やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:和風 ( 7 ) タグの人気記事

キャベツと肉団子のスープ仕立て

煮込むと甘みが増して美味しくなる縮緬キャベツ。半分残っていたこの縮緬キャベツを肉団子と一緒にスープ仕立てにしてみました。

豚ひき肉(約200g)にすりおろした玉ねぎ(1/3個分)、生姜のすりおろし(一かけ)、卵の黄身(1個分)、塩、胡椒を加えて手でよくこねて、お団子にします。

だし汁(野菜のだし汁を使いましたが、チキンストックでも良いです。)に少量の砂糖と酒、醤油で調味して、肉団子を茹でます。火が通ったら団子を取り出し、灰汁を取って、残りの煮汁の中で櫛形に切ったキャベツ(半個)を煮込みます。

e0351091_3505829.jpg

キャベツが柔らかになったらお団子を戻し、温まったら出来上がり。

これは白菜でも美味しくできます。このところ冬に逆戻りしたような寒いサンディエゴ。このような温かなスープたっぷりの夕食が嬉しく感じます。

e0351091_3511544.jpg

副菜は色とりどりのミニパプリカとエリンギの炒め物。サラダオイル(またはオリーブオイル)で炒め、最後に胡椒とお醤油をじゃっとかけた簡単調理。ミニパプリカは果肉が柔らかで、使い勝手のよい野菜です。

e0351091_3513046.jpg


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-03-10 03:52 | レシピ | Trackback | Comments(8)

海老入り蓮根餅 

年末にお節料理のために買ったフレッシュな蓮根が殊の外良いものでした。サンディエゴで売られている蓮根は確か中国産で、収穫されてからどのくらいの月日が経っているのか、外側も穴の中も黒ずんだものが多いのですが、今回は綺麗な蓮根でしたので、少し多めに買い込みました。

蓮根のキンピラにしようと思っていたのですが、気が変わりました。というのも昨日もお気に入りのスーパーに買い物に行くことができなかったので、タンパク源がありません。

仕方がないので、冷凍海老を解凍して叩き、すりおろした蓮根と一緒に蓮根餅にすることにしました。

e0351091_3575928.jpg

とても美味しくできたのですが、これは主菜というよりお酒のお供という感じで、4個では一人分でさえ物足りなく感じました。(海老が8尾も入っているにもかかわらず。)

e0351091_3581433.jpg

副菜はセロリとブロッコリ。evecookymamaさんに教わったセロリと米酢、醤油、昆布の和え物がとても美味しく、2本のセロリを完食。お酒のアテにもご飯のお供にもなる便利な副菜です。

ブロッコリは茹でて、牡蠣油にお酒を入れたドレッシングで和えました。

ブロッコリだけは緊急用の近くのスーパーで買いましたが、後は手持ちのものでこの日もなんとか乗り切りました。


海老入り蓮根餅
材料 (直径5センチのハンバーグ型が4個)


蓮根 150g
海老 中8尾 
片栗粉 大匙2
塩 少々
胡麻油  適宜
昆布醤油  (醤油に昆布を入れておいたもの)
酒  少々
青ねぎ 小1本 みじん切り

1.蓮根は皮をむき、水にさらして灰汁を取る。

2.海老は殻をむき背わたを取り、包丁で叩く。

3.蓮根は少し粗みじん切りにして、残りはすりおろして、水気を切る。

4.2と3に塩、片栗粉を加えて手でよく練って小さめのハンバーグ型にする。

5.胡麻油をフライパンで熱し、4を入れ、両面キツネ色になったら弱火にし蓋をして蒸し焼きにする。

6.焼きあがったら、余分な油をペーパータオルに染み込ませ、昆布醤油に酒を加えたものを回しかける。青ねぎを散らして熱々をサーヴする。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-14 04:03 | レシピ | Trackback | Comments(12)

黒豆をのせた抹茶ケーキ

お節で作った華頂山きんとんに封を切ったばかりのお抹茶を使いました。封を切ったばかりのお抹茶の香りは、きんとんにしてもなお強く残っています。

香りが良いうちにお菓子に使おうと思いながら、ああでもないこうでもないと時ばかりが過ぎました。

少しばかり残った黒豆も使いたいし、賞味期限が心配な生クリームもあるし。akdenizさんがお作りになった抹茶のトゥリ・レチェも美味しそうだし、と気は焦るばかり。

私は一番どんなお菓子が食べたいのか自問自答。行き着いた結論はフワフワののケーキ。

e0351091_2453425.jpg

なかなか思うような既存のレシピがなく、あちこちのレシピを参考にしました。一番近いのはクリスマス前に作ったフルーツケーキですが、もっと軽くするために小麦粉を少なくし、その分ポテトフラワーを加え、黒豆が入るので砂糖も少なくしました。

e0351091_2454669.jpg

製菓用の抹茶でないので緑色が濃く出過ぎましたが、フワフワで、しっとり、抹茶の香りの良い美味しいケーキに仕上がりました。黒豆がもう少しあったら、上に乗せるだけでなく中に入れても美味しいと思いました。

e0351091_2455768.jpg

また、コアントロー入りの生クリームも添えましたが、ケーキだけでもとても美味しいので、クリームはなくても良いでしょう。

時間がないので今日は詳しいレシピは書きませんが、悪しからず。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-11 02:46 | レシピ | Trackback | Comments(16)

白菜と肉団子の和風スープ

白菜が美味しい季節になりました。

夜の合唱の練習の前にさっと作れる豚ひき肉のお団子と白菜のスープ仕立て。

昔も今も冬の忙しい時に作る献立です。

豚ひき肉に擂り下ろした玉葱と擂り生姜、卵の黄身はお好みでどちらでも。ひき肉を手で良くこねて団子にし、鰹だし汁に酒、醤油、少量の砂糖で調味した中に入れていきます。

ひき肉の塊を左手で持ち、人差し指と親指で絞り出すようにして団子を作って、出汁の中に落としていきます。

e0351091_3361427.jpg

灰汁を取りながらお団子を煮、さっと茹でておいた白菜(5センチのざく切り)を加えます。私は白菜をたっぷり、煮汁もたっぷりにしてスープ仕立てにするのが好きです。

元は志の島忠著「日本料理惣菜事典」にのっていたレシピですが、長年の間に私流になったかもしれません。簡単で美味しい冬の和風スープです。

e0351091_3362759.jpg

付け合わせはセロリと人参の和風サラダ。斜めに切ったセロリと薄切りの人参、調味は米酢、砂糖、塩、ごま油。セロリのシャキシャキ感が残るように、調味料は食卓に載せる直前に加えて下さい。

両方とも簡単であっという間に作ることが出来ますが、温かなスープが冬の夜には嬉しい食卓です。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-08 03:38 | レシピ | Trackback | Comments(12)

秋茄子を使って二品

日中は27−8度にまで気温が上がるサンディエゴですが、朝晩はめっきり涼しくなりました。

秋は食材も豊富になる嬉しい季節です。

美味しい秋茄子を使って副菜を二品。

まずは茄子とエノキの煮物。茄子はへたを取り、縦半分に切って格子状に切り目を入れ、10分程塩水に漬けておきます。一度これを茹でこぼし、更に水に漬けておきます。

e0351091_2415724.jpg

鰹だし汁、みりん、醤油の汁を煮立て、エノキをさっと茹でて取り出し、その後の汁に茄子の水分をペーパータオルで丁寧におさえながら取ったものを並べておき、紙蓋をして、気長に煮ます。

最後にエノキを戻して温めます。少し濃いめの味付けにするとご飯に合います。母は沢山の茄子を甘辛く煮て、朝ご飯に出してくれました。一晩冷蔵庫に入っていた冷たい茄子も美味しいものでした。

もう一品は小林カツ代さんの「アッという間のおかず」から、なすのトマト煮。

e0351091_2422060.jpg

ガーリックの薄切り、トマトのざく切り、茄子をサラダオイル(私はオリーブオイルを使用)で炒めて、塩と胡椒だけで調味したものです。

小林カツ代さんより私はもっと手抜きをして、トマトも皮をむかず、茄子も塩水に漬けず、その代わり切ったらすぐに炒めます。

最後に青紫蘇を散らすのがコツです。とてもシンプルなのに、とても美味しい一品です。やっぱり小林カツ代さんは凄い!



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-01 02:43 | レシピ | Trackback | Comments(11)

鯛の昆布締めと自家製イクラのちらし寿司

生筋子から作ったイクラの醤油漬けを使いたくて、ちらし寿司にしました。

土曜日は一番お刺し身の種類が豊富な日本食料品店ですが、訪れたのが午後5時近くとあって、大分売れてしまった後でした。

その中で鯛と蛸を買ってきました。家についてからすぐにご飯を炊き、鯛は塩で締めた後昆布締めに。昆布で締めたのは1時間程でしたが、結構昆布の味がしみていました。

e0351091_126154.jpg

酢飯には白胡麻を混ぜ(tanaさんの受け売りです。)、イクラと三つ葉の千切りを散らして。三日間酒と醤油に浸かったイクラは締まって、プチプチした食感で、とても美味しいちらしになりました。

e0351091_1263280.jpg

蛸はちらしには入れずに胡瓜と一緒に酢味噌和えに。

e0351091_126484.jpg

この日はランチを外で頂いたので、なかなかお腹が空かなかったのですが、お寿司はすっとお腹に治まり、美味しい夕食でした。

*鯛の昆布締めの詳しいレシピは☆こちらです。平目で作ったものですが、要領は同じです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-09-28 01:30 | レシピ | Trackback | Comments(4)

めぼしいものが無いときのお昼ご飯 ー梅干し風味のぶっかけうどんー

手品ではないので、本当に何も無ければ作りようがありませんが、冷蔵庫にめぼしいものも残り物も無い時は常備食で作る他ありません。

最後の一つの冷凍ウドン、卵、4本残っていたオクラ、1本残っていた青葱、友達から頂いた美味しい梅干し、おかか、鉢植えから穂紫蘇、市販の麺つゆでぶっかけを作りました。

オクラは湯がき、同じお湯に塩をパスタに入れるくらい沢山いれ、冷蔵庫から出したばかりの冷たい卵を静かに入れて5分。中がトロッとした半熟卵の出来上がりです。

e0351091_0405878.jpg

オクラは粗みじん切り、葱もみじん切り、おかかは乾煎りして、パリパリに。

梅干しが美味しかったので、美味しいぶっかけウドンになりました。無ければ無いなりに、何とかなるものですね。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-09-24 00:42 | レシピ | Trackback | Comments(8)