やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:和食 ( 99 ) タグの人気記事

春到来のサンディエゴ  ♪西洋サンザシ&豆ご飯♪

アメリカの東部や日本から大雪のニュースが聞こえて来ましたが、ここサンディエゴは一足早く春を迎えました。

e0351091_3163960.jpg

Hawthorn(西洋サンザシ)の白い花が満開です。

e0351091_3165660.jpg

2月13日、きれいに晴れた青い空に梨の花に似たサンザシの白が映えます。

友達の菜園にお邪魔し、丹精込めた美味しい野菜を沢山頂いて来ました。

e0351091_3171234.jpg

大根と豚肉は梅酒で煮てみました。先日レストランで友達が召し上がった黒豚の頬肉の梅酒煮に触発されて。梅酒の甘酸っぱさが大根にしみて、とても美味しくできました。

e0351091_3173445.jpg

残った大根の皮は昆布と生姜、醤油でさっと煮て箸休め。ラディッシュは甘酢に漬け、水菜はさつま揚げと生姜でさっと炒めました。調味は酒と醤油。

e0351091_3175013.jpg

最後は青豆ご飯。鞘と酒、昆布を15分煮出し(昆布は沸騰したらとります。この昆布を細く切って大根の皮と煮ました。)その汁(冷ましてからお使いください。)でご飯を炊きます。煮出した後の鞘もお茶パックに入れてお米と一緒に。

ご飯が炊けたら、軽く塩もみした青豆を加えて蒸らすか、さっと塩茹でしておいて後で混ぜます。桜の塩漬け(塩を抜きます)をのせて、一層春らしさを演出しました。

新鮮でお美味しい野菜で春を満喫。惜しげもなく沢山のお野菜をくださった友達に感謝し、寒い地域にお住いの方々に少しでも春の暖かさをお届けできたらと願いながら。


大根と豚肉の梅酒煮
材料(2人分)


大根  約300g
豚肉(すき焼き用) 約200g
大根の葉っぱ  適宜 さっと茹でて3センチ位の長さに切っておく
梅酒 大匙5
水  大匙5
醤油 大匙2

大根は皮をむき、1センチ幅の半月に切り、硬めに茹でておく
鍋に茹でた大根、梅酒、水、醤油を入れて、煮立ったら一口大に切った豚肉を入れる。
豚肉が煮えたら、大根の葉っぱを加え、一煮立ちしたら皿に盛る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-15 03:19 | レシピ | Trackback | Comments(6)

金目鯛のお鍋&ふろふき大根とクルミ味噌

冷凍庫の一掃はまだ半分も終わっていませんが、新鮮なものが食べたくなって日本食料品店へ買い出しに行きました。

そこで見つけた新鮮な金目鯛のアラ。簡単にお鍋にしました。

アラは適当な大きさに切ってから80度Cくらいのお湯をかけ、冷水の中で、丁寧に鱗をとります。昆布と酒と水の中で煮て、アクを取って野菜類を入れて、ポン酢と柚子胡椒でいただきます。(昆布は煮立ったら引き上げましょう。)

e0351091_3121166.jpg

ポン酢は昆布醤油(醤油の中に昆布の切れ端を入れておきます。)とレモン汁を加えたものです。

残ったお汁と野菜類はうどんを入れて味をつけてお昼に。

金目鯛は子供の頃から好きなお魚です。お鍋もうどんも体が温まり、美味しかった!

さて、次の日の夕食はふろふきが食べたくて買ってきた大根。見た目は良かったのですが、切ってみると皮に近いところが黒ずんでおり、イマイチでしたが、クルミ味噌が美味しくできました。(大根が綺麗な丸になっていないのは、黒ずんだところを取ったからです。)

e0351091_3123122.jpg

メインは銀鱈のソテーと茸類(生椎茸、シメジ、エノキ)。

余った大根の皮は生姜と醤油煮。そして、大根の葉は干し海老と炒め煮にして。

毎日のように嵐模様だった天気も、今日はようやく青空を見せましたが、それも束の間、また雨が降り出しました。今日一日は不安定な天気のようです。本格的な青空が待たれる今日この頃です。

くるみ味噌のレシピ

胡桃一掴みをフライパンで乾煎りし、すり鉢で潰しながら荒く摺る。
小鍋に赤味噌(約大匙2)とみりん(約大匙2)、砂糖(約小匙1)を入れて弱火で練り上げ、くるみと混ぜる。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-01-25 03:23 | レシピ | Trackback | Comments(8)

冷蔵・冷凍庫一掃作戦 ② ♪納豆のおにぎらず等♪

3パック一緒になって売られている納豆は全部を賞味期限内には食べられないので、どうしても冷凍に頼らざるを得ません。そのようなわけで、冷凍庫には必ず納豆が入っています。

e0351091_313220.jpg

この冷凍された納豆とやはり冷凍庫の中で1枚残っていた焼き海苔を使って、お昼はおにぎらず。納豆に組み合わせる良い材料が見つからなかったので、またまた鉢植えの水菜を入れました。お豆腐とわかめのお味噌汁を添えて。

夜は冷蔵庫に残っている少しばかりの豚肉と野菜(牛蒡、大根、人参)の切れ端をかき集め、冷凍庫の中からは油揚げを取り出し、さつま汁。蒟蒻はありませんでしたが、野菜からのお出汁で十分美味しかったです。

e0351091_3132216.jpg

メインはきじ焼き丼。鶏のもも肉だけは買ってきました。みりんと醤油(2:1の割合)を半量になるくらい煮詰めてタレを作ります。一口大に切った鶏のもも肉(皮なし)を串に刺して焼き、タレを塗りながら焼きます。

ご飯の上にタレを少しかけ、錦糸卵をのせ、焼きあがった鶏肉をのせます。青味に三つ葉をのせましたが、絹さやでもインゲンでも、あるものをお使いください。

きじ焼き丼、親子丼と同じくらい私の好きな丼です。

箸休めはインゲンの胡麻和え。胡麻ダレは先日一人しゃぶしゃぶをした時の余りのタレに米酢を足しました。

冷蔵・冷凍庫一掃作戦、なかなか一気には進みそうにありませんが、一歩ずつ。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-01-20 03:14 | レシピ | Trackback | Comments(12)

スモークサーモンの押し寿司&干し柿の箸休め

昨年いただいた大きな半身のスモークサーモンを1回分ずつラップして冷凍したのが気になっていました。冷凍したとはいえ、早めに食べた方が美味しいからです。

夕べ、やっと押し寿司にしました。レモンと鉢植えの三つ葉をのせて、簀で3回巻いてみました。

e0351091_3181584.jpg

毎年作りますがサーモンそのものが美味しいので、とても美味しくできました。

押し寿司は型を使うより、簀の方がご飯と具、両方の量の加減ができて便利です。

箸休めは干し柿を使って。このお正月にご実家の富山県に帰っていらした方から戴いた干し柿です。

私が作った干し柿とどう違うのかが、興味津々でした。やはり、プロの味でした。負け惜しみでなく、私の作った干し柿も美味しいのですが、私のは家庭の味。

e0351091_3183873.jpg

干し柿は5ミリ程の厚さにスライスし、みりん(小さじ1−2)に10−15分つけておきます。その上に大根おろしを乗せて。ちょっとした酒のアテや箸休めになります。

そのほかは海老のスパイシーなソテーと九条葱の巣篭もり風、そして長芋のソテー。

やっとこのような夕食を作りたいと思い、楽しみながら作ることのできる体調と心の余裕が出てきました。
心身ともに健康であることが、料理するものの第一条件であることを今更ながら思い知ったのでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-01-15 03:20 | レシピ | Trackback | Comments(12)

鰤と大根の粕煮&大根の葉っぱと胡桃の炒め煮

日本レストランでの合唱の仕事始めも無事終わり、長引いた風邪も90%治癒し、やっと普段のペースに戻ってきました。

合唱団のピアニストの指の怪我で、急遽私がピアノを弾きながら指揮をすることになり、毎日4−5時間ピアノの練習をして1週間、やっと目処がついたと安心した途端にひいた風邪。

怒涛のような年末年始が過ぎ、やれやれ、今年はどんな一年になるのでしょうか。

さて、そんなホッと一息の夕ご飯は鰤と大根の粕煮。

e0351091_324073.jpg

鰤は大きめの乱切りにし、熱湯をかけて臭みをとります。大根も乱切り。両方をだし汁で落し蓋をして茹でて、大根が柔らかになったら酒粕に味噌(赤味噌と西京味噌の合わせ味噌)を一緒にすり鉢であたり、汁で伸ばしながら、加えます。

最後に香りづけに醤油をたらして出来上がり。春菊とゆずを添えて。

大根の葉っぱは胡桃と一緒に炒め煮。調味は酒と砂糖と醤油。最後に削り節を加えましたが、ご飯のお供に最適です。

たまたま買ってあり、まだ封を切っていない胡桃を目にして思いついたのですが、これが大正解。多分お弁当の脇役にもいいのでは、と思います。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-01-12 03:24 | レシピ | Trackback | Comments(12)

鶏胸肉のグリル 余ったお節の材料を使って&豆腐ステーキとろろがけ

とっくにお節料理は食べ切りましたが、多めに買い込んだ材料がまだ冷蔵庫で眠っています。根菜類は日持ちしますが、それでも早く使い切るために、こんな献立にしてみました。

冷凍した鶏の胸肉は自然解凍し、水分をきっちりふき、ラップに挟んで肉叩きで厚さを均等にし、軽く塩を振りグリル。

e0351091_363562.jpg

大根と人参はなますの要領で千切り、大根おろしと柚子の皮の千切り、鉢植えの三つ葉も添えて、ポン酢でいただきます。

この冬は雨ばかりのサンディエゴです。大干ばつを解消するには恵みの雨ですが、少々気が滅入るのも確か。こんな寒い日には熱々の一品も欲しいものです。

奴に切った豆腐はペーパータオルに包んで、電子レンジで1分。これで水切りが完了です。

サラダオイルをひいたフライパンで豆腐を両面きつね色に焼いたら、余分な油をペーパータオルに染み込ませ、めんつゆをさっとかけて、摩り下ろした長芋に卵を混ぜてまわしかけます。弱火にして、卵がかたまりかけたら、フライパンのまま食卓へ。

e0351091_36522.jpg

熱々をスプーンですくっていただきます。ほかほか体が温まります。このレシピはもう長いことブログをお休みしているnyonyamammyさんのものを参考にしました。

これを作るたびにnynyamammyさんのことを思い出します。また、素敵な料理を見たいな、と思っています。

ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-01-11 03:08 | レシピ | Trackback | Comments(4)

元旦の夕食はロブスターでお祝い

風邪をひいて思うように料理できなかったので、元旦の夕食はお節を前菜にして、ロブスターをメインにしました。

e0351091_3461926.jpg

それも簡単に蒸して酢醤油で。大晦日に娘夫婦に買ってきてもらった大きな活きたロブスター。この物差しは12インチ、30センチです。

e0351091_3493995.jpg

e0351091_3472047.jpg

年代物の大きな蒸し器で18分、真っ赤に蒸しあがりました。

e0351091_3473239.jpg

縦半分に切ると味噌が一杯。やはりロブスターは豪華で、しかも美味しい!

e0351091_3474592.jpg

翌日は残ったロブスターを味噌汁(赤と白の合わせ味噌)にしてお雑煮。身を取った後の殻ももう一度煮出し、ロブスターの味噌も溶けて美味しい出汁に。

簡単なのに豪華で美味しいロブスター。体調の悪さを補うべく考えた窮余の策でしたが、これから毎年定番になりそうです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-01-04 03:50 | レシピ | Trackback | Comments(14)

大晦日_2016

日本より17時間遅れてカリフォルニアでは後4時間半で2016年が暮れようとしています。

今年も世界では色々なことがありましたが、我が家は平穏無事な一年でした。これは何よりなことです。

私の拙いブログにもこの一年、沢山の方においで頂きました。本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

来年も皆様にとって、健康でより良い年でありますようにお祈り申し上げます。

e0351091_12365453.jpg

今年の締めは温かな鴨南蛮。綺麗な焼き色に仕上がり、娘夫婦にも満足してもらいました。

来年も心を新たにして美味しい食卓を目指したく思います。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-01-01 12:38 | 無題 | Trackback | Comments(6)

久しぶりの寿司太田でおまかせ

仲の良い友達と私の誕生日は1日違い。後の二人の食いしん坊さんも加えて、昨日はサンデイエゴで一番美味しいお寿司屋さん、寿司太田でお誕生日のお祝いをしました。

ご主人の太田さんの前に4人陣取り、久しぶりのおまかせ料理です。

e0351091_6252636.jpg

最初のお通しは茸と烏賊のもみじおろし和え。下の方には椎茸、白しめじを薄味にマリネした飾りが可愛らしいです。

e0351091_6254263.jpg

お造りは左下から時計と反対回りに、伊勢海老、シマアジ、カンパチ、トロ。どれも新鮮で、トロは口の中で溶けます。

e0351091_6255447.jpg

生蛸。大きな蛸の足を1本買い求めたのだそうです。吸盤はさっと炙ってあります。コリコリとしてとても美味しい。

e0351091_626758.jpg

焼き物。伊勢海老、銀杏、カリフラワーと菊芋の下にはからし菜。右端は柿の白和え。伊勢海老にはトリュフ入りの塩。

薄緑色の銀杏が美味しい。日本食料品店で買う中国産の銀杏とは全く別物。

e0351091_6262522.jpg

天ぷら。上から白茄子、南瓜、畳鰯、ベビー芽キャベツ、ズッキーニ、黄色い人参、オクラ。抹茶塩と天つゆを好き好きに。野菜は全て知野ファームのもの。

天ぷらもサクッと揚がっています。家ではなかなかこんな風に揚げるのは難しいです。やはり大きなお鍋でたっぷりの油を使わないと、と太田さん。

お寿司に移り、シマアジ、ミル貝、ウニ、鮪のトロと続きます。全部写真を載せたいのですが、多すぎるので、ウニを代表に1枚だけ。

e0351091_6265583.jpg

ウニはサンディエゴ産とのことですが、大方のお魚は築地から。

e0351091_6271021.jpg

ここで伊勢海老のお味噌汁。味噌からの出汁でコクがあり、とても美味しい。

お寿司の続きは、鮪の漬け(写真無し)、鮪のカマとシンコ(若いコハダ)。

e0351091_6275048.jpg

200キロの鮪を丸1本仕入れたのだとか。それでカマのお刺身が食べられたわけです。これも口の中でとろけます。写真はカマとシンコ。

e0351091_6282961.jpg

珍しいカワハギと肝。淡白なカワハギと肝の濃厚さが相まって、とても美味。もみじおろしがのっているので、そのまま何もつけずに。

最後のお寿司はうなぎと巻物。ネギトロと長芋と梅干し。珍しいものではないので、写真はスキップ。

どれもとても美味しくお腹がいっぱい。

e0351091_6285658.jpg

そこへ”ハッピーバースデー”の歌と共に現れたのがデザート。(プラム・アイスクリームとラズベリー)友達と私にはキャンドルが。店のお客さんが皆こちらを向いて大合唱。嬉しいより恥ずかしい!

でも、皆の温かい気持ちが伝わりました。

日本へ帰ったかのような新鮮で美味しいお刺身とお寿司を堪能し、太田さんや友達とのおしゃべりも楽しく、本当に幸せな誕生日でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-11-13 06:34 | レストラン | Trackback | Comments(14)

最近三日分の夕食 ♪パスタと和のお惣菜♪

すごく忙しかったという訳ではないのですが、昨日はブログを更新する時間がなく、本日は三日分を一挙掲載します。

翌日の買い物デーのために、あるもので済ました夕食はパスタ。冷凍海老と冷凍しておいた自家製トマトソース。鉢植えから名残のバジル。

e0351091_345443.jpg

摩り下ろして作ったシンプルなトマトソースは、ぽってりと濃厚で、美味しいパスタになりました。

サラダはルッコラとアボカド、オレンジ、ミニトマト。

日本食料品店で買い物した日はお刺身の夕食です。お買い得品だったメキシコ産の本鮪。鯛は塩締してから翁和え。鉢植えから三つ葉をとって千切りにして添えました。写真に撮ると、私のいい加減な切り方がよく分かります。

e0351091_345279.jpg

野菜の一品は蕪の焦がし煮。皮付きのままの実も葉っぱも全部美味しく食べられるこのお惣菜、大好きです。胡麻油で蕪の実を焦げるくらいに炒め、葉っぱと茎を加え、酒と醤油で調味しました。

お好みで味醂か砂糖やだし汁入れても良いのですが、私は最近は甘くないシンプルな調味が気に入っています。

そして一昨日は、松茸ご飯、松茸のお吸い物、鰆の木の芽入りのピカタ、ツブ貝と葱のぬた。(ツブ貝の下処理の仕方はこちらです。)

e0351091_3454660.jpg

今年の松茸はいつもより香りに欠けるように思いますが、それでも松茸は豪華な夕食です。

どういうわけか今年は3回も芽吹いた山椒。どうせ落葉してしまうので使いましたが、こちらも香りがあまり強くありませんでした。

松茸も木の芽もほのかに香る、春と秋の饗宴でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-11-09 03:49 | レシピ | Trackback | Comments(2)