やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:保存食 ( 4 ) タグの人気記事

豚フィレ肉のハニーロースト・フェンネルとポテトのソース・桃のピクルス添え

食べられるほどの桃の実がなり始めて今年で5年目。小さいながら沢山の実を収穫し、今までジャム、チャツネ、コンポートを作りました。もちろんそのままでも沢山食べました。よそ様にもお裾分けしました。でも、まだ採れるのです。

まだ作っていないもの。。。。と考えて今度はピクルスにしました。(もう一工夫したいので、レシピは載せませんが、悪しからず。)

e0351091_2471321.jpg

冷蔵庫の中をチェックして、桃のピクルスに合いそうな主菜を考えました。それが表題の長い献立です。

e0351091_2473413.jpg

本来はフェンネルだけのソースですが、1/3個しかなかったので、じゃが芋1個を加えてピュレにしましたが、それも美味しいです。また、暑い日にはオーブンを使いたくないので、豚フィレ肉はフライパンで蒸し煮にし、最後もオーブントースターで仕上げました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_2474990.jpg

マスカルポーネを加えたフェンネルとじゃが芋のピュレがおしゃれな味に仕上がります。

e0351091_248335.jpg

サラダはしょっちゅう作っているキャロットサラダ。これはいつ食べても美味しいと思います。(レシピは旧ブログのこちら★です。)

豚フィレ肉のハニーロースト・フェンネルとポテトのソース・桃のピクルス添え
材料(2人分)

豚肉フィレ 1本
ハニー  大匙1
フェンネル・シード  大匙1/2
ガーリック 1片 
ロズマリー (出来ればフレッシュなもの)みじん切り大匙1/2
塩、胡椒
オリーブオイル 適宜
フェンネル 中1個
じゃが芋 中1個
白ワイン 30ml
パルメザンチーズ  大匙1
マスカルポーネ  大匙2
バター  適宜 とかしておく
生パン粉  適宜

1. 豚肉にハニーを満遍なく塗る。

2. フェンネル・シード、ガーリック、ロズマリー、塩、胡椒をフードプロセッサーで細かくする。(小さいFPがない場合は包丁でみじん切りにしても良いです。)2の豚肉に塗る。

3. フライパンにオイルを敷き、豚肉の全面に焼き色をつけ、蓋をし弱火にして蒸し煮にする。

5.焼いている間、角切りのじゃが芋と1センチ幅に切ったフェンネルを10分、柔らかになるまで蒸し、FPでピュレにする。

6. 5に、白ワイン、パルメザンチーズ、マスカルポーネを加えて混ぜる。

7. 耐熱皿に薄くバターを塗り、豚肉の上に6をかけ、更にパン粉に溶かしバターを混ぜたものを上にかけ、350度F (180度C)のオーブン、またはオーブントースターで約10分、焦げ色がつくまで焼く。

8. 上に、フェンネルの葉っぱか、フレッシュなロズマリーをのせてサーヴする。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-06-29 02:50 | レシピ | Trackback | Comments(10)

杏ジャム&杏ジャム入りクッキー

2ヶ月ごとにチェックする車のタイヤの空気圧。メールでリマインダーが来たので行ってきましたが、これが無料なのです。

その帰りに寄ったスーパーで見つけたオーガニックの杏。1ポンド(約450g)で$1.98とお買い得だったので色の良いものを20個求めました。

e0351091_240940.jpg

どうせ酸っぱいでしょうから、これはジャム用。綺麗に洗ってから縦半分に切り、種を取ります。この状態で計ると約820g。1/3の量の砂糖と言うと、270g強。砂糖を計りながら、その量の多さにびっくりし、いつも途中でやめてしまいます。この日も200gでストップ。

半分に切った杏に50mlの水を加え、蓋をして、時々かき混ぜながら柔らかになって、形が崩れるまで煮ます。そこへ砂糖を入れ、焦げないようにかき混ぜながら弱火でトロッとなるまで煮詰めます。

e0351091_2403252.jpg

火を止めてからレモン汁小匙1とキルシュ小匙1を加え、熱いうちに綺麗な瓶(ウオッカで湿らせたペーパータオルで丁寧に瓶と蓋を拭きます。)に詰めて、そのまま冷ましてから冷蔵庫へ。

e0351091_2404396.jpg

トーストに塗ったり、ヨーグルトにかけたり、でも、甘さがないぶん日持ちはしませんから、さっさと消費しなくてはいけません。

そこで、杏入りクッキーを作ることにしました。何の予定もない日曜日はお菓子を焼くのにもってこいの日です。

e0351091_241152.jpg

柔らかなのにさくっとして、甘酸っぱい杏の香り良い美味しいクッキーになりました。

タッパーのような容器に入れれば、室温で4日、冷凍すれば2ヶ月もちます。


杏ジャム入りクッキー
レシピ:Dorie Greenspan著「Baking」を参考
材料(直径約5センチのクッキーが35−40枚)
   カップはアメリカサイズの250ml

小麦粉  2カップ
ベーキングパウダー  小匙1
塩  小匙1/4
無塩バター 大さじ8 室温にする
砂糖 2/3カップ弱
卵  大1個
牛乳  大匙2
ヴァニラエッセンス 小匙1/2
生姜のすりおろし  小匙1
杏ジャム 1/4カップ

1. オーブンを190度C(375度F)に温めておく。

2. 小麦粉、ベーキングパウダー、塩をボウルの中でかき混ぜておく。

3. バターが白っぽくなるまでよくかき混ぜ、砂糖を加えて更によくかき混ぜる。(スタンドミキサーをお持ちの方は、パドルのアタッチメントをお使いください。)

4. 卵を加え、更にかき混ぜ、牛乳、ヴァニラエッセンスを加えて混ぜる。(もろもろになりますが大丈夫です。)

5. 杏ジャムと生姜のすりおろしを加え、かき混ぜ、最後に粉類を入れかき混ぜる。(粉類が見えない程度に混ざれば良い。)

6. 小匙2本で直径4センチくらいの種を2.5センチの間隔をあけて、パーチメントペーパーを敷いた鉄板の上に落としていく。

7. オーブンで10−12分、途中上段下段、前後の向きを変える。表面はまだ白っぽいが、周囲が狐色になれば良い。

8. オーブンから出して、1分ほどしてからラックに移し、完全に冷めてからサーヴする。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-05-24 02:43 | レシピ | Trackback | Comments(14)

エスプレッソでコンポートした洋梨

4日続いた雨もようやく上がり青空が広がりました。犬の散歩をしていてもジャケットが邪魔になる暖かさです。やはりサンディエゴには青空が似合います。

e0351091_462459.jpg

さて、年末に頂いたボスクの洋梨7個。完熟でなかったので、箱のまま部屋に置いたまま忘れかけていました。

e0351091_463967.jpg

早く使わねば。という訳で、お正月の二日目、4個はエスプレッソでコンポート。赤ワインでコンポートするのは一般的ですが、少し変わったものにしてみました。

e0351091_465383.jpg

エスプレッソとカルーアとレモンの風味の大人の味。洋梨はそのまま食べても美味しいですが、一手間かけると立派なデザートです。

e0351091_472462.jpg

e0351091_473648.jpg

残りはジャムに。とても甘かったので、砂糖は洋梨3個に対して小さじ2。最後にブランデーとレモン汁を加えて、美味しいジャムになりました。


エスプレッソでコンポートした洋梨
レシピ:Jaques Pépin’s Tableを参照
材料(4人分)


洋梨 4個 ボスク洋梨のように固めのものが適しています
エスプレッソコーヒー 約500ml
水  約500ml
ブラウンシュガー  50-60ml
レモンの皮のすりおろし 小匙1
カルーアなどのコーヒーリカー  大匙2

1.洋梨の皮をむき、底からメロンボーラーなどで芯をくりぬく。

2.洋梨4個がちょうど入る大きさの鍋に洋梨を縦にいれ、エスプレッソを加え、洋梨がかぶるように水を加える。ブラウンシュガーを入れ、火にかける。

3.煮立ったら弱火にし、ペーパータオルを四つ折りにしてかぶせ、20分くらい煮る。(梨の硬さによって時間を調節してください。)

4.梨を取り出し、シルが半量になるまで煮詰めて、レモンのゼストを加え梨の上にかけて冷やす。

5.サーヴする直前に汁にカルーアを加える。

6.梨を扇状に切って皿に盛り、汁をかける。お好みでヴァニラアイスクリームを添えても良い。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-09 04:09 | レシピ | Trackback | Comments(15)

干し柿_2015

今年も渋柿のハチヤで干し柿を作りました。

ヘタにビニールのひもを括り付けてから皮をむきます。うまくヘタに引っかからないものは果実の上部に串を刺して紐をかけます。

e0351091_248485.jpg

皮は縦に剥く方が出来上がりがきれいと言いますが、丸く剥いていっても同じような出来だと思います。今年は忙しく、皮のチップスなどを作ることが出来ず、残念でした。皮も色々使い道があるのです。

e0351091_2493880.jpg

黴防止にウオッカ(又は焼酎)を刷毛で塗って室内干し。干し柿作りには気温より湿度が大事で、湿度が高いと黴びます。

e0351091_2503413.jpg

2週間経つと色が変わってきます。

e0351091_2534189.jpg

更に1週間。今年はまだかなり柔らかなうちに取り込みました。自分好みの固さに出来るのも自家製の良い所です。

ひとつひとつラップに包んでジップロックに入れ、冷蔵庫と冷凍庫に保管します。1週間くらいは部屋に置いても大丈夫です。

e0351091_2553039.jpg

大根おろしと和えて、ちょっとした前菜や箸休めになります。お好みでお酢を加えても良いでしょう。

中がトロッとした甘い干し柿。今年も美味しく出来ました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-17 02:57 | レシピ | Trackback | Comments(12)