やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ご飯もの ( 13 ) タグの人気記事

塩締めの鯛と長芋、オクラのカルパッチョ&玉蜀黍ご飯など ♪名残の夏野菜で♪

今日から10月。今年も残すところ3ヶ月になりました。


2週間ぶりに知野ファームを訪れると、熱波の影響でしょうか、いつもより野菜の種類が少なめでした。あるいは季節の端境期だからかもしれませんが。


それでも知野ファームの野菜は新鮮です。名残の夏野菜を買ってきました。

その後は日本食料品店、ニジヤさんで買い物。この二箇所で調達した食材を使った夕食です。


一番美味しかったのは塩締めの鯛と長芋とオクラのカルパッチョ。

e0351091_02155629.jpg

6分ほど塩で締めたお刺身の鯛は冷水で洗ってきっちり水分を拭き取り、削ぎ切りにします。長芋は千切り。オクラはさっと湯がいて縦に切ります。1本だけ紫のオクラが混ざっているのですが、お分かりになるでしょうか。


ドレッシングは米酢、少量の塩、醤油、山葵、オリーブオイルです。


生の玉蜀黍はキウイと苺、バジルでサラダ。ライムを絞って。サンディエゴではほぼ1年中苺が採れるのです。

e0351091_02164265.jpg

削ぎ切りにした蛸は玉葱のみじん切り、ワインヴィネガー、塩、ローストしたパプリカ粉、オリーブオイルでマリネ。


付け合わせの玉蜀黍ご飯も美味しくできました。5センチほどの昆布の切れ端と酒(米1カップに対して大匙1)、こそげた玉蜀黍(1本)、サラダに使った玉蜀黍の芯も加えて合計2本の芯と一緒に、普通の水加減で炊飯器で炊き上げます。芯からはとても良いお出汁が出ますね。

e0351091_02170822.jpg

スイッチが切れたら、芯と昆布を取り出し、バターをひとかけ加えてかき混ぜます。塩は入れません。(昆布の自然の塩で十分です。)


夏の名残の野菜たちで彩りもよく、美味しい夕食となりました



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-10-02 02:18 | レシピ | Trackback | Comments(8)

ジャコと梅干しと大葉のご飯

先日炊飯器を新しくしたことはお知らせしました。IH式の今までより重く厚い内釜で炊いたご飯が美味しく、白いご飯を食べる回数が少し増えました。

その美味しい白いご飯に少し手間をかけて、暑い日でもさっぱりと食べられるご飯で、佐川芳枝著「寿司屋のかみさんのちょっと箸休め」からのレシピです。

ジャコ、(本では釜揚げしらす)梅干し(種を取ってほぐす)、白胡麻を炊き上がったご飯に混ぜ、最後に大葉の千切りをのせます。

e0351091_2561837.jpg

本では塩も入れて一緒に炊き上げますが、熱いご飯に混ぜるだけで良いですし、塩気もジャコと梅干しで十分です。

メインは繊維質たっぷりのエノキ茸としゃぶしゃぶ用の豚の薄切り肉の酒蒸しのような一品。

これはNHKの「きょうの料理」から小林まさみさんの「えのき豚」です。

バラバラにしたエノキ茸をフライパンに入れ、豚肉をその上に乗せ、酒を振り入れ、蓋をして蒸した後、かき混ぜながら火を通します。

e0351091_2564461.jpg

たっぷりの大根おろしと、あれば柚子、一味唐辛子、そして私は最後に大葉の千切りをのせました。ポン酢でいただきます。(私は昆布醤油とレモンを合わせたもの)

さっぱりとしてこれもいくらでも食べられてしまいます。

副菜はつぶ貝の酒煎り。日本酒とお醤油と皮付きの生姜の薄切りで汁けがなくなるまで炒り煮にしました。これはお酒のアテに最適。

後は焼き茄子、そしてきゅうりとミニトマトのこぼれ梅(みりん粕)和え。塩とみりん粕だけで和えました。

簡単ですが、暑い夏でも食欲が湧く和のお惣菜でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2016-07-16 02:58 | レシピ | Trackback | Comments(9)

かど飯(秋刀魚飯)

和田はつ子さんの著書に「料理人季蔵捕物控」シリーズがあります。料理人が主人公のこの本の中には、美味しそうな食べ物が沢山出てきて、食欲をそそります。

このシリーズの6冊目「時そば」の中の第一話、「目黒のさんま」に出てくるかど飯(秋刀魚飯)を作ってみました。

秋刀魚はご存知、焼くともうもうと煙がたち、匂いが家にこもります。そのため家の外、なるべく家から離れたところ、門の近くで焼いたところから、焼いた秋刀魚を使ったまぜご飯を「かど飯」と呼ぶようになったのだそうです。

夕べは日本からの空輸の秋刀魚を2尾、塩焼きにしました。最近下の姉からメールが来て、秋刀魚にみりんを塗って焼くとふっくらするらしい、と書いてありました。

なるほど。早速試してみました。ところが、みりんを塗ると焦げやすい、ということをすっかり忘れていたので、ご覧の通り黒焦げになってしまいました。

e0351091_511368.jpg

私が持っている志の島忠さんの「お総菜」の本には「秋刀魚を焼くときは、皮と身の間にある脂を流しとるつもりで(魚毒を消すという)、皮が黒くなるまで焼くようにします。」とありますが、これは幾らなんでも焦げ過ぎ。

こんなに焦がしてしまったので、ふっくらかどうか判断しかねますが、私は塩焼きは塩だけの方が潔くて好きです。微かなみりんの甘味が少しばかり邪魔なような気もします。

さて、残りの1尾は今日のお昼。

お米を研いで、酒、と水を加え、昆布をしいて炊き、スイッチが切れたら骨を丁寧にとってほぐした秋刀魚の塩焼きをを加えて蒸らします。

本にはおろし生姜の汁、醤油、みりんも入れて炊くとあり、料理人は普通の米と餅米を半々とありますが、私は最後に針生姜をのせました。

e0351091_512274.jpg

とても美味しい秋刀魚飯になりました。混ぜご飯にするのなら、みりんを塗って正解。コクが出たように思います。

e0351091_5121795.jpg

松茸のお吸い物と夕べの残りの厚揚げ、オクラ、万願寺唐辛子、若布の煮物を温めて、満足するお昼ご飯でした。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
by Mchappykun2 | 2015-10-12 05:16 | レシピ | Trackback | Comments(10)