やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

スーヴィード(Sous Vide)を使った娘夫婦の鶏と卵料理

低温で長時間クッキングするsous videがレストランで使われるようになったのは比較的最近のことです。家庭用の物も出来ましたが、まだまだ場所をとるものでした。でも、ごく最近は手持ちの鍋に入れるだけのものが開発されました。

自動的に鍋の中の水が循環し、温度が一定に保たれます。食材によってかかる時間は1時間(牛肉のフィレ)から36時間(豚の三枚肉の塊)と違います。

クリスマスのプレゼントに娘たちからこのsous videを所望されました。娘夫婦はこれを使って早速鶏肉と卵を料理してくれました。

e0351091_39354.jpg

真空パックの中に鶏肉を入れスーヴィードで1時間半。それを冷蔵庫に入れて、食べる直前に表面をパリッとさせるためにフライパンで焼きます。

e0351091_3114797.jpg

鶏肉はジューシーのままとても柔らかに、そして味が中に閉じ込められたままなので、この上なく美味しく仕上がりました。今までで食べた鶏肉の中で一番美味しかったかもしれません。

e0351091_31205.jpg

卵はそのままsous videで45分。殻を割るとちょうど温泉卵のようになりました。アスパラの上にのせてからトリュフ入りオリーブオイルをかけて。これも素晴らしく美味しい。

e0351091_3121256.jpg

時間はかかりますが、家庭の味とは思えない料理に仕上がりました。

e0351091_312294.jpg

婿さんが用意した極上の赤ワインと共に素敵な夕食でした。

e0351091_3125148.jpg

サラダはケールと白レーズン、くるみ、パン粉(オリーブオイルでカリカリにソテーします)です。

4日から教え始めた私に代わって二人で料理をしてくれてありがとう!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2016-01-06 03:14 | レシピ | Trackback(1) | Comments(12)

冬のハイキング&中華レストラン

クリスマスからの飽食を少しでも解消すべく、という訳ではないのですが、3日の日曜日、娘たちと3人でハイキングに出かけました。

e0351091_326236.jpg

向かった先は我が家から東へ40分の所にあるWoodson Mountain。頂上までの往復は6.5キロ。

e0351091_3263837.jpg

巨岩が山を覆っている不思議な景色です。ハイキングが大好きだった夫がいた頃は良く週末にハイキングをしたものでしたが、最近はトンとご無沙汰。ハイキングシューズもピレネーの山に上って以来3年ぶりに履きました。

e0351091_3265177.jpg

頂上は生憎強く冷たい風が吹いていたので、買っていったサンドイッチを食べて、早々に引き上げました。

夜は年末年始の恒例になっている中華レストランで食事。

山を歩きながら、3人で既にメニューを決めていたのですんなりとオーダーしました。

China Maxは何度も訪れていますが、ブログにアップしたことは殆どありません。ここへは大抵合唱の仲間や友人と連れ立って来ることが多く、写真を撮るのが憚かれるからです。

e0351091_328141.jpg

e0351091_3281417.jpg

最初は蟹と魚の浮き袋のスープ。熱々で美味しい。

e0351091_3284073.jpg

e0351091_329413.jpg

北京ダック。ウエーターさんがなれた手つきで薄くパリパリの皮を削いでいきます。

e0351091_3291988.jpg

e0351091_3332748.jpg

フワフワのパンケーキにソースと胡瓜を挟みます。

e0351091_3302135.jpg

鴨肉。北京ダックは1コースと2コースとあり、2コースだと鴨の肉を違う料理に仕立ててきます。今回は切ってもらっただけの1コースです。

e0351091_3305013.jpg

ロブスターのフィッシャーマン・スタイル。衣を付けて油で揚げ、塩胡椒の調味です。

e0351091_331765.jpg

オレンジ・ビーフ。陳皮と唐辛子の香りの良い甘辛い一品。これも美味。

e0351091_3312518.jpg

さやえんどうの蔓のソテー。私たちの大好きな野菜です。

こんなに食べては飽食の解消にはなりません。食べきれず、次の日のお昼に持って帰りました。

娘たちと久しぶりのハイキングと中華レストランでの食事。楽しい三が日の最後でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2016-01-05 03:35 | レストラン | Trackback | Comments(8)

マルサラワインで煮たシチリア風海老料理

元旦の朝と晩に戴いたお節料理、2日目の晩は目先の変わったイタリア料理にしました。

頭付きの真っ赤な海老は晴れの日に相応しい華やかさです。お鍋のまま食卓に出して下さい。

e0351091_2514183.jpg

旧ブログにはレシピが載っていますが、新たに下に書きました。

e0351091_2523311.jpg

副菜は紫アスパラガス。ふわっとラップをして電子レンジで50秒から1分。アルデンテに仕上がります。レモンのゼスト、ミントの千切り、ガーリックの薄切り、レモン汁、オリーブオイルをかけて、最後に塩(あればクリスタル)を振りかけます。

e0351091_2524425.jpg

サラダはルッコラとりんご、柿、ドライクランベリー(水で戻す)、ゴートチーズ、アーモンドのスライス(出来れば軽くトーストした方が香ばしくなります)。ドレッシングは蜂蜜(小匙1)、バルサミコ酢(大匙1)、米酢(小匙1)、オリーブオイル(大匙2)、塩胡椒の割合です。

e0351091_2525686.jpg

娘夫婦も美味しいを連発して、すべてきれいに無くなりました。

マルサラワインで煮たシチリア風海老料理
レシピ:Mario Batali 「Molto Italiano」参考
材料(4人分)
 

オリーブオイル  ¼カップ
紫たまねぎ(中) 1個 5ミリの角切り
セロリ      1本 1センチに切る
イタリアントマト  4個 粗みじん切り
松の実      大匙1
ドライ・カラント(レーズンでも良い) 大匙1
ケイパー     大匙2 水洗いしてざるに上げる
マルサラ・ワイン(辛口) 1カップ
フェンネル・シード 小匙1/2
赤唐辛子の粗みじん 小匙1/2
ローリエ(出来れば新鮮なもの)1枚
大きなえび   900g  殻をむき背わたをとる。髭や足も鋏できれいに切りとる。(頭付きの場合は頭を残す)
塩・胡椒
フェンネルの葉 (パセリなどでもよい)

1. 24-5センチのフライパン(又は浅い鍋)にオリーブオイルを中火より強めの火で煙がたつくらいに熱する。たまねぎとセロリを加え柔らかになるまで炒める。トマト、松の実、カラント、ケイパー、マルサラワイン、フェンネル、赤唐辛子、ローリエを加え沸騰させ、少し煮詰める。

2. フライパンを火からおろし、えびを重ならないようにトマトのソースの上に並べる。蓋をして弱火にし、4分間煮る。火を止め、塩、胡椒して、蓋をしたまま5分置く。

3.温かいままか、室温でサーヴしても良い。フェンネルの葉で飾る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2016-01-04 23:41 | Trackback(1) | Comments(14)

元旦_2016

明けましておめでとうございます。昨年は色々お世話になりました。誠にありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

世界が平和になりますように。そして、皆様の健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

今年もお節料理で幕を開けました。

e0351091_1214424.jpg

例年通り、母から伝わった春慶の茶懐石のお重に一人ずつ詰めました。

e0351091_12141667.jpg

蒲鉾(市販品)、八幡牛蒡、伊達巻き、塩麹に漬けた鮪の海苔巻き、海老の鬼殻焼、塩麹に漬けた鰤の焼き物、蓮根のタラコ詰め、鴨のロース煮、冷凍卵の塩麹漬け、華頂山きんとん、田作り、紅白百合根の甘煮、数の子の塩麹漬け。

e0351091_121431100.jpg

今年はスペインで買って来たカラスミを平目の昆布締めと合わせました。今年新たに加わった一品です。そして、一番好評でした。

e0351091_12144652.jpg

我が家の結婚以来変わらないお雑煮。鰹だしに大根、人参、鶏肉、三つ葉、イクラ、柚子をのせて。

e0351091_1215177.jpg

娘夫婦と三人でお正月を祝えることに感謝。

e0351091_12151873.jpg

サンディエゴの海は元旦らしい穏やかさで、ジャケットのいらない温かさでした。願わくば、世界中が今日の海のように穏やかでありますように。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2016-01-02 12:17 | お正月 | Trackback | Comments(8)

大晦日_2015

日本と17時間の時差のあるサンディエゴでは後2時間足らずで年が明けます。

9月からは「やせっぽちソプラノのキッチン2」が始まりました。新旧共に沢山の方々が当ブログを訪問して下さり、誠にありがとうございました。心より感謝いたします。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の締めは寄せ鍋。娘夫婦も戻って来て、3人と2匹の楽しい年越しとなりました。

e0351091_15242096.jpg

e0351091_15244844.jpg

2015年、世界では悲しいことも沢山ありましたが、私個人としてはスペインへの旅行もし、楽しいことが沢山あった良い年でした。

e0351091_15252054.jpg

e0351091_15253531.jpg

来年は世界が平和で穏やかな年となることを心から願っています。

e0351091_15274942.jpg

来年が皆様にとって健康でより良い年となりますことを心からお祈り申し上げます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2016-01-01 15:29 | 無題 | Trackback | Comments(10)