やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:和食 ( 89 ) タグの人気記事

松茸のお吸い物 土瓶蒸し風& 鱈の白子のおろしポン酢

スペイン旅行の話はまだまだ続きますが、マドリッド滞在が終わった所で小休止。

スペインから帰ってきてからは、やはり毎日和食を作っています。

もちろん11月某日の私の誕生日も和食でした。

e0351091_3215935.jpg

松茸の土瓶蒸しが食べたいけれど、土瓶が無いのでお吸い物に。鰹だし汁にさっと湯がいた海老、銀杏、たっぷりの松茸。三つ葉をあしらいに。

e0351091_3221137.jpg

皮付きの金目鯛のお刺し身は湯引き

e0351091_3223695.jpg

塩銀杏

e0351091_3225562.jpg

柿を入れ物にして、柿酢を使って大根と酢の物。

e0351091_3233667.jpg

別のある日、日本食料品店で珍しく鱈の白子を見つけたので、もみじおろしとポン酢で。

e0351091_3231831.jpg

白子は鋏で一口大に切り、軽く塩と日本酒を振りかけて数分置きます。お湯が沸いたら二呼吸置いてから白子にかけて湯通し。その後静かに煮て、氷水にとります。

水分をさっと取って、もみじおろしとポン酢で。ポン酢は昆布の切れ端を醤油に漬けておきます。レモンが無かったので米酢にしたのが少し残念でした。

白子を煮た後のお湯は残しておいた白子と白髪葱で美味しいお吸い物。でも、写真に撮るのを忘れました。

和食を戴くと、やっぱり日本人だな、と思います。心の底からほっとするからです。

今年の11月のサンディエゴはとても寒いです。例年ですと日中に暖房を入れることは無いのですが、耐えられなくて昼間にも暖房を入れる程です。

つい最近まで暑くて、冷房が無いことに文句を言っていたのが嘘のようです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-11-20 03:26 | レシピ | Trackback | Comments(6)

松茸のとろとろ茶碗蒸し

1パックに6本入っていた松茸。夕べは茶碗蒸しに。

e0351091_2405331.jpg

私の茶碗蒸しは卵の重さの5倍の出汁汁ですので、ゆるゆる、とろとろです。二つ作ったので、一つは今日のお昼に冷やし茶碗蒸しで頂きましょう。

e0351091_2411086.jpg

お鍋用にぶつ切りにされていたキンキは更に薄く切って、片栗粉をまぶしソテーした後、出汁、酒、みりん、醤油の汁で煮ます。魚を取り出し、水気を切った大根おろしを加え、さっと煮立てたら水溶き片栗粉でとろみ。

残っていたケールは竹輪と一緒に炒め煮。本当は油揚げにしたかったのですが、冷凍庫に見つからず、仕方なく竹輪です。

e0351091_2412658.jpg

茄子は電子レンジで1分。醤油、柿酢、胡麻油、白胡麻のドレッシングをかけて。

e0351091_2413960.jpg

そして、極め付きは雲丹ご飯。三つ葉の千切りを散らして。

この日も和食三昧。ご馳走さまでした!

e0351091_2415617.jpg

今朝の朝焼け


しばらくブログをお休みいたしますので、コメント欄は閉じさせて頂きました。皆様、お元気でまたお会いいたしましょう。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-26 02:52 | レシピ

松茸の蒸し焼き

カリフォルニアではお手頃な値段の松茸が手に入ります。東海岸に住んでいたときにはお目にかかりませんでしたから、西海岸限定なのかもしれません。恐らく、オレゴン州かワシントン州から来ているのでしょう。

e0351091_263723.jpg

夕べはこの松茸を蒸し焼きにしました。茸類は洗わずに濡れ布巾で拭くとありますが、アメリカの松茸は砂が沢山ついているので、小さなボウルに水を入れてその中で軸の方を洗って、すぐにペーパータオルで拭うようにして全体の汚れを取ります。水気はしっかりとります。

軸の下の方は特に砂がついているので、鉛筆を削るようにして汚いところを削ぎ取ります。

e0351091_265919.jpg

松茸に日本酒を振りかけ,アルミホイルで包み、魚網器で蒸し焼きに。軸の方から手で裂いて、粒塩を振りかけて。やはり、松茸は美味しい!

e0351091_271362.jpg

手頃な大きさのマグロのサクがあったのでお刺し身。名残の鉢植えの紫蘇の葉と実を添えて。マグロはいつ食べてもやはり美味しいです。

e0351091_273495.jpg

水菜は竹輪と一緒に梅干しドレッシングの和風サラダ。梅干し(半個)、蜂蜜(小匙1/3)、醤油(少々)、オリーブオイルを混ぜたものです。

e0351091_27514.jpg

最近気に入っている万願寺唐辛子とベビー帆立の炒め物。胡麻油で炒め、調味は酒とみりんと醤油。汁気が無くなるまで炒め煮にします。

久しぶりに贅沢な和食三昧。心の底から美味しいと感じた幸せなひとときでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-25 02:08 | レシピ | Trackback | Comments(10)

シマアジのお刺し身サラダ

日本食料品店で目玉商品だったシマアジのお刺身を買ってきました。さて何にしましょう。タタキ?なめろう?翁和え?緑酢和え?と思いめぐらせ、以前玉葱と一緒に酢油でマリネしたのが美味しかったことを思い出しました。

冷蔵庫に残っていた胡瓜やトマト、生若布も一緒にしてお刺し身サラダ。シマアジはきつく塩を振り今回は8分締めました。(塩の量と締める時間はお刺し身の大きさによります。何回か試行錯誤で覚えていくのが一番だと思います。)氷水で塩を洗い流し、きっちりペーパータオルで水分を拭き取り、削ぎ切りにします。

e0351091_124399.jpg

スイートオニオンは薄くスライスして氷水に漬けてから絞ります。(氷水に漬けると透き通るようになります。)胡瓜の薄切り、塩を抜いた生若布、ミニトマトと一緒に。ドレッシングは塩胡椒、レモン汁、オリーブオイル、そして小量の醤油も加えて。とても美味しく出来ました。

e0351091_1245971.jpg

副菜はほうれん草と焼いた生椎茸、鉢植えから連日の暑さで枯れそうになっている菊の花のお浸し。菊の花びらは良く洗ってから酢水で湯がいて絞ります。

4本余っていた万願寺唐辛子は竹輪と一緒に胡麻油で炒め、みりんと醤油で調味。

しらす干しはたっぷりの大根おろしで。

e0351091_1251266.jpg

野菜たっぷりでバランスの良い食事になりました。そして、何よりどれも美味しくて完食!ご馳走様でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-19 01:32 | レシピ | Trackback | Comments(10)

かど飯(秋刀魚飯)

和田はつ子さんの著書に「料理人季蔵捕物控」シリーズがあります。料理人が主人公のこの本の中には、美味しそうな食べ物が沢山出てきて、食欲をそそります。

このシリーズの6冊目「時そば」の中の第一話、「目黒のさんま」に出てくるかど飯(秋刀魚飯)を作ってみました。

秋刀魚はご存知、焼くともうもうと煙がたち、匂いが家にこもります。そのため家の外、なるべく家から離れたところ、門の近くで焼いたところから、焼いた秋刀魚を使ったまぜご飯を「かど飯」と呼ぶようになったのだそうです。

夕べは日本からの空輸の秋刀魚を2尾、塩焼きにしました。最近下の姉からメールが来て、秋刀魚にみりんを塗って焼くとふっくらするらしい、と書いてありました。

なるほど。早速試してみました。ところが、みりんを塗ると焦げやすい、ということをすっかり忘れていたので、ご覧の通り黒焦げになってしまいました。

e0351091_511368.jpg

私が持っている志の島忠さんの「お総菜」の本には「秋刀魚を焼くときは、皮と身の間にある脂を流しとるつもりで(魚毒を消すという)、皮が黒くなるまで焼くようにします。」とありますが、これは幾らなんでも焦げ過ぎ。

こんなに焦がしてしまったので、ふっくらかどうか判断しかねますが、私は塩焼きは塩だけの方が潔くて好きです。微かなみりんの甘味が少しばかり邪魔なような気もします。

さて、残りの1尾は今日のお昼。

お米を研いで、酒、と水を加え、昆布をしいて炊き、スイッチが切れたら骨を丁寧にとってほぐした秋刀魚の塩焼きをを加えて蒸らします。

本にはおろし生姜の汁、醤油、みりんも入れて炊くとあり、料理人は普通の米と餅米を半々とありますが、私は最後に針生姜をのせました。

e0351091_512274.jpg

とても美味しい秋刀魚飯になりました。混ぜご飯にするのなら、みりんを塗って正解。コクが出たように思います。

e0351091_5121795.jpg

松茸のお吸い物と夕べの残りの厚揚げ、オクラ、万願寺唐辛子、若布の煮物を温めて、満足するお昼ご飯でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-12 05:16 | レシピ | Trackback | Comments(10)

ベビー帆立と万願寺唐辛子の炒め煮

近年日本食料品店,ニジヤさんで売られるようになった万願寺唐辛子。種を食べても全く辛くなく、すぐに柔らかになり、とても美味しいので最近はまっています。

ニジヤさんは直営のオーガニックの農場をお持ちなので、日本の野菜もそこで作っているようです。

夕べはこの万願寺唐辛子とベビー帆立を炒め煮にしました。

e0351091_164579.jpg

へただけとって丸のままの万願寺唐辛子とボイルしてあるベビー帆立(水分を拭き取って)をサラダオイルで炒め、酒と醤油で味付け。煮汁がなるまで炒り煮にし、最後にバターを一かけ。

帆立の味が万願寺唐辛子にも沁み込んで、とても美味しく出来ました。帆立には軽く塩が付いていたようで、少し塩抜きをした方が良かったのかもしれません。

後は、鰤のカマとトマト。先日日本からやって来た私の友達は、毎日トマトを食べているのだそうです。「私の元気の元はトマト。」とおっしゃいます。

e0351091_17845.jpg

美味しいトマトはそのままが一番。エアルームトマトは結晶塩とオリーブオイルをかけただけ。

シンプルで普段着の食卓も美味しいものでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-06 01:08 | レシピ | Trackback | Comments(8)

簡単鯛めし&他三品

一昨日1尾のままローストした鯛。やはり一人では大き過ぎ、半分が残りました。夕べはその残りをほぐして、鯛めしにしました。

お米はといで、酒、昆布、小量の塩を入れて炊きます。炊飯器のスイッチが切れたらほぐした身を入れて蒸らし、お茶碗に盛ってから、針生姜。

e0351091_112475.jpg

私は針生姜が上手にできません。プロは桂剥きにしてから千切りにするそうですが、そもそも桂剥きが出来ません。写真は見れば見るほど、マッチ棒のように太い!

さて、気を取り直して夕べの他の料理です。

珍しく小さな平目のお刺身が売られていました。普段は大きく、つまりはお高く手が出ないのですが、1パックに小さいのが二サク入っていて5ドルちょっとでしたので、買い求めました。

e0351091_115190.jpg

両方とも塩で7分〆て酢で塩を洗い流し、一つは緑酢和え。胡瓜を皮ごとおろし金で擂り、土佐酢(鰹だし汁、米酢、醤油、砂糖)をかけます。

e0351091_1263.jpg

もう一つはとろろ昆布と翁和え。

野菜は茄子とインゲンと油揚げの煮物。茄子は縦に切ってから塩水に10分ほど漬けておきます。油揚げは熱湯をかけて油抜き。インゲンは固めに茹でておきます。(インゲンを茹でこぼすときにそのお湯で油揚げの油抜きをすると、手間が省けます。)

e0351091_122025.jpg

鰹だし汁、みりん、醤油で、油揚げ、茄子(水気を拭いて)、最後にインゲンを入れて煮含ませます。油揚げと茄子がこのお汁を吸って、美味しい一品です。

e0351091_123436.jpg

この日も残るかな、と思い食べ始めたのですが、ペロッと完食。ご馳走さまでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-05 01:04 | レシピ | Trackback | Comments(8)

月見の宴 ♪鮭の昆布締めの手鞠寿司♪

中秋の名月、スーパー・ブラッド・ムーン、皆既月食が同時に起きた北アメリカ。

皆既月食のことは全く頭になく、スーパームーンを見ようと庭に出て、何故十五夜のまん丸のはずのお月様の右上が黒いのだろう、雲だろうか、と考えていました。

e0351091_1362957.jpg

お月様は見ているうちに段々と丸くなっていったので、やっぱり雲だったのだと、まだ馬鹿なことを考えていました。

e0351091_1364464.jpg

月食と気がついて、慌ててネットで調べるも、またまたタイムゾーンを見間違えて。。。

さて、お月様に敬意を表して作った夕食。

e0351091_137123.jpg

紅鮭を一日昆布締めにしたものと、胡瓜をピーラーで剥いて甘酢に漬けたものを手鞠寿司にしてみました。

卵は一日冷凍し、半日かけてゆっくり冷蔵庫で解凍、黄身を塩麹に2時間マリネして、満月に。

茹でてあったほうれん草は海苔で巻いて。

初物の柿はくりぬいて大根と一緒に胡麻和え。

e0351091_1373093.jpg

全て、十五夜にちなんで丸く。

e0351091_1374719.jpg

残り物の蛸は胡瓜とミニトマトと一緒に柚子胡椒和え。

次のスーパームーンと皆既月食が重なるのは2033年とか。その時まで元気でいられるように頑張りましょう。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-09-29 01:40 | レシピ | Trackback | Comments(12)

初秋刀魚


「サンマに異変」「精彩欠くサンマ漁」などと日本のニュースでは報じられているようですが、サンディエゴの日本食料品店では一週間前の9月13日、早くも日本から空輸の秋刀魚が売られていました。

1尾、$4.99。昨年始めてお目見えしたときは1尾$8.99でしたから、今年は秋刀魚が豊漁なのかと思っていました。

塩を振った秋刀魚は両面の中骨に沿って切り目を入れ、フライパンにパーチメントペーパーを敷いて、でて来た脂をペーパータオルで拭いながら焼きます。そうするとあまり煙が立ちません。

e0351091_1411181.jpg

油揚げを焼いて葱と生姜。万願寺唐辛子と茄子のしぎ焼き。トマトは切って塩を振りかけただけ。

e0351091_1412550.jpg

そして、松茸ご飯。

日本の秋の味覚をサンディエゴでも。私にとっては贅沢で美味しい夕食でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-09-21 01:42 | レシピ | Trackback | Comments(16)