やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

春の日本_2017 ⑻ ♪小金井公園の桜と深大寺♪

4月1日(土)

3月21日に東京で桜の開花宣言された頃は、4月最初の週末はちょうど満開と重なるはずでした。ところが思いがけず寒い日が続き、開花は進みませんでした。

上の姉の家に近い小金井公園は桜の名所で、ここのお花見を楽しみにしていたのですが、この日は冬の寒さが戻り、おまけに雨。歩いても行ける距離なのですが、義兄が車を出してくれました。

e0351091_2444745.jpg

まずはしっかり朝食をとって腹ごしらえ。旧ポーランド、旧ユーゴスラビア、ウイーンと激動の時期をヨーロッパで過ごした姉の家族は、朝にこんなハムをよく食べます。そして、必ず野菜をたっぷり。パンも2種類。

ウイーンにお邪魔した時、義兄が朝早くジョギングがてらに近所のパン屋さんから、出来立てのパンを買ってきたことを思い出しました。ちなみに私の家族はベルリンの壁崩壊をウイーンの姉の家のテレビで見ました。

e0351091_2453135.jpg

小金井公園のソメイヨシノは2−3分咲き。

e0351091_2455819.jpg

雨に濡れていてもやっぱり桜は綺麗です。

e0351091_2461582.jpg

ソメイヨシノではない桜は満開だったり、すでに葉桜だったり。

復元建造物もたくさんあり、散策にはもってこいです。

e0351091_2464075.jpg

前川國男邸

e0351091_2465680.jpg

八王子千人同心組頭の家

e0351091_2471192.jpg

外が寒いので、中の竃の火がホッとします。

高橋是清邸の中に入ってみたのですが、撮影禁止だったので写真がありません。

e0351091_247252.jpg

公園内を更に歩いていると、紫の花の群生が。

e0351091_2474042.jpg

ムラサキハナナ という表示がありました。

e0351091_2475242.jpg

昔はこんな乾物屋さんがありましたね。

お昼近くになったので、懐かしい深大寺へ。

e0351091_2481329.jpg

お蕎麦やさんが軒を連ねていますが、ネットで調べておいた湧水へ。ここだけが列をなしています。美味しい所を皆さんよくご存知です。

e0351091_2482524.jpg

私は天せいろ。

深大寺にお参りして、花おみくじを引くと「小吉」。願い事は「思い通りになりません」、待ち人は「来ません」、恋愛は「騙されるやめよ」なんだか限りなく「凶」に近いようで笑ってしまいました。

でも、一緒に入っていた押し花は赤い「花てまり」で、「赤い花は血行をよくし活気づけあなたに幸福を招きます」とありましたので、ありがたくいただいてバッグに収めました。

e0351091_2484486.jpg

ここでもまた提灯の列です。深大寺の後の散策の様子はまた明日。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-04-20 02:50 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

春の日本_2017 ⑺ ♪桜餅&上の姉宅での夕食♪

3月31日(金)

この日は二人の友達と家ランチ。重度の花粉症と分離不安症のワンちゃんのために外に出かけられない友達の家で、お弁当持参のランチです。

吉祥寺のアトレでお弁当を物色しましたが、種類がありすぎてどれが良いか分からず、懐かしい、という理由で崎陽軒のシュウマイ弁当に。

友達は美味しいお吸い物と茶碗蒸しを用意して待っていてくれました。

もう一人の友達は前日に千葉県のゴルフと温泉旅行から帰ってきたばかり。一抱えもある花束をお土産に持ってきてくださったのに、全て写真を撮ることを忘れ。。。。

私が食べたいので買った桜餅と春らしい練り切りだけ、かろうじて写真に収めました。

e0351091_142286.jpg

サンディエゴの日本食料品店では、道明寺しかありません。関東風のこういう桜餅を食べたかったので、大満足。

この日も食べて飲んで、(私がトランクに入れて持ってきたカリフォルニアの白ワイン)大いにお喋りをして、楽しい時を過ごしました。

この日は友達の家から近い上の姉の家に厄介になりました。

雨が降っているからと言って、最寄りの駅まで義兄が運転して姉と一緒に迎えにきてくれました。皆、とても優しい。

姉が作ってくれた夕食

e0351091_144553.jpg

あやめ雪という蕪の酢の物

e0351091_145779.jpg

コゴミの胡麻和え

e0351091_15872.jpg

サヨリの塩焼き

e0351091_152187.jpg

揚げた新ジャガと鶏手羽元の煮物

私のために試飲して買ったという美味しい白ワインを開けて、楽しかった1日の幕を閉じたのでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-04-19 01:06 | 旅行 | Trackback | Comments(8)

春の日本_2017 ⑹ ♪ソーニャさんと懐石料理♪

この日は待ちに待った「ソーニャの食べればご機嫌」のソーニャさんとの初デート。ソーニャさんによれば私たちのブログ上でのお付き合いは5年になるらしいのです。

ソーニャさんはしょっちゅうアップする私のブログに必ずコメントを下さる律儀な方です。

さて、この日のランチはソーニャさんが特別な日に利用するという、隠れ家的な懐石料理のお店。期待が高まります。

e0351091_2313896.jpg

こじんまりとした店構えながら、何か一本筋が通った雰囲気を感じさせるお店です。

e0351091_2315767.jpg

まずは、一献。

お品書きはありませんでした、がソーニャさんが全部書き留めてくださったので、ソーニャさんのブログから拝借。

e0351091_2322531.jpg

先附 ホタルイカの酢味噌和え  花山椒・山芋

e0351091_2324935.jpg

        筍・わらび・蕗の煮物

e0351091_2331443.jpg

        筍の木の芽和え(筍・貝柱・生麩・あられ)

e0351091_2333010.jpg

        胡麻豆腐

e0351091_2334819.jpg

合肴 蛸・鯛の子・菜の花・独活の皮の和え物・牛蒡の葉(緑色の蕗のように見えるもの)と思いますが、違いましたっけ?

e0351091_2452959.jpg

八寸 海老、アマゴ、空豆、牛蒡、独活、さざえ、えんどう豆、平目(?)の昆布巻

e0351091_2342511.jpg

 蛤のしんじょ

e0351091_234478.jpg

お造り 平貝、赤貝、平目、烏賊、桜鱒

e0351091_235357.jpg

強肴 牛肉と牛蒡の卵とじ

e0351091_2351551.jpg

焼き物 あいなめ

e0351091_2352855.jpg

お食事 

e0351091_2353940.jpg

主菓子 ぜんざい

素敵な器で盛り付けも美しく、吟味された材料と丁寧な料理で、どれも本当に美味しかったです。最初に聞いた時はランチでこんなに沢山入るかと心配したのですが、すっとお腹に収まりました。

気がつけば、お昼を開始してから3時間が経過していてびっくりしました。私たちがお店に一番乗りだったのに、見渡せば、残っているのは私たちだけ。それだけ話が尽きず、楽しかったのです。

ソーニャさん、素晴らしいお店に連れて行っていただき、本当にありがとうございました。

その後はソーニャさんに連れられて、AKOMEYAやアンテナショップを何軒か覗いて、珍しいものを買い、コーヒーショップでお茶をし、(ソーニャさんのブログによれば、ここでも1時間も費やしたらしいです。私としては30分くらいだと思っていました。)

私が降りる駅までご一緒で、電車の中でもとても初めてお会いしたとは思えぬほどお喋りに花が咲いた、可愛いソーニャさんでした。

この日も幸せで温かな気持ちで終えることが出来ました。ソーニャさんに感謝!

ソーニャさんからのお土産についてはまた後日。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-04-17 02:38 | 旅行 | Trackback | Comments(10)

春の日本_2017 ⑸  ♪江戸東京博物館♪

3月29日(水)

東京に行ったら訪れたい所がありました。それは江戸東京博物館。博物館ができてからもう24年経つのですが、今まで一度も行ったことがありませんでした。

以前、江戸東京博物館が外国人にとても人気があるというのをどこかで読み、興味を持ちました。そして、私は江戸物の小説が大好きなのです。

宮部みゆきに始まり、浅田次郎、しゃばけシリーズの畠中恵、料理人が主人公の高田郁や和田はつ子の小説等々。

一人で行くのは寂しいので、小学校以来の親友にお供を頼みました。月曜日にもお会いしたのですが、やはり個別に会わないと。

博物館に行く前に近くの有名なお蕎麦やさん、ほそ川で食事をしたのですが、ここは撮影はご法度なので、写真がありません。ちなみに、二人とも穴子天せいろを頼みました。

お蕎麦も天ぷらもとても美味しかったです。

さて、江戸東京博物館はとても楽しい所でした。

e0351091_2264989.jpg

e0351091_22801.jpg

e0351091_228172.jpg

実物大の物や精巧なミニアチュア

e0351091_2284089.jpg

e0351091_2285814.jpg

e0351091_2291770.jpg

当時の庶民の暮らしぶりが分かるディスプレー

e0351091_230462.jpg

e0351091_2311560.jpg

本やテレビのセットがかなり当時の風景に忠実に描かれていることに改めて感心。

e0351091_2302956.jpg

e0351091_2304843.jpg

天秤棒や千両箱は実際に持って見ることができますし、籠にも乗ってみることができます。
当時の生活ぶりを実際に目で見て確かめることができ、非常に面白い博物館でした。

e0351091_2313878.jpg

帰りはJRの両国駅の西口で貴乃花など歴代の横綱の手形をパチリ。

一旦友達の家に寄り、一息入れた後は、夕食をしに和風の(というより多国籍)創作料理のお店、KICHIRI SHINJUKU WESTへ。

夕食は彼女のご主人、二人のお嬢さん、お嬢さんのお子さん、総勢6人の個室でした。

6歳の時から今に至るまでの親友ですし、ワシントンに住んでいた時は二人のお嬢さんを連れ、またサンディエゴにも遊びに来てくれた仲ですから、家族中で親しいのです。

おしゃべりに夢中でお料理の写真はカメラに収めませんでしたが、一つだけ、インパクトがあったので、撮ってもらいました。

e0351091_232779.jpg

それはグラナ・パダーノのチーズをお皿にしたリゾットです。濃厚で、沢山は食べられませんが、美味しいリゾットでした。

久しぶりに彼女のご家族にもお会いし、本当に楽しい一日でした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-04-16 02:39 | レシピ | Trackback | Comments(2)

春の日本_2017 ⑷  ♪高校以来の親友とランチ&神田川の桜♪

3月28日(火)

前の日より幾分暖かくなったこの日は、高校以来の親友とランチ。

お上りさんの私を気遣って、現在はリタイアーしたというご主人が最寄りの駅まで彼女と車でお出迎え。vip待遇です。

見晴らしの良い素敵なマンションの彼女のお宅にお邪魔してから、歩いて近くのホテルのレストランまで。

大隈庭園に面したゆったりとした空間です。

e0351091_2413445.jpg

前菜六種。ちまきの中がなんだったのか、記録していないので思い出せません。

e0351091_242543.jpg

キダイの葛叩き、木の芽の香り

e0351091_2422076.jpg

お造り 2種類のお醤油で頂きました。

e0351091_2423894.jpg

焼き物 桜鱒とマンゴー添え かんころ餅

e0351091_2425660.jpg

焚き合わせ 筍 蕗 麩饅頭 湯葉
 
e0351091_24312100.jpg

お食事 魚沼産コシヒカリ 香の物 五島列島産あらかぶの汁

e0351091_2433066.jpg

デザート

確かお二人の結婚式以来のご主人と3人の楽しい食事の後は、友と二人で近くの神田川へ。

e0351091_2435794.jpg

このところの寒さで桜は三分咲き。

e0351091_2441684.jpg

提灯がいかにも日本らしいというか、私としては何もない方が綺麗だと思うのですが、夜になって明かりが灯れば情緒があるのでしょう。

e0351091_2443362.jpg

神田川から続いている椿山荘へ。お茶も入らないほどお腹いっぱいだったので、ロビーで積もる話をしてお開き。今度会うときまでお互い元気でいることを約束して。。。。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-04-15 02:45 | 旅行 | Trackback | Comments(4)