やせっぽちソプラノのキッチン2

sprnokchn2.exblog.jp
ブログトップ

鮭のムニエル アボカド・サルサを添えて

買い物に出かけた日の夕食は魚、と決めています。と言っても、スーパーで調達できる魚の種類には限りがあります。

昨日はcoho salmon、紅鮭があったので、フィレを買ってきました。

e0351091_2121670.jpg

塩胡椒して、小麦粉を軽くはたき、サラダオイルでソテーする普通のムニエルですが、アボカドのサルサを添えることで、目先も変わり、ボリュームのある一品になりました。

e0351091_2122656.jpg

サラダは洋梨とバジル、ソレル、ゴートチーズ、ピーカン、ドライクランベリー、モデナのバルサミコ酢。

このバルサミコ酢が美味しいので、最近は何にでもかけてしまいます。

このところ古い我が家にガタがきて、修理ばかりで頭も懐も痛い思いばかりですが、人間にガタが来ていないので良し、と思うことにしています。

バランスの良い食事をしっかり食べて、なるたけ長く健康体でいようと思う今日この頃です。


アボカド・サルサ
材料(1-2人ぶん)

アボカド 小1個 角切り
シャロット 1個 みじん切り (紫玉ねぎ1/8個でも良い)
香菜 みじん切りで大匙2−3
レモンのゼスト  小1個分 すりおろす
レモン汁  半個分
トマト 小1個 角切り
塩 適宜
オリーブオイル 適宜
柚子胡椒  適宜 フレッシュなハラペニョでもタバスコでもピリッとした辛さがアクセントです。

上記のものを全て混ぜ合わせる。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-09-21 02:13 | レシピ | Trackback | Comments(3)

ゴーヤーの佃煮 ♪やまと尼寺 精進日記より♪

TVジャパンでも放映されるNHKの番組「やまと尼寺 精進日記」には季節の野菜をふんだんに取り入れ、手間暇かけた素敵な献立の数々が出てきます。

お地蔵様のようなご住職を中心に3人の笑顔あふれるこの番組が大好きです。

さて、先日はお寺の3人の他に番組によく出てこられるお寺の下の方にお住いの方がゴーヤーで佃煮を作っていました。これがとても美味しそうだったので、早速真似をしてみました。

調味料の量は少し私流に変えましたが、とても美味しくできました。一応下に備忘録としてレシピを書きました。

e0351091_391611.jpg

番組でも、ゴーヤーのワタは苦いからしっかり取り除く、と言っておられましたが、ワタも種も全く苦くないのです。なので、私はワタと種を使って一品作りました。小麦粉に水と塩を加えてワタと種を絡めてサラダオイルを敷いたフライパンでおやき風に。

メインは日本から直輸入の秋刀魚の塩焼き。今回はフライパンにクッキングシート(パーチメントペーパー)を2枚重ねて敷き、その上で焼きました。出てくる脂をキッチンペーパーでこまめにとりながら焼くと、それほど煙も出ず、綺麗に焼けます。

e0351091_393343.jpg

そして、出始めた松茸。本当は松茸ご飯にしたかったのですが、お米が少ししかなく、急遽お吸い物に。

夏の終わりと秋の始まりと。季節の狭間ならではの献立を楽しんだ夕食でした。

ゴーヤーの佃煮
レシピ:「やまと尼寺精進日記」を参考
材料


ゴーヤー  中2本
ちりめんじゃこ  一つかみ
削り鰹節  一つかみ
白胡麻  一つかみ 炒って半ずりにする

砂糖  大匙2
醤油  大匙1.5
酒   大匙1.5
酢   小匙1/2ー1

ゴーヤーは縦半分に切り、ワタと種を取り、横に2−3ミリの薄切り。
沸騰した湯にゴーヤーを入れ、2−3分茹でざるにあけ、流水で洗う。布巾に少量ずつ入れしっかり水気を絞る。
調味料を鍋に入れ、火にかけ、砂糖が溶けたら水気を取ったゴーヤーとちりめんじゃこを加えてかき混ぜ、蓋をして、煮汁がなくなるまで中火で煮る。
途中焦げないようにかき混ぜる。
火を止めてから削り節と半ずりにした白胡麻を加える。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-09-19 03:10 | レシピ | Trackback | Comments(6)

レモン・シュガークッキー

小さいお子さんのいらっしゃるご家族へのお土産に、表題のクッキーを焼いてみました。

どなたにも食材アレルギーがないのは知っていましたが、子供から大人まで皆で楽しめる味と思い、バターたっぷりでレモン風味の軽いクッキーにしました。

e0351091_2334137.jpg

レシピはDorie Greenspanさんの「Dorie's Cookies」を参考にしましたが、砂糖は本の2/3に減らしました。この本に書かれていたように、生地がオーブンの中でみるみるうちに大きくなります。焼くときは1個ずつ5センチ以上の間隔を空けないと、くっついてしまいます。

e0351091_2335645.jpg

朝食にもスナックにもアイスクリームと一緒なら立派なデザートにもなる便利なクッキーです。

幸いお子さんたちにも喜んでいただけたようで、良かった、良かった!



レモン・シュガークッキー
レシピ:Dorie Greenspan著「Dorie's Cookies」参考
材料:直径約6センチのものが約60枚 カップはアメリカサイズの250ml


小麦粉 できればオーガニック 2 と3/4カップ (374g)
べーキングソーダ 小匙1
ベーキングパウダー 小匙1/2
レモン 皮も使うのでオーガニックか無農薬 1−2個
砂糖 できればオーガニック 1カップ:200g (オリジナルは300g)
無塩バター できればオーガニック 2スティック(226g)室温にして、 角切りにする
シーソルト 細かい粒子のもの 小匙1/2
卵  大1個 室温にする
バニラエッセンス 小匙1
砂糖 まぶす用に 適宜


1.オーブンを350度F(180度C)に温める。鉄板にはクッキングシートをしく。

2.小麦粉、ベーキングソーダ、ベーキングパウダーを一緒にしてかき混ぜておく。

3.レモン1個の皮をすりおろして、ボウルに入れる。皮を摩り下ろした後のレモンは絞ってジュースにする。1/4カップあれば良い。

4.摩り下ろしたレモンの皮と砂糖を香りが立つように指でよく混ぜ合わせる。

5.上記にバターと塩を加えて、スタンドミキサーの場合はパドルのアタッチメントで約2分、中くらいのスピードでかき混ぜる。卵を加え、バニラエッセンス、レモン汁を加えてさらにかき混ぜる。

6.スタンドミキサーを一旦止め、粉類の半量を加え、低スピードでかき混ぜる。ゴムベラで全体をかき混ぜてから、残りの粉類を加えて、同じように攪拌する。

7.手で直径3センチほどの球に丸め、砂糖を軽くまぶし、両方の手のひらで軽くつぶして、クッキングシートを敷いた鉄板の上に5センチ間隔でおく。

8.オーブンに入れて全体で8−14分。5−6分後向きを変える。クッキーの端に色がついたらオーブンから取り出し、そのまま5分置いてからラックに移し、冷ます。 

*焼き時間が短ければチューイーになり、長ければカリッと仕上がります。お好みで焼き時間を調整してください。ちなみに私は12分。チューイーではないけれど、ソフトな食感に仕上がりました。

*タッパーのような入れ物に入れれば室温で5日持ちます。空気の入らな
い容器にいれて冷凍すれば、2ヶ月持ちます。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-09-18 02:36 | レシピ | Trackback | Comments(6)

鴨のソテー 無花果のソース

少し前のことですが、友達から頂いた美味しい無花果とイタリアからのバルサミコ酢を鴨のソテーに合わせることを思いつきました。

e0351091_241212.jpg

思った通りとても美味しくでき、今まで何故気が付かなかったのか、不思議にさえ思いました。(レシピは下に書きました。)

e0351091_243030.jpg

付け合わせはズッキーニとトマトのロースト。縦に切り込みを入れたズッキーニにガーリックの薄切り、塩胡椒、ミニトマトを散らし(普通のトマトの薄切りを切り込みに挟むともっと綺麗です。)、オリーブオイルをまわしかけ、約200度Cのオーブントースターで14−5分焼きました。

e0351091_244229.jpg

サラダはピーラーで剥いた胡瓜とミント。少量の砂糖と塩胡椒、白ワインヴィネガーのドレッシングで、オイル類は入れません。

このところ涼しくなり、朝晩は半袖では肌寒くなりました。このまま秋になるのなら、ほっとするような寂しいような。しばらくは夏と秋の狭間の食材が楽しめそうで、それは嬉しいことです。


鴨のソテー 無花果のソース
材料 (一人分)


鴨のマグレ 片側1枚 室温にする
塩・胡椒
タイム できればフレッシュなもの 数本
無花果 3個
蜂蜜  小匙1
ポートワイン  大匙1−2
ライムジュース 1/2個
無塩バター 小匙2
バルサミコ酢  小匙1−2

1.鴨は余分な脂と皮を取り、皮目に十字の切り込みを入れ、両面に塩胡椒する。

2.フライパンを非常に熱くして、オイルを敷かずに皮目からソテーする。じっくり焦げないように7分、ひっくり返して3−4分。これで大体ミディアムレアーです。別皿に取り、アルミホイルをかぶせる。

3.フライパンの油を少し残して捨て、無花果を両面20秒ほどソテーして別皿に移す。

4.同じフライパンに蜂蜜とポートワイン、タイム(2−3本)、ライムジュースを加えて弱火で少し煮詰める。バターを加える。

5.鴨と出てきた汁、無花果も一緒にフライパンに戻し、鴨と無花果を汁に絡める。

6.鴨をスライスし、無花果と一緒に皿に盛る。残りのタイムを飾る。

7.最後にバルサミコ酢をまわしかける。

*バルサミコ酢はポートワインと一緒に煮込んでも良いのですが、モデナの美味しいバルサミコ酢をストレートに味わいたくて、最後にかけました。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-09-16 02:05 | レシピ | Trackback | Comments(4)

葉付き新生姜

先日知野ファームを訪れると、こちらではとても珍しいものを見つけました。葉付きの新生姜です。

わー、新生姜 と喜び勇んで10本くらい手に取ると、アメリカ人のおじさんが、「これは何?あなたはこれをどうするの?」と聞いてきました。

「この生姜でピクルスを作るんです。お寿司についてくる生姜があるでしょ?あれですよ。」と答えましたが、おじさんはイマイチ納得しない顔でした。

葉付き生姜にこんなに反応する人がおじさんには不可解だったのでしょうか。単純に私の英語が分からなかっただけかもしれませんが。

でも、知野ファームの方々は私のこういう反応にとても喜んでくださいます。

e0351091_247276.jpg

さて、この葉付き生姜、とても美味しかったのです。皮を薄くむいて、そのまま網で焼いて豆味噌をつけて。父はこのお酒のアテがとても好きでした。父は豆味噌ではなく普通の赤味噌でしたが。

e0351091_2474568.jpg

そして、酢どり生姜。やはり皮をむいて、熱湯に1分つけ、塩をまぶしてまた1分。水で塩を洗い流し水気を取って、米酢と水が7:3の割合の酢水につけ、すぐに食べることができます。

e0351091_248096.jpg

酢どり生姜は二日間昆布締めした鯛の丼に添えました。たっぷりの白胡麻を加えた酢飯にさっと湯がいた三つ葉。

生姜にも美味しいものがあるのは当然と言えば当然なのでしょうが、辛味がマイルドで、生姜の味がふわっと口の中に広がります。最初の一齧りは大げさでなく、衝撃的な美味しさでした。


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
Top Food Blog
[PR]
# by Mchappykun2 | 2017-09-14 02:49 | レシピ | Trackback | Comments(4)