やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:コンディメント ( 2 ) タグの人気記事

モデナの12年もののバルサミコ酢

娘がくれたいくつかのイタリア土産の中に、モデナの特産品であるバルサミコ酢があります。伝統的な製法で作られ、少なくとも12年寝かせたバルサミコ酢。

e0351091_243481.jpg

この貴重なバルサミコ酢の初使いは何にしましょう。一緒に入っていたレシピのページをめくりながら、何日間か考えました。

そして、至った結論は

e0351091_2441343.jpg

自家製無花果のアイスクリームにフレッシュな無花果、その上にバルサミコ酢。

まったりとした奥深い味と香り。ほとんど酸味を感じない柔らかで繊細な舌触り。極上のバルサミコ酢はこの上もない美味でした。

誠にご馳走様でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-09-11 02:45 | レシピ | Trackback | Comments(8)

洋梨とドライフルーツのスパイシーなコンディメント 生ハムに添えて

生ハムと相性の良いフルーツといえば、メロン、無花果、柿が思い浮かびます。が、これらのフレッシュなフルーツは季節のものですので、年中手に入る訳ではありません。


カリフォルニアはメロンに関しては年中手に入りますが、やはり美味しいのは夏です。


洋梨はりんごと並んでこの地では一年中手に入る果物の一つです。

e0351091_02460755.jpg

この年中手に入るフレッシュな洋梨とドライフルーツの無花果、レーズン、ゴールデンレーズン、クランベリーを白ワインで煮て、マスタード粉、マスタードシード、鷹の爪を加え、生ハムに添えました。(レシピは下に書きました。)


パンチが効いていて、生ハムを美味しくいただきました。


もう一品はインスタントのグラブラックス。


ニュージーランド産の冷凍でないフレッシュで綺麗な鮭のお刺身が手に入ったので、久しぶりに即席グラブラックスにしました。


e0351091_02463704.jpg

塩(小匙1)、砂糖(小匙1/4)、挽きたて黒胡椒(小匙1/2)を混ぜ、皿に半量を散らします。その上に薄く削ぎ切りにした鮭の刺身(300g)を乗せ、残りの塩、砂糖、胡椒を振りかけ、ブランデー(小匙2)を振りかけます。空気が入らないようにラップをぴったりかけて、冷蔵庫で少なくとも1時間締めます。(これは前菜4人分です。)


胡瓜はピーラーで薄く切り、甘酢(砂糖、塩、ワインヴィネガー)につけて軽く絞りました。


さて、洋梨とドライフルーツのコンディメントが余ったので、翌日はピスタチオ、アーモンドをローストし、シェーブしたパルメザンチーズ、生ハムと共にパスタにしてみました。

e0351091_02465088.jpg

以前作った無花果とドライフルーツの ”おねだりパスタ” に似ていますが、ドライフルーツが沢山入ったからか、少し甘さが気になりました。でも、生ハムの塩気とバジルの強い香りのお陰で、美味しかったです。


洋梨とドライフルーツのスパイシーなコンディメント

レシピ:Mario Batali著「Molto Italiano」を参考にしてアレンジ

材料(二人分)


洋梨 1個 皮と芯を取り、角切り

ドライ無花果 小4個

ドライクランベリー  大匙1

レーズン  大匙1

ゴールデンレーズン 大匙1

辛口白ワイン 1/2−1/3カップ

マスタード粉 大匙1−2

マスタードシード 小匙1−2

鷹の爪  1本 種を取る


洋梨、ドライフルーツ、白ワインを鍋に入れ、弱火でワインが半量になるまで煮詰める。残りの材料を加えて混ぜ、蓋をして室温になるまでおく。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-09-05 02:50 | レシピ | Trackback | Comments(6)