やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:クッキー ( 7 ) タグの人気記事

チョコレートチップ・クッキー

10月の最後の日曜日は合唱団の6回目の定期演奏会です。

練習も最後の追い込みに入りました。一生懸命歌った後にはやはり甘いもの、と思いチョコレートチップ・クッキーを焼きました。

ケーキだと2個焼かなくてはいけないので、クッキーを50数枚、時間のある週末に焼いて冷凍しておきました。

e0351091_2533158.jpg

レシピは以前のブログのここ⭐️を参考になさってください。

今回はLindtのカカオ分85%のビタースイーツ、残っていたオーガニックのチョコレートなど、本のレシピ通り以前の約倍、全部で約340gの板チョコを小指の先の大きさに切って使いました。

e0351091_2534717.jpg

チョコレートチップ・クッキーはチョコレートの良し悪しが大事なので、質の良いものをお使いください。

このクッキーは紅茶やコーヒーとも合いますが、牛乳ともとてもよく合います。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-10-21 02:54 | レシピ | Trackback | Comments(10)

レモン・シュガークッキー

小さいお子さんのいらっしゃるご家族へのお土産に、表題のクッキーを焼いてみました。

どなたにも食材アレルギーがないのは知っていましたが、子供から大人まで皆で楽しめる味と思い、バターたっぷりでレモン風味の軽いクッキーにしました。

e0351091_2334137.jpg

レシピはDorie Greenspanさんの「Dorie's Cookies」を参考にしましたが、砂糖は本の2/3に減らしました。この本に書かれていたように、生地がオーブンの中でみるみるうちに大きくなります。焼くときは1個ずつ5センチ以上の間隔を空けないと、くっついてしまいます。

e0351091_2335645.jpg

朝食にもスナックにもアイスクリームと一緒なら立派なデザートにもなる便利なクッキーです。

幸いお子さんたちにも喜んでいただけたようで、良かった、良かった!



レモン・シュガークッキー
レシピ:Dorie Greenspan著「Dorie's Cookies」参考
材料:直径約6センチのものが約60枚 カップはアメリカサイズの250ml


小麦粉 できればオーガニック 2 と3/4カップ (374g)
べーキングソーダ 小匙1
ベーキングパウダー 小匙1/2
レモン 皮も使うのでオーガニックか無農薬 1−2個
砂糖 できればオーガニック 1カップ:200g (オリジナルは300g)
無塩バター できればオーガニック 2スティック(226g)室温にして、 角切りにする
シーソルト 細かい粒子のもの 小匙1/2
卵  大1個 室温にする
バニラエッセンス 小匙1
砂糖 まぶす用に 適宜


1.オーブンを350度F(180度C)に温める。鉄板にはクッキングシートをしく。

2.小麦粉、ベーキングソーダ、ベーキングパウダーを一緒にしてかき混ぜておく。

3.レモン1個の皮をすりおろして、ボウルに入れる。皮を摩り下ろした後のレモンは絞ってジュースにする。1/4カップあれば良い。

4.摩り下ろしたレモンの皮と砂糖を香りが立つように指でよく混ぜ合わせる。

5.上記にバターと塩を加えて、スタンドミキサーの場合はパドルのアタッチメントで約2分、中くらいのスピードでかき混ぜる。卵を加え、バニラエッセンス、レモン汁を加えてさらにかき混ぜる。

6.スタンドミキサーを一旦止め、粉類の半量を加え、低スピードでかき混ぜる。ゴムベラで全体をかき混ぜてから、残りの粉類を加えて、同じように攪拌する。

7.手で直径3センチほどの球に丸め、砂糖を軽くまぶし、両方の手のひらで軽くつぶして、クッキングシートを敷いた鉄板の上に5センチ間隔でおく。

8.オーブンに入れて全体で8−14分。5−6分後向きを変える。クッキーの端に色がついたらオーブンから取り出し、そのまま5分置いてからラックに移し、冷ます。 

*焼き時間が短ければチューイーになり、長ければカリッと仕上がります。お好みで焼き時間を調整してください。ちなみに私は12分。チューイーではないけれど、ソフトな食感に仕上がりました。

*タッパーのような入れ物に入れれば室温で5日持ちます。空気の入らな
い容器にいれて冷凍すれば、2ヶ月持ちます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-09-18 02:36 | レシピ | Trackback | Comments(6)

スエーデンのドリーム・クッキー

私の大好きな料理研究家、Dorie Greenspanさんの近著「DORIE’S COOKIES」からのご紹介です。

このレシピは元々Greenspanさんのアシスタントのお祖母様のものだそうですが、お二人ともスエーデン人ではないとのこと。

ある日、このクッキーをGreenspanさんの息子さんのスエーデン人の女友達にお出ししたところ、彼女が「我が家の味にそっくり。」と言ったのだそうです。

スエーデン語でクッキーは「ドリーム(drommar)」と言うそうで、彼女はこのクッキーをSwedish Dream Cookiesと名付けました。

e0351091_205878.jpg

バターがたくさん入るので、サクサクとして、でもその代わり崩れやすいのですが、とても美味しいクッキーです。真ん中に置いた丸のままのアーモンドが良いアクセントです。

e0351091_211515.jpg

合唱の練習の後はマンゴーのフローズンヨーグルトと一緒にお出しし、

e0351091_212852.jpg

箱に詰めて娘のところにも持って行きました。

室温で4日くらい、冷凍すれば2ヶ月もちます。


スエーデンのドリーム・クッキー
レシピ:Dorie Greenspan著「DORIE'S COOKIES」を参考
材料:約36個分 カップはアメリカサイズの250ml

無塩バター アメリカの2本:226g  角切り
小麦粉  2カップ:226g
カルダモンの粉  小匙1
ベーキングパウダー  小匙1
砂糖(オーガニック) 75g
海塩 小匙1/2
ヴァニラエッセンス  小匙2
アーモンド粒(丸のまま) 36−40個

1.バターを小鍋に入れて溶かし、濃いゴールド色になり、底に澱が溜まりだすまで、約20分弱火で煮る。耐熱のカップかボウルに入れ、完全に固まるまで冷蔵庫に2時間くらい入れる。(一晩冷蔵庫に置くとカチカチになり、取り出すのに苦労しますので注意。)
 
2.オーブンを350度F(180度C)に温めて置く。

3.小麦粉、カルダモン粉、ベーキングパウダーを一緒にかき混ぜる。

4.砂糖、塩を一緒にフードプロセッサーにかける。バターを冷蔵庫から取り出し、角切りにして、ヴァニラエッセンスとともにフードプロセッサーにかける。滑らかになったら、粉類を加え、さらにフードプロセッサーを稼働させる。ゴムベラで何回か底の方からかき混ぜながら行う。

5.生地を取り出し、スプーンなどで1個ずつ丸めて、真ん中に指でくぼみをつけ、アーモンドを置く。崩れやすいので、ひび割れしますが、大丈夫です。

6.オーブンに入れて全体で16−19分。途中9分経ったら向きを変える。端が狐色になって固まったら取り出す。そのまま10分置いてから、ラックに取り出して冷ます。(崩れやすいのでオーブンから出してすぐにラックに移し替えないように。)


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-08-21 02:03 | レシピ | Trackback | Comments(0)

ゴートチーズとチャイブの塩味クッキー ♪ワインのお供に♪

私の大好きなフランス在住のアメリカ人の料理研究家、Dorie Greenspanさんが2016年に出版した「Dorie's Cookies」が2017年のJames Beard賞を受賞しました。James Beard賞は毎年優れたアメリカのレストランやシェフ、料理本に贈られる賞で、料理界のオスカーとも呼ばれるほど権威のあるものです。大ファンの一人ですので、早速買い求めました。

e0351091_32185.jpg


パラパラとページをめくり、作りたいものをリストアップして、最初に作ったのが、表題のクッキーです。

e0351091_321219.jpg


鉢植えのチャイブが少なかったのでタイムを加え、胡椒の代わりにローストパプリカ粉を使いました。ゴートチーズの優しい味とハーブの香りの美味しいアペタイザーになりました。

e0351091_3213323.jpg


チャイブやタイムの代わりに万能ネギ、白や黒胡椒、カイエンヌペッパーなども良いかもしれません。

赤・白ワインはもちろんビールにも合いそうです。


ゴートチーズとチャイブの塩味クッキー
レシピ:Dorie Greenspan著「Dorie’s Cookies」参考
材料 (30−35個分)

無塩バター 大匙8(113g;4oz) 室温にして細かく切っておく
プレーンでソフトなゴートチーズ 85g: 3oz
海塩 小匙1/2
胡椒またはパプリカやカイエンヌペッパー  小匙1/2
フレッシュなチャイブ、またはタイム、万能ネギ みじん切りで大匙2
卵 大1個 室温にしておく
蜂蜜 小匙1
小麦粉 170g (アメリカサイズのカップで1と1/4)

バター、ゴートチーズ、塩、スパイス、チャイブなどのハーブを良くかき混ぜる。(スタンドミキサー使用の場合は、パドルのアタッチメントで中くらいのスピードで2分ほど)

卵と蜂蜜を加え、更にかき混ぜる。

小麦粉を加え、低速でかき混ぜる。最後はゴムベラを使った方が良い。

本では2枚のパーチメントペーパーに挟んで麺棒で延ばしますが、私は2本の長方体(面が5x3.5cm)にしました。ラップに包んで冷凍庫で少なくとも1時間冷やす。

オーブンを350度F(180度C)に温める。

冷凍庫から取り出し、厚さ5ミリに切って、パーチメントペーパーを敷いた鉄板の上に2センチ間隔で載せて、オーブンの中段に入れる。15−17分、周りが薄く色づいたらオーブンから出し、ラックで休ませる。

作ったその日が一番美味しいですが、翌日になったら350度Fのオーブンで2−3分焼き直すと美味しいです。もっと長く保存したい場合は冷凍しましょう。

生地の段階できっちりラップをして冷凍すれば2ヶ月持ちます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2017-05-20 03:28 | レシピ | Trackback | Comments(8)

みりん粕クッキー

先日こぼれ梅と呼ばれるみりん粕を求めて以来、幾つかの料理に使ってきました。

西京味噌と赤味噌と混ぜ合わせて銀鱈と野菜を漬けたり、みりん粕汁胡瓜の和え物胡麻和えに加えたりしました。

e0351091_2581742.jpg

昨日はかねてから作りたかった、みりん粕のクッキーを焼いてみました。ネットで調べて、一番気に入ったレシピに私のアイディアを少し加味しました。元のレシピは白扇酒造の公式ブログ「美醂のしずく」のものです。

e0351091_2583370.jpg

みりん粕だけの甘さで砂糖は入れません。ドライフルーツを入れることで甘さと少し酸味も加わり、レモンのゼストをすりおろして加えたので、酒臭さが消えて、爽やかになったと思います。

e0351091_2584727.jpg

合唱のパート練習後にお出ししましたが、幸い好評でした。お酒(ワイン)のお供にもなりそう、という声も上がりました。

私が少しアレンジしたレシピは以下の通りです。

みりん粕クッキー
材料(直径約3センチの丸型17枚分)

みりん粕 90g
レモンまたはオレンジのゼスト 1個分すりおろす (オーガニックか無農薬のもの)
無塩バター 45g
プレーンヨーグルト 小匙1と1/2
ドライクランベリー 20g 粗みじん切り (他のドライフルーツでも良い)
胡桃 15g 粗みじん切り (他のナッツ類でも良い)
コーンスターチ  45g
小麦粉  15g

1. オーブンは325度F(160度C)に温めておく。

2. バターは溶かして冷ましておく。

3. みりん粕はスプーンかフォークで細かくし、レモンのゼストと混ぜ合わせ、さらに溶かしバターとプレーンヨーグルトを加えて混ぜる。

4. 3にドライクランベリーと胡桃を加えて混ぜ、ふるったコーンスターチと小麦粉を数回に分けて加えて混ぜる。(最後は手で軽く混ぜ合わせると混ざりやすいです。)

5. 手でお団子状に丸め、軽く潰し、真ん中を窪ませる。

6. パーチメントペーパーを敷いた鉄板にのせ、オーブンの中段に入れて約15分、周りがうっすら色づいたら取り出す。(出来上がったばかりの時はまだ柔らかです。)

7. ラックの上でで冷ましてからサーヴする。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-03-19 03:00 | レシピ | Trackback | Comments(8)

青海苔の塩味クッキー

友達からお招きを受けたお花見のランチに、青海苔の塩味クッキーを持参しました。

e0351091_259238.jpg

茶道の師範である彼女はきっと和菓子を用意されていると思ったので、かぶらないもの、お花見にふさわしい和のテイスト、と考えました。

e0351091_30203.jpg

青海苔の香りにほんのりと桜の香りも混ざり、見た目にも春らしいクッキーになりました。

e0351091_303455.jpg

塩と粉砂糖が入っている甘辛クッキーですので、日本茶にも合います。私は残った桜の塩漬けにほうじ茶を淹れて戴きました。


青海苔の塩味クッキー
Doris Greenspan著「around my french table」を元にアレンジしました。
材料:直径約4センチのクッキーが約30枚
カップはアメリカサイズの250ml


無塩バター   大匙6 室温にしておく
青海苔     大さじ3
塩 fleur de selなら小匙2 海塩なら小匙1と1/2
粉砂糖     ½カップ+大匙1 ふるいにかける
卵の黄身    大1個
オリーブオイル  大匙1と½
小麦粉     1カップ+大匙2 ふるいにかける
飾り用の桜の塩漬け  適宜 水で洗ってから更に水に漬けて塩出しをする

1.バター、青海苔、塩をクリーム状になるまで良くかき混ぜる。

2.粉砂糖と卵の黄身を加え、更によくかき混ぜる。オリーブオイルを加えてかき混ぜ、更に粉を加え、スムーズになるまでかき混ぜる。

3.生地の半分をラップに取り、直径4-5センチの円筒状にまとめる。残り半分も同じようにし、冷蔵庫で1時間か冷凍庫で30分ほど固くなるまで寝かせる。

4.オーブンを350度F(180度C)に温める。

5.円筒状の生地を厚さ5ミリに切り、塩出しした桜の花の水気をペーパータオルで取り、表面に貼り付ける。パーチメントペーパーをしいた鉄板に載せて、オーブンの中断で12-14分焼く。1回に1段ずつ焼く。

6.オーブンから出したらラックに置き、冷ましてからタッパーなどに入れて保存する。


ご訪問ありがとうございました。

Top Food Blog

[PR]
by Mchappykun2 | 2016-03-08 03:01 | レシピ | Trackback | Comments(14)

クリスマスイブ 〜フルーツケーキ_2015〜

日本はもうクリスマス当日の25日を迎えたことと思いますが、サンディエゴはまだ24日のお昼です。

e0351091_6203731.jpg

4日前の日曜日、いつもよりおめかししたフルーツケーキ、チョコレート・スノーボール、サブレーを作りました。

お世話になった方にどうしてもプレゼントしたくて、頑張りました。

e0351091_621246.jpg

フルーツケーキのレシピは古いブログにものっていますが、改めてのせました。色々なレシピを参考にしてたどり着いた私のヴァージョンです。

e0351091_6213558.jpg

チョコレートスノーボールはフランスにお住まいのFleur de selさんのレシピです。我が家のクリスマスの定番になって久しくなりました。この1年以上もブログをお休みしているFleur de sel さん、如何していらっしゃるでしょう。

彼女の美しく美味しそうなお料理のブログの再開を待ち望んでいるのは私だけではないと思います。

e0351091_6215274.jpg

皆様が素敵なクリスマスをお過ごしになられますように!

e0351091_6221625.jpg


ドライフルーツと胡桃とラム酒のフルーツケーキ(パウンドケーキ)

材料:
18cmx8cmのパウンドケーキ型 (今回は2個作ったので下の量の倍で作りました。)
   材料のほとんどはオーガニックです。特に砂糖は無漂白のオーガニックは甘さもくどくなく美味しいです。

無塩バター  大匙8 (アメリカでは1スティック、およそ115g)室温にする
砂糖  80g
卵  2個  室温にする
無漂白小麦粉  90g
アーモンドプードル  30g
ベーキングパウダー  小さじ1/2
胡桃  軽くローストして刻んで約カップ1
ドライフルーツ: レーズン、サルタナ(白葡萄)、カラント、クランベリー、アプリコットなど カップ1−2  ラム酒(分量外)に少なくとも3日漬けておく (特にアプリコットは二酸化硫黄の処理をしていないもので、色は悪いですが美味しいです.)
ラム酒  大匙2-3

グレーズ  
アプリコットジャム 大さじ3 裏ごしする
ラム酒 大さじ1
水 適宜

飾り
干しイチジク(白)、チェリー(カクテル用のオーガニックのマラスキーノチェリーを使用)、ピスタチオ、プルーン、バナナチップなど

1. ドライフルーツは水分を切っておく。

2. オーブンを350度F(170度C)に温める。

3.バターを良くかき混ぜ、白っぽくなったら砂糖を加え、更にかき混ぜる。

4.卵をほぐし、少しずつ加えてよくかき混ぜる。

5.胡桃とドライフルーツに小麦粉(分量外、大体大さじ1−2)をまぶし、加える。ラム酒大匙1も加える。

6.小麦粉、アーモンドプードル、ベーキングパウダーを2回ふるってから加え、ゴムベラでかき混ぜる。

7.バターを塗り、更にパーチメントペーパーを敷いてその上から更にバターを塗った型に流し込む。真ん中をへこませて、350度F(170度C)に温めたオーブンの中段で、40ー50分ほど、竹串をさしても何もつかなくなるまで焼く。

8.オーブンから出して、まだ温かいうちに、残りのラム酒を刷毛で表面に塗る。

9. ケーキが冷めたらグレーズの材料を混ぜて電子レンジで温めて(または小鍋で火を通す。)ゆるくして、ケーキの上に塗る。ドライフルーツやナッツ類を飾り、その上から更にグレーズを塗る。

10.ラックの上ですっかり冷えてから薄くスライスしてサーヴする。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-12-25 06:23 | レシピ | Trackback | Comments(8)