やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:和食 ( 99 ) タグの人気記事

豚肉と慈姑と椎茸の煮物

一人暮らしですと、1パックの食材を使い切るために毎日同じものを食べなくてはいけなくなります。

特に茸類は早く使いたい食材です。前日使った生椎茸とエノキを、それでも少しだけ目先を変えて、ない知恵を絞ります。

夕べは冷蔵庫の野菜ケースの片隅で、じっと出番を待っていた慈姑も使って豚肉と一緒に煮物にしました。

慈姑は皮を剥いて半分に切り、水にさらします。

e0351091_347535.jpg

一口大に切った豚肉をサラダオイルで炒め、酒、だし汁、みりん、醤油を加え、慈姑と生椎茸も投入。灰汁を取り、落としぶたをして慈姑が柔らかになるまで煮込みます。(潰した生姜を入れるのをすっかり忘れました。)

少しコッテリ気味に煮込んだ方が美味しいと思います。最後に青ねぎを加え、お皿に盛ってからへぎ柚子を。ほっこりした慈姑が美味しい煮物です。

本来は干し椎茸を使い、その方が戻した汁も入れるのでコクが出ます。

e0351091_3481088.jpg

半分残っていたエノキは春菊とお浸し。

二品しか作らなかったので、この日も30分もかからずにできたお惣菜でしたが、野菜たっぷりの美味しい夕食でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-21 03:51 | レシピ | Trackback | Comments(12)

銀ダラと豆腐のソテー 茸のあんかけ

昨日はMartin Luther King, Jr. Dayのホリデーでした。この1月のホリデーと2月のPresidents’ Dayは学校や公務員はお休みですが、銀行やお医者さんなどは休まないところが多く、ゴミの収集も来ます。

そのようなわけで、私のレッスンもオープン。半分の生徒さんがやってきました。

6時近くになって夕食の準備です。とりあえず塩麹にマリネしておいた銀ダラとお豆腐も食べたくなって一緒にソテーし、茸のあんかけで。

e0351091_2582779.jpg

インゲンは胡麻和え。

e0351091_2584289.jpg

横着をしてあんかけの出汁は液体白だし、胡麻和えは白胡麻ペーストを使ったので一人分30分もかからずに出来ました。

でも美味しければそれで良し。時に応じて市販品を上手に使ってパッパと作る。言い訳でなく、これも大事なことだと思います。


銀ダラと豆腐のソテー 茸のあんかけ
材料 (約一人分)


銀ダラの切り身 小2切れ 塩麹にマリネ (鮭も合います)
豆腐  半丁
片栗粉  適宜
サラダオイル  適宜
茸類 薄切り(生椎茸 小8個、エリンギ 小2本、エノキ 半把を使いましたが、お手持ちのものを適当にお使いください。)
青ねぎ 1本 斜め薄切り
柚子の皮  適宜 千切りにする
出し汁  約400ml (液体白だしを使用)
味醂、酒、醤油  適宜
水溶き片栗粉  約大匙2

1.銀ダラは水分を拭き取り1枚の切り身を三つにそぎ切りにする。

2.豆腐は奴に切り、ペーパータオルで包んで電子レンジに1分かける。(水切りの役割)

3.1、2を片栗粉を軽くまぶして、フライパンにサラダオイルを熱しソテーして皿に取り出す。

4.一方小鍋に出し汁を熱し、茸類を加えて酒、味醂、醤油で調味し、煮えたら水溶き片栗粉でとろみをつけ、魚と豆腐の上にかける。

5.青ねぎと柚子を散らして出来上がり。

柚子の代わりに生姜でも良いです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-20 02:59 | レシピ | Trackback | Comments(12)

すき焼きの思い出

すき焼きはどこのご家庭でも「我が家のすき焼き」のレシピがおありと思います。

私が小さかった頃、家族皆で囲むすき焼きはご馳走でしたし、嬉しかったものです。そして、お湯を沸かしてもヤカンを焦がしてしまう父が、なぜかすき焼き奉行を務めるのでした。

すき焼き肉を買うと付いてくる牛の脂身を鍋で溶かし、牛肉や野菜の上に直接砂糖や醤油を加え、父は自分のお銚子に入っている酒をそのまま注いで、調味していました。

畳の部屋に卓袱台の居間には大きな火鉢があり、その火鉢を囲んでのお鍋でした。炭の火が強すぎたり弱すぎたりとワイワイ言い合うのも楽しみの一つだったのかもしれません。

e0351091_2581721.jpg

直径40センチもある大型の火鉢はそのうち無用の長物となり、場所ふさぎだと目の敵にしていた母から譲り受け、今では私のピアノの部屋の片隅に置かれています。

現在では立派に骨董の部類に入る青銅で、戦時中の金属放出を免れた、というのが母の口癖でした。

さて、昨夜の私の一人すき焼きです。

e0351091_2583866.jpg

鍋に砂糖をふりかけ、砂糖が溶けてきたところで、牛肉を広げて入れます。両面がまだらに焼けたら割りした(酒、醤油、みりんがほぼ同量)を加え、まず牛肉をいただきます。

e0351091_259565.jpg

e0351091_2592960.jpg

そのあとの鍋に日本酒か水を入れ、くっついた牛肉をこそげ取り、野菜や豆腐、しらたきを投入、さらに割りしたを加えて煮込みます。

e0351091_2594440.jpg

新たに牛肉を加えたら、お肉の上にはまた砂糖をパラパラふりかけ、割りしたを入れ、を繰り返します。水は煮詰まった時だけ少量入れますが、あまり入れると味がボケます。

残っていた野菜と豆腐を使いきりやれやれ。一人でもすき焼きはご馳走です。美味しかった!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-10 03:01 | レシピ | Trackback | Comments(18)

お煮しめの残りでのっぺい汁

少し残ってしまったお煮しめ、蒲鉾などでのっぺい汁にしました。

材料ごとに煮たお煮しめはそのままでは一緒にすると美味しくないので、笊に入れて、一旦流水でざっと洗います。これは吉兆さんのアイディアで、こうすることによってややこしい味にならないで済むのです。

1尾だけ残った海老の鬼殻焼き、蒲鉾の薄切りも入れて、具沢山ののっぺい汁。絹さやだけは青みを残すために新たにさっと塩ゆでして、柚子の皮を添えました。

e0351091_2284817.jpg

最後に葛を引くのが本来ですが、今回はサラっとしたお汁にしました。年末に安売りだった茅乃舎の減塩だしパックのお出汁です。熱々で体が芯から温まりました。

月曜日から続いているエルニーニョの大雨。昨日は雷も伴い、怖いほどの降りようでした。こういうのを「車軸を流すような雨」というのでしょう。我が家の庭にも水溜りができました。

e0351091_2291055.jpg

あちこちで道路が冠水し、携帯にも洪水注意報が二日続けてきました。今、雨は上がっていますが、これからまた午後にかけて降るようです。

e0351091_2294244.jpg

千年、千五百年に一度の大旱魃から一転、今度は洪水になるほどの大雨。自然とはままならないものです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-08 02:30 | レシピ | Trackback | Comments(12)

娘夫婦と最後の夕食はやっぱり手巻き寿司

お正月を一緒に過ごした娘夫婦と最後の夕食になりました。

「何がいい?すき焼き?しゃぶしゃぶ?」と問う私に間髪を入れず「temaki」と答えた婿さん。

お正月明けの日本食料品店にどれだけお刺身の材料が揃っているか心配だったのですが、何とかそれらしく揃えることができました。

鯛と平目は買ってきてすぐに昆布で締めて3時間。烏賊は味噌漬け(赤味噌、酒、みりん)にして1時間半。

e0351091_256765.jpg

おせち料理の残り物、塩麹につけた数の子、酢蛸、たらこも加えて、色とりどりの美味しい手巻きになりました。

e0351091_2561993.jpg

海苔も1枚を横半分に切ってお寿司屋さんの手巻きのように、ちょっとふんだんに使いました。この方がご飯や具がはみ出さず美味しくできますね。分かってはいたのですが、家庭ではちょっともったいない気持ちが先に立っていました。

e0351091_2563388.jpg

蕪と人参とレモンを簡単に塩もみして漬物器で1時間ほど。お寿司は野菜不足になりがちですので、箸休めに。

2016年は元旦から毎日美味しい食事で、素晴らしい幕開けだと満面に笑みをたたえた娘夫婦。喜んでくれるのが何よりも嬉しい。娘夫婦も美味しい夕食を作ってくれたし、私もとても良いお正月を過ごしました。

二日続いた大雨も今朝は上がり、朝早くにサンフランシスコを目指して車でたって行きました。

さあ、今日からまた普段の生活に戻ります。新たに気合いを入れ直さねば!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-07 02:58 | お正月 | Trackback | Comments(12)

元旦_2016

明けましておめでとうございます。昨年は色々お世話になりました。誠にありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

世界が平和になりますように。そして、皆様の健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

今年もお節料理で幕を開けました。

e0351091_1214424.jpg

例年通り、母から伝わった春慶の茶懐石のお重に一人ずつ詰めました。

e0351091_12141667.jpg

蒲鉾(市販品)、八幡牛蒡、伊達巻き、塩麹に漬けた鮪の海苔巻き、海老の鬼殻焼、塩麹に漬けた鰤の焼き物、蓮根のタラコ詰め、鴨のロース煮、冷凍卵の塩麹漬け、華頂山きんとん、田作り、紅白百合根の甘煮、数の子の塩麹漬け。

e0351091_121431100.jpg

今年はスペインで買って来たカラスミを平目の昆布締めと合わせました。今年新たに加わった一品です。そして、一番好評でした。

e0351091_12144652.jpg

我が家の結婚以来変わらないお雑煮。鰹だしに大根、人参、鶏肉、三つ葉、イクラ、柚子をのせて。

e0351091_1215177.jpg

娘夫婦と三人でお正月を祝えることに感謝。

e0351091_12151873.jpg

サンディエゴの海は元旦らしい穏やかさで、ジャケットのいらない温かさでした。願わくば、世界中が今日の海のように穏やかでありますように。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-02 12:17 | お正月 | Trackback | Comments(8)

手巻き寿司の余りで変身料理

クリスマスに友達が開いてくれた豪華な手巻き寿司パーティー。とても豊富なご馳走だったので、余った食材や料理を皆で持ち帰りました。

e0351091_2593716.jpg

その日のうちに塩麹に漬けておいた鮪とハマチは次の日のお昼に。寒かったのですし飯にはせず、温かなご飯の上に刻み海苔をたっぷりのせ、鮪とハマチを切って、烏賊はカラスミと一緒に。鉢植えの三つ葉の千切りと戴いて来た柚子の千切りを散らして、とても美味しい海鮮丼になりました。

e0351091_2595457.jpg

夕食はやはり戴いてきた蟹でかに玉。卵(2個)をほぐして青葱のみじん切り(小1本)チキンストック(大匙2−3)、水溶き片栗粉(約大匙1)、塩胡椒の中に蟹を加え、中華鍋で蒸し焼きにします。一方チキンストックに酢、醤油、少量の砂糖で調味し、水溶き片栗粉を入れて餡を作って、かに玉の上にかけます。

e0351091_301016.jpg

青葱のみじん切りをかけて、熱々を。蟹がたっぷり入ったカニ玉、とても美味しく出来ました。

e0351091_303865.jpg

烏賊はさっと湯がいてセロリと酢の物。セロリはevecookymamaさんに教わったように、米酢、醤油、昆布に一日漬けておいた物です。昆布が良い味を出して美味しい副菜です。

鮭は友人のお宅で即昆布締めにしたもので、友達と3人で分けました。クリスタルの塩を振りかけましたが、昆布からの自然の塩と旨味が鮭を美味しくしてくれました。

そして2日後。まだ少し残っていた塩麹に漬けた鮪とハマチはアボカドと一緒に柚子胡椒和え。ハマチの方は表面をさっとオリーブオイルでソテーし、ペーパータオルで脂分を拭き取りました。

e0351091_311669.jpg

香菜と青葱のみじん切りも加えて少しエスニック調の丼物です。

残った手巻きの具材のお陰で素敵な私の三食分の食事になりました。どうもご馳走さまでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-30 03:03 | レシピ | Trackback | Comments(6)

2015年のクリスマスは友達と手巻き寿司パーティー

例年になくとても寒いサンディエゴです。クリスマスから一夜明けた26日も冷たい風が容赦なく吹き付け、毎日のワンちゃんとの散歩を躊躇する程です。

さて、昨日のクリスマスはいつもの仲間のうち6人が友人宅に集まり、手巻き寿司で大いに盛り上がりました。副菜は皆の持ち寄りです。

e0351091_2241018.jpg

テーブルセッティングもクリスマスらしい華やかさ。

e0351091_2244617.jpg

お寿司のネタもマグロ、ハマチ、締め鯖、烏賊、帆立、鮭、平目、蟹、イクラ、雲丹と超豪華です。

e0351091_225234.jpg

野菜類は胡瓜、貝割れ、沢庵、梅干しのタタキ。

e0351091_2254044.jpg

筑前煮、胡瓜と鶏肉の和風サラダを持って来て下さった方。
 
e0351091_2255961.jpg

アゴ出汁で作った鶏つくねのお吸い物

e0351091_2261415.jpg

大ぶりの鉢に海老、銀杏、椎茸が入った茶碗蒸しを作った方。いらしてから蒸して、熱々を取り分けて戴きました。

e0351091_226414.jpg

どれもこれも素晴らしく美味しかったです。そして尽きないお喋り。

娘夫婦はクリスマス前に婿さんの実家に行き、私は娘のワンちゃんのドッグシーッター。でも、良い友達と一緒に楽しいクリスマスを今年も祝うことが出来ました。良い友達を持ったことに感謝!

私が作ったデザートは明日アップいたします。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-27 02:32 | クリスマス | Trackback | Comments(6)

娘夫婦と和食三昧

娘夫婦が車でやって来ました。サンフランシスコからは8−9時間の旅程です。今回は途中で1泊したようですが、我が家へは夕方の到着。

娘のリクエストで、この日は和食。私も久しぶりの娘夫婦と一緒に夕食ということで、テンションが上がり、いつの間にかこんなに作ってしまいました。

e0351091_6302588.jpg

一晩昆布で締めた平目。そして塩銀杏

鱈の白子が手に入ったので大根おろしとポン酢で。好きかどうか心配だったのですが、二人とも美味しいと言って食べてくれました。

e0351091_6303750.jpg

紅葉おろしにするはずが、忘れて大根を擂り下ろしてしまい、後で鷹の爪の薄切りをのせました。ポン酢はお醤油に昆布の切れ端を入れて2−3日置いたものにレモン汁。

e0351091_6305384.jpg

柿と大根と春菊の胡麻和え。本当はtanaさんがお作りになったように生の春菊を試したかったのですが、ちょっと萎びていたのでさっと湯がきました。

e0351091_632975.jpg

トリ貝と思って買ったらフレッシュなホッキ貝でした。これはバター炒め。

e0351091_6322228.jpg

とても良い雲丹が手に入ったので。私のお皿の上は崩れてしまっていますが、普通の倍くらいの大きさでした。良い方を写真に撮らず大失敗。

e0351091_6323331.jpg

松茸の茶碗蒸し

e0351091_6324575.jpg

数えてみたら7品。

久しぶりの娘夫婦との夕食。楽しかった!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-23 06:36 | レシピ | Trackback | Comments(8)

けんちん汁 ー今日も冷蔵庫の整理を兼ねてー

先日、急にけんちん汁が食べたくなりました。今年のサンディエゴはことのほか寒いからかもしれません。

けんちん汁は冷蔵庫の整理に最適です。少しずつ残ってしまった野菜を使えるからです。

大根、人参、里芋、椎茸、インゲン、豆腐、油揚げ(これは冷凍)。蒟蒻がないと寂しいので、これだけ買い足しました。

まずはたっぷり鰹だし汁を作ります。ちぎり蒟蒻は下茹でして、適当に切った野菜類(インゲンは除く)と蒟蒻、油揚げを胡麻油で炒めます。そこへ鰹だし汁。(里芋は茹でこぼしをしても、しなくとも。ぬめりが却ってトロッとした汁になって美味しいものです。)

豆腐(半丁)はペーパータオルに包んで電子レンジで1分程チン。手で崩しておきます。

e0351091_371933.jpg

灰汁を取って、里芋が柔らかになったら、酒、塩と醤油で調味して、上記の豆腐を加え、最後に下茹でしておいたインゲンを加えて出来上がり。

実沢山の熱々のけんちん汁、美味しくいただきました。

けんちん汁を作った2日後、残った蒟蒻や豆腐、大根で味噌味の煮物。今回は昆布だしで。豆腐だけ最後に加えますが、調味は赤味噌、酒、みりん、少量の醤油、山椒の粉です。

e0351091_373914.jpg

どういう訳か初冬に葉っぱを付けた山椒。どうせ枯れてしまうのですから、1枚摘んでのせました。これが案外香りが良く、味噌田楽のような煮物になりました。

一緒に作った他の料理は金目鯛の湯引き、大根葉と油揚げの炒め煮、柿なます。

e0351091_375473.jpg

今年も残す所僅かとなりました。2015年がもうすぐ終わるとは俄には信じがたいですが、体調に気をつけて新しい年を迎えられるようにしなくては、と少し気を引き締めました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-21 03:10 | レシピ | Trackback | Comments(8)