やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:サラダ ( 53 ) タグの人気記事

黄色を基調とした食卓

普段の水曜日は買い物デーです。でも、時として買い物に行けない時があり、そういう時は冷凍庫と冷蔵庫の総ざらえです。

そんな水曜日の夕食です。

冷凍庫から豚のフィレ肉を解凍し、ソテー。ポートワインで柔らかに煮たプルーンと一つ残っていたオレンジを添えて。

e0351091_244510.jpg

ソースは豚肉をソテーした後のフライパンに、シャロット、赤ワインヴィネガー、カラントのジャム、プルーンを煮た後のポートワイン、ケチャップ、少量の水を加えて作ります。

e0351091_2441884.jpg

硬めに茹でた黄色いカリフラワー、インゲン、鉢植えからソレルとチャイブでサラダ。ドレッシングはディジョンマスタードとシャンペンヴィネガー、オリーブオイルです。

e0351091_2443487.jpg

期せずして、黄色の二皿が出来上がりました。黄色い色は目に鮮やかで、食欲を増す色です。曇りや雨の日でも、明るい食卓になりますね。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-04-30 02:45 | レシピ | Trackback | Comments(10)

空豆と生ハムのサラダ&オヒョウのステーキ・オレンジソース

ニューヨークの旅行記を書いている間に作った夕食のご紹介です。

日本でもヨーロッパでも空豆が旬のようですが、アメリカのスーパーでも日本食料品店でも見かけません。

それなら知野ファームへと出かけて行きました。ありました!新鮮な空豆が沢山。

この日は早速生のままサラダ。生ハムと新種のレタス、スベリヒユ、ルッコラの花、ニューヨークから買ってきたイタリアのチーズ、Flory’s Truckleで盛りだくさんのサラダです。

e0351091_3215981.jpg

ニューヨークから買ってきた生ハムはあっという間に食べてしまったので、残念ながらこれは近くのスーパーのものです。生ハムに塩気があるので、胡椒とオリーブオイルをかけただけです。

e0351091_3221717.jpg

メインはオヒョウのステーキとオレンジのソース、黒オリーブを添えて。オヒョウは淡白な魚ですから、甘酸っぱいソースが合いました。

e0351091_3223277.jpg

赤い蕪はライムと一緒にマリネ。彩の綺麗な春らしい食卓になりました。

オヒョウのステーキ・オレンジソース
レシピ:Williams-Sonoma「FISH」参考
材料(一人分)


オヒョウ ステーキ用1枚 (約220g)
辛口白ワイン 50−60ml
molasses  大匙1 (日本語の訳を知りませんが、黒蜜のようなものです。主にお菓子に使いますので、なかったら蜂蜜かブラウンシュガーで代用できますが、molassesには独特な香りがあります。蜂蜜やブラウンシュガーを使う場合は量を減らしてください。)

生姜  一かけ すりおろす
サラダオイル  適宜
塩胡椒
オレンジ 半個 くし形に3つに切る
黒オリーブ 3−4個
パセリ 適宜

1. 白ワイン、molasses、生姜を混ぜた中にオヒョウを約20分マリネする。(20分以上は浸けないように。)

2.オヒョウの水分を拭き取り、塩胡椒、サラダオイルをまぶし、フライパンで焼く。弱めの日で片面7−8分、ひっくり返して4−5分。魚の厚さによるので注意。途中でオレンジを加えて火を通し、皿に取る。

3.魚をマリネした液を小鍋に入れて煮立たせてから弱火で2分ほど煮詰める。魚の上にかけ、オリーブとパセリを飾る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-04-19 03:25 | レシピ | Trackback | Comments(8)

チョリソーと白菜のトマトシチュー

以前キャベツとチョリソーの自己流カルド・ヴェルデを作ったことがありますが、白菜を大量消費したくて、チョリソーと一緒にシチューにしました。

e0351091_2562295.jpg

白菜にはトマト味が合うような気がして、冷凍庫から缶詰のトマトを加えましたが、思った通り、とても美味しくできました。

e0351091_2563960.jpg

サラダは大根とりんごと貝割れ。ドレッシングは蜂蜜(小匙1/8)、りんご黒酢(小匙2−3)、塩(少々)、サフラワーオイル(適宜)です。

e0351091_257166.jpg

春の香りいっぱいのサンディエゴです。昨日は私もチャー君もヘアーカットをして、春らしく装いました。チャー君はフワフワで真っ白になり、久しぶりにコンディショナーの良い香りに包まれています。(本犬はこの香りが好きでないようですが。)


チョリソーと白菜のトマトシチュー
材料(二人分)


玉ねぎ 半個分  みじん切り
ガーリック 1片 みじん切り
オリーブオイル  適宜
チョリソー 150g 2−3ミリ厚さにスライス
じゃが芋 中1個  皮をむいて角切り
白菜 中1/4 ザク切り
トマトの缶詰 汁も入れて約1カップ
チキンストックまたは野菜ストック  約500ml
鷹の爪 種を抜いて1本
ローリエ 1枚
タイム 少々
塩胡椒 適宜 (チョリソーやトマトの缶詰に塩分があるので、私は塩は入れませんでした。)

1. 玉ねぎとガーリックをオリーブオイルで2−3分炒める。

2. チョリソーを加えて更に炒め、じゃが芋を加え、かき混ぜながら炒める。

3. トマトの缶詰とストックを加え、煮立ったら、白菜、鷹の爪、ローリエ、タイム、塩胡椒を加え、白菜やじゃが芋が柔らかになるまで弱火で煮込む。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-03-27 02:59 | レシピ | Trackback | Comments(8)

慈姑のロースト&人参の葉のチミチュリ

ローストしよう、と買ってあった小さめの人参を冷蔵庫から取り出す時に手に触った慈姑のパック。これを一緒にローストしたら、と思いつきました。

慈姑は芽のところを少しだけ残して皮をむき、酢水につけてアクを抜きます。慈姑と皮をむかずそのままの人参にタイムやローズマリー、無塩バターをちぎって乗せて、450度F(230度C)のオーブンに入れて約30分。
e0351091_255089.jpg

慈姑は甘みがあり、ほくほくと栗のような食感でとても美味しくなりました。

人参の立派な葉っぱはみじん切りにしてチミチュリ。ハーブやガーリック、オリーブオイルと混ぜ合わせたディップのような付け合わせです。単独でも良いですが、野菜や魚、肉などにつけて食べます。

e0351091_2551686.jpg

下にレシピを書きましたが、とても美味しいので、新鮮なオーガニックの人参の葉っぱが手に入ったら是非お試し下さい。

メインは塩麹にマリネした鰤のソテー。ガーリックの薄切りと鷹の爪と一緒にオリーブオイルでソテーしました。

e0351091_2553114.jpg

サラダは生ハムとタンポポ、一昨日の残り物の赤ワインで煮たドライ無花果、ブラックベリーを添えて。

今日、3月13日からアメリカはDaylight Saving Time、いわゆる夏時間が始まりました。1時間の早起きというのは結構こたえます。日本との時差は16時間になりました。


人参の葉のチミチュリ
材料(約1カップ分)


人参の葉っぱ  硬い茎は取り除いてみじん切り 約1カップ
クミン 適宜
パプリカ粉 適宜
カエンヌペッパー 適宜
オレガノ  適宜
塩胡椒  適宜
ガーリック 1−2片 みじん切り
白ワインヴィネガー  大さじ1
オリーブオイル  大さじ3−4

上記の材料を合わせるだけです。ハーブは上記のものにとらわれずお好きなものをお使いください。また、塩の代わりにアンチョビを入れても良いかもしれません。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-03-14 02:57 | レシピ | Trackback | Comments(18)

葉付きガーリックとポテトのオムレツ

知野ファームから買い求めた葉付きガーリック。前から気になりながら買ったことのない野菜でした。

でも、大分前ですが、スペインのクエンカにお住いのasuさんがお作りになった葉付きガーリックのトルティージャを見て、おお、なるほど!と膝を打ったのです。

これにはポテトも合うのでは?と思い、丸のまま茹でたじゃがいもを皮をむいて角切りにし、小口切りにしたガーリックと一緒にオリーブオイルで炒め、オムレツにしました。

e0351091_3284382.jpg

私はどちらかというとしっかり焼いたトルティージャより、中をとろとろにしたオムレツの方が好みなので。

トリュフオイルをたっぷりかけていただきました。トリュフの香りと相まってとても美味しいオムレツでした。

後はサラダ2種。

e0351091_3292719.jpg

一つはヤブ姉さんが送ってくださった美味しいオレゴン産のツナの缶詰のサラダ。

e0351091_3294133.jpg

実はもうひと月ほど前のことですが、ワシントン州にお住いのヤブ姉さんから素敵な贈り物が届きました。コーヒー豆、塩、蜂蜜、チョコレート、キャラメルコーン、紅茶,そして地元の材料を使ったレシピ本。

e0351091_330235.jpg

この品々はすべてヤブ姉さんの地元ののオレゴン州のものです。
心のこもったたくさんの品々、大切にそして美味しく頂いています。ご紹介が遅くなりましたが、本当にありがとうございました。料理の本も暇があれば読んで研究しています。この本の中から何を作ろうかと楽しみです。

e0351091_3302435.jpg

そしてもう一つは友達の自家製ケールのサラダ。知野ファームにあったセミドライのイチジクをお湯で柔らかにし、苺、ゴートチーズ、ピスタチオを加えて。ドレッシングは蜂蜜(小匙1)、ヴィンコット酢(小匙2)、ワインヴィネガー(小匙1/2)、オリーブオイル(大匙1)ですが、量はお好みで増減して下さい。

千切りのケールとイチゴをドレッシングに20分ほどマリネしておきます。

e0351091_3312340.jpg

友達から頂いたレシピ、缶詰、お野菜。しかもスペインとワシントン州と地元のサンディエゴと。あちこちに素敵な友達がいることに感謝した夕食でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-03-02 03:34 | レシピ | Trackback | Comments(14)

鱈とトマトとズッキーニとサフランの蒸し煮

近くのスーパーで、一番リーズナブルな値段だった鱈を買ってきました。骨なし皮なしのフィレですが、220gで6ドル少し。何回もブログに書いていますが、アメリカは魚が高い!

この鱈を買った時はじゃが芋とズッキーニとトマトと一緒にオーブンでベイクしようと思っていたのですが、もっと短時間で出来る簡単な料理に変えました。

Gerald Hirigoyen著「Pintxos」とJacques Pupin’s Tableからのレシピを合わせたものです。(レシピは下に書きました。)

e0351091_3331894.jpg

サフランの香りが良く、またオリーブやケイパーを入れるので野菜には塩胡椒を使いませんでしたが、程よい塩加減でした。

e0351091_3333314.jpg

サラダは到来物のハニーベルとレタス。最近柑橘類は逆流性食道炎のために控えているので、久しぶりの柑橘系フルーツのサラダでしたから、とても美味しく感じました。

e0351091_3335056.jpg

この時期は柑橘類が美味しい季節なのに、思うように食べられないのは残念至極です。

鱈とトマトとズッキーニとサフランの蒸し煮
材料(二人分)

鱈のフィレ 約250g
オリーブオイル  適宜
玉ねぎ  中半個 みじん切り
ガーリック 1片 潰してからみじん切り
サフラン 適宜
ズッキーニ 小1本  角切り
トマト 皮と種のついたまま角切り 
辛口白ワイン  約1/3カップ
オリーブ  5−6個 種を取る
ケイパー  約小匙2
塩胡椒 適宜
タラゴン 小匙1/2
パセリまたはバジル

1.オリーブオイルをフライパンに熱し、玉ねぎとガーリックとサフランを炒める。玉ねぎがしんなりしたらズッキーニを加え2−3分炒める。トマトを加え更に炒める。

2.鱈に塩胡椒し、野菜を少し脇によけて真ん中に置き、白ワインとタラゴンを加え、煮立ったら弱火にして蓋をして魚に火を通す。(約5−6分)

3.蓋をとり、少し火を強めて水分を少し飛ばし、オリーブとケイパーを加える。

4.皿に盛ってからパセリを散らす。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-02-18 03:35 | レシピ | Trackback | Comments(10)

冷凍グリーンピースとサラダ菜の豆乳スープ

買い物に行かず缶詰を使ったサラダで済まそうと思っていた夕食。でも、何か温かなものが欲しい。乏しくなった冷蔵庫の中身を確認して、料理本をパラパラめくりました。

Dorie Greenspanさんの本の中に、持っている材料でできるうってつけのスープを見つけました。それが表題のスープです。材料は大分変えましたが、冷凍グリーンピースでも甘みがしっかりあり、とても美味しくできました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_3295864.jpg

賞味期限が一月過ぎてしまったスモークしたマテ貝の缶詰をオリーブオイルとパセリのみじん切りでマリネ。これにローストしたパプリカとコーニションを加えて。3年前にスペインから買ってきた缶詰、やっと使ってやれやれです。

e0351091_3301337.jpg

1枚残っていた生ハムは春菊と柿と一緒にサラダ。

e0351091_3303930.jpg

熱々のスープのおかげで温かな夕食になりました。やはり寒い冬の日にサラダだけでは寂しいですものね。そして何より、大量に頂いたサラダ菜を沢山使うことが出来て嬉しいスープでした。


冷凍グリーンピースとサラダ菜の豆乳スープ
レシピ:Dorie Greenspan著「 around my french table」を参考にして私がアレンジ
材料 (二人分)


無塩バター  大匙1/2
玉ねぎ  中 半個  みじん切り
塩胡椒  適宜
水  少々 (大体1/4カップ)
冷凍グリーンピース  200g
サラダ菜  両手に一杯 よく洗って千切り (ロメインレタスでも良いです)
豆乳  400-500ml

1.玉ねぎをバターで3分ほどしんなりするまで炒め、塩胡椒する。

2.冷凍グリーンピースを解凍せずにそのまま加えて炒め、水を加える。

3.サラダ菜を加え、水が沸騰したら火を止めて、冷めるまでかき混ぜる。

4.粗熱が取れたら豆乳を少し加えてミキサーかフードプロセッサーで攪拌する。この時のピュレの加減はお好みで。

5.鍋に戻し、豆乳をお好みの濃度になるまで加え、加熱する。あまり加熱しすぎると色が悪くなるので注意。

*豆乳の代わりに牛乳やチキンストックと生クリームなどお手持ちのものをお使いください。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-02-04 03:32 | レシピ | Trackback | Comments(18)

ロール白菜&白菜サラダ

知野ファームから買ってきた大きな白菜。半分は塩漬けに、そのまた半分はロール白菜とサラダにしました。

白菜を半分に切る前に大きな葉っぱ、十枚をロール白菜のために取り除いておきました。

茹でてしんなりした白菜に炒めた玉葱と牛ひき肉を巻いていきます。これはJulia Childのロールキャベツのレシピで、さっぱり、すっきりした味に仕上がります。白菜を茹でた汁もスープとして使います。

楊枝も使いません。最初は縦に半分ほど巻いたら、片側の横を織り込みながら巻き、最後にもう一方の片側を中に押し込むようにします。そして、お鍋にぎっしり詰めます。冷蔵庫の中のニンジンやセロリの切れ端や茹でて残った白菜も隙間に埋めて、ロールが動かないようにします。

さらに白菜のざく切りを上に乗せ、白菜の茹で汁をかぶるくらい入れます。本来はチキンストックを使うのですが、作り置きを切らしたので、茅乃舎の野菜出汁を使いました。

e0351091_3593358.jpg

更にトマトの缶詰、トマトペースト、ローリエ、胡椒、タイム、塩を加えてコトコト気長に1時間以上煮込みます。

お皿に盛ってからパセリのみじん切りを散らして。冬の寒い日にはうってつけのスープたっぷりの美味しいロール白菜です。

シャキシャキしたフレッシュな白菜のサラダも美味しいですね。

e0351091_3595334.jpg

白菜は繊維に沿って縦に薄切りにします。ご存知でしょうが、特に軸の方は縦に切った方が美味しいです。赤いりんごは皮の付いたまま銀杏切り。お湯で戻したレーズンと軽くローストしたピーカンと一緒に。

ドレッシングは塩胡椒、シャンペンヴィネガー、オリーブオイルのオーソドックスなものです。

e0351091_40970.jpg

母もよく作った白菜とリンゴとレーズンのサラダと共に、白菜ずくしの美味しい夕食でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-23 04:01 | レシピ | Trackback | Comments(10)

スモークサーモンとポロ葱のキッシュ

友達から頂いた大きな半身の美味しいスモークサーモンもついに終わりを遂げました。最後は尻尾の方なので、スライスも小さく、お決まりのキッシュロレーヌに。

生地は同じレシピですが、フィリングをいつもと少し変えました。チーズを入れずにディジョンマスタードを加えたのです。私の好みとしてはチーズ味の方が好きですが、こちらはサッパリ、ピリッとした風味です。

ポロ葱は白と薄緑の部分は半月の薄切りにしてフィリングの中に、緑の濃い部分は千切りにしてトッピング。別々に小鍋で少量の水で蒸し煮にしました。

e0351091_234331.jpg

毎年送って下さる極上品のスモークサーモン。今年も何日も色々な料理で大いに楽しませていただきました。本当に美味しかったです。誠にありがとうございました。

e0351091_2342019.jpg

この日はあまりお腹が空いていなかったので、あとは簡単なサラダ。千切りの青リンゴとセロリ、白レーズン(お湯で戻す)、ローストしたアーモンドのスライスです。

最近やっと収穫できるようになった庭のライムとオリーブオイル、塩胡椒のドレッシングです。

スモークサーモンとポロねぎのキッシュ
レシピ:幾つかのレシピを組み合わせました
材料(3−4人分) 直径20−23センチのキッシュ型1個分
       カップはアメリカサイズの250ml


生地(Pâte Brisée)
小麦粉 1カップ
無塩バター 大匙6 冷たいまま1センチ角に切る
塩 小さじ1/8
砂糖 小さじ1/4
氷水 約大匙3

中味(Filling)
ポロねぎ 大1または小2本 緑の部分も含めて丁寧に洗う
スモークサーモン 100-150g (スモークサーモンの代わりにハム、ベーコン、チーズも良いです。) 適当な大きさに切る。幾つかはトッピングに残しておく。
水 ¾カップx2
フレッシュなロズマリーまたはセイジ  少々 (なくとも良いです)
たまご 大3個
ひきたて黒胡椒  小さじ1/2
生クリーム 大匙6
ディジョンマスタード  大匙2

1.オーブンを200度C(400度F)に温めておく。

2.生地を作る。小麦粉、バター、塩をフードプロセッサーに入れてオートミールの大きさの粒になるまで攪拌する。氷水を入れ、更に1分程攪拌する。この時点で生地はひとつにまとまる。取り出して、ひとつの塊に形作る。

3.生地の塊をラップの上に置き、更にもう一枚ラップを生地の上に載せる。ラップの上からめんぼうでのして、キッシュの型より1センチ大きな円にする。

4.ラップを1枚ていねいにはがし、バターを塗ったキッシュの型に敷く。ていねいに型に生地を押し付ける。脇は少し厚めにする。上のラップをきれいにはがす。

5.アルミフォイルの光っている面にバターを塗り生地の上にかぶせ、上からていねいに押さえる。もう一枚アルミをかぶせ、冷凍庫に少なくとも15分入れて固める。オーブンに入れて約20分焼く。フォイルをはずし、更に20-25分全体が狐色になるように焼き、型に入れたまま冷ます。

6.中味を作る。ポロねぎの白と薄緑の部分は縦半分に切ってから横に薄切り。緑の濃い部分は5センチ長さの千切り。両方を別々の鍋に水とロズマリーまたはセイジと一緒に入れて強火で蓋をしないで水分が蒸発してポロねぎが柔らかくなるまで煮る。(ハーブは取り出す。)

7.ボウルにたまごを割ってかき混ぜる。サーモンとマスタードに塩味がついているので塩は入れません。胡椒、生クリーム、マスタードを入れてかき混ぜ、ポロねぎとスモークサーモンを入れて混ぜる。

8.中味を冷めた生地に入れ、ポロネギの緑の部分とスモークサーモンで表面を飾る。200度Cのオーブンの中段で20-25分、周りに少し焦げ色がついて固まるまで焼く。

9.オーブンから出して10-15分置いてから切り分ける。(オーブンから出してすぐだと、きれいに切れない。)

*キッシュは前もって作っておくことが出来ます。冷蔵庫で保存したら190度C(380度F)のオーブンで温めてサーヴします。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-18 02:39 | レシピ | Trackback(1) | Comments(10)

じゃが芋とほうれん草のアンチョビ炒め

私の好きなグラタンの一つにじゃが芋とほうれん草とアンチョビの料理があります。

夕べはオーブンで焼く手間を省き、茹でたじゃが芋とさっと茹でたほうれん草をソテーして、アンチョビで調味してみました。

e0351091_2441828.jpg

これはこれで美味しく、簡単にできるので便利です。

メインは娘たちが作って冷凍してあったスー・ヴィードで調理した鶏肉。彼らは美味しい鶏肉が置いてあるスーパーに買いに行ったのですが、その日は生憎カットした鶏肉の仕入れがなく、丸のままの鶏肉を2羽買って捌いたのです。

e0351091_2443749.jpg

材料にもこだわる彼女達らしいです。解凍してこんがりと焼いた鶏肉は、この日も美味しかったです。

e0351091_2445340.jpg

サラダは先日ローストしておいたビーツを使って、青リンゴ(グラニースミス)、玉ねぎ(水にさらす)、セロリ。これらを全部小指の先位の角切りにし、ヨーグルト、塩胡椒で和えました。最後にセロリの葉っぱも千切りにして加えました。

先日、日本のテレビで女性タレントさんがリトアニアのレストランで、ビーツの入ったピンク色のシチューを美味しいけれど色が変で食べられない、と言っていたのを興味深く拝見しました。

一見してビーツ入りだと分かるのですが、知らない物には警戒心がわいて、食べて美味しくとも積極的になれない人は沢山います。見た目が極めてグロテスクでなければ、どんなものも食べてみたいと思う、私のように好奇心旺盛な人の方が世の中は少ないのですね。

じゃが芋とほうれん草のアンチョビ炒め
材料(二人分)

じゃが芋 中1個
ほうれん草 1/2把
ガーリック みじん切り1片
アンチョビ 1−2本 またはペースト小さじ1/2
胡椒 適宜
バターまたはオリーブオイル
パルメザンチーズ  適宜

1じゃが芋は丸のまま茹でて皮をむき、5ミリ幅にスライスする。

2ほうれん草は軽く蒸し煮または茹でて絞り、5センチの長さに切っておく。

3バター、またはオリーブオイルを熱し、ガーリックを加え香りが出たら、じゃが芋を加える。表面が狐色になるくらいソテーし、ほうれん草を加え、アンチョビを入れて調味。

4最後に胡椒とパルメザンチーズを加えてひと混ぜする。

*じゃが芋は20分ほど丸のまま茹でた後ラップをして、電子レンジに3分くらいかけても良いです。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-01-16 02:48 | レシピ | Trackback | Comments(18)