよちよち歩きの1歳。

e0351091_2215172.jpg

この日のためにアメリカから送っておいたスモークサーモンは新玉ねぎのスライスの上に、ピーラーで剥いた胡瓜の酢漬けとともに。(私が盛り付けたのですが、ちょっと混み混みです。これはお代わりし放題)

e0351091_222728.jpg

上の姉が作ってきた煮豚。

e0351091_2222328.jpg

下の姉が作った菜の花と生ハムとグレープフルーツのサラダ。卵の前菜。

e0351091_2225338.jpg

e0351091_223558.jpg

お子様用に海苔巻き、いなり寿司、カツサンド。

e0351091_2231773.jpg

大人はなだ万のお弁当。日本のお弁当は彩りも綺麗で美味しい。

e0351091_2232917.jpg

デザートは堂島のロールケーキと苺。

10年以上も会っていなかった甥や姪。顔はあまり変わっていないのに、しっかりお父さん、お母さんをしていて、ちょっと頼もしかった。

大人と子供が総勢15人。ワイワイガヤガヤ。賑やかすぎて、訳が分からないけれど、皆が元気でいることが素晴らしい!

今度はいつ会えるのか、その時まで皆が健康でいますように。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-04-22 02:25 | 旅行 | Trackback | Comments(6)

春の日本_2017 ⑼ ♪ICUの桜とお鍋♪

4月1日(土) その2

深大寺をお参りした後はほど近いICUのキャンパスへ。この日は入学式で、式は終わっていましたが、本当は一般の人はキャンパスへは入れないのです。が、ちょっとコネがありまして、守衛さんに言いますと、すんなり通してくださいました。

e0351091_2234785.jpg

大学の中の桜並木は3−4分咲き。新入生らしい学生とその親もちらほら。

e0351091_2242951.jpg

このチャペルで式が行われたようです。アメリカでは卒業式はありますが、入学式は一切ありません。小学校もいきなり授業です。

e0351091_2254929.jpg

青空が背景でないのが残念です。

e0351091_226650.jpg

この桜の名前は?

さて、帰りにスーパーによって夕食の買い出しを姉と一緒に。やはり日本のスーパーは食材も豊富で魚介類も新鮮です。事前に姪(姉の長女)から「仕事帰りに二人でちょっと寄ります。」と言うメッセージ。

これは嬉しい。皆で夕食をしましょうと言う私の提案で、総勢五人の夕食に決定。

この日は寒かったのでお鍋を所望。丸ごとのお魚は捌いてもらい、刺身用イカをカゴに入れ、嬉しいことに鱈の白子もあり、朝掘りの筍、山うど、別のお店でデザートのケーキも買い、駐車場で待っていてくれた義兄の運転で帰ったのでした。

e0351091_226424.jpg

野菜の盛り付けは私の担当。

e0351091_227277.jpg

烏賊はさっと茹でて山ウドと菜の花の酢味噌和え。独活の皮のきんぴら。(姉と私の共同作成)
姫皮の梅肉和え(私が作成)の写真は撮ったのに、肝心の筍の煮物(姉の作成)は撮り忘れたようです。

e0351091_2272348.jpg

私がデザートに選んだのは苺のタルト。姪が前日賞味期限切れ目前の小麦粉を使うために、夜8時から焼いたと言う抹茶のパウンドケーキも添えて。

姪夫婦も交えて賑やかで楽しい夕餉でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-04-21 02:29 | 旅行 | Trackback | Comments(6)

春の日本_2017 ⑻ ♪小金井公園の桜と深大寺♪

4月1日(土)

3月21日に東京で桜の開花宣言された頃は、4月最初の週末はちょうど満開と重なるはずでした。ところが思いがけず寒い日が続き、開花は進みませんでした。

上の姉の家に近い小金井公園は桜の名所で、ここのお花見を楽しみにしていたのですが、この日は冬の寒さが戻り、おまけに雨。歩いても行ける距離なのですが、義兄が車を出してくれました。

e0351091_2444745.jpg

まずはしっかり朝食をとって腹ごしらえ。旧ポーランド、旧ユーゴスラビア、ウイーンと激動の時期をヨーロッパで過ごした姉の家族は、朝にこんなハムをよく食べます。そして、必ず野菜をたっぷり。パンも2種類。

ウイーンにお邪魔した時、義兄が朝早くジョギングがてらに近所のパン屋さんから、出来立てのパンを買ってきたことを思い出しました。ちなみに私の家族はベルリンの壁崩壊をウイーンの姉の家のテレビで見ました。

e0351091_2453135.jpg

小金井公園のソメイヨシノは2−3分咲き。

e0351091_2455819.jpg

雨に濡れていてもやっぱり桜は綺麗です。

e0351091_2461582.jpg

ソメイヨシノではない桜は満開だったり、すでに葉桜だったり。

復元建造物もたくさんあり、散策にはもってこいです。

e0351091_2464075.jpg

前川國男邸

e0351091_2465680.jpg

八王子千人同心組頭の家

e0351091_2471192.jpg

外が寒いので、中の竃の火がホッとします。

高橋是清邸の中に入ってみたのですが、撮影禁止だったので写真がありません。

e0351091_247252.jpg

公園内を更に歩いていると、紫の花の群生が。

e0351091_2474042.jpg

ムラサキハナナ という表示がありました。

e0351091_2475242.jpg

昔はこんな乾物屋さんがありましたね。

お昼近くになったので、懐かしい深大寺へ。

e0351091_2481329.jpg

お蕎麦やさんが軒を連ねていますが、ネットで調べておいた湧水へ。ここだけが列をなしています。美味しい所を皆さんよくご存知です。

e0351091_2482524.jpg

私は天せいろ。

深大寺にお参りして、花おみくじを引くと「小吉」。願い事は「思い通りになりません」、待ち人は「来ません」、恋愛は「騙されるやめよ」なんだか限りなく「凶」に近いようで笑ってしまいました。

でも、一緒に入っていた押し花は赤い「花てまり」で、「赤い花は血行をよくし活気づけあなたに幸福を招きます」とありましたので、ありがたくいただいてバッグに収めました。

e0351091_2484486.jpg

ここでもまた提灯の列です。深大寺の後の散策の様子はまた明日。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-04-20 02:50 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

春の日本_2017 ⑺ ♪桜餅&上の姉宅での夕食♪

3月31日(金)

この日は二人の友達と家ランチ。重度の花粉症と分離不安症のワンちゃんのために外に出かけられない友達の家で、お弁当持参のランチです。

吉祥寺のアトレでお弁当を物色しましたが、種類がありすぎてどれが良いか分からず、懐かしい、という理由で崎陽軒のシュウマイ弁当に。

友達は美味しいお吸い物と茶碗蒸しを用意して待っていてくれました。

もう一人の友達は前日に千葉県のゴルフと温泉旅行から帰ってきたばかり。一抱えもある花束をお土産に持ってきてくださったのに、全て写真を撮ることを忘れ。。。。

私が食べたいので買った桜餅と春らしい練り切りだけ、かろうじて写真に収めました。

e0351091_142286.jpg

サンディエゴの日本食料品店では、道明寺しかありません。関東風のこういう桜餅を食べたかったので、大満足。

この日も食べて飲んで、(私がトランクに入れて持ってきたカリフォルニアの白ワイン)大いにお喋りをして、楽しい時を過ごしました。

この日は友達の家から近い上の姉の家に厄介になりました。

雨が降っているからと言って、最寄りの駅まで義兄が運転して姉と一緒に迎えにきてくれました。皆、とても優しい。

姉が作ってくれた夕食

e0351091_144553.jpg

あやめ雪という蕪の酢の物

e0351091_145779.jpg

コゴミの胡麻和え

e0351091_15872.jpg

サヨリの塩焼き

e0351091_152187.jpg

揚げた新ジャガと鶏手羽元の煮物

私のために試飲して買ったという美味しい白ワインを開けて、楽しかった1日の幕を閉じたのでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-04-19 01:06 | 旅行 | Trackback | Comments(8)

春の日本_2017 ⑸  ♪江戸東京博物館♪

3月29日(水)

東京に行ったら訪れたい所がありました。それは江戸東京博物館。博物館ができてからもう24年経つのですが、今まで一度も行ったことがありませんでした。

以前、江戸東京博物館が外国人にとても人気があるというのをどこかで読み、興味を持ちました。そして、私は江戸物の小説が大好きなのです。

宮部みゆきに始まり、浅田次郎、しゃばけシリーズの畠中恵、料理人が主人公の高田郁や和田はつ子の小説等々。

一人で行くのは寂しいので、小学校以来の親友にお供を頼みました。月曜日にもお会いしたのですが、やはり個別に会わないと。

博物館に行く前に近くの有名なお蕎麦やさん、ほそ川で食事をしたのですが、ここは撮影はご法度なので、写真がありません。ちなみに、二人とも穴子天せいろを頼みました。

お蕎麦も天ぷらもとても美味しかったです。

さて、江戸東京博物館はとても楽しい所でした。

e0351091_2264989.jpg

e0351091_22801.jpg

e0351091_228172.jpg

実物大の物や精巧なミニアチュア

e0351091_2284089.jpg

e0351091_2285814.jpg

e0351091_2291770.jpg

当時の庶民の暮らしぶりが分かるディスプレー

e0351091_230462.jpg

e0351091_2311560.jpg

本やテレビのセットがかなり当時の風景に忠実に描かれていることに改めて感心。

e0351091_2302956.jpg

e0351091_2304843.jpg

天秤棒や千両箱は実際に持って見ることができますし、籠にも乗ってみることができます。
当時の生活ぶりを実際に目で見て確かめることができ、非常に面白い博物館でした。

e0351091_2313878.jpg

帰りはJRの両国駅の西口で貴乃花など歴代の横綱の手形をパチリ。

一旦友達の家に寄り、一息入れた後は、夕食をしに和風の(というより多国籍)創作料理のお店、KICHIRI SHINJUKU WESTへ。

夕食は彼女のご主人、二人のお嬢さん、お嬢さんのお子さん、総勢6人の個室でした。

6歳の時から今に至るまでの親友ですし、ワシントンに住んでいた時は二人のお嬢さんを連れ、またサンディエゴにも遊びに来てくれた仲ですから、家族中で親しいのです。

おしゃべりに夢中でお料理の写真はカメラに収めませんでしたが、一つだけ、インパクトがあったので、撮ってもらいました。

e0351091_232779.jpg

それはグラナ・パダーノのチーズをお皿にしたリゾットです。濃厚で、沢山は食べられませんが、美味しいリゾットでした。

久しぶりに彼女のご家族にもお会いし、本当に楽しい一日でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-04-16 02:39 | レシピ | Trackback | Comments(2)

春の日本_2017 ⑷  ♪高校以来の親友とランチ&神田川の桜♪

3月28日(火)

前の日より幾分暖かくなったこの日は、高校以来の親友とランチ。

お上りさんの私を気遣って、現在はリタイアーしたというご主人が最寄りの駅まで彼女と車でお出迎え。vip待遇です。

見晴らしの良い素敵なマンションの彼女のお宅にお邪魔してから、歩いて近くのホテルのレストランまで。

大隈庭園に面したゆったりとした空間です。

e0351091_2413445.jpg

前菜六種。ちまきの中がなんだったのか、記録していないので思い出せません。

e0351091_242543.jpg

キダイの葛叩き、木の芽の香り

e0351091_2422076.jpg

お造り 2種類のお醤油で頂きました。

e0351091_2423894.jpg

焼き物 桜鱒とマンゴー添え かんころ餅

e0351091_2425660.jpg

焚き合わせ 筍 蕗 麩饅頭 湯葉
 
e0351091_24312100.jpg

お食事 魚沼産コシヒカリ 香の物 五島列島産あらかぶの汁

e0351091_2433066.jpg

デザート

確かお二人の結婚式以来のご主人と3人の楽しい食事の後は、友と二人で近くの神田川へ。

e0351091_2435794.jpg

このところの寒さで桜は三分咲き。

e0351091_2441684.jpg

提灯がいかにも日本らしいというか、私としては何もない方が綺麗だと思うのですが、夜になって明かりが灯れば情緒があるのでしょう。

e0351091_2443362.jpg

神田川から続いている椿山荘へ。お茶も入らないほどお腹いっぱいだったので、ロビーで積もる話をしてお開き。今度会うときまでお互い元気でいることを約束して。。。。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-04-15 02:45 | 旅行 | Trackback | Comments(4)