やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

娘夫婦と和食三昧

娘夫婦が車でやって来ました。サンフランシスコからは8−9時間の旅程です。今回は途中で1泊したようですが、我が家へは夕方の到着。

娘のリクエストで、この日は和食。私も久しぶりの娘夫婦と一緒に夕食ということで、テンションが上がり、いつの間にかこんなに作ってしまいました。

e0351091_6302588.jpg

一晩昆布で締めた平目。そして塩銀杏

鱈の白子が手に入ったので大根おろしとポン酢で。好きかどうか心配だったのですが、二人とも美味しいと言って食べてくれました。

e0351091_6303750.jpg

紅葉おろしにするはずが、忘れて大根を擂り下ろしてしまい、後で鷹の爪の薄切りをのせました。ポン酢はお醤油に昆布の切れ端を入れて2−3日置いたものにレモン汁。

e0351091_6305384.jpg

柿と大根と春菊の胡麻和え。本当はtanaさんがお作りになったように生の春菊を試したかったのですが、ちょっと萎びていたのでさっと湯がきました。

e0351091_632975.jpg

トリ貝と思って買ったらフレッシュなホッキ貝でした。これはバター炒め。

e0351091_6322228.jpg

とても良い雲丹が手に入ったので。私のお皿の上は崩れてしまっていますが、普通の倍くらいの大きさでした。良い方を写真に撮らず大失敗。

e0351091_6323331.jpg

松茸の茶碗蒸し

e0351091_6324575.jpg

数えてみたら7品。

久しぶりの娘夫婦との夕食。楽しかった!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2015-12-23 06:36 | レシピ | Trackback | Comments(8)

けんちん汁 ー今日も冷蔵庫の整理を兼ねてー

先日、急にけんちん汁が食べたくなりました。今年のサンディエゴはことのほか寒いからかもしれません。

けんちん汁は冷蔵庫の整理に最適です。少しずつ残ってしまった野菜を使えるからです。

大根、人参、里芋、椎茸、インゲン、豆腐、油揚げ(これは冷凍)。蒟蒻がないと寂しいので、これだけ買い足しました。

まずはたっぷり鰹だし汁を作ります。ちぎり蒟蒻は下茹でして、適当に切った野菜類(インゲンは除く)と蒟蒻、油揚げを胡麻油で炒めます。そこへ鰹だし汁。(里芋は茹でこぼしをしても、しなくとも。ぬめりが却ってトロッとした汁になって美味しいものです。)

豆腐(半丁)はペーパータオルに包んで電子レンジで1分程チン。手で崩しておきます。

e0351091_371933.jpg

灰汁を取って、里芋が柔らかになったら、酒、塩と醤油で調味して、上記の豆腐を加え、最後に下茹でしておいたインゲンを加えて出来上がり。

実沢山の熱々のけんちん汁、美味しくいただきました。

けんちん汁を作った2日後、残った蒟蒻や豆腐、大根で味噌味の煮物。今回は昆布だしで。豆腐だけ最後に加えますが、調味は赤味噌、酒、みりん、少量の醤油、山椒の粉です。

e0351091_373914.jpg

どういう訳か初冬に葉っぱを付けた山椒。どうせ枯れてしまうのですから、1枚摘んでのせました。これが案外香りが良く、味噌田楽のような煮物になりました。

一緒に作った他の料理は金目鯛の湯引き、大根葉と油揚げの炒め煮、柿なます。

e0351091_375473.jpg

今年も残す所僅かとなりました。2015年がもうすぐ終わるとは俄には信じがたいですが、体調に気をつけて新しい年を迎えられるようにしなくては、と少し気を引き締めました。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2015-12-21 03:10 | レシピ | Trackback | Comments(8)

冷凍海老のソテー シェリーソース ー冷凍庫の整理を兼ねてー

クリスマスからお正月にかけて、冷凍庫も冷蔵庫も食材で溢れかえります。その前に整理を兼ねた夕食作りです。

冷凍海老は解凍して殻を剥き、水分を拭き取ってオリーブオイルでソテー。潰したガーリックと種を抜いた鷹の爪、ローリエを最初に炒めオイルに香りをつけます。海老を加えて火が通ったらシェリー酒(ブランデーでも良いです)を加えてアルコール分を飛ばし、お皿に盛ってからクリスタル塩とパセリのみじん切りを散らします。

e0351091_39087.jpg

付け合わせはローストした人参とビーツ。恐る恐るビニールの袋を開けてみたら、まだピンとした知野ファームの人参とビーツが出てきました。流石知野ファームのものは日持ちが良いです。

e0351091_391437.jpg

一昨日のポットラックで使った蛸。足先の細い方は使わなかったので、エシャロットの薄切り、塩、胡椒、パプリカ、レモン汁、オリーブオイル、パセリのみじん切りでマリネ。スペインから買って来たロースト風味のパプリカが良い味を出しました。

e0351091_31018.jpg

変わりばえしませんが春菊と柿、干し柿、ゴートチーズ、胡桃のサラダ。
干し柿はゴートチーズとも合い、サラダに入れても美味しかったです。

e0351091_3101638.jpg

冷凍庫や冷蔵庫を整理するたびに、もっと食材を無駄なく使わなくては、と反省します。冷凍庫に入れると特に忘れがちで、冷凍焼けを起こすことが多く、なるたけ冷凍庫に入れないようにするのですが、なかなか難しいです。でも、来年こそは気をつけましょう。



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2015-12-20 03:11 | レシピ | Trackback | Comments(11)

合唱最後の練習はポットラックで

昨晩は合唱の今年最後の練習でした。最後の練習とあってか、出席者がとても多いことが分かり、急遽練習後に我が家でポットラックの忘年会を開くことにしました。

来年早々演奏会が立て続けに2回あるので、師走の忙しい時期ですが、皆さん練習にも力が入ります。それに後でポットラックが待ち受けているとなれば、殊更です。

e0351091_2572527.jpg

e0351091_2573773.jpg

e0351091_2574973.jpg

e0351091_2582713.jpg

皆さんの美味しそうなご馳走が並びました。

e0351091_2583828.jpg

e0351091_2585884.jpg

e0351091_2593054.jpg

e0351091_2594687.jpg

平日ですから仕事後に駆けつけたメンバーもいます。そういう方はもちろんテークアウトで。

e0351091_259594.jpg

中が白餡のこの和菓子、甘さが上品で絶品でした。私は早速弟子入りを志願いたしました。

私は蛸とポテトのサラダとサングリアを作ったのですが、写したとばかり思っていた写真がない!

e0351091_30187.jpg

e0351091_303074.jpg

お喋りと食べるのに夢中で、他にも豚汁や酢の物やゼリーもあったのですが、撮り忘れたようです。

最近は何人か新しい方も入り、ますます活気溢れる合唱団です。歌うこと、そして美味しいものを食べることが大好きな素敵な仲間を持ったことに感謝!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2015-12-19 03:03 | 無題 | Trackback | Comments(6)

干し柿_2015

今年も渋柿のハチヤで干し柿を作りました。

ヘタにビニールのひもを括り付けてから皮をむきます。うまくヘタに引っかからないものは果実の上部に串を刺して紐をかけます。

e0351091_248485.jpg

皮は縦に剥く方が出来上がりがきれいと言いますが、丸く剥いていっても同じような出来だと思います。今年は忙しく、皮のチップスなどを作ることが出来ず、残念でした。皮も色々使い道があるのです。

e0351091_2493880.jpg

黴防止にウオッカ(又は焼酎)を刷毛で塗って室内干し。干し柿作りには気温より湿度が大事で、湿度が高いと黴びます。

e0351091_2503413.jpg

2週間経つと色が変わってきます。

e0351091_2534189.jpg

更に1週間。今年はまだかなり柔らかなうちに取り込みました。自分好みの固さに出来るのも自家製の良い所です。

ひとつひとつラップに包んでジップロックに入れ、冷蔵庫と冷凍庫に保管します。1週間くらいは部屋に置いても大丈夫です。

e0351091_2553039.jpg

大根おろしと和えて、ちょっとした前菜や箸休めになります。お好みでお酢を加えても良いでしょう。

中がトロッとした甘い干し柿。今年も美味しく出来ました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2015-12-17 02:57 | レシピ | Trackback | Comments(12)