やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:シーフード ( 113 ) タグの人気記事

鰤のグリル サルサ・ヴェルデ&小松菜とチョリソーのガーリック炒め

日本食料品店にはかなりの確率で鰤の切り身が売られています。

鰤は和風にすることが多いのですが、この日はイタリアンに。ガーリックの薄切りと鷹の爪、オリーブオイルに15分ほどマリネしてグリルしました。

e0351091_1584257.jpg


パセリとミントの葉のみじん切り、アンチョビペースト、オリーブオイルでサルサヴェルデを作り、ゆで卵のみじん切りを散らします。

見た目にも色鮮やかで、ミントの爽やかさとゆで卵がなかなか合います。元はMario Bataliのレシピで、鯖が使われています。

付け合わせは小松菜とチョリソーとトマトのガーリック炒め。

薄切りのチョリソーとスライスしたガーリックを一緒にオリーブオイルで炒め、香りを出します。ざく切りにした小松菜の茎を最初に入れ、一混ぜしたら葉っぱの方を加え、しんなりしたら、トマトのざく切りを加えます。

チョリソーから旨みが出て、美味しい炒め物です。調味は塩胡椒ですが、チョリソーから塩味が出ますから、量にはご注意ください。

e0351091_1592971.jpg


もう一品は早く使わなくてはいけないブロッコリを発見したので、ブロッコリとガーリック、鷹の爪の炒め物。茹でずに生から炒め、辛口白ワインを振り入れながら、歯ざわりが残る程度に炒めます。

e0351091_159495.jpg

途中でレモンの皮の千切りを加えました。オレンジがあったら、その方が香りが良くなります。調味は塩胡椒で、これもMario Bataliのレシピを参考にしました。

さて、今日はMemorial Day、戦没将兵追悼記念日の祝日です。季節的には夏の始まりであり、戸外でのBBQの始まりでもあります。

昨日訪れた近くのスーパーでは新鮮なトウモロコシが飛ぶように売れていました。サンディエゴの今朝は曇り空で、最高気温も19度Cという予報ですが、家族が集まってBBQのお宅も多いことでしょう。良い祝日をお過ごしください。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-05-30 02:01 | レシピ | Trackback | Comments(0)

青柳と青葱のヌタ&鮪とスベリヒユの叩き

最近日本食料品店で売られているお刺身のアオヤギが気になりながら、お寿司屋さんで出てくるものより色も薄く、美味しいのか半信半疑で、いつも買わずに通り過ぎていました。

が、昨日は思い切って1パック買ってみました。お刺身コーナーに置いてあるので、新鮮なのでしょうが、貝類はなんとなく怖く、さっと湯通しにし、氷水に取り、水分を拭いて酢洗いしました。

茹でた青葱、生わかめと一緒に酢味噌芥子和え。最後に鉢植えから木の芽をポンと叩いて。

e0351091_3131023.jpg


赤味噌に砂糖、みりんを加えて弱火で気長に練り、途中で米酢も加え、さらに練ります。和える直前にもう一度米酢、そして和辛子を加えました。火を入れたので酢が飛んでしまっているからです。

青葱の茹で汁を少し加えるつもりでとって置いたのに、忘れてしまいました。残念。

刺身用のマグロのブツは少量の塩と一緒に細かく叩きます。スベリヒユも生のまま細かく叩きます。スベリヒユは生のままの方が粘りが出ます。叩いてから箸でかき混ぜると、ネバネバになります。こちらにも少々の塩。

この二つを混ぜ合わせ、少量の醤油、柚子胡椒、オリーブオイルで味を整えて、冷蔵庫で冷やします。

e0351091_31469.jpg


大葉の上に盛り、フルーツトマトの角切りを添えました。お好みでトマトにも少量の塩を振っても良いです。フルーツトマトはとても甘いので、私はそのままにしましたが。

e0351091_3142474.jpg


もう一品は塩漬けにした紫のからし菜と大根です。からし菜はさっと湯がいて漬けておいたのですが、そのままでは色が悪いので、大根の千切りと組み合わせました。からし菜から出た紫色が大根に移っているのが、お分かりでしょうか。

お酒のアテのようなものばかりでしたが、私はこのような前菜ばかりの献立が好きなのです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-05-28 03:16 | レシピ | Trackback | Comments(8)

活き帆立のバター醤油 & ムール貝とチョリソーのマリニエール

金曜日に日本食料品店を訪れると、直径12センチほどの殻付きの活き帆立が売られていました。この春2度目のお目見えです。最初に見たときも買い求めましたが、ブログにはアップしませんでした。

さて、この日はバター醤油に。殻から外した帆立は貝柱、ひも、生殖巣が食べられます。殻付きホタテのさばき方はネットにたくさん載っていますので、参考にしました。

貝柱は洗って一口大に切り(手でちぎっても良いです。)、ヒモは塩でぬめりを取って水で洗い、適当な大きさに切ります。ペーパータオルで水分を拭き取ってバターでソテー。殻は網の上において熱しておきます。

e0351091_2263371.jpg


フライパンで8分目ほどに火が通った順から殻の上に置き、最後に醤油を2−3滴。バターの香りの良い帆立のソテーの出来上がりです。

e0351091_227691.jpg

メインはムール貝とチョリソーのマリニエール。詳しいレシピは以前のここ⭐️を参考になさってください。ただし、今回は缶詰ではなく生のトマト(1個)を使いました。生の場合は種を取った方が良いです。
e0351091_2272448.jpg


キリッと冷えた白ワインの進む貝づくしの夕食でした。

(副菜はグリーンピースの蔓をグリーンガーリックとオリーブオイルでソテーしたものです。)


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-05-21 02:28 | レシピ | Trackback | Comments(8)

烏賊のナポリ風

一人ですと、トマトの缶詰1缶(400g)は使い出があります。

最初に魚とアサリ、次にズッキーニのファルシのソース。それでもまだ余っていましたので、今度は烏賊をトマトで煮込みました。

e0351091_2472084.jpg

缶詰だけでは少し足りなかったので、ミニトマトも加えましたが、烏賊とトマトは相性が良いので、美味しくできました。残りは次の日パスタにしてお昼に。

さて、この葉っぱがなんだかお分かりでしょうか?
e0351091_2474272.jpg

そら豆の蔓です。物珍しさに買ってみました。茎は硬いので、葉っぱだけをガーリックのみじん切りと一緒にオリーブオイルで炒めました。

e0351091_2481349.jpg

確かに豆の味はしますが、エンドウ豆の蔓の方が柔らかで、豆の味も強く、蔓の味の軍配はエンドウ豆に上がりました。

e0351091_2482698.jpg

サラダはジャガイモとスベリヒユ、ツァイシン、ローストしたパプリカをオリーブオイルにマリネしておいたもの。アンチョビ入りのドレッシングで。私はスベリヒユはジャガ芋とのサラダが一番好きです。


烏賊のナポリ風
レシピ:Mario Bataliを参考
材料 (二人分)


オリーブオイル  大匙1
玉ねぎ  1/2個 みじん切り
ガーリック 2片 薄切り
鷹の爪 1本 種を抜く
トマトの缶詰  約200ml
ミニトマト 数個 半分に切る
辛口白ワイン  1/4カップ
烏賊 小さいもの10−12はい 皮をむき内臓を取り、足と胴体に分けて綺麗にし、一口大に切る。足はそのままで良い。
赤ワインヴィネガー  小匙2
バジル  適宜

1.玉ねぎとガーリック、鷹の爪を5−6分オリーブオイルで炒める。

2.トマトの缶詰とミニトマトを加え、10分ほど煮詰める。

3.白ワインを加え、煮立ったら烏賊を投入。バジルとワインヴィネガーを加えて、烏賊に火が通ったらさらにオリーブオイルを適宜加えて出来上がり。お皿に持ってからバジルを飾る。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-05-12 02:50 | レシピ | Trackback | Comments(4)

メバルとアサリのトマトソース煮&空豆とグリーンピースのサラダ

1週間ほど前のことですが、春野菜を探しに知野ファームへ行き、その後足を伸ばして日本食料品店へ行きました。

日本食料品店で見つけたメバル。最初は和風に煮付けにするつもりだったのですが、友達からいただいたトマトの缶詰が目につき、アサリと一緒にイタリアンへと気が変わりました。

e0351091_2345249.jpg

美味しいイタリア風魚料理になりました。

e0351091_235747.jpg

知野ファームの新鮮なそら豆とグリーンピースを生で食べたくて、アイスプラントやレタスとサラダ。

鉢植えで順調に育っているオレガノ、チャイブ、春菊の花も添えて。

e0351091_2352031.jpg

ほうれん草のレモン蒸しを副菜に、サンディエゴの春らしい食卓でした。


メバルのアサリのトマトソース煮
レシピ:色々なレシピを参考にして私がアレンジ
材料(一人分)


トマトソース
玉ねぎ 1/2個 みじん切り
ガーリック 1片 潰してからみじん切り
トマトの缶詰 1カップ
辛口白ワイン 100ml
ローリエ 1枚
タイム、オレガノ、ミント 適宜 (パセリがなかったので使いませんでした。お手持ちのハーブをお使いください。)
鷹の爪 種を抜いて1本
オリーブオイル 適宜

玉葱とガーリックをオリーブオイルでよく炒める。トマトの缶詰を加え、ローリエ、鷹の爪、タイム、オレガノ、ミントを加えて15分〜20分煮詰める。白ワインを加え、数分煮る。

メバル 1尾 鱗と内臓を取る
アサリ 10個 砂出しをしておく

フライパンにメバルを置き、トマトソースをかけて煮立ったら蓋をして7−8分弱火で蒸し煮。アサリを加えて、殻が開くまで蒸し煮にする。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-05-06 02:36 | レシピ | Trackback | Comments(6)

鰯のつみれ汁&鮪と三つ葉の酢味噌辛し和え&抹茶パンナコッタ・苺添え

珍しく新鮮なローカル産の鰯があったので、久しぶりにつみれ汁に。

鰯は頭と内臓を取って、手開きで背骨も取り、皮をむき、包丁でトントン叩きます。生姜と赤味噌、片栗粉を加えてスプーン二つでだし汁の中に落としていきます。

e0351091_255455.jpg

私は母がしていたようにお清汁が好きです。母は豆腐も入れていましたが、私は長葱だけ。最後にすり生姜を止めにします。

e0351091_2561993.jpg

もう一品はお刺身の鮪と三つ葉の酢味噌辛し和え。

小松菜はアーモンドバター和え。いつも油揚げと煮浸しにしてしまうので、少し目先を変えてみました。

e0351091_2563656.jpg

デザートは抹茶のパンナコッタ。思ったより甘さが足りなかった苺は角切りにしてメープルシロップにマリネしておきました。

こちらは12日の日曜日から夏時間が始まりました。日中は20度Cを超える暖かさなので、こんな冷たいデザートも美味しく感じるようになりましたが、毎年のことながら1時間の早起きはこたえます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-03-13 02:58 | レシピ | Trackback | Comments(8)

最近の夕食より ♪海鮮丼、牛肉とパプリカのオイスターソース炒め等♪

今年は思うところがあって、ブログを毎日更新することをやめました。

色々理由はあるのですが、それを書くと長くなりますので、割愛しますが、元気で暮らしておりますので、ご安心ください。

さて、お休みしていた四日間、こんな夕食をいただいておりました。

e0351091_3374578.jpg

海鮮丼。マグロは塩麹に漬け、鯛は昆布締め。熱いご飯の上に刻み海苔をたっぷり、イクラとさっと湯がいた三つ葉をのせて。副菜は豆腐のあんかけ。

e0351091_338166.jpg

銀鱈の茸あんかけ。もやしと生椎茸のカレー風味の酢の物、アスパラの山葵和え。

e0351091_338155.jpg

豚とろろしゃぶしゃぶ。昆布と鰹だし汁に酒とみりん、醤油で味をつけます。具材が煮えたら、摩り下ろしたとろろを加えて、熱々を。

e0351091_33827100.jpg

牛肉とアスパラ、赤いパプリカのオイスターソース炒め。からし菜の辛子和え。

一口大に切った牛肉は酒、醤油、水溶き片栗粉、サラダオイルをまぶして最初に炒めます。別皿に取り、中華鍋を綺麗にして野菜類を炒め別皿に取ります。

新たに生姜とネギの薄切りを炒め、香りが出たら、炒めた牛肉と野菜類を戻し、オイスターソース、砂糖、酒、水溶き片栗粉を混ぜた調味料を加えて混ぜて出来上がり。

牛肉は一度に大量を炒めず、小分けにすること。炒めておいた具材を最後に生姜やネギの香味野菜と炒めると美味しい炒め物になります。火は一貫して強火です。

昨日は激しい雨が一日中降り続き、庭のあちらこちらに水たまりができています。大干ばつの後は洪水になるほどの大雨。自然とはままならないものです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-03-01 03:39 | レシピ | Trackback | Comments(4)

鮭とホワイトアスパラガスのホワイトソース仕立て

鮭の一切れが小さめだったの、少しボリュームを出そうとホワイトソースでシチューのように仕立ててみました。

ちょうど買ってあったホワイトアスパラガスも加えて、全体に白っぽい色の綺麗な一皿になりました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_3492611.jpg

友達から頂いた芥子菜は1週間経っても葉っぱがピンピンしています。ガーリックとオリーブオイルでソテーしましたが、芯もとても柔かでした。

e0351091_3494097.jpg

サラダは大根とリンゴとパセリ。

天気は良いものの朝晩はぐんと冷え込むサンディエゴです。まだまだこんな温かい夕食が嬉しい季節です。風邪もまだ猛威をふるっているようです。皆様もお気をつけください。


鮭とホワイトアスパラガスのホワイトソース仕立て
材料(一人分


鮭 一切れ(約150g)
ホワイトアスパラガス  5−6本 
野菜だし汁 200−250ml
無塩バター 大匙2
小麦粉   大匙2 
牛乳   100-150ml
パセリ  適宜 みじん切り

鮭は一口大に切り、野菜だし汁で煮る。
バターを鍋に溶かし、小麦粉を振るって加え、1分間木杓子でよくかき混ぜる。
鮭を煮た汁を加えて、泡立て器でダマができないように丁寧にかき混ぜる。牛乳を加える。
一方、アスパラガスは皮をむいて40−50秒電子レンジにかける。
鮭とアスパラガスを加え、一煮立ちさせて皿に盛る。パセリのみじん切りを散らす。

*じゃが芋を加えても良いでしょう。

ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-25 03:51 | レシピ | Trackback | Comments(6)

鯛の昆布締めで二品  ♪カラスミ&翁和え♪

日曜の今朝も雨の音で目が覚めました。今年の冬は本当によく雨が降ります。お陰で大干ばつも解消されたようで何よりです。

昨日は久しぶりに日本食料品店を訪れ、ニュージーランド産の鯛のお刺身を買ってきました。すぐに昆布締めにし、半分は冷凍庫の整理で奥の方から出てきたカラスミを使って。

e0351091_3274648.jpg

あまりにも大事にしすぎて、そのうち忘れてしまっていたカラスミ。少しですが、豪勢に鯛の昆布締めと一緒に盛り付けました。カラスミの程よい塩加減とまったり感が昆布締めとよく合いました。

e0351091_328322.jpg

後の半分はとろろ昆布と翁和え。友達からいただいた三つ葉の株。大きな葉っぱなので下に敷きました。

三つ葉は地植えと鉢植えと両方植えました。いただいた大事な三つ葉ですから、うまく育てないと。

e0351091_328205.jpg

厚揚げは長葱と一緒に甜麺醤と赤味噌、みりん、だし汁でくっつり煮ました。最後に貝割れ大根を散らして。

2−3日洋風やお肉料理が続くと和風の魚料理が恋しくなります。日本食料品店が近くにあり、いつでもこのような食材が手に入る幸せをしみじみ感じたのでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-20 03:30 | レシピ | Trackback | Comments(10)

バカラオ(塩鱈)を使って二品  ♪シチューとコロッケ♪

ずーっと気になっていた冷凍庫の中のバカラオ。冷蔵庫でも1年はもつものですが、冷凍庫にあまり長いこと置いておくと冷凍焼けを起こします。

恐る恐る取り出してみると、大丈夫そう。水に浸け、水を替えながら冷蔵庫で3−4日。好い加減に塩が抜けました。

大きいので一人では2回分です。最初はトマト味のシチュー。

ざく切りにした玉葱(半個)とガーリックのみじん切りをオリーブオイルで炒め、一つ残っていたイタリアントマト、トマトの缶詰(200ml) を加え更に炒めます。(缶詰だけでも、生のトマトだけでもどちらでも良いです。)

e0351091_3141990.jpg

白ワイン(約150ml)を加え、鱈(約150g)を大きいまま入れ、グリーンオリーブ、ケイパー、じゃが芋を加えて蓋を半分して、じゃが芋が柔らかになるまで煮込みました。(ローリエ、タイム、胡椒入れますが、塩は入れません。)

干したものは野菜でも魚でも旨味が増します。美味しいシチューになりました。

2回目はコロッケ。玉葱のみじん切りと荒微塵にした鱈を炒め、マッシュしたじゃが芋、すりおろしたチーズを加えてコロッケに。

e0351091_3144112.jpg

揚げるのは面倒なので、フライパンに多めのオリーブオイルを入れ、こんがり焼きました。

これで長年の懸案だったスペインから買ってきたバカラオを使い、やれやれ。冷凍庫の整理、少しずつですが継続中です。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-02-09 03:16 | レシピ | Trackback | Comments(12)