やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

あれから6年 ♪夫の好物を取り揃えて♪

今日、8月17日は夫の命日です。今年で丸6年が経ちました。日本では七回忌を営むのでしょうか。いつの間にか6年、そんなに時が経ってしまったのだ、と思います。

夫は何でも好きでしたが、やはり何と言っても和食が大好きでした。和食に日本酒。それも熱燗が。

木曜日の夕食はゆっくりできないので、1日早く夫の好物を作りました。

e0351091_1572728.jpg

冷やし茶碗蒸し。私のは卵の重さの5倍の出し汁、丁寧にひいたかつお節のだし汁で、トロトロです。

e0351091_1574295.jpg

中にも雲丹を一切れ、食卓に出す前に生の雲丹を二切れと湯がいた三つ葉

e0351091_1575614.jpg

連子鯛の切り身があったので、生椎茸と豆腐でちり蒸し。昆布を敷いた上に具材をのせ、日本酒をかけて蒸し器で12−3分。最後に三つ葉と茗荷。昆布醤油とレモン汁のポン酢でいただきます。

e0351091_1581097.jpg

やはりお刺身も欠かせないので、鮪と雲丹。

e0351091_1583427.jpg

この日のために一つだけ取っておいた無花果は胡麻味噌を塗ってロースト。

e0351091_1584752.jpg

インゲンの煮浸しを入れて5品。

久しぶりに和食らしい和食を作りました。好きだった黄色い薔薇を供えて。

e0351091_1591128.jpg

娘が生まれた年に盲腸で手術した夫は、翌日何も食べられないのでお花を病室に持っていくと、「お花って食べられないんだよね。」と文句を言ったのでした。今回は食べ物と一緒だから、文句は出ないかな?


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-08-18 02:01 | 無題 | Trackback | Comments(10)

無花果三昧

友達からお庭でなった無花果をいただきました。

なんと贅沢なことでしょう。この笊の無花果は一部です。先日日本にいる姉と電話で話をしたら、日本では無花果が2個で600円もしているそうです。1個300円? 信じられない高級品です。

e0351091_2163668.jpg

さて、この写真からも分かるように甘くてとても美味しい無花果です。

e0351091_216539.jpg

最初はそのままスルッと皮をむいて食べました。それからいつものようにベビーサラダ菜とゴートチーズとピーカンのサラダ。

日持ちのするものも作りたいと思い、チャツネ。紫玉ねぎ、生姜、レモンのゼスト、リンゴ酢、レーズン、何種類かのスパイスなどが材料です。これは少し多めに作って旅行の間家を見回っていて下さったご近所さんにお裾分け。

e0351091_2171389.jpg

ポークフィレのローストに合わせたり、

e0351091_2172644.jpg

マスカルポーネとバジルの上にのせてカナッペにしたり、ジャムより使いでがあります。

e0351091_2174222.jpg

無花果のデザートも作りました。丸のままロゼワインでコンポートしたゼリー。レシピは去年のサイトを参考になさってください。

何か今まで作ったことが無いもの。。。。と考えて、長く楽しめるアイスクリームにしました。

e0351091_2175947.jpg

生のままの無花果や食べられる花の球根ベゴニア、ミントで飾ってお洒落に。上品でとても美味しいアイスクリームです。

毎年惜しげも無くお家の無花果をくださる友達に感謝、感謝、感謝です。今年も美味しくいただきました。本当にありがとうございました!


無花果のアイスクリーム
レシピ:David Lebovitz著「The Perfect Scoop」を参考にしてアレンジ
材料 


無花果 600g
水  75ml
砂糖 50g
生クリーム  150ml
レモンのゼスト  半個分 すりおろす
レモン汁  半個分
キルシュ 小匙1

1.一つを8個に切った無花果、水、レモンのゼストを一緒に火にかけ、20分くらい蓋をして、かき混ぜながら中火で煮る。

2.蓋を取り、砂糖を加えてかき混ぜながらジャムのようにトロッとなるまで煮詰める。室温になるまで冷ます。

3.レモン汁、生クリームを加えて、フードプロセッサーでピュレにする。最後にキルシュを加える。

4.ボウルに移して、冷蔵庫で3時間から一晩冷やし、アイスクリームメーカーの指示に従ってアイスクリームを作る。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-08-17 02:19 | レシピ | Trackback | Comments(6)

8月のサンフランシスコ_2017 (6)

第四日目  SF MOMA & 娘と最後の夕食

お昼ご飯を娘と一緒に済ませ、1時から会議があると仕事に戻った娘。私は美術館の続きを見に行きました。

とにかく広いので、午前中の2時間では半分しか見ていなかったのです。

午前中は空いていた美術館ですが、午後1時を過ぎると切符売り場には長い列、中も相当混んできました。

さて、この美術館は期間限定の展示が14あります。そのうちの追加料金を取られる展示、ノルウエーの画家、ムンクを見に行きました。

e0351091_2411445.jpg

e0351091_2413778.jpg

病、死、鬱のテーマが多く、正直見る方も気が滅入りました。

e0351091_2414994.jpg

その中で、Starry Nightは綺麗な色使いですが、やはり暗く、気が晴れる絵ではありません。

常設会場に戻り、残りの絵を鑑賞。

e0351091_212564.jpg

フリーダ・カーロの夫のディエゴ・リヴェラの「The Flower Carrier」

e0351091_2121950.jpg

マティスの「Still Life with Blue Jug」

帰りも娘と落ち合って一緒に帰るのですが、(鍵がないので一人では帰れません。)仕事が終わる5時まではまだ随分と時間があるので、サンフランシスコ湾に面しているマーケットプレイス、フェリー・ビルディングに行くことにしました。

美術館を出て3rdを北西に2ブロック、Market St.を右にまっすぐ1.5キロほど行くと、フェリー・ビルディングに突き当たるはず。なのに、なかなか見えてきません。

ハッとして道路標識を見ると、私が歩いている道路はKerneyと書いてあります。どうやらまたやってしまったようです。

e0351091_2124357.jpg

だいぶん回り道をしてしまいましたが、無事目的地に着き、疲れたのでベイブリッジを眺めながらソフトクリームを食べ、ジュースを飲んで、やっと一息。

この日の歩行距離はおかげで15キロ。歩数は2万歩弱。よく歩きました。

娘と二人の最後の夕食はまたしても私が作ることに。娘も手伝ってはくれましたが。。。

e0351091_213347.jpg

メロンとライムと生姜と白ワインのスープ。ラズベリーを浮き実に。二人で中玉1個を食べてしまいました。

e0351091_213208.jpg

冷蔵庫に眠っていた大きな米茄子、自家製ズッキーニ、トマト、ガーリックでラタトゥイユ風。鶏のもも肉は簡単にソテー。

短くも楽しい娘夫婦との五日間もこれにて終了。おかげで良い夏休みを過ごすことができました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-08-16 02:20 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

8月のサンフランシスコ_2017 (5)

第四日目  SF MOMA (サンフランシスコ現代美術館)

この日は、昨年五月に新装なったSF MOMA、サンフランシスコ現代美術館を訪れました。

仕事のある娘と一緒に家を出たので、10時の開館まで1時間ほど時間を潰しに、近くにあるLinkdInのビルの1階のカフェへ。

e0351091_3395597.jpg

広々とした空間にはゆったりとテーブルと椅子が置かれ、チャイラッテを飲みながら、本を読んでいました。

e0351091_340126.jpg

10時ぴったりに美術館のドアを一番乗りで開けて、7階から見ていきます。

e0351091_3403068.jpg

e0351091_3404461.jpg

サウンドトラック。音と美術のコラボ。

e0351091_341563.jpg

イサム・ノグチの公園などのミニアチュア。札幌の郊外にある彼の設計であるモエレ沼公園を訪れたことがあり、また、ドゥス昌代が書いた「イサム・ノグチ」も随分前に読んだことがあります。

大戦を挟んで日米両国に翻弄された天才芸術家。またあの本を読んで見たくなりました。

e0351091_3412592.jpg

e0351091_3413737.jpg

Pop,Minimal, Figurative Art。ロイ・リヒテンシュタインやアンディ・ウォーホールなど。

e0351091_3415637.jpg

Side by Side, Dual Portraits of Artists。フリーダ・カーロの「フリーダとディエゴ・リヴェラ」この人の伝記も随分前ですが読みました。何度もいらない手術を繰り返して自分の肉体を苛んだフリーダ・カーロ。彼女の激しく、時に狂気のような精神の特異さをこのポートレートからはうかがい知ることはできません。

e0351091_3421079.jpg

Alexander CalderのMotion Lab。

e0351091_342221.jpg

そして、これは美術館ではなく近くのレストラン、 Trou Normand

e0351091_3423326.jpg

12時に娘と待ち合わせて、二人ともハンバーガーを食べました。珍しく、サラダもフレンチフライもついていません。サラダでも取ればよかったと思いながら、ジューシーで美味しいハンバーガーを大口を開けて食べたのでした。


午後からの後半はまた明日。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-08-15 03:44 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

8月のサンフランシスコ_2017 (4)

第三日目 ゆったりとするはずだった日曜日

密度の濃かった土曜日が明けて、ヨーロッパに出張の婿さんを空港までお見送り。

1週間分の食料品の買い物だけで後はゆっくりのはずでした。ところが、私のカメラのスクリーンが壊れているのに気づきました。ぶつけた記憶はないのですが、明らかに鋭いものが当たった様子です。

カメラに詳しい婿さんが言うには、スクリーン自体は高くないのだけれど、リプレースができないから新たに買わなくてはと。

色々調べた結果、カメラは買わずに、iPhone7に買い換えることに決め、アップルストアーへ。ほぼ8年、毎日使ったcanonさん、お疲れ様でした。

最近のiPhoneのカメラ機能は優れていますし、重いカメラを持ち歩く必要もなく、コンピューターにもすぐに送れます。と言う訳でこの日からの写真はiPhone7です。

e0351091_228958.jpg

まずは試し撮りに1枚。娘の家の近くにある巨大スーパー、バークレーボウル。

種類も豊富で、しかも安い!

夕食はなぜか私が作ることに。なので、私にとっては代り映えのないものですが。

e0351091_228255.jpg

フレッシュなコーンとプラム、ミニトマト、バジルのサラダ。

e0351091_2284223.jpg

無花果と生ハムとチーズ。

e0351091_2285323.jpg

娘の菜園から採れたズッキーニとガーリック、パルメザンチーズのパスタ。

e0351091_2291360.jpg

冷蔵庫にあったロゼワインとともに娘と二人の夕食でした。

e0351091_2292843.jpg

おっと、忘れてはいけません。娘のワンちゃん、ローちゃんも一緒でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-08-14 02:31 | 旅行 | Trackback | Comments(2)