やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:シーフード ( 108 ) タグの人気記事

簡単鯛めし&他三品

一昨日1尾のままローストした鯛。やはり一人では大き過ぎ、半分が残りました。夕べはその残りをほぐして、鯛めしにしました。

お米はといで、酒、昆布、小量の塩を入れて炊きます。炊飯器のスイッチが切れたらほぐした身を入れて蒸らし、お茶碗に盛ってから、針生姜。

e0351091_112475.jpg

私は針生姜が上手にできません。プロは桂剥きにしてから千切りにするそうですが、そもそも桂剥きが出来ません。写真は見れば見るほど、マッチ棒のように太い!

さて、気を取り直して夕べの他の料理です。

珍しく小さな平目のお刺身が売られていました。普段は大きく、つまりはお高く手が出ないのですが、1パックに小さいのが二サク入っていて5ドルちょっとでしたので、買い求めました。

e0351091_115190.jpg

両方とも塩で7分〆て酢で塩を洗い流し、一つは緑酢和え。胡瓜を皮ごとおろし金で擂り、土佐酢(鰹だし汁、米酢、醤油、砂糖)をかけます。

e0351091_1263.jpg

もう一つはとろろ昆布と翁和え。

野菜は茄子とインゲンと油揚げの煮物。茄子は縦に切ってから塩水に10分ほど漬けておきます。油揚げは熱湯をかけて油抜き。インゲンは固めに茹でておきます。(インゲンを茹でこぼすときにそのお湯で油揚げの油抜きをすると、手間が省けます。)

e0351091_122025.jpg

鰹だし汁、みりん、醤油で、油揚げ、茄子(水気を拭いて)、最後にインゲンを入れて煮含ませます。油揚げと茄子がこのお汁を吸って、美味しい一品です。

e0351091_123436.jpg

この日も残るかな、と思い食べ始めたのですが、ペロッと完食。ご馳走さまでした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-05 01:04 | レシピ | Trackback | Comments(8)

エンダイブとりんごと葡萄のソテー

最近は年中出回っているりんごと葡萄ですが、やはり秋の地元産は美味しさが違います。

久しぶりに思い出して、りんごと葡萄、それにエンダイブをバターでソテーした料理を作りました。

e0351091_1343352.jpg

エンダイブのほろ苦さとりんごと葡萄の甘酸っぱさ、ロズマリーの香りが相俟って、とても美味しい一品です。(レシピは下に書きました。)

メインは鯛のパピヨット。久しぶりに丸のままのお魚のローストが食べたくて、一人では大きいのですが、1尾買ってきました。

e0351091_134524.jpg

レジのお兄さんに、なんか特別なごちそう作るの?と聞かれました。特別な日でもないのに、一人で鯛を1尾料理するのは、やっぱり変わっているのかな?(詳しいレシピは以前のブログのこちらをご覧下さい。)

e0351091_135730.jpg

鯛と一緒に人参もロースト。バターとタイムを散らして。これも美味。

冷蔵庫に残っていた白ワインをグラスについで、普通の日の一人宴会でした。


エンダイブとりんごと葡萄のソテー
レシピ:Dorie Greenspan著「around my french table」を参考
材料(一人分)


エンダイブ  中1個
りんご(フジ、又はガラ) 中半個
緑色の葡萄 (皮ごと食べられるもの) 小房に分けて数個
有塩バター 小匙2
ロズマリー (出来ればフレッシュ、ドライでも良い) 適宜
塩胡椒

1. エンダイブは縦に4つに切る。

2. りんごは半個を縦に6つに切る。(皮はお好みですが、私はつけたままの方が好きです。)

3. フライパンにバターを溶かし、エンダイブ、りんごの切り口を下にしてソテーする。葡萄とロズマリーを加える。

4. 途中ひっくり返しながら、全面に焼き色がつくまで(中火と弱火の中間)15−18分ソテーする。

5. 皿に盛って、フライパンに小量の水を入れて鍋底をこそげるようにして、エンダイブなどの上にかける。エンダイブの上に塩胡椒をかける。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-04 01:37 | レシピ | Trackback | Comments(7)

月見の宴 ♪鮭の昆布締めの手鞠寿司♪

中秋の名月、スーパー・ブラッド・ムーン、皆既月食が同時に起きた北アメリカ。

皆既月食のことは全く頭になく、スーパームーンを見ようと庭に出て、何故十五夜のまん丸のはずのお月様の右上が黒いのだろう、雲だろうか、と考えていました。

e0351091_1362957.jpg

お月様は見ているうちに段々と丸くなっていったので、やっぱり雲だったのだと、まだ馬鹿なことを考えていました。

e0351091_1364464.jpg

月食と気がついて、慌ててネットで調べるも、またまたタイムゾーンを見間違えて。。。

さて、お月様に敬意を表して作った夕食。

e0351091_137123.jpg

紅鮭を一日昆布締めにしたものと、胡瓜をピーラーで剥いて甘酢に漬けたものを手鞠寿司にしてみました。

卵は一日冷凍し、半日かけてゆっくり冷蔵庫で解凍、黄身を塩麹に2時間マリネして、満月に。

茹でてあったほうれん草は海苔で巻いて。

初物の柿はくりぬいて大根と一緒に胡麻和え。

e0351091_1373093.jpg

全て、十五夜にちなんで丸く。

e0351091_1374719.jpg

残り物の蛸は胡瓜とミニトマトと一緒に柚子胡椒和え。

次のスーパームーンと皆既月食が重なるのは2033年とか。その時まで元気でいられるように頑張りましょう。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-09-29 01:40 | レシピ | Trackback | Comments(12)

鯛の昆布締めと自家製イクラのちらし寿司

生筋子から作ったイクラの醤油漬けを使いたくて、ちらし寿司にしました。

土曜日は一番お刺し身の種類が豊富な日本食料品店ですが、訪れたのが午後5時近くとあって、大分売れてしまった後でした。

その中で鯛と蛸を買ってきました。家についてからすぐにご飯を炊き、鯛は塩で締めた後昆布締めに。昆布で締めたのは1時間程でしたが、結構昆布の味がしみていました。

e0351091_126154.jpg

酢飯には白胡麻を混ぜ(tanaさんの受け売りです。)、イクラと三つ葉の千切りを散らして。三日間酒と醤油に浸かったイクラは締まって、プチプチした食感で、とても美味しいちらしになりました。

e0351091_1263280.jpg

蛸はちらしには入れずに胡瓜と一緒に酢味噌和えに。

e0351091_126484.jpg

この日はランチを外で頂いたので、なかなかお腹が空かなかったのですが、お寿司はすっとお腹に治まり、美味しい夕食でした。

*鯛の昆布締めの詳しいレシピは☆こちらです。平目で作ったものですが、要領は同じです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-09-28 01:30 | レシピ | Trackback | Comments(4)

自家製イクラ&烏賊とサフランの炒め物

私が敬愛するtanaさんevecookymamaさんもお作りになるイクラ。お二人ともとてもきれいで美味しそう。私も作ってみたい。何度か日本食料品店のニジヤさんで見つけた生筋子。そう言うときに限って忙しくて作る暇がないのです。

昨日も生筋子が売られていました。もう忙しいなどと言い訳をしていたら、また来年になってしまう、と思い買ってきました。

e0351091_1112861.jpg

tanaさんがおやりになったように、丁寧に日本酒の中でほぐしていきます。潰さないようにそっと。笊にあげて、更に取り残した薄い膜を取り除きます。私は日本酒と醤油の中に漬け込みました。

我慢しきれず、1時間くらいしか浸かっていなかったのですが、大根おろしと山葵で頂きました。

e0351091_112168.jpg

やはり自分で作ったものは美味しい!優しい味と言うのか、ほっとする味と言うのか。サンディエゴでは生筋子はイクラより高いくらいです。アラスカ産のイクラが手に入る当地では、生筋子の方が輸送に手間がかかるのでしょう。

でも、やはり自分で作れば自分の好きな味に出来るので、美味しさは格別です。

さて、夕べのメインはサフランと白ワインでマリネした烏賊の炒め物。
腸と皮をとり、きれいにした烏賊を白ワイン、塩胡椒、サフランにマリネしておきます。潰した皮付きのガーリック、鷹の爪をオリーブオイルで炒め、烏賊をマリネの液ごと加えて炒めます。

e0351091_1121729.jpg

元は「檀流クッキング」からのレシピです。

e0351091_1123427.jpg

副菜はほうれん草のレモン蒸し。(ちぎったほうれん草をレモンのゼストと塩で蒸し煮にし、後でレモン汁をかけます。)

e0351091_1124791.jpg

サラダはアボカドとミニトマトとパセリ。こちらにもレモンゼストとレモン汁、塩、オリーブオイルのドレッシングです。

e0351091_113141.jpg

頑張って作ったイクラのお陰で、高級感のある夕食になりました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-09-25 01:15 | レシピ | Trackback | Comments(8)

初秋刀魚


「サンマに異変」「精彩欠くサンマ漁」などと日本のニュースでは報じられているようですが、サンディエゴの日本食料品店では一週間前の9月13日、早くも日本から空輸の秋刀魚が売られていました。

1尾、$4.99。昨年始めてお目見えしたときは1尾$8.99でしたから、今年は秋刀魚が豊漁なのかと思っていました。

塩を振った秋刀魚は両面の中骨に沿って切り目を入れ、フライパンにパーチメントペーパーを敷いて、でて来た脂をペーパータオルで拭いながら焼きます。そうするとあまり煙が立ちません。

e0351091_1411181.jpg

油揚げを焼いて葱と生姜。万願寺唐辛子と茄子のしぎ焼き。トマトは切って塩を振りかけただけ。

e0351091_1412550.jpg

そして、松茸ご飯。

日本の秋の味覚をサンディエゴでも。私にとっては贅沢で美味しい夕食でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-09-21 01:42 | レシピ | Trackback | Comments(16)

ガスランプ・クォーター&海際のレストラン マリンルーム

9月5日(土

サンディエゴのダウンタウンにはガスランプ・クォーターと呼ばれる19世紀末の建物が建ち並ぶ区域があります。

e0351091_1201527.jpg

このガスランプ・クォーターの端、ダウンタウンの中心とも呼べるショッピングモールがオープンエアーのホートンプラザ(Horton Plaza)で、外観もユニークです。ここの駐車場は3時間無料ですので、ここに車を止めて暫し散策。

e0351091_1202979.jpg

15分程歩いた所で、早お昼の時間です。この日は5時半にレストランに予約があるので、お昼は軽く済ませるつもりで、Cafe 21へ。ところが、長蛇の列。お店の方に聞くと20分待ちとのこと。まだ12時前だし、20分ならと待ちましたが、結局食事がでて来たのは、1時近く。

e0351091_120501.jpg

友達はトマトジュース、私はパイナップルジュース。

e0351091_121534.jpg

e0351091_1212415.jpg

彼女はオープンオムレツ。私はクレープと生ハム。生ハムは焼いてあったのでしょっぱい。クレープは美味しかったのですが、全部食べたら夕食に差し支えると思って、3枚しか食べませんでした。

腹ごなしにその辺をブラブラ。

e0351091_1223352.jpg


e0351091_1214011.jpg


e0351091_121568.jpg


e0351091_1221498.jpg


一旦家に戻り、着替えてラホヤの海の際に建つレストラン、マリンルーム(Marine Room)へ。

ここは古いレストランで、以前は良く訪れたものでした。一番海の近くに建っている洒落たレストランです。

e0351091_1232128.jpg

友達と私は同じものを注文。

e0351091_1233341.jpg

最初はロブスタービスク。またロブスターですが、ビスクは別もの。熱々で美味しかった。

e0351091_1234737.jpg

メインはLilikoi Lacquered Pompano 。白身魚に白胡麻、味噌と酒のソース、抹茶入りのヴァーミセリ(エンジェルヘアーのようなパスタ)、しめじ、コーン。

最近は洒落たレストラン程和風の食材を使うようになりました。そして、和風の食器を使ってユニークですが、お皿が深過ぎてナイフとフォークでは少々食べにくい。でも、お味は良かったです。和風テイストなので、さほどお腹が空いていなかったのですが、全部食べられました。

e0351091_124250.jpg

デザートは私はMeyer Lemon Hibiscus Tart 。少し甘かったけれど、美味しかったです。

e0351091_1241591.jpg

彼女はOrganic Strawberry Rhubarb Torte 。

e0351091_1242620.jpg

ここに5時半に予約したのは、夕陽を眺めるためです。ゆっくり食事をして、丁度デザートがでて来たときは太陽が海に沈む頃でした。

e0351091_1244278.jpg

最初は大きかった太陽が段々小さく、そして半円になり、遂には沈んでいきました。

e0351091_1251385.jpg

e0351091_1253129.jpg

水平線の上には薄く雲があったので、残念ながらグリーンフラッシュは見えませんでしたが。グリーンフラッシュとは太陽が沈んだ途端に水辺線上に一瞬現れる緑色の光です。とても天気の良い日に、まれに見えることがあります。

私は一度だけ、夫のオフィスからグリーンフラッシュを見たことがあり、それはちょっと自慢できる程、ラッキーなことでした。

美しい景色を見ながらの夕食。この日も楽しかった!




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-09-16 01:28 | レストラン | Trackback | Comments(12)

ワイルド・アニマル・パーク(サファリパーク)&ロブスター

9月3日(木)は写真を撮るのを忘れて、1枚もありません。午前中に友達が作りたいと言っていたリコッタチーズと、夜の合唱のパート練習のために簡単にりんごケーキを焼き、午後はモールに買い物に行ったのです。(合唱の練習だけは夜だったので、お休みしませんでした。)

9月4日(金

サンディエゴの三大アトラクションは動物園、シーワールド、サファリパークです。動物園はお孫さんと一緒に散々行っているからと、最後まで迷っていたのですが、話の種に一つだけ訪れることにしました。

この日は暑さもそれほどでなかったので、内陸にあるサファリパークへ。

ここへ行くときはいつもおにぎりを持って行きます。園内の食べ物は碌なものが無く、高いからです。友達が持って来て下さったおいしい梅干しと海苔でおにぎり、卵焼きを作りました。(写真は無し。)

さて、入り口の一番近くにいるのはフラミンゴ。

e0351091_139278.jpg

ペリカンとアンヒンガー(羽を広げている黒い鳥)。

e0351091_1391510.jpg

ゴリラの赤ちゃんが可愛い。

e0351091_1394666.jpg


e0351091_1402480.jpg


e0351091_140407.jpg


e0351091_141650.jpg


ここまでは普通の動物園と変わりません。

e0351091_1413290.jpg

アメリカならではの広い敷地。左にちらと見える黄色いものは気球で上から見ることも出来ます。

e0351091_142092.jpg

ここからは10人乗りのジープに乗ってツアーです。私たちは最後尾に後ろ向きに座りました。しばらくは写真をお楽しみ下さい。

e0351091_1421666.jpg


e0351091_1423440.jpg


e0351091_1425086.jpg


e0351091_143878.jpg


ちゃっかり水飲み場に座って涼をとっている鹿。

e0351091_143397.jpg


e0351091_1435414.jpg


なかなか精悍なお顔ですね。

e0351091_1443290.jpg


キリンの子供がジープに近寄ってきました。慣れているのですね。

e0351091_1444669.jpg

この日は雄ライオンを見ることが出来なくて、残念。でも、ライオンはやはりインパクトがあります。

e0351091_145750.jpg


e0351091_1452243.jpg


最後は象。今は改築中なのでしょう。象は普段はもっと広い場所にいるのですが、これでは普通の動物園と同じで何だか可愛そう。

e0351091_1454015.jpg

この日の夕食はロブスターです。メイン州からの活きているロブスターを中華のスーパー、99ランチで買ってきました。こちらもインパクトがありますね。物差しは12インチ、30センチで、1尾、約500gです。

e0351091_1455864.jpg

蒸すと真っ赤になりました。

e0351091_1461126.jpg

豪快に縦半分に切り、とかしバターと酢醤油で。酢醤油だと幾らでも食べられます。

e0351091_1463571.jpg

雲丹も安売りだったので(何と一船$6.99で普段の半値近くでした。)蒸し雲丹に。

e0351091_1464714.jpg

茄子も蒸して醤油ドレッシング。サラダはトマトとアボカド、自家製リコッタチーズ。

e0351091_147226.jpg

どれも調理は至ってシンプルですが、とっても美味しかったです。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-09-15 01:58 | サンディエゴ | Trackback | Comments(8)