やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:デザート ( 54 ) タグの人気記事

サマーフルーツとアーモンドクリームのタルト

一昨日のお料理会で作ったタルトのご紹介です。

使ったフルーツは知野ファームにあった2種類のプラムとラズベリーですが、ネクタリンや桃、ブルーベリー、ブラックベリーでも良いでしょう。ただし、苺は水分が多く出るので適していません。

e0351091_202992.jpg

アーモンドプードルが入ったサクサクしたタルト生地に、アーモンドクリームのフィリングで、ちょっと酸っぱいプラムと口の中で溶け合って、とても美味しいタルトでした。

e0351091_204543.jpg

デザートは食事の最後のお楽しみ。どんなにお腹がいっぱいでもフルーツたっぷりのタルトはすっとお腹におさまり、コーヒーとともに話も尽きません。お開きになったのは買い物を始めてから7時間近くが経過していました。



サマーフルーツとアーモンドクリームのタルト
レシピ:Dorie Greenspan & David Lebovitzのレシピを参考
材料  (8人分)9インチ(23センチ)のタルト型1個分
   カップはアメリカサイズの250ml

タルト
小麦粉 1と1/4 カップ
アーモンドプードル 1/4カップ
オーガニックの粉砂糖 1/2カップ弱
塩 小匙1/4
冷たい無塩バター 大匙9
卵の黄身 大1個

1.タルト型にバターを塗り、底にパーチメントペーパーを敷く。(このバターは分量外)

2.小麦粉、アーモンドプードル、粉砂糖、塩をフードプロセッサーで撹拌する。小さく切ったバターを加えてオートミール状になるまで撹拌する。

3. 卵の黄身をほぐし、3回に分けていれる。1回入れるごとに10秒撹拌し、最後は生地が一つにまとまるまで撹拌する。

4. 生地をラップの中でまとめ、2枚のラップに挟んで麺棒で型より少し大きく伸ばす。上のラップをはがし型に入れて丁寧に型に押し付け、上のラップをはがす。余った生地は薄いところなどに貼付ける。

5. アルミホイルのピカピカの面にバター(分量外)をたっぷり塗り生地の上につくようにかぶせて、冷凍庫に少なくとも15分入れて冷やす。完全に冷凍しても大丈夫です。その場合は凍ったまま焼きます。

6. オーブンを375度F(190度C)に温めて、中段で20ー25分焼く。(生地が固くなっていれば、重石をしなくとも大丈夫です。)アルミホイルを丁寧にはがして完全に冷ます。(今回は部分焼きです。完全に焼くには更に8分焼きます。)


フィリングとトッピング
無塩バター  115g(アメリカでは1本分) 室温にしておく
オーガニックの砂糖 50g (1/4カップ)
卵 大2個 室温にしておく
アーモンドプードル 130g (1カップ)
ラム酒 小匙2
アーモンドエッセンス 小匙1/8
塩 一つまみ
プラム、またはネクタリン、アプリコット、桃など 約400g (桃は皮を剥くが他は皮をむかない。)くし切りにする
ラズベリー 適宜

アプリコットジャムかりんごのジェリー 

オーブンを190度C(375度F)に温める。

1.バターと砂糖を一緒にスタンドミキサーのパドルのアタッチメントで約1分、クリーム状にふわっとなるまで撹拌する。卵を1個ずつ加えて撹拌する。時々ゴムベラで全体をかき混ぜる。

2.アーモンドプードルを加えかき混ぜ、更にラム酒とアーモンドエッセンスを加えてかき混ぜる。

3.冷めたタルトに満遍なく敷き詰め。櫛形に切ったフルーツをのせ、隙間にラズベリーを載せる。

4.オーブンの中段に入れて30−35分表面がうっすら色づくまで焼く。

5.ラックの上で冷まし、裏ごししたアプリコットジャムかアップルジェリーを電子レンジで柔らかにして表面を塗る。(ジャムが固い場合はラム酒を加える。)



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-08-02 02:01 | レシピ | Trackback | Comments(8)

ズッキーニとミントの冷製スープ

東はニューヨーク、西はロサンジェルスまですっぽり熱波に覆われたアメリカ大陸。

サンディエゴも例外ではなく、暑い日が続いています。サンディエゴは海岸から内陸に行くにつれてどんどん暑くなっていくのが、車の窓を触ると分かります。

昨日は用事があって、我が家から18km内陸のRancho Bernardoへ行きましたが、我が家との温度差は7度C。これは大きいです。ちなみに昨日の我が家の最高気温は29度C。Rancho Bernardoは36度Cでした。

今朝8時の気温はすでに24度C、大快晴。サンディエゴの日差しはとても強く、太陽の光線がジリジリと肌を刺します。今日は朝のワンちゃんとのお散歩は諦めました。

普通なら日が落ちれば涼しい海風が入ってくるのですが、昨日はそれもなく、夕食は冷製スープとサラダ。

折しもお隣さんから40センチもある巨大なズッキーニを頂いたのです。

e0351091_1514834.jpg

ズッキーニとガーリックを少量の塩と水で煮てピュレにし、プレーンヨーグルトとミントを加えた爽やかな冷製スープ。とても美味しくできました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_152867.jpg

メインは有り合わせでサラダ。ツナの缶詰、ローストした赤いパプリカのオリーブオイルのマリネ、エシャロット、オリーブ、コーニション、バジル、パセリ、香菜。

私はオリーブオイルをかけただけですが、お好きなドレッシングをおかけ下さい。

e0351091_1523813.jpg

デザートは到来物の黄色い桃と自家製桃のフローズンヨーグルト。(桃は室温です。果物はなるたけ室温でお召し上がりください。その方が甘さを感じます。冷やすにしてもほんの少し。)

暑いからといって冷たいものばかり食べるのは良くないのですが、エアコンのない我が家です。暑さにめげそうで、口から涼をとりました。


ズッキーニとミントの冷製スープ
レシピ:色々なレシピを混ぜ合わせた私のレシピ
材料(一人分)


ズッキーニ 中2本分
ガーリック 1片
塩 適宜
水 300−400ml
プレーンヨーグルト  大匙1
ミント 千切りで大匙1+ 飾り
ひきたて白胡椒 適宜


ズッキーニは飾りの薄切り(3枚)を除いて、皮ごと角切りにする。

ガーリックの芯(縦半分に切って中に入っている細い芯)を取り除き、薄切り。

ズッキーニとガーリックがかぶるくらいの水と塩少々を加えて、ズッキーニが柔らかになるまで煮る。

飾りの薄切りは塩茹でして、水を切っておく。

ズッキーニとガーリックが柔らかになり、粗熱が取れたら、汁ごとフードプロセッサーにかけてピュレにして、裏ごしし、冷やす。

冷たいプレーンヨーグルトとミント、白胡椒を加え、よくかき混ぜて、皿に盛る。

飾りのズッキーニとミントを浮かす。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-07-24 01:58 | レシピ | Trackback(1) | Comments(8)

黄色い桃のフローズンヨーグルト

今年大豊作だった我が家の黄色い桃。でも、収穫は鳥や小動物とどちらが早くとるかの戦いでもあります。

早朝、枝や葉っぱが付いたまま無傷の桃が何個も地面に落ちているのを見つけ、これ以上熟すのを待っていたら全部取られてしまうと思い、熟していないものもすべて収穫し、笊に入れて室温で熟すのを待ちました。

熟したものから順番に冷蔵庫へ。このようにして貯めた桃は60個ほど。梅の実や杏ほどの大きさですから、それほどの重量ではありません。

今年の桃で作ったものは、チャツネコンポートゼリー、ジャム、ピクルス。そこで、今まで作ったことのないフローズンヨーグルトを作りました。

そして、この上なく美味しくできました。あまり美味しいので、実はアップするのも少し躊躇いました。自家製の桃は来年までありませんから、誰にも言わず、そっと独り占めしたい、と思ったほどです。

e0351091_2362148.jpg

最初はチェリーのコンポート(レシピは下に書きました。)と食べられる花、球根ベゴニアと。

e0351091_2363285.jpg

次はブルーベリーのコンポートと一緒に。自分の好きな甘さにしたので、後味が爽やかです。

アイスクリームメーカーがないと作るのは難しいとは思いますが、私の備忘録としてレシピを書いておきます。

黄色い桃のフローズンヨーグルト
レシピ:David Lebovitzのレシピを参考にして私がアレンジ
材料


黄色い桃 (白桃、マンゴーなど他の果物でも代用可) 皮、種が付いている状態で1キロ超
オーガニックの砂糖  60g
グリークヨーグルト  240g (普通のプレーンヨーグルトを水切りしても良い。)
レモン汁 大匙1
パスティス  小匙2 (または他のリカー、ラム酒、ブランデーなど)

桃は熱湯に20−30秒つけて氷水にとり、皮をスルッと剥く。果肉を適当な大きさに切り、種は捨てる。レモン汁をふりかける。

桃と砂糖を一緒にフードプロセッサーにかけ、ピュレにする。600−650mlあれば良い。

グリークヨーグルトを加えて、さらにFPでかき混ぜ、最後にパスティスを加え、冷蔵庫で少なくとも2時間冷やす。

アイスクリームメーカーの指示に従って、フローズンヨーグルトを作る。

冷凍庫でカチカチになったら、サーヴする10分くらい前に室内に出しておく。

チェリーのコンポート
レシピ:David Lebovitzさんのレシピを参考
材料


チェリー  約450g
オーガニックの砂糖  20g
キルシュ 小匙1 (ない場合は他の洋酒でも可)
アーモンドエッセンス 1−2滴 (なくとも良い)

チェリーの軸と種を取り、砂糖と一緒に火にかける。鍋はノン・リアクティヴ(耐酸性)の深鍋を使用。

煮立ったら弱火で蓋をして15分ほど。煮こぼれやすいので、しょっちゅう蓋を取りかき混ぜる。(鍋から目を離してはいけません。)

とろっとしたら火から下ろし、キルシュとアーモンドエッセンスを加える。

冷蔵庫で5日、冷凍すれば1年間持つ。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-07-12 02:42 | レシピ | Trackback | Comments(12)

クリームチーズとブルーベリー、コーンのタルト ♪独立記念日のデザート♪

友達4人と一緒に祝ったアメリカの独立記念日のデザートのご紹介です。

独立記念日といえば、アメリカの国旗にちなんだ白、赤、青の三色を使うのが定番です。

この日もこの三色が綺麗に出るように作ったつもりが、時間が経ってシロップが流れて、白が隠れてしまいました。出来がけに写真を撮らずに大失敗。

しっかり焼いたタルトの上にクリームチーズと生クリーム、少量の水切りヨーグルトのフィリング。トッピングはロズマリー風味のジャムにしたブルーベリーとフレッシュなブルーベリーとコーン、ラズベリー。

e0351091_241482.jpg

微かなロズマリーの香りとフレッシュなコーンがとても良いアクセントになりました。(レシピは下に書きました。)

皆さんも”美味しい!”を連発して召し上がってくださいました。残りはおお持ち帰り。

e0351091_242596.jpg

そして、もう一品は西瓜を器にしたフルーツサラダ。西瓜の上から3分の1くらいの周りに軽くナイフで線を描き、その線に沿って適当にギザギザを入れます。最初は浅く、徐々に深くして、上の部分が取れるまで、何回もナイフを入れます。

e0351091_2422042.jpg

フルーツサラダにはコアントローを加えました。残りのスイカはジュースに。こちらにはキルシュを加えます。(スイカの青臭さを消すためですから、少量でも何かお酒を入れた方が美味しいです。)


クリームチーズとブルーベリー、コーンのタルト 
レシピ:Dorie Greenspan著「BAKING Chez Moi」参考
材料(直径9インチ:22.5センチのタルト型1個分:8人分)


焼いたタルト(材料とレシピは以前のサイトをご覧ください。)

フィリング
冷たい生クリーム 120ml
クリームチーズ 227g 室温にしておく (私は脂肪分のないものを使いました。)
オーガニックの砂糖 60g
蜂蜜 大匙2
塩 ひとつまみ
バニラエッセンス  小匙1
水切りヨーグルトまたはグリークヨーグルト  大匙2

トッピング
フレッシュなブルーベリー 450g
オーガニックの砂糖 40g
水 大匙2
レモンのゼスト 大匙2
ロズマリー 1本
レモンジュース 半個分
フレッシュなコーンの粒 1本分 (冷凍でも良いですが、できればフレッシュな方が断然美味しいです。)
フレッシュなラズベリー(飾り) 適宜

1.ブルーベリー(300g)、砂糖、水、レモンのゼスト、ロズマリーを深鍋に入れ火にかける。中火でかき混ぜながら、約5分、煮崩れ始めてから更に3分、トロッとなるまで煮詰める。

2.火からおろし、ロズマリーを取り除き、レモンジュースとコーンの粒を加える。時折かき混ぜながら氷水のボウルの中で冷やす。表面が冷えたら残りのフレッシュなブルーベリーを加えて冷蔵庫で冷やす。

3.生クリームを泡立てて、別のボウルに移す。同じボウルに(洗う必要はありません。)クリームチーズを柔らかになるまで泡立て、砂糖、はちみつ、塩を加えてかき混ぜる。最後にヨーグルトとバニラエッセンスを加える。 

4.ゴムベラで生クリームを3に加えてかき混ぜる。

5.タルトにクリームチーズと生クリームのフィリングを敷き詰め、表面を平らにする。ブルーベリーとコーンのミックスを上に置き、最後にラズベリーを飾る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-07-07 02:44 | レシピ | Trackback | Comments(16)

Happy Fourth of July! &「くらしのアンテナ」掲載のお知らせ

今日はアメリカの独立記念日。各地で花火が打ち上げられます。そして、多くのご家庭では家族や友達と一緒にバーベキューを楽しむことでしょう。

我が家は?それは明日のお楽しみに。

さて、いつもお世話になっている「レシピブログ」さんの「くらしのアンテナ」のコーナーのトピック、「手軽なドライフルーツで♪あんずのお菓子を作ろう」で、私の「栗と杏のラムケーキ」が掲載されました。

2012年3月の掲載ですので、オリジナルの写真があるかどうか心配しましたが、ありましたので、掲載した写真とは違うものを下記に載せます。

e0351091_2283429.jpg

他の方々のお菓子も美味しそうなものばかりですので、是非ご覧になってみてください。

アメリカにお住いの方、良い祝日をお過ごしなさいますように。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-07-05 02:30 | レシピ | Trackback | Comments(8)

マンゴーの簡単ティラミス

到来物の美味しいマンゴーを早く食べなければ、と思いつつ我が家の桃もあるし、ぐずぐずしているうちにシワが寄ってきました。これ以上は待てないと、重い腰をあげました。

美味しい果物は一手間かけたくなる性分の私。簡単なティラミスにしてみました。

レディーフィンガーは賞味期間がほんの少し切れてしまった買い置きのものと、早く使ってしまいたい封を切った生クリーム。卵を使うティラミスは面倒なので、マスカルポーネだけ買ってきました。(卵を使うティラミスのレシピは旧ブログのここをご覧下さい。

e0351091_250337.jpg

使った洋酒はラム酒。マンゴーの半分は薄く切って飾り、残りはピュレにして中に入れます。出来上がってから3時間以上冷蔵庫に入れておくと、しっとりと馴染んで、冷たくて美味しいティラミスに。

マンゴーでなくとも、苺などのベリー類や桃でも良いでしょう。その際は使うリキュールを別のもの(キルシュ、フランボアーズ等)に、またライムでなくレモンにすると良いでしょう。

マンゴーの簡単ティラミス
材料(1−2人分)分量は器の大きさによって変わりますので、あくまで目安です。

マンゴー  中1個
ライムのゼスト 半個分
ライムの汁 半個分
ラム酒  大さじ3+
レディーフィンガー 入れる器の大きさに合わせて 6−8枚
マスカルポーネ 1/4カップ
粉砂糖 大さじ1−2(お好みで増減してください)
生クリーム 1/3カップ
バニラエッセンス 小さじ1/2
オーガニックの砂糖 適宜

1.マンゴーは皮をむき、6−8枚に薄くスライス。ライムのゼストとライムジュース(1/4個分)、ラム酒(小さじ1/2)をかけて冷やしておく。

2.残りのマンゴーと砂糖をフードプロセッサーでピュレにし、ラム酒小さじ1を加えて冷やす。

3.マスカルポーネに粉砂糖をふるって加え、かき混ぜる。(かき混ぜすぎると固くなるので気をつける。)

4.生クリームを泡立て、マスカルポーネに加える。味見をして、粉砂糖が足りなかったらここで加える。バニラエッセンスを加えてかき混ぜる。

5.レディーフィンガーを器の大きさに合わせて切り、ラム酒につけて器の底に敷く。マスカルポーネと生クリームの半量を乗せて平らにし、マンゴーピュレの半量をかける。これをもう一度繰り返す。この状態でラップをして冷蔵庫に少なくとも3時間、長くて8時間入れて冷やす。

6.サーヴする直前にマンゴーの薄切りをくるっと巻いて飾る。ミントなどがあれば真ん中に飾る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-06-26 02:51 | レシピ | Trackback | Comments(10)

果物お大尽 ♪マンゴーとチェリーと桃♪

私は今、ちょっとした果物お大尽なのです。

まずは頂き物のとても甘くて美味しいマンゴー。

e0351091_248147.jpg

この切り方を教わったのはもう40年も前のこと。台湾からの留学生に教わりました。種に沿って3枚に切り、皮が付いている方の果肉を格子状に切り、皮を下にして押し出すようにします。

ライムのゼストと汁、ラム酒を振りかけていただきます。(これは私のアイディア。)

旬になりお手頃な値段になったチェリー。いつのものように赤ワイン煮に。ちなみに450gで$4.99です。

e0351091_2483179.jpg

今年は早くに熟し、大粒で美味しいのだとか。笊のビングチェリーは約1キロです。

e0351091_248521.jpg

この1キロのチェリーの軸と種を取り、赤ワイン(どんなものでも良いです。)400ml、オーガニックの砂糖150g、バルサミコ酢大さじ2と一緒に灰汁をこまめに取りながら18−20分煮ます。最後に小匙4のコーンスターチを赤ワイン(大さじ2)で溶いたものを加えかき混ぜ、火を止めます。

冷めてからキルシュ(大さじ2)を加えます。上記の分量は何回か作って行き着いたものですが、砂糖やワインの量はお好みで変えてくださって大丈夫です。

1週間で食べ切れる量は冷蔵庫に、残りは冷凍庫で保管してください。

e0351091_2491891.jpg

もう一つの果物は庭になった黄色い桃。今年は豊作で、摘果したのですが十分でなく、アプリコットほどの大きさにしかなりませんでした。思い切りの悪さがこんなところにも出ています。

e0351091_2493234.jpg

今朝はこの桃と安くなったのでつい買ってしまったレニアーチェリーにヨーグルト、そしてビングチェリーの赤ワイン煮を添えて。ヨーグルトにはミンントの葉をちぎって入れました。

e0351091_2494735.jpg

土曜日の朝、目と舌に爽やかな目覚めとなりました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-06-19 02:52 | レシピ | Trackback | Comments(8)

レモンバー ♪冷凍レモンを使って♪

友達の庭でなったマイヤーレモンを沢山頂いて冷凍したのはもう4ヶ月も前のことです。冷凍して安心し、すっかり忘れてしまわないうちに、爽やかなレモンバーを作ることにしました。

今回使ったレモンは小さめのが1個、オレンジほどの大きさのものが1個です。

冷凍したレモンは解凍せずに使っても良いのですが、今回は解凍して小さい1個は果肉と皮を一緒にみじん切り、大きいものは果汁を絞りました。

e0351091_304711.jpg

皆さんにお出しする前にそそくさと撮った写真なので、あまり良い写真ではありませんがあしからず。

クラストには粒塩を入れたのですが、それが良いアクセントになったようで、好評でした。

一応レシピを下に書きましたが、写真入りのレシピは旧ブログのこちら★をご覧ください。

e0351091_31347.jpg

次の日にミントを浮かせたアイスティーと一緒に頂きましたが、とても合いました。レモンバーにはレモンバームを飾りました。

レモンの香りが一杯のさっぱりとしたレモンバーはこれからの季節にぴったりです。


レモンバー ♪冷凍レモンを使って♪
レシピ:David Lebovitzのレシピを参考
材料 (約20センチの正方形の型1個分):カップはアメリカサイズの250ml


クラスト

小麦粉 1 カップ (140g)
砂糖(出来ればオーガニック)  1/4 カップ (50g)
塩 小匙1/4
無塩バターを溶かす 大匙8 (115g)
バニラエッセンス 小匙1/2

レモントッピング

レモン 中1 個 オーガニックか無農薬 (皮と果肉をすべて使う)
砂糖 1/2カップ (100g)  
レモンの絞り汁 大匙3(45ml) 普通の大きさなら約2個分
卵 大3 個 室温にする
コーンスターチ 小匙4
塩 小匙1/4
無塩バター 溶かして 大匙3 (45g)

粉砂糖 適宜 (最後に振りかける)

1. オーブンを350ºF (180ºC)に温めておく。

2. 約20センチ(8インチ)の正方形の型の外側にアルミホイルの光る方を内側にして型を取り、そのまま内側に敷き、バターを塗る。

3. ボウルにクラストの材料を全部入れ、良く混ざるようにかき混ぜる。

4. 型の中に3を入れ、平らにする。(手でならすのが一番簡単です。)

5. 型をオーブンに入れ、約25分、表面にきれいな焼き色がつくまで焼く。

6. クラストを焼いている間に、レモン1個を横にいくつかに切り、種を取り、粗みじん切りにする。

7. レモンのトッピングを作る。粗みじん切りにしたレモン、レモン汁、砂糖をフードプロセッサーにかける。卵、コーンスターチ、塩、無塩バターを加えて更にフードプロセッサーにかける。(レモンの皮の粒は残っていても良い。)

8. クラストが焼けたら、オーブンの温度を300ºF (150ºC)に下げる。 レモントッピングを流し入れ、更に20ー25分くらい固まるまで焼く。

9.オーブンから取り出したら、型に入れたまま完全に冷ます。冷めたら、アルミごと取り出し、丁寧にアルミを取り、お好みで粉砂糖をサーヴする直前に振りかける。(茶こしを使うと良いです。)時間が経つと粉砂糖が溶けてしまいます。

*タッパーのような容器に入れれば室温で3日もちます。冷凍すれば1ヶ月はもちます。室温にしてサーヴして下さい。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-06-18 03:02 | レシピ | Trackback | Comments(10)

チェリーパイ_2016

ビングチェリー(アメリカンチェリー)の旬を迎えて、去年冷凍した赤ワイン煮を消費するため、パイを作りました。

e0351091_3321388.jpg

パイにするにはギリギリの量でしたが、生地がサクサクとして、今年も美味しくできました。

チェリーの赤ワイン煮の代わりにチェリージャムでも応用できます。その場合は必ず自家製のジャムをお使いください。甘さ控えめで、トロッと少し汁気のあるものでないと美味しくないからです。

e0351091_3323094.jpg

旧ブログにはレシピが載っていますが、こちらにも一応載せておきます。

チェリーパイ
パイ生地(9インチ、22ー23センチの型)
材料:カップはアメリカサイズの250ml


小麦粉 1と1/2カップ
粉砂糖 1/2カップ弱
塩  小匙1/4
冷たい無塩バター 大匙9  1センチ角に切る
冷たい卵の黄身  大1個
卵の白身 少々

上から4つの材料をフードプロセッサーにかけて、オートミールくらいの大きさになったら、卵の黄身を3ー4回に分けていれる。一回毎に10秒撹拌する。最後の黄身を入れたら全体の材料が一まとまりになるまで撹拌する。

まな板の上にラップを敷き、生地をラップでくるんで一纏めにする。あまり柔らかだったら冷蔵庫か冷凍庫で冷やす。

生地を2枚のラップに挟んで麺棒で伸ばす。型の端から少し垂れるくらいの大きさに伸ばしたら、上のラップを取り、もう1枚のラップを上にしてバターを塗った型に敷く。ラップの上から空気が入らない様に、底と脇に貼付ける。


チェリーの赤ワイン煮(または自家製ジャム2カップ)を敷き詰めます。あまり汁は入れないように。と言っても、汁を漉す必要はありません。多少は入った方が良いです。

端から垂れているパイ生地を織り込んでチェリーにかぶさるように、2センチくらい縁を作る。 縁に卵の白身を刷毛で塗る。(冷蔵庫で冷やす必要はありませんが、すぐに焼かない場合は冷蔵庫で保管。でもあまり長時間は置かない方が良いと思います。)

200度C(400度F)に温めていたオーブンの中段に置き20分、オーブンの温度を180度C(350度F)に下げて、更に25分ほど。途中焦げそうになったらアルミホイルをフワッとかぶせる。

ふちが狐色になり、串を刺しても何も付いて来ないようになったら、オーブンから取り出してラックで冷ます。

少し温かなうちか、室温になってから切り分ける。お好みでアイスクリームと一緒にお召し上がりください。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-06-05 03:33 | レシピ | Trackback | Comments(10)

マンゴーとバナナのクランブル&「くらしのアンテナ」に掲載のお知らせ

なんとなく買ってしまったマンゴーが熟してきました。このまま食べても良いのだけれど、チェリーもあるし。

なんの予定も入れなかった連休も、録画した日本のテレビを見ているだけでは飽きてしまい、バナナを入れて簡単にできるクランブルを作ることにしました。

オーブンに入れる前
e0351091_2203414.jpg

クランブルにはこんなにバターが入るのだった、とちょっと恐れをなしながら、しかもアイスクリームまで添えて。でも、美味しかった!

e0351091_2205647.jpg

「レシピブログ」さんの「くらしのアンテナ」のコーナーに私の「緑茶サブレー」が掲載されました。皆さんの緑茶を使った素敵なスィーツも沢山ありますので、ぜひご覧ください。



マンゴーとバナナのクランブル
レシピ:Dorie Greenspan著「BAKING」を参考
材料:約直径18センチの型1個分 (3−4人分)
   カップはアメリカサイズの250ml


フィリング
マンゴー 1個 皮をむいて角切り
バナナ 大1本 熟しているが固いもの 斜めにスライス
バター 大匙1
ブラウンシュガー 大匙1
生姜のみじん切り 小匙1
生姜のすりおろし 小匙1/2
ライムのゼスト  小1/2個分

トッピング
無塩バター 大匙4 室温にする
ブラウンシュガー カップ1/4弱
塩 小匙1/4
小麦粉 大匙1と1/2
胡桃  粗みじん切り カップ1/4

フライパンにバターを入れ、溶けてきたらブラウンシュガーを加える。砂糖が溶けてきたらマンゴーを加え、あまりかき混ぜないで、焼き色をつける。バナナを加え、両面焼き色をつけて、出てきたジュースごとボウルに移し、生姜のみじん切りとすりおろし、ライムのゼストを加えて混ぜておく。(火は中火)

室温のバターをゴムベラなどでクリーム状にし、ブラウンシュガーを入れて混ぜ、さらに塩、小麦粉を入れ、よく混ぜる。最後に胡桃を加えて混ぜる。ラップなどに取り、平らにして冷凍庫に入れる。(10−15分)

オーブンを400度F(200度C)に温める。

バターを塗った型にマンゴーとバナナを入れ、その上に固くなったトッピングを割りながらのせる。

オーブンの中断に入れ、温度を350F(180度C)に下げ、約35分。表面が良い焼き色になり、ふつふつと泡立っていたら出来上がり。

少し暖かあるいは室温にしてから、そのままでもホイップクリームやアイスクリーム、またはサワークリームを添えても。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-06-01 02:23 | レシピ | Trackback | Comments(14)